« 日本男子、第2戦も予選全敗 セブンズWシリーズ南ア大会 | Main | イングランドがV、日本は全敗最下位で終える セブンズワールドシリーズ第2戦 »

December 12, 2016

明大、流経大が姿を消す 大学選手権3回戦

2016年の国内大学ラグビーリーグ。
 大学選手権8連覇を狙う王者・帝京大は春季大会から好調。
 関東対抗戦では明治大、筑波大(SO山沢のパナソニック加入で戦力ダウン)。
 リーグ戦は東海大がV、東海大を試合では圧勝した2位流通経済大。大東文化大が3位だった。
 関西から天理大に同志社大、京都産業大が打倒・帝京大なるか?

☆2016年12月10-11日週☆
 「第53回全国大学選手権」の3回戦が11日に行われた。
 3回戦から関東対抗戦、リーグ戦に関西リーグ戦の上位11チームが参加する。
 対抗戦3位の明治大は22-26で関西3位の京都産業大に接戦を負けた。関東リーグ戦2位の流通経済大は31-31と対抗戦4位の慶應大と分けたが抽選で勝ち上がりを逃した。打倒・帝京大の2校が消えた。
 また関東大学入替戦なども行われる。
 対抗戦は成蹊大が後半44分に逆転29-26立教大を制しA残留を決めた。日本体育大は8T52-21明治学院大と残留した。
 関東リーグ戦では1部の法政大、日本大が残留した。
 リーグ戦2部-3部入替戦では朝鮮大63-18玉川大、白鴎大36-29防衛大と2部が残留した。
 関西では大阪体育大が2年連続で昇格を逸した。

<<2016第53回全国大学選手権>>
■3回戦(12月11日)
◆A大東文化大95(38-12)12福岡工業大(秩父宮)
*大東15T10G、福岡2T1G

◆B流通経済大31(12-12)31慶應大(同)
+流経大
◎PR金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)。セブンズ代表候補

◆C明治大22(19-14)26京都産業大(花園)
*明治3T2G1P、京産4T3G
+明治大
◎HO朴成浩(パク・ソンホ、3年、大阪朝高)
◎PR安昌豪(アン・チャンホ、1年、大阪朝高)
+京産大
◎FL7李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)

◆D同志社大42(28-3)3中央大(同)
*同大5T4G3P、中央1P
+同大
◎PR1趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)


■準々決勝(12月17日)
◆A帝京大-大東文化大(秩父宮)
+帝京
◎LO金嶺志(キム・リョンジ、4年、東京朝高)前半1T
Dscf4978
Dscf4935
◎PR李翔鎬(リ・サンホ、4年、東京朝高)
◎SO金孝舜(キム・ヒョウスン、4年、東京朝高)
◎LO金廉(キム・リャン、3年、大阪朝高)
◎PR李成鏞(リ・ソンヨン、3年、東京朝高)
◎PR趙雄真(チョ・ウンジン、2年、東京朝高)
◎FL申賢志(シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)
◎FL下相悠(ピョン・サンユ、2年、大阪朝高)*下のーの上にˈ
◎LO慎昌徳(シン・チャンドッ、1年、東京朝高)
◎NO8文相太(ムン・サンテ、1年、東京朝高)
◎SO金基英(キム・ギヨン、1年、東京朝高)
◎CTB権泰錫(クォン・テソッ、1年、東京朝高)

◆B天理大-慶應大(花園)

◆C東海大-京都産業大(秩父宮)
+東海
◎LO李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)
+京産大
◎FL李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)

◆D早稲田大-同志社大(花園)
+同大
◎PR1趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)

■2回戦
◆朝日大36(15-7)38福岡工業大(12月3日、瑞穂)
*朝日5T4G1P、福岡工大5T5G1P

■1回戦
◆福岡工業大85(50-7)7東北学院大(11月27日、レベスタ)
*福岡工業13T10G、東北学院1T1G

■東海・北陸・中四国代表決定戦(11月20日、瑞穂)
◆朝日大66-26環太平洋大

■東北・北海道決定戦(11月13日)
◆東北学院大40(7-5)5北海道大
*東北学院6T5G、北大1T

■九州地区決定戦(11月12日、福岡大)
◆福岡工業大(1位)40(7-10)17福岡大(3位)
*福工6T、福大2T

<<大学ラグビー入替戦>>
最終戦を迎え下部リーグとの入替戦が話題になります。
関東大学は12月10日から。
<関東対抗戦>
関東大学対抗戦はA7位/日本体育大はB2位の明治学院大、A8/成蹊大はB1/立教大戦。
昨季、入替戦出場の一橋大はB4位(4勝1分1敗)。
■関東対抗戦
◆A7日本体育大52(33-19)21明治学院大B2(12月11日、熊谷)
*日体8T6G、明学2T1G3P

◆A8成蹊大29(17-21)26立教大B1
*成蹊4T3G1P、立教4T3G

<関東リーグ戦>
関東大学リーグ戦は1部7位/法政大が2部2位の立正大と8位/日本大は山梨学院大(2部1位)。2部3位は専修大で5勝2敗、勝点22と立正と同じでしたが直接対戦で負け3位に。1年での復帰を逃しました。
2部7位となった朝鮮大(1勝6敗)は3部2位玉川大。2部8位/白鴎大は3部1位の防衛大戦です。
4部に昇格した母校・首都大東京は5勝2敗で3位となり出場を逃しました。
1位は千葉大で東京理科大(3部8位)、2位の駒澤大は横浜国立大(3部7位)戦。
首都大は千葉大41-34、駒澤0-5と1勝1敗。駒澤に敗れ同じ勝敗、勝点(22)でしたが3位。来年は期待できます。
残念なのは4部に落ちたかつての強豪・埼玉工業大が1勝6敗(10)で7位に。5部2位の東京経済大と入替戦です。強化を辞めた大学の末路といえば簡単ですが・・・
東経大もまさかの埼工大戦でしょうね。5部1位は城西大、4部8位の順天堂大と当たります。

■1-2部
◆1⑦法政大40(12-11)16立正大2②(12月10日、熊谷)
*法政6T5G、立正2T2P
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎CTB12呉洸太(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)、後半1T

◆1⑧日本大40(12-14)35山梨学院大2①
*日本6T5G、山梨5T5G
+日大
◎PR16金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB10金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)。2T5G
◎SH9李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
◎LO孫昇巳(ソン・スンギ、3年、大阪朝高)。1T
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

■2-3部(11日)
◆2⑦朝鮮大63-18玉川大3②

◆2⑧白鴎大36(22-8)29防衛大3①

■3-4部
◆3⑦横浜国立大31-22駒沢大4②

◆3⑧東京理科★(不戦敗)-☆千葉大4①

■4-5部
◆4⑦埼玉工業大39-33東京経済大5②

◆4⑧順天堂大24-52城西大5①

<関西大学Aリーグ戦>
11月27日を終えて1勝6敗の関西学院大、摂南大と1勝5敗の関西大が降格圏内。B1位大阪体育大、2位龍谷大が待ち受けます。
■関西A-B(12月10日、宝ヶ池)
◆A⑧関西大10(0-10)10大阪体育大B①
*関大1T1G1P、大体1T1G1D
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

◆A⑦摂南大27(17-7)12龍谷大B②
*摂南5T1G、龍谷2T1G

☆2016年12月3-4日週☆
 関東対抗戦は最終週。首位・帝京大は昨年、負けた筑波大戦(12月3日)。筑波大は5位に沈んだ今季、王者を返り討ちしたい。筑波が健闘したが帝京が29-24で下し7勝で優勝を決めた。
 筑波が5位。大学選手権枠の4位には青山学院大を51-17で制した慶應大が入った。
Dscf7412
Dscf7375

 2位争いの早稲田大明治大の早明戦は4日。早大が後半33分、逆転し24-22で勝ち2位になった。
Dscf7611
*逆転の早大SH齋藤G成功(24-22)
Dscf7593

*勝利を喜ぶ早大
Dscf7609

*23分明大はFL主将の桶谷が左ラインアウトから右へ展開したボールをCTB梶村が左へ返したパスを受けTを奪う、GはSO堀米が決める(22-17へ)
Dscf7576
Dscf7580

 明大は3位、大学選手権は早大がシードされ4回戦(準々決勝)で同大と中大の勝者、明大はシードなしで11日3回戦から登場(京都産業大戦)。。
 関西リーグは最終日で全勝同士の同志社大と天理大が激突する(3日)。
 前半は12-12で終えるも後半、天理の外国人が躍動し34-12で優勝を決めた。
 「第53回全国大学選手権」は2回戦(3日)、朝日大VS福岡工業大。ここ最近、すべて朝日に負け1回戦敗退だった福岡工大が38-36でリベンジした。後半22分21-22と負けていた福工が5分間で逆転し38-22とした。残り10分間、朝日が2T2Gで14点を返したが逃げ切った。

 <<2016関東大学対抗戦>>
1位/帝京大、2/早稲田大、3/明治大、4/慶應大、5/筑波大、6/青山学院大、7/日本体育大、8/成蹊大
■第12週
◆帝京大29(14-12)24筑波大(12月3日、秩父宮)
*帝京4T3G1P(7-0)、筑波4T2G(3-4)
+帝京
◎LO5金嶺志(キム・リョンジ、4年、東京朝高)前半1T
Dscf4978
Dscf4935
◎PR李翔鎬(リ・サンホ、4年、東京朝高)
◎SO金孝舜(キム・ヒョウスン、4年、東京朝高)
◎LO4金廉(キム・リャン、3年、大阪朝高)
◎PR李成鏞(リ・ソンヨン、3年、東京朝高)
◎PR趙雄真(チョ・ウンジン、2年、東京朝高)
◎FL申賢志(シン・ヒョンジ、2年、大阪朝高)
◎FL下相悠(ピョン・サンユ、2年、大阪朝高)*下のーの上にˈ
◎LO慎昌徳(シン・チャンドッ、1年、東京朝高)
◎NO8文相太(ムン・サンテ、1年、東京朝高)
◎SO金基英(キム・ギヨン、1年、東京朝高)
◎CTB権泰錫(クォン・テソッ、1年、東京朝高)
+筑波
◎PR3崔凌也(チェ・ルンヤ、4年、東福岡高)
Dscf3455

◆慶應大51(22-12)17青山学院大(熊谷)
*慶應9T3G(4-3)、青山3T1G(1-5)
◎FL崔玄祺(チェ・ヒョンギ、2年、東福岡高)

◆明治大22(10-10)24早稲田大(4日、秩父宮)
*明治3T2G1P(5-2)、早稲田3T3G1P(6-1)
明大・丹羽監督「(最後、明大がPGを選択せずモールで押し込んだ場面)明大でもPGを蹴るべきだった。外れても責任はない。試合を通してレフリーにスクラムでの反則をとる一貫性が無かった。明大が押し込みすぎて反訴kとなった時は押してなかった。押すとこれも反則になっていた。ノットリリースボールも明大が多く取られていた。日本が世界に行く場合、スクラムなどの基準を示していかないといけない」
+明治大
◎HO朴成浩(パク・ソンホ、3年、大阪朝高)
◎PR安昌豪(アン・チャンホ、1年、大阪朝高)

<<2016関東大学リーグ戦>>
1位/東海大(25、+18)、2/流通経済大(25、-3)、3/大東文化大(25、-15)、4/中央大(16)、5/拓殖大(16)、6/関東学院大(13)、7/法政大(13)、8/日本大
■第9週
◆法政大26(14-22)36拓殖大(11月26日、秩父宮)
*法政4T3G(13)、拓殖6T3G(16)
+拓大
◎PR3具智元(グ・ジウォン、구지원、4年、大分・日本文理高、SW,日本代表)
◎CTB鄭季和(チョン・ケファ、2年、11専修大入学後中退、15拓大、日本文理高)
+法政
◎SH黄将棋(ファン・サンギ、3年、大阪朝鮮高)
◎PR李承記(リ・サンギ、2年、大阪朝鮮高)
◎CTB12呉洸太(オ・ガァンテ、2年、大阪朝鮮高)、1T

◆日本大7(7-7)19関東学院大(江戸川)
*日本1T1G(7)、関東3T2G(13)
+日大
◎PR16金大毅(キム・テフィ、4年、大阪朝高)
*ラグビー部がない会社に就職活動中
◎SO/FB金貴大(キム・キデ、、4年、大阪朝高)
◎SH9李翔大(リ・サンデ、、4年、大阪朝高)
◎LO孫昇巳(ソン・スンギ、3年、大阪朝高)。1T
◎PR秦舜一(チン・スンイル、2年、大阪朝高)
◎SH朴鐘必(パク・チョンピル、2年、大阪朝高)
◎WTB/FB金志大(キン・チデ、2年、大阪朝高)
◎PR/HO韓翔太(ハン・サンテ、1年、大阪朝高)
◎HO金政豪(キン・ジョンホ、1年、大阪朝高)

◆東海大26(7-7)29流通経済大(27日、秩父宮)
*東海4T3G(25)、流経大4T3G1P(25)
+東海
◎LO李昇剛(イ・スンガン、4年、東京朝高)
◎SO/CTB金成志(キム・ソンジ、4年、大阪朝高)
◎SO金典弘(キム・ジョンホ、3年、大阪朝鮮高)
◎FL高裕成(コウ・ユソン、2年、大阪朝鮮高)
◎FL蔡隆志(チェ・リャンジ、2年、大阪朝鮮高)
+流経大
◎PR金仁謙(キム・インギョム、3年、流経大柏、韓国・蘭谷中)
◎LO李一凡(3年、高知中央高)
◎CTB韓尊文(ハン・ソンムン、2年、大阪朝高)。セブンズ代表候補

◆大東文化大64(31-14)21中央大
*大東10T7G(25)、中央3T3G(16)

<<2016関西大学Aリーグ>>
1位/天理大(7-0)、2/同志社大(6-1)、3/京都産業大(5-2)、4/近畿大(4-3)、5/立命館大(3-4)、6/関西学院大(1-6、3大学の得失差+4)、7/摂南大(1-6、+3)、8/関西大(1-6、-7))
■第9週
◆同志社大12(12-12)34天理大(12月3日、西京極)
*同大2T1G(6-1)、天理6T2G(7-0)
+同大
◎PR1趙隆泰(チョ・リャンテ、4年、大阪朝高)、
◎LO/FL朴成脩(パク・ソンス、3年、大阪朝高)、
◎PR金志憲(キム・ジホン、2年、大阪朝高)
◎WTB康哲訓(カン・チョルフン、2年、大阪朝高)
◎SH金正太(キム・ジョンテ、4年、大阪朝高)

◆立命館大40(33-0)28関西大(西京極)
*立命館6T5G(3-4)、関西4T4G(1-6)

+近大
◎PR朴泰有(パク・テユ、3年、大阪朝高)
◎FL金飛翔輝(キム・サンヒ、3年、大阪朝高)
◎PR金明樹(キム・ミョンス、2年、大阪朝高)
+関学大
◎SH金大地(キム・デジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金淳英(キム・スンヨン、3年、大阪朝高)
◎LO金鐘星(キム・ジョンソン、2年、大阪朝高)
◎CTB/FB沈祥健(シム・サンゴン、1年、大阪朝高)
◎LO金省吾(キム・ソンオ、1年、大阪朝高)

+京産大
◎FL李智栄(リ・チヨン、4年、大阪朝高)
◎HO蔡淳志(チェ・スンジ、4年、大阪朝高)
◎CTB金将一(キム・ジャンイル、4年、大阪朝高)
◎PR/HO金大輝(キム・テフィ、3年、大阪朝高)
◎FL具一樹(グ・イルス、3年、大阪朝高)
◎PR金勇一(キム・ヨンイル、2年、大阪朝高)
◎CTB李昌赳(リ・チャン、1年、大阪朝高)
+摂南
◎WTB申翔志(シン・サンジ、3年、大阪朝高)
◎SH金英貴(キム・ヨンギ、3年、大阪朝高)

|

« 日本男子、第2戦も予選全敗 セブンズWシリーズ南ア大会 | Main | イングランドがV、日本は全敗最下位で終える セブンズワールドシリーズ第2戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 明大、流経大が姿を消す 大学選手権3回戦:

« 日本男子、第2戦も予選全敗 セブンズWシリーズ南ア大会 | Main | イングランドがV、日本は全敗最下位で終える セブンズワールドシリーズ第2戦 »