« SWホームでようやく1勝目 SR7週 | Main | 桐蔭学園が初優勝 高校選抜大会 »

April 09, 2017

決勝は京都成章高×桐蔭学園 高校選抜大会

「第18回全国高校選抜ラグビー大会」が2017年3月31日に熊谷ラグビー場で開幕する。

 32校が参加し春の覇権を4月9日まで争う。

 今回はU18代表がイングランドの大会に参加するため東福岡高など代表を多く出す高校の戦いぶりに関心が寄せられている。

 近畿地区4位代表で大阪朝鮮高が2大会ぶりに出場する。
Dscf2785

{第6日4月7日}
 準決勝2試合を行った。
 京都成章高28-24東福岡高、桐蔭学園高68-0石見智翆館高。
 成章が後半21-24と逆転されたが26分、再逆転。初の全国制覇に王手をかけた。桐蔭は2年連続決勝へ。

{第5日4月6日}
 準々決勝4試合を行った。
 
 4強は京都成章高×東福岡高、桐蔭学園高×石見智翆館高の対戦(4月8日)に。
 
 試合は京都成章19-17大阪桐蔭高、東福岡54-34國學院久我山高、桐蔭学園60-0春日丘高、石見智慧館33-21佐賀工業高の結果だった。
 東福岡高は風下の前半14分までに久我山に4T奪われて0-24となった。しかし19分から攻め4T4G28得点を返し逆転。後半に差を広げた。

{第4日4月4日}
 G組の大阪朝鮮高は2勝同士の春日丘高と対戦する。前半を春日がLO村松の2T、GはFB大藪が決めた。朝高はCTB12李承信が12分にPG、30分にFL6朴祐亨T、Gと10-14で折り返した。
 後半1分、朝高がCTB12李承信、最初にTで得点し15-14と逆転。10分に春日がSH鈴村のTで逆転(G成功15-21)。
 しかし春日はシンビンで1人少なくなった。朝高はこれをいかせず4分後、春日が鈴村が再びTラインを越え15-28へ。21分、26分にも連続トライし15-42と試合を決めた。
 朝高も29分にFB李優賢、30分承信が2トライしたが29-42で敗退した。

 A東福岡高はU18代表に8人を出したあとの最初の試合。深谷高を75-12で寄せ付けず3連勝で1位通過し8強へ。Bは近畿2位の大阪桐蔭高が東海大相模高を48-7で制し8強。
 Cも石見智翆館高44-12札幌山の手高、D京都成章高86-7黒沢尻工業高、E國學院久我山高74-0城東高、F桐蔭学園高104-0神戸市科技高、H佐賀工業高47-8仙台育英高が3勝で準々決勝へ進んだ。

{第3日4月2日}
 G組の大阪朝鮮高校52(33-12))19崇徳高校で2連勝。春日丘高校も流経大柏高校を29-7で下し2勝目。4日の直接対決で1位通過が決まる(8強入り)。
 Aは東福岡高校が66-12尾道高校で連勝。Bは大阪桐蔭高、東海大相模高が、Cは石見智慧館高が連勝している。
 Dは近畿1位の京都成章高、黒沢尻工業高。E國學院久我山高、F桐蔭高高、Hは佐賀工業高が東海大仰星高に後半逆転22-12で勝ち連勝だ。

{第2日4月1日}
 大阪朝鮮高校19(0-0)14流通経済大柏高。2大会ぶり出場の大阪朝鮮高校は初戦(4月1日)、2年前に予選リーグで0-59と大敗した流経大柏と対戦しリベンジし1勝目をあげた。
 前半は流経大柏がやや優位で朝高陣で進めるも得点を奪えず無得点で折り返した。
 先制は押されていた朝高だった。1分すぎ、柏陣22メートルの外側でスクラムを得るとゴールラインまで迫った。しかしインゴールでボールを押さえることが出来ずに5メートルの朝高ボールスクラムへ。3分、スクラムから右へ回し右隅にWTB金純海(きむ・すね)が飛び込んだ。難しい位置のゴールをCTB李承信(り・すんしん)が決めた(7-0)。
Dscf2812
Dscf2817

 柏もリスターのボールをつなぐと右WTB永山大地が右中間へトライを奪い、ゴール成功で同点とした。
 朝高は焦らなかった。5分後に柏陣は入ると再びWTB金が2本目のトライで12-7と勝ち越した。
Dscf2830
さらに23分には右ラインアウトからFWがラックサイドを突く柏ゴールへ近づいた。最後は中央から左へつなぐとHO金樹一(きむ。すいる)がポスト左へボールを置いた。CTB李がゴールを確実に蹴り19-7へ。
Dscf2846
柏は終了間際の28分に左CTB柳田翔吾がトライとゴールを決めて5点差としたが及ばなかった。権晶秀(くぉん・じょんす)監督は「フィジカルで強い柏に1対1でファイトしてくれた。ベスト8が目標」と話した。
8強入りに幸先良いスタート。
 あす2日、広島の崇徳戦。

 沖縄の名護高校(エンジ・黄色)はFw戦で黒沢尻工業高校(赤黒)に負け14-45で初戦を落とした。
Dscf2756
Dscf2727

 優勝候補の東福岡高校は40-7天理を圧倒。
Dscf2693

 東海大仰星も50-3と後半に仙台育英学園高を突き放した。
Dscf2866

<<第18回全国高校選抜ラグビー大会>>

<決勝トーナメント>
■決勝(4月9日)
◆桐蔭学園高-京都成章高

■準決勝(4月8日)
◆桐蔭学園高68(28-0)0石見智翠館高

◆京都成章高28(17-12)24東福岡高

■準々決勝(4月6日)
◆石見智翠館高33(26-7)21佐賀工業高
*石見5T4G、佐賀3T3G

◆桐蔭学園高60(38-0)0春日丘高
*桐蔭9T6G1P

◆大阪桐蔭高17(5-14)19京都成章高
*大阪桐蔭3T1G、京都3T2G

◆東福岡高54(28-24)34國學院久我山高
*東福岡8T7G、久我山5T3G1P

<予選>3月31日(金)~4月4日(火)
■A/①東福岡高、 ②天理高、③尾道高、④深谷高
◆東福岡高75(42-12)12深谷高、66(19-12)12尾道高、40(28-0)7天理高
◆深谷高14(0-12)31尾道高、7(0-26)71天理高
◆尾道高0(0-38)50天理高

■B/①大阪桐蔭高、②東海大相模高、③大分舞鶴高、④秋田工業高
◆大阪桐蔭高48(17-0)7東海大相模高、53(41-0)14大分舞鶴高、49(24-0)5秋田工業高
◆東海大相模高41(22-5)17大分舞鶴高、33(7-7)19秋田工業高
◆大分舞鶴高28(7-12)24秋田工業高

■C/①石見智翠館高、②西陵高、③札幌山の手高、④土佐塾高、
◆石見智翠館高44(27-0)12札幌山の手高、65(31-0)5土佐塾高、36(19-0)7西陵高
◆札幌山の手高36(12-7)14土佐塾高、17(12-7)26西陵高
◆土佐塾高17(5-28)40西陵高

■D/①京都成章高、②黒沢尻工業高、③名護高、④川越東高
◆京都成章高86(46-7)7黒沢尻工業高、65(36-0)0名護高、73(42-0)0川越東高
◆黒沢尻工業高45(17-0)14名護高、31(14-8)13川越東高
◆名護高31(14-17)22川越東高

■E/①國學院久我山高、②日本航空石川高、③長崎南山高、④城東高
◆國學院久我山高17(7-7)14長崎南山高、24(7-14)19日本航空石川高、74(34-0)0城東高
◆長崎南山高14(0-35)47日本航空石川高、59(28-0)0城東高
◆日本航空石川高76(22-0)7城東高

■F/①桐蔭学園高、②旭野高、③神戸科学技術高、④高鍋高
◆桐蔭学園高40(21-0)14高鍋高、104(52-0)神戸科学技術高、69(29-0)5旭野高
◆高鍋高14(7-7)7神戸科学技術高、5(5-21)28旭野高
◆神戸科学技術高12(12-5)12旭野高

■G/①春日丘高、②大阪朝鮮高、③流通経済大柏高、④崇徳高
◆大阪朝鮮高29(10-14)42春日丘高(4日)
*朝高4T3G1P、春日6T6G
◆大阪朝鮮高19(0-0)14流通経済大柏高(1日)
*朝高3T2G、柏2T2G

◆大阪朝鮮高52(33-12)19崇徳高(2日)
*朝高8T6G、崇徳3T2G

◆春日丘高29(19-0)7流通経済大柏高、71(24-14)14崇徳高
◆流通経済大柏高63(21-0)0崇徳高

■H/①佐賀工業高、②東海大仰星高、③茗溪学園高、④仙台育英学園高
◆東海大仰星高67(31-0)0茗溪学園高、12(12-5)22佐賀工業高、50(19-3)3仙台育英学園高
◆茗溪学園高7(0-12)27佐賀工高、35(21-0)12仙台育英学園高
◆佐賀工業高47(12-8)8仙台育英学園高

|

« SWホームでようやく1勝目 SR7週 | Main | 桐蔭学園が初優勝 高校選抜大会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 決勝は京都成章高×桐蔭学園 高校選抜大会:

« SWホームでようやく1勝目 SR7週 | Main | 桐蔭学園が初優勝 高校選抜大会 »