« ラグビー日韓がそれぞれテストマッチに挑む 2016年11月 | Main | 明治が慶應に劇的逆転勝利、帝京は早稲田を軽く一蹴。関東大学対抗戦 »

November 05, 2016

日本初戦は敗北20-54アルゼンチン

 ラグビー界では、毎年11月は秋のテストマッチ(国際試合)の月だ。

 今年2016年11月も日本は恒例のテストマッチ4試合を行う。
 
 日本代表は11月5日(土)、アルゼンチン代表と戦った(東京・秩父宮ラグビー場)。 
 前半、ミスから失点を重ね20-54で敗れた。BKは、試合最後の1トライを返した。
その後は欧州遠征し12日にジョージア(ジョージア)、19日ウエールズ(ウエールズ、カーディフ)、26日にはフランスでフィジーと対戦する。

 韓国は強化体制の変更に伴い秋も代表招集、チリとテストマッチを実施することになった。

 11月8日(火)に韓国を旅立ちチリへ。現在世界ランキング29位の韓国に対しチリは27位だ。
161108korearug

 2019年W杯出場を目指すならば世界最終予選にアジア代表で出場しないといけない。その相手国が中南米になる可能性もあり、韓国にとってよいマッチメークといえよう。

 チリと戦う韓国代表25名は下記だ。日本チーム所属選手は4人。元選手は3人
韓国男子代表は11月13日、19日にチリ代表とテストマッチをおこなう。ジョン・ウォルターズ監督、ディオン・ミュア コーチ(ともにニュージーランド出身)ら首脳陣と選手25名の計31名が8日、チリへ出発した。

 今回の韓国代表は2019年ワールドカップ日本大会出場を目指す強化の一環だ。これまで、秋は韓国代表は招集してこなかった。

 選手25名のうち22名はすでに代表経験がある。日本チーム所属選手は、PR申東源(シン・ドンウォン/宗像サニックスブルース)、PR孫榮基(ソン・ヨンキ/今年度からホンダヒート)、FL/NO8朴淳彩(パク・スンチェ/NTTドコモレッドハリケーンズ)、SH李明俊(イ・ミョンジュン/今年度からNECグリーンロケッツ)の4名。

 2015年度まで日本チームに所属した3名も選ばれた。PR朴鐘烈(パク・チョンリョル/前サントリーサンゴリアス。現在は現代グロービス)、PR康太見(カン・デヒョン/前NEC、現代)、FL/NO8李勇昇(イ・ヨンスン/前日野自動車、現代)。さらに来年度、日本チーム入りで調整しているトライゲッターのWTB張成民(チャン・ソンミン)や、2年後の日本チーム入りが確実なWTB鄭演植(チョン・ヨンシク)がチリ相手にランを見せるか期待される。

 SH李明俊は今春の代表活動はNEC新加入のため参加しなかった。「代表が秋も活動できてうれしい。NECではコーチから『もっと状況を見て落ち着いてプレーしなさい』と教えてもらった。代表でもいかしたい」と意気込みを韓国帰国前に話した。
「2016チリ遠征/韓国代表名簿」をダウンロード


<<日本代表テストマッチ>>
■日本20(6-21)54アルゼンチン(11月5日、秩父宮)
*日本2T2G2P、アルゼンチン7T5G3P

■日本28(8-12)22ジョージア(12日、ジョージア)
*日本4T1G2P、ジョージア3T2G1P

■日本-ウエールズ(19日、カーディフ)

■日本ーフィジー(26日、仏)

<<韓国代表テストマッチ>>
■韓国-チリ(11月13日、チリ/サンチアゴ)

■韓国-チリ(19日)

|

« ラグビー日韓がそれぞれテストマッチに挑む 2016年11月 | Main | 明治が慶應に劇的逆転勝利、帝京は早稲田を軽く一蹴。関東大学対抗戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本初戦は敗北20-54アルゼンチン:

« ラグビー日韓がそれぞれテストマッチに挑む 2016年11月 | Main | 明治が慶應に劇的逆転勝利、帝京は早稲田を軽く一蹴。関東大学対抗戦 »