« ホンダが10T60-3釜石に圧勝で連勝 17TCL第2週 | Main | 対抗戦はいきなり慶應・筑波戦 2017大学リーグ »

September 21, 2017

アジアセブンズ 第2戦韓国で男女開催

<<アジアラグビーセブンズシリーズ2017 第2戦 韓国大会>>
「アジアラグビーセブンズシリーズ2017 第2戦 韓国大会」が9月23日(土)、24日(日)開催。
男子8、女子8か国が出場する。シリーズ1-2位が次のワールドカップセブンズアジア代表2枠を与えられる。

写真はアジア連盟WEB(香港大会Vの日本)
20179japanwin

男子は韓国、日本、香港、スリランカなど8カ国が参加。
アジアセブンズ韓国(男子)WEB
香港大会優勝の日本はPOOLA。中国、スリランカ、台湾と同じ組だ。
韓国はPOOLBで香港大会で準決勝で敗れた香港、フィリピン、マレーシアだ。
韓国男子代表12人が発表された。監督/チェ・チャンリョル(世翰大/セハン)が務める。
地元大会で2位以上が至上命題だ。コーチに昨年までホンダでプレーした梁永勲(ヤン・ヨンフン/SH)が参加。選手は香港大会から人を入替えた。15人制代表兼務、すべて韓国電力からセブンズ経験豊富な金玄樹(キム・ヒョンス/FL)や韓建圭(ハン・ゴンギュ/LO、NO8)、15人制代表の金昌珉(キム・ジョンミン/FL)、 BKの金南郁(キム・ナンウク/CTB)、金洸民(キム・グァンミン/WTB)を追加した。

女子は日本は最近、力を付けているタイ、シンガポール、カザフスタンと同じPOOLC。
韓国はPOOLD。実力国の中国、香港、スリランカと厳しい戦いに臨む。
選手には日本の三重パールズに所属する李ミンヒ、流経大グレースに留学した李ジュヨンも選ばれた。
アジアセブンズ韓国(女子)

選手には春のARC(アジアチャンピオンシップ)15人制で快速を見せたチャン・ヨンフン(張容興、尚武)らが入っている。香港でチョン・ヨンシク(鄭演植、尚武)は全6試合で総21トライ中9トライ。李ジェボック4T、ヨンフンは3Tだった。

{男子}
☆第1日(9月23日)
 予選プールを行った。

<プール戦、9月23日>
■POOLA 日本、中国、スリランカ、台湾
◆日本-中国、-スリランカ、-台湾
◆中国-スリランカ、-台湾
◆スリランカ-台湾

■POOLB 韓国、香港、フィリピン、マレーシア
◆韓国-香港
◆韓国-フィリピン
◆韓国-マレーシア

◆香港-フィリピン、-マレーシア
◆フィリピン-マレーシア

<順位決定トーナメント、9月24日>
■カップ決勝

■3位決定戦

■カップ準決勝

■プレート決勝(5位)

■7/8位決定戦

■プレート準決勝

■カップ準々決勝
◆①
◆②
◆③
◆④

<韓国代表>
■監督/チェ・チャンリョル(世翰大/セハン、70/8/25生)
■コーチ/梁永勲(ヤン・ヨンフン、大韓協会=KRU、16までホンダ、15人&7人制代表主将、14年アジア大会代表、SH)
■トレーナー/ピョン・ウジン(KRU)

■選手(所属のあとは17香港=アジア第1戦、⑮=2017年15人制代表、⑦=2016年7人制代表、⑭=14年アジア大会、15人制ポジション)
☆FW5人
◎1/韓建圭(ハン・コンギュ、韓国電力、 87/1/22、187/113、⑮、⑭LO/NO8)
HAN KUNKYU
◎2/金昌珉(キム・ジョンミン、韓国電力、83/03/15、183/93、⑮主将、⑭、FL) KIM JEONGMIN
◎3/金玄樹(キム・ヒョンス、韓国電力、88/11/08、182/95、⑮、⑭、アジア大会主将、FL)KIM HYUNSOO
◎4/金ヨハン(軍体育部隊=尚武、93/1/1生、17香港、NO8)Yohan Kim
◎5/イム・ジュンヒ(林峻煕、尚武、93/4/11、17香港、⑮、HO/FL)Junhui Lim
☆BK7人
◎6/チャン・ヨンフン(張容興、尚武、93/11/12、17香港、⑮、WTB/FB)Yong Heung Chang
◎7/チョン・ヨンシク(鄭演植、尚武、93/5/8、17香港、⑮、⑦、⑭、WTB)Yeon Sik Jeong
◎8/李ジェボック(李在馥、尚武、91/5/22、17香港◎6/李ジェボック、⑮、FB)Jae Bok Lee
◎9/アンドレ(尚武、17香港、⑦、91/1/15、FB)Andre Jin Coquillard
◎10/李ジンギュ(尚武、17香港、94/7/4、CTB)Jinkyu Lee
◎11/金南郁(キム・ナンウク、韓国電力、90/02/05、179/95、⑦、⑭、CTB)KIM NAMWOOK
◎12/金洸民(キム・グァンミン、 韓国電力、88/04/02、180/80、⑮、⑦、⑭、WTB))KIM GWONGMIN

{女子}
☆第1日(9月23日)
 予選プールを行った。

<プール戦、9月23日>
■POOLA 日本、タイ、シンガポール、カザフスタン
◆日本-タイ、-シンガポール、-カザフスタン
◆タイ-シンガポール、-カザフスタン
◆シンガポール-カザフスタン

■POOLB 韓国、中国、香港、スリランカ
◆韓国-中国
◆韓国-香港
◆韓国-スリランカ

◆中国-香港、-スリランカ
◆香港-スリランカ

<順位決定トーナメント、9月24日>
■カップ決勝

■3位決定戦

■カップ準決勝

■プレート決勝(5位)

■7/8位決定戦

■プレート準決勝

■カップ準々決勝
◆①
◆②
◆③
◆④

<韓国代表>
■監督/チョ・ソンリョン(KRU、71/3/30生)/
■コーチ/李ボムグォン(KRU、16までホンダ、81/5/30)
■トレーナー/ヤン・ミンジン(KRU)

■選手(⑭=2014年アジア大会)
◎1/金ドンリ(KRU、⑭、92/8/17)
◎2/金ユリ(KRU、93/1/2)
◎3/ヤン・ソンヒ(ソウル・エルリス、90/10/31)
◎4/チャン・ヘス(ソウル・エルリス、⑭、94/7/6)
◎5/ホ・ギョンヒ(ソウル・エルリス、90/1/1)
◎6/李ミンヒ(三重パールズ、87/1/6)
◎7/クォン・スルギ(ソウル・エルリス、96/10/31)
◎8/李ジュヨン(流経大グレース、⑭、96/1/24)
◎9/チョン・シユン(KRU、⑭、95/1/31)
◎10/朴ソンビン(KRU、91/6/17)
◎11/ペク・ジオン(ソウル・エルリス、94/2/8)
◎12/ハン・ウンホ(ソウル・エルリス、95/8/7)

<<アジアラグビーセブンズシリーズ2017 第1戦 香港大会>>
「アジアラグビーセブンズシリーズ2017 第1戦 香港大会」が9月1日(金)、2日(土)開催された。
韓国3位 決勝は日本12-7香港でVを勝ち取った。*写真はアジア連盟WEB
20179japanwin

韓国、日本、香港、スリランカなど8カ国が参加し次のワールドカップセブンズアジア代表2枠を争う。

韓国は日本、スリランカと強豪そろうPOOLB。

韓国代表12人が発表された。監督/チェ・チャンリョル(世翰大/セハン)が務める。

選手には春のARC(アジアチャンピオンシップ)15人制で快速を見せたチャン・ヨンフン(張容興、尚武)らが入っている。チョン・ヨンシク(鄭演植、尚武)は全6試合で総21トライ中9トライ。李ジェボック4T、ヨンフンは3Tだった。

アジアラグビー協会WEBはこちらから

☆第2日(9月2日)
 決勝は日本が香港を12-7で下し優勝。韓国も3位決定戦で14-7中国を制した。
 カップ準々決勝で日本はA4位マレーシアを44-0、韓国はA3位フィリピンを17-12で下し準決勝へ。
 日本は中国を40-5と寄せつけなかった。韓国は香港に17-22と惜敗し3位決定戦へ回った。

☆第1日(9月1日)
 予選プールを行った。Bで日本が韓国を33-10で破るなど3戦全勝で1位通過。
1791kojap
 韓国は24-14スリランカ、43-7台湾と2勝1敗で2位となった。
 2日目のカップ準々決勝で日本はA4位マレーシア、韓国はA3位フィリピンと対戦する。
 Aは香港が全勝で1位、2位中国。

<プール戦、9月1日>
■POOLA 1位/香港、②中国、③フィリピン、④マレーシア
◆香港26-7中国、38-5フィリピン、31-0マレーシア
◆中国22-5フィリピン、54-14マレーシア
◆フィリピン33-0マレーシア

■POOLB 1位/日本、②韓国、③スリランカ、④台湾
◆日本33-10韓国、33-5スリランカ、38-0台湾
*日本戦韓国2T/李ジェボック1、チャン・ジョンミン1
◆韓国24-14スリランカ、
*韓国4T/チョン・ヨンシク3、チャン・ヨンフン1
◆韓国43-7台湾
*韓国7T/アンドレ1、李ジンギュ1、ソン・ミンス1、金ギミン1、李ジェボック1、チョン・ヨンシク2
◆スリランカ52-7台湾

<順位決定トーナメント、9月2日>
■カップ決勝
◆日本12-7香港

■3位決定戦
◆韓国14-7中国
*韓国2T/李ジェボック1、チャン・ヨンフン1

■カップ準決勝
◆香港22-17韓国
*韓国3T/李ジェボック1、チャン・ヨンフン1、チョン・ヨンシク1
◆日本40-5中国

■プレート決勝(5位)
◆スリランカ27-19フィリピン

■7/8位決定戦
◆マレーシア33-12台湾

■プレート準決勝
◆フィリピン29-5台湾
◆スリランカ45-0マレーシア

■カップ準々決勝
◆①韓国17-12フィリピン
*韓国3T/チョン・ヨンシク3
◆②香港20-0台湾
◆③日本44-0マレーシア
◆④中国36-12スリランカ

<韓国代表>
■監督/チェ・チャンリョル(世翰大/セハン、70/8/25生)

■選手(所属のあとは⑮=2017年15人制代表、⑦=2016年7人制代表、15人制ポジション)
☆FW5人
◎3/金ヨハン(軍体育部隊=尚武、93/1/1生、NO8)
Yohan Kim
◎1/アンドレ(尚武、⑦、91/1/15、FB)
Andre Jin Coquillard
◎2/李ジンギュ(尚武、94/7/4、CTB)
Jinkyu Lee
◎8/ソン・ミンス(尚武、93/6/13、FL7)
Minsu Son
◎9/イム・ジュンヒ(林峻煕、尚武、93/4/11、⑮、HO/FL)
Junhui Lim
☆BK7人
◎5/チャン・ヨンフン(張容興、尚武、93/11/12、⑮、WTB/FB)
Yong Heung Chang
◎7/チョン・ヨンシク(鄭演植、尚武、93/5/8、⑮、⑦、WTB)
Yeon Sik Jeong
◎12/金ギミン(慶煕大、97/8/5、FB)
Kimin Kim
◎6/李ジェボック(李在馥、尚武、91/5/22、⑮、FB)
Jae Bok Lee
◎4/ホン・ソンジョン(檀国大、95/5/3、SH)
Sung Jong Hong
◎10/李ソクギュン(尚武、92/1/1、WTB)
Seokgyun Lee
◎11/チャン・ジョンミン(尚武、94/11/10、WTB)
Jeong Min Jang

|

« ホンダが10T60-3釜石に圧勝で連勝 17TCL第2週 | Main | 対抗戦はいきなり慶應・筑波戦 2017大学リーグ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アジアセブンズ 第2戦韓国で男女開催:

« ホンダが10T60-3釜石に圧勝で連勝 17TCL第2週 | Main | 対抗戦はいきなり慶應・筑波戦 2017大学リーグ »