« October 2016 | Main | December 2016 »

November 30, 2016

16年TL再開(第10週)、コムFL金正奎復活。12月3日週

2016年、国内ラグビー最強のトップリーグ(TL)が8月26日(金)に開幕した。
Dscf1586
 順位はこちらで「順位表」 
 今季は総当たり戦で行い、昨季までのリクシルカップ(順位決定トーナメント)は行わず、リーグ戦の順位で覇権を争う。
 勝点では昨季までの4トライ(T)以上+1のボーナスポイント(BP)が3T差以上の+1へ変更になった。

 また2017年からTL2ともいえる「TLチャレンジリーグ」が新設されることが8月19日に発表された。
☆2016年12月3-4日週☆
 TLは1カ月の休みを終えて第10週で再開。首位ヤマハは豊田自動織機(12月3日、静岡)。2位サントリーはNTTコム(花園)、3位パナソニックVSクボタ(4日、太田)、4位神戸は好調宗像サニックスと(福岡グローバル)。
 来季のTL昇格を地域リーグ2位の3チームが争うトップチャレンジ2(TC2)が開幕する。総当たりで1位チームが地域1位3チームと争うTC1へ出場する。
 2位以下は2017年から作られるTL2ともいえる「TLチャレンジリーグ(TCL)」へ。
 そのTCLへの参入を争う地域リーグ3位の3チームが争うトップリーグチャレンジリーグ参入マッチ(TCL参)も始まる。
 
<<2016TL第10週>>
■第10週(12月3日-4日)
◆近鉄-NEC(3日、花園)
*近鉄(12、-46)、NEC(15、-47)
◎近鉄SH21金喆元(キム・チョルウォン)김철원(韓国/養正高・朝明高・06大阪体大)
Dscf3354
「ケガ人が多く心配。先発できるようにチーム内競争で頑張る」
◎近鉄PR王鏡聞(ワン・キョンムン)왕경문(三重・朝明高-韓国・養正中・大阪体大)、
◎NEC/SH李明俊(イ・ミョンジュン)이명준(高麗大・15尚武)
Dscf0216
「チーム内で同じSH争いが厳しい。日本代表・SWの茂野や桜井と争う」

◆サントリー-NTTコム
*サントリー(42、+229)、コム(26、+20)
◎NTTコミュニケーションズWTB諸葛彬(チェガル・ビン)제갈빈(ソウル大附属高・延世大・13尚武)
10/9のコーラ戦試合最後、後半39分に頭をうち脳震盪判定で交代。10月16日中も試合地・鳥取で入院している。
Dscf5196
「14番はDFが多くボールが回ってこない!11番の方がボールが来る。いまは両方できるように準備します」
「ビンにはWTB、CTBをプレーしてさらなる成長を期待している。先発かどうかチームでも激しいポジション争いになるだろう」(ロブ・ペニーHC)
◎NTTコミュニケーションズHO白隆尚(ハク・タカヨシ)(啓光学園・11まで帝京大)
◎NTTコミュニケーションズFL19金正奎(キン・ショウケイ)(常翔啓光学園・13まで早稲田大)、ケガから復帰戦
Dscf0571
「日本代表、サンウルブズで成長して戻ってきた。3年目だが若い選手の追い上げに対し主将を任せてることからも金への期待が分かるでしょう」(ペニーHC)

◆ヤマハ-豊田自動織機(静岡)
*ヤマハ(43、+240)、織機(6、-180)
◎豊田自動織機NO8鄭智弘(チョン・チホン)정지홍(大阪朝高・帝京大・05IBM・08サニックス・09-11NTTドコモ)、
Dscf2371
「1年でも長くできるように準備しています」
「しばらくケガで出ることができなかった。本人は年齢も自覚しており頑張っている」(丹羽雅也監督)
◎豊田自動織機WTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン)서길령(愛知朝鮮高・朝鮮大・07-14ヤマハ)
「今年(2月)、子供もできた。父親の自覚が出てきた。今は両足の治療中で復帰を期待」(丹羽監督)

◆リコー-ホンダ
*リコー1T1G3P(19、-44)、ホンダ(6、-134)
◎ホンダSO10朴成基(パク・ソンギ)박성기(大阪朝鮮高・14まで帝京大)
2kam3604
「いいです!私はJAPANになってもらいたいと思う選手。SOは小西主将と争うがメンバー入りをつかんで欲しい。SO、CTBで使うがSOをメインで考えたい」(藤本HC)
◎ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン)양영훈(富川北高・慶熙大・尚武・06まで大心通商)
2kam4188
「今季で日本でのプレーは最後にする。1試合1試合チームのために最善を尽くす」
「元気でやっている。10年目ということで期するものがあるようだ。自分がいるうちに若いSHを成長させたいと思ってくれている。山路や香山を教えている。試合ではリザーブスタートが多くなる」(藤本知明HC)
◎ホンダSO/CTB具智允(グ・ジユン)구지윤(日本文理高・12-15拓殖大)、
「ケガ治療中。ハートがあるプレーをする。腰が強いのが特徴。ケガから戻ればメンバー争いも」(藤本HC)
◎ホンダPR孫榮基(ソン・ヨンギ)송영기(延世大・15までポスコ建設)、
「今年入ったばかりでスクラムの組み方に少し苦しんでいる。しかしフィールドプレーではスピードがあり魅力。言葉が分からなくてもプレーを通じて貢献」(藤本HC)

◆トヨタ自動車-キヤノン(瑞穂)
*トヨタ(29、+74)、キヤノン(15、-9)

◆パナソニック-クボタ(4日、太田)
*パナソニック(34、+155)、クボタ(15、-114)
◎パナソニックLO/FL劉永男(ユ・ヨンナム)유영남(仁川機械工高・檀国大・07尚武),
Dscf2625
「右ひざケガからのリハビリ中。11月に復帰したい。」
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン)(大阪朝鮮高・14まで帝京大)
◎クボタLO19金昊範(キム・ホボム)김호범(檀国大・14尚武)
Dscf3365
「調子はいいです。チームからがセットプレーの安定性。ラインアウトのジャンプの高さ、DFの激しさなどを求められています」

◆神戸-宗像サニックス(福岡グローバル)
*神戸(33、+107)、サニックス(21、-65)
◎神戸製鋼LO張碩煥(チャン・ソクファン)장석환(延世大・14-15尚武)。
Dscf5210
「コミュニケーションもとれるようになりました。きょうはタックルミスが多かった」
「ハードワークができる選手だ。(ラグビーの)理解も非常に早い。試合でのパフォーマンスもいいのでメンバー入りも期待できる」(ジム・マッケイHC)
◎神戸製鋼SH21梁正秋(リャン・ジョンチュ)량정추(大阪朝鮮高・14まで京都産業大)
「留学してプレーに自信がついた。大阪朝高の同期に負けないようにやっています」
「今春、南アに2カ月留学し成長して帰ってきた。オープン戦ではゲームキャプテンも任せた。先発かどうかはA英リス(NZ代表)との兼ね合いになる」(チーム関係者)
◎宗像サニックスCTB22王授榮(ワン・スヨン)왕수영(三重・朝明高・大阪体育大3年中退・14末からサニックス)
「体が強く性格もよい。試合中、声も出ている」(藤井監督)
◎宗像サニックスPR申東ウォン(シン・ドンウォン)신동원ウォン=冫原(NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高
08-12福岡サニックス13-サントリー14-近鉄)、
「(代表から戻り)肩を手術したが、すでに復帰してゲームに出ている。3番はチーム内でも競争があるが勝ち抜く力はある」(藤井雄一郎監督)
◎宗像サニックスCTB権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁(慶山高、三重/朝明高・帝京大)
「今春、日本に帰化した。着実に成長」(藤井監督)

◆東芝-コカ・コーラ(鹿児島)
*東芝(21、-18)、コーラ(8、-167)
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン)(東京朝鮮高・13まで帝京大)、
Dscf2147
「ケガで苦しんだ。力はある。努力をしてチャンスをつかみ活かすことを期待」(冨岡鉄平監督)
◎東芝PR金寛泰(キム・ガンテ)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)、
Dscf2148
「同じポジションに日本代表(三上、知念)がいて彼らよりもフィジカルが弱い。タックルは東芝のタックル、気持
ちのこもったタックルができる。本人にも話しているのでフィジカルを鍛えればレギュラーが見える」(冨岡監督)

<<TLチャレンジ2(TC2)>>
■第1週(12月3日、秩父宮)
◆日野自動車(TE2)-中国電力(T九2)
◎日野自動車PR18金光植(キム・グァンシク)김광식(慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC・14-15ホンダ)
◎日野自動車FL李淳也(リ・ジュンヤ)(常翔啓光学園・12-15天理大)

■第2週(12月11日、鶴見)
◆中部電力(TW2)-日野自動車(TE2)
◎日野自動車PR金光植(キム・グァンシク)김광식(慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC・14-15ホンダ)
◎日野自動車FL李淳也(リ・ジュンヤ)(常翔啓光学園・12-15天理大)

■第3週(12月18日、CW広島)
◆中国電力(T九2)-中部電力(TW2)

<<TLチャレンジリーグ参入マッチ(TCL参)>>
■第1週(12月3日、熊谷)
◆釜石SW(TE3)-マツダ(T九3)
◎釜石SW/PR許雄(ホ・ウン)허웅(大邱商苑高・延世大・08尚武・09-15NTTドコモ)
Dscf3229
「釜石のラグビーはシンプルで自分に合っている」
Dscf9327
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン)남종성(大阪朝鮮高・14まで明治大)
◎マツダCTB李修平(リ・スピョン)이수평(大阪・日新高・大阪体育大・12六甲クラブ)
◎マツダPR高昊詞(コウ・ボサ、関東学院大)

■第2週(11日、鶴見)
◆釜石SW(TE3)-大阪府警(TW3)
◎釜石SW/PR許雄(ホ・ウン)허웅(大邱商苑高・延世大・08尚武・09-15NTTドコモ)

■第3週(18日、広島)
◆マツダ(T九3)-大阪府警(TW3)
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン)남종성(大阪朝鮮高・14まで明治大)
◎マツダCTB李修平(リ・スピョン)이수평(大阪・日新高・大阪体育大・12六甲クラブ)
◎マツダPR高昊詞(コウ・ボサ、関東学院大)

☆2016年11月26日週☆
 TEは2位日野自動車が88-0日本IBMと大勝し2位でトップリーグチャレンジ2へ初出場する。
 TWは2ndステージ、NTTドコモが88-7中部電力を寄せ付けず1位通過を決めた。2位が中部電力。
 Tキュウシュウは九州電力がリーグ戦で敗れた中国電力に24-14でリベンジし優勝を決めた。
<<TE>>
1位/三菱重工相模原(45)、2/日野自動車(37)、3/釜石SW(32)、4/栗田工業(31)、5/東京ガス(20)、6/横河武蔵野(19)、7/秋田NB(16)、8/ヤクルト(14)、9/セコム(4)、10/日本IBM(1)
■第11週
◆日野自動車88(43-0)0日本IBM(11月26日、日野G)
*日野13T10G1P(37)、IBM(1)
◎日野自動車PR18金光植(キム・グァンシク)김광식(慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC・14-15ホンダ)
◎日野自動車FL20李淳也(リ・ジュンヤ)(常翔啓光学園・12-15天理大)

◆東京ガス26(19-14)35栗田工業(海老名)
*ガス4T3G(20)、栗田5T5G(31)
◎栗田工業PR1金亨志(キム・ヒョンジ)(大阪朝高・12-15京産大)

◆秋田NB66(38-0)26セコム(27日、秋田)
*秋田10T8G(16)、セコム4T3G(4)

■第10週
◆三菱重工相模原34(15-0)0日野自動車(11月19日、相模原G)
*三菱5T3G1P(45)、日野(32)
◎三菱重工相模原PR3成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕(大阪朝高・帝京大・06-13近鉄・14-三菱相模原),
◎日野自動車PR18金光植(キム・グァンシク)김광식(慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC・14-15ホンダ)
◎日野自動車FL李淳也(リ・ジュンヤ)(常翔啓光学園・12-15天理大)

◆釜石SW28(14-12)24ヤクルト(秩父宮)
*釜石4T4G(32)、ヤクルト4T2G(14)
◎釜石SW/PR許雄(ホ・ウン)허웅(大邱商苑高・延世大・08尚武・09-15NTTドコモ)
「釜石のラグビーはシンプルで自分に合っている」
◎ヤクルトPR3金弘泰(明治大、大阪朝高)

◆横河武蔵野31(14-12)15日本IBM
*横河5T3G(19)、IBM5P(1)
◎横河武蔵野LO5延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11横河)
Dscf2985
Dscf3051
「横河で過ごせてうれしい。感謝」
◎横河武蔵野SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル)조현철(大阪朝高・08同志社大)

<<TW>>
1位/NTTドコモ、2/中部電力、3/大阪府警、4/JR西日本、5/大阪ガス、6/ユニチカ
■セカンドS上位G第3週(11月26日)
◆NTTドコモ88(22-7)7中部電力(花園)
*ドコモ(12)、中部(5)
◎NTTドコモLO朴淳彩(パク・スンチェ)박순채(仁川機械工高・慶煕大(キョンヒ)・尚武・ポスコ建設・12-13サントリー)
◎NTTドコモPR17張泰立育(チャン・テユク)(大阪朝鮮高・11まで関西学院大)
◎NTTドコモSO/CTB金勇輝(キム・ヨンヒ)(大阪朝鮮高・14まで法政大)

■セカンドS上位G第2週(11月19日)
◆中部電力13(3-8)11大阪府警(花園2)
*中部1T1G1P1D(5)、府警1T2P(1)

■セカンドS下位G第3週(11月26日)
◆大阪ガス29(19-10)24JR西日本(花園)
*大阪ガス4T3G1P(7)、JR西(8)
◎大阪ガスFB15高陽日(コウ・ヨンイル)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)
◎大阪ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)(大阪朝鮮高・大阪朝鮮高・14まで摂南大)
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン)장화유(大阪朝鮮高・14まで同志社大)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・ガンギ)(大阪朝鮮高・14まで近畿大)

■セカンドS下位G第2週(11月19日)
◆大阪ガス26(12-7)26ユニチカ(花園2)
*大阪ガス4T3G(3)、ユニチカ4T3G(2)
◎大阪ガスFB15高陽日(コウ・ヨンイル)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)
◎大阪ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)(大阪朝鮮高・大阪朝鮮高・14まで摂南大)

<<Tキュウシュウ>>
1位/九州電力、2/中国電力、3/マツダ、4/JR九州、5/三菱重工長崎、6/福岡銀行、7/新日鐵八幡
■決勝リーグ第3週(11月27日、レベルファイブ)
◆中国電力①14(7-3)24九州電力②
*中国1T1G、九電3T3G1P

◆福岡銀行⑥26(21-0)12新日鐵八幡⑦(博多の森補助)

◆JR九州④28(7-6)6三菱重工長崎⑤

■決勝リーグ第2週
◆九州電力②28(7-0)12マツダ(11月19日、九電)
*九電3T2G3P、マツダ2T1G
◎マツダLO5南宗成(ナム・ジョンソン)남종성(大阪朝鮮高・14まで明治大)
◎マツダCTB13李修平(リ・スピョン)이수평(大阪・日新高・大阪体育大・12六甲クラブ)
◎マツダPR高昊詞(コウ・ボサ、関東学院大)

◆三菱重工長崎⑤38(19-19)34新日鐵八幡⑦(筑豊)
*長崎6T、八幡5T

◆JR九州④48(12-0)3福岡銀行⑥
*JR8T

☆2016年10月29日-10月30日週☆
 TLは、前半最後の第9週。首位ヤマハは29日にコカ・コーラ戦。
 前半からFWが動き8T50-11で下し勝点43とし首位で折り返した。
 FW一列4人が日本代表としてアルゼンチン戦、欧州遠征に臨む。
 2位サントリーは30日にクボタと戦う。こちらも38-0で勝点5を加え42で追いかける。
 3位神戸は秩父宮でNEC戦(29日)。NECが一矢報いるか?
Dscf5265
Dscf5188
 NECがSO田村のPGで逆転し38-24で2006年季(27-24)以来、10年ぶり公式戦で勝った。
 4位パナは30日に地元・太田で織機とあたり60-7と一蹴し勝点34となり33神戸を抜いて3位に。
 不調・東芝はNTTコムにも敗れ初の公式戦5敗(21)で8位。5位はトヨタ自動車(29)、6位NTTコム(26)。
 以下リコー(19)、キヤノン(15)、NEC(15)、クボタ(15)、近鉄はホンダに敗れ12で13位。14位コーラ(8)。
 ホンダはSO朴成基が3G5Pをすべて成功21得点をあげ36-20で近鉄を制し1勝目、勝点6とし同じ勝点の豊田自動織機を得失点差で上回り15位、最下位を脱出。織機は16位に転落した。

 TEは、全勝同士の釜石SW対日野自動車。日野が27-14と接戦をものにして6連勝。
 TWは、優勝ほぼ確実のNTTドコモが大阪府警を74-0で圧勝し首位、Tキュウシュウはともに中国電力に敗れ1敗同士の九州電力とマツダがあたった。九電が12-7で勝ち2位になった。最終順位決定トーナメントでも優位にたつか。

<<2016TL第9週>>
■第9週(10月29日-10月30日)
◆ヤマハ50(31-6)11コカ・コーラ(29日、レベスタ)
*ヤマハ8T5G(43、+240)、コーラ1T2P(8、-167)

◆宗像サニックス5(5-21)35キヤノン(秩父宮)
*サニックス1T(21、-65)、キヤノン5T5G(15、-9)
*Dscf5091
*サニックス唯一のT、NO8新井
Dscf5043

*好調WTBエブリンハム
Dscf5038
◎宗像サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン)왕수영(三重・朝明高・大阪体育大3年中退・14末からサニックス)
「体が強く性格もよい。試合中、声も出ている」(藤井監督)
◎宗像サニックスPR申東ウォン(シン・ドンウォン)신동원ウォン=冫原(NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高
08-12福岡サニックス13-サントリー14-近鉄)、
「(代表から戻り)肩を手術したが、すでに復帰してゲームに出ている。3番はチーム内でも競争があるが勝ち抜く力はある」(藤井雄一郎監督)
◎宗像サニックスCTB権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁(慶山高、三重/朝明高・帝京大)
「今春、日本に帰化した。着実に成長」(藤井監督)

◆神戸24(12-32)38NEC(同)
*神戸4T2G(33、+107)、NEC4T3G4P(15、-47)
◎神戸製鋼LO5張碩煥(チャン・ソクファン)장석환(延世大・14-15尚武)。
Dscf5210
「コミュニケーションもとれるようになりました。きょうはタックルミスが多かった」
「ハードワークができる選手だ。(ラグビーの)理解も非常に早い。試合でのパフォーマンスもいいのでメンバー入りも期待できる」(ジム・マッケイHC)
◎神戸製鋼SH21梁正秋(リャン・ジョンチュ)량정추(大阪朝鮮高・14まで京都産業大)
「留学してプレーに自信がついた。大阪朝高の同期に負けないようにやっています」
「今春、南アに2カ月留学し成長して帰ってきた。オープン戦ではゲームキャプテンも任せた。先発かどうかはA英リス(NZ代表)との兼ね合いになる」(チーム関係者)
◎NEC/SH李明俊(イ・ミョンジュン)이명준(高麗大・15尚武)、
「チーム内で同じSH争いが厳しい。日本代表・SWの茂野や桜井と争う」

◆NTTコム34(20-10)29東芝(ニッパツ)
*コム4T4G1P1D(26、+20)、*東芝4T3G1P(21、-18)
◎NTTコミュニケーションズWTB諸葛彬(チェガル・ビン)제갈빈(ソウル大附属高・延世大・13尚武)
10/9のコーラ戦試合最後、後半39分に頭をうち脳震盪判定で交代。10月16日中も試合地・鳥取で入院している。
◎NTTコミュニケーションズHO白隆尚(ハク・タカヨシ)(啓光学園・11まで帝京大)
◎NTTコミュニケーションズFL金正奎(キン・ショウケイ)(常翔啓光学園・13まで早稲田大)、ケガ治療
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン)(東京朝鮮高・13まで帝京大)、
◎東芝PR金寛泰(キム・ガンテ)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)、

◆トヨタ自動車20(15-3)16リコー(いわて)
*トヨタ3T1G1P(29、+74)、リコー1T1G3P(19、-44)

◆サントリー38(19-0)0クボタ(30日、駒沢)
*サントリー6T4G(42、+229)、クボタ(15、-114)
◎クボタLO5金昊範(キム・ホボム)김호범(檀国大・14尚武)

◆パナソニック60(29-0)7豊田自動織機(太田)
*パナソニック9T6G1P(34、+155)、織機1T1G(6、-180)
◎パナソニックLO/FL劉永男(ユ・ヨンナム)유영남(仁川機械工高・檀国大・07尚武),
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン)(大阪朝鮮高・14まで帝京大)
◎豊田自動織機LO5鄭智弘(チョン・チホン)정지홍(大阪朝高・帝京大・05IBM・08サニックス・09-11NTTドコモ)、
◎豊田自動織機WTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン)서길령(愛知朝鮮高・朝鮮大・07-14ヤマハ)

◆近鉄20(13-20)36ホンダ(鴻池)
*近鉄2T2G2P(12、-46)、ホンダ3T3G5P(6、-134)
◎近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン)김철원(韓国/養正高・朝明高・06大阪体大)、後半1T
◎近鉄PR王鏡聞(ワン・キョンムン)왕경문(三重・朝明高-韓国・養正中・大阪体大)、
◎ホンダSO10朴成基(パク・ソンギ)박성기(大阪朝鮮高・14まで帝京大)。3G5P=21得点でMOMを獲得した
◎ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン)양영훈(富川北高・慶熙大・尚武・06まで大心通商)
「今季で日本でのプレーは最後にする。1試合1試合チームのために最善を尽くす」
「元気でやっている。10年目ということで期するものがあるようだ。自分がいるうちに若いSHを成長させたいと思ってくれている。山路や香山を教えている。試合ではリザーブスタートが多くなる」(藤本知明HC)
◎ホンダSO/CTB具智允(グ・ジユン)구지윤(日本文理高・12-15拓殖大)、
「ケガ治療中。ハートがあるプレーをする。腰が強いのが特徴。ケガから戻ればメンバー争いも」(藤本HC)
◎ホンダPR孫榮基(ソン・ヨンギ)송영기(延世大・15までポスコ建設)、
「今年入ったばかりでスクラムの組み方に少し苦しんでいる。しかしフィールドプレーではスピードがあり魅力。言葉が分からなくてもプレーを通じて貢献」(藤本HC)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12月4日は早明戦 大学リーグ戦は最終週(12月3日-)

2016年の国内大学ラグビーリーグ。
 大学選手権8連覇を狙う王者・帝京大は春季大会から好調。
 関東対抗戦では明治大、筑波大(SO山沢のパナソニック加入で戦力ダウン)。
 リーグ戦は東海大がV、東海大を試合では圧勝した2位流通経済大。大東文化大が3位だった。
 関西から天理大に同志社大、京都産業大が打倒・帝京大なるか?

☆2016年12月3-4日週☆
 関東対抗戦は最終週。首位・帝京大は昨年、負けた筑波大戦(12月3日)。筑波大は5位に沈んだ今季、王者を返り討ちしたい。2位争いの早稲田大明治大の早明戦は4日。
 関西リーグは最終日で全勝同士の同志社大と天理大が激突する(3日)
 「第53回全国大学選手権」は2回戦(3日)、朝日大VS福岡工業大。

 <<2016関東大学対抗戦>>
1位/帝京大、2/明治大、3/早稲田大、4/慶應大、5/筑波大、6/青山学院大、7/日本体育大、8/成蹊大
■第12週
◆帝京大-筑波大(12月3日、秩父宮)
*帝京6T6G(6-0)、筑波(3-3)
+帝京
◎LO5金嶺志(キム・リョンジ、4年、東京朝高)
Dscf4978
Dscf4935
◎PR李翔鎬(リ・サンホ、4年、東京朝高)
◎SO金孝舜(キム・ヒョウスン、4年、東京朝高)
◎LO4金廉(キム・リャン、3年、大阪朝高)
◎PR李成鏞(リ・ソンヨン、3年、東京朝高)
◎PR趙雄真(チョ・ウンジン、2年、東京朝高)
◎FL申賢志(シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)
◎FL下相悠(ピョン・サンユ、2年、大阪朝高)*下のーの上にˈ
◎LO慎昌徳(シン・チャンドッ、1年、東京朝高)
◎NO8文相太(ムン・サンテ、1年、東京朝高)
◎SO金基英(キム・ギヨン、1年、東京朝高)
◎CTB権泰錫(クォン・テソッ、1年、東京朝高)
+筑波
◎PR崔凌也(チェ・ルンヤ、4年、東福岡高)
Dscf3455

◆慶應大-青山学院大(熊谷)
*慶應(3-3)、青山(1-5)
◎FL崔玄祺(チェ・ヒョンギ、2年、東福岡高)

◆明治大-早稲田大(4日、秩父宮)
*明治(5-1)、早稲田5T(5-1)
+明治大
◎HO朴成浩(パク・ソンホ、3年、大阪朝高)
◎PR安昌豪(アン・チャンホ、1年、大阪朝高)

<<2016関東大学リーグ戦>>
1位/東海大(25、+18)、2/流通経済大(25、-3)、3/大東文化大(25、-15)、4/中央大(16)、5/拓殖大(16)、6/関東学院大(13)、7/法政大(13)、8/日本大
■第9週
◆法政大26(14-22)36拓殖大(11月26日、秩父宮)
*法政4T3G(13)、拓殖6T3G(16)
+拓大
◎PR3具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)
◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高)
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎CTB12呉洸太(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)、1T

◆日本大7(7-7)19関東学院大(江戸川)
*日本1T1G(7)、関東3T2G(13)
+日大
◎PR16金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)
◎SH9李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
◎LO孫昇巳(ソン・スンギ、3年、大阪朝高)。1T
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

◆東海大26(7-7)29流通経済大(27日、秩父宮)
*東海4T3G(25)、流経大4T3G1P(25)、
◎LO李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)
+流経大
◎PR金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)。セブンズ代表候補

◆大東文化大64(31-14)21中央大
*大東10T7G(25)、中央3T3G(16)

<<2016関西大学Aリーグ>>
1位/同志社大、天理大、3/京都産業大(5-2)、4/近畿大(4-3)、5/立命館大、6/関西大、7/関西学院大(1-6)、摂南大(1-6)
■第9週
◆同志社大-天理大(12月3日、西京極)
*同大(6-0)、天理(6-0)
+同大
◎PR1趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)

◆立命館大-関西大(西京極)
*立命館(2-4)、関西(1-5)

+近大
◎PR朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)

+京産大
◎FL李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

<<2016第53回全国大学選手権>>
■2回戦
◆朝日大-福岡工業大(12月3日、瑞穂)

■3回戦(12月11日)
◆A大東文化大-2回戦勝者(秩父宮)

◆B流通経済大-慶應大(同)

◆C関東対抗戦3位-京都産業大(花園)

◆D関西2位-中央大(同)

■準々決勝(12月17日)
◆A帝京大-3回戦勝者(秩父宮)

◆B関西1位-3回戦勝者(花園)

◆C東海大-3回戦勝者(秩父宮)

◆D関東対抗戦2位-3回戦勝者(花園)

■1回戦
◆福岡工業大85(50-7)7東北学院大(11月27日、レベスタ)
*福岡工業13T10G、東北学院1T1G

■東海・北陸・中四国代表決定戦(11月20日、瑞穂)
◆朝日大66-26環太平洋大

■東北・北海道決定戦(11月13日)
◆東北学院大40(7-5)5北海道大
*東北学院6T5G、北大1T

■九州地区決定戦(11月12日、福岡大)
◆福岡工業大(1位)40(7-10)17福岡大(3位)
*福工6T、福大2T

<<大学ラグビー入替戦>>
最終戦を迎え下部リーグとの入替戦が話題になります。
関東大学は12月10日から。
<関東対抗戦>
関東大学対抗戦はA7位/日本体育大はB2位の明治学院大、A8/成蹊大はB1/立教大戦。
昨季、入替戦出場の一橋大はB4位(4勝1分1敗)。
■関東対抗戦
◆A7日本体育大-B2明治学院大(12月11日、熊谷)

◆A8成蹊大-B1立教大

<関東リーグ戦>
関東大学リーグ戦は1部7位/法政大が2部2位の立正大と8位/日本大は山梨学院大(2部1位)。2部3位は専修大で5勝2敗、勝点22と立正と同じでしたが直接対戦で負け3位に。1年での復帰を逃しました。
2部7位となった朝鮮大(1勝6敗)は3部2位玉川大。2部8位/白鴎大は3部1位の防衛大戦です。
4部に昇格した母校・首都大東京は5勝2敗で3位となり出場を逃しました。
1位は千葉大で東京理科大(3部8位)、2位の駒澤大は横浜国立大(3部7位)戦。
首都大は千葉大41-34、駒澤0-5と1勝1敗。駒澤に敗れ同じ勝敗、勝点(22)でしたが3位。来年は期待できます。
残念なのは4部に落ちたかつての強豪・埼玉工業大が1勝6敗(10)で7位に。5部2位の東京経済大と入替戦です。強化を辞めた大学の末路といえば簡単ですが・・・
東経大もまさかの埼工大戦でしょうね。5部1位は城西大、4部8位の順天堂大と当たります。

■1-2部
◆1⑦法政大-2②立正大(12月10日、熊谷)

◆1⑧日本大-2①山梨学院大

■2-3部(11日)
◆2⑦朝鮮大-3②玉川大

◆2⑧白鴎大-3①防衛大

■3-4部
◆3⑦横浜国立大-4②駒澤大

◆3⑧東京理科大-4①千葉大

<関西大学Aリーグ戦>
11月27日を終えて1勝6敗の関西学院大、摂南大と1勝5敗の関西大が降格圏内。B1位大阪体育大、2位龍谷大が待ち受けます。
■関西A-B(12月10日)
◆A⑧-B②龍谷大

◆A⑦-B①大阪体育大

☆2016年11月26日週☆
 関東対抗戦は成蹊大VS日本体育大。Bとの入替戦が決まった2校の最終戦。日体大が38-27で下し1勝目。
 関東リーグ戦は、首位・東海大VS流通経済大。逆転優勝にかける流通経済が前半からゲームを支配。
Dscf7182
終了間際に東海に26-26に追いつかれたが、PGを得て流経SO東郷がサヨナラPGを決め29-26で逃げ切った。
Dscf7189
Dscf7190
Dscf7195

 2位だった大東文化大は64-21中央大に圧勝した。
 この結果、3校が6勝1敗(勝点25)で並んだ。3校同士の勝点も5。3校内の得失点差で東海(+18)、流経(-3)、大東(-15)で順位が確定し東海大がVとなった。
 26日は拓殖大VS法政大、いずれも秩父宮ラグビー場。
拓大はPR3具智元らを中心にFWがスクラムを「法大がペナルティするまで押す」を徹底し崩した。36-26で勝ち3勝3敗(勝点16、5位)で終えた。
Dscf7106
Dscf7131
Dscf7121

法大は2勝4敗(13)、関東学院大が日本大を19-7で破り2勝目。関東が法大に勝っているため同じ勝点13だが上の順位6位となった。法大は7位、日大は全敗最下位(8位)で2部との入替戦になった。

 関西リーグ戦は、全勝の同志社大は24-23立命館大と後半39分に左隅Tで逆転した。立命は後半36分のTで23-19とした。やや容易なGを外していた。天理大48-5関西大。全勝を保ち両校は最終日(12月3日)に対戦する。3位京都産業大は64-5で摂南大を一蹴した。
 第53回全国大学選手権大会は1回戦、福岡工業大85-7東北学院大(11月27日、レベスタ)。
 
 <<2016関東大学対抗戦>>
1位/帝京大、2/明治大、3/早稲田大、4/慶應大、5/筑波大、6/青山学院大、7/日本体育大、8/成蹊大
■第11週
◆成蹊大27(17-28)38日本体育大(11月26日、江戸川)
*成蹊3T3G2P(0-7)、日体5T5G1D(1-6)

<<2016関東大学リーグ戦>>
1位/東海大(25、+18)、2/流通経済大(25、-3)、3/大東文化大(25、-15)、4/中央大(16)、5/拓殖大(16)、6/関東学院大(13)、7/法政大(13)、8/日本大
■第9週
◆法政大26(14-22)36拓殖大(11月26日、秩父宮)
*法政4T3G(13)、拓殖6T3G(16)
*後半12分、拓大LO5ラベマイが連続攻撃からT(29-21)
Dscf7076
+拓大
◎PR3具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)
「校歌を聞いているときに今日が最後の試合と思うと涙が出た。試合後はうれし涙。ただ選手権に行けなくて悔しかった」
Dscf6909
Dscf7117
Dscf7125

◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高)
Dscf7140
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎CTB12呉洸太(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)、1T
Dscf6957

◆日本大7(7-7)19関東学院大(江戸川)
*日本1T1G(7)、関東3T2G(13)
+日大
◎PR16金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)
*写真左後ろ
Dscf2871
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SH9李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
Dscf2838
「島津製作所/トップウェストBでラグビーを続けます」
◎LO孫昇巳(ソン・スンギ、3年、大阪朝高)。1T
Dscf2798
Dscf2839
「上級生になってリーダーシップをつけないと自覚した。声を出すようになりました」
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

◆東海大26(7-7)29流通経済大(27日、秩父宮)
*東海4T3G(25)、流経大4T3G1P(25)、
◎LO李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)
*写真左
Dscf2715
「4年になってコンタクト、ブレイクダウンで体を張ることに決めました。就職はラグビー部がない会社。時間があればクラブチームで続けることも」
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)
+流経大
◎PR金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)。セブンズ代表候補

◆大東文化大64(31-14)21中央大
*大東10T7G(25)、中央3T3G(16)

<<2016関東大学JR選手権>>
■決勝戦(11月26日、秩父宮)
Dscf6903
◆帝京大35(14-0)7東海大
Dscf6896
*帝京5T5G、東海1T1G
+帝京
Dscf6663

◎LO5金嶺志(キム・リョンジ、4年、東京朝高)
Dscf6674
Dscf6771
「きょうは優勝できてうれしい。自分としてはAチームで大学選手権でプレーできるように課題を修正します。LOを4番金廉と組めた。申(賢志、シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)もFLで出れた。朝鮮高出身者として良かった」
◎PR李翔鎬(リ・サンホ、4年、東京朝高)
◎SO金孝舜(キム・ヒョウスン、4年、東京朝高)
◎LO4金廉(キム・リャン、3年、大阪朝高)
Dscf6673
◎PR李成鏞(リ・ソンヨン、3年、東京朝高)
◎PR趙雄真(チョ・ウンジン、2年、東京朝高)
◎FL7申賢志(シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)
Dscf6672
Dscf6738
◎FL下相悠(ピョン・サンユ、2年、大阪朝高)*下のーの上にˈ
◎LO慎昌徳(シン・チャンドッ、1年、東京朝高)
◎NO8文相太(ムン・サンテ、1年、東京朝高)
◎SO金基英(キム・ギヨン、1年、東京朝高)
◎CTB権泰錫(クォン・テソッ、1年、東京朝高)

<<2016関西大学Aリーグ>>
1位/同志社大、天理大、3/京都産業大、4/近畿大、5/立命館大、6/関西大、7/関西学院大、摂南大
■第8週
◆天理大48(19-5)5関西大(11月27日、神戸)
*天理8T4G(6-0)、関西1T(1-5)

◆同志社大24(14-18)23立命館大
*同大4T2G(5-0)、立命3T1G2P(2-3)
+同大
◎PR1趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)

◆近畿大19(14-5)10関西学院大(鶴見)
*近大3T2G(4-3)、関西学院2T(1-6)
+近大
◎PR朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB12金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)

◆京都産業大64(28-5)5摂南大
*京都10T7G(5-2)、摂南1T(1-6)
+京産大
◎FL7李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)1T
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

<<2016第53回全国大学選手権>>
■1回戦
◆福岡工業大85(50-7)7東北学院大(11月27日、レベスタ)
*福岡工業13T10G、東北学院1T1G

■2回戦
◆朝日大-福岡工業大(12月3日、瑞穂)

■東海・北陸・中四国代表決定戦(11月20日、瑞穂)
◆朝日大66-26環太平洋大

■東北・北海道決定戦(11月13日)
◆東北学院大40(7-5)5北海道大
*東北学院6T5G、北大1T

■九州地区決定戦(11月12日、福岡大)
◆福岡工業大(1位)40(7-10)17福岡大(3位)
*福工6T、福大2T

<<2016九州学生1部リーグ>>
■全国地区対抗選手権決定戦(博多の森補助)
◆鹿児島大(4)45(21-0)7日本文理大(5)
*鹿大7T、日文理1T

| | Comments (0) | TrackBack (0)

セブンズワールドシリーズ開幕 第1戦ドバイ大会

 ラグビー7人制(セブンズ)の世界NO1を決める「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ」が12月1日、ドバイで開幕。
 女子が12月1-2日、男子12月2-3日です。
 日本はリオ五輪4位の男子が参加しますが、選手は五輪メンバーが大学やトップリーグなどのシーズン中のため新しい選手を選んで挑戦。しかし10月にあったアジアシリーズに出場した大学生の若い選手が多くアジアで5位以下でした。
 選手には責任はなくセブンズにかける協会、チームの本気度が問題ですね。

<<「HSBCワールドラグビー男子セブンズシリーズ 第1戦ドバイ>>
<POOL12月2日>
■A/フィジー、アルゼンチン、ウエールズ、カナダ
◆フィジー、アルゼンチン、ウエールズ、カナダ
◆アルゼンチン、ウエールズ、カナダ
◆ウエールズ、カナダ

■B/南アフリカ、米国、スコットランド、ウガンダ
◆南アフリカ、米国、スコットランド、ウガンダ
◆米国、スコットランド、ウガンダ
◆スコットランド、ウガンダ

■C/NZ、イングランド、サモア、ロシア
◆NZ、イングランド、サモア、ロシア
◆イングランド、サモア、ロシア
◆サモア、ロシア

■D/豪州、日本、フランス、ケニア
◆豪州、日本、フランス、ケニア
◆日本、フランス、ケニア
◆フランス、ケニア

<CUP戦1-4位12月3日>
■決勝

■3位

■準決勝

<PLATE5-8位>
■決勝(5位)

■7位

■準決勝

<BOWL9-12位>
■決勝(9位)

■11位

■準決勝

<SHEILD13-16位>
■決勝(13位)

■15位

■準決勝

<<「HSBCワールドラグビー女子セブンズシリーズ 第1戦ドバイ>>
<POOL12月1日)
■A/豪州、南アフリカ、USA、ロシア
◆豪州、南アフリカ、USA、ロシア
◆南アフリカ、USA、ロシア
◆USA、ロシア

■B/NZ、フランス、フィジー、アイルランド
◆NZ、フランス、フィジー、アイルランド
◆フランス、フィジー、アイルランド
◆フィジー、アイルランド

■C/カナダ、イングランド、スペイン、ブラジル
◆カナダ、イングランド、スペイン、ブラジル
◆イングランド、スペイン、ブラジル
◆スペイン、ブラジル

<CUP戦1-4位12月2日>
■決勝

■3位

■準決勝

<PLATE5-8位>
■決勝(5位)

■7位

■準決勝

<BOWL9-12位>
■決勝(9位)

■11位

■準決勝


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2016

TE日野が2位通過、TWはドコモが優勝 九電が逆転V

2016年、国内ラグビー最強のトップリーグ(TL)が8月26日(金)に開幕した。
Dscf1586
 順位はこちらで「順位表」 
 今季は総当たり戦で行い、昨季までのリクシルカップ(順位決定トーナメント)は行わず、リーグ戦の順位で覇権を争う。
 勝点では昨季までの4トライ(T)以上+1のボーナスポイント(BP)が3T差以上の+1へ変更になった。

 また2017年からTL2ともいえる「TLチャレンジリーグ」が新設されることが8月19日に発表された。
☆2016年11月26日週☆
 TEは2位日野自動車が88-0日本IBMと大勝し2位でトップリーグチャレンジ2へ初出場する。
 TWは2ndステージ、NTTドコモが88-7中部電力を寄せ付けず1位通過を決めた。2位が中部電力。
 Tキュウシュウは九州電力がリーグ戦で敗れた中国電力に24-14でリベンジし優勝を決めた。

<<TE>>
1位/三菱重工相模原(45)、2/日野自動車(37)、3/釜石SW(32)、4/栗田工業(31)、5/東京ガス(20)、6/横河武蔵野(19)、7/秋田NB(16)、8/ヤクルト(14)、9/セコム(4)、10/日本IBM(1)
■第11週
◆日野自動車88(43-0)0日本IBM(11月26日、日野G)
*日野13T10G1P(37)、IBM(1)
◎日野自動車PR18金光植(キム・グァンシク)김광식(慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC・14-15ホンダ)
◎日野自動車FL20李淳也(リ・ジュンヤ)(常翔啓光学園・12-15天理大)

◆東京ガス26(19-14)35栗田工業(海老名)
*ガス4T3G(20)、栗田5T5G(31)
◎栗田工業PR1金亨志(キム・ヒョンジ)(大阪朝高・12-15京産大)

◆秋田NB66(38-0)26セコム(27日、秋田)
*秋田10T8G(16)、セコム4T3G(4)

■第10週
◆三菱重工相模原34(15-0)0日野自動車(11月19日、相模原G)
*三菱5T3G1P(45)、日野(32)
◎三菱重工相模原PR3成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕(大阪朝高・帝京大・06-13近鉄・14-三菱相模原),
◎日野自動車PR18金光植(キム・グァンシク)김광식(慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC・14-15ホンダ)
◎日野自動車FL李淳也(リ・ジュンヤ)(常翔啓光学園・12-15天理大)

◆釜石SW28(14-12)24ヤクルト(秩父宮)
*釜石4T4G(32)、ヤクルト4T2G(14)
◎釜石SW/PR許雄(ホ・ウン)허웅(大邱商苑高・延世大・08尚武・09-15NTTドコモ)
Dscf3229
「釜石のラグビーはシンプルで自分に合っている」
◎ヤクルトPR3金弘泰(明治大、大阪朝高)

◆横河武蔵野31(14-12)15日本IBM
*横河5T3G(19)、IBM5P(1)
◎横河武蔵野LO5延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11横河)
Dscf2985
Dscf3051
「横河で過ごせてうれしい。感謝」
◎横河武蔵野SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル)조현철(大阪朝高・08同志社大)

<<TW>>
1位/NTTドコモ、2/中部電力、3/大阪府警、4/JR西日本、5/大阪ガス、6/ユニチカ
■セカンドS上位G第3週(11月26日)
◆NTTドコモ88(22-7)7中部電力(花園)
*ドコモ(12)、中部(5)
◎NTTドコモLO朴淳彩(パク・スンチェ)박순채(仁川機械工高・慶煕大(キョンヒ)・尚武・ポスコ建設・12-13サントリー)
◎NTTドコモPR17張泰立育(チャン・テユク)(大阪朝鮮高・11まで関西学院大)
◎NTTドコモSO/CTB金勇輝(キム・ヨンヒ)(大阪朝鮮高・14まで法政大)

■セカンドS上位G第2週(11月19日)
◆中部電力13(3-8)11大阪府警(花園2)
*中部1T1G1P1D(5)、府警1T2P(1)

■セカンドS下位G第3週(11月26日)
◆大阪ガス29(19-10)24JR西日本(花園)
*大阪ガス4T3G1P(7)、JR西(8)
◎大阪ガスFB15高陽日(コウ・ヨンイル)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)
◎大阪ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)(大阪朝鮮高・大阪朝鮮高・14まで摂南大)
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン)장화유(大阪朝鮮高・14まで同志社大)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・ガンギ)(大阪朝鮮高・14まで近畿大)

■セカンドS下位G第2週(11月19日)
◆大阪ガス26(12-7)26ユニチカ(花園2)
*大阪ガス4T3G(3)、ユニチカ4T3G(2)
◎大阪ガスFB15高陽日(コウ・ヨンイル)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)
◎大阪ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)(大阪朝鮮高・大阪朝鮮高・14まで摂南大)

<<Tキュウシュウ>>
1位/九州電力、2/中国電力、3/マツダ、4/JR九州、5/三菱重工長崎、6/福岡銀行、7/新日鐵八幡
■決勝リーグ第3週(11月27日、レベルファイブ)
◆中国電力①14(7-3)24九州電力②
*中国1T1G、九電3T3G1P

◆福岡銀行⑥26(21-0)12新日鐵八幡⑦(博多の森補助)

◆JR九州④28(7-6)6三菱重工長崎⑤

■決勝リーグ第2週
◆九州電力②28(7-0)12マツダ(11月19日、九電)
*九電3T2G3P、マツダ2T1G
◎マツダLO5南宗成(ナム・ジョンソン)남종성(大阪朝鮮高・14まで明治大)
◎マツダCTB13李修平(リ・スピョン)이수평(大阪・日新高・大阪体育大・12六甲クラブ)
◎マツダPR高昊詞(コウ・ボサ、関東学院大)

◆三菱重工長崎⑤38(19-19)34新日鐵八幡⑦(筑豊)
*長崎6T、八幡5T

◆JR九州④48(12-0)3福岡銀行⑥
*JR8T

☆2016年10月29日-10月30日週☆
 TLは、前半最後の第9週。首位ヤマハは29日にコカ・コーラ戦。
 前半からFWが動き8T50-11で下し勝点43とし首位で折り返した。
 FW一列4人が日本代表としてアルゼンチン戦、欧州遠征に臨む。
 2位サントリーは30日にクボタと戦う。こちらも38-0で勝点5を加え42で追いかける。
 3位神戸は秩父宮でNEC戦(29日)。NECが一矢報いるか?
Dscf5265
Dscf5188
 NECがSO田村のPGで逆転し38-24で2006年季(27-24)以来、10年ぶり公式戦で勝った。
 4位パナは30日に地元・太田で織機とあたり60-7と一蹴し勝点34となり33神戸を抜いて3位に。
 不調・東芝はNTTコムにも敗れ初の公式戦5敗(21)で8位。5位はトヨタ自動車(29)、6位NTTコム(26)。
 以下リコー(19)、キヤノン(15)、NEC(15)、クボタ(15)、近鉄はホンダに敗れ12で13位。14位コーラ(8)。
 ホンダはSO朴成基が3G5Pをすべて成功21得点をあげ36-20で近鉄を制し1勝目、勝点6とし同じ勝点の豊田自動織機を得失点差で上回り15位、最下位を脱出。織機は16位に転落した。

 TEは、全勝同士の釜石SW対日野自動車。日野が27-14と接戦をものにして6連勝。
 TWは、優勝ほぼ確実のNTTドコモが大阪府警を74-0で圧勝し首位、Tキュウシュウはともに中国電力に敗れ1敗同士の九州電力とマツダがあたった。九電が12-7で勝ち2位になった。最終順位決定トーナメントでも優位にたつか。

<<2016TL第9週>>
■第9週(10月29日-10月30日)
◆ヤマハ50(31-6)11コカ・コーラ(29日、レベスタ)
*ヤマハ8T5G(43、+240)、コーラ1T2P(8、-167)

◆宗像サニックス5(5-21)35キヤノン(秩父宮)
*サニックス1T(21、-65)、キヤノン5T5G(15、-9)
*Dscf5091
*サニックス唯一のT、NO8新井
Dscf5043

*好調WTBエブリンハム
Dscf5038
◎宗像サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン)왕수영(三重・朝明高・大阪体育大3年中退・14末からサニックス)
「体が強く性格もよい。試合中、声も出ている」(藤井監督)
◎宗像サニックスPR申東ウォン(シン・ドンウォン)신동원ウォン=冫原(NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高
08-12福岡サニックス13-サントリー14-近鉄)、
「(代表から戻り)肩を手術したが、すでに復帰してゲームに出ている。3番はチーム内でも競争があるが勝ち抜く力はある」(藤井雄一郎監督)
◎宗像サニックスCTB権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁(慶山高、三重/朝明高・帝京大)
「今春、日本に帰化した。着実に成長」(藤井監督)

◆神戸24(12-32)38NEC(同)
*神戸4T2G(33、+107)、NEC4T3G4P(15、-47)
◎神戸製鋼LO5張碩煥(チャン・ソクファン)장석환(延世大・14-15尚武)。
Dscf5210
「コミュニケーションもとれるようになりました。きょうはタックルミスが多かった」
「ハードワークができる選手だ。(ラグビーの)理解も非常に早い。試合でのパフォーマンスもいいのでメンバー入りも期待できる」(ジム・マッケイHC)
◎神戸製鋼SH21梁正秋(リャン・ジョンチュ)량정추(大阪朝鮮高・14まで京都産業大)
「留学してプレーに自信がついた。大阪朝高の同期に負けないようにやっています」
「今春、南アに2カ月留学し成長して帰ってきた。オープン戦ではゲームキャプテンも任せた。先発かどうかはA英リス(NZ代表)との兼ね合いになる」(チーム関係者)
◎NEC/SH李明俊(イ・ミョンジュン)이명준(高麗大・15尚武)、
「チーム内で同じSH争いが厳しい。日本代表・SWの茂野や桜井と争う」

◆NTTコム34(20-10)29東芝(ニッパツ)
*コム4T4G1P1D(26、+20)、*東芝4T3G1P(21、-18)
◎NTTコミュニケーションズWTB諸葛彬(チェガル・ビン)제갈빈(ソウル大附属高・延世大・13尚武)
10/9のコーラ戦試合最後、後半39分に頭をうち脳震盪判定で交代。10月16日中も試合地・鳥取で入院している。
Dscf5196
「14番はDFが多くボールが回ってこない!11番の方がボールが来る。いまは両方できるように準備します」
「ビンにはWTB、CTBをプレーしてさらなる成長を期待している。先発かどうかチームでも激しいポジション争いになるだろう」(ロブ・ペニーHC)
◎NTTコミュニケーションズHO白隆尚(ハク・タカヨシ)(啓光学園・11まで帝京大)
◎NTTコミュニケーションズFL金正奎(キン・ショウケイ)(常翔啓光学園・13まで早稲田大)、ケガ治療
「日本代表、サンウルブズで成長して戻ってきた。3年目だが若い選手の追い上げに対し主将を任せてることからも金への期待が分かるでしょう」(ペニーHC)
「(サンウルブズでのケガから)順調に復帰をしている。11月くらいに試合に出たい」(金)

◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン)(東京朝鮮高・13まで帝京大)、
Dscf2147
「ケガで苦しんだ。力はある。努力をしてチャンスをつかみ活かすことを期待」(冨岡鉄平監督)
◎東芝PR金寛泰(キム・ガンテ)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)、
Dscf2148
「同じポジションに日本代表(三上、知念)がいて彼らよりもフィジカルが弱い。タックルは東芝のタックル、気持
ちのこもったタックルができる。本人にも話しているのでフィジカルを鍛えればレギュラーが見える」(冨岡監督)

◆トヨタ自動車20(15-3)16リコー(いわて)
*トヨタ3T1G1P(29、+74)、リコー1T1G3P(19、-44)

◆サントリー38(19-0)0クボタ(30日、駒沢)
*サントリー6T4G(42、+229)、クボタ(15、-114)
◎クボタLO5金昊範(キム・ホボム)김호범(檀国大・14尚武)
Dscf3365
「調子はいいです。チームからがセットプレーの安定性。ラインアウトのジャンプの高さ、DFの激しさなどを求められています」

◆パナソニック60(29-0)7豊田自動織機(太田)
*パナソニック9T6G1P(34、+155)、織機1T1G(6、-180)
◎パナソニックLO/FL劉永男(ユ・ヨンナム)유영남(仁川機械工高・檀国大・07尚武),
Dscf2625
「右ひざケガからのリハビリ中。11月に復帰したい。」
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン)(大阪朝鮮高・14まで帝京大)
◎豊田自動織機LO5鄭智弘(チョン・チホン)정지홍(大阪朝高・帝京大・05IBM・08サニックス・09-11NTTドコモ)、
Dscf2371
「1年でも長くできるように準備しています」
「しばらくケガで出ることができなかった。本人は年齢も自覚しており頑張っている」(丹羽雅也監督)
◎豊田自動織機WTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン)서길령(愛知朝鮮高・朝鮮大・07-14ヤマハ)
「今年(2月)、子供もできた。父親の自覚が出てきた。今は両足の治療中で復帰を期待」(丹羽監督)

◆近鉄20(13-20)36ホンダ(鴻池)
*近鉄2T2G2P(12、-46)、ホンダ3T3G5P(6、-134)
◎近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン)김철원(韓国/養正高・朝明高・06大阪体大)、後半1T
Dscf3354
「ケガ人が多く心配。先発できるようにチーム内競争で頑張る」
◎近鉄PR王鏡聞(ワン・キョンムン)왕경문(三重・朝明高-韓国・養正中・大阪体大)、
◎ホンダSO10朴成基(パク・ソンギ)박성기(大阪朝鮮高・14まで帝京大)。3G5P=21得点でMOMを獲得した
「いいです!私はJAPANになってもらいたいと思う選手。SOは小西主将と争うがメンバー入りをつかんで欲しい。SO、CTBで使うがSOをメインで考えたい」(藤本HC)
◎ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン)양영훈(富川北高・慶熙大・尚武・06まで大心通商)
「今季で日本でのプレーは最後にする。1試合1試合チームのために最善を尽くす」
「元気でやっている。10年目ということで期するものがあるようだ。自分がいるうちに若いSHを成長させたいと思ってくれている。山路や香山を教えている。試合ではリザーブスタートが多くなる」(藤本知明HC)
◎ホンダSO/CTB具智允(グ・ジユン)구지윤(日本文理高・12-15拓殖大)、
「ケガ治療中。ハートがあるプレーをする。腰が強いのが特徴。ケガから戻ればメンバー争いも」(藤本HC)
◎ホンダPR孫榮基(ソン・ヨンギ)송영기(延世大・15までポスコ建設)、
「今年入ったばかりでスクラムの組み方に少し苦しんでいる。しかしフィールドプレーではスピードがあり魅力。言葉が分からなくてもプレーを通じて貢献」(藤本HC)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本はフィジーに完敗、1勝2敗で欧州T終える

ラグビー界では、毎年11月は秋のテストマッチ(国際試合)の月だ。

 今年2016年11月も日本は恒例のテストマッチ4試合を行う。

 韓国は強化体制の変更に伴い秋も代表招集、チリとテストマッチを実施することになった。
☆2016年11月26日週☆
 日本代表は第4戦(最終戦、欧州ツアーは3戦目)を11月26日(土)仏でフィジー戦を行い随時リードされる展開(前半6-21)。後半FB松島の2Tなど返したが25-38で敗れた。欧州Tは1勝2敗。

☆2016年11月19日週☆
 日本代表は第3戦を11月19日(土)ウエールズと。後半、30-30の同点に追いついたが終了30秒前にDGで30-33と突き放された。
 
 韓国は最終戦を19日に戦い後半17分までに7-36とリードされたがそこから連続5Tを奪い38分にSO10李ジェボックのTで同点(36-36)、GをCTB12(22)ユ・ジェヒョクが決め逆転劇で38-36(前半0-21)で勝ち1勝1敗で記念すべき遠征を終えた。
1119korea
韓国チリ第2戦を伝える記事

☆2016年11月12日週☆
 日本代表は第2戦を11月12日(土)ジョージアと対戦。後半、逆転し28-22で勝ちジェミー・ジョセフ新HCの初勝利を得た。しかしセットプレーはまだまだ練られておらず、ボールを動かすスキルで勝った。
 
 韓国は初戦を13日(日)に戦い12(前半0-20)30で敗れた。

☆11月5日週☆
 
 日本代表は11月5日(土)、アルゼンチン代表と戦った(東京・秩父宮ラグビー場)。 
 前半、ミスから失点を重ね20-54で敗れた。BKは、試合最後の1トライを返した。
その後は欧州遠征し12日にジョージア(ジョージア)、19日ウエールズ(ウエールズ、カーディフ)、26日にはフランスでフィジーと対戦する。

  韓国は、11月8日(火)に韓国を旅立ちチリへ。現在世界ランキング29位の韓国に対しチリは27位だ。
161108korearug

 2019年W杯出場を目指すならば世界最終予選にアジア代表で出場しないといけない。その相手国が中南米になる可能性もあり、韓国にとってよいマッチメークといえよう。

 チリと戦う韓国代表25名は下記だ。日本チーム所属選手は4人。元選手は3人
韓国男子代表は11月13日、19日にチリ代表とテストマッチをおこなう。ジョン・ウォルターズ監督、ディオン・ミュア コーチ(ともにニュージーランド出身)ら首脳陣と選手25名の計31名が8日、チリへ出発した。

 今回の韓国代表は2019年ワールドカップ日本大会出場を目指す強化の一環だ。これまで、秋は韓国代表は招集してこなかった。

 選手25名のうち22名はすでに代表経験がある。日本チーム所属選手は、PR申東源(シン・ドンウォン/宗像サニックスブルース)、PR孫榮基(ソン・ヨンキ/今年度からホンダヒート)、FL/NO8朴淳彩(パク・スンチェ/NTTドコモレッドハリケーンズ)、SH李明俊(イ・ミョンジュン/今年度からNECグリーンロケッツ)の4名。

 2015年度まで日本チームに所属した3名も選ばれた。PR朴鐘烈(パク・チョンリョル/前サントリーサンゴリアス。現在は現代グロービス)、PR康太見(カン・デヒョン/前NEC、現代)、FL/NO8李勇昇(イ・ヨンスン/前日野自動車、現代)。さらに来年度、日本チーム入りで調整しているトライゲッターのWTB張成民(チャン・ソンミン)や、2年後の日本チーム入りが確実なWTB鄭演植(チョン・ヨンシク)がチリ相手にランを見せるか期待される。

 SH李明俊は今春の代表活動はNEC新加入のため参加しなかった。「代表が秋も活動できてうれしい。NECではコーチから『もっと状況を見て落ち着いてプレーしなさい』と教えてもらった。代表でもいかしたい」と意気込みを韓国帰国前に話した。
「201611韓国代表リスト」をダウンロード

<<日本代表テストマッチ>>
■日本20(6-21)54アルゼンチン(11月5日、秩父宮)
*日本2T2G2P、アルゼンチン7T5G3P

■日本28(8-12)22ジョージア(12日、ジョージア)
*日本4T1G2P、ジョージア3T2G1P

■日本30(13-14)33ウエールズ(19日、カーディフ)
*日本3T3G3P、ウエールズ3T3G3P1D

■日本25(6-21)38フィジー(26日、仏)
*日本3T2G2P、フィジー5T5G1P

<<韓国代表テストマッチ>>
■韓国12-30チリ(11月13日、チリ/サンチアゴ)
◎SH李「一緒に合わせる時間が短くうまくできなかった。チリは事前の話と異なるラグビーをしていた」
<韓国メンバー>
PR1孫榮基(ソン・ヨンギ、ホンダ)、HO2イム・ジュンヒ(尚武、高麗大)、PR3申東源(シン・ドンウォン、宗像サニックス)
LO4ヤン・デヨン(尚武、高麗大)、LO5李ジンソク(ポスコ建設)、FL6チェ・ガンサン(尚武、高麗大)、FL7李勇昇(イ・ヨンスン、現代G、15日野)、NO8朴淳彩(パク・スンチェ、NTTドコモ)
SH9李明俊(イ・ミョンジュン、NEC)、SO10ユ・ジェヒョク(ポスコ建設)
WTB11朴ハンギョル(尚武)、CTB12文ジョンホ(現代G)、CTB13張成民(チャン・ソンミン、尚武、高麗大)、WTB14鄭演植(チョン・ヨンシク、尚武、高麗大)、FBチャン・ヨンフン(延世大④)
☆リザーブ
PR16康太見(カン・デヒョン、現代G、15NEC)、HO17ホン・ギルピョ(尚武?)、PR18朴鐘烈(パク・チョンリョル、現代G、15サントリー)、LO/FL/NO8:19申多炫(シン・ダヒョン、高麗大①)、LO/FL/NO8:20ソン・ミンス(KRU)、
SH21シン・ギチョル(ポスコ建設)、SO22李ジェボック(尚武)、CTB/WTB23金南郁(キム・ナンウク、韓国電力)
☆メンバー外
HO金ジップ(韓国電力)、FL金ヒョンス(韓国電力)、WTBチャン・ジョンミン(延世大④)

■韓国38(0-21)36チリ(19日)
*韓国6T4G、チリ6T3G
*前半から地元チリが積極的なアタック。8分韓国ゴール前のスクラムから反則を得てNO8が先制T(GはSO10成功7-0)。17分にはCTB13左中間へTし14-0へ。22分には左WTB11が飛び込み21-0で終えた。
 後半もチリが加点する。1分、左ライン際からWTB14が左隅Tで26-0と安全圏に入ったか。5分、韓国はようやくFL7チェ・ガンサンがチリゴール前で右へ回し(FL6-PR16-FL7)、隅へTした(Gは22ユ・ジェヒョク成功7-26)。しかしチリは6分にWTB14が右隅、14分ゴール前スクラムからNO8がCTB13へパスし連続Tで36-7と点差を29点とする。
 ここから韓国若手が怒涛の反撃を見せた。17分チリゴール前中央右のラックからHO18イム・ジュンヒがインゴールは手を伸ばしてボールを置いた。G成功で14-36。26分には左WTB11朴ハンギョルがライン際を快走、タックルをかわし右中間へT(19-36)。2分後、自陣から左へ持ち出したFBチャン・ヨンフンから内へ走ったWTB朴ハンギョルへ。そのままチリを抜き去り中央へT、Gも決まり26-36とやや見えた。
 そして35分、チリ陣へ攻め込んだ韓国。右中間ラックからSH21李明俊(イ・ミョンジュン)から左へCTB12(22)ユ・ジェヒョク、CTB13張成民(チャン・ソンミン)へ。ここで張が右へ飛ばしパス、WTB朴へつながり左隅へハットトリックのTとなりGは決まらずもとうとう31-36の5点差に追いついた。そして38分、チリ陣22メートル内ラック。韓国は順目(右へ)へアタック。縦へ入ったSO10李ジェボックがポストのやや右へ飛び込み36-36。最後はGをユが確実に決めて歓喜を起こした!
*韓国得点
*T=FL7チェ・ガンサン、HO18イム、SO10李ジェボック、WTB11朴ハンギョル(3T)
*G=CTB12(22)ユ・ジェヒョク

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2016

東海大が辛うじてV 関東大学リーグ戦2016年最終日 大学11月26日週

2016年の国内大学ラグビーリーグ。
 大学選手権8連覇を狙う王者・帝京大は春季大会から好調。
 関東対抗戦では明治大、筑波大(SO山沢のパナソニック加入で戦力ダウン)。
 リーグ戦の東海大、流通経済大に好調な大東文化大が。さらに関西から京都産業大、天理大に同志社大が打倒・帝京大なるか?

☆2016年11月26日週☆
 関東対抗戦は成蹊大VS日本体育大。Bとの入替戦が決まった2校の最終戦。日体大が38-27で下し1勝目。
 関東リーグ戦は、首位・東海大VS流通経済大。逆転優勝にかける流通経済が前半からゲームを支配。
Dscf7182
終了間際に東海に26-26に追いつかれたが、PGを得て流経SO東郷がサヨナラPGを決め29-26で逃げ切った。
Dscf7189
Dscf7190
Dscf7195

 2位だった大東文化大は64-21中央大に圧勝した。
 この結果、3校が6勝1敗(勝点25)で並んだ。3校同士の勝点も5。3校内の得失点差で東海(+18)、流経(-3)、大東(-15)で順位が確定し東海大がVとなった。
 26日は拓殖大VS法政大、いずれも秩父宮ラグビー場。
拓大はPR3具智元らを中心にFWがスクラムを「法大がペナルティするまで押す」を徹底し崩した。36-26で勝ち3勝3敗(勝点16、5位)で終えた。
Dscf7106
Dscf7131
Dscf7121

法大は2勝4敗(13)、関東学院大が日本大を19-7で破り2勝目。関東が法大に勝っているため同じ勝点13だが上の順位6位となった。法大は7位、日大は全敗最下位(8位)で2部との入替戦になった。

 関西リーグ戦は、全勝の同志社大は24-23立命館大と後半39分に左隅Tで逆転した。立命は後半36分のTで23-19とした。やや容易なGを外していた。天理大48-5関西大。全勝を保ち両校は最終日(12月3日)に対戦する。3位京都産業大は64-5で摂南大を一蹴した。
 第53回全国大学選手権大会は1回戦、福岡工業大85-7東北学院大(11月27日、レベスタ)。
 
 <<2016関東大学対抗戦>>
1位/帝京大、2/明治大、3/早稲田大、4/慶應大、5/筑波大、6/青山学院大、7/日本体育大、8/成蹊大
■第11週
◆成蹊大27(17-28)38日本体育大(11月26日、江戸川)
*成蹊3T3G2P(0-7)、日体5T5G1D(1-6)

■第12週
◆帝京大-筑波大(12月3日、秩父宮)
*帝京6T6G(6-0)、筑波(3-3)
+帝京
◎LO19金嶺志(キム・リョンジ、4年、東京朝高)
Dscf4978
Dscf4935
◎PR李翔鎬(リ・サンホ、4年、東京朝高)
◎SO金孝舜(キム・ヒョウスン、4年、東京朝高)
◎LO金廉(キム・リャン、3年、大阪朝高)
◎PR李成鏞(リ・ソンヨン、3年、東京朝高)
◎PR趙雄真(チョ・ウンジン、2年、東京朝高)
◎FL申賢志(シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)
◎FL下相悠(ピョン・サンユ、2年、大阪朝高)*下のーの上にˈ
◎LO慎昌徳(シン・チャンドッ、1年、東京朝高)
◎NO8文相太(ムン・サンテ、1年、東京朝高)
◎SO金基英(キム・ギヨン、1年、東京朝高)
◎CTB権泰錫(クォン・テソッ、1年、東京朝高)
+筑波
◎PR崔凌也(チェ・ルンヤ、4年、東福岡高)
Dscf3455

◆慶應大-青山学院大(熊谷)
*慶應(3-3)、青山(1-5)
◎FL崔玄祺(チェ・ヒョンギ、2年、東福岡高)

◆明治大-早稲田大(4日、秩父宮)
*明治(5-1)、早稲田5T(5-1)
+明治大
◎HO朴成浩(パク・ソンホ、3年、大阪朝高)
◎PR安昌豪(アン・チャンホ、1年、大阪朝高)

<<2016関東大学リーグ戦>>
1位/東海大(25、+18)、2/流通経済大(25、-3)、3/大東文化大(25、-15)、4/中央大(16)、5/拓殖大(16)、6/関東学院大(13)、7/法政大(13)、8/日本大
■第9週
◆法政大26(14-22)36拓殖大(11月26日、秩父宮)
*法政4T3G(13)、拓殖6T3G(16)
*後半12分、拓大LO5ラベマイが連続攻撃からT(29-21)
Dscf7076
+拓大
◎PR3具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)
「校歌を聞いているときに今日が最後の試合と思うと涙が出た。試合後はうれし涙。ただ選手権に行けなくて悔しかった」
Dscf6909
Dscf7117
Dscf7125

◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高)
Dscf7140
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎CTB12呉洸太(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)、1T
Dscf6957

◆日本大7(7-7)19関東学院大(江戸川)
*日本1T1G(7)、関東3T2G(13)
+日大
◎PR16金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)
*写真左後ろ
Dscf2871
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SH9李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
Dscf2838
「島津製作所/トップウェストBでラグビーを続けます」
◎LO孫昇巳(ソン・スンギ、3年、大阪朝高)。1T
Dscf2798
Dscf2839
「上級生になってリーダーシップをつけないと自覚した。声を出すようになりました」
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

◆東海大26(7-7)29流通経済大(27日、秩父宮)
*東海4T3G(25)、流経大4T3G1P(25)、
◎LO李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)
*写真左
Dscf2715
「4年になってコンタクト、ブレイクダウンで体を張ることに決めました。就職はラグビー部がない会社。時間があればクラブチームで続けることも」
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)
+流経大
◎PR金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)。セブンズ代表候補

◆大東文化大64(31-14)21中央大
*大東10T7G(25)、中央3T3G(16)

<<2016関東大学JR選手権>>
■決勝戦(11月26日、秩父宮)
Dscf6903
◆帝京大35(14-0)7東海大
Dscf6896
*帝京5T5G、東海1T1G
+帝京
Dscf6663

◎LO5金嶺志(キム・リョンジ、4年、東京朝高)
Dscf6674
Dscf6771
「きょうは優勝できてうれしい。自分としてはAチームで大学選手権でプレーできるように課題を修正します。LOを4番金廉と組めた。申(賢志、シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)もFLで出れた。朝鮮高出身者として良かった」
◎PR李翔鎬(リ・サンホ、4年、東京朝高)
◎SO金孝舜(キム・ヒョウスン、4年、東京朝高)
◎LO4金廉(キム・リャン、3年、大阪朝高)
Dscf6673
◎PR李成鏞(リ・ソンヨン、3年、東京朝高)
◎PR趙雄真(チョ・ウンジン、2年、東京朝高)
◎FL7申賢志(シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)
Dscf6672
Dscf6738
◎FL下相悠(ピョン・サンユ、2年、大阪朝高)*下のーの上にˈ
◎LO慎昌徳(シン・チャンドッ、1年、東京朝高)
◎NO8文相太(ムン・サンテ、1年、東京朝高)
◎SO金基英(キム・ギヨン、1年、東京朝高)
◎CTB権泰錫(クォン・テソッ、1年、東京朝高)

<<2016関西大学Aリーグ>>
1位/同志社大、天理大、3/京都産業大、4/近畿大、5/立命館大、6/関西大、7/関西学院大、摂南大
■第8週
◆天理大48(19-5)5関西大(11月27日、神戸)
*天理8T4G(6-0)、関西1T(1-5)

◆同志社大24(14-18)23立命館大
*同大4T2G(5-0)、立命3T1G2P(2-3)
+同大
◎PR1趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)

◆近畿大19(14-5)10関西学院大(鶴見)
*近大3T2G(4-3)、関西学院2T(1-6)
+近大
◎PR朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB12金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)

◆京都産業大64(28-5)5摂南大
*京都10T7G(5-2)、摂南1T(1-6)
+京産大
◎FL7李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)1T
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

<<2016第53回全国大学選手権>>
■1回戦
◆福岡工業大85(50-7)7東北学院大(11月27日、レベスタ)
*福岡工業13T10G、東北学院1T1G

■2回戦
◆朝日大-福岡工業大(12月3日、瑞穂)

■東海・北陸・中四国代表決定戦(11月20日、瑞穂)
◆朝日大66-26環太平洋大

■東北・北海道決定戦(11月13日)
◆東北学院大40(7-5)5北海道大
*東北学院6T5G、北大1T

■九州地区決定戦(11月12日、福岡大)
◆福岡工業大(1位)40(7-10)17福岡大(3位)
*福工6T、福大2T

<<2016九州学生1部リーグ>>
■全国地区対抗選手権決定戦(博多の森補助)
◆鹿児島大(4)45(21-0)7日本文理大(5)
*鹿大7T、日文理1T

<<大学ラグビー入替戦>>
最終戦を迎え下部リーグとの入替戦が話題になります。
関東大学は12月10日から。
<関東対抗戦>
関東大学対抗戦はA7位/日本体育大はB2位の明治学院大、A8/成蹊大はB1/立教大戦。
昨季、入替戦出場の一橋大はB4位(4勝1分1敗)。
<関東リーグ戦>
関東大学リーグ戦は1部7位/法政大が2部2位の立正大と8位/日本大は山梨学院大(2部1位)。2部3位は専修大で5勝2敗、勝点22と立正と同じでしたが直接対戦で負け3位に。1年での復帰を逃しました。
2部7位となった朝鮮大(1勝6敗)は3部2位玉川大。2部8位/白鴎大は3部1位の防衛大戦です。
4部に昇格した母校・首都大東京は5勝2敗で3位となり出場を逃しました。
1位は千葉大で東京理科大(3部8位)、2位の駒澤大は横浜国立大(3部7位)戦。
首都大は千葉大41-34、駒澤0-5と1勝1敗。駒澤に敗れ同じ勝敗、勝点(22)でしたが3位。来年は期待できます。
残念なのは4部に落ちたかつての強豪・埼玉工業大が1勝6敗(10)で7位に。5部2位の東京経済大と入替戦です。強化を辞めた大学の末路といえば簡単ですが・・・
東経大もまさかの埼工大戦でしょうね。5部1位は城西大、4部8位の順天堂大と当たります。
<関西大学Aリーグ戦>
11月27日を終えて1勝6敗の関西学院大、摂南大と1勝5敗の関西大が降格圏内。B1位大阪体育大、2位龍谷大が待ち受けます。

☆2016年11月19日週☆
 関東対抗戦は11月20日(日)に5戦全勝同士の帝京大と明治大が対戦した。前半から帝京が圧倒し42-15で6連勝、対抗戦6連覇を決めた。
 23日(水・祝日)には伝統の早慶戦だ。早大が後半逆転し25-23で辛勝、5勝1敗となった。明大と並んでいる。慶大は3勝3敗に。
 関東リーグ戦は、日大VS法大など。
 関西リーグ戦は、3位争いの京産大対近大。京産が勝ち4勝2敗、近大は3勝3敗。
 
 <<2016関東大学対抗戦>>
■第10週
◆筑波大84(35-7)14成蹊大(11月19日、江戸川)
*筑波12T12G(3-3)、成蹊2T2G(0-5)
◎PR崔凌也(チェ・ルンヤ、4年、東福岡高)
Dscf3455

◆青山学院大31(19-7)24日本体育大
*青山5T3G(2-4)、日体大4T2G(0-6)
+青山
◎FL崔玄祺(チェ・ヒョンギ、2年、東福岡高)

◆帝京大42(21-8)15明治大(20日、秩父宮)
*帝京6T6G(6-0)、明治2T1G1P(5-0)
◎LO19金嶺志(キム・リョンジ、4年、東京朝高)
◎PR李翔鎬(リ・サンホ、4年、東京朝高)
◎SO金孝舜(キム・ヒョウスン、4年、東京朝高)
◎LO金廉(キム・リャン、3年、大阪朝高)
◎PR李成鏞(リ・ソンヨン、3年、東京朝高)
◎PR趙雄真(チョ・ウンジン、2年、東京朝高)
◎FL申賢志(シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)
◎FL下相悠(ピョン・サンユ、2年、大阪朝高)*下のーの上にˈ
◎LO慎昌徳(シン・チャンドッ、1年、東京朝高)
◎NO8文相太(ムン・サンテ、1年、東京朝高)
◎SO金基英(キム・ギヨン、1年、東京朝高)
◎CTB権泰錫(クォン・テソッ、1年、東京朝高)
+明治大
◎HO朴成浩(パク・ソンホ、3年、大阪朝高)
◎PR安昌豪(アン・チャンホ、1年、大阪朝高)

◆慶應大23(13-15)25早稲田大(23日、秩父宮)
*慶應3T1G2P(3-3)、早稲田5T(5-1)

<<2016関東大学リーグ戦>>
■第8週
◆法政大57(33-7)24日本大(江戸川)
*法政9T6G(12)、日本4T2G(6)
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎CTB12呉洸太(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)
+日大
◎PR金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB22金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)
◎SH9李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

<<2016関西大学Aリーグ>>
■第7週
◆京都産業大64(31-3)18近畿大(20日、神戸)
*京都産業10T7G(4-2)、近畿3T1P(3-3)
+京産大
◎FL7李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)2T
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)
+近大
◎PR18朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)

◆関西学院大21(14-14)26摂南大
*関学3T3G(1-5)、摂南4T3G(1-5)
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB12金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

<<2016九州学生1部リーグ>>
■全国大学選手権決定戦(11月12日、福岡大)
◆福岡工業大(1位)40(7-10)17福岡大(3位)
*福工6T、福大2T

■全国地区対抗選手権決定戦(博多の森補助)
◆鹿児島大(4)45(21-0)7日本文理大(5)
*鹿大7T、日文理1T

<<2016全国大学選手権>>
■東海・北陸・中四国代表決定戦(11月20日、瑞穂)
◆朝日大66-26環太平洋大

■1回戦
◆福岡工業大-東北学院大(11月27日、レベスタ)

■東北・北海道決定戦(11月13日)
◆東北学院大40(7-5)5北海道大
*東北学院6T5G、北大1T

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2016

ラグビーU19韓国代表発表

 大韓ラグビー協会は、12月14日からフィリピンのマニラで開催される「第21回アジアU19選手権大会」に出場する韓国代表28名(スタッフ3、選手25)を11月21日、発表した。

 監督は今季、国内2冠を果たした白新高(ペクシン)のチョン・ヨンジン監督が務める。コーチは元クボタLOの金泳男(キム・ヨンナム)ミョンソク高コーチと慶山高(キョンサン)チェ・ハンシン氏が担当。
 選手は大学1年生が主体となっている。選考会を11月19日に実施した(写真)。
U19koreasenbatu

<<U19韓国代表>>
<スタッフ>
◎監督/チョン・ヨンジン(정영진白新高(ペクシン)、70/10/28生まれ)
◎コーチ/チェ・ハンシク(최한식慶山高(キョンサン)、76/3/1)、金泳男(김영남キム・ヨンナム。ミョンソク高、78/7/23、元クボタ)
<選手>
☆先発
◎PR1/李ヒョンス(이현수延世大、97/3/8)
◎HO2/ハム・ジュヒョン(함주현檀国大、97/2/8)
◎PR3/クァク・ソンジュン(곽성준慶熙大、97/1/29)
◎LO/チョン・ソル(정솔檀国大、97/9/26)
◎LO/朴ジュンボム(박준범延世大、97/10/23)
◎FL/李サンヨン(이상연延世大、97/2/17)
◎FL/李ヒタク(이희탁慶熙大、97/7/17)
◎NO8/イム・チャンニョン(임창녕檀国大、97/9/23)
◎SH9/チェ・ミンソン(채민성延世大、97/6/5)
◎SO10/金ギミン(김기민慶熙大、97/8/5)
◎WTB11/金ヒョンジン(김현진延世大、97/2/10)
◎CTB12/李ヨンウン(이용운延世大、97/8/24)
◎CTB13/チェ・ドンファン(최동환慶熙大、97/1/23)
◎WTB14/李ジュボン(이주봉ミョンソク高、98/6/6)
◎FB15/カン・ヒムチャン(강힘찬富川北高、98/3/16)
☆リザーブ
◎PR/ユ・グンウォン(유근원ミョンソク高、98/3/8)
◎HO/ユ・インシク(유인식セハン大、97/1/22)
◎PR/ジン・ウビン(진우빈高麗大、98/2/28)
◎LO/ホ・ジェヒョク(허재혁慶熙大、97/8/22)
◎LO/李ジュンヒョン(이준형高麗大、97/6/29)
◎NO8/朴ジョンヒョン(박종현延世大、97/6/30)
◎SH/朴ジウォン(박지원高麗大、97/4/1)
◎SO/チョン・ホチャン(정호창慶熙大、97/2/21)
◎CTB/李スンフン(이승훈高麗大、98/1/29)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2016

帝京が明治制し対抗戦6連覇。早慶戦は早大辛勝 11月19日週

2016年の国内大学ラグビーリーグ。
 大学選手権8連覇を狙う王者・帝京大は春季大会から好調。
 関東対抗戦では明治大、筑波大(SO山沢のパナソニック加入で戦力ダウン)。
 リーグ戦の東海大、流通経済大に好調な大東文化大が。さらに関西から京都産業大、天理大に同志社大が打倒・帝京大なるか?

☆2016年11月19日週☆
 関東対抗戦は11月20日(日)に5戦全勝同士の帝京大と明治大が対戦した。前半から帝京が圧倒し42-15で6連勝、対抗戦6連覇を決めた。
 23日(水・祝日)には伝統の早慶戦だ。早大が後半逆転し25-23で辛勝、5勝1敗となった。明大と並んでいる。慶大は3勝3敗に。
Dscf6660

 関東リーグ戦は、日大VS法大など。
 関西リーグ戦は、3位争いの京産大対近大。京産が勝ち4勝2敗、近大は3勝3敗。
 
 <<2016関東大学対抗戦>>
■第10週
◆筑波大84(35-7)14成蹊大(11月19日、江戸川)
*筑波12T12G(3-3)、成蹊2T2G(0-6)
◎PR崔凌也(チェ・ルンヤ、4年、東福岡高)
Dscf3455

◆青山学院大31(19-7)24日本体育大
*青山5T3G(2-4)、日体大4T2G(0-6)
+青山
◎FL崔玄祺(チェ・ヒョンギ、2年、東福岡高)

◆帝京大42(21-8)15明治大(20日、秩父宮)
*帝京6T6G(6-0)、明治2T1G1P(5-0)
◎LO19金嶺志(キム・リョンジ、4年、東京朝高)
Dscf4978
Dscf4935
◎PR李翔鎬(リ・サンホ、4年、東京朝高)
◎SO金孝舜(キム・ヒョウスン、4年、東京朝高)
◎LO金廉(キム・リャン、3年、大阪朝高)
◎PR李成鏞(リ・ソンヨン、3年、東京朝高)
◎PR趙雄真(チョ・ウンジン、2年、東京朝高)
◎FL申賢志(シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)
◎FL下相悠(ピョン・サンユ、2年、大阪朝高)*下のーの上にˈ
◎LO慎昌徳(シン・チャンドッ、1年、東京朝高)
◎NO8文相太(ムン・サンテ、1年、東京朝高)
◎SO金基英(キム・ギヨン、1年、東京朝高)
◎CTB権泰錫(クォン・テソッ、1年、東京朝高)
+明治大
◎HO朴成浩(パク・ソンホ、3年、大阪朝高)
◎PR安昌豪(アン・チャンホ、1年、大阪朝高)

◆慶應大23(13-15)25早稲田大(23日、秩父宮)
*慶應のアタックもゲインを切った
Dscf6555
*後半38分、慶應はPGを得る。SO古田(医学部)の蹴ったボールはバーを越えず外れた。
Dscf6650
*慶應3T1G2P(3-3)、早稲田5T(5-1)

<<2016関東大学リーグ戦>>
■第8週
◆法政大57(33-7)24日本大(江戸川)
*法政9T6G(12)、日本4T2G(6)
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎CTB12呉洸太(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)
+日大
◎PR金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB22金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)
*写真左後ろ
Dscf2871
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SH9李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
Dscf2838
「島津製作所/トップウェストBでラグビーを続けます」
◎LO4孫昇巳(ソン・スンギ、3年、大阪朝高)。1T
Dscf2798
Dscf2839
「上級生になってリーダーシップをつけないと自覚した。声を出すようになりました」
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

■第9週
◆法政大-拓殖大(11月26日、秩父宮)
*法政、拓殖(12)、
+拓大
◎PR具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)
◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高)

◆日本大-関東学院大(江戸川)
*日本、関東(9)

◆東海大-流通経済大(27日、秩父宮)
*東海(24)、流経大(21)、
◎LO4李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)
*写真左
Dscf2715
「4年になってコンタクト、ブレイクダウンで体を張ることに決めました。就職はラグビー部がない会社。時間があればクラブチームで続けることも」
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)
+流経大
◎PR金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)。セブンズ代表候補

◆大東文化大-中央大
*大東(21)、中央(15)

<<2016関西大学Aリーグ>>
■第7週
◆京都産業大64(31-3)18近畿大(20日、神戸)
*京都産業10T7G(4-2)、近畿3T1P(3-3)
+京産大
◎FL7李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)2T
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)
+近大
◎PR18朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)


◆関西学院大21(14-14)26摂南大
*関学3T3G(1-5)、摂南4T3G(1-5)
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB12金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

■第8週
◆天理大-関西大(11月27日、神戸)
*天理(5-0)、関西(1-4)

◆同志社大-立命館大
*同大(5-0)、立命(2-3)
+同大
◎PR趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)

◆近畿大-関西学院大(鶴見)
*近大、関西学院

◆京都産業大-摂南大
*京都、摂南

<<2016九州学生1部リーグ>>
■全国大学選手権決定戦(11月12日、福岡大)
◆福岡工業大(1位)40(7-10)17福岡大(3位)
*福工6T、福大2T

■全国地区対抗選手権決定戦(博多の森補助)
◆鹿児島大(4)45(21-0)7日本文理大(5)
*鹿大7T、日文理1T

<<2016全国大学選手権>>
■東海・北陸・中四国代表決定戦(11月20日、瑞穂)
◆朝日大66-26環太平洋大

■1回戦
◆福岡工業大-東北学院大(11月27日、レベスタ)

■東北・北海道決定戦(11月13日)
◆東北学院大40(7-5)5北海道大
*東北学院6T5G、北大1T

2016年の国内大学ラグビーリーグ。
 大学選手権8連覇を狙う王者・帝京大は春季大会から好調。
 関東対抗戦では明治大、筑波大(SO山沢のパナソニック加入で戦力ダウン)。
 リーグ戦の東海大、流通経済大に好調な大東文化大が。さらに関西から京都産業大、天理大に同志社大が打倒・帝京大なるか?

☆2016年11月12日週☆
 関東対抗戦は1週休み。次週11月20日(日)に5戦全勝同士の帝京大と明治大が対戦する。
 関東リーグ戦は、4強の流通経済大対大東文化大。大東が28-22とFB大道が3T4G23得点を稼ぎ勝利。ともに1敗となった。全勝の首位/東海大は10Tで62-21中央大(12日、秩父宮)と唯一6連勝を保った。
 関西リーグ戦は、全勝の同志社大が関西大を11T75-10で一蹴。天理大は立命館大53-21で5連勝。
 九州リーグ戦は全国大会と地区対抗出場校決定戦だ。福岡工業大が40-17福岡大で全国選手権出場権を得た。地区対抗は鹿児島大45-7日本文理大で鹿児島が出場。
 東北・北海道代表は東北学院大40-5北海道大となった。

<<2016関東大学対抗戦>>

<<2016関東大学リーグ戦>>
■第7週
◆東海大62(31-7)21中央大(11月12日、秩父宮)
*東海10T6G(24)、中央3T3G(15)
+東海
◎LO4李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)
*写真左
Dscf2715
「4年になってコンタクト、ブレイクダウンで体を張ることに決めました。就職はラグビー部がない会社。時間があればクラブチームで続けることも」
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)

◆流通経済大22(10-21)28大東文化大
*流経大4T1G(21)、大東4T4G(21)
+流経大
◎PR金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)

◆拓殖大35(21-14)29関東学院大(前橋)
*拓殖5T5G(12)、関東4T3G1P(9)
+拓大
◎PR3具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)
◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高)

<<2016関西大学Aリーグ>>
■第6週
◆京都産業大57(19-0)0関西学院大(12日、宝が池)
*京都産業9T6G(3-2)、関学(1-4)
+京産大
◎FL7李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)1T
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB12金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)

◆同志社大75(19-10)10関西大
*同大11T10G(5-0)、関西1T1G1P(1-4)
+同大
◎PR1趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)

◆近畿大39(12-7)19摂南大(13日、天理親里)
*近大7T2G(3-2)、摂南3T2G(0-5)
+近大
◎PR朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

◆天理大53(17-7)21立命館大
*天理9T4G(5-0)、立命3T3G(2-3)

<<2016九州学生1部リーグ>>
■全国大学選手権決定戦(11月12日、福岡大)
◆福岡工業大(1位)40(7-10)17福岡大(3位)
*福工6T、福大2T

■全国地区対抗選手権決定戦(博多の森補助)
◆鹿児島大(4)45(21-0)7日本文理大(5)
*鹿大7T、日文理1T

<<2016第53回全国大学選手権>>
■東北・北海道決定戦(11月13日)
◆東北学院大40(7-5)5北海道大
*東北学院6T5G、北大1T

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2016

韓国最終戦飾る38-36チリ、日本は惜敗30-33ウエールズ

ラグビー界では、毎年11月は秋のテストマッチ(国際試合)の月だ。

 今年2016年11月も日本は恒例のテストマッチ4試合を行う。

 韓国は強化体制の変更に伴い秋も代表招集、チリとテストマッチを実施することになった。
☆2016年11月19日週☆
 日本代表は第3戦を11月19日(土)ウエールズと。後半、30-30の同点に追いついたが終了30秒前にDGで30-33と突き放された。
 
 韓国は最終戦を19日に戦い後半17分までに7-36とリードされたがそこから連続5Tを奪い38分にSO10李ジェボックのTで同点(36-36)、GをCTB12(22)ユ・ジェヒョクが決め逆転劇で38-36(前半0-21)で勝ち1勝1敗で記念すべき遠征を終えた。
1119korea
韓国チリ第2戦を伝える記事

☆2016年11月12日週☆
 日本代表は第2戦を11月12日(土)ジョージアと対戦。後半、逆転し28-22で勝ちジェミー・ジョセフ新HCの初勝利を得た。しかしセットプレーはまだまだ練られておらず、ボールを動かすスキルで勝った。
 
 韓国は初戦を13日(日)に戦い12(前半0-20)30で敗れた。

☆11月5日週☆
 
 日本代表は11月5日(土)、アルゼンチン代表と戦った(東京・秩父宮ラグビー場)。 
 前半、ミスから失点を重ね20-54で敗れた。BKは、試合最後の1トライを返した。
その後は欧州遠征し12日にジョージア(ジョージア)、19日ウエールズ(ウエールズ、カーディフ)、26日にはフランスでフィジーと対戦する。

  韓国は、11月8日(火)に韓国を旅立ちチリへ。現在世界ランキング29位の韓国に対しチリは27位だ。
161108korearug

 2019年W杯出場を目指すならば世界最終予選にアジア代表で出場しないといけない。その相手国が中南米になる可能性もあり、韓国にとってよいマッチメークといえよう。

 チリと戦う韓国代表25名は下記だ。日本チーム所属選手は4人。元選手は3人
韓国男子代表は11月13日、19日にチリ代表とテストマッチをおこなう。ジョン・ウォルターズ監督、ディオン・ミュア コーチ(ともにニュージーランド出身)ら首脳陣と選手25名の計31名が8日、チリへ出発した。

 今回の韓国代表は2019年ワールドカップ日本大会出場を目指す強化の一環だ。これまで、秋は韓国代表は招集してこなかった。

 選手25名のうち22名はすでに代表経験がある。日本チーム所属選手は、PR申東源(シン・ドンウォン/宗像サニックスブルース)、PR孫榮基(ソン・ヨンキ/今年度からホンダヒート)、FL/NO8朴淳彩(パク・スンチェ/NTTドコモレッドハリケーンズ)、SH李明俊(イ・ミョンジュン/今年度からNECグリーンロケッツ)の4名。

 2015年度まで日本チームに所属した3名も選ばれた。PR朴鐘烈(パク・チョンリョル/前サントリーサンゴリアス。現在は現代グロービス)、PR康太見(カン・デヒョン/前NEC、現代)、FL/NO8李勇昇(イ・ヨンスン/前日野自動車、現代)。さらに来年度、日本チーム入りで調整しているトライゲッターのWTB張成民(チャン・ソンミン)や、2年後の日本チーム入りが確実なWTB鄭演植(チョン・ヨンシク)がチリ相手にランを見せるか期待される。

 SH李明俊は今春の代表活動はNEC新加入のため参加しなかった。「代表が秋も活動できてうれしい。NECではコーチから『もっと状況を見て落ち着いてプレーしなさい』と教えてもらった。代表でもいかしたい」と意気込みを韓国帰国前に話した。
「201611韓国代表リスト」をダウンロード

<<日本代表テストマッチ>>
■日本20(6-21)54アルゼンチン(11月5日、秩父宮)
*日本2T2G2P、アルゼンチン7T5G3P

■日本28(8-12)22ジョージア(12日、ジョージア)
*日本4T1G2P、ジョージア3T2G1P

■日本30(13-14)33ウエールズ(19日、カーディフ)
*日本3T3G3P、ウエールズ3T3G3P1D

■日本ーフィジー(26日、仏)

<<韓国代表テストマッチ>>
■韓国12-30チリ(11月13日、チリ/サンチアゴ)
◎SH李「一緒に合わせる時間が短くうまくできなかった。チリは事前の話と異なるラグビーをしていた」
<韓国メンバー>
PR1孫榮基(ソン・ヨンギ、ホンダ)、HO2イム・ジュンヒ(尚武、高麗大)、PR3申東源(シン・ドンウォン、宗像サニックス)
LO4ヤン・デヨン(尚武、高麗大)、LO5李ジンソク(ポスコ建設)、FL6チェ・ガンサン(尚武、高麗大)、FL7李勇昇(イ・ヨンスン、現代G、15日野)、NO8朴淳彩(パク・スンチェ、NTTドコモ)
SH9李明俊(イ・ミョンジュン、NEC)、SO10ユ・ジェヒョク(ポスコ建設)
WTB11朴ハンギョル(尚武)、CTB12文ジョンホ(現代G)、CTB13張成民(チャン・ソンミン、尚武、高麗大)、WTB14鄭演植(チョン・ヨンシク、尚武、高麗大)、FBチャン・ヨンフン(延世大④)
☆リザーブ
PR16康太見(カン・デヒョン、現代G、15NEC)、HO17ホン・ギルピョ(尚武?)、PR18朴鐘烈(パク・チョンリョル、現代G、15サントリー)、LO/FL/NO8:19申多炫(シン・ダヒョン、高麗大①)、LO/FL/NO8:20ソン・ミンス(KRU)、
SH21シン・ギチョル(ポスコ建設)、SO22李ジェボック(尚武)、CTB/WTB23金南郁(キム・ナンウク、韓国電力)
☆メンバー外
HO金ジップ(韓国電力)、FL金ヒョンス(韓国電力)、WTBチャン・ジョンミン(延世大④)

■韓国38(0-21)36チリ(19日)
*韓国6T4G、チリ6T3G
*前半から地元チリが積極的なアタック。8分韓国ゴール前のスクラムから反則を得てNO8が先制T(GはSO10成功7-0)。17分にはCTB13左中間へTし14-0へ。22分には左WTB11が飛び込み21-0で終えた。
 後半もチリが加点する。1分、左ライン際からWTB14が左隅Tで26-0と安全圏に入ったか。5分、韓国はようやくFL7チェ・ガンサンがチリゴール前で右へ回し(FL6-PR16-FL7)、隅へTした(Gは22ユ・ジェヒョク成功7-26)。しかしチリは6分にWTB14が右隅、14分ゴール前スクラムからNO8がCTB13へパスし連続Tで36-7と点差を29点とする。
 ここから韓国若手が怒涛の反撃を見せた。17分チリゴール前中央右のラックからHO18イム・ジュンヒがインゴールは手を伸ばしてボールを置いた。G成功で14-36。26分には左WTB11朴ハンギョルがライン際を快走、タックルをかわし右中間へT(19-36)。2分後、自陣から左へ持ち出したFBチャン・ヨンフンから内へ走ったWTB朴ハンギョルへ。そのままチリを抜き去り中央へT、Gも決まり26-36とやや見えた。
 そして35分、チリ陣へ攻め込んだ韓国。右中間ラックからSH21李明俊(イ・ミョンジュン)から左へCTB12(22)ユ・ジェヒョク、CTB13張成民(チャン・ソンミン)へ。ここで張が右へ飛ばしパス、WTB朴へつながり左隅へハットトリックのTとなりGは決まらずもとうとう31-36の5点差に追いついた。そして38分、チリ陣22メートル内ラック。韓国は順目(右へ)へアタック。縦へ入ったSO10李ジェボックがポストのやや右へ飛び込み36-36。最後はGをユが確実に決めて歓喜を起こした!
*韓国得点
*T=FL7チェ・ガンサン、HO18イム、SO10李ジェボック、WTB11朴ハンギョル(3T)
*G=CTB12(22)ユ・ジェヒョク

| | Comments (0) | TrackBack (0)

白新高46-0五城高、一山東中33-15清州南中で優勝 韓国中高大会

<<2016年、第69回全国種別ラグビー選手権大会>>
 2016年韓国ラグビー界最後の試合となる「第69回全国種別ラグビー選手権大会」が11月16日(水)から20日(日)まで忠清南道禮山の公設運動場で行われる。
 一般・大学の参加は無く高校4、中学6校が出場する。

 11月20日は決勝2試合を行い高校は白新高(ペクシン)が天安五城高(チョンアンオソン)を46-0とゼロ封し大会連覇と今季全国2冠目で終えた。白紺赤が白新
161120pw

 中学は一山東中(イルサンドン)が終始、圧倒し清州南中(チョンジュナム)を33-15で退けた。

 高校は今季・春季リーグV、大統領慶煕大(キョンヒ)と忠武旗大会で2位(Vは全国体育大会含め今季3冠/富川北高)の白新高(ペクシン)が大会連覇を目指す。
 初戦の準決勝で春季と忠武旗3位/城南西高(ソンナムソ)が対抗馬だ。
 18日の1回戦(準決勝)で白新高(ペクシン)42-12城南西高(ソンナムソ)、天安五城高(チョンアンオソン)60-5裡里工業高(イリコンゴ)となり勝者が決勝へ。

 中学は、忠武旗大会で2位、大統領旗3位の)、城南西中(ソンナムソ)。1回戦で忠武旗大会3位の富川北中(プチョンプク)と一山東中(イルサンドン)があたり勝者が準決勝で城南西戦だ。
 もう一つの山は清州南中(チョンジュナム)と富城中(プソン)の争いか。
 18日の準決勝は、}城南西中(ソンナムソ)17-38一山東中(イルサンドン)、富城中(プソン)5-32清州南中(チョンジュナム)だった。

「2016韓国日程結果」をダウンロード

<<第69回全国種別ラグビー選手権大会>>
<高校>
■決勝戦(11月20日)
◆白新高(ペクシン)46(27-0)0天安五城高(チョンアンオソン)
*白新7T4G1P
*白新が圧勝した。前半3分FL6李ジェジュンが最初のファイブポインターとなった。Gは大会好調のSO李ソンドが決め7-0にした。8分にはPR1ユン・チャン、10分HO2朴ジェミン、23分CTB13チョ・ジョンワンと4連続Tで24-0。最後は李PG成功し27-0と前半で決めた。後半もFL李の2本目のTなど3本で19点を加点し連覇を手にした。

■準決勝戦(11月18日)
◆白新高(ペクシン)42(21-7)12城南西高(ソンナムソ)
*白新6T6G、城南西2T1G
*白が白新
1118

◆天安五城高(チョンアンオソン)60(33-0)5裡里工業高(イリコンゴ)
*五城10T5G、イリ1T
*裡里ラインアウトを五城(白)がせる
Osonw

<中学>
■決勝戦(11月20日)
◆一山東中(イルサンドン)33(14-5)15清州南中(チョンジュナム)
*一山5T4G、清州3T
*前半2分、一山はFB12金ヒョンソがTラインを越え、Gは右CTB10ソル・ドンジュンが確実に決め7-0と先制した。清州も反撃し13分HO2朴ジスがTを返し2点差に。26分一山がPR3チェ・ホヨンがT、G成功で14-5と差を広げる。清州は後半1分に左CTB9イム・ソンスがインゴールへ運び10-14と迫った。一山がここから5分FB金の2本目のT、10分PR1チェ・ビョンユン、16分PR3チェと3連続Tで33-10と勝利を決めた。清州は23分に左WTB8ユ・シウンがTを奪うもノーサイドに。

■準決勝戦(11月18日)
◆{A}富城中(プソン)5(0-20)32清州南中(チョンジュナム)
*富城1T、清州6T1G
*富城ラインアウト
Bpsn

◆{B}城南西中(ソンナムソ)17(5-21)38一山東中(イルサンドン)
*城南西3T1G、一山6T4G
1118sns

■1回戦(11月16日)
◆{A}清州南中(チョンジュナム)34(12-5)17蘭谷中(ナンゴック)
*清州6T2G、蘭谷3T1G

◆{B}富川北中(プチョンプク)0(0-32)70一山東中(イルサンドン)
*一山12T5G
*アタックする一山(グリーン)
161116idg

<<参考/2015年、第68回全国種別ラグビー選手権大会>>
2015年韓国ラグビー界最後の試合となる「第68回全国種別ラグビー選手権大会」が11月13日(金)から19日(木)まで仁川市の仁川南洞アジアドラグビー場補助競技場で開催される。
 開催は2013年以来2年ぶりで前回と同様に一般・大学の参加は無く中学12、高校3校が出場する。

 中学は今季3冠のソウル大附属中が有力だ。ソウル大は春季/3月、忠武旗/4月、大統領旗/7月と覇権を手にした。準決勝までの同じヤマには養正中(ヤンジョン、春季3位、忠武旗2位)、培材(ペジェ、春季2位、全国少年優勝/5月)、富川北中(プチョンプク、春季3位、全国少年2位、前回種別2位/13年)、清州南中(チョンジュナム、忠武旗3位)がいる。
 もう一つのヤマには、全国少年3位、大統領旗2位と好調の延壽中(ヨンス)、富平中(プピョン、忠武旗3位)、城南西中(ソンナムソ、前回種別優勝/13年)らが争う。
 11月17日の準決勝で一山東中(イルサンドン)が延壽中(ヨンス)を44-19と一蹴し今季初Vへ王手をかければ2回戦でソウル大附属中を下した富川北中(プチョンプク)が養正中(ヤンジョン)を25-7と後半に突き放してこちらも初Vを目指す。
 15日の2回戦はソウル大附属中が後半14分から3連続Tで26-22と富川北中(プチョンプク)を逆転したが23分に富川から認定Tを奪われ27-26と再逆転、Gも決まり29-26でノーサイドとなった。
 養正中(ヤンジョン)は武珍中(ムジン)から12T8Gを奪い76-3で圧勝した。一山東中(イルサンドン)は蘭谷中(ナンゴック)を26-0でゼロ封、延壽中(ヨンス)も前回Vの城南西中(ソンナムソ)を最後1Tに抑え34-5でそれぞれ4強へ駒を進めた。
 11月13日の1回戦では、養正中(ヤンジョン)、富川北中(プチョンプク)、延壽中(ヨンス)、一山東中(イルサンドン)が勝ち8強入り。
 
 高校は1回戦(11月15日)で城南西高(ソンナムソ、前回種別優勝/13年)と白新高(ペクシン、春季3位、大統領旗3位)が戦った。前半は城南西が先制し白新が追う展開で19-26と白新がリード。後半に入ると白新CTB12李スンフンが2分、4分に連続T(G成功で)、19-40と点差を広げる。城南西も11,14分とFBペク・ジョンウンがTし29-40と迫る。しかし城南西の追撃はここまで。23分から白新がWTB14チェ・インジェなど3人がファイブポインターとなり29-57で決勝へ。
 決勝で富川北高(プチョンプク、春季2位、全国体育大会優勝、前回種別2位)と対戦する。

「15韓国日程結果」をダウンロード

<中学>
■決勝戦(11月19日)
◆富川北中(プチョンプク)-一山東中(イルサンドン)

■準決勝戦(11月17日)
◆{A}富川北中(プチョンプク)25(10-0)7養正中(ヤンジョン)
*富川5T、養正1T1G
*富川は前半23分にCTB9ヤン・ジュンチョルTで先制、3分後にはFBユ・ジホもファイブポインターで5点を加点する。後半も6分にWTB8金チャンヒョン、11分WTB11李ヨンジンがTし20-0と試合を決めた。養正は15分にようやく」FBピョン・ジョンヨンがTし7点を返した。

◆{B}一山東中(イルサンドン)44(27-5)19延壽中(ヨンス)
*一山7T3G1P、延壽3T2G
*一山が前半で試合を決めた。1分にCTB9金ジェウォンの先制Tで5-0とする。9分にはPR3アン・ジヨンがT、11分にもアンが2本目のT(GはCTB金成功)で17-0と差を広げた。15分に延壽CTB9チャ・ジェヨンのTで17-5とされたが18分にアンT、23分金PGと加点し27-5で前半を終えた。後半もアンの4本目、CTB金2本目Tなどで17点を奪い44-19と圧勝した。

■2回戦(11月16日)
{A}
◆養正中(ヤンジョン)76(29-3)3光州武珍中(カンジュ・ムジン)
*養正12T8G、武珍1P
◆富川北中(プチョンプク)29(15-7)26ソウル大附属中
*富川5T2G、ソウル4T3G
*ソウルは後半22-7とリードされた14分にCTB9金ジヒョンがT、GはSH6チェ・ジユンが成功し22-14へ。18分にはPR1チェ・ジフンのTで22-19と3点差とした。2分後、WTB8ホン・インジュンがTラインを越え22-24と逆転した。Gも決まり22-26へ。劣勢だった富川は最後、攻め続け認定Tを23分に奪い27-26と再逆転、GをCTB9ヤン・ジュンチョルが決め29-26で逃げ切った。

{B}
◆一山東中(イルサンドン)26(12-0)0蘭谷中(ナンゴク)
*一山4T3G
◆延壽中(ヨンス)57(26-19)29城南西中(ソンナムソ)
*延壽9T6G、城南西5T2G

■1回戦(11月13日)
{A}
◆①養正中(ヤンジョン)25(12-5)5 培材(ペジェ)
*養正3T1G2P、培材1T
◆②富川北中(プチョンプク)38(19-7)26清州南中(チョンジュナム)
*富川6T4G、清州南4T3G

{B}
◆③慶山中(キョンサン)15(15-7)36一山東中(イルサンドン)
*慶山2T1G1P、一山5T4G1P
◆④延壽中(ヨンス)7(0-5)5富平中(プピョン)
*延壽1T1G、富平1T

<高校>
■決勝戦(11月19日)
◆富川北高(プチョンプク)-白新高(ペクシン)

■1回戦(11月16日)
◆白新高(ペクシン)57(26-19)29城南西高(ソンナムソ)
*白新9T6G、城南西5T2G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2016

首位決戦 三菱が34-0日野を制しV TE11月19日週

2016年、国内ラグビー最強のトップリーグ(TL)が8月26日(金)に開幕した。
Dscf1586
 順位はこちらで「順位表」 
 今季は総当たり戦で行い、昨季までのリクシルカップ(順位決定トーナメント)は行わず、リーグ戦の順位で覇権を争う。
 勝点では昨季までの4トライ(T)以上+1のボーナスポイント(BP)が3T差以上の+1へ変更になった。

 また2017年からTL2ともいえる「TLチャレンジリーグ」が新設されることが8月19日に発表された。

☆2016年11月19-20日週☆
 TLは日本代表試合でウィンドウマウスで1カ月休止。
 TE、首位の三菱重工相模原と2位日野自動車が全勝対決(11月19日)。三菱が日野を34-0と圧倒し優勝を決め1位通過でTLチャレンジへ。日野は最終戦(26日、IBM戦)で勝てば2位通過となる。3位となる釜石は28-24とヤクルトに辛勝。来季TLチャレンジリーグ(いわゆるTL2)の参加決定戦へ回る。
 TWはセカンドステージ。
 Tキュウシュウは決勝リーグ。九州電力は19日にマツダ戦、28-12で制した。

<<TE>>
■第10週
◆三菱重工相模原34(15-0)0日野自動車(11月19日、相模原G)
*三菱5T3G1P(45)、日野(32)
◎三菱重工相模原PR3成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕(大阪朝高・帝京大・06-13近鉄・14-三菱相模原),
◎日野自動車PR18金光植(キム・グァンシク)김광식(慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC・14-15ホンダ)
◎日野自動車FL李淳也(リ・ジュンヤ)(常翔啓光学園・12-15天理大)

◆釜石SW28(14-12)24ヤクルト(秩父宮)
*釜石4T4G(32)、ヤクルト4T2G(14)
◎釜石SW/PR許雄(ホ・ウン)허웅(大邱商苑高・延世大・08尚武・09-15NTTドコモ)
Dscf3229
「釜石のラグビーはシンプルで自分に合っている」
◎ヤクルトPR3金弘泰(明治大、大阪朝高)

◆横河武蔵野31(14-12)15日本IBM
*横河5T3G(19)、IBM5P(1)
◎横河武蔵野LO5延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11横河)
Dscf2985
Dscf3051
「横河で過ごせてうれしい。感謝」
◎横河武蔵野SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル)조현철(大阪朝高・08同志社大)

■第11週
◆日野自動車-日本IBM(11月26日、日野G)
*日野(32)
◎日野自動車PR金光植(キム・グァンシク)김광식(慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC・14-15ホンダ)
◎日野自動車FL李淳也(リ・ジュンヤ)(常翔啓光学園・12-15天理大)

◆東京ガス-栗田工業(海老名)
*ガス(20)、栗田(27)
◎栗田工業PR金亨志(キム・ヒョンジ)(大阪朝高・12-15京産大)

◆秋田NB-セコム(27日、秋田)
*秋田(11)、(セコム(4)

<<TW>>
■セカンドS上位G第2週(11月19日)
◆中部電力13(3-8)11大阪府警(花園2)
*中部1T1G1P1D(5)、府警1T2P(1)

■セカンドS下位G第2週(11月19日)
◆大阪ガス26(12-7)26ユニチカ(花園2)
*大阪ガス4T3G(3)、ユニチカ4T3G(2)
◎大阪ガスFB15高陽日(コウ・ヨンイル)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)
◎大阪ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)(大阪朝鮮高・大阪朝鮮高・14まで摂南大)

NTTドコモ
*ドコモ(30)
◎NTTドコモLO朴淳彩(パク・スンチェ)박순채(仁川機械工高・慶煕大(キョンヒ)・尚武・ポスコ建設・12-13サントリー)
◎NTTドコモPR17張泰立育(チャン・テユク)(大阪朝鮮高・11まで関西学院大)
◎NTTドコモSO/CTB金勇輝(キム・ヨンヒ)(大阪朝鮮高・14まで法政大)
JR西日本
*JR西
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン)장화유(大阪朝鮮高・14まで同志社大)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・ガンギ)(大阪朝鮮高・14まで近畿大)

<<Tキュウシュウ>>
■決勝リーグ第2週
◆九州電力②28(7-0)12マツダ(11月19日、九電)
*九電3T2G3P、マツダ2T1G
◎マツダLO5南宗成(ナム・ジョンソン)남종성(大阪朝鮮高・14まで明治大)
◎マツダCTB13李修平(リ・スピョン)이수평(大阪・日新高・大阪体育大・12六甲クラブ)
◎マツダPR高昊詞(コウ・ボサ、関東学院大)

◆三菱重工長崎⑤38(19-19)34新日鐵八幡⑦(筑豊)
*長崎6T、八幡5T

◆JR九州④48(12-0)3福岡銀行⑥
*JR8T

☆2016年11月12-13日週☆
 TLは日本代表試合でウィンドウマウスで1カ月休止。
 TE、首位の三菱重工相模原と3位釜石SW(11月13日)。三菱が26-7で下し8連勝。釜石は2敗となりTL昇格を決めるチャレンジ出場が厳しくなった。
 前週、ようやく1勝したセコムは東京ガス戦。ガスが44-13と圧勝した
 TWは休み。
 Tキュウシュウは決勝リーグを開始する。1位中国電力と2位マツダ(11月13日)。中国31-7制した。
 九州電力は休みで19日にマツダ戦。

<<TE>>
■第9週
◆栗田工業71(47-7)24横河武蔵野(11月12日、神奈川)
*栗田11T8G(27)、横河4T1G(14)
◎栗田工業PR1金亨志(キム・ヒョンジ)(大阪朝高・12-15京産大)
◎横河武蔵野LO5延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11横河)
◎横河武蔵野SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル)조현철(大阪朝高・08同志社大)

◆三菱重工相模原26(12-0)7釜石SW(13日、岩手)
*三菱4T3G(40)、釜石1T1G(28)
◎三菱重工相模原PR3成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕(大阪朝高・帝京大・06-13近鉄・14-三菱相模原),
◎釜石SW/PR許雄(ホ・ウン)허웅(大邱商苑高・延世大・08尚武・09-15NTTドコモ)

◆ヤクルト43(24-14)24秋田NB(秋田)
*ヤクルト6T3G1P(13)、秋田4T2G(11)
◎ヤクルトPR金弘泰(明治大、大阪朝高)

◆東京ガス44(22-6)13セコム(セコム)
*ガス8T2G(20)、セコム1T1G1P1D(4)

<<TW>>
*休み

<<Tキュウシュウ>>
■決勝リーグ第1週
◆中国電力①31(10-0)7マツダ③(11月13日、CCW広島)
*中国4T4G1P、マツダ1T1G
◎マツダLO20南宗成(ナム・ジョンソン)남종성(大阪朝鮮高・14まで明治大)
◎マツダCTB13李修平(リ・スピョン)이수평(大阪・日新高・大阪体育大・12六甲クラブ)
◎マツダPR高昊詞(コウ・ボサ、関東学院大)

◆三菱重工長崎⑤48(19-14)29福岡銀行⑥(博多の森補助)
*長崎7T、福岡5T

◆JR九州④66(26-7)14新日鐵八幡⑦
*JR10T、八幡2T

☆2016年11月5-6日週☆
 TLは日本代表試合でウィンドウマウスで1カ月休止。
 TE、首位の三菱重工相模原が50-14栗田工業、2位日野自動車33-24ヤクルトで勝ち全勝を守った。3位釜石SWも61-18横河武蔵野で確保(1敗)。最下位争いのセコム対日本IBMはセコムが33-28で制しリーグ戦2年ぶりの白星をつかんだ。
<<TE>>
■第8週
◆三菱重工相模原50(21-14)14栗田工業(11月5日、栗田)
*8T5G(35)、栗田2T2G(22)
◎三菱重工相模原PR3成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕(大阪朝高・帝京大・06-13近鉄・14-三菱相模原),
◎栗田工業PR1金亨志(キム・ヒョンジ)(大阪朝高・12-15京産大)

◆日野自動車33(14-10)24ヤクルト(日野)
*日野5T4G(32)、ヤクルト3T3G1P(9)
◎日野自動車PR18金光植(キム・グァンシク)김광식(慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC・14-15ホンダ)。後半15分から初出場した(PR3)。
◎日野自動車FL李淳也(リ・ジュンヤ)(常翔啓光学園・12-15天理大)
◎ヤクルトPR金弘泰(明治大、大阪朝高)

◆釜石SW61(21-10)18横河武蔵野(いわき)
*釜石9T8G(28)、横河2T1G2P(14)
◎釜石SW/PR許雄(ホ・ウン)허웅(大邱商苑高・延世大・08尚武・09-15NTTドコモ)
◎横河武蔵野LO5延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11横河)
◎横河武蔵野SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル)조현철(大阪朝高・08同志社大)

◆セコム33(14-14)28日本IBM(6日、IBM)
*セコム5T4G(4)、IBM4T4G(1)

◆秋田NB49(29-14)26東京ガス(秋田)
*秋田8T3G1P(11)、ガス4T3G(15)

<<TW>>
■セカンドS第1週(11月5日)
◆NTTドコモ96(47-0)0大阪府警(瑞穂)
*ドコモ14T13G(30)、*府警(15)
◎NTTドコモLO朴淳彩(パク・スンチェ)박순채(仁川機械工高・慶煕大(キョンヒ)・尚武・ポスコ建設・12-13サントリー)
◎NTTドコモPR17張泰立育(チャン・テユク)(大阪朝鮮高・11まで関西学院大)
◎NTTドコモSO/CTB金勇輝(キム・ヨンヒ)(大阪朝鮮高・14まで法政大)

◆JR西日本41(19-7)21ユニチカ
*JR西7T3G(17)、ユニチカ3T3G(3)
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン)장화유(大阪朝鮮高・14まで同志社大)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・ガンギ)(大阪朝鮮高・14まで近畿大)

大阪ガス
大阪ガス(4)
◎大阪ガスFB高陽日(コウ・ヨンイル)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)
◎大阪ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)(大阪朝鮮高・大阪朝鮮高・14まで摂南大)
中部電力中部(15)

<<Tキュウシュウ>>
■第8週
◆九州電力12(12-7)7マツダ(29日、CCW広島)
*九電2T1G(25)、マツダ1T1G(24)
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン)남종성(大阪朝鮮高・14まで明治大)
◎マツダCTB李修平(リ・スピョン)이수평(大阪・日新高・大阪体育大・12六甲クラブ)
◎マツダPR高昊詞(コウ・ボサ、関東学院大)

◆中国電力69(24-0)0新日鐵八幡(30日、中国電)
*中国9T(29)、八幡(2)

◆三菱重工長崎42(29-12)19福岡銀行(長崎)
*長崎5T(9)、福岡3T(4)

JR九州
*JR九州(14)、

☆2016年10月29日-10月30日週☆
 TLは、前半最後の第9週。首位ヤマハは29日にコカ・コーラ戦。
 前半からFWが動き8T50-11で下し勝点43とし首位で折り返した。
 FW一列4人が日本代表としてアルゼンチン戦、欧州遠征に臨む。
 2位サントリーは30日にクボタと戦う。こちらも38-0で勝点5を加え42で追いかける。
 3位神戸は秩父宮でNEC戦(29日)。NECが一矢報いるか?
Dscf5265
Dscf5188
 NECがSO田村のPGで逆転し38-24で2006年季(27-24)以来、10年ぶり公式戦で勝った。
 4位パナは30日に地元・太田で織機とあたり60-7と一蹴し勝点34となり33神戸を抜いて3位に。
 不調・東芝はNTTコムにも敗れ初の公式戦5敗(21)で8位。5位はトヨタ自動車(29)、6位NTTコム(26)。
 以下リコー(19)、キヤノン(15)、NEC(15)、クボタ(15)、近鉄はホンダに敗れ12で13位。14位コーラ(8)。
 ホンダはSO朴成基が3G5Pをすべて成功21得点をあげ36-20で近鉄を制し1勝目、勝点6とし同じ勝点の豊田自動織機を得失点差で上回り15位、最下位を脱出。織機は16位に転落した。

 TEは、全勝同士の釜石SW対日野自動車。日野が27-14と接戦をものにして6連勝。
 TWは、優勝ほぼ確実のNTTドコモが大阪府警を74-0で圧勝し首位、Tキュウシュウはともに中国電力に敗れ1敗同士の九州電力とマツダがあたった。九電が12-7で勝ち2位になった。最終順位決定トーナメントでも優位にたつか。

<<2016TL第9週>>
■第9週(10月29日-10月30日)
◆ヤマハ50(31-6)11コカ・コーラ(29日、レベスタ)
*ヤマハ8T5G(43、+240)、コーラ1T2P(8、-167)

◆宗像サニックス5(5-21)35キヤノン(秩父宮)
*サニックス1T(21、-65)、キヤノン5T5G(15、-9)
*Dscf5091
*サニックス唯一のT、NO8新井
Dscf5043

*好調WTBエブリンハム
Dscf5038
◎宗像サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン)왕수영(三重・朝明高・大阪体育大3年中退・14末からサニックス)
「体が強く性格もよい。試合中、声も出ている」(藤井監督)
◎宗像サニックスPR申東ウォン(シン・ドンウォン)신동원ウォン=冫原(NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高
08-12福岡サニックス13-サントリー14-近鉄)、
「(代表から戻り)肩を手術したが、すでに復帰してゲームに出ている。3番はチーム内でも競争があるが勝ち抜く力はある」(藤井雄一郎監督)
◎宗像サニックスCTB権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁(慶山高、三重/朝明高・帝京大)
「今春、日本に帰化した。着実に成長」(藤井監督)

◆神戸24(12-32)38NEC(同)
*神戸4T2G(33、+107)、NEC4T3G4P(15、-47)
◎神戸製鋼LO5張碩煥(チャン・ソクファン)장석환(延世大・14-15尚武)。
Dscf5210
「コミュニケーションもとれるようになりました。きょうはタックルミスが多かった」
「ハードワークができる選手だ。(ラグビーの)理解も非常に早い。試合でのパフォーマンスもいいのでメンバー入りも期待できる」(ジム・マッケイHC)
◎神戸製鋼SH21梁正秋(リャン・ジョンチュ)량정추(大阪朝鮮高・14まで京都産業大)
「留学してプレーに自信がついた。大阪朝高の同期に負けないようにやっています」
「今春、南アに2カ月留学し成長して帰ってきた。オープン戦ではゲームキャプテンも任せた。先発かどうかはA英リス(NZ代表)との兼ね合いになる」(チーム関係者)
◎NEC/SH李明俊(イ・ミョンジュン)이명준(高麗大・15尚武)、
「チーム内で同じSH争いが厳しい。日本代表・SWの茂野や桜井と争う」

◆NTTコム34(20-10)29東芝(ニッパツ)
*コム4T4G1P1D(26、+20)、*東芝4T3G1P(21、-18)
◎NTTコミュニケーションズWTB諸葛彬(チェガル・ビン)제갈빈(ソウル大附属高・延世大・13尚武)
10/9のコーラ戦試合最後、後半39分に頭をうち脳震盪判定で交代。10月16日中も試合地・鳥取で入院している。
Dscf5196
「14番はDFが多くボールが回ってこない!11番の方がボールが来る。いまは両方できるように準備します」
「ビンにはWTB、CTBをプレーしてさらなる成長を期待している。先発かどうかチームでも激しいポジション争いになるだろう」(ロブ・ペニーHC)
◎NTTコミュニケーションズHO白隆尚(ハク・タカヨシ)(啓光学園・11まで帝京大)
◎NTTコミュニケーションズFL金正奎(キン・ショウケイ)(常翔啓光学園・13まで早稲田大)、ケガ治療
「日本代表、サンウルブズで成長して戻ってきた。3年目だが若い選手の追い上げに対し主将を任せてることからも金への期待が分かるでしょう」(ペニーHC)
「(サンウルブズでのケガから)順調に復帰をしている。11月くらいに試合に出たい」(金)

◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン)(東京朝鮮高・13まで帝京大)、
Dscf2147
「ケガで苦しんだ。力はある。努力をしてチャンスをつかみ活かすことを期待」(冨岡鉄平監督)
◎東芝PR金寛泰(キム・ガンテ)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)、
Dscf2148
「同じポジションに日本代表(三上、知念)がいて彼らよりもフィジカルが弱い。タックルは東芝のタックル、気持
ちのこもったタックルができる。本人にも話しているのでフィジカルを鍛えればレギュラーが見える」(冨岡監督)

◆トヨタ自動車20(15-3)16リコー(いわて)
*トヨタ3T1G1P(29、+74)、リコー1T1G3P(19、-44)

◆サントリー38(19-0)0クボタ(30日、駒沢)
*サントリー6T4G(42、+229)、クボタ(15、-114)
◎クボタLO5金昊範(キム・ホボム)김호범(檀国大・14尚武)
Dscf3365
「調子はいいです。チームからがセットプレーの安定性。ラインアウトのジャンプの高さ、DFの激しさなどを求められています」

◆パナソニック60(29-0)7豊田自動織機(太田)
*パナソニック9T6G1P(34、+155)、織機1T1G(6、-180)
◎パナソニックLO/FL劉永男(ユ・ヨンナム)유영남(仁川機械工高・檀国大・07尚武),
Dscf2625
「右ひざケガからのリハビリ中。11月に復帰したい。」
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン)(大阪朝鮮高・14まで帝京大)
◎豊田自動織機LO5鄭智弘(チョン・チホン)정지홍(大阪朝高・帝京大・05IBM・08サニックス・09-11NTTドコモ)、
Dscf2371
「1年でも長くできるように準備しています」
「しばらくケガで出ることができなかった。本人は年齢も自覚しており頑張っている」(丹羽雅也監督)
◎豊田自動織機WTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン)서길령(愛知朝鮮高・朝鮮大・07-14ヤマハ)
「今年(2月)、子供もできた。父親の自覚が出てきた。今は両足の治療中で復帰を期待」(丹羽監督)

◆近鉄20(13-20)36ホンダ(鴻池)
*近鉄2T2G2P(12、-46)、ホンダ3T3G5P(6、-134)
◎近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン)김철원(韓国/養正高・朝明高・06大阪体大)、後半1T
Dscf3354
「ケガ人が多く心配。先発できるようにチーム内競争で頑張る」
◎近鉄PR王鏡聞(ワン・キョンムン)왕경문(三重・朝明高-韓国・養正中・大阪体大)、
◎ホンダSO10朴成基(パク・ソンギ)박성기(大阪朝鮮高・14まで帝京大)。3G5P=21得点でMOMを獲得した
「いいです!私はJAPANになってもらいたいと思う選手。SOは小西主将と争うがメンバー入りをつかんで欲しい。SO、CTBで使うがSOをメインで考えたい」(藤本HC)
◎ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン)양영훈(富川北高・慶熙大・尚武・06まで大心通商)
「今季で日本でのプレーは最後にする。1試合1試合チームのために最善を尽くす」
「元気でやっている。10年目ということで期するものがあるようだ。自分がいるうちに若いSHを成長させたいと思ってくれている。山路や香山を教えている。試合ではリザーブスタートが多くなる」(藤本知明HC)
◎ホンダSO/CTB具智允(グ・ジユン)구지윤(日本文理高・12-15拓殖大)、
「ケガ治療中。ハートがあるプレーをする。腰が強いのが特徴。ケガから戻ればメンバー争いも」(藤本HC)
◎ホンダPR孫榮基(ソン・ヨンギ)송영기(延世大・15までポスコ建設)、
「今年入ったばかりでスクラムの組み方に少し苦しんでいる。しかしフィールドプレーではスピードがあり魅力。言葉が分からなくてもプレーを通じて貢献」(藤本HC)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

帝京VS明治でV争い決まる。11月23日は早慶戦

2016年の国内大学ラグビーリーグ。
 大学選手権8連覇を狙う王者・帝京大は春季大会から好調。
 関東対抗戦では明治大、筑波大(SO山沢のパナソニック加入で戦力ダウン)。
 リーグ戦の東海大、流通経済大に好調な大東文化大が。さらに関西から京都産業大、天理大に同志社大が打倒・帝京大なるか?

☆2016年11月19日週☆
 関東対抗戦は11月20日(日)に5戦全勝同士の帝京大と明治大が対戦する。23日(水・祝日)には伝統の早慶戦だ。
 関東リーグ戦は、日大VS法大など。
 関西リーグ戦は、3位争いの京産大対近大。
 
 <<2016関東大学対抗戦>>
■第10週
◆筑波大84(35-7)14成蹊大(11月19日、江戸川)
*筑波12T12G(3-3)、成蹊2T2G(1-5)
◎PR崔凌也(チェ・ルンヤ、4年、東福岡高)
Dscf3455

◆青山学院大31-24日本体育大
*青山(1-5)、日体大(0-6)
+青山
◎FL崔玄祺(チェ・ヒョンギ、2年、東福岡高)

◆帝京大-明治大(20日、秩父宮)
*帝京(5-0)、明治(5-0)
◎LO金嶺志(キム・リョンジ、4年、東京朝高)
Dscf4978
Dscf4935
◎PR李翔鎬(リ・サンホ、4年、東京朝高)
◎SO金孝舜(キム・ヒョウスン、4年、東京朝高)
◎LO金廉(キム・リャン、3年、大阪朝高)
◎PR李成鏞(リ・ソンヨン、3年、東京朝高)
◎PR趙雄真(チョ・ウンジン、2年、東京朝高)
◎FL申賢志(シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)
◎FL下相悠(ピョン・サンユ、2年、大阪朝高)*下のーの上にˈ
◎LO慎昌徳(シン・チャンドッ、1年、東京朝高)
◎NO8文相太(ムン・サンテ、1年、東京朝高)
◎SO金基英(キム・ギヨン、1年、東京朝高)
◎CTB権泰錫(クォン・テソッ、1年、東京朝高)
+明治大
◎HO朴成浩(パク・ソンホ、3年、大阪朝高)
◎PR安昌豪(アン・チャンホ、1年、大阪朝高)

◆慶應大-早稲田大(23日、秩父宮)
*慶應(3-2)、早稲田(4-1)

<<2016関東大学リーグ戦>>
■第8週
◆法政大57(33-7)24日本大(江戸川)
*法政9T6G(12)、日本4T2G(6)
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎CTB12呉(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)
+日大
◎PR金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB22金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)
*写真左後ろ
Dscf2871
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SH9李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
Dscf2838
「島津製作所/トップウェストBでラグビーを続けます」
◎LO4孫昇巳(ソン・スンギ、3年、大阪朝高)。1T
Dscf2798
Dscf2839
「上級生になってリーダーシップをつけないと自覚した。声を出すようになりました」
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

■第9週
◆法政大-拓殖大(11月26日、秩父宮)
*法政、拓殖(12)、
+拓大
◎PR具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)
◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高)

◆日本大-関東学院大(江戸川)
*日本、関東(9)

◆東海大-流通経済大(27日、秩父宮)
*東海(24)、流経大(21)、
◎LO4李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)
*写真左
Dscf2715
「4年になってコンタクト、ブレイクダウンで体を張ることに決めました。就職はラグビー部がない会社。時間があればクラブチームで続けることも」
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)
+流経大
◎PR金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)。セブンズ代表候補

◆大東文化大-中央大
*大東(21)、中央(15)

<<2016関西大学Aリーグ>>
■第7週
◆京都産業大-近畿大(20日、神戸)
*京都産業(3-2)、近畿(3-2)
+京産大
◎FL李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)1T
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)
+近大
◎PR朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)
+摂南

◆関西学院大-摂南大
*関学(1-4)、摂南(0-5)
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)
+摂南

◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

■第8週
◆天理大-関西大(11月27日、神戸)
*天理(5-0)、関西(1-4)

◆同志社大-立命館大
*同大(5-0)、立命(2-3)
+同大
◎PR趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)

◆近畿大-関西学院大(鶴見)
*近大、関西学院

◆京都産業大-摂南大
*京都、摂南

<<2016九州学生1部リーグ>>
■全国大学選手権決定戦(福岡大)
◆福岡工業大(1位)40(7-10)17福岡大(3位)
*福工6T、福大2T

■全国地区対抗選手権決定戦(博多の森補助)
◆鹿児島大(4)45(21-0)7日本文理大(5)
*鹿大7T、日文理1T

<<2016全国大学選手権>>
■東海・北陸・中四国代表決定戦(11月20日、瑞穂)
◆朝日大-環太平洋大

■1回戦
◆福岡工業大-東北学院大(11月27日、レベスタ)

■東北・北海道決定戦(11月13日)
◆東北学院大40(7-5)5北海道大
*東北学院6T5G、北大1T

2016年の国内大学ラグビーリーグ。
 大学選手権8連覇を狙う王者・帝京大は春季大会から好調。
 関東対抗戦では明治大、筑波大(SO山沢のパナソニック加入で戦力ダウン)。
 リーグ戦の東海大、流通経済大に好調な大東文化大が。さらに関西から京都産業大、天理大に同志社大が打倒・帝京大なるか?

☆2016年11月12日週☆
 関東対抗戦は1週休み。次週11月20日(日)に5戦全勝同士の帝京大と明治大が対戦する。
 関東リーグ戦は、4強の流通経済大対大東文化大。大東が28-22とFB大道が3T4G23得点を稼ぎ勝利。ともに1敗となった。全勝の首位/東海大は10Tで62-21中央大(12日、秩父宮)と唯一6連勝を保った。
 関西リーグ戦は、全勝の同志社大が関西大を11T75-10で一蹴。天理大は立命館大53-21で5連勝。
 九州リーグ戦は全国大会と地区対抗出場校決定戦だ。福岡工業大が40-17福岡大で全国選手権出場権を得た。地区対抗は鹿児島大45-7日本文理大で鹿児島が出場。
 東北・北海道代表は東北学院大40-5北海道大となった。

<<2016関東大学対抗戦>>

<<2016関東大学リーグ戦>>
■第7週
◆東海大62(31-7)21中央大(11月12日、秩父宮)
*東海10T6G(24)、中央3T3G(15)
+東海
◎LO4李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)
*写真左
Dscf2715
「4年になってコンタクト、ブレイクダウンで体を張ることに決めました。就職はラグビー部がない会社。時間があればクラブチームで続けることも」
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)

◆流通経済大22(10-21)28大東文化大
*流経大4T1G(21)、大東4T4G(21)
+流経大
◎PR金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)

◆拓殖大35(21-14)29関東学院大(前橋)
*拓殖5T5G(12)、関東4T3G1P(9)
+拓大
◎PR3具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)
◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高)

<<2016関西大学Aリーグ>>
■第6週
◆京都産業大57(19-0)0関西学院大(12日、宝が池)
*京都産業9T6G(3-2)、関学(1-4)
+京産大
◎FL7李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)1T
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB12金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)

◆同志社大75(19-10)10関西大
*同大11T10G(5-0)、関西1T1G1P(1-4)
+同大
◎PR1趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)

◆近畿大39(12-7)19摂南大(13日、天理親里)
*近大7T2G(3-2)、摂南3T2G(0-5)
+近大
◎PR朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

◆天理大53(17-7)21立命館大
*天理9T4G(5-0)、立命3T3G(2-3)

<<2016九州学生1部リーグ>>
■全国大学選手権決定戦(福岡大)
◆福岡工業大(1位)40(7-10)17福岡大(3位)
*福工6T、福大2T

■全国地区対抗選手権決定戦(博多の森補助)
◆鹿児島大(4)45(21-0)7日本文理大(5)
*鹿大7T、日文理1T

<<2016全国大学選手権>>
■東北・北海道決定戦(11月13日)
◆東北学院大40(7-5)5北海道大
*東北学院6T5G、北大1T

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2016

韓国、初戦落とす。2016チリ遠征

 ラグビー界では、毎年11月は秋のテストマッチ(国際試合)の月だ。

 今年2016年11月も日本は恒例のテストマッチ4試合を行う。

 韓国は強化体制の変更に伴い秋も代表招集、チリとテストマッチを実施することになった。

☆2016年11月12日週☆
 日本代表は第2戦を11月12日(土)ジョージアと対戦。後半、逆転し28-22で勝ちジェミー・ジョセフ新HCの初勝利を得た。しかしセットプレーはまだまだ練られておらず、ボールを動かすスキルで勝った。
 
 韓国は初戦を13日(日)に戦い12(前半0-20)30で敗れた。

☆11月5日週☆
 
 日本代表は11月5日(土)、アルゼンチン代表と戦った(東京・秩父宮ラグビー場)。 
 前半、ミスから失点を重ね20-54で敗れた。BKは、試合最後の1トライを返した。
その後は欧州遠征し12日にジョージア(ジョージア)、19日ウエールズ(ウエールズ、カーディフ)、26日にはフランスでフィジーと対戦する。

  韓国は、11月8日(火)に韓国を旅立ちチリへ。現在世界ランキング29位の韓国に対しチリは27位だ。
161108korearug

 2019年W杯出場を目指すならば世界最終予選にアジア代表で出場しないといけない。その相手国が中南米になる可能性もあり、韓国にとってよいマッチメークといえよう。

 チリと戦う韓国代表25名は下記だ。日本チーム所属選手は4人。元選手は3人
韓国男子代表は11月13日、19日にチリ代表とテストマッチをおこなう。ジョン・ウォルターズ監督、ディオン・ミュア コーチ(ともにニュージーランド出身)ら首脳陣と選手25名の計31名が8日、チリへ出発した。

 今回の韓国代表は2019年ワールドカップ日本大会出場を目指す強化の一環だ。これまで、秋は韓国代表は招集してこなかった。

 選手25名のうち22名はすでに代表経験がある。日本チーム所属選手は、PR申東源(シン・ドンウォン/宗像サニックスブルース)、PR孫榮基(ソン・ヨンキ/今年度からホンダヒート)、FL/NO8朴淳彩(パク・スンチェ/NTTドコモレッドハリケーンズ)、SH李明俊(イ・ミョンジュン/今年度からNECグリーンロケッツ)の4名。

 2015年度まで日本チームに所属した3名も選ばれた。PR朴鐘烈(パク・チョンリョル/前サントリーサンゴリアス。現在は現代グロービス)、PR康太見(カン・デヒョン/前NEC、現代)、FL/NO8李勇昇(イ・ヨンスン/前日野自動車、現代)。さらに来年度、日本チーム入りで調整しているトライゲッターのWTB張成民(チャン・ソンミン)や、2年後の日本チーム入りが確実なWTB鄭演植(チョン・ヨンシク)がチリ相手にランを見せるか期待される。

 SH李明俊は今春の代表活動はNEC新加入のため参加しなかった。「代表が秋も活動できてうれしい。NECではコーチから『もっと状況を見て落ち着いてプレーしなさい』と教えてもらった。代表でもいかしたい」と意気込みを韓国帰国前に話した。
「16年11月韓国代表チリ遠征メンバー」をダウンロード

<<日本代表テストマッチ>>
■日本20(6-21)54アルゼンチン(11月5日、秩父宮)
*日本2T2G2P、アルゼンチン7T5G3P

■日本28(8-12)22ジョージア(12日、ジョージア)
*日本4T1G2P、ジョージア3T2G1P

■日本-ウエールズ(19日、カーディフ)

■日本ーフィジー(26日、仏)

<<韓国代表テストマッチ>>
■韓国12-30チリ(11月13日、チリ/サンチアゴ)
◎SH李「一緒に合わせる時間が短くうまくできなかった。チリは事前の話と異なるラグビーをしていた」
<韓国メンバー>
PR1孫榮基(ソン・ヨンギ、ホンダ)、HO2イム・ジュンヒ(尚武、高麗大)、PR3申東源(シン・ドンウォン、宗像サニックス)
LO4ヤン・デヨン(尚武、高麗大)、LO5李ジンソク(ポスコ建設)、FL6チェ・ガンサン(尚武、高麗大)、FL7李勇昇(イ・ヨンスン、現代G、15日野)、NO8朴淳彩(パク・スンチェ、NTTドコモ)
SH9李明俊(イ・ミョンジュン、NEC)、SO10ユ・ジェヒョク(ポスコ建設)
WTB11朴ハンギョル(尚武)、CTB12文ジョンホ(現代G)、CTB13張成民(チャン・ソンミン、尚武、高麗大)、WTB14鄭演植(チョン・ヨンシク、尚武、高麗大)、FBチャン・ヨンフン(延世大④)
☆リザーブ
PR16康太見(カン・デヒョン、現代G、15NEC)、HO17ホン・ギルピョ(尚武?)、PR18朴鐘烈(パク・チョンリョル、現代G、15サントリー)、LO/FL/NO8:19申多炫(シン・ダヒョン、高麗大①)、LO/FL/NO8:20ソン・ミンス(KRU)、
SH21シン・ギチョル(ポスコ建設)、SO22李ジェボック(尚武)、CTB/WTB23金南郁(キム・ナンウク、韓国電力)
☆メンバー外
HO金ジップ(韓国電力)、FL金ヒョンス(韓国電力)、WTBチャン・ジョンミン(延世大④)

■韓国-チリ(19日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2016

大阪朝鮮高、花園切符逃す。2016高校ラグビー大阪大会決勝

11月13日(日)、朝から大阪へ。
「第96回全国高校ラグビー大阪府予選決勝」。

第1地区は全国連覇をかける東海大仰星と2大会ぶり全国出場を狙う大阪朝鮮高。
Dscf6369

試合はもつれた後半27分、仰星12-10朝高。朝高は仰星陣へ入る。

ゴール前5メートル。朝高はPGを狙わずモールを作る。ラックで仰星オフサイド。
28分、再び朝高はFWでモール、ラック。朝高がノックオン。仰星ゴール前5メートルで仰星ボールスクラム。朝高が押し込む。仰星がスクラムを崩す反則。
Dscf6359

客席からも「PGを狙え」と声が飛ぶも朝高はモールで行く。仰星が反則。またも朝高はモールを作る。
時間は試合終了のロスタイムを越えた。そして仰星がボールを奪い、蹴りだしノーサイドに。
Dscf6361

朝高・権晶秀監督は「キッカーが1年生(FB15李承信)。あそこで責任を負わせることにためらった。託せなかった私の責任」と話した。

前半からお互いに得点を得ることができない展開。29分、ようやく朝高が仰星陣ゴール前15メートルで反則を得る。
Dscf6284
FB李承信がPG成功で3-0で前半を終えた。

後半開始も朝高が攻めた。1分、キックチャージからチャンスをつかみ主将のNO8李承ヒョクがグラバーキックを左隅へ。これをCTB12南紀成がおさえGも決まり10-0。

仰星もあきらめない。15分に朝高ゴール前へ攻めると反則をもらいLO4田中(3年)が持ち込んだ(G成功で7-10)。3分後、仰星がリスターのボールを丁寧につなぎCTB13根塚がファイブポインターとなり逆転した。

PGを狙わなかった場面、朝高主将NO8李は
Dscf6373
「いけるか?」と顔を見たら「いけなさそうな表情だった。3年生が責任を持ってモールで取ろうと」。

主将の李とFB李は兄弟だった。
Dscf6382
兄が責任を持った判断、来年以降に弟たちがこの無念を晴らさないといけない。

第2地区は常翔学園69(前半43-7)7早稲田摂稜と圧勝。体格差がそのまま出た試合に。
Dscf6442
Dscf6439
Dscf6440

東京第1地区で77大会(1937年の第19回大会)ぶり出場を目指した早実とともにアカクロは全国出場を逃した。

第3地区。大阪産業大附属高対大阪桐蔭。産大が躍動。
Dscf6484
SO松永(3年)、WTB11甲田(2年)が小気味よくゲインを切った。
前半13分、先制するも23分に桐蔭が同点においつき6分後、逆転した(桐蔭14-7産大)。
Dscf6453
後半もほぼ産大が陣地を得て攻め続けるもトライラインを越えることができなかった。
Dscf6479

終了間際に桐蔭が攻めPGを決めて終えた(桐蔭17-7産大)。
161113sd1

産大の準優勝は来年につながる!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

三菱相模原が8連勝で首位 TE

2016年、国内ラグビー最強のトップリーグ(TL)が8月26日(金)に開幕した。
Dscf1586
 順位はこちらで「順位表」 
 今季は総当たり戦で行い、昨季までのリクシルカップ(順位決定トーナメント)は行わず、リーグ戦の順位で覇権を争う。
 勝点では昨季までの4トライ(T)以上+1のボーナスポイント(BP)が3T差以上の+1へ変更になった。

 また2017年からTL2ともいえる「TLチャレンジリーグ」が新設されることが8月19日に発表された。

☆2016年11月12-13日週☆
 TLは日本代表試合でウィンドウマウスで1カ月休止。
 TE、首位の三菱重工相模原と3位釜石SW(11月13日)。三菱が26-7で下し8連勝。釜石は2敗となりTL昇格を決めるチャレンジ出場が厳しくなった。
 前週、ようやく1勝したセコムは東京ガス戦。ガスが44-13と圧勝した
 TWは休み。
 Tキュウシュウは決勝リーグを開始する。1位中国電力と2位マツダ(11月13日)。中国31-7制した。
 九州電力は休みで19日にマツダ戦。

<<TE>>
■第9週
◆栗田工業71(47-7)24横河武蔵野(11月12日、神奈川)
*栗田11T8G(27)、横河4T1G(14)
◎栗田工業PR1金亨志(キム・ヒョンジ)(大阪朝高・12-15京産大)
◎横河武蔵野LO5延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11横河)
Dscf2985
Dscf3051
「横河で過ごせてうれしい。感謝」
◎横河武蔵野SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル)조현철(大阪朝高・08同志社大)

◆三菱重工相模原26(12-0)7釜石SW(13日、岩手)
*三菱4T3G(40)、釜石1T1G(28)
◎三菱重工相模原PR3成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕(大阪朝高・帝京大・06-13近鉄・14-三菱相模原),
◎釜石SW/PR許雄(ホ・ウン)허웅(大邱商苑高・延世大・08尚武・09-15NTTドコモ)
Dscf3229
「釜石のラグビーはシンプルで自分に合っている」

◆ヤクルト43(24-14)24秋田NB(秋田)
*ヤクルト6T3G1P(13)、秋田4T2G(11)
◎ヤクルトPR金弘泰(明治大、大阪朝高)

◆東京ガス44(22-6)13セコム(セコム)
*ガス8T2G(20)、セコム1T1G1P1D(4)

■第10週
◆三菱重工相模原-日野自動車(11月19日、相模原G)
*三菱(40)、日野(32)
◎日野自動車PR金光植(キム・グァンシク)김광식(慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC・14-15ホンダ)
◎日野自動車FL李淳也(リ・ジュンヤ)(常翔啓光学園・12-15天理大)

◆釜石SW-ヤクルト(秩父宮)
*釜石(28)、ヤクルト(13)

◆横河武蔵野-日本IBM
*横河(14)、IBM(1)

<<TW>>
■セカンドS第2週(11月19日)
◆大阪ガス-ユニチカ(花園2)
*大阪ガス(4)、ユニチカ(3)
◎大阪ガスFB高陽日(コウ・ヨンイル)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)
◎大阪ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)(大阪朝鮮高・大阪朝鮮高・14まで摂南大)

◆中部電力-大阪府警
*中部(15)、府警(15)

NTTドコモ
*ドコモ(30)
◎NTTドコモLO朴淳彩(パク・スンチェ)박순채(仁川機械工高・慶煕大(キョンヒ)・尚武・ポスコ建設・12-13サントリー)
◎NTTドコモPR17張泰立育(チャン・テユク)(大阪朝鮮高・11まで関西学院大)
◎NTTドコモSO/CTB金勇輝(キム・ヨンヒ)(大阪朝鮮高・14まで法政大)
JR西日本
*JR西
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン)장화유(大阪朝鮮高・14まで同志社大)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・ガンギ)(大阪朝鮮高・14まで近畿大)

<<Tキュウシュウ>>
■決勝リーグ第1週
◆中国電力①31(10-0)7マツダ③(11月13日、CCW広島)
*中国4T、マツダ1T
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン)남종성(大阪朝鮮高・14まで明治大)
◎マツダCTB李修平(リ・スピョン)이수평(大阪・日新高・大阪体育大・12六甲クラブ)
◎マツダPR高昊詞(コウ・ボサ、関東学院大)

◆三菱重工長崎⑤48(19-14)29福岡銀行⑥(博多の森補助)
*長崎7T、福岡5T

◆JR九州④66(26-7)14新日鐵八幡⑦
*JR10T、八幡2T

■決勝リーグ第2週
◆九州電力②-マツダ(11月19日、九電)
*九電、マツダ

◆三菱重工長崎⑤-新日鐵八幡⑦(筑豊)

◆JR九州④-福岡銀行⑥

☆2016年11月5-6日週☆
 TLは日本代表試合でウィンドウマウスで1カ月休止。
 TE、首位の三菱重工相模原が50-14栗田工業、2位日野自動車33-24ヤクルトで勝ち全勝を守った。3位釜石SWも61-18横河武蔵野で確保(1敗)。最下位争いのセコム対日本IBMはセコムが33-28で制しリーグ戦2年ぶりの白星をつかんだ。
<<TE>>
■第8週
◆三菱重工相模原50(21-14)14栗田工業(11月5日、栗田)
*8T5G(35)、栗田2T2G(22)
◎三菱重工相模原PR3成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕(大阪朝高・帝京大・06-13近鉄・14-三菱相模原),
◎栗田工業PR1金亨志(キム・ヒョンジ)(大阪朝高・12-15京産大)

◆日野自動車33(14-10)24ヤクルト(日野)
*日野5T4G(32)、ヤクルト3T3G1P(9)
◎日野自動車PR金光植(キム・グァンシク)김광식(慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC・14-15ホンダ)
◎日野自動車FL李淳也(リ・ジュンヤ)(常翔啓光学園・12-15天理大)
◎ヤクルトPR金弘泰(明治大、大阪朝高)

◆釜石SW61(21-10)18横河武蔵野(いわき)
*釜石9T8G(28)、横河2T1G2P(14)
◎釜石SW/PR許雄(ホ・ウン)허웅(大邱商苑高・延世大・08尚武・09-15NTTドコモ)
◎横河武蔵野LO5延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11横河)
◎横河武蔵野SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル)조현철(大阪朝高・08同志社大)

◆セコム33(14-14)28日本IBM(6日、IBM)
*セコム5T4G(4)、IBM4T4G(1)

◆秋田NB49(29-14)26東京ガス(秋田)
*秋田8T3G1P(11)、ガス4T3G(15)

<<TW>>
■セカンドS第1週(11月5日)
◆NTTドコモ96(47-0)0大阪府警(瑞穂)
*ドコモ14T13G(30)、*府警(15)
◎NTTドコモLO朴淳彩(パク・スンチェ)박순채(仁川機械工高・慶煕大(キョンヒ)・尚武・ポスコ建設・12-13サントリー)
◎NTTドコモPR17張泰立育(チャン・テユク)(大阪朝鮮高・11まで関西学院大)
◎NTTドコモSO/CTB金勇輝(キム・ヨンヒ)(大阪朝鮮高・14まで法政大)

◆JR西日本41(19-7)21ユニチカ
*JR西7T3G(17)、ユニチカ3T3G(3)
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン)장화유(大阪朝鮮高・14まで同志社大)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・ガンギ)(大阪朝鮮高・14まで近畿大)

大阪ガス
大阪ガス(4)
◎大阪ガスFB高陽日(コウ・ヨンイル)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)
◎大阪ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)(大阪朝鮮高・大阪朝鮮高・14まで摂南大)
中部電力中部(15)

<<Tキュウシュウ>>
■第8週
◆九州電力12(12-7)7マツダ(29日、CCW広島)
*九電2T1G(25)、マツダ1T1G(24)
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン)남종성(大阪朝鮮高・14まで明治大)
◎マツダCTB李修平(リ・スピョン)이수평(大阪・日新高・大阪体育大・12六甲クラブ)
◎マツダPR高昊詞(コウ・ボサ、関東学院大)

◆中国電力69(24-0)0新日鐵八幡(30日、中国電)
*中国9T(29)、八幡(2)

◆三菱重工長崎42(29-12)19福岡銀行(長崎)
*長崎5T(9)、福岡3T(4)

JR九州
*JR九州(14)、

☆2016年10月29日-10月30日週☆
 TLは、前半最後の第9週。首位ヤマハは29日にコカ・コーラ戦。
 前半からFWが動き8T50-11で下し勝点43とし首位で折り返した。
 FW一列4人が日本代表としてアルゼンチン戦、欧州遠征に臨む。
 2位サントリーは30日にクボタと戦う。こちらも38-0で勝点5を加え42で追いかける。
 3位神戸は秩父宮でNEC戦(29日)。NECが一矢報いるか?
Dscf5265
Dscf5188
 NECがSO田村のPGで逆転し38-24で2006年季(27-24)以来、10年ぶり公式戦で勝った。
 4位パナは30日に地元・太田で織機とあたり60-7と一蹴し勝点34となり33神戸を抜いて3位に。
 不調・東芝はNTTコムにも敗れ初の公式戦5敗(21)で8位。5位はトヨタ自動車(29)、6位NTTコム(26)。
 以下リコー(19)、キヤノン(15)、NEC(15)、クボタ(15)、近鉄はホンダに敗れ12で13位。14位コーラ(8)。
 ホンダはSO朴成基が3G5Pをすべて成功21得点をあげ36-20で近鉄を制し1勝目、勝点6とし同じ勝点の豊田自動織機を得失点差で上回り15位、最下位を脱出。織機は16位に転落した。

 TEは、全勝同士の釜石SW対日野自動車。日野が27-14と接戦をものにして6連勝。
 TWは、優勝ほぼ確実のNTTドコモが大阪府警を74-0で圧勝し首位、Tキュウシュウはともに中国電力に敗れ1敗同士の九州電力とマツダがあたった。九電が12-7で勝ち2位になった。最終順位決定トーナメントでも優位にたつか。

<<2016TL第8週>>
■第9週(10月29日-10月30日)
◆ヤマハ50(31-6)11コカ・コーラ(29日、レベスタ)
*ヤマハ8T5G(43、+240)、コーラ1T2P(8、-167)

◆宗像サニックス5(5-21)35キヤノン(秩父宮)
*サニックス1T(21、-65)、キヤノン5T5G(15、-9)
*Dscf5091
*サニックス唯一のT、NO8新井
Dscf5043

*好調WTBエブリンハム
Dscf5038
◎宗像サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン)왕수영(三重・朝明高・大阪体育大3年中退・14末からサニックス)
「体が強く性格もよい。試合中、声も出ている」(藤井監督)
◎宗像サニックスPR申東ウォン(シン・ドンウォン)신동원ウォン=冫原(NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高
08-12福岡サニックス13-サントリー14-近鉄)、
「(代表から戻り)肩を手術したが、すでに復帰してゲームに出ている。3番はチーム内でも競争があるが勝ち抜く力はある」(藤井雄一郎監督)
◎宗像サニックスCTB権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁(慶山高、三重/朝明高・帝京大)
「今春、日本に帰化した。着実に成長」(藤井監督)

◆神戸24(12-32)38NEC(同)
*神戸4T2G(33、+107)、NEC4T3G4P(15、-47)
◎神戸製鋼LO5張碩煥(チャン・ソクファン)장석환(延世大・14-15尚武)。
Dscf5210
「コミュニケーションもとれるようになりました。きょうはタックルミスが多かった」
「ハードワークができる選手だ。(ラグビーの)理解も非常に早い。試合でのパフォーマンスもいいのでメンバー入りも期待できる」(ジム・マッケイHC)
◎神戸製鋼SH21梁正秋(リャン・ジョンチュ)량정추(大阪朝鮮高・14まで京都産業大)
「留学してプレーに自信がついた。大阪朝高の同期に負けないようにやっています」
「今春、南アに2カ月留学し成長して帰ってきた。オープン戦ではゲームキャプテンも任せた。先発かどうかはA英リス(NZ代表)との兼ね合いになる」(チーム関係者)
◎NEC/SH李明俊(イ・ミョンジュン)이명준(高麗大・15尚武)、
「チーム内で同じSH争いが厳しい。日本代表・SWの茂野や桜井と争う」

◆NTTコム34(20-10)29東芝(ニッパツ)
*コム4T4G1P1D(26、+20)、*東芝4T3G1P(21、-18)
◎NTTコミュニケーションズWTB諸葛彬(チェガル・ビン)제갈빈(ソウル大附属高・延世大・13尚武)
10/9のコーラ戦試合最後、後半39分に頭をうち脳震盪判定で交代。10月16日中も試合地・鳥取で入院している。
Dscf5196
「14番はDFが多くボールが回ってこない!11番の方がボールが来る。いまは両方できるように準備します」
「ビンにはWTB、CTBをプレーしてさらなる成長を期待している。先発かどうかチームでも激しいポジション争いになるだろう」(ロブ・ペニーHC)
◎NTTコミュニケーションズHO白隆尚(ハク・タカヨシ)(啓光学園・11まで帝京大)
◎NTTコミュニケーションズFL金正奎(キン・ショウケイ)(常翔啓光学園・13まで早稲田大)、ケガ治療
「日本代表、サンウルブズで成長して戻ってきた。3年目だが若い選手の追い上げに対し主将を任せてることからも金への期待が分かるでしょう」(ペニーHC)
「(サンウルブズでのケガから)順調に復帰をしている。11月くらいに試合に出たい」(金)

◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン)(東京朝鮮高・13まで帝京大)、
Dscf2147
「ケガで苦しんだ。力はある。努力をしてチャンスをつかみ活かすことを期待」(冨岡鉄平監督)
◎東芝PR金寛泰(キム・ガンテ)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)、
Dscf2148
「同じポジションに日本代表(三上、知念)がいて彼らよりもフィジカルが弱い。タックルは東芝のタックル、気持
ちのこもったタックルができる。本人にも話しているのでフィジカルを鍛えればレギュラーが見える」(冨岡監督)

◆トヨタ自動車20(15-3)16リコー(いわて)
*トヨタ3T1G1P(29、+74)、リコー1T1G3P(19、-44)

◆サントリー38(19-0)0クボタ(30日、駒沢)
*サントリー6T4G(42、+229)、クボタ(15、-114)
◎クボタLO5金昊範(キム・ホボム)김호범(檀国大・14尚武)
Dscf3365
「調子はいいです。チームからがセットプレーの安定性。ラインアウトのジャンプの高さ、DFの激しさなどを求められています」

◆パナソニック60(29-0)7豊田自動織機(太田)
*パナソニック9T6G1P(34、+155)、織機1T1G(6、-180)
◎パナソニックLO/FL劉永男(ユ・ヨンナム)유영남(仁川機械工高・檀国大・07尚武),
Dscf2625
「右ひざケガからのリハビリ中。11月に復帰したい。」
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン)(大阪朝鮮高・14まで帝京大)
◎豊田自動織機LO5鄭智弘(チョン・チホン)정지홍(大阪朝高・帝京大・05IBM・08サニックス・09-11NTTドコモ)、
Dscf2371
「1年でも長くできるように準備しています」
「しばらくケガで出ることができなかった。本人は年齢も自覚しており頑張っている」(丹羽雅也監督)
◎豊田自動織機WTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン)서길령(愛知朝鮮高・朝鮮大・07-14ヤマハ)
「今年(2月)、子供もできた。父親の自覚が出てきた。今は両足の治療中で復帰を期待」(丹羽監督)

◆近鉄20(13-20)36ホンダ(鴻池)
*近鉄2T2G2P(12、-46)、ホンダ3T3G5P(6、-134)
◎近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン)김철원(韓国/養正高・朝明高・06大阪体大)、後半1T
Dscf3354
「ケガ人が多く心配。先発できるようにチーム内競争で頑張る」
◎近鉄PR王鏡聞(ワン・キョンムン)왕경문(三重・朝明高-韓国・養正中・大阪体大)、
◎ホンダSO10朴成基(パク・ソンギ)박성기(大阪朝鮮高・14まで帝京大)。3G5P=21得点でMOMを獲得した
「いいです!私はJAPANになってもらいたいと思う選手。SOは小西主将と争うがメンバー入りをつかんで欲しい。SO、CTBで使うがSOをメインで考えたい」(藤本HC)
◎ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン)양영훈(富川北高・慶熙大・尚武・06まで大心通商)
「今季で日本でのプレーは最後にする。1試合1試合チームのために最善を尽くす」
「元気でやっている。10年目ということで期するものがあるようだ。自分がいるうちに若いSHを成長させたいと思ってくれている。山路や香山を教えている。試合ではリザーブスタートが多くなる」(藤本知明HC)
◎ホンダSO/CTB具智允(グ・ジユン)구지윤(日本文理高・12-15拓殖大)、
「ケガ治療中。ハートがあるプレーをする。腰が強いのが特徴。ケガから戻ればメンバー争いも」(藤本HC)
◎ホンダPR孫榮基(ソン・ヨンギ)송영기(延世大・15までポスコ建設)、
「今年入ったばかりでスクラムの組み方に少し苦しんでいる。しかしフィールドプレーではスピードがあり魅力。言葉が分からなくてもプレーを通じて貢献」(藤本HC)

<<TE>>
■第7週
◆釜石SW14(7-17)27日野自動車(29日、いわて)
*釜石2T2G(23)、日野3T3G2P(28)
◎釜石SW/PR3許雄(ホ・ウン)허웅(大邱商苑高・延世大・08尚武・09-15NTTドコモ)
Dscf3229
「釜石のラグビーはシンプルで自分に合っている」
◎日野自動車PR金光植(キム・グァンシク)김광식(慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC・14-15ホンダ)
◎日野自動車FL李淳也(リ・ジュンヤ)(常翔啓光学園・12-15天理大)

◆栗田78(38-5)12セコム(秩父宮)
*栗田12T9G(22)、セコム2T1G(0)
◎栗田工業PR1金亨志(キム・ヒョンジ)(大阪朝鮮高・12-15京産大)

三菱相模原、東京ガス(
*三菱(30)、ガス(15)
◎三菱重工相模原PR成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕(大阪朝高・帝京大・06-13近鉄・14-三菱相模原),
◆ヤクルト、日本IBM(IBM)
*ヤクルト(9)、IBM(0)
◎ヤクルトPR金弘泰(明治大、大阪朝高)

◆横河武蔵野、秋田NB
*横河(14)、秋田(6)
◎横河武蔵野LO5延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11横河)
Dscf2985
Dscf3051
「横河で過ごせてうれしい。感謝」
◎横河武蔵野SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル)조현철(大阪朝高・08同志社大)

<<TW>>
■第7週(10月29日)
◆NTTドコモ74(28-0)0大阪府警(JR西)
*ドコモ12T7G(25)、*府警(15)
◎NTTドコモLO4朴淳彩(パク・スンチェ)박순채(仁川機械工高・慶煕大(キョンヒ)・尚武・ポスコ建設・12-13サントリー)
◎NTTドコモPR3張泰立育(チャン・テユク)(大阪朝鮮高・11まで関西学院大)
◎NTTドコモSO/CTB金勇輝(キム・ヨンヒ)(大阪朝鮮高・14まで法政大)

◆ユニチカ39(26-14)42大阪ガス(同)
*ユニチカ6T3G1P(3)、大阪ガス6T6G(4)
◎大阪ガスFB15高陽日(コウ・ヨンイル)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)
◎大阪ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)(大阪朝鮮高・大阪朝鮮高・14まで摂南大)

◆JR西日本7-41中部電力(中部)
*JR(12)、中部(15)
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン)장화유(大阪朝鮮高・14まで同志社大)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・ガンギ)(大阪朝鮮高・14まで近畿大)

<<Tキュウシュウ>>
■第8週
◆九州電力12(12-7)7マツダ(29日、CCW広島)
*九電2T1G(25)、マツダ1T1G(24)
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン)남종성(大阪朝鮮高・14まで明治大)
◎マツダCTB李修平(リ・スピョン)이수평(大阪・日新高・大阪体育大・12六甲クラブ)
◎マツダPR高昊詞(コウ・ボサ、関東学院大)

◆中国電力69(24-0)0新日鐵八幡(30日、中国電)
*中国9T(29)、八幡(2)

◆三菱重工長崎42(29-12)19福岡銀行(長崎)
*長崎5T(9)、福岡3T(4)

JR九州
*JR九州(14)、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東海大が全勝守る 関西は同大、天理大が首位

2016年の国内大学ラグビーリーグ。
 大学選手権8連覇を狙う王者・帝京大は春季大会から好調。
 関東対抗戦では明治大、筑波大(SO山沢のパナソニック加入で戦力ダウン)。
 リーグ戦の東海大、流通経済大に好調な大東文化大が。さらに関西から京都産業大、天理大に同志社大が打倒・帝京大なるか?

☆2016年11月12日週☆
 関東対抗戦は1週休み。次週11月20日(日)に5戦全勝同士の帝京大と明治大が対戦する。
 関東リーグ戦は、4強の流通経済大対大東文化大。大東が28-22とFB大道が3T4G23得点を稼ぎ勝利。ともに1敗となった。全勝の首位/東海大は10Tで62-21中央大(12日、秩父宮)と唯一6連勝を保った。
 関西リーグ戦は、全勝の同志社大が関西大を11T75-10で一蹴。天理大は立命館大53-21で5連勝。
 九州リーグ戦は全国大会と地区対抗出場校決定戦だ。福岡工業大が40-17福岡大で全国選手権出場権を得た。地区対抗は鹿児島大45-7日本文理大で鹿児島が出場。
 東北・北海道代表は東北学院大40-5北海道大となった。

 <<2016関東大学対抗戦>>
■第10週
◆筑波大-成蹊大(11月19日、江戸川)
*筑波(2-3)、成蹊(1-4)
◎PR崔凌也(チェ・ルンヤ、4年、東福岡高)
Dscf3455

◆青山学院大-日本体育大
*青山(0-5)、日体大(0-5)
+青山
◎FL崔玄祺(チェ・ヒョンギ、2年、東福岡高)

◆帝京大-明治大(20日、秩父宮)
*帝京(5-0)、明治(5-0)
◎LO金嶺志(キム・リョンジ、4年、東京朝高)
Dscf4978
Dscf4935
◎PR李翔鎬(リ・サンホ、4年、東京朝高)
◎SO金孝舜(キム・ヒョウスン、4年、東京朝高)
◎LO金廉(キム・リャン、3年、大阪朝高)
◎PR李成鏞(リ・ソンヨン、3年、東京朝高)
◎PR趙雄真(チョ・ウンジン、2年、東京朝高)
◎FL申賢志(シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)
◎FL下相悠(ピョン・サンユ、2年、大阪朝高)*下のーの上にˈ
◎LO慎昌徳(シン・チャンドッ、1年、東京朝高)
◎NO8文相太(ムン・サンテ、1年、東京朝高)
◎SO金基英(キム・ギヨン、1年、東京朝高)
◎CTB権泰錫(クォン・テソッ、1年、東京朝高)
+明治大
◎HO朴成浩(パク・ソンホ、3年、大阪朝高)
◎PR安昌豪(アン・チャンホ、1年、大阪朝高)

◆慶應大-早稲田大(23日、秩父宮)
*慶應(3-2)、早稲田(4-1)

<<2016関東大学リーグ戦>>
■第7週
◆東海大62(31-7)21中央大(11月12日、秩父宮)
*東海10T6G(24)、中央3T3G(15)
+東海
◎LO4李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)
*写真左
Dscf2715
「4年になってコンタクト、ブレイクダウンで体を張ることに決めました。就職はラグビー部がない会社。時間があればクラブチームで続けることも」
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)

◆流通経済大22(10-21)28大東文化大
*流経大4T1G(21)、大東4T4G(21)
+流経大
◎PR金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)

◆拓殖大35(21-14)29関東学院大(前橋)
*拓殖5T5G(12)、関東4T3G1P(9)
+拓大
◎PR3具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)
◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高)

■第8週
◆法政大-日本大(江戸川)
*法政(8)、日本(5)
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎SO呉洸太(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)
+日大
◎PR金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB22金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)
*写真左後ろ
Dscf2871
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SH9李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
Dscf2838
「島津製作所/トップウェストBでラグビーを続けます」
◎LO4孫昇巳(ソン・スンギ、3年、大阪朝高)。1T
Dscf2798
Dscf2839
「上級生になってリーダーシップをつけないと自覚した。声を出すようになりました」
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

<<2016関西大学Aリーグ>>
■第6週
◆京都産業大57(19-0)0関西学院大(12日、宝が池)
*京都産業9T6G(3-2)、関学(1-4)
+京産大
◎FL7李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)1T
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB12金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)

◆同志社大75(19-10)10関西大
*同大11T10G(5-0)、関西1T1G1P(1-4)
+同大
◎PR1趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)

◆近畿大39(12-7)19摂南大(13日、天理親里)
*近大7T2G(3-2)、摂南3T2G(0-5)
+近大
◎PR朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

◆天理大53(17-7)21立命館大
*天理9T4G(5-0)、立命3T3G(2-3)

<<2016九州学生1部リーグ>>
■全国大学選手権決定戦(福岡大)
◆福岡工業大(1位)40(7-10)17福岡大(3位)
*福工6T、福大2T

■全国地区対抗選手権決定戦(博多の森補助)
◆鹿児島大(4)45(21-0)7日本文理大(5)
*鹿大7T、日文理1T

<<2016全国大学選手権>>
■東北・北海道決定戦(11月13日)
◆東北学院大40(7-5)5北海道大
*東北学院6T5G、北大1T

☆11月5日週☆
 関東大学対抗戦は6日に「明治大VS慶應大」「帝京大VS早稲田大」の4強対決を行った。
 明慶戦は後半35分まで慶應が29-14とリード。明治は35分、ゴール前中央でPKを得ると冷静にPGを選択し17-29へ。すると慶應が明治ゴールへ迫った39分、ターンオーバーからボールを受けたWTB11山村知也(1年)が90メートルを走り切りT、29-22とする。残り時間、明治は慶應ゴール前でスクラム、ラックで迫る。慶應は後半、ゴール前で反則を繰り返しておりレフリーから注意を受けていた。そして時計の時間で50分、認定Tとなり29-29、ゴールが決まり31-29で明治が5戦全勝を守った。
 帝京は早稲田にPGで2分先制された。すぐに戻り以降前半5、後半6Tの75-3で一蹴。全勝となり20日に明治を迎え全勝対決となった。早慶戦は23日だ。
 <<2016関東大学対抗戦>>
■第9週
◆帝京大75(35-3)3早稲田大(11月6日、秩父宮)
*帝京11T10G(5-0)、早稲田1P(4-1)
+帝京大
◎LO19金嶺志(キム・リョンジ、4年、東京朝高)
◎PR李翔鎬(リ・サンホ、4年、東京朝高)
◎SO金孝舜(キム・ヒョウスン、4年、東京朝高)
◎LO金廉(キム・リャン、3年、大阪朝高)
◎PR李成鏞(リ・ソンヨン、3年、東京朝高)
◎PR趙雄真(チョ・ウンジン、2年、東京朝高)
◎FL申賢志(シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)
◎FL下相悠(ピョン・サンユ、2年、大阪朝高)*下のーの上にˈ
◎LO慎昌徳(シン・チャンドッ、1年、東京朝高)
◎NO8文相太(ムン・サンテ、1年、東京朝高)
◎SO金基英(キム・ギヨン、1年、東京朝高)
◎CTB権泰錫(クォン・テソッ、1年、東京朝高)

◆明治大31(0-22)29慶應大
*明治4T4G1P(5-0)、慶應4T3G1P(3-2)
+明治大
◎HO朴成浩(パク・ソンホ、3年、大阪朝高)
◎PR安昌豪(アン・チャンホ、1年、大阪朝高)

◆筑波大46(24-7)14日本体育大(熊谷B)
*筑波8T3G(2-3)、日体2T2G(0-5)
+筑波
◎PR3崔凌也(チェ・ルンヤ、4年、東福岡高)

◆成蹊大21(7-3)3青山学院大
*成蹊3T3G(1-4)、青山1P(0-5)
+青山
◎FL崔玄祺(チェ・ヒョンギ、2年、東福岡高)

☆10月29日週☆
 関東大学リーグ戦1部は11月3日、上柚木競技場で「拓殖大VS日本大」「流通経済大VS中央大」2試合を行った。
 第1試合は拓大が試合開始2トライを奪われ12点のビハインドを負ったが前半20分のスクラムからのトライで強みを取り戻し前半5、後半6の計11トライで75-19で今季初勝利。
Dscf5767
 PR3具智元は「入替戦を避けたい。残りも勝つ」。スクラム前には「FW8人、8人(で組もう)」と鼓舞。前半40分にはランでトライを奪った。
Dscf5627
Dscf5681
Dscf5682

 2試合目、中大は後半27分まで22対17とリードしたが前半から流経大とのぶつかり体力を消耗し足が止まった。流経大が最後は4連続トライで41対2と逆転し5戦全勝。
Dscf5899
Dscf5911

 関東大学対抗戦は1週休み。11月6日(日)に4強の「帝京大VS早稲田大」「明治大VS慶應大」がある。
 リーグ戦は4戦全勝の東海大と大東文化大があたる。東海が28-7で下し5連勝。首位だ。
 関東学院大は法政大を後半、突き放し31-15で1勝目。
 全敗の拓殖大は11月3日(木・祝日)に日本大戦。

<<2016関東大学リーグ戦>
■第6週
◆東海大28(21-7)7大東文化大(10月30日、秩父宮)
**東海4T4G(20)、大東1T1G(17)
◎LO李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)
「4年になってコンタクト、ブレイクダウンで体を張ることに決めました。就職はラグビー部がない会社。時間があればクラブチームで続けることも」
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)

◆法政大15(0-5)31関東学院大(ニッパツ)
*法政3T(8)、関東5T3G(8)
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎SO呉洸太(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)

◆流通経済大41(10-17)22中央大(11月3日、上柚木)
*流経大7T3G(20)、中央4T1G(14)
+流経大
◎PR金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)

◆拓殖大75(33-12)19日本大
拓殖11T10G(8)、日本3T2G(5)
+拓大
◎PR3具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)、1T
◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高)
*+日大
◎PR金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB22金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SH9李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
「島津製作所/トップウェストBでラグビーを続けます」
◎LO4孫昇巳(ソン・スンギ、3年、大阪朝高)。1T
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

<<2016関西大学Aリーグ>
■第6週
◆京都産業大-関西学院大(12日、宝が池)
*京都産業(2-2)、関学(1-3)
+京産大
◎FL李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)1T
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)

◆同志社大-関西大
*同大(4-0)、関西(1-3)
+同大
◎PR1趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)

◆近畿大-摂南大(13日、天理親里)
*近大(2-2)、摂南(0-4)
+近大
◎PR朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

◆天理大-立命館大
*天理(4-0)、立命(2-2)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2016

三菱VS釜石 TE9週

2016年、国内ラグビー最強のトップリーグ(TL)が8月26日(金)に開幕した。
Dscf1586
 順位はこちらで「順位表」 
 今季は総当たり戦で行い、昨季までのリクシルカップ(順位決定トーナメント)は行わず、リーグ戦の順位で覇権を争う。
 勝点では昨季までの4トライ(T)以上+1のボーナスポイント(BP)が3T差以上の+1へ変更になった。

 また2017年からTL2ともいえる「TLチャレンジリーグ」が新設されることが8月19日に発表された。

☆2016年11月12-13日週☆
 TLは日本代表試合でウィンドウマウスで1カ月休止。
 TE、首位の三菱重工相模原と3位釜石SW(11月13日)。
 前週、ようやく1勝したセコムは東京ガス戦。
 TWは休み。
 Tキュウシュウは決勝リーグを開始する。1位中国電力と2位マツダ(11月13日)。
 九州電力は休みで19日にマツダ戦。

<<TE>>
■第9週
◆栗田工業71(47-7)24横河武蔵野(11月12日、神奈川)
*栗田11T8G(27)、横河4T1G(14)
◎栗田工業PR1金亨志(キム・ヒョンジ)(大阪朝高・12-15京産大)
◎横河武蔵野LO5延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11横河)
Dscf2985
Dscf3051
「横河で過ごせてうれしい。感謝」
◎横河武蔵野SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル)조현철(大阪朝高・08同志社大)

◆三菱重工相模原-釜石SW(13日、岩手)
*三菱(35)、釜石(28)
◎三菱重工相模原PR3成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕(大阪朝高・帝京大・06-13近鉄・14-三菱相模原),
◎釜石SW/PR許雄(ホ・ウン)허웅(大邱商苑高・延世大・08尚武・09-15NTTドコモ)
Dscf3229
「釜石のラグビーはシンプルで自分に合っている」

◆ヤクルト-秋田NB(秋田)
*ヤクルト(9)、秋田(11)
◎ヤクルトPR金弘泰(明治大、大阪朝高)

◆東京ガス-セコム(セコム)
*ガス(15)、セコム(4)

■第10週
◆三菱重工相模原-日野自動車(11月19日、相模原G)
*三菱()、日野(32)
◎日野自動車PR金光植(キム・グァンシク)김광식(慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC・14-15ホンダ)
◎日野自動車FL李淳也(リ・ジュンヤ)(常翔啓光学園・12-15天理大)

◆釜石SW-ヤクルト(秩父宮)
*釜石()、ヤクルト()

◆横河武蔵野-日本IBM
*横河()、IBM(1)

<<TW>>
■セカンドS第2週(11月19日)
◆大阪ガス-ユニチカ(花園2)
*大阪ガス(4)、ユニチカ(3)
◎大阪ガスFB高陽日(コウ・ヨンイル)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)
◎大阪ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)(大阪朝鮮高・大阪朝鮮高・14まで摂南大)

◆中部電力-大阪府警
*中部(15)、府警(15)

NTTドコモ
*ドコモ(30)
◎NTTドコモLO朴淳彩(パク・スンチェ)박순채(仁川機械工高・慶煕大(キョンヒ)・尚武・ポスコ建設・12-13サントリー)
◎NTTドコモPR17張泰立育(チャン・テユク)(大阪朝鮮高・11まで関西学院大)
◎NTTドコモSO/CTB金勇輝(キム・ヨンヒ)(大阪朝鮮高・14まで法政大)
JR西日本
*JR西
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン)장화유(大阪朝鮮高・14まで同志社大)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・ガンギ)(大阪朝鮮高・14まで近畿大)

<<Tキュウシュウ>>
■決勝リーグ第1週
◆中国電力①-マツダ③(11月13日、CCW広島)
*中国、マツダ
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン)남종성(大阪朝鮮高・14まで明治大)
◎マツダCTB李修平(リ・スピョン)이수평(大阪・日新高・大阪体育大・12六甲クラブ)
◎マツダPR高昊詞(コウ・ボサ、関東学院大)

◆三菱重工長崎⑤-福岡銀行⑥(博多の森補助)
*長崎、福岡

◆JR九州④-新日鐵八幡⑦

■決勝リーグ第2週
◆九州電力②-マツダ(11月19日、九電)
*九電、マツダ

◆三菱重工長崎⑤-新日鐵八幡⑦(筑豊)

◆JR九州④-福岡銀行⑥

☆2016年11月5-6日週☆
 TLは日本代表試合でウィンドウマウスで1カ月休止。
 TE、首位の三菱重工相模原が50-14栗田工業、2位日野自動車33-24ヤクルトで勝ち全勝を守った。3位釜石SWも61-18横河武蔵野で確保(1敗)。最下位争いのセコム対日本IBMはセコムが33-28で制しリーグ戦2年ぶりの白星をつかんだ。
<<TE>>
■第8週
◆三菱重工相模原50(21-14)14栗田工業(11月5日、栗田)
*8T5G(35)、栗田2T2G(22)
◎三菱重工相模原PR3成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕(大阪朝高・帝京大・06-13近鉄・14-三菱相模原),
◎栗田工業PR1金亨志(キム・ヒョンジ)(大阪朝高・12-15京産大)

◆日野自動車33(14-10)24ヤクルト(日野)
*日野5T4G(32)、ヤクルト3T3G1P(9)
◎日野自動車PR金光植(キム・グァンシク)김광식(慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC・14-15ホンダ)
◎日野自動車FL李淳也(リ・ジュンヤ)(常翔啓光学園・12-15天理大)
◎ヤクルトPR金弘泰(明治大、大阪朝高)

◆釜石SW61(21-10)18横河武蔵野(いわき)
*釜石9T8G(28)、横河2T1G2P(14)
◎釜石SW/PR許雄(ホ・ウン)허웅(大邱商苑高・延世大・08尚武・09-15NTTドコモ)
◎横河武蔵野LO5延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11横河)
◎横河武蔵野SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル)조현철(大阪朝高・08同志社大)

◆セコム33(14-14)28日本IBM(6日、IBM)
*セコム5T4G(4)、IBM4T4G(1)

◆秋田NB49(29-14)26東京ガス(秋田)
*秋田8T3G1P(11)、ガス4T3G(15)

<<TW>>
■セカンドS第1週(11月5日)
◆NTTドコモ96(47-0)0大阪府警(瑞穂)
*ドコモ14T13G(30)、*府警(15)
◎NTTドコモLO朴淳彩(パク・スンチェ)박순채(仁川機械工高・慶煕大(キョンヒ)・尚武・ポスコ建設・12-13サントリー)
◎NTTドコモPR17張泰立育(チャン・テユク)(大阪朝鮮高・11まで関西学院大)
◎NTTドコモSO/CTB金勇輝(キム・ヨンヒ)(大阪朝鮮高・14まで法政大)

◆JR西日本41(19-7)21ユニチカ
*JR西7T3G(17)、ユニチカ3T3G(3)
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン)장화유(大阪朝鮮高・14まで同志社大)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・ガンギ)(大阪朝鮮高・14まで近畿大)

大阪ガス
大阪ガス(4)
◎大阪ガスFB高陽日(コウ・ヨンイル)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)
◎大阪ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)(大阪朝鮮高・大阪朝鮮高・14まで摂南大)
中部電力中部(15)

<<Tキュウシュウ>>
■第8週
◆九州電力12(12-7)7マツダ(29日、CCW広島)
*九電2T1G(25)、マツダ1T1G(24)
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン)남종성(大阪朝鮮高・14まで明治大)
◎マツダCTB李修平(リ・スピョン)이수평(大阪・日新高・大阪体育大・12六甲クラブ)
◎マツダPR高昊詞(コウ・ボサ、関東学院大)

◆中国電力69(24-0)0新日鐵八幡(30日、中国電)
*中国9T(29)、八幡(2)

◆三菱重工長崎42(29-12)19福岡銀行(長崎)
*長崎5T(9)、福岡3T(4)

JR九州
*JR九州(14)、

☆2016年10月29日-10月30日週☆
 TLは、前半最後の第9週。首位ヤマハは29日にコカ・コーラ戦。
 前半からFWが動き8T50-11で下し勝点43とし首位で折り返した。
 FW一列4人が日本代表としてアルゼンチン戦、欧州遠征に臨む。
 2位サントリーは30日にクボタと戦う。こちらも38-0で勝点5を加え42で追いかける。
 3位神戸は秩父宮でNEC戦(29日)。NECが一矢報いるか?
Dscf5265
Dscf5188
 NECがSO田村のPGで逆転し38-24で2006年季(27-24)以来、10年ぶり公式戦で勝った。
 4位パナは30日に地元・太田で織機とあたり60-7と一蹴し勝点34となり33神戸を抜いて3位に。
 不調・東芝はNTTコムにも敗れ初の公式戦5敗(21)で8位。5位はトヨタ自動車(29)、6位NTTコム(26)。
 以下リコー(19)、キヤノン(15)、NEC(15)、クボタ(15)、近鉄はホンダに敗れ12で13位。14位コーラ(8)。
 ホンダはSO朴成基が3G5Pをすべて成功21得点をあげ36-20で近鉄を制し1勝目、勝点6とし同じ勝点の豊田自動織機を得失点差で上回り15位、最下位を脱出。織機は16位に転落した。

 TEは、全勝同士の釜石SW対日野自動車。日野が27-14と接戦をものにして6連勝。
 TWは、優勝ほぼ確実のNTTドコモが大阪府警を74-0で圧勝し首位、Tキュウシュウはともに中国電力に敗れ1敗同士の九州電力とマツダがあたった。九電が12-7で勝ち2位になった。最終順位決定トーナメントでも優位にたつか。

<<2016TL第8週>>
■第9週(10月29日-10月30日)
◆ヤマハ50(31-6)11コカ・コーラ(29日、レベスタ)
*ヤマハ8T5G(43、+240)、コーラ1T2P(8、-167)

◆宗像サニックス5(5-21)35キヤノン(秩父宮)
*サニックス1T(21、-65)、キヤノン5T5G(15、-9)
*Dscf5091
*サニックス唯一のT、NO8新井
Dscf5043

*好調WTBエブリンハム
Dscf5038
◎宗像サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン)왕수영(三重・朝明高・大阪体育大3年中退・14末からサニックス)
「体が強く性格もよい。試合中、声も出ている」(藤井監督)
◎宗像サニックスPR申東ウォン(シン・ドンウォン)신동원ウォン=冫原(NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高
08-12福岡サニックス13-サントリー14-近鉄)、
「(代表から戻り)肩を手術したが、すでに復帰してゲームに出ている。3番はチーム内でも競争があるが勝ち抜く力はある」(藤井雄一郎監督)
◎宗像サニックスCTB権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁(慶山高、三重/朝明高・帝京大)
「今春、日本に帰化した。着実に成長」(藤井監督)

◆神戸24(12-32)38NEC(同)
*神戸4T2G(33、+107)、NEC4T3G4P(15、-47)
◎神戸製鋼LO5張碩煥(チャン・ソクファン)장석환(延世大・14-15尚武)。
Dscf5210
「コミュニケーションもとれるようになりました。きょうはタックルミスが多かった」
「ハードワークができる選手だ。(ラグビーの)理解も非常に早い。試合でのパフォーマンスもいいのでメンバー入りも期待できる」(ジム・マッケイHC)
◎神戸製鋼SH21梁正秋(リャン・ジョンチュ)량정추(大阪朝鮮高・14まで京都産業大)
「留学してプレーに自信がついた。大阪朝高の同期に負けないようにやっています」
「今春、南アに2カ月留学し成長して帰ってきた。オープン戦ではゲームキャプテンも任せた。先発かどうかはA英リス(NZ代表)との兼ね合いになる」(チーム関係者)
◎NEC/SH李明俊(イ・ミョンジュン)이명준(高麗大・15尚武)、
「チーム内で同じSH争いが厳しい。日本代表・SWの茂野や桜井と争う」

◆NTTコム34(20-10)29東芝(ニッパツ)
*コム4T4G1P1D(26、+20)、*東芝4T3G1P(21、-18)
◎NTTコミュニケーションズWTB諸葛彬(チェガル・ビン)제갈빈(ソウル大附属高・延世大・13尚武)
10/9のコーラ戦試合最後、後半39分に頭をうち脳震盪判定で交代。10月16日中も試合地・鳥取で入院している。
Dscf5196
「14番はDFが多くボールが回ってこない!11番の方がボールが来る。いまは両方できるように準備します」
「ビンにはWTB、CTBをプレーしてさらなる成長を期待している。先発かどうかチームでも激しいポジション争いになるだろう」(ロブ・ペニーHC)
◎NTTコミュニケーションズHO白隆尚(ハク・タカヨシ)(啓光学園・11まで帝京大)
◎NTTコミュニケーションズFL金正奎(キン・ショウケイ)(常翔啓光学園・13まで早稲田大)、ケガ治療
「日本代表、サンウルブズで成長して戻ってきた。3年目だが若い選手の追い上げに対し主将を任せてることからも金への期待が分かるでしょう」(ペニーHC)
「(サンウルブズでのケガから)順調に復帰をしている。11月くらいに試合に出たい」(金)

◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン)(東京朝鮮高・13まで帝京大)、
Dscf2147
「ケガで苦しんだ。力はある。努力をしてチャンスをつかみ活かすことを期待」(冨岡鉄平監督)
◎東芝PR金寛泰(キム・ガンテ)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)、
Dscf2148
「同じポジションに日本代表(三上、知念)がいて彼らよりもフィジカルが弱い。タックルは東芝のタックル、気持
ちのこもったタックルができる。本人にも話しているのでフィジカルを鍛えればレギュラーが見える」(冨岡監督)

◆トヨタ自動車20(15-3)16リコー(いわて)
*トヨタ3T1G1P(29、+74)、リコー1T1G3P(19、-44)

◆サントリー38(19-0)0クボタ(30日、駒沢)
*サントリー6T4G(42、+229)、クボタ(15、-114)
◎クボタLO5金昊範(キム・ホボム)김호범(檀国大・14尚武)
Dscf3365
「調子はいいです。チームからがセットプレーの安定性。ラインアウトのジャンプの高さ、DFの激しさなどを求められています」

◆パナソニック60(29-0)7豊田自動織機(太田)
*パナソニック9T6G1P(34、+155)、織機1T1G(6、-180)
◎パナソニックLO/FL劉永男(ユ・ヨンナム)유영남(仁川機械工高・檀国大・07尚武),
Dscf2625
「右ひざケガからのリハビリ中。11月に復帰したい。」
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン)(大阪朝鮮高・14まで帝京大)
◎豊田自動織機LO5鄭智弘(チョン・チホン)정지홍(大阪朝高・帝京大・05IBM・08サニックス・09-11NTTドコモ)、
Dscf2371
「1年でも長くできるように準備しています」
「しばらくケガで出ることができなかった。本人は年齢も自覚しており頑張っている」(丹羽雅也監督)
◎豊田自動織機WTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン)서길령(愛知朝鮮高・朝鮮大・07-14ヤマハ)
「今年(2月)、子供もできた。父親の自覚が出てきた。今は両足の治療中で復帰を期待」(丹羽監督)

◆近鉄20(13-20)36ホンダ(鴻池)
*近鉄2T2G2P(12、-46)、ホンダ3T3G5P(6、-134)
◎近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン)김철원(韓国/養正高・朝明高・06大阪体大)、後半1T
Dscf3354
「ケガ人が多く心配。先発できるようにチーム内競争で頑張る」
◎近鉄PR王鏡聞(ワン・キョンムン)왕경문(三重・朝明高-韓国・養正中・大阪体大)、
◎ホンダSO10朴成基(パク・ソンギ)박성기(大阪朝鮮高・14まで帝京大)。3G5P=21得点でMOMを獲得した
「いいです!私はJAPANになってもらいたいと思う選手。SOは小西主将と争うがメンバー入りをつかんで欲しい。SO、CTBで使うがSOをメインで考えたい」(藤本HC)
◎ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン)양영훈(富川北高・慶熙大・尚武・06まで大心通商)
「今季で日本でのプレーは最後にする。1試合1試合チームのために最善を尽くす」
「元気でやっている。10年目ということで期するものがあるようだ。自分がいるうちに若いSHを成長させたいと思ってくれている。山路や香山を教えている。試合ではリザーブスタートが多くなる」(藤本知明HC)
◎ホンダSO/CTB具智允(グ・ジユン)구지윤(日本文理高・12-15拓殖大)、
「ケガ治療中。ハートがあるプレーをする。腰が強いのが特徴。ケガから戻ればメンバー争いも」(藤本HC)
◎ホンダPR孫榮基(ソン・ヨンギ)송영기(延世大・15までポスコ建設)、
「今年入ったばかりでスクラムの組み方に少し苦しんでいる。しかしフィールドプレーではスピードがあり魅力。言葉が分からなくてもプレーを通じて貢献」(藤本HC)

<<TE>>
■第7週
◆釜石SW14(7-17)27日野自動車(29日、いわて)
*釜石2T2G(23)、日野3T3G2P(28)
◎釜石SW/PR3許雄(ホ・ウン)허웅(大邱商苑高・延世大・08尚武・09-15NTTドコモ)
Dscf3229
「釜石のラグビーはシンプルで自分に合っている」
◎日野自動車PR金光植(キム・グァンシク)김광식(慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC・14-15ホンダ)
◎日野自動車FL李淳也(リ・ジュンヤ)(常翔啓光学園・12-15天理大)

◆栗田78(38-5)12セコム(秩父宮)
*栗田12T9G(22)、セコム2T1G(0)
◎栗田工業PR1金亨志(キム・ヒョンジ)(大阪朝鮮高・12-15京産大)

三菱相模原、東京ガス(
*三菱(30)、ガス(15)
◎三菱重工相模原PR成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕(大阪朝高・帝京大・06-13近鉄・14-三菱相模原),
◆ヤクルト、日本IBM(IBM)
*ヤクルト(9)、IBM(0)
◎ヤクルトPR金弘泰(明治大、大阪朝高)

◆横河武蔵野、秋田NB
*横河(14)、秋田(6)
◎横河武蔵野LO5延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11横河)
Dscf2985
Dscf3051
「横河で過ごせてうれしい。感謝」
◎横河武蔵野SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル)조현철(大阪朝高・08同志社大)

<<TW>>
■第7週(10月29日)
◆NTTドコモ74(28-0)0大阪府警(JR西)
*ドコモ12T7G(25)、*府警(15)
◎NTTドコモLO4朴淳彩(パク・スンチェ)박순채(仁川機械工高・慶煕大(キョンヒ)・尚武・ポスコ建設・12-13サントリー)
◎NTTドコモPR3張泰立育(チャン・テユク)(大阪朝鮮高・11まで関西学院大)
◎NTTドコモSO/CTB金勇輝(キム・ヨンヒ)(大阪朝鮮高・14まで法政大)

◆ユニチカ39(26-14)42大阪ガス(同)
*ユニチカ6T3G1P(3)、大阪ガス6T6G(4)
◎大阪ガスFB15高陽日(コウ・ヨンイル)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)
◎大阪ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)(大阪朝鮮高・大阪朝鮮高・14まで摂南大)

◆JR西日本7-41中部電力(中部)
*JR(12)、中部(15)
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン)장화유(大阪朝鮮高・14まで同志社大)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・ガンギ)(大阪朝鮮高・14まで近畿大)

<<Tキュウシュウ>>
■第8週
◆九州電力12(12-7)7マツダ(29日、CCW広島)
*九電2T1G(25)、マツダ1T1G(24)
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン)남종성(大阪朝鮮高・14まで明治大)
◎マツダCTB李修平(リ・スピョン)이수평(大阪・日新高・大阪体育大・12六甲クラブ)
◎マツダPR高昊詞(コウ・ボサ、関東学院大)

◆中国電力69(24-0)0新日鐵八幡(30日、中国電)
*中国9T(29)、八幡(2)

◆三菱重工長崎42(29-12)19福岡銀行(長崎)
*長崎5T(9)、福岡3T(4)

JR九州
*JR九州(14)、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

帝京・明治大全勝対決 関東大学対抗戦

2016年の国内大学ラグビーリーグ。
 大学選手権8連覇を狙う王者・帝京大は春季大会から好調。
 関東対抗戦では明治大、筑波大(SO山沢のパナソニック加入で戦力ダウン)。
 リーグ戦の東海大、流通経済大に好調な大東文化大が。さらに関西から京都産業大、天理大に同志社大が打倒・帝京大なるか?

☆2016年11月12日週☆
 関東対抗戦は1週休み。次週11月20日(日)に5戦全勝同士の帝京大と明治大が対戦する。
 関東リーグ戦は、4強の流通経済大対大東文化大。大東が28-22とFB大道が3T4G23得点を稼ぎ勝利。ともに1敗となった。全勝の首位/東海大は10Tで62-21中央大(12日、秩父宮)と唯一6連勝を保った。
 関西リーグ戦は、全勝の同志社大が関西大を11T75-10で一蹴。天理大は立命館大戦。
 九州リーグ戦は全国大会と地区対抗出場校決定戦だ。福岡工業大が40-17福岡大で全国選手権出場権を得た。地区対抗は鹿児島大45-7日本文理大で鹿児島が出場。

 <<2016関東大学対抗戦>>
■第10週
◆筑波大-成蹊大(11月19日、江戸川)
*筑波(2-3)、成蹊(1-4)
◎PR崔凌也(チェ・ルンヤ、4年、東福岡高)
Dscf3455

◆青山学院大-日本体育大
*青山(0-5)、日体大(0-5)
+青山
◎FL崔玄祺(チェ・ヒョンギ、2年、東福岡高)

◆帝京大-明治大(20日、秩父宮)
*帝京(5-0)、明治(5-0)
◎LO金嶺志(キム・リョンジ、4年、東京朝高)
Dscf4978
Dscf4935
◎PR李翔鎬(リ・サンホ、4年、東京朝高)
◎SO金孝舜(キム・ヒョウスン、4年、東京朝高)
◎LO金廉(キム・リャン、3年、大阪朝高)
◎PR李成鏞(リ・ソンヨン、3年、東京朝高)
◎PR趙雄真(チョ・ウンジン、2年、東京朝高)
◎FL申賢志(シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)
◎FL下相悠(ピョン・サンユ、2年、大阪朝高)*下のーの上にˈ
◎LO慎昌徳(シン・チャンドッ、1年、東京朝高)
◎NO8文相太(ムン・サンテ、1年、東京朝高)
◎SO金基英(キム・ギヨン、1年、東京朝高)
◎CTB権泰錫(クォン・テソッ、1年、東京朝高)
+明治大
◎HO朴成浩(パク・ソンホ、3年、大阪朝高)
◎PR安昌豪(アン・チャンホ、1年、大阪朝高)

◆慶應大-早稲田大(23日、秩父宮)
*慶應(3-2)、早稲田(4-1)

<<2016関東大学リーグ戦>>
■第7週
◆東海大62(31-7)21中央大(11月12日、秩父宮)
*東海10T6G(24)、中央3T3G(15)
+東海
◎LO4李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)
*写真左
Dscf2715
「4年になってコンタクト、ブレイクダウンで体を張ることに決めました。就職はラグビー部がない会社。時間があればクラブチームで続けることも」
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)

◆流通経済大22(10-21)28大東文化大
*流経大4T1G(21)、大東4T4G(21)
+流経大
◎PR金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)

◆拓殖大35(21-14)29関東学院大(前橋)
*拓殖5T5G(12)、関東4T3G1P(9)
+拓大
◎PR3具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)
◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高)

■第8週
◆法政大-日本大(江戸川)
*法政(8)、日本(5)
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎SO呉洸太(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)
+日大
◎PR金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB22金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)
*写真左後ろ
Dscf2871
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SH9李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
Dscf2838
「島津製作所/トップウェストBでラグビーを続けます」
◎LO4孫昇巳(ソン・スンギ、3年、大阪朝高)。1T
Dscf2798
Dscf2839
「上級生になってリーダーシップをつけないと自覚した。声を出すようになりました」
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

<<2016関西大学Aリーグ>>
■第6週
◆京都産業大57(19-0)0関西学院大(12日、宝が池)
*京都産業9T6G(3-2)、関学(1-4)
+京産大
◎FL7李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)1T
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB12金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)

◆同志社大75(19-10)10関西大
*同大11T10G(5-0)、関西1T1G1P(1-4)
+同大
◎PR1趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)

◆近畿大-摂南大(13日、天理親里)
*近大(2-2)、摂南(0-4)
+近大
◎PR朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

◆天理大-立命館大
*天理(4-0)、立命(2-2)

<<2016九州学生1部リーグ>>
■全国大学選手権決定戦(福岡大)
◆福岡工業大(1位)40(7-10)17福岡大(3位)
*福工6T、福大2T

■全国地区対抗選手権決定戦(博多の森補助)
◆鹿児島大(4)45(21-0)7日本文理大(5)
*鹿大7T、日文理1T

☆11月5日週☆
 関東大学対抗戦は6日に「明治大VS慶應大」「帝京大VS早稲田大」の4強対決を行った。
 明慶戦は後半35分まで慶應が29-14とリード。明治は35分、ゴール前中央でPKを得ると冷静にPGを選択し17-29へ。すると慶應が明治ゴールへ迫った39分、ターンオーバーからボールを受けたWTB11山村知也(1年)が90メートルを走り切りT、29-22とする。残り時間、明治は慶應ゴール前でスクラム、ラックで迫る。慶應は後半、ゴール前で反則を繰り返しておりレフリーから注意を受けていた。そして時計の時間で50分、認定Tとなり29-29、ゴールが決まり31-29で明治が5戦全勝を守った。
 帝京は早稲田にPGで2分先制された。すぐに戻り以降前半5、後半6Tの75-3で一蹴。全勝となり20日に明治を迎え全勝対決となった。早慶戦は23日だ。
 <<2016関東大学対抗戦>>
■第9週
◆帝京大75(35-3)3早稲田大(11月6日、秩父宮)
*帝京11T10G(5-0)、早稲田1P(4-1)
+帝京大
◎LO19金嶺志(キム・リョンジ、4年、東京朝高)
◎PR李翔鎬(リ・サンホ、4年、東京朝高)
◎SO金孝舜(キム・ヒョウスン、4年、東京朝高)
◎LO金廉(キム・リャン、3年、大阪朝高)
◎PR李成鏞(リ・ソンヨン、3年、東京朝高)
◎PR趙雄真(チョ・ウンジン、2年、東京朝高)
◎FL申賢志(シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)
◎FL下相悠(ピョン・サンユ、2年、大阪朝高)*下のーの上にˈ
◎LO慎昌徳(シン・チャンドッ、1年、東京朝高)
◎NO8文相太(ムン・サンテ、1年、東京朝高)
◎SO金基英(キム・ギヨン、1年、東京朝高)
◎CTB権泰錫(クォン・テソッ、1年、東京朝高)

◆明治大31(0-22)29慶應大
*明治4T4G1P(5-0)、慶應4T3G1P(3-2)
+明治大
◎HO朴成浩(パク・ソンホ、3年、大阪朝高)
◎PR安昌豪(アン・チャンホ、1年、大阪朝高)

◆筑波大46(24-7)14日本体育大(熊谷B)
*筑波8T3G(2-3)、日体2T2G(0-5)
+筑波
◎PR3崔凌也(チェ・ルンヤ、4年、東福岡高)

◆成蹊大21(7-3)3青山学院大
*成蹊3T3G(1-4)、青山1P(0-5)
+青山
◎FL崔玄祺(チェ・ヒョンギ、2年、東福岡高)

☆10月29日週☆
 関東大学リーグ戦1部は11月3日、上柚木競技場で「拓殖大VS日本大」「流通経済大VS中央大」2試合を行った。
 第1試合は拓大が試合開始2トライを奪われ12点のビハインドを負ったが前半20分のスクラムからのトライで強みを取り戻し前半5、後半6の計11トライで75-19で今季初勝利。
Dscf5767
 PR3具智元は「入替戦を避けたい。残りも勝つ」。スクラム前には「FW8人、8人(で組もう)」と鼓舞。前半40分にはランでトライを奪った。
Dscf5627
Dscf5681
Dscf5682

 2試合目、中大は後半27分まで22対17とリードしたが前半から流経大とのぶつかり体力を消耗し足が止まった。流経大が最後は4連続トライで41対2と逆転し5戦全勝。
Dscf5899
Dscf5911

 関東大学対抗戦は1週休み。11月6日(日)に4強の「帝京大VS早稲田大」「明治大VS慶應大」がある。
 リーグ戦は4戦全勝の東海大と大東文化大があたる。東海が28-7で下し5連勝。首位だ。
 関東学院大は法政大を後半、突き放し31-15で1勝目。
 全敗の拓殖大は11月3日(木・祝日)に日本大戦。

<<2016関東大学リーグ戦>
■第6週
◆東海大28(21-7)7大東文化大(10月30日、秩父宮)
**東海4T4G(20)、大東1T1G(17)
◎LO李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)
「4年になってコンタクト、ブレイクダウンで体を張ることに決めました。就職はラグビー部がない会社。時間があればクラブチームで続けることも」
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)

◆法政大15(0-5)31関東学院大(ニッパツ)
*法政3T(8)、関東5T3G(8)
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎SO呉洸太(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)

◆流通経済大41(10-17)22中央大(11月3日、上柚木)
*流経大7T3G(20)、中央4T1G(14)
+流経大
◎PR金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)

◆拓殖大75(33-12)19日本大
拓殖11T10G(8)、日本3T2G(5)
+拓大
◎PR3具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)、1T
◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高)
*+日大
◎PR金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB22金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SH9李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
「島津製作所/トップウェストBでラグビーを続けます」
◎LO4孫昇巳(ソン・スンギ、3年、大阪朝高)。1T
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

<<2016関西大学Aリーグ>
■第6週
◆京都産業大-関西学院大(12日、宝が池)
*京都産業(2-2)、関学(1-3)
+京産大
◎FL李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)1T
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)

◆同志社大-関西大
*同大(4-0)、関西(1-3)
+同大
◎PR1趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)

◆近畿大-摂南大(13日、天理親里)
*近大(2-2)、摂南(0-4)
+近大
◎PR朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

◆天理大-立命館大
*天理(4-0)、立命(2-2)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

16季最後、韓国ラグビー中高大会

<<2016年、第69回全国種別ラグビー選手権大会>>
 2016年韓国ラグビー界最後の試合となる「第69回全国種別ラグビー選手権大会」が11月16日(水)から20日(日)まで忠清南道禮山の公設運動場で行われる。
 一般・大学の参加は無く高校4、中学6校が出場する。

 高校は今季・春季リーグV、大統領慶煕大(キョンヒ)と忠武旗大会で2位(Vは全国体育大会含め今季3冠/富川北高)の白山高(ペクサン)が大会連覇を目指す。
 初戦の準決勝で春季と忠武旗3位/城南西高(ソンナムソ)が対抗馬だ。
 
 中学は、忠武旗大会で2位、大統領旗3位の)、城南西中(ソンナムソ)。1回戦で忠武旗大会3位の富川北中(プチョンプク)と一山東中(イルサンドン)があたり勝者が準決勝で城南西戦だ。
 もう一つの山は清州南中(チョンジュナム)と富城中(プソン)の争いか。
「2016韓国日程結果」をダウンロード

<<第69回全国種別ラグビー選手権大会>>
<高校>
■決勝戦(11月20日)

■準決勝戦(11月18日)
◆白新高(ペクシン)-城南西高(ソンナムソ)
*白新、城南西

◆天安五城高(チョンアンオソン)-裡里工業高(イリコンゴ)

<中学>
■決勝戦(11月20日)

■準決勝戦(11月18日)
◆{A}富城中(プソン)-1回戦勝者

◆{B}城南西中(ソンナムソ)-1回戦勝者

■1回戦(11月16日)
◆{A}清州南中(チョンジュナム)-蘭谷中(ナンゴック)

◆{B}富川北中(プチョンプク)-一山東中(イルサンドン)

<<参考/2015年、第68回全国種別ラグビー選手権大会>>
2015年韓国ラグビー界最後の試合となる「第68回全国種別ラグビー選手権大会」が11月13日(金)から19日(木)まで仁川市の仁川南洞アジアドラグビー場補助競技場で開催される。
 開催は2013年以来2年ぶりで前回と同様に一般・大学の参加は無く中学12、高校3校が出場する。

 中学は今季3冠のソウル大附属中が有力だ。ソウル大は春季/3月、忠武旗/4月、大統領旗/7月と覇権を手にした。準決勝までの同じヤマには養正中(ヤンジョン、春季3位、忠武旗2位)、培材(ペジェ、春季2位、全国少年優勝/5月)、富川北中(プチョンプク、春季3位、全国少年2位、前回種別2位/13年)、清州南中(チョンジュナム、忠武旗3位)がいる。
 もう一つのヤマには、全国少年3位、大統領旗2位と好調の延壽中(ヨンス)、富平中(プピョン、忠武旗3位)、城南西中(ソンナムソ、前回種別優勝/13年)らが争う。
 11月17日の準決勝で一山東中(イルサンドン)が延壽中(ヨンス)を44-19と一蹴し今季初Vへ王手をかければ2回戦でソウル大附属中を下した富川北中(プチョンプク)が養正中(ヤンジョン)を25-7と後半に突き放してこちらも初Vを目指す。
 15日の2回戦はソウル大附属中が後半14分から3連続Tで26-22と富川北中(プチョンプク)を逆転したが23分に富川から認定Tを奪われ27-26と再逆転、Gも決まり29-26でノーサイドとなった。
 養正中(ヤンジョン)は武珍中(ムジン)から12T8Gを奪い76-3で圧勝した。一山東中(イルサンドン)は蘭谷中(ナンゴック)を26-0でゼロ封、延壽中(ヨンス)も前回Vの城南西中(ソンナムソ)を最後1Tに抑え34-5でそれぞれ4強へ駒を進めた。
 11月13日の1回戦では、養正中(ヤンジョン)、富川北中(プチョンプク)、延壽中(ヨンス)、一山東中(イルサンドン)が勝ち8強入り。
 
 高校は1回戦(11月15日)で城南西高(ソンナムソ、前回種別優勝/13年)と白新高(ペクシン、春季3位、大統領旗3位)が戦った。前半は城南西が先制し白新が追う展開で19-26と白新がリード。後半に入ると白新CTB12李スンフンが2分、4分に連続T(G成功で)、19-40と点差を広げる。城南西も11,14分とFBペク・ジョンウンがTし29-40と迫る。しかし城南西の追撃はここまで。23分から白新がWTB14チェ・インジェなど3人がファイブポインターとなり29-57で決勝へ。
 決勝で富川北高(プチョンプク、春季2位、全国体育大会優勝、前回種別2位)と対戦する。

「15韓国日程結果」をダウンロード

<中学>
■決勝戦(11月19日)
◆富川北中(プチョンプク)-一山東中(イルサンドン)

■準決勝戦(11月17日)
◆{A}富川北中(プチョンプク)25(10-0)7養正中(ヤンジョン)
*富川5T、養正1T1G
*富川は前半23分にCTB9ヤン・ジュンチョルTで先制、3分後にはFBユ・ジホもファイブポインターで5点を加点する。後半も6分にWTB8金チャンヒョン、11分WTB11李ヨンジンがTし20-0と試合を決めた。養正は15分にようやく」FBピョン・ジョンヨンがTし7点を返した。

◆{B}一山東中(イルサンドン)44(27-5)19延壽中(ヨンス)
*一山7T3G1P、延壽3T2G
*一山が前半で試合を決めた。1分にCTB9金ジェウォンの先制Tで5-0とする。9分にはPR3アン・ジヨンがT、11分にもアンが2本目のT(GはCTB金成功)で17-0と差を広げた。15分に延壽CTB9チャ・ジェヨンのTで17-5とされたが18分にアンT、23分金PGと加点し27-5で前半を終えた。後半もアンの4本目、CTB金2本目Tなどで17点を奪い44-19と圧勝した。

■2回戦(11月16日)
{A}
◆養正中(ヤンジョン)76(29-3)3光州武珍中(カンジュ・ムジン)
*養正12T8G、武珍1P
◆富川北中(プチョンプク)29(15-7)26ソウル大附属中
*富川5T2G、ソウル4T3G
*ソウルは後半22-7とリードされた14分にCTB9金ジヒョンがT、GはSH6チェ・ジユンが成功し22-14へ。18分にはPR1チェ・ジフンのTで22-19と3点差とした。2分後、WTB8ホン・インジュンがTラインを越え22-24と逆転した。Gも決まり22-26へ。劣勢だった富川は最後、攻め続け認定Tを23分に奪い27-26と再逆転、GをCTB9ヤン・ジュンチョルが決め29-26で逃げ切った。

{B}
◆一山東中(イルサンドン)26(12-0)0蘭谷中(ナンゴク)
*一山4T3G
◆延壽中(ヨンス)57(26-19)29城南西中(ソンナムソ)
*延壽9T6G、城南西5T2G

■1回戦(11月13日)
{A}
◆①養正中(ヤンジョン)25(12-5)5 培材(ペジェ)
*養正3T1G2P、培材1T
◆②富川北中(プチョンプク)38(19-7)26清州南中(チョンジュナム)
*富川6T4G、清州南4T3G

{B}
◆③慶山中(キョンサン)15(15-7)36一山東中(イルサンドン)
*慶山2T1G1P、一山5T4G1P
◆④延壽中(ヨンス)7(0-5)5富平中(プピョン)
*延壽1T1G、富平1T

<高校>
■決勝戦(11月19日)
◆富川北高(プチョンプク)-白新高(ペクシン)

■1回戦(11月16日)
◆白新高(ペクシン)57(26-19)29城南西高(ソンナムソ)
*白新9T6G、城南西5T2G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2016

東京朝鮮高校2年連続、全国大会出場はならず。

12月に大阪・花園ラグビー場で開催される「第96回全国高校ラグビー大会」。

 11月6日、東京都予選(準決勝戦)4試合を行った(江戸川陸上競技場)。

  2年連続の全国大会出場と全国大会1勝を掲げてきた東京朝鮮高は第2地区準決勝。

 3年連続出場を狙う國學院久我山と対戦した。しかし得意のFW攻撃で得点を奪えず0対15で敗れ3位で終えた。
Dscf6081
Dscf6177

 もう1試合は明治大中野高が19対12で目黒学院を破った。
Dscf6205

 第1地区は早稲田実業46対0明治大中野八王子。
 先制せれた明大八王子がリスタートの8分から15分まで早実ゴール前でモール、ラックで攻めるも早実がターンオーバーしCTB13が自陣から走り切り追加点を奪った!
Dscf6016
Dscf6019

 東京高79対5都立北園高。
Dscf5960
 北園は公立学校として3年か4年ぶりに3位に。
Dscf5977

 決勝は11月13日に秩父宮ラグビー場で行う。
 東京高は昨年、決勝(第1地区)で久我山と12-12と引分。抽選で出場を逃した。勝てば2年ぶり出場。
 早実は決勝進出が第62大会(1982年)から34年ぶりとなる。勝てば第19回(昭和12年、1927年)以来、77大会ぶりの全国出場だ。

 久我山は3大会連続出場をかける。明大中野は第69回大会(89年)以来27年ぶりの出場を目指す。

<<第96回全国高校ラグビー大会東京都予選>>
<第1地区>
■準決勝(11月6日、江戸川)
◆東京高79(41-0)5都北園
*東京13T7G、北園1T

◆早稲田実業46(17-0)0明大中野八王子
*早実8T3G、明大八王子

■決勝(11月13日、秩父宮)
◆東京高-早稲田実業
*東京、早実

<第2地区>
■準決勝(11月6日、江戸川)
◆明治大中野19(14-0)12目黒学院
*明大中野3T2G、目黒2T1G

◆國學院久我山15(10-0)東京朝鮮高
*久我山3T

■決勝(11月13日、秩父宮)
◆國學院久我山-明治大中野
*久我山、明大中野

| | Comments (0) | TrackBack (0)

三菱、日野が全勝守る TE

2016年、国内ラグビー最強のトップリーグ(TL)が8月26日(金)に開幕した。
Dscf1586
 順位はこちらで「順位表」 
 今季は総当たり戦で行い、昨季までのリクシルカップ(順位決定トーナメント)は行わず、リーグ戦の順位で覇権を争う。
 勝点では昨季までの4トライ(T)以上+1のボーナスポイント(BP)が3T差以上の+1へ変更になった。

 また2017年からTL2ともいえる「TLチャレンジリーグ」が新設されることが8月19日に発表された。
☆2016年11月5-6日週☆
 TLは日本代表試合でウィンドウマウスで1カ月休止。
 TE、首位の三菱重工相模原が50-14栗田工業、2位日野自動車33-24ヤクルトで勝ち全勝を守った。3位釜石SWも61-18横河武蔵野で確保(1敗)。最下位争いのセコム対日本IBMはセコムが33-28で制しリーグ戦2年ぶりの白星をつかんだ。
<<TE>>
■第8週
◆三菱重工相模原50(21-14)14栗田工業(11月5日、栗田)
*8T5G(35)、栗田2T2G(22)
◎三菱重工相模原PR3成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕(大阪朝高・帝京大・06-13近鉄・14-三菱相模原),
◎栗田工業PR1金亨志(キム・ヒョンジ)(大阪朝高・12-15京産大)

◆日野自動車33(14-10)24ヤクルト(日野)
*日野5T4G(32)、ヤクルト3T3G1P(9)
◎日野自動車PR金光植(キム・グァンシク)김광식(慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC・14-15ホンダ)
◎日野自動車FL李淳也(リ・ジュンヤ)(常翔啓光学園・12-15天理大)
◎ヤクルトPR金弘泰(明治大、大阪朝高)

◆釜石SW61(21-10)18横河武蔵野(いわき)
*釜石9T8G(28)、横河2T1G2P(14)
◎釜石SW/PR許雄(ホ・ウン)허웅(大邱商苑高・延世大・08尚武・09-15NTTドコモ)
Dscf3229
「釜石のラグビーはシンプルで自分に合っている」
◎横河武蔵野LO5延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11横河)
Dscf2985
Dscf3051
「横河で過ごせてうれしい。感謝」
◎横河武蔵野SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル)조현철(大阪朝高・08同志社大)

◆セコム33(14-14)28日本IBM(6日、IBM)
*セコム5T4G(4)、IBM4T4G(1)

◆秋田NB49(29-14)26東京ガス(秋田)
*秋田8T3G1P(11)、ガス4T3G(15)

<<TW>>
■セカンドS第1週(11月5日)
◆NTTドコモ96(47-0)0大阪府警(瑞穂)
*ドコモ14T13G(30)、*府警(15)
◎NTTドコモLO朴淳彩(パク・スンチェ)박순채(仁川機械工高・慶煕大(キョンヒ)・尚武・ポスコ建設・12-13サントリー)
◎NTTドコモPR17張泰立育(チャン・テユク)(大阪朝鮮高・11まで関西学院大)
◎NTTドコモSO/CTB金勇輝(キム・ヨンヒ)(大阪朝鮮高・14まで法政大)

◆JR西日本41(19-7)21ユニチカ
*JR西7T3G(17)、ユニチカ3T3G(3)
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン)장화유(大阪朝鮮高・14まで同志社大)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・ガンギ)(大阪朝鮮高・14まで近畿大)

大阪ガス
大阪ガス(4)
◎大阪ガスFB高陽日(コウ・ヨンイル)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)
◎大阪ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)(大阪朝鮮高・大阪朝鮮高・14まで摂南大)
中部電力中部(15)

<<Tキュウシュウ>>
■第8週
◆九州電力12(12-7)7マツダ(29日、CCW広島)
*九電2T1G(25)、マツダ1T1G(24)
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン)남종성(大阪朝鮮高・14まで明治大)
◎マツダCTB李修平(リ・スピョン)이수평(大阪・日新高・大阪体育大・12六甲クラブ)
◎マツダPR高昊詞(コウ・ボサ、関東学院大)

◆中国電力69(24-0)0新日鐵八幡(30日、中国電)
*中国9T(29)、八幡(2)

◆三菱重工長崎42(29-12)19福岡銀行(長崎)
*長崎5T(9)、福岡3T(4)

JR九州
*JR九州(14)、

☆2016年10月29日-10月30日週☆
 TLは、前半最後の第9週。首位ヤマハは29日にコカ・コーラ戦。
 前半からFWが動き8T50-11で下し勝点43とし首位で折り返した。
 FW一列4人が日本代表としてアルゼンチン戦、欧州遠征に臨む。
 2位サントリーは30日にクボタと戦う。こちらも38-0で勝点5を加え42で追いかける。
 3位神戸は秩父宮でNEC戦(29日)。NECが一矢報いるか?
Dscf5265
Dscf5188
 NECがSO田村のPGで逆転し38-24で2006年季(27-24)以来、10年ぶり公式戦で勝った。
 4位パナは30日に地元・太田で織機とあたり60-7と一蹴し勝点34となり33神戸を抜いて3位に。
 不調・東芝はNTTコムにも敗れ初の公式戦5敗(21)で8位。5位はトヨタ自動車(29)、6位NTTコム(26)。
 以下リコー(19)、キヤノン(15)、NEC(15)、クボタ(15)、近鉄はホンダに敗れ12で13位。14位コーラ(8)。
 ホンダはSO朴成基が3G5Pをすべて成功21得点をあげ36-20で近鉄を制し1勝目、勝点6とし同じ勝点の豊田自動織機を得失点差で上回り15位、最下位を脱出。織機は16位に転落した。

 TEは、全勝同士の釜石SW対日野自動車。日野が27-14と接戦をものにして6連勝。
 TWは、優勝ほぼ確実のNTTドコモが大阪府警を74-0で圧勝し首位、Tキュウシュウはともに中国電力に敗れ1敗同士の九州電力とマツダがあたった。九電が12-7で勝ち2位になった。最終順位決定トーナメントでも優位にたつか。

<<2016TL第8週>>
■第9週(10月29日-10月30日)
◆ヤマハ50(31-6)11コカ・コーラ(29日、レベスタ)
*ヤマハ8T5G(43、+240)、コーラ1T2P(8、-167)

◆宗像サニックス5(5-21)35キヤノン(秩父宮)
*サニックス1T(21、-65)、キヤノン5T5G(15、-9)
*Dscf5091
*サニックス唯一のT、NO8新井
Dscf5043

*好調WTBエブリンハム
Dscf5038
◎宗像サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン)왕수영(三重・朝明高・大阪体育大3年中退・14末からサニックス)
「体が強く性格もよい。試合中、声も出ている」(藤井監督)
◎宗像サニックスPR申東ウォン(シン・ドンウォン)신동원ウォン=冫原(NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高
08-12福岡サニックス13-サントリー14-近鉄)、
「(代表から戻り)肩を手術したが、すでに復帰してゲームに出ている。3番はチーム内でも競争があるが勝ち抜く力はある」(藤井雄一郎監督)
◎宗像サニックスCTB権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁(慶山高、三重/朝明高・帝京大)
「今春、日本に帰化した。着実に成長」(藤井監督)

◆神戸24(12-32)38NEC(同)
*神戸4T2G(33、+107)、NEC4T3G4P(15、-47)
◎神戸製鋼LO5張碩煥(チャン・ソクファン)장석환(延世大・14-15尚武)。
Dscf5210
「コミュニケーションもとれるようになりました。きょうはタックルミスが多かった」
「ハードワークができる選手だ。(ラグビーの)理解も非常に早い。試合でのパフォーマンスもいいのでメンバー入りも期待できる」(ジム・マッケイHC)
◎神戸製鋼SH21梁正秋(リャン・ジョンチュ)량정추(大阪朝鮮高・14まで京都産業大)
「留学してプレーに自信がついた。大阪朝高の同期に負けないようにやっています」
「今春、南アに2カ月留学し成長して帰ってきた。オープン戦ではゲームキャプテンも任せた。先発かどうかはA英リス(NZ代表)との兼ね合いになる」(チーム関係者)
◎NEC/SH李明俊(イ・ミョンジュン)이명준(高麗大・15尚武)、
「チーム内で同じSH争いが厳しい。日本代表・SWの茂野や桜井と争う」

◆NTTコム34(20-10)29東芝(ニッパツ)
*コム4T4G1P1D(26、+20)、*東芝4T3G1P(21、-18)
◎NTTコミュニケーションズWTB諸葛彬(チェガル・ビン)제갈빈(ソウル大附属高・延世大・13尚武)
10/9のコーラ戦試合最後、後半39分に頭をうち脳震盪判定で交代。10月16日中も試合地・鳥取で入院している。
Dscf5196
「14番はDFが多くボールが回ってこない!11番の方がボールが来る。いまは両方できるように準備します」
「ビンにはWTB、CTBをプレーしてさらなる成長を期待している。先発かどうかチームでも激しいポジション争いになるだろう」(ロブ・ペニーHC)
◎NTTコミュニケーションズHO白隆尚(ハク・タカヨシ)(啓光学園・11まで帝京大)
◎NTTコミュニケーションズFL金正奎(キン・ショウケイ)(常翔啓光学園・13まで早稲田大)、ケガ治療
「日本代表、サンウルブズで成長して戻ってきた。3年目だが若い選手の追い上げに対し主将を任せてることからも金への期待が分かるでしょう」(ペニーHC)
「(サンウルブズでのケガから)順調に復帰をしている。11月くらいに試合に出たい」(金)

◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン)(東京朝鮮高・13まで帝京大)、
Dscf2147
「ケガで苦しんだ。力はある。努力をしてチャンスをつかみ活かすことを期待」(冨岡鉄平監督)
◎東芝PR金寛泰(キム・ガンテ)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)、
Dscf2148
「同じポジションに日本代表(三上、知念)がいて彼らよりもフィジカルが弱い。タックルは東芝のタックル、気持
ちのこもったタックルができる。本人にも話しているのでフィジカルを鍛えればレギュラーが見える」(冨岡監督)

◆トヨタ自動車20(15-3)16リコー(いわて)
*トヨタ3T1G1P(29、+74)、リコー1T1G3P(19、-44)

◆サントリー38(19-0)0クボタ(30日、駒沢)
*サントリー6T4G(42、+229)、クボタ(15、-114)
◎クボタLO5金昊範(キム・ホボム)김호범(檀国大・14尚武)
Dscf3365
「調子はいいです。チームからがセットプレーの安定性。ラインアウトのジャンプの高さ、DFの激しさなどを求められています」

◆パナソニック60(29-0)7豊田自動織機(太田)
*パナソニック9T6G1P(34、+155)、織機1T1G(6、-180)
◎パナソニックLO/FL劉永男(ユ・ヨンナム)유영남(仁川機械工高・檀国大・07尚武),
Dscf2625
「右ひざケガからのリハビリ中。11月に復帰したい。」
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン)(大阪朝鮮高・14まで帝京大)
◎豊田自動織機LO5鄭智弘(チョン・チホン)정지홍(大阪朝高・帝京大・05IBM・08サニックス・09-11NTTドコモ)、
Dscf2371
「1年でも長くできるように準備しています」
「しばらくケガで出ることができなかった。本人は年齢も自覚しており頑張っている」(丹羽雅也監督)
◎豊田自動織機WTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン)서길령(愛知朝鮮高・朝鮮大・07-14ヤマハ)
「今年(2月)、子供もできた。父親の自覚が出てきた。今は両足の治療中で復帰を期待」(丹羽監督)

◆近鉄20(13-20)36ホンダ(鴻池)
*近鉄2T2G2P(12、-46)、ホンダ3T3G5P(6、-134)
◎近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン)김철원(韓国/養正高・朝明高・06大阪体大)、後半1T
Dscf3354
「ケガ人が多く心配。先発できるようにチーム内競争で頑張る」
◎近鉄PR王鏡聞(ワン・キョンムン)왕경문(三重・朝明高-韓国・養正中・大阪体大)、
◎ホンダSO10朴成基(パク・ソンギ)박성기(大阪朝鮮高・14まで帝京大)。3G5P=21得点でMOMを獲得した
「いいです!私はJAPANになってもらいたいと思う選手。SOは小西主将と争うがメンバー入りをつかんで欲しい。SO、CTBで使うがSOをメインで考えたい」(藤本HC)
◎ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン)양영훈(富川北高・慶熙大・尚武・06まで大心通商)
「今季で日本でのプレーは最後にする。1試合1試合チームのために最善を尽くす」
「元気でやっている。10年目ということで期するものがあるようだ。自分がいるうちに若いSHを成長させたいと思ってくれている。山路や香山を教えている。試合ではリザーブスタートが多くなる」(藤本知明HC)
◎ホンダSO/CTB具智允(グ・ジユン)구지윤(日本文理高・12-15拓殖大)、
「ケガ治療中。ハートがあるプレーをする。腰が強いのが特徴。ケガから戻ればメンバー争いも」(藤本HC)
◎ホンダPR孫榮基(ソン・ヨンギ)송영기(延世大・15までポスコ建設)、
「今年入ったばかりでスクラムの組み方に少し苦しんでいる。しかしフィールドプレーではスピードがあり魅力。言葉が分からなくてもプレーを通じて貢献」(藤本HC)

<<TE>>
■第7週
◆釜石SW14(7-17)27日野自動車(29日、いわて)
*釜石2T2G(23)、日野3T3G2P(28)
◎釜石SW/PR3許雄(ホ・ウン)허웅(大邱商苑高・延世大・08尚武・09-15NTTドコモ)
Dscf3229
「釜石のラグビーはシンプルで自分に合っている」
◎日野自動車PR金光植(キム・グァンシク)김광식(慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC・14-15ホンダ)
◎日野自動車FL李淳也(リ・ジュンヤ)(常翔啓光学園・12-15天理大)

◆栗田78(38-5)12セコム(秩父宮)
*栗田12T9G(22)、セコム2T1G(0)
◎栗田工業PR1金亨志(キム・ヒョンジ)(大阪朝鮮高・12-15京産大)

三菱相模原、東京ガス(
*三菱(30)、ガス(15)
◎三菱重工相模原PR成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕(大阪朝高・帝京大・06-13近鉄・14-三菱相模原),
◆ヤクルト、日本IBM(IBM)
*ヤクルト(9)、IBM(0)
◎ヤクルトPR金弘泰(明治大、大阪朝高)

◆横河武蔵野、秋田NB
*横河(14)、秋田(6)
◎横河武蔵野LO5延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11横河)
Dscf2985
Dscf3051
「横河で過ごせてうれしい。感謝」
◎横河武蔵野SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル)조현철(大阪朝高・08同志社大)

<<TW>>
■第7週(10月29日)
◆NTTドコモ74(28-0)0大阪府警(JR西)
*ドコモ12T7G(25)、*府警(15)
◎NTTドコモLO4朴淳彩(パク・スンチェ)박순채(仁川機械工高・慶煕大(キョンヒ)・尚武・ポスコ建設・12-13サントリー)
◎NTTドコモPR3張泰立育(チャン・テユク)(大阪朝鮮高・11まで関西学院大)
◎NTTドコモSO/CTB金勇輝(キム・ヨンヒ)(大阪朝鮮高・14まで法政大)

◆ユニチカ39(26-14)42大阪ガス(同)
*ユニチカ6T3G1P(3)、大阪ガス6T6G(4)
◎大阪ガスFB15高陽日(コウ・ヨンイル)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)
◎大阪ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)(大阪朝鮮高・大阪朝鮮高・14まで摂南大)

◆JR西日本7-41中部電力(中部)
*JR(12)、中部(15)
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン)장화유(大阪朝鮮高・14まで同志社大)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・ガンギ)(大阪朝鮮高・14まで近畿大)

<<Tキュウシュウ>>
■第8週
◆九州電力12(12-7)7マツダ(29日、CCW広島)
*九電2T1G(25)、マツダ1T1G(24)
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン)남종성(大阪朝鮮高・14まで明治大)
◎マツダCTB13李修平(リ・スピョン)이수평(大阪・日新高・大阪体育大・12六甲クラブ)
◎マツダPR16高昊詞(コウ・ボサ、関東学院大)

◆中国電力69(24-0)0新日鐵八幡(30日、中国電)
*中国9T(29)、八幡(2)

◆三菱重工長崎42(29-12)19福岡銀行(長崎)
*長崎5T(9)、福岡3T(4)

JR九州
*JR九州(14)、

☆2016年10月22日-10月23日週☆
 10月23日(土)週は、TLが第8週。開幕7連勝首位(総勝点34)のヤマハは好調5位NTTコム戦(21)。
ヤマハが21-17で常にリードし逃げ切った勝点4を加え38に。コムは終了間際にT&Gで7点を加え勝点1を獲得した(6位、22)。
2位サントリー(32)は15位豊田自動織機から8T奪い52-15で一蹴し37となった。あたる。2試合は花園で22日。

 3位神戸(28)は20日にチームのレジェンドでGM平尾誠二さんが死去した。
Dscf5370
チームはTL制覇を平尾氏に贈りたい。まだ勝ち星が無い最下位ホンダ戦。
 37-24と勝利を平尾さんにささげた。勝点5で33とした。3位をキープした。

 ようやく波が戻って来たパナソニック(4位、24)は不調キヤノン(12位、10)とキヤノンの地元、町田で。パナが29-16。前半は8-10とリードされるもWTB11ナイヤボラが後半11,16分Tで逆転した。16分Tでハットトリック。勝点5を得て29とした(4位)。キヤノンは13位に落ちた。
 宗像サニックスは近鉄と対戦し20-15と接戦をものにして勝点21で7位。近鉄が12で11位。
 前週、NTTコムに敗れた6位トヨタ(20)は23日にTL初開催となる福井市で14位コカ・コーラ戦(8)。
 トヨタが8T57-3で圧勝し勝点25で5位に。
 不調の東芝はリコーに28-33で敗れ早くも4敗(勝点20)で8位だ。リコーは東芝と4勝4敗で並び勝点18で9位につけた。 
 
 TEは全勝、三菱相模原が11Tで73-14東京ガスとし総勝点30で首位、ヤクルト57-13日本IBMなど。
 TWは首位NTTドコモが中部電力(22日)を10T66-7と寄せ付けず。
 トップキュウシュウは1敗となった九州電力が福岡銀行戦。16T102-3で圧勝した。
 全勝同士の中国電力対マツダは九電を破り好調の中国電力が46-24で下し5連勝、首位を守った。

<<2016TL第8週>>
■第8週(10月22日-10月23日)
◆サントリー52(19-15)15豊田自動織機(22日、花園)
*サントリー8T6G(37、+191)、織機(6、-127)
◎豊田自動織機LO5鄭智弘(チョン・チホン)정지홍(大阪朝高・帝京大・05IBM・08サニックス・09-11NTTドコモ)、
◎豊田自動織機WTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン)서길령(愛知朝鮮高・朝鮮大・07-14ヤマハ)

◆ヤマハ21(14-7)17NTTコム(花園)
*ヤマハ3T3G(38、+201)、コム2T2G1P(22、+15)
◎NTTコミュニケーションズWTB諸葛彬(チェガル・ビン)제갈빈(ソウル大附属高・延世大・13尚武)
◎NTTコミュニケーションズHO白隆尚(ハク・タカヨシ)(啓光学園・11まで帝京大)
◎NTTコミュニケーションズFL金正奎(キン・ショウケイ)(常翔啓光学園・13まで早稲田大)、ケガ治療

◆神戸37(20-10)24ホンダ(鈴鹿)
*神戸6T2G1P(33、+121)、ホンダ3T3G1P(2、-150)
◎神戸製鋼LO5張碩煥(チャン・ソクファン)장석환(延世大・14-15尚武)。
◎神戸製鋼SH21梁正秋(リャン・ジョンチュ)량정추(大阪朝鮮高・14まで京都産業大)
◎ホンダSO朴成基(パク・ソンギ)박성기(大阪朝鮮高・14まで帝京大)。
◎ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン)양영훈(富川北高・慶熙大・尚武・06まで大心通商)
◎ホンダSO/CTB具智允(グ・ジユン)구지윤(日本文理高・12-15拓殖大)、
◎ホンダPR孫榮基(ソン・ヨンギ)송영기(延世大・15までポスコ建設)、
◎ホンダPR孫榮基(ソン・ヨンギ)송영기(延世大・15までポスコ建設)、

◆パナソニック29(8-10)16キヤノン(町田)
*パナソニック4T3G1P(29、+102)、キヤノン1T1G3P(10、-39)
◎パナソニックLO/FL劉永男(ユ・ヨンナム)유영남(仁川機械工高・檀国大・07尚武),
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン)(大阪朝鮮高・14まで帝京大)

◆宗像サニックス20(20-5)15近鉄(和歌山)
*サニックス3T1G1P(21、-35)、近鉄2T1G1P(12、-30)、
◎宗像サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン)왕수영(三重・朝明高・大阪体育大3年中退・14末からサニックス)
◎宗像サニックスPR申東ウォン(シン・ドンウォン)신동원ウォン=冫原(NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高
08-12福岡サニックス13-サントリー14-近鉄)、
◎宗像サニックスCTB権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁(慶山高、三重/朝明高・帝京大)
◎近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン)김철원(韓国/養正高・朝明高・06大阪体大)、後半1T
◎近鉄PR王鏡聞(ワン・キョンムン)왕경문(三重・朝明高-韓国・養正中・大阪体大)、

◆トヨタ自動車57(29-3)3コカ・コーラ(日、熊谷陸上)
*トヨタ8T7G1P(25、+69)、コーラ1P(8、-128)

◆東芝28(7-12)33リコー(広島)
*東芝4T4G(20、-13)、リコー5T4G(18、-40)
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン)(東京朝鮮高・13まで帝京大)、
◎東芝PR金寛泰(キム・ガンテ)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)、

◆クボタ15(0-15)15NEC(新潟)
*クボタ2T1G1P(15、-76)、NEC2T1G1P(11、-34)
◎クボタLO金昊範(キム・ホボム)김호범(檀国大・14尚武)
◎NEC/SH李明俊(イ・ミョンジュン)이명준(高麗大・15尚武)、

<<TE>>
■第6週
◆三菱相模原73(40-14)14東京ガス(22日、三菱)
*三菱11T9G(30)、ガス2T2G(15)
◎三菱重工相模原PR成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕(大阪朝高・帝京大・06-13近鉄・14-三菱相模原),

◆ヤクルト57(17-3)13日本IBM(IBM)
*ヤクルト9T6G(9)、IBM1T1G2P(0)
◎ヤクルトPR3金弘泰(明治大、大阪朝高)

◆横河武蔵野31(14-20)30秋田NB(23日、秋田)
*横河5T3G(14)、秋田4T2G2P(6)
◎横河武蔵野LO5延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11横河)
◎横河武蔵野SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル)조현철(大阪朝高・08同志社大)

◆日野自動車*日野(24)、
◎日野自動車PR金光植(キム・グァンシク)김광식(慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC・14-15ホンダ)
◎日野自動車FL李淳也(リ・ジュンヤ)(常翔啓光学園・12-15天理大)

◆釜石、セコム
*釜石(23)、セコム(0)
◎釜石SW/PR許雄(ホ・ウン)허웅(大邱商苑高・延世大・08尚武・09-15NTTドコモ)

◆栗田*栗田(17)
◎栗田工業PR金亨志(キム・ヒョンジ)(大阪朝鮮高・12-15京産大)

<<TW>>
■第6週(10月22日)
◆NTTドコモ66(33-0)7-中部電力(鈴鹿)
*ドコモ10T8G(20)、中部1T1G(10)
◎NTTドコモLO4朴淳彩(パク・スンチェ)박순채(仁川機械工高・慶煕大(キョンヒ)・尚武・ポスコ建設・12-13サントリー)1T
◎NTTドコモPR3張泰立育(チャン・テユク)(大阪朝鮮高・11まで関西学院大)
◎NTTドコモSO/CTB金勇輝(キム・ヨンヒ)(大阪朝鮮高・14まで法政大)

◆大阪府警、大阪ガス
*府警(15)、ガス(0)
◎大阪ガスFB高陽日(コウ・ヨンイル)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)
◎大阪ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)(大阪朝鮮高・大阪朝鮮高・14まで摂南大)

◆JR西日本、ユニチカ
*JR(12)、ユニチカ(2)
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン)장화유(大阪朝鮮高・14まで同志社大)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・ガンギ)(大阪朝鮮高・14まで近畿大)

<<Tキュウシュウ>>
■第7週
◆九州電力102(36-3)3福岡銀行(23日、九電)
*九電16T(21)、福岡1P(4)

◆中国電力46(17-10)24マツダ(広島CW)
*中国7T(24)、マツダ3T(20)
◎マツダLO4南宗成(ナム・ジョンソン)남종성(大阪朝鮮高・14まで明治大)1T
◎マツダCTB12李修平(リ・スピョン)이수평(大阪・日新高・大阪体育大・12六甲クラブ)
◎マツダPR16高昊詞(コウ・ボサ、関東学院大)

◆JR九州52(40-5)5新日鐵八幡(本城)
*JR九州8T(14)、八幡1T(2)

◆三菱重工長崎
*長崎(4)

☆2016年10月15日-10月17日週☆
 10月15日(土)週は、TLが第7週。開幕6連勝首位(総勝点29)のヤマハは最下位まだ勝利が無いホンダ戦(15日)を地元で戦った。7T奪い47-25で勝ち7連勝(34)で首位。
 同じく全勝2位サントリー(27)はNECを33-14、5Tで7連勝(32)でヤマハを追いかける。
 下剋上が起きた。6位東芝(19)は豊田自動織機(2)に前半からリードを奪われた。後半35分、TとGで22-20と逆転するも最後のプレーで織機・松井がサヨナラTし27-22で初勝利をあげた。東芝7位に。
 3位神戸はキヤノン(16日)。4位パナソニックは14位コーラ戦。神戸は6T44-25で下し勝点5を得た。パナも前半からコーラDFを切り崩し7T45-12で勝点5を得て3-4位は変わらず。
*熊谷陸上競技場で行われた試合
①会場周辺ではにぎやかに屋台・イベントを開催
Dscf4518
Dscf4526

②地元・埼玉の埼玉工大深谷高OBパナNO8ホリニがT
Dscf4632
③T後のGも深谷高(筑波大4年で今季パナ加入)のSO山沢が決める
Dscf4633

 NTTコムが19-13トヨタ自動車を制した。コムが5位(21)、トヨタ6位(20)。8位サニックス(17)、9位リコー(14)、10位クボタ(13)、11位近鉄(11)、12位キヤノン(10)、13位NEC(9)、14位コーラ(8)、15位織機(6)、依然ホンだが未勝利で(2)と最下位。来季、TW降格の危機だ。

 TEは三菱相模原VSヤクルトを43-28で下し5連勝(25)で首位安泰、日野自動車も69-3横河武蔵野、釜石SWは80-12セコムと下位チームから勝点5を奪った。

<<2016TL第7週>>
■第7週(10月15日-10月16日)
◆サントリー33(19-0)14NEC(15日、柏)
*サントリー5T4G(32、+154)、NEC2T2G(9、-34)
◎NEC/SH李明俊(イ・ミョンジュン)이명준(高麗大・15尚武)、
「チーム内で同じSH争いが厳しい。日本代表・SWの茂野や桜井と争う」

◆ヤマハ47(26-6)25ホンダ(ヤマハ)
*ヤマハ7T6G(34、+197)、ホンダ3T2G2P(2、-137)
◎ホンダSO10朴成基(パク・ソンギ)박성기(大阪朝鮮高・14まで帝京大)。
◎ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン)양영훈(富川北高・慶熙大・尚武・06まで大心通商)
◎ホンダSO/CTB具智允(グ・ジユン)구지윤(日本文理高・12-15拓殖大)、
◎ホンダPR孫榮基(ソン・ヨンギ)송영기(延世大・15までポスコ建設)、

◆宗像サニックス27(14-14)28クボタ(花園)
*サニックス4T2G1P(17、-40)、クボタ4T4G(13、-76)
◎宗像サニックスCTB11王授榮(ワン・スヨン)왕수영(三重・朝明高・大阪体育大3年中退・14末からサニックス)
「体が強く性格もよい。試合中、声も出ている」(藤井監督)
◎宗像サニックスPR申東ウォン(シン・ドンウォン)신동원ウォン=冫原(NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高
08-12福岡サニックス13-サントリー14-近鉄)、
◎宗像サニックスCTB権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁(慶山高、三重/朝明高・帝京大)
◎クボタLO金昊範(キム・ホボム)김호범(檀国大・14尚武)

◆近鉄24(17-7)31リコー
*近鉄3T3G1P(11、-25)、リコー5T3G(14、-45)
◎近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン)김철원(韓国/養正高・朝明高・06大阪体大)、後半1T
「ケガ人が多く心配。先発できるようにチーム内競争で頑張る」
◎近鉄PR王鏡聞(ワン・キョンムン)왕경문(三重・朝明高-韓国・養正中・大阪体大)、

◆東芝22(5-17)27豊田自動織機(刈谷)
*東芝3T2G1P(19、-8)、織機3T3G2P(6、-90)
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン)(東京朝鮮高・13まで帝京大)、
◎東芝PR金寛泰(キム・ガンテ)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)、
◎豊田自動織機LO5鄭智弘(チョン・チホン)정지홍(大阪朝高・帝京大・05IBM・08サニックス・09-11NTTドコモ)、前半先制T演出
「1年でも長くできるように準備しています」
◎豊田自動織機WTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン)서길령(愛知朝鮮高・朝鮮大・07-14ヤマハ)
「今年(2月)、子供もできた。父親の自覚が出てきた。今は両足の治療中で復帰を期待」(丹羽監督)

◆トヨタ自動車13(7-7)19NTTコム(16日、熊谷陸上)
*トヨタ1T1G2P(20、+15)、コム3T2G(21、+19)
*トヨタ前半のT
Dscf4554

◎NTTコミュニケーションズWTB諸葛彬(チェガル・ビン)제갈빈(ソウル大附属高・延世大・13尚武)
◎NTTコミュニケーションズHO白隆尚(ハク・タカヨシ)(啓光学園・11まで帝京大)
◎NTTコミュニケーションズFL金正奎(キン・ショウケイ)(常翔啓光学園・13まで早稲田大)、ケガ治療

◆パナソニック45(26-7)12コカ・コーラ
*パナソニック7T5G(24、+89)、コーラ2T1G(8、-74)
*パナWTB14北川は前半1TでTL通算99T。100Tは達成できず
Dscf4665
◎パナソニックLO/FL劉永男(ユ・ヨンナム)유영남(仁川機械工高・檀国大・07尚武),
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン)(大阪朝鮮高・14まで帝京大)

◆神戸44(30-13)25キヤノン(大分)
*神戸6T4G2P(28、+108)、キヤノン3T2G2P(10、-26)
◎神戸製鋼LO5張碩煥(チャン・ソクファン)장석환(延世大・14-15尚武)。
◎神戸製鋼SH梁正秋(リャン・ジョンチュ)량정추(大阪朝鮮高・14まで京都産業大)

<<TE>>
■第5週
◆三菱相模原43(17-21)28ヤクルト(15日、三菱)
*三菱7T4G(25)、ヤクルト4T4G(4)
◎三菱重工相模原PR成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕(大阪朝高・帝京大・06-13近鉄・14-三菱相模原),
◎ヤクルトPR3金弘泰(明治大、大阪朝高)

◆日野自動車69(31-3)3横河武蔵野(16日、日野)
*日野10T8G1P(24)、横河1P(10)
◎日野自動車PR金光植(キム・グァンシク)김광식(慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC・14-15ホンダ)
◎日野自動車FL李淳也(リ・ジュンヤ)(常翔啓光学園・12-15天理大)
◎横河武蔵野LO延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11横河)
Dscf2985
Dscf3051
「横河で過ごせてうれしい。感謝」
◎横河武蔵野SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル)조현철(大阪朝高・08同志社大)

◆釜石80(52-0)12セコム(セコム)
*釜石12T10G(23)、セコム2T1G(0)
◎釜石SW/PR3許雄(ホ・ウン)허웅(大邱商苑高・延世大・08尚武・09-15NTTドコモ)
Dscf3229
「釜石のラグビーはシンプルで自分に合っている」

◆東京ガス67(38-8)22日本IBM(IBM)
*ガス11T6G(15)、IBM3T2G1P(0)

◆栗田41(17-8)20秋田NB(栗田)
*栗田7T3G(17)、秋田3T1G1P(5)
◎栗田工業PR1金亨志(キム・ヒョンジ)(大阪朝鮮高・12-15京産大)

<<TW>>
■第5週(10月15日)
◆大阪府警49(28-0)5大阪ガス(ガス)
*府警7T7G(15)、ガス1T(0)
◎大阪ガスFB15高陽日(コウ・ヨンイル)(大阪朝鮮高・14まで関西学院大)
◎大阪ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)(大阪朝鮮高・大阪朝鮮高・14まで摂南大)

◆JR西日本26(5-10)20ユニチカ(宝が池)
*JR4T3G(12)、ユニチカ2T2G2P(2)
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン)장화유(大阪朝鮮高・14まで同志社大)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・ガンギ)(大阪朝鮮高・14まで近畿大)

■第6週(10月22日)
◆NTTドコモ-中部電力(鈴鹿)
*ドコモ(15)、中部(10)
◎NTTドコモLO朴淳彩(パク・スンチェ)박순채(仁川機械工高・慶煕大(キョンヒ)・尚武・ポスコ建設・12-13サントリー)
◎NTTドコモPR張泰立育(チャン・テユク)(大阪朝鮮高・11まで関西学院大)
◎NTTドコモSO/CTB金勇輝(キム・ヨンヒ)(大阪朝鮮高・14まで法政大)

<<Tキュウシュウ>>
■第6週
◆JR九州39(12-14)14福岡銀行(16日、グローバルA)
*JR九州7T(9)、福岡2T(4)

◆新日鉄八幡35(7-19)38三菱重工長崎
*八幡5T(2)、長崎5T(4)

◆九州電力、中国電力*九電(16)、中国(19)

*マツダ(20)
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン)남종성(大阪朝鮮高・14まで明治大)
◎マツダCTB李修平(リ・スピョン)이수평(大阪・日新高・大阪体育大・12六甲クラブ)
◎マツダPR高昊詞(コウ・ボサ、関東学院大)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明治が慶應に劇的逆転勝利、帝京は早稲田を軽く一蹴。関東大学対抗戦

2016年の国内大学ラグビーリーグ。
 大学選手権8連覇を狙う王者・帝京大は春季大会から好調。
 関東対抗戦では明治大、筑波大(SO山沢のパナソニック加入で戦力ダウン)、リーグ戦の東海大、流通経済大に好調な大東文化大。さらに関西から京都産業大、天理大に同志社大が打倒・帝京大なるか?

☆11月5日週☆
 関東大学対抗戦は6日に「明治大VS慶應大」「帝京大VS早稲田大」の4強対決を行った。
 明慶戦は後半35分まで慶應が29-14とリード。明治は35分、ゴール前中央でPKを得ると冷静にPGを選択し17-29へ。すると慶應が明治ゴールへ迫った39分、ターンオーバーからボールを受けたWTB11山村知也(1年)が90メートルを走り切りT、29-22とする。残り時間、明治は慶應ゴール前でスクラム、ラックで迫る。慶應は後半、ゴール前で反則を繰り返しておりレフリーから注意を受けていた。そして時計の時間で50分、認定Tとなり29-29、ゴールが決まり31-29で明治が5戦全勝を守った。
 帝京は早稲田にPGで2分先制された。すぐに戻り以降前半5、後半6Tの75-3で一蹴。全勝となり20日に明治を迎え全勝対決となった。早慶戦は23日だ。
 <<2016関東大学対抗戦>>
■第9週
◆帝京大75(35-3)3早稲田大(11月6日、秩父宮)
*帝京11T10G(5-0)、早稲田1P(4-1)
+帝京大
◎LO19金嶺志(キム・リョンジ、4年、東京朝高)
Dscf4978
Dscf4935

◎PR李翔鎬(リ・サンホ、4年、東京朝高)
◎SO金孝舜(キム・ヒョウスン、4年、東京朝高)
◎LO金廉(キム・リャン、3年、大阪朝高)
◎PR李成鏞(リ・ソンヨン、3年、東京朝高)
◎PR趙雄真(チョ・ウンジン、2年、東京朝高)
◎FL申賢志(シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)
◎FL下相悠(ピョン・サンユ、2年、大阪朝高)*下のーの上にˈ
◎LO慎昌徳(シン・チャンドッ、1年、東京朝高)
◎NO8文相太(ムン・サンテ、1年、東京朝高)
◎SO金基英(キム・ギヨン、1年、東京朝高)
◎CTB権泰錫(クォン・テソッ、1年、東京朝高)

◆明治大31(0-22)29慶應大
*明治4T4G1P(5-0)、慶應4T3G1P(3-2)
+明治大
◎HO朴成浩(パク・ソンホ、3年、大阪朝高)
◎PR安昌豪(アン・チャンホ、1年、大阪朝高)

◆筑波大46(24-7)14日本体育大(熊谷B)
*筑波8T3G(2-3)、日体2T2G(0-5)
+筑波
◎PR3崔凌也(チェ・ルンヤ、4年、東福岡高)
Dscf3455

◆成蹊大21(7-3)3青山学院大
*成蹊3T3G(1-4)、青山1P(0-5)
+青山
◎FL崔玄祺(チェ・ヒョンギ、2年、東福岡高)

☆10月29日週☆
 関東大学リーグ戦1部は11月3日、上柚木競技場で「拓殖大VS日本大」「流通経済大VS中央大」2試合を行った。
 第1試合は拓大が試合開始2トライを奪われ12点のビハインドを負ったが前半20分のスクラムからのトライで強みを取り戻し前半5、後半6の計11トライで75-19で今季初勝利。
Dscf5767
 PR3具智元は「入替戦を避けたい。残りも勝つ」。スクラム前には「FW8人、8人(で組もう)」と鼓舞。前半40分にはランでトライを奪った。
Dscf5627
Dscf5681
Dscf5682

 2試合目、中大は後半27分まで22対17とリードしたが前半から流経大とのぶつかり体力を消耗し足が止まった。流経大が最後は4連続トライで41対2と逆転し5戦全勝。
Dscf5899
Dscf5911

 関東大学対抗戦は1週休み。11月6日(日)に4強の「帝京大VS早稲田大」「明治大VS慶應大」がある。
 リーグ戦は4戦全勝の東海大と大東文化大があたる。東海が28-7で下し5連勝。首位だ。
 関東学院大は法政大を後半、突き放し31-15で1勝目。
 全敗の拓殖大は11月3日(木・祝日)に日本大戦。

<<2016関東大学リーグ戦>
■第6週
◆東海大28(21-7)7大東文化大(10月30日、秩父宮)
**東海4T4G(20)、大東1T1G(17)
◎LO李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)
*写真左
Dscf2715
「4年になってコンタクト、ブレイクダウンで体を張ることに決めました。就職はラグビー部がない会社。時間があればクラブチームで続けることも」
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)

◆法政大15(0-5)31関東学院大(ニッパツ)
*法政3T(8)、関東5T3G(8)
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎SO呉洸太(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)

◆流通経済大41(10-17)22中央大(11月3日、上柚木)
*流経大7T3G(20)、中央4T1G(14)
+流経大
◎PR金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)

◆拓殖大75(33-12)19日本大
拓殖11T10G(8)、日本3T2G(5)
+拓大
◎PR3具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)、1T
◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高)
*+日大
◎PR金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB22金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)
*写真左後ろ
Dscf2871
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SH9李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
Dscf2838
「島津製作所/トップウェストBでラグビーを続けます」
◎LO4孫昇巳(ソン・スンギ、3年、大阪朝高)。1T
Dscf2798
Dscf2839
「上級生になってリーダーシップをつけないと自覚した。声を出すようになりました」
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

<<2016関西大学Aリーグ>
■第6週
◆京都産業大-関西学院大(12日、宝が池)
*京都産業(2-2)、関学(1-3)
+京産大
◎FL李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)1T
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)

◆同志社大-関西大
*同大(4-0)、関西(1-3)
+同大
◎PR1趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)

◆近畿大-摂南大(13日、天理親里)
*近大(2-2)、摂南(0-4)
+近大
◎PR朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

◆天理大-立命館大
*天理(4-0)、立命(2-2)

☆10月22日週☆
 10月22日(土)週は、関東大学対抗戦、王者・帝京大に全勝の慶應大が挑戦した(42-33で帝京勝利)。
Dscf5012
Dscf4909

 慶應が医学部SO古田の先制Tでリードする。
Dscf4896
 帝京は動ぜず、慶應陣内のラインアウトからモールを組みHO堀越がTラインを越えるとSO松田が同点G、さらに堀越のTなど14点を加え21-10で折り返した。
Dscf4955

 後半も2分に堀越の3つ目T等で加点。慶應は残り10分で2T返したが42-1で帝京が振り切り開幕4連勝とした。
 同じく全勝の明治大は成蹊大に70-0、早稲田大が青山学院大48-19とし4連勝だ。
 4強は11月6日に帝京-早稲田、明治-慶應戦だ。
 
 関東リーグ戦は流通経済大が13Tで81-14関東学院大、大東文化大48-35拓殖大でともに4連勝となった。
 
 関西リーグ戦は全勝の天理大54-5近畿大、おなじく同志社大45-17関西学院大で4連勝だ。 

 <<2016関東大学対抗戦>>
■第7週
◆帝京大42(21-10)31慶應大(23日、秩父宮)
*帝京6T6G(4-0)、慶應4T4G1P(3-1)
+帝京大
◎LO5金嶺志(キム・リョンジ、4年、東京朝高)、ラインアウト、モールの核になった
Dscf4978
Dscf4935

◎PR李翔鎬(リ・サンホ、4年、東京朝高)
◎SO金孝舜(キム・ヒョウスン、4年、東京朝高)
◎LO金廉(キム・リャン、3年、大阪朝高)
◎PR李成鏞(リ・ソンヨン、3年、東京朝高)
◎PR趙雄真(チョ・ウンジン、2年、東京朝高)
◎FL申賢志(シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)
◎FL下相悠(ピョン・サンユ、2年、大阪朝高)*下のーの上にˈ
◎LO慎昌徳(シン・チャンドッ、1年、東京朝高)
◎NO8文相太(ムン・サンテ、1年、東京朝高)
◎SO金基英(キム・ギヨン、1年、東京朝高)
◎CTB権泰錫(クォン・テソッ、1年、東京朝高)

◆早稲田大48(17-7)19青山学院大(上柚木)
*早稲田8T4G(4-0)、青山3T2G(0-4)
+青山
◎FL崔玄祺(チェ・ヒョンギ、2年、東福岡高)

◆明治大70(35-0)0成蹊大
*明治10T10G(4-0)、成蹊(0-4)
+明治大
◎HO朴成浩(パク・ソンホ、3年、大阪朝高)
◎PR安昌豪(アン・チャンホ、1年、大阪朝高)

日本体育大、、日体(0-4)
筑波大、筑波(1-3)
+筑波
◎PR崔凌也(チェ・ルンヤ、4年、東福岡高)
Dscf3455

<<2016関東大学リーグ戦>
■第5週
◆流通経済大81(26-7)14関東学院大(10月23日、秩父宮)
*流経大13T8G(16)、関東(0)
+流経大
◎PR金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)

◆大東文化大48(24-21)35拓殖大(熊谷B)
*大東8T4G(16)、拓殖5T5G(4)
+拓大
◎PR3具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)、前半1T
◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高)

中央大、日本大
*中央(13)、日本(4)
+日大
◎PR金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)
*写真左後ろ
Dscf2871
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SH李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
Dscf2838
「島津製作所/トップウェストBでラグビーを続けます」
◎LO孫昇巳(ソン・スンギ、3年、大阪朝高)
Dscf2798
Dscf2839
「上級生になってリーダーシップをつけないと自覚した。声を出すようになりました」
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

◆東海大、法政大
*東海(16)、法政(7)
◎LO李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)
*写真左
Dscf2715
「4年になってコンタクト、ブレイクダウンで体を張ることに決めました。就職はラグビー部がない会社。時間があればクラブチームで続けることも」
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR1李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎SO呉洸太(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)

<<2016関西大学Aリーグ>
■第5週(10月23日)
◆京都産業大64(31-14)14関西大(宝が池)
*京都産業9T8G1P(2-2)、関西2T2G(1-3)
+京産大
◎FL7李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)1T
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)

◆立命館大34(17-7)29摂南大
*立命5T3G1P(2-2)、摂南5T2G(0-4)
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

◆天理大54(35-0)5近畿大(花園)
*天理8T7G(4-0)、近大1T(2-2)
+近大
◎PR朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)

◆同志社大45(26-3)17関西学院大
*同大7T5G(4-0)、関学2T2G1P(1-3)
+同大
◎PR1趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)

☆10月15日週以前☆
 10月15日(土)週は、関東大学対抗戦でこれまで1勝の筑波大が明治大戦。明治が48-24で下し筑波は大学選手権は絶望的だ。リーグ戦は休み。
 関西リーグ戦は立命館大VS京都産業大など2試合。京都産業が44-26で制した。同志社大は38-21近畿大。

 10月8日(土)からは関東大学が第5週。王者・帝京大は青山学院大と17T111-0で圧勝。
 関東リーグ戦は10日に3連勝の東海大と法政大戦も東海12T78-0で勝利。
 関西リーグ戦は第3週、天理大と関西学院大が当たる。天理が10T70-7といずれも強豪が大勝した
 
 10月1日(土)からは関東大学が第4週。大学選手権出場にもう負けれらない筑波大が早稲田大と。
昨年45-25で筑波が勝った、しかし2日の試合は早稲田がブレークダウンの激しさと1年生ハーフ団のゲームコントロールが活き7T46-12でリベンジした。
Dscf3517
慶應大は成蹊大を13T10G85-3と一蹴し連勝。筑波は1勝2敗で今後、明大、帝京大に勝たないと大学選手権出場を逸する。
 リーグ戦では拓殖大が東海大に挑むも8T奪われ10-52で敗北。3連敗。
 流通経済大も9T6G57-26で法政大を下し3連勝した。
 関西リーグ戦は第2週。同志社大、天理大、近畿大が連勝した

 <<2016関東大学対抗戦>>
■第6週
◆早稲田大45(26-14)40日本体育大(10月16日、高崎)
*早稲田7T5G、日体6T5G

◆明治大48(20-14)25筑波大
*明治6T6G、筑波4T4G
+明治大
◎HO16朴成浩(パク・ソンホ、3年、大阪朝高)、後半から
◎PR安昌豪(アン・チャンホ、1年、大阪朝高)
+筑波
◎PR3崔凌也(チェ・ルンヤ、4年、東福岡高)
■第5週
◆帝京大111(54-0)0青山学院大(10月9日、帝京大G)
*帝京17T13G、青山0
+青山
◎FL崔玄祺(チェ・ヒョンギ、2年、東福岡高)
+帝京大
◎LO5金嶺志(キム・リョンジ、4年、東京朝高)、2T
◎PR李翔鎬(リ・サンホ、4年、東京朝高)
◎SO金孝舜(キム・ヒョウスン、4年、東京朝高)
◎LO19金廉(キム・リャン、3年、大阪朝高)
◎PR李成鏞(リ・ソンヨン、3年、東京朝高)
◎PR趙雄真(チョ・ウンジン、2年、東京朝高)
◎FL申賢志(シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)
◎FL下相悠(ピョン・サンユ、2年、大阪朝高)*下のーの上にˈ
◎LO慎昌徳(シン・チャンドッ、1年、東京朝高)
◎NO8文相太(ムン・サンテ、1年、東京朝高)
◎SO金基英(キム・ギヨン、1年、東京朝高)
◎CTB権泰錫(クォン・テソッ、1年、東京朝高)

◆慶應大55(17-0)0日本体育大(慶應大)
*慶應9T5G、日体0
+日体
◎SH韓壮享(ハン・ツヒャン1年、東京朝高)
+明治大
◎HO朴成浩(パク・ソンホ、3年、大阪朝高)
◎PR安昌豪(アン・チャンホ、1年、大阪朝高)

■第4週
◆慶應大85(50-0)7成蹊大(10月2日、秩父宮)
*慶應13T10G、成蹊1T1G

◆早稲田大46(24-0)12筑波大(同)
*早稲田7T4G1P、筑波2T1G
*筑波はモールで押し2T目
Dscf3507
Dscf3508
+筑波
◎PR3崔凌也(チェ・ルンヤ、4年、東福岡高)
「後半は激しくいくことができたが」

<<2016関東大学リーグ戦>
■第5週
◆流通経済大-関東学院大(10月23日、秩父宮)
*流経大(12)、関東(3)
+流経大
◎PR金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)

◆大東文化大-拓殖大(熊谷B)
*大東(12)、拓殖(3)
+拓大
◎PR具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)
◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高

■第4週
◆中央大36(15-14)14日本大(10月10日、上柚木)
*中央5T3G1P(13)、日本2T2G(4)
+日大
◎PR1金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SH9李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
「島津製作所/トップウェストBでラグビーを続けます」
◎LO4孫昇巳(ソン・スンギ、3年、大阪朝高)
「上級生になってリーダーシップをつけないと自覚した。声を出すようになりました」
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

◆東海大78(40-0)0法政大
*東海12T7G(16)、法政(7)
◎LO4李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)
「4年になってコンタクト、ブレイクダウンで体を張ることに決めました。就職はラグビー部がない会社。時間があればクラブチームで続けることも」
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR1李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎SO呉洸太(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)

■第3週
◆東海大52(28-5)10拓殖大(10月1日、秋葉大)
*東海8T6G(12)、拓殖2T(3)
+東海
◎LO4李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)1T
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)
+拓大
◎PR3具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)
◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高

◆大東文化大68(42-7)14日本大(2日、足利)
*大東10T9G(12)、日本2T2G(3)
+日大
◎PR1金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)
◎SH9李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
◎LO4孫昇巳(ソン・スンギ、3年、大阪朝高)
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

◆流通経済大57(26-7)26法政大(同)
*流経大9T6G(12)、法政4T3G(6)
+流経大
◎PR18金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎SO呉洸太(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)

◆中央大38(10-22)29関東学院大(熊谷B)
*中央5T5G1P(9)、関東4T3G1P(3)

<<2016関西大学Aリーグ>
■第4週(10月16日、宝が池)
◆立命館大26(12-13)44京都産業大
*立命4T3G、京都産業6T3G2P
+京産大
◎FL7李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)T
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)

◆同志社大38(19-7)21近畿大
*同大6T4G、近大3T3G
+同大
◎PR1趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)
+近大
◎PR朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)

■第3週
◆関西大26(12-12)24摂南大(10月9日、鶴見)
*関西4T3G、摂南4T2G
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

◆天理大70(49-0)7関西学院大
*天理10T10G、関学1T1G
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB12金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)

■第2週
◆天理大40(14-7)24京都産業大(10月2日、花園)
*天理6T5G、京産4T2G
+京産大
◎FL7李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)、後半1T
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)

◆同志社大92(42-0)7摂南大
*同大14T11G、摂南1T1G
+同大
◎PR17趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、後半PR1、24分1T
◎LO/FL19朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、後半FL7
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

◆関西大21(7-19)24近畿大(花園2)
*関西3T3G、近大4T2G
+近大
◎PR朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)

◆立命館大34(29-0)21関西学院大
*立命4T3G1P、関学3T3G
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB12金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2016

日本初戦は敗北20-54アルゼンチン

 ラグビー界では、毎年11月は秋のテストマッチ(国際試合)の月だ。

 今年2016年11月も日本は恒例のテストマッチ4試合を行う。
 
 日本代表は11月5日(土)、アルゼンチン代表と戦った(東京・秩父宮ラグビー場)。 
 前半、ミスから失点を重ね20-54で敗れた。BKは、試合最後の1トライを返した。
その後は欧州遠征し12日にジョージア(ジョージア)、19日ウエールズ(ウエールズ、カーディフ)、26日にはフランスでフィジーと対戦する。

 韓国は強化体制の変更に伴い秋も代表招集、チリとテストマッチを実施することになった。

 11月8日(火)に韓国を旅立ちチリへ。現在世界ランキング29位の韓国に対しチリは27位だ。
161108korearug

 2019年W杯出場を目指すならば世界最終予選にアジア代表で出場しないといけない。その相手国が中南米になる可能性もあり、韓国にとってよいマッチメークといえよう。

 チリと戦う韓国代表25名は下記だ。日本チーム所属選手は4人。元選手は3人
韓国男子代表は11月13日、19日にチリ代表とテストマッチをおこなう。ジョン・ウォルターズ監督、ディオン・ミュア コーチ(ともにニュージーランド出身)ら首脳陣と選手25名の計31名が8日、チリへ出発した。

 今回の韓国代表は2019年ワールドカップ日本大会出場を目指す強化の一環だ。これまで、秋は韓国代表は招集してこなかった。

 選手25名のうち22名はすでに代表経験がある。日本チーム所属選手は、PR申東源(シン・ドンウォン/宗像サニックスブルース)、PR孫榮基(ソン・ヨンキ/今年度からホンダヒート)、FL/NO8朴淳彩(パク・スンチェ/NTTドコモレッドハリケーンズ)、SH李明俊(イ・ミョンジュン/今年度からNECグリーンロケッツ)の4名。

 2015年度まで日本チームに所属した3名も選ばれた。PR朴鐘烈(パク・チョンリョル/前サントリーサンゴリアス。現在は現代グロービス)、PR康太見(カン・デヒョン/前NEC、現代)、FL/NO8李勇昇(イ・ヨンスン/前日野自動車、現代)。さらに来年度、日本チーム入りで調整しているトライゲッターのWTB張成民(チャン・ソンミン)や、2年後の日本チーム入りが確実なWTB鄭演植(チョン・ヨンシク)がチリ相手にランを見せるか期待される。

 SH李明俊は今春の代表活動はNEC新加入のため参加しなかった。「代表が秋も活動できてうれしい。NECではコーチから『もっと状況を見て落ち着いてプレーしなさい』と教えてもらった。代表でもいかしたい」と意気込みを韓国帰国前に話した。
「2016チリ遠征/韓国代表名簿」をダウンロード


<<日本代表テストマッチ>>
■日本20(6-21)54アルゼンチン(11月5日、秩父宮)
*日本2T2G2P、アルゼンチン7T5G3P

■日本28(8-12)22ジョージア(12日、ジョージア)
*日本4T1G2P、ジョージア3T2G1P

■日本-ウエールズ(19日、カーディフ)

■日本ーフィジー(26日、仏)

<<韓国代表テストマッチ>>
■韓国-チリ(11月13日、チリ/サンチアゴ)

■韓国-チリ(19日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2016

ラグビー日韓がそれぞれテストマッチに挑む 2016年11月

 ラグビー界では、毎年11月は秋のテストマッチ(国際試合)の月だ。

 今年2016年11月も日本は恒例のテストマッチ4試合を行う。
 
 日本代表は11月5日(土)、アルゼンチン代表と戦う(東京・秩父宮ラグビー場)。 
その後は欧州遠征し12日にジョージア(ジョージア)、19日ウエールズ(ウエールズ、カーディフ)、26日にはフランスでフィジーと対戦する。

 韓国は強化体制の変更に伴い秋も代表招集、チリとテストマッチを実施することになった。

 11月8日(火)に韓国を旅立ちチリへ。現在世界ランキング29位の韓国に対しチリは27位だ。
 2019年W杯出場を目指すならば世界最終予選にアジア代表で出場しないといけない。その相手国が中南米になる可能性もあり、韓国にとってよいマッチメークといえよう。試合は11月12日、19日の2試合。

 チリと戦う韓国代表25名は下記だ。日本チーム所属選手は4人。
「2016韓国チリ遠征メンバー表」をダウンロード

<<日本代表テストマッチ>>
■日本-アルゼンチン(11月5日、秩父宮)


■日本-ジョージア(12日、ジョージア)

■日本-ウエールズ(19日、カーディフ)


■日本ーフィジー(26日、仏)


<<韓国代表テストマッチ>>
■韓国-チリ(11月12日、チリ)

■韓国-チリ(19日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2016

流経大が全勝、拓大は初勝利 関東大学リーグ戦1部

2016年の国内大学ラグビーリーグ。
 大学選手権8連覇を狙う王者・帝京大は春季大会から好調。
 関東対抗戦では明治大、筑波大(SO山沢のパナソニック加入で戦力ダウン)、リーグ戦の東海大、流通経済大に好調な大東文化大。さらに関西から京都産業大、天理大に同志社大が打倒・帝京大なるか?

☆10月29日週☆
 関東大学リーグ戦1部は11月3日、上柚木競技場で「拓殖大VS日本大」「流通経済大VS中央大」2試合を行った。
 第1試合は拓大が試合開始2トライを奪われ12点のビハインドを負ったが前半20分のスクラムからのトライで強みを取り戻し前半5、後半6の計11トライで75-19で今季初勝利。
Dscf5767
 PR3具智元は「入替戦を避けたい。残りも勝つ」。スクラム前には「FW8人、8人(で組もう)」と鼓舞。前半40分にはランでトライを奪った。
Dscf5627
Dscf5681
Dscf5682

 2試合目、中大は後半27分まで22対17とリードしたが前半から流経大とのぶつかり体力を消耗し足が止まった。流経大が最後は4連続トライで41対2と逆転し5戦全勝。
Dscf5899
Dscf5911

 関東大学対抗戦は1週休み。11月6日(日)に4強の「帝京大VS早稲田大」「明治大VS慶應大」がある。
 リーグ戦は4戦全勝の東海大と大東文化大があたる。東海が28-7で下し5連勝。首位だ。
 関東学院大は法政大を後半、突き放し31-15で1勝目。
 全敗の拓殖大は11月3日(木・祝日)に日本大戦。
 <<2016関東大学対抗戦>>
■第8週
◆帝京大-早稲田大(11月6日、秩父宮)
*帝京(4-0)、早稲田(4-0)
+帝京大
◎LO金嶺志(キム・リョンジ、4年、東京朝高)
Dscf4978
Dscf4935

◎PR李翔鎬(リ・サンホ、4年、東京朝高)
◎SO金孝舜(キム・ヒョウスン、4年、東京朝高)
◎LO金廉(キム・リャン、3年、大阪朝高)
◎PR李成鏞(リ・ソンヨン、3年、東京朝高)
◎PR趙雄真(チョ・ウンジン、2年、東京朝高)
◎FL申賢志(シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)
◎FL下相悠(ピョン・サンユ、2年、大阪朝高)*下のーの上にˈ
◎LO慎昌徳(シン・チャンドッ、1年、東京朝高)
◎NO8文相太(ムン・サンテ、1年、東京朝高)
◎SO金基英(キム・ギヨン、1年、東京朝高)
◎CTB権泰錫(クォン・テソッ、1年、東京朝高)

◆明治大-慶應大
*明治(4-0)、慶應(3-1)
+明治大
◎HO朴成浩(パク・ソンホ、3年、大阪朝高)
◎PR安昌豪(アン・チャンホ、1年、大阪朝高)

◆筑波大-日本体育大(熊谷B)
*筑波(1-3)、日体(0-4)
+筑波
◎PR崔凌也(チェ・ルンヤ、4年、東福岡高)
Dscf3455

◆成蹊大-青山学院大
*成蹊(0-4)、青山(0-4)
+青山
◎FL崔玄祺(チェ・ヒョンギ、2年、東福岡高)

<<2016関東大学リーグ戦>
■第6週
◆東海大28(21-7)7大東文化大(10月30日、秩父宮)
**東海4T4G(20)、大東1T1G(17)
◎LO李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)
*写真左
Dscf2715
「4年になってコンタクト、ブレイクダウンで体を張ることに決めました。就職はラグビー部がない会社。時間があればクラブチームで続けることも」
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)

◆法政大15(0-5)31関東学院大(ニッパツ)
*法政3T(8)、関東5T3G(8)
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎SO呉洸太(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)

◆流通経済大41(10-17)22中央大(11月3日、上柚木)
*流経大7T3G(20)、中央4T1G(14)
+流経大
◎PR金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)

◆拓殖大75(33-12)19日本大
拓殖11T10G(8)、日本3T2G(5)
+拓大
◎PR3具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)、1T
◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高)
*+日大
◎PR金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB22金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)
*写真左後ろ
Dscf2871
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SH9李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
Dscf2838
「島津製作所/トップウェストBでラグビーを続けます」
◎LO4孫昇巳(ソン・スンギ、3年、大阪朝高)。1T
Dscf2798
Dscf2839
「上級生になってリーダーシップをつけないと自覚した。声を出すようになりました」
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

<<2016関西大学Aリーグ>
■第6週
◆京都産業大-関西学院大(12日、宝が池)
*京都産業(2-2)、関学(1-3)
+京産大
◎FL李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)1T
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)

◆同志社大-関西大
*同大(4-0)、関西(1-3)
+同大
◎PR1趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)

◆近畿大-摂南大(13日、天理親里)
*近大(2-2)、摂南(0-4)
+近大
◎PR朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

◆天理大-立命館大
*天理(4-0)、立命(2-2)

☆10月22日週☆
 10月22日(土)週は、関東大学対抗戦、王者・帝京大に全勝の慶應大が挑戦した(42-33で帝京勝利)。
Dscf5012
Dscf4909

 慶應が医学部SO古田の先制Tでリードする。
Dscf4896
 帝京は動ぜず、慶應陣内のラインアウトからモールを組みHO堀越がTラインを越えるとSO松田が同点G、さらに堀越のTなど14点を加え21-10で折り返した。
Dscf4955

 後半も2分に堀越の3つ目T等で加点。慶應は残り10分で2T返したが42-1で帝京が振り切り開幕4連勝とした。
 同じく全勝の明治大は成蹊大に70-0、早稲田大が青山学院大48-19とし4連勝だ。
 4強は11月6日に帝京-早稲田、明治-慶應戦だ。
 
 関東リーグ戦は流通経済大が13Tで81-14関東学院大、大東文化大48-35拓殖大でともに4連勝となった。
 
 関西リーグ戦は全勝の天理大54-5近畿大、おなじく同志社大45-17関西学院大で4連勝だ。 

 <<2016関東大学対抗戦>>
■第7週
◆帝京大42(21-10)31慶應大(23日、秩父宮)
*帝京6T6G(4-0)、慶應4T4G1P(3-1)
+帝京大
◎LO5金嶺志(キム・リョンジ、4年、東京朝高)、ラインアウト、モールの核になった
Dscf4978
Dscf4935

◎PR李翔鎬(リ・サンホ、4年、東京朝高)
◎SO金孝舜(キム・ヒョウスン、4年、東京朝高)
◎LO金廉(キム・リャン、3年、大阪朝高)
◎PR李成鏞(リ・ソンヨン、3年、東京朝高)
◎PR趙雄真(チョ・ウンジン、2年、東京朝高)
◎FL申賢志(シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)
◎FL下相悠(ピョン・サンユ、2年、大阪朝高)*下のーの上にˈ
◎LO慎昌徳(シン・チャンドッ、1年、東京朝高)
◎NO8文相太(ムン・サンテ、1年、東京朝高)
◎SO金基英(キム・ギヨン、1年、東京朝高)
◎CTB権泰錫(クォン・テソッ、1年、東京朝高)

◆早稲田大48(17-7)19青山学院大(上柚木)
*早稲田8T4G(4-0)、青山3T2G(0-4)
+青山
◎FL崔玄祺(チェ・ヒョンギ、2年、東福岡高)

◆明治大70(35-0)0成蹊大
*明治10T10G(4-0)、成蹊(0-4)
+明治大
◎HO朴成浩(パク・ソンホ、3年、大阪朝高)
◎PR安昌豪(アン・チャンホ、1年、大阪朝高)

日本体育大、、日体(0-4)
筑波大、筑波(1-3)
+筑波
◎PR崔凌也(チェ・ルンヤ、4年、東福岡高)
Dscf3455

<<2016関東大学リーグ戦>
■第5週
◆流通経済大81(26-7)14関東学院大(10月23日、秩父宮)
*流経大13T8G(16)、関東(0)
+流経大
◎PR金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)

◆大東文化大48(24-21)35拓殖大(熊谷B)
*大東8T4G(16)、拓殖5T5G(4)
+拓大
◎PR3具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)、前半1T
◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高)

中央大、日本大
*中央(13)、日本(4)
+日大
◎PR金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)
*写真左後ろ
Dscf2871
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SH李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
Dscf2838
「島津製作所/トップウェストBでラグビーを続けます」
◎LO孫昇巳(ソン・スンギ、3年、大阪朝高)
Dscf2798
Dscf2839
「上級生になってリーダーシップをつけないと自覚した。声を出すようになりました」
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

◆東海大、法政大
*東海(16)、法政(7)
◎LO李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)
*写真左
Dscf2715
「4年になってコンタクト、ブレイクダウンで体を張ることに決めました。就職はラグビー部がない会社。時間があればクラブチームで続けることも」
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR1李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎SO呉洸太(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)

<<2016関西大学Aリーグ>
■第5週(10月23日)
◆京都産業大64(31-14)14関西大(宝が池)
*京都産業9T8G1P(2-2)、関西2T2G(1-3)
+京産大
◎FL7李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)1T
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)

◆立命館大34(17-7)29摂南大
*立命5T3G1P(2-2)、摂南5T2G(0-4)
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

◆天理大54(35-0)5近畿大(花園)
*天理8T7G(4-0)、近大1T(2-2)
+近大
◎PR朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)

◆同志社大45(26-3)17関西学院大
*同大7T5G(4-0)、関学2T2G1P(1-3)
+同大
◎PR1趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)

☆10月15日週以前☆
 10月15日(土)週は、関東大学対抗戦でこれまで1勝の筑波大が明治大戦。明治が48-24で下し筑波は大学選手権は絶望的だ。リーグ戦は休み。
 関西リーグ戦は立命館大VS京都産業大など2試合。京都産業が44-26で制した。同志社大は38-21近畿大。

 10月8日(土)からは関東大学が第5週。王者・帝京大は青山学院大と17T111-0で圧勝。
 関東リーグ戦は10日に3連勝の東海大と法政大戦も東海12T78-0で勝利。
 関西リーグ戦は第3週、天理大と関西学院大が当たる。天理が10T70-7といずれも強豪が大勝した
 
 10月1日(土)からは関東大学が第4週。大学選手権出場にもう負けれらない筑波大が早稲田大と。
昨年45-25で筑波が勝った、しかし2日の試合は早稲田がブレークダウンの激しさと1年生ハーフ団のゲームコントロールが活き7T46-12でリベンジした。
Dscf3517
慶應大は成蹊大を13T10G85-3と一蹴し連勝。筑波は1勝2敗で今後、明大、帝京大に勝たないと大学選手権出場を逸する。
 リーグ戦では拓殖大が東海大に挑むも8T奪われ10-52で敗北。3連敗。
 流通経済大も9T6G57-26で法政大を下し3連勝した。
 関西リーグ戦は第2週。同志社大、天理大、近畿大が連勝した

 <<2016関東大学対抗戦>>
■第6週
◆早稲田大45(26-14)40日本体育大(10月16日、高崎)
*早稲田7T5G、日体6T5G

◆明治大48(20-14)25筑波大
*明治6T6G、筑波4T4G
+明治大
◎HO16朴成浩(パク・ソンホ、3年、大阪朝高)、後半から
◎PR安昌豪(アン・チャンホ、1年、大阪朝高)
+筑波
◎PR3崔凌也(チェ・ルンヤ、4年、東福岡高)
■第5週
◆帝京大111(54-0)0青山学院大(10月9日、帝京大G)
*帝京17T13G、青山0
+青山
◎FL崔玄祺(チェ・ヒョンギ、2年、東福岡高)
+帝京大
◎LO5金嶺志(キム・リョンジ、4年、東京朝高)、2T
◎PR李翔鎬(リ・サンホ、4年、東京朝高)
◎SO金孝舜(キム・ヒョウスン、4年、東京朝高)
◎LO19金廉(キム・リャン、3年、大阪朝高)
◎PR李成鏞(リ・ソンヨン、3年、東京朝高)
◎PR趙雄真(チョ・ウンジン、2年、東京朝高)
◎FL申賢志(シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)
◎FL下相悠(ピョン・サンユ、2年、大阪朝高)*下のーの上にˈ
◎LO慎昌徳(シン・チャンドッ、1年、東京朝高)
◎NO8文相太(ムン・サンテ、1年、東京朝高)
◎SO金基英(キム・ギヨン、1年、東京朝高)
◎CTB権泰錫(クォン・テソッ、1年、東京朝高)

◆慶應大55(17-0)0日本体育大(慶應大)
*慶應9T5G、日体0
+日体
◎SH韓壮享(ハン・ツヒャン1年、東京朝高)
+明治大
◎HO朴成浩(パク・ソンホ、3年、大阪朝高)
◎PR安昌豪(アン・チャンホ、1年、大阪朝高)

■第4週
◆慶應大85(50-0)7成蹊大(10月2日、秩父宮)
*慶應13T10G、成蹊1T1G

◆早稲田大46(24-0)12筑波大(同)
*早稲田7T4G1P、筑波2T1G
*筑波はモールで押し2T目
Dscf3507
Dscf3508
+筑波
◎PR3崔凌也(チェ・ルンヤ、4年、東福岡高)
「後半は激しくいくことができたが」

<<2016関東大学リーグ戦>
■第5週
◆流通経済大-関東学院大(10月23日、秩父宮)
*流経大(12)、関東(3)
+流経大
◎PR金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)

◆大東文化大-拓殖大(熊谷B)
*大東(12)、拓殖(3)
+拓大
◎PR具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)
◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高

■第4週
◆中央大36(15-14)14日本大(10月10日、上柚木)
*中央5T3G1P(13)、日本2T2G(4)
+日大
◎PR1金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SH9李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
「島津製作所/トップウェストBでラグビーを続けます」
◎LO4孫昇巳(ソン・スンギ、3年、大阪朝高)
「上級生になってリーダーシップをつけないと自覚した。声を出すようになりました」
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

◆東海大78(40-0)0法政大
*東海12T7G(16)、法政(7)
◎LO4李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)
「4年になってコンタクト、ブレイクダウンで体を張ることに決めました。就職はラグビー部がない会社。時間があればクラブチームで続けることも」
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR1李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎SO呉洸太(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)

■第3週
◆東海大52(28-5)10拓殖大(10月1日、秋葉大)
*東海8T6G(12)、拓殖2T(3)
+東海
◎LO4李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)1T
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)
+拓大
◎PR3具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)
◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高

◆大東文化大68(42-7)14日本大(2日、足利)
*大東10T9G(12)、日本2T2G(3)
+日大
◎PR1金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)
◎SH9李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
◎LO4孫昇巳(ソン・スンギ、3年、大阪朝高)
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

◆流通経済大57(26-7)26法政大(同)
*流経大9T6G(12)、法政4T3G(6)
+流経大
◎PR18金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎SO呉洸太(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)

◆中央大38(10-22)29関東学院大(熊谷B)
*中央5T5G1P(9)、関東4T3G1P(3)

<<2016関西大学Aリーグ>
■第4週(10月16日、宝が池)
◆立命館大26(12-13)44京都産業大
*立命4T3G、京都産業6T3G2P
+京産大
◎FL7李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)T
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)

◆同志社大38(19-7)21近畿大
*同大6T4G、近大3T3G
+同大
◎PR1趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)
+近大
◎PR朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)

■第3週
◆関西大26(12-12)24摂南大(10月9日、鶴見)
*関西4T3G、摂南4T2G
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

◆天理大70(49-0)7関西学院大
*天理10T10G、関学1T1G
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB12金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)

■第2週
◆天理大40(14-7)24京都産業大(10月2日、花園)
*天理6T5G、京産4T2G
+京産大
◎FL7李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)、後半1T
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)

◆同志社大92(42-0)7摂南大
*同大14T11G、摂南1T1G
+同大
◎PR17趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、後半PR1、24分1T
◎LO/FL19朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、後半FL7
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

◆関西大21(7-19)24近畿大(花園2)
*関西3T3G、近大4T2G
+近大
◎PR朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)

◆立命館大34(29-0)21関西学院大
*立命4T3G1P、関学3T3G
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB12金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2016 | Main | December 2016 »