« 韓国電力が圧勝、現代G公式戦初陣飾る 韓国7人制大会1日目 | Main | サンウルブズ、ブルズに3-50と大敗。SR16週。 »

July 09, 2016

韓国電力が連覇、現代Gを決勝で下す 初陣・現代Gが確かな一歩 韓国7人制大会2日目

 韓国の男子7人制大会「2016年度全国7人制ラグビー大会」が7月8-9日の2日間、仁川市南洞ラグビー球場で行われ韓国電力が2連覇を飾った。
*写真、韓国電力鄭監督FB関連より
Kslph

Dscf4927
 
 この大会から16年に新規参入した社会人チーム現代グロービスが公式戦デビューし初戦を24-12(延世大)で飾った。
Dscf1172

 大会は大学5、軍体育部隊(尚武)、社会人3の計9チームが初日は3チームずつで予選を行い、各組上位2チームがカップ戦で優勝を争う。

 2日目(7月9日)は順位決定トーナメントを行った。
 決勝は初陣・現代グロービスと大会連覇を狙う王者・韓国電力の対戦。
 7人制15人制の現在・前のメンバーで固めた韓国電力が圧倒し7Tを奪い45-7で連覇を果たした。
Dscf4976

 現代Gは韓国ラグビー史に確かな一歩を記した。
*白が現代
Dscf4975
 試合は1分、前代表SHの朴玩龍(パク・ワンヨン)が現代ゴール前5Mスクラムから出たボールを自分で持ち込み右中間へトライを決め先制した(Gは現代表SO呉潤衡/オ・ユンヒョンが成功)。3分、現代はリスタートのボールからチャンスをつかみ韓国電力ゴール陣でラインアウトを得る。右ラインアウトから左へ回す。ライン際を走る朴グンソンが電力の代表李ソンベのタックルを受けボールを落とす。朴は首を痛め退場した。
 2分後、現代は電力10M内でラインアウトを得る。前にこぼれたボールを主将SH李ビョンジュンが拾い中央へTしG成功で7-7と追いついた。
 電力は若い現代のアタックをベテランLO韓健圭(ハン・コンギュ)らがタックル、ラックでターンオーバーする。8分には現代ゴール前5Mで反則を得ると朴がタップしそのままトライラインを越えた(G成功14-7)。さらに終了間際には電力がリスタートのボールを確実に確保し中央から回し最後は呉が左中間インゴールへボールを置いた(G成功21-7)。前半で差を広げ折り返した。
 後半も電力が力を緩めなかった。1分に一度ターンオーバーされたボールを奪い返すと7人制15人制代表のベテラン金成洙(キム・ソンス)から呉に渡り2つ目のTを中央に決めた(28-7)でほぼ試合を決めた。
 さらに4分には自陣からつないだボールを韓が50M独走しT、8分は現代陣のラックからベテランFB 金近炫(キム・グンヒョン)が成洙へつなぎ中央へダイブしG成功で40-7とする。最後、現代はTを返そうとするがボールを持つ電力は左へ展開し成洙-呉-近炫とまわり左中間Tで連覇を飾った(45-7)。
 
 3位決定戦は準決勝で敗れたポスコと尚武(韓国軍体育部隊)が対戦した。延長もでもつれたが延長前半2分にポスコがサヨナラTを奪い19-14で3位を決めた。
 試合は前半3分、尚武7人制代表の鄭演植(チョン・ヨンシク、16年入隊/高麗大)が自陣の右サイドでボールをもらうと快走にポスコDFがついていけずに中央へTし7-0と先制した。7分、ポスコは尚武陣のラックからつなぎユ・ジュンフンがインゴールへ運び(G成功)で7-7で後半へ進んだ。
 1分、尚武は中央まで7人制15人制の快速ランナー張成民(チャン・ソンミン。16年秋除隊)が進むとこれを起点に右へ回す。最後はチェ・ガンシンが中央へTし14-7とリードをつけたが、ポスコはまたも7分に最後のプレーで代表SO呉ジミョンがファイブポインターとなった。Gは元日野自動車の金原用(キム・ウォンヨン)が成功し14-14で延長戦へ突入した。2分。ポスコが尚武陣22Mで得た右スクラムから内へ回しユ・ジュンフンが尚武DFをひきつけ鄭ヨンウへパスを送りサヨナラTを演出した(19-14)。

 準決勝は現代Gが尚武に後半1分、同点とした(12-12)としたが4分、尚武の鄭演植が2本目のTを奪い17-12とリードした。しかし6分に代表BK南ヨンスが左中間へTし自らGも決め19-17と逆転した。尚武は最後の攻撃で現代陣に入るも反則を得て焦りノックオンでゲームセットになった。

 2試合目は韓国電力がライバルのポスコ建設から5Tを奪い31-7で圧勝した。

 1-6位(カップ戦)の準々決勝では社会人の韓国電力と初陣・現代グロービスが勝ち準決勝へ進んだ。
 敗者の高麗大と慶煕大(キョンヒ)はプレート戦(4-6位)の2-3位決定戦へ回る。1位は全体4位チーム(カップ戦3位決定戦敗者)がなる。

 5-6位決定戦(プレート2-3位)は前半14-0とリードした高麗大が後半、慶煕大(キョンヒ)に同じ2Tを奪われたがG成功の差で14-12と辛うじて逃げ切った。

 ボウル決勝(7-8位)は延世大が格下・世翰大(セハン)に前半で4T28-0とし後半も2T追加の38-0で一蹴した。
最下位は檀国大。

 開幕戦(A組)では7人制15人制代表を多く抱える韓国電力が40-5檀国大(ダングッ)を一蹴した。
 2試合目の檀国大と韓国3位を常に争う慶煕大(キョンヒ)とのライバル対決は試合終了間際にキョンヒが執念でトライを返し19-19で同点で終えた。
 韓国電力は慶煕大(キョンヒ)を下し2勝で1位通過。2位は慶煕大(キョンヒ)。

 B組はポスコ建設が7人制代表の金原用(キム・ウォンヨン、元日野自動車)の先制Tなどで常にリードを奪い延世大に試合終了時に7点を奪われたが19-17で下した。昨季まで三菱重工相模原でプレー、ケガで帰国したNO8李眩羽(イ・ヒョンウ)がポスコに加入し先発した。

Dscf1154
 公式戦初出場の現代グロービスはホームグラウンドに多数の社員応援団も詰めかけた。延世大戦だ。
 開始1分、敵陣でPKを得た現代、ボールを主将・李ビョンジュンが延世DFをかわしゴール右へ初トライを決めた(G失敗で5-0)。
Dscf1159

 いっぽう延世もすかさず反撃する。4分、現代が延世ゴール前でスローフォワードでチャンスを逸したスクラムから一気に現代トライラインを越えG成功し7-5と逆転した。
Dscf1162

 しかし応援に元気を得る現代。前半終了前6分に延世Tあとのリスタートを確実につなぎ左中間へT、G成功で12-7で終えた。
Dscf1164
 後半も2分に現代がT、2分後もPKから主将・李の好判断でまわし連続Tで試合を決めた(24-12)。
Dscf1174

 現代はポスコに挑んだ2試合目、14-21で接戦を落とし2位になった。

 C組、7人制15人制代表のトライゲッター尚武の張成民(チャン・ソンミン)がいきなり見せた。母校高麗大のキックオフのミスのボールを自分でリスタートし22メートル内側へ走る、左ゴール前ラックから尚武が右へ回し先制Tする。尚武5T4G33-5で初戦を飾った。
 尚武は、大学2部の世翰大(セハン)を寄せ付けず7T45-0で2連勝1位通過を決めた。
Dscf1187
 高麗大が2位。

「2016韓国日程結果」をダウンロード

<<2016年度全国7人制ラグビー大会>>
<カップ戦/7月9日>
■決勝(16:30)
◆韓国電力45(21-7)7現代G
*電力7T5G、現代1T1G

■3位決定{4位=プレート優勝)戦 (16:00)/延長戦
◆ポスコ建設19(14-14/前半7-7)14尚武
*ポスコ3T2G、尚武2T2G

■準決勝(14:00)
◆韓国電力31(17-0)7ポスコ建設
*電力5T3G、ポスコ1T1G

◆現代G19(5-12)17尚武
*現代3T2G、尚武3T1G

■プレート2位決定戦(14:40)
◆高麗大14(14-0)12慶煕大(キョンヒ)
*高麗2T2G、慶煕2T1G

■準々決勝(11:20)
◆韓国電力38(19-14)14高麗大
*電力6T4G、高麗2T2G

◆現代G19(14-0)5慶煕大(キョンヒ)
*現代3T2G、慶煕1T

<ボウル戦/7月9日>
■決勝(15:00)
◆延世大40(28-0)0世翰大(セハン)
*延世6T5G

■準決勝(11:00)
◆延世大33(19-0)0檀国大
*延世5T4G

<予選/7月8日>
■A組/①位、韓国電力、③檀国大(ダングッ)、②慶煕大(キョンヒ)
◆韓国電力40(21-0)5檀国、31-0慶煕大
◆檀国19(7-5)19慶煕大

■B組/①ポスコ建設、③延世大(ヨンセ)、②現代グロービス
◆ポスコ建設19(12-5)17延世大、21-14現代
◆延世大12(7-12)24現代

■C組/①尚武(サンム)、②高麗大(コリョ)、③世翰大(セハン)
◆尚武33(19-5)5高麗大、45(28-0)0世翰大
◆高麗大17-5世翰大

|

« 韓国電力が圧勝、現代G公式戦初陣飾る 韓国7人制大会1日目 | Main | サンウルブズ、ブルズに3-50と大敗。SR16週。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85428/63890485

Listed below are links to weblogs that reference 韓国電力が連覇、現代Gを決勝で下す 初陣・現代Gが確かな一歩 韓国7人制大会2日目:

« 韓国電力が圧勝、現代G公式戦初陣飾る 韓国7人制大会1日目 | Main | サンウルブズ、ブルズに3-50と大敗。SR16週。 »