« U17日本が優勝 2017日韓中ジュニア交流大会 | Main | アジアラグビーセブンズシリーズ2017 第1戦 韓国選手リスト »

August 29, 2017

「九電が32-17で韓電を退ける 日韓親善試合」

「九電が32-17で韓電を退ける 日韓親善試合」
Dscf6863

 8月26日、佐賀県総合運動場で九州電力と韓国電力の同じ電力会社、強豪ラグビー部が親善試合を行った。  佐賀県と韓国・全羅南道(チョルラナムド)は、友好交流協定を結んでいる。韓電の大韓ラグビー協会加盟地域が全羅南道ということもあり「佐賀県・全羅南道スポーツ交流事業」として開催となった。
Dscf6844
 
 試合は前後半3トライずつを奪った九電が32-17で追いすがる韓電を振り切った。
Dscf6952

 前半3分、韓電陣22メートルの左ラインアウトから右へ運びび飛ばしパスが左WTB齊藤剛希はわたり先制した。10分には右WTB磯田泰成が連続トライで差を広げた。
 防戦一方の韓電も代表LO韓建圭(ハン・コンギュ)が入替で早めに入ると突破力で前進を見せた。36分に右ラインアウトからボールをつなぎ最後は代表主将のFL金昌珉(キム・ジョンミン)がトライを返した。
Dscf6909
 
 後半も九電は両WTBがファイブポインターとなった。
 韓電は後半1分に代表FL金玄樹(キム・ヒョンス)のトライで12-15と迫った。19分には、6月に宗像サニックスブルースでSH研修をした代表の朴玩龍(パク・ワンヨン)がキックチャージからトライするなど最後まで粘った。
Dscf6938
 
 九電は9月に始まるトップリーグ昇格を目指す「トップチャレンジリーグ」に向けて開幕メンバーで臨んだ。
 中靍 憲章主将は「韓国は個々のフィジカルが強かった」と肉弾戦を経験、制したことを喜んだ。

 韓電は今季、15人制で国内2冠、7人制大会優勝している。
 代表SO呉潤衡(オ・ユンヒョン)は「九電が上でした。慣れないボールの手触りに少し戸惑った」と選手たちにノックオンが多かったことを反省した。10月の全国体育大会(国体)に向けて国内では分からないレベルを知る良い機会になった。
Kdhj17826
 試合後のアフターマッチファンクションでは両チーム同じポジションの選手が缶ビールの一気飲みで争うなど和気あいあいの時間を過ごした。九電からは「次回は韓国遠征」と交流継続の声があがっていた。

|

« U17日本が優勝 2017日韓中ジュニア交流大会 | Main | アジアラグビーセブンズシリーズ2017 第1戦 韓国選手リスト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「九電が32-17で韓電を退ける 日韓親善試合」:

« U17日本が優勝 2017日韓中ジュニア交流大会 | Main | アジアラグビーセブンズシリーズ2017 第1戦 韓国選手リスト »