« 延世大が27対26、逆転で高麗大に連勝。2016延高定期戦 | Main | 同大、サヨナラ逆転Tで初戦飾る 2016大学ラグビー »

September 25, 2016

韓国男子が1位通過、日本は最下位。女子は日本1位、韓国最下位。アジアセブンズ韓国

『韓国男女が参加。男子はV目指す。日本男子は4強入り、日本女子は連覇目標
アジアセブンズシリーズ第2戦/韓国大会』
16a7koreaposter

「アジアラグビーセブンズシリーズ2016男女大会第2戦/韓国大会」が9月24日(土)、25日(日)、韓国・仁川南洞アジアドラグビー場で開催。
 初日はプール戦を行った。男子Aの韓国は初戦で日本に36-5で勝つと香港にも28-21で競り勝ち、台湾(中華台北)を45-12で寄せ付けず3連勝1位通過で地元の期待に応えた。
 25日はカップ戦準決勝でB2位のスリランカと当たる。もう1試合は香港-中国(B1位)。
 大学生主体の日本は香港にも0-57で一蹴され、台湾にもまさかの12-14で敗戦3敗で4位で終えた。
 プレート(5-8位トーナメント)に回り準決勝でマレーシア(B3位)戦だ。もう一つは台湾-シンガポール(B4位)。

 女子はリオ五輪メンバーもいる日本がプールCでライバル香港を24-12で下すと34-0シンガポール、43-0ウズベキスタンと寄せ付けず1位。カップ準決勝はタイ(D2位)を29-0でゼロ封しシリーズ連続Vに王手。香港は中国(D1位)。と対戦し中国が40-5で決勝へ。
 D韓国女子は中国の0-45、タイとは10-12と接戦を演じた。唯一勝てる相手のグアムに15-19で敗れ4位。プレート準決勝はシンガポール(C3位)、10-26で敗れた。3位グアムはウズベキスタン(C4位)を42-0で下し決勝へ進んだ。

 9月2-3日の第1戦は男子は香港がV、2位スリランカ、韓国は3位にとどまった。大学生主体で臨んだ日本男子は5位に終わった。女子はリオ五輪メンバーを含めた布陣の日本が優勝した。
 韓国大会でもその勢力図は変わりなさそうだ。

 韓国女子は2016年大きなん勝利を記している。インドのチェンナイで2月20日、21日に開催された「アジアラグビー ディベロップメント セブンズシリーズ 2016」。5か国・地域が参加した女子の部では、グアムが予選を1位通過していたが、決勝戦では韓国がグアムを24-19で破り、初優勝を飾ったのだ。
韓国女子初V記事(ラグビーリパブリック)
 アジアシリーズは9月24-25日(韓国・仁川)、10月15-16日(スリランカ)と開催、男子8、女子8カ国が出場する。
「2016韓国日程結果」をダウンロード

<<アジアラグビーセブンズシリーズ2016男子大会>>
<韓国大会 9月24-25日>
{カップ戦}
■決勝

■3位決定戦

■準決勝
◆韓国-スリランカ
◆香港-中国

{プレート戦}
■決勝(5位決定戦)
◆台湾-

■7位決定戦
◆シンガポール-

■準決勝
◆日本-マレーシア
◆台湾41-7シンガポール

{プール戦}
■A/①位韓国、②香港、③中華台北(台湾)、④日本
◆香港21-28韓国、57-0日本、47-5台湾
◆韓国36-5日本、45-12台湾
◆日本12-14台湾

■B/①中国、②スリランカ、③マレーシア、④シンガポール
◆スリ
ランカ21-26中国、41-5マレーシア、27-5シンガポール
◆中国29-0マレーシア、43-0シンガポール
◆マレーシア12-7シンガポール

<韓国代表>
*名前のあと(所属、16A7HK=16年アジア7香港、16RIO=リオ五輪世界最終予選/6月、16ARC=アジア選手権大会代表、16HK=16年香港セブンズ代表、14A=14年アジア大会代表、15A3=15アジア3カ国15人制代表、H=15年香港セブンズ、C=15年アジアセブンズシリーズ/中国大会/9月5日、T=同タイ大会/9月26日、S=同スリランカ大会/10月10日各代表、15RIOA=15年11月リオ五輪アジア最終予選)

◎監督JOHN WALTERS(KRU、16A7HK、16RIO、16HK、16ARC)
◎コーチ DEON MUIR(KRU、16A7HK、16RIO、16ARC)

〔選手〕
◎UTBKアンドレ(韓国軍体育部隊、16A7HK、15ARC、15SEVENS)
◎FL金ジョンミン(韓国電力)
◎CTB金成洙(キム・ソンス、韓国電力、16A7HK、16RIO、16ARC、15ARC)
◎WTBハン・ドンフン(慶煕大4年、16A7HK、16RIO、16HK、15RIOA)
◎CTB金南郁/キム・ナンウク、韓国電力、CTB、16A7HK、16HK、16ARC、14A、15A3、C、T)
◎FL金ヒョンス(韓国電力、16HK7S主将、16A7HK、16RIO、16ARC、15ARC)
◎WTB鄭演植(チョン・ヨンシク、尚武、16A7HK、16RIO、15ARC)
◎WTBユ・ヒボム(韓国電力、16A7HK)
◎WTB張成民(チャン・ソンミン、軍体育部隊、16A7HK、16RIO、16HK、16ARC、15ARC、15C、T、S、15RIOA)
◎FB李ジェッブク(軍体育部隊、ポスコ建設、16A7HK、16RIO、16ARC、14A5)
◎WTB朴ハンギョル(軍体育部隊、16A7HK)
◎CTBユン・ジュンホン(ポスコ建設、16A7HK)

<<アジアラグビーセブンズシリーズ2016女子大会>>
<韓国大会 9月24-25日>
{カップ戦}
■決勝
◆日本-中国

■3位決定戦
◆香港-タイ

■準決勝
◆日本29-0タイ
◆中国40-5香港

{プレート戦}
■決勝
◆シンガポール-グアム

■7位決定戦
◆韓国-ウズベキスタン

■準決勝
◆韓国10-26シンガポール
◆グアム42-0ウズベキスタン

{プール戦}
■C/①日本、②香港、③シンガポール、④ウズベキスタン
◆日本24-12香港、34-0シンガポール、43-0ウズベキスタン
◆香港24-0シンガポール、51-0ウズベキスタン
◆シンガポール32-0ウズベキスタン

■D/①中国、②タイ、③グアム、④韓国
◆中国52-5タイ、53-0グアム、45-0韓国
◆タイ24-14グアム、12-10韓国
◆グアム19-15韓国

『日本男子は5位、韓国3位。日本女子は優勝飾る アジアセブンズシリーズ第1戦』
 「アジアラグビーセブンズシリーズ2016男女大会」が9月2日(金)、3日(土)の香港大会で始まった。

 9月3日(土)は順位決定トーナメントを行った。
 男子。
 カップ決勝は香港とスリランカが対戦し22-17で香港が第1戦優勝を射止めた。
 日本は予選3位でプレート(5-8位)へ回った。
 準決勝で中華台北(台湾)を10-5の接戦で制し決勝(5位へ。
 相手はシンガポール(準決勝14-12マレーシア)。

 韓国はカップ戦(1-4位)へ。
 準決勝でまずはスリランカが19-17で中国を下し決勝へ。
 韓国は強豪香港に14-28で敗れ中国と3位を争い33-14でリベンジした。
 予選では中国に17-19で負けていた。
 決勝は予選で勝った香港が有利だ。

 9月2日(金)の初日は予選プールを行った。
 Aの男子は中国(10-12)、韓国(5-19)に敗れ3位となり3日はプレート(5-8位決定戦)となった。
 韓国は中国に17-19で敗れ2位になりカップ戦(1-4位)準決勝でB1位の香港とあたる。

 
 日本女子。リオ五輪出場組と若手の混合で臨んだ、
 カップ戦準決勝で43-0とタイを一蹴し決勝へ。
 中国と優勝を争い14-7で初戦Vを飾った。
 初日、順調に3連勝でプール1位通過。カップ準決勝でタイとあたる。

 参加する韓国男子代表が発表された。
 リオ五輪アジア最終予選出場組や15人制代表などほぼベストメンバーだ。

 日本は選抜チームを送る(TL、大学など15人制シーズン始まったため)。
 
 日本男子は12名。全員大学生で4年がシオネ・テアウパ(流通経済大)、花田広樹(福岡大)の2名、3年2に2年4、1年4と若い選手たちだ。
 女子はリオ五輪代表と若い選手を採用した。

 大会は9月24-25日(韓国・仁川)、10月15-16日(スリランカ)と開催、男子8、女子8カ国が出場する。
「2016韓国日程結果」をダウンロード

<<アジアラグビーセブンズシリーズ2016男子大会>>
<香港大会 9月2-3日>
{カップ戦}
■決勝
◆香港22-17スリランカ
*香港3T2G1P、スリランカ3T1G

■3位決定戦
◆韓国33-14中国
*韓国5T4G、中国2T2G

■準決勝
◆韓国14-28香港
◆中国17-19スリランカ

{プレート戦}
■決勝(5位決定戦)
◆日本7-0シンガポール

■7位決定戦
◆台湾22-7マレーシア

■準決勝
◆日本10-5台湾
◆マレーシア12-14シンガポール

{プール戦}
■A/①位中国、②韓国、③日本、④シンガポール
◆中国19-17韓国、10-12日本、29-0シンガポール
◆韓国19-5日本、46-0シンガポール
◆日本45-0シンガポール

■B/①香港、②スリランカ、③マレーシア、④中華台北(台湾)
◆香港22-0スリランカ、36-0マレーシア、47-0台湾
◆スリランカ40-21マレーシア、43-12台湾
◆マレーシア14-7台湾

<韓国代表>
*名前のあと(所属、16RIO=リオ五輪世界最終予選/6月、16ARC=アジア選手権大会代表、16HK=16年香港セブンズ代表、14A=14年アジア大会代表、15A3=15アジア3カ国15人制代表、H=15年香港セブンズ、C=15年アジアセブンズシリーズ/中国大会/9月5日、T=同タイ大会/9月26日、S=同スリランカ大会/10月10日各代表、15RIOA=15年11月リオ五輪アジア最終予選)

◎監督JOHN WALTERS(KRU、16RIO、16HK、16ARC)
◎コーチ DEON MUIR(KRU、16RIO、16ARC)

〔選手〕
◎UTBKアンドレ(韓国軍体育部隊、15ARC、15SEVENS)
◎FL金ジョンミン(韓国電力)
◎CTB金成洙(キム・ソンス、韓国電力、16RIO、16ARC、15ARC)
◎WTBハン・ドンフン(慶煕大4年、16RIO、16HK、15RIOA)
◎CTB金南郁/キム・ナンウク、韓国電力、CTB、16HK、16ARC、14A、15A3、C、T)
◎FL金ヒョンス(韓国電力、16HK7S主将、16RIO、16ARC、15ARC)
◎WTB鄭演植(チョン・ヨンシク、尚武、16RIO、15ARC)
◎WTBユ・ヒボム(韓国電力)
◎WTB張成民(チャン・ソンミン、軍体育部隊、16RIO、16HK、16ARC、15ARC、15C、T、S、15RIOA)
◎FB李ジェッブク(軍体育部隊、ポスコ建設、16RIO、16ARC、14A5)
◎WTB朴ハンギョル(軍体育部隊)
◎CTBユン・ジュンホン(ポスコ建設)

<<アジアラグビーセブンズシリーズ2016女子大会>>
<香港大会 9月3-4日>
{カップ戦}
■決勝
◆日本14-7中国

■3位決定戦
◆香港36-7タイ

■準決勝
◆日本43-0タイ
◆中国19-7香港

{プレート戦}
■決勝
◆シンガポール10-7スリランカ

■7位決定戦
◆グアム46-0ウズベキスタン

■準決勝
◆シンガポール27-0ウズベキスタン
◆スリランカ26-0グアム

{プール戦}
■A/①日本、②香港、③シンガポール、④グアム
◆日本28-0香港、45-0シンガポール、28-0グアム
◆香港7-0シンガポール、29-0グアム
◆シンガポール26-7グアム

■B/①中国、②タイ、③スリランカ、④ウズベキスタン
◆中国26-0タイ、59-0ウズベキスタン、37-0スリランカ
◆タイ44-0ウズベキスタン、14-7スリランカ
◆ウズベキスタン0-39スリランカ

|

« 延世大が27対26、逆転で高麗大に連勝。2016延高定期戦 | Main | 同大、サヨナラ逆転Tで初戦飾る 2016大学ラグビー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 韓国男子が1位通過、日本は最下位。女子は日本1位、韓国最下位。アジアセブンズ韓国:

« 延世大が27対26、逆転で高麗大に連勝。2016延高定期戦 | Main | 同大、サヨナラ逆転Tで初戦飾る 2016大学ラグビー »