« 首位決戦 三菱が34-0日野を制しV TE11月19日週 | Main | 韓国最終戦飾る38-36チリ、日本は惜敗30-33ウエールズ »

November 20, 2016

白新高46-0五城高、一山東中33-15清州南中で優勝 韓国中高大会

<<2016年、第69回全国種別ラグビー選手権大会>>
 2016年韓国ラグビー界最後の試合となる「第69回全国種別ラグビー選手権大会」が11月16日(水)から20日(日)まで忠清南道禮山の公設運動場で行われる。
 一般・大学の参加は無く高校4、中学6校が出場する。

 11月20日は決勝2試合を行い高校は白新高(ペクシン)が天安五城高(チョンアンオソン)を46-0とゼロ封し大会連覇と今季全国2冠目で終えた。白紺赤が白新
161120pw

 中学は一山東中(イルサンドン)が終始、圧倒し清州南中(チョンジュナム)を33-15で退けた。

 高校は今季・春季リーグV、大統領慶煕大(キョンヒ)と忠武旗大会で2位(Vは全国体育大会含め今季3冠/富川北高)の白新高(ペクシン)が大会連覇を目指す。
 初戦の準決勝で春季と忠武旗3位/城南西高(ソンナムソ)が対抗馬だ。
 18日の1回戦(準決勝)で白新高(ペクシン)42-12城南西高(ソンナムソ)、天安五城高(チョンアンオソン)60-5裡里工業高(イリコンゴ)となり勝者が決勝へ。

 中学は、忠武旗大会で2位、大統領旗3位の)、城南西中(ソンナムソ)。1回戦で忠武旗大会3位の富川北中(プチョンプク)と一山東中(イルサンドン)があたり勝者が準決勝で城南西戦だ。
 もう一つの山は清州南中(チョンジュナム)と富城中(プソン)の争いか。
 18日の準決勝は、}城南西中(ソンナムソ)17-38一山東中(イルサンドン)、富城中(プソン)5-32清州南中(チョンジュナム)だった。

「2016韓国日程結果」をダウンロード

<<第69回全国種別ラグビー選手権大会>>
<高校>
■決勝戦(11月20日)
◆白新高(ペクシン)46(27-0)0天安五城高(チョンアンオソン)
*白新7T4G1P
*白新が圧勝した。前半3分FL6李ジェジュンが最初のファイブポインターとなった。Gは大会好調のSO李ソンドが決め7-0にした。8分にはPR1ユン・チャン、10分HO2朴ジェミン、23分CTB13チョ・ジョンワンと4連続Tで24-0。最後は李PG成功し27-0と前半で決めた。後半もFL李の2本目のTなど3本で19点を加点し連覇を手にした。

■準決勝戦(11月18日)
◆白新高(ペクシン)42(21-7)12城南西高(ソンナムソ)
*白新6T6G、城南西2T1G
*白が白新
1118

◆天安五城高(チョンアンオソン)60(33-0)5裡里工業高(イリコンゴ)
*五城10T5G、イリ1T
*裡里ラインアウトを五城(白)がせる
Osonw

<中学>
■決勝戦(11月20日)
◆一山東中(イルサンドン)33(14-5)15清州南中(チョンジュナム)
*一山5T4G、清州3T
*前半2分、一山はFB12金ヒョンソがTラインを越え、Gは右CTB10ソル・ドンジュンが確実に決め7-0と先制した。清州も反撃し13分HO2朴ジスがTを返し2点差に。26分一山がPR3チェ・ホヨンがT、G成功で14-5と差を広げる。清州は後半1分に左CTB9イム・ソンスがインゴールへ運び10-14と迫った。一山がここから5分FB金の2本目のT、10分PR1チェ・ビョンユン、16分PR3チェと3連続Tで33-10と勝利を決めた。清州は23分に左WTB8ユ・シウンがTを奪うもノーサイドに。

■準決勝戦(11月18日)
◆{A}富城中(プソン)5(0-20)32清州南中(チョンジュナム)
*富城1T、清州6T1G
*富城ラインアウト
Bpsn

◆{B}城南西中(ソンナムソ)17(5-21)38一山東中(イルサンドン)
*城南西3T1G、一山6T4G
1118sns

■1回戦(11月16日)
◆{A}清州南中(チョンジュナム)34(12-5)17蘭谷中(ナンゴック)
*清州6T2G、蘭谷3T1G

◆{B}富川北中(プチョンプク)0(0-32)70一山東中(イルサンドン)
*一山12T5G
*アタックする一山(グリーン)
161116idg

<<参考/2015年、第68回全国種別ラグビー選手権大会>>
2015年韓国ラグビー界最後の試合となる「第68回全国種別ラグビー選手権大会」が11月13日(金)から19日(木)まで仁川市の仁川南洞アジアドラグビー場補助競技場で開催される。
 開催は2013年以来2年ぶりで前回と同様に一般・大学の参加は無く中学12、高校3校が出場する。

 中学は今季3冠のソウル大附属中が有力だ。ソウル大は春季/3月、忠武旗/4月、大統領旗/7月と覇権を手にした。準決勝までの同じヤマには養正中(ヤンジョン、春季3位、忠武旗2位)、培材(ペジェ、春季2位、全国少年優勝/5月)、富川北中(プチョンプク、春季3位、全国少年2位、前回種別2位/13年)、清州南中(チョンジュナム、忠武旗3位)がいる。
 もう一つのヤマには、全国少年3位、大統領旗2位と好調の延壽中(ヨンス)、富平中(プピョン、忠武旗3位)、城南西中(ソンナムソ、前回種別優勝/13年)らが争う。
 11月17日の準決勝で一山東中(イルサンドン)が延壽中(ヨンス)を44-19と一蹴し今季初Vへ王手をかければ2回戦でソウル大附属中を下した富川北中(プチョンプク)が養正中(ヤンジョン)を25-7と後半に突き放してこちらも初Vを目指す。
 15日の2回戦はソウル大附属中が後半14分から3連続Tで26-22と富川北中(プチョンプク)を逆転したが23分に富川から認定Tを奪われ27-26と再逆転、Gも決まり29-26でノーサイドとなった。
 養正中(ヤンジョン)は武珍中(ムジン)から12T8Gを奪い76-3で圧勝した。一山東中(イルサンドン)は蘭谷中(ナンゴック)を26-0でゼロ封、延壽中(ヨンス)も前回Vの城南西中(ソンナムソ)を最後1Tに抑え34-5でそれぞれ4強へ駒を進めた。
 11月13日の1回戦では、養正中(ヤンジョン)、富川北中(プチョンプク)、延壽中(ヨンス)、一山東中(イルサンドン)が勝ち8強入り。
 
 高校は1回戦(11月15日)で城南西高(ソンナムソ、前回種別優勝/13年)と白新高(ペクシン、春季3位、大統領旗3位)が戦った。前半は城南西が先制し白新が追う展開で19-26と白新がリード。後半に入ると白新CTB12李スンフンが2分、4分に連続T(G成功で)、19-40と点差を広げる。城南西も11,14分とFBペク・ジョンウンがTし29-40と迫る。しかし城南西の追撃はここまで。23分から白新がWTB14チェ・インジェなど3人がファイブポインターとなり29-57で決勝へ。
 決勝で富川北高(プチョンプク、春季2位、全国体育大会優勝、前回種別2位)と対戦する。

「15韓国日程結果」をダウンロード

<中学>
■決勝戦(11月19日)
◆富川北中(プチョンプク)-一山東中(イルサンドン)

■準決勝戦(11月17日)
◆{A}富川北中(プチョンプク)25(10-0)7養正中(ヤンジョン)
*富川5T、養正1T1G
*富川は前半23分にCTB9ヤン・ジュンチョルTで先制、3分後にはFBユ・ジホもファイブポインターで5点を加点する。後半も6分にWTB8金チャンヒョン、11分WTB11李ヨンジンがTし20-0と試合を決めた。養正は15分にようやく」FBピョン・ジョンヨンがTし7点を返した。

◆{B}一山東中(イルサンドン)44(27-5)19延壽中(ヨンス)
*一山7T3G1P、延壽3T2G
*一山が前半で試合を決めた。1分にCTB9金ジェウォンの先制Tで5-0とする。9分にはPR3アン・ジヨンがT、11分にもアンが2本目のT(GはCTB金成功)で17-0と差を広げた。15分に延壽CTB9チャ・ジェヨンのTで17-5とされたが18分にアンT、23分金PGと加点し27-5で前半を終えた。後半もアンの4本目、CTB金2本目Tなどで17点を奪い44-19と圧勝した。

■2回戦(11月16日)
{A}
◆養正中(ヤンジョン)76(29-3)3光州武珍中(カンジュ・ムジン)
*養正12T8G、武珍1P
◆富川北中(プチョンプク)29(15-7)26ソウル大附属中
*富川5T2G、ソウル4T3G
*ソウルは後半22-7とリードされた14分にCTB9金ジヒョンがT、GはSH6チェ・ジユンが成功し22-14へ。18分にはPR1チェ・ジフンのTで22-19と3点差とした。2分後、WTB8ホン・インジュンがTラインを越え22-24と逆転した。Gも決まり22-26へ。劣勢だった富川は最後、攻め続け認定Tを23分に奪い27-26と再逆転、GをCTB9ヤン・ジュンチョルが決め29-26で逃げ切った。

{B}
◆一山東中(イルサンドン)26(12-0)0蘭谷中(ナンゴク)
*一山4T3G
◆延壽中(ヨンス)57(26-19)29城南西中(ソンナムソ)
*延壽9T6G、城南西5T2G

■1回戦(11月13日)
{A}
◆①養正中(ヤンジョン)25(12-5)5 培材(ペジェ)
*養正3T1G2P、培材1T
◆②富川北中(プチョンプク)38(19-7)26清州南中(チョンジュナム)
*富川6T4G、清州南4T3G

{B}
◆③慶山中(キョンサン)15(15-7)36一山東中(イルサンドン)
*慶山2T1G1P、一山5T4G1P
◆④延壽中(ヨンス)7(0-5)5富平中(プピョン)
*延壽1T1G、富平1T

<高校>
■決勝戦(11月19日)
◆富川北高(プチョンプク)-白新高(ペクシン)

■1回戦(11月16日)
◆白新高(ペクシン)57(26-19)29城南西高(ソンナムソ)
*白新9T6G、城南西5T2G

|

« 首位決戦 三菱が34-0日野を制しV TE11月19日週 | Main | 韓国最終戦飾る38-36チリ、日本は惜敗30-33ウエールズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 白新高46-0五城高、一山東中33-15清州南中で優勝 韓国中高大会:

« 首位決戦 三菱が34-0日野を制しV TE11月19日週 | Main | 韓国最終戦飾る38-36チリ、日本は惜敗30-33ウエールズ »