« 日本は南ア、イングランドに完敗。3敗で下位決定戦へ。WRセブンズ豪州大会 | Main | SW2017年初戦辛勝 FL金、PR具メンバー入り »

February 05, 2017

日本ようやく1勝、9位準決勝で敗れ11位タイ。WRセブンズ豪州大会 

<<「2016-2017HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ第4戦豪州大会」>>

 ラグビー7人制(セブンズ)の世界NO1を決める「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ第4戦」が2017年2月4日、豪州シドニーで開幕した。
 男子(16カ国)。
 日本はリオ五輪4位の男子が参加しますが、過去3大会は五輪メンバーが大学やトップリーグなどのシーズン中のため新しい選手を選んで挑戦した。全敗、最下位で終えています。
 今回は五輪代表の坂井元主将を抜擢しました。

☆第2日2月5日☆
 1-4位カップ戦決勝は今季2大会Vと好調の南アが29-14でイングランドを圧倒し3つ目の優勝を飾った。
 22Pを得て計85P、2位のイングランド68Pとは17P差だ。
 3位はNZ29-14豪州だった。フィジーは5位。

 準決勝はイングランド12-5NZ。南ア26-12豪州だった。
 1-8位カップ戦準々決勝でまずはイングランドが24-7アルゼンチンとし4強入り。
 さらに不調NZが五輪王者フィジーを24-21で制した。今季首位・南ア、8位豪州も順当勝ち。

 9位以下のチャレンジトロフィー順位決定戦。
 9位決勝は仏×ロシア。ロシアが26-0で勝ち8Pを得た。
 準々決勝で日本はカナダを19-7で下しようやく今季1勝目を勝ち取った。
 準決勝で仏とあたり12-19で敗戦、11位タイで終えた。
 

☆第1日2月4日☆
 日本は、今回は予選プールはAでランキング1位の南ア、3位イングランド、10位ケニアと一緒の組となった。
 初戦で南アと対戦し0-32であえなく零封負け(前大会も0-33で敗北)。2戦目もイングランドに0-26と得点奪えず連敗。 3戦目もケニアに12-17で接戦で負け3敗で最下位。以前、今季は全敗だ。
 2日目は9-16位決定トーナメントへ。準々決勝でカナダと戦う。

 前大会で好調だったスコットランドはNZ、豪州と同じCで2敗を喫し3位で日本と同じく下位へ。
 Dのカナダも1勝1分け1敗(勝点6)でアルゼンチンと並んだが得失点差で3位に。
 前大会で予選3位だった米国、ウエールズ、豪州がカップ戦(1‐8位)へ。

<ランキング>
①南ア(85P)②イングランド(68)③フィジー(64)④NZ(56)⑤スコットランド(45)⑥豪州(40)⑦ウエールズ(40)
⑧米国(35)⑨アルゼンチン(35)⑩仏(35)⑪ケニア(27)⑫カナダ(24)
⑬サモア(16)⑭ロシア(16)⑮日本(8)⑯ウガンダ(4)⑰Pニューギニア(2)
<CUP戦1-4位2月5日>
■決勝
◆南ア29-14イングランド

■3位
◆NZ29-14豪州

■準決勝
◆イングランド12-5NZ
◆南ア26-12豪州

■準々決勝
◆イングランド24-7アルゼンチン
◆NZ24-21フィジー
◆南ア21-10米国
◆豪州26-0ウエールズ

<5-8位>
■決勝(5位)
◆フィジー35-12米国

■準決勝
◆アルゼンチン21-38フィジー
◆米国19-10ウエールズ

<チャレンジトロフィー9-16位>
■決勝(9位)
◆ロシア26-0仏

■準決勝
◆ロシア17-12サモア
◆日本12-19仏

■準々決勝
◆ケニア0-22ロシア
◆スコットランド14-21サモア
◆カナダ7-19日本
◆仏17-0Pニューギニア

<13-16位>
■決勝(13位)
◆カナダ10-5ケニア

■準決勝
◆ケニア19-14スコットランド
◆カナダ33-20Pニューギニア

<POOL1月28日>
■A/①位イングランド、②南ア、③ケニア、④日本
◆南ア15-21イングランド、14-7ケニア、32-0日本
◆イングランド19-12ケニア、26-0日本
◆ケニア17-12日本

■B/①ウエールズ、②フィジー、③仏、④サモア
◆フィジー15-28ウエールズ、31-7仏、40-0サモア
◆ウエールズ14-12仏、7-7サモア
◆仏17-14サモア

■C/①NZ、②豪州、③スコットランド、④Pニューギニア
◆NZ26-14豪州、14-7スコットランド、31-7Pニューギニア
◆豪州43-14スコットランド、26-7Pニューギニア
◆スコットランド26-12Pニューギニア

■D/①米国、②アルゼンチン、③カナダ、④ロシア
◆米国22-19アルゼンチン、31-19カナダ、14-17ロシア
◆アルゼンチン17-17カナダ、19-14ロシア
◆カナダ12-7ロシア

<<「2016-2017HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ第3戦NZ大会」>>

 ラグビー7人制(セブンズ)の世界NO1を決める「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ第3戦」が2017年1月28日、NZで開幕した。
 男子(16カ国)。
 日本はリオ五輪4位の男子が参加しますが、過去2大会は五輪メンバーが大学やトップリーグなどのシーズン中のため新しい選手を選んで挑戦した。全敗、最下位で終えています。

☆第2日1月29日☆
 1-9位のチャレンジトロフィーに回った日本は準々決勝で米国に14-19で惜敗し13位決定戦へ。準決勝でロシアに5-15で敗れ最下位15位タイ全敗で終えた。

 カップ戦(1-4位)は準決勝でスコットランドXフィジー、南アXカナダとなった。
 フィジーが19-12、南ア21-5でそれぞれ2大会連続で決勝へ進んだ。
 南ア26-5フィジーで連覇を達成した。南アは1位、12位、1位と好調だ。

☆第1日1月28日☆
 今回は予選プールはBでランキング1位の南ア、3位フィジー、7位豪州と一緒の組となり苦戦が続きます。
 初戦で南アと対戦し0-33であえなく零封負け。2戦目も0-56フィジーと得点奪えず連敗。
 3戦目も12-33で豪州に敗れ9-16位トーナメントへ回る。
 Dではカナダがスコットランドを28-19、28-5ウエールズと好調に連勝。ロシアも29-0で下し1位通過した。

<ランキング>
①南ア(63P)②フィジー(51)③イングランド(49)④スコットランド(44)⑤NZ(39)⑥ウエールズ(30)
⑦仏(28)⑧豪州(25)⑨アルゼンチン(25)⑩ケニア(25)⑪米国(23)⑫カナダ(21)
⑬サモア(11)⑭ロシア(8)⑮ウガンダ(4)⑯日本(3)⑰Pニューギニア(1)
<CUP戦1-4位1月29日>
■決勝
◆南ア26-5フィジー

■3位
◆スコットランド28-22カナダ

■準決勝
◆フィジー19-12スコットランド
◆南ア21-5カナダ

■準々決勝
◆スコットランド14-12イングランド
◆フィジー26-10NZ
◆カナダ17-12アルゼンチン
◆南ア45-0仏

<5-8位>
■決勝(5位)
◆アルゼンチン17-12NZ

■準決勝
◆イングランド0-24NZ
◆アルゼンチン19-14仏

<チャレンジトロフィー9-16位>
■決勝(9位)
◆ケニア19-17豪州

■準決勝
◆ケニア19-12米国
◆豪州24-10ウエールズ

■準々決勝
◆ケニア24-5ロシア
◆米国19-14日本
◆ウエールズ29-7Pニューギニア
◆豪州17-14サモア

<13-16位>
■決勝(13位)
◆サモア19-12ロシア

■準決勝
◆ロシア15-5日本
◆サモア35-7Pニューギニア

<POOL1月28日>
■A/①イングランド、②アルゼンチン、③ケニア、④Pニューギニア
◆イングランド31-12ケニア、26-7アルゼンチン、40-0Pニューギニア
◆ケニア12-17アルゼンチン、47-5Pニューギニア
◆アルゼンチン41-14Pニューギニア

■B/①南アフリカ、②フィジー、③豪州、④日本
◆南アフリカ31-12フィジー、28-0豪州、33-0日本
◆フィジー26-12豪州、56-0日本
◆豪州33-12日本

■C/①NZ、②仏、③米国、④サモア
◆NZ24-12米国、21-14仏、33-7サモア
◆米国21-21仏、24-12サモア
◆仏28-5サモア

■D/①カナダ、②スコットランド、③ウエールズ、④ロシア
◆スコットランド31-7ウエールズ、12-5ロシア、19-28カナダ
◆ウエールズ33-0ロシア、5-28カナダ
◆ロシア0-28カナダ

<<「2016-2017HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ第2戦南ア大会」>>
 ラグビー7人制(セブンズ)の世界NO1を決める「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ第2戦」が2016年12月10日、南アのケープタウンで開幕した。
 男子のみ12月10-11日です(16カ国)。
 日本はリオ五輪4位の男子が参加しますが、選手は五輪メンバーが大学やトップリーグなどのシーズン中のため新しい選手を選んで挑戦。しかし10月にあったアジアシリーズに出場した大学生の若い選手が多くアジアで5位以下でした。
 選手には責任はなくセブンズにかける協会、チームの本気度が問題ですね。

☆12月11日、男子2日目☆
 9-16位のチャレンジトロフィーに回った日本男子。準々決勝はアルゼンチン戦。前回ドバイ大会と同じ戦いでフドーハでは14-31で負けている。12-33で敗れ13-16位決定戦へ。準決勝でウガンダに17-21で負け全敗、最下位15位タイで終えた。
 カップ(1-8位)準々決勝で前ドバイ大会2位でリオf五輪金メダルのフィジーが難敵イングランドと当たると31-26でイングランドが勝った。イングランドは準決勝33-14スコットランド、決勝も19-17南アフリカ(ドバイV)と下しシリーズV1勝目となった。
 フィジーは5位決定戦で33-29ケニアとなった。

☆12月10日、男子第1日☆
 日本はプールB、初戦をリオ五輪金メダルのフィジーと戦い7-33で敗れた。ケニアに5-24、仏7-50と歯が立たず全敗で終えた。最終日は9-16位のチャレンジトロフィーに回る。
 プール戦ではA2位に米国、B2位にケニアが入りカップ戦(1-8位)へ。前回大会5位の豪州はA3位、7位仏がB3位となりカップ戦を逃した。残り6カ国は連続でカップ戦へ。
大会記録WEB
<CUP戦1-4位12月11日>
■決勝
◆イングランド19-17南アフリカ

■3位
◆NZ24-19スコットランド

■準決勝
◆イングランド33-14スコットランド
◆南アフリカ14-7NZ

■準々決勝
◆南アフリカ33-0ウエールズ
◆NZ22-7ケニア
◆スコットランド24-19USA
◆イングランド31-26フィジー

<5-8位>
■決勝(5位)
◆フィジー33-21ケニア

■準決勝
◆ケニア19-14ウエールズ
◆フィジー22-12USA

<チャレンジトロフィー9-16位>
■決勝(9位)
◆仏19-7アルゼンチン

■準決勝
◆仏17-12ロシア
◆アルゼンチン21-17豪州

■準々決勝
◆豪州42-12ウガンダ
◆アルゼンチン33-12日本
◆サモア14-17ロシア
◆仏42-14カナダ

<13-16位>
■決勝(13位)
◆カナダ19-10ウガンダ

■準決勝
◆カナダ26-24サモア
◆ウガンダ21-17日本

<POOL12月2日>
■A/①南アフリカ、②USA、③豪州、④ロシア
◆①南アフリカ28-10②USA、29-7③豪州、41-0④ロシア
◆②USA19-0③豪州、26-17④ロシア
◆③豪州36-0④ロシア

■B/①フィジー、②ケニア、③仏、④日本
◆①フィジー28-22②ケニア、28-19③仏、33-7④日本
◆②ケニア33-14③仏、24-5④日本
◆③仏50-7④日本

■C/①NZ、②イングランド、③アルゼンチン、④カナダ
◆①NZ33-7②イングランド、26-12③アルゼンチン、19-19④カナダ
◆②イングランド19-14③アルゼンチン、33-10④カナダ
◆③アルゼンチン43-14④カナダ

■D/①スコットランド、②ウエールズ、③サモア、④ウガンダ
◆①スコットランド24-21②ウエールズ、21-19③サモア、38-7④ウガンダ
◆②ウエールズ17-0③サモア、29-7④ウガンダ
◆③サモア29-5④ウガンダ

<<「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ第1戦ドバイ大会」>>

 「2016-2017HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ」第1戦が12月1日、ドバイで開幕した。
 女子が12月1-2日(12カ国)、男子12月2-3日です(16カ国)。
 日本はリオ五輪4位の男子が参加しますが、選手は五輪メンバーが大学やトップリーグなどのシーズン中のため新しい選手を選んで挑戦。しかし10月にあったアジアシリーズに出場した大学生の若い選手が多くアジアで5位以下でした。
 選手には責任はなくセブンズにかける協会、チームの本気度が問題ですね。
ドバイ男子WEB
ドバイ女子WEB

☆12月3日、男子2日目☆
 9-16位のチャレンジトロフィーに回った日本男子。準々決勝で14-31でアルゼンチンに敗れ13位決定戦へ。その準決勝でウガンダに19-26と敗れ全敗で最下位の15位タイで終えた。
 1-8位のカップ戦。準々決勝でフィジー、イングランド、ウエールズ、南アフリカ(40-0NZ)と4強が決まった。準決勝はフィジー31-12イングランド、南アフリカ26-5ウエールズ。決勝は五輪金メダルのフィジーと南アフリカ戦。
 南アが26-14で破りシリーズ初戦Vを飾った。3位はイングランド38-10ウエールズ。

☆12月2日、男子第1日☆
 日本はプールD、初戦を豪州と戦い19-14で敗れた。続いてケニアに17-7、仏35-0と戦えず全敗で終えた。3日は9-16位のチャレンジトロフィーに回る。

☆12月2日、女子第2日☆
 決勝戦でNZが17-5で豪州を下し初戦を制した。3位ロシア17-14イングランド。
 8強によるカップ戦準々決勝でNZ、ロシア、イングランド、豪州が勝ち4強へ。
 
☆12月2日、女子第1日☆
 4チームずつに分かれてのプール戦を行った。
 Aは豪州が1位、2位ロシア、3位南アがカップ戦準々決勝へ。
 Bは1位NZ、2位フィジー、3位仏がカップ戦へ。
 Cは1位カナダと2位イングランドが進んだ。

<<「HSBCワールドラグビー男子セブンズシリーズ 第1戦ドバイ>>
<CUP戦1-4位12月3日>
■決勝
◆南アフリカ26-14フィジー

■3位
◆イングランド38-10ウエールズ

■準決勝
◆フィジー31-12イングランド
◆南アフリカ26-5ウエールズ

■準々決勝
◆フィジー40-5フランス
◆イングランド24-21スコットランド
◆ウエールズ21-12豪州
◆南アフリカ40-0NZ

<5-8位>
■決勝(5位)
◆豪州19-12スコットランド

■準決勝
◆豪州20-12NZ
◆スコットランド26-17フランス

<チャレンジトロフィー9-16位>
■決勝(9位)
◆USA28-14サモア

■準決勝
◆サモア12-10アルゼンチン
◆USA21-19ケニア

■準々決勝
◆アルゼンチン31-14日本
◆サモア27-19ウガンダ
◆ケニア22-14カナダ
◆USA40-0ロシア

<13-16位>
■決勝(13位)
◆カナダ20-17ウガンダ

■準決勝
◆日本19-26ウガンダ
◆カナダ27-5ロシア

<POOL12月2日>
■A/①フィジー、②アルゼンチン、③ウエールズ、④カナダ
◆フィジー22-19アルゼンチン、24-12ウエールズ、26-19カナダ
◆アルゼンチン19-21ウエールズ、21-14カナダ
◆ウエールズ31-5カナダ

■B/①南アフリカ、②スコットランド、③米国、④ウガンダ
◆南アフリカ19-17米国、21-5スコットランド、46-0ウガンダ
◆米国5-14スコットランド、29-7ウガンダ
◆スコットランド35-14ウガンダ

■C/①イングランド、②NZ、③サモア、④ロシア
◆NZ12-26イングランド、26-21サモア、26-5ロシア
◆イングランド19-7サモア、38-7ロシア
◆サモア17-15ロシア

■D/①豪州、②フランス、③ケニア、④日本
◆豪州19-14日本、28-0フランス、17-12ケニア
◆日本0-35フランス、7-17ケニア
◆フランス24-14ケニア

<<「HSBCワールドラグビー女子セブンズシリーズ 第1戦ドバイ>>
<CUP戦1-4位12月2日>
■決勝
◆NZ17-5豪州

■3位
◆ロシア17-14イングランド

■準決勝
◆NZ24-5ロシア
◆豪州31-10イングランド

■準々決勝
◆NZ39-0南アフリカ
◆ロシア17-7カナダ
◆イングランド19-17フィジー
◆豪州42-0フランス

<5-8位>
■決勝(5位)
◆フィジー17-14カナダ

■7位
◆フランス31-5南アフリカ

■準決勝
◆カナダ19-12南アフリカ
◆フィジー31-12フランス

<チャレンジトロフィー9-12位>
■決勝(9位)
◆アイルランド14-12スペイン

■11位
◆USA26-17ブラジル

■準決勝
◆スペイン22-7ブラジル
◆USA5-28アイルランド

<POOL12月1日>
■A/①豪州、②ロシア、③南アフリカ、④USA、
◆豪州38-5南アフリカ、19-0USA、20-7ロシア
◆南アフリカ26-7USA、14-19ロシア
◆USA12-10ロシア

■B/①NZ、②フィジー、③フランス、④アイルランド
◆NZ31-0フランス、19-0フィジー、27-5アイルランド
◆フランス14-21フィジー、24-14アイルランド
◆フィジー17-17アイルランド

■C/①カナダ②イングランド、③スペイン、④26-19ブラジル
◆イングランド31-7スペイン、28-7ブラジル
◆スペイン21-5ブラジル

|

« 日本は南ア、イングランドに完敗。3敗で下位決定戦へ。WRセブンズ豪州大会 | Main | SW2017年初戦辛勝 FL金、PR具メンバー入り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本ようやく1勝、9位準決勝で敗れ11位タイ。WRセブンズ豪州大会 :

« 日本は南ア、イングランドに完敗。3敗で下位決定戦へ。WRセブンズ豪州大会 | Main | SW2017年初戦辛勝 FL金、PR具メンバー入り »