« A明大が5戦全勝で初V 関東大学春季大会 18/6/3 | Main | PR3具智元(グ・ジウォン)先発 2018/6/9日本イタリア第1戦 »

June 05, 2018

フィジーが3大会連続V 2018HSBCセブンズ・ロンドン大会(9戦) 18/6/2-3

「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2017-2018 第9戦ロンドン大会」の男子大会が6月2-3日開催。
ラグリパ記事こちらから
☆第2日
 1-8位カップ戦は決勝でフィジーが21-17南アを制し香港・シンガポールに次ぎ3連続Vを決めた。3位は招待参加アイルランドが21-19イングランド。アイルランドは香港大会の次年度昇格戦で日本に準決勝で敗退(惜しい逆転Tを逃していた)。
 チャレンジトロフィー(9-16位)はケニアが33-19ウエールズが確保した。

☆第1日
 Aはフィジーが全勝、Bも豪州が全勝で通過。Cは米国がケニアと引分も1位に。Dは南アがサモアに12-21で敗れたが1位。 
 カップ戦(1-8位)準々決勝はフィジー-カナダ、アイルランド-米国、南ア-NZ、南ア-ケニア、豪州-イングランドとなった。
<総合ポイント>
フィジー(167)、南ア(160)、NZ(133)、豪州(118)、米(105)、イングランド(103)、ケニア(101)、アルゼ(97)、カナダ(61)、サモア(58)、スコット(53)、仏(48)、西(46)、ウエールズ(42)、露(25)、アイルランド(17)、PNG(6)、ウガンダ(4)、日本(3)、ウルグアイ(2)、韓国(1)

<<男子「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2017-2018 第9戦ロンドン大会」>>
<カップ戦>(6月3日)
■決勝
◆フィジー21-17南ア
*フィジー(22)、南ア(19)

■3位決定戦
◆アイルランド21-19イングランド(15)
*アイル(17)

■準決勝
◆フィジー38-17アイルランド
◆南ア29-19イングランド

■準々決勝
◆フィジー40-7カナダ
◆アイルランド22-12米国
◆南ア14-5NZ
◆イングランド21-17豪州

■5位決定戦
◆NZ26-5米国
NZ(13)、米(12)

■5-8位準決勝
◆NZ38-7豪州(10)
◆米27-19カナダ(10)

■チャレンジトロフィー(9位決定戦)
◆ケニア33-19ウエールズ
*ケニア(8)、ウエールズ(7)

■準決勝(9-12位)
◆ケニア42-10アルゼンチン(5)
◆ウエールズ27-12ロシア(5)

■準々決勝(9-16位)
◆ケニア38-0スペイン
◆アルゼンチン19-14サモア
◆ウエールズ33-29仏
◆ロシア15-10スコットランド

■13位決定戦
◆サモア34-10スコットランド
*サモア(3)、スコット(2)

■13-16位準決勝
◆サモア26-10スペイン(1)
◆スコットランド43-21(1)

<プール戦>(6月2-3日)
■A①フィジー(9p)、②NZ[(7)、③アルゼンチン(5)、④スコットランド(3)
◆フィジー27-7NZ、28-19アルゼンチン、39-12スコット
◆NZ36-5アルゼンチン、24-12スコット
◆アルゼンチン22-19スコット

■B①豪州(9)、②アイルランド(5、+0)、③ウエールズ(5、-18)、④スペイン(5、-22)
◆豪州33-7アイルランド、20-12ウエールズ、28-22スペイン
◆アイルランド19-21ウエールズ、38-10スペイン
◆ウエールズ12-24スペイン

■C①米国(8)、②イングランド(7)、③ケニア(6)、④仏(3)
◆米31-14イングランド、19-19ケニア、38-14仏
◆イング38-12ケニア、34-0仏
◆ケニア24-21仏

■D①南ア(7、+32)、②カナダ(7、+23)、③ロシア(5)、④サモア(3)
◆南ア17-7カナダ、31-0ロシア、12-21サモア
◆カナダ29-10ロシア、14-0サモア
◆ロシア29-17サモア

「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2017-2018 第8戦 シンガポール大会」の男子大会が4月28-29日開催。

 香港大会で来年のコアチーム入りを果たした日本が招待参加する。
 プールAで現在総合2位フィジー、スペイン、ロシアと当たる。
☆第2日
 1-8位カップ戦は決勝でフィジーが28-22豪州を制し香港に次ぎ2連続Vを決めた。3位はイングランド26-24南ア。
 チャレンジトロフィー(9-16位)へ進んだ日本は準々決勝19-28ウエールズに敗れ13位決定戦へ。初戦で仏を29-14で下すと今季好調のアルゼンチンも31-24で制し13位で終えた。2日間で3勝3敗だった。
☆第1日
 日本はフィジーに12-45と大敗、実力付けたスペインにも12-22と敗北。最下位争いのロシアと最終戦。26-7とリードしロシア2Tの反撃に抑え26-19で勝ち1勝2敗3位でチャレンジトロフィー(9-16位)へ。
 カップ戦(1-8位)準々決勝はフィジー-NZ、南ア-ケニア、豪州-スペイン、イングランド-サモアとなった。
<総合ポイント>
フィジー(145)、南ア(141)、NZ(120)、豪州(108)、米(93)、ケニア(93)、アルゼ(92)、イングランド(89)、サモア(55)、スコット(51)、カナダ(51)、仏(47)、西(45)、ウエールズ(40)、露(20)、PNG(6)、ウガンダ(4)、日本(3)、ウルグアイ(2)、韓国(1)

<<男子「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2017-2018 第8戦シンガポール大会」>>
<カップ戦>(4月29日)
■決勝
◆フィジー28-22豪州
*フィジー(22)、豪州(19)

■3位決定戦
◆イングランド(17)26-24南ア(15)

■準決勝
◆フィジー12-10南ア
◆豪州15-7イングランド

■準々決勝
◆フィジー24-19NZ
◆南ア24-12ケニア
◆豪州7-5スペイン
◆イングランド12-5サモア

■5位決定戦
◆NZ36-17サモア
NZ(13)、サモア(12)

■5-8位準決勝
◆NZ17-7ケニア(10)
◆サモア24-7スペイン(10)

■チャレンジトロフィー(9位決定戦)
◆米26-12カナダ
*米(8)、カナダ(7)

■準決勝(9-12位)
◆米33-12スコットランド(5)
◆カナダ17-10ウエールズ(5)

■準々決勝(9-16位)
◆日本19-28ウエールズ
◆カナダ26-7仏
◆スコットランド19-14ロシア
◆アルゼンチン12-36米国

■13位決定戦
◆日本31-24アルゼンチン
*日(3)、アル(2)

■13-16位準決勝
◆日本29-14仏(1)
◆アルゼンチン12-7ロシア(1)

<プール戦>(4月28日)
■A①フィジー(9p)、②スペイン(7)、③日本(5)、④ロシア(3)
◆フィジー33-5スペイン、29-7ロシア、45-12日本
◆スペイン38-5ロシア、22-12日本
◆ロシア19(7-14)26日本

■B①イングランド(9)、②ケニア(7)、③米国(5)、④仏(3)
◆ケニア33-14米国、19-28イングランド、34-0仏
◆米国19-14イングランド、33-12仏
◆イングランド34-0仏

■C①南ア(9)、②サモア(7)、③カナダ(5)、④アルゼンチン(3)
◆南ア26-12アルゼンチン、26-12カナダ、26-5サモア
◆アルゼンチン14-26カナダ、14-31サモア
◆カナダ19-22サモア

■D①豪州(9)、②NZ’7)、③スコットランド(5)、④ウエールズ(3)
◆NZ12-19豪州、22-12スコットランド、32-7ウエールズ
◆豪州24-20スコットランド、38-0ウエールズ
◆スコットランド33-14ウエールズ

「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2017-2018 第7戦 香港大会」の男子大会が4月6-8日開催。
 韓国男子が招待で参加する。監督はチェ・チャンリョル氏、コーチに梁永勲(ヤン・ヨンフン、前ホンダSH)氏。選手は春季リーグ戦社会人(7人制実施)から選ばれた。
「2018韓国日程結果」をダウンロード
 プールCで総合1位の南ア、7位イングランド、12位スコットランドと同じ組。
 日本男子はコアチーム昇格大会に参加する。
 ジョージア、チリ、ウガンダと同組(プールE)に。同プールを勝ち抜きぬいて、他組上位チームと1枠の出場権を争う(プールF=パプアニューギニア、ドイツ、香港、ジンバブエ、プールG=アイルランド、ウルグアイ、ジャマイカ、クック諸島)。

☆第3日(4月8日)
 本大会、韓国は9-16位チャレンジトロフィーに臨んだ。
 準々決勝でカナダに0-45、13-16位決定戦準決勝で5-49ウエールズに敗れ最下位となった。
 カップ決勝 フィジー-ケニアはフィジーが前半3Tなど24-12で制した。
 3位は南アがNZを29-7で一蹴。

 日本は昇格大会決勝、最後のプレーで逆転Tし17-14ドイツを下し昇格を決めた。
☆第2日(4月7日)
 本大会、プールCの韓国は7-47イングランド、7-61スコットランドを大敗し最下位。9-16位チャレンジトロフィーに回った。B3位カナダと対戦する。Bでは豪州がまさかの4位(1勝2敗、-23、5pt)で終えた。

 カップ準々決勝に南ア-スペイン、米-NZ、ケニア-スコットランド、フィジー-アルゼンチン。
 日本は予選最終戦で24-10ウガンダに勝ち2勝1敗2位で決勝トーナメントへ。
 準々決勝では26-19ウルグアイを下し準決勝でアイルランド戦となった。

☆第1日(4月6日)
 本大会、初日。韓国は王者南アに0-45で敗れた。
 昇格大会の日本は初戦で26-10ジョージアもチリに10-19で敗れ1勝1敗だった。最終戦ウガンダに負ければそこで敗退になる。

<総合ポイント>
南ア(126)、フィジー(123)、NZ(107)、アルゼ(90)、豪州(89)、米(85)、ケニア(83)、イングランド(71)、スコット(46)、仏(46)、カナダ(44)、サモア(43)、西(25)、ウエールズ(35)、露(19)、PNG(6)、ウガンダ(4)、ウルグアイ(2)、韓国(1)
<<男子「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2017-2018 第7戦香港大会」>>
<カップ戦>(4月8日)
■決勝
◆フィジー24(17-0)12ケニア
*フィジー4T2G(22)、ケニア2T1G(19)

■3位決定戦
◆南ア29(17-7)7NZ
*南ア5T2G(17)、NZ1T1G(15)

■準決勝
◆フィジー26(5-19)24南ア
◆ケニア21(14-7)12NZ

■準々決勝
◆南ア38-5スペイン
◆米7-35NZ
◆ケニア19-12スコットランド
◆フィジー40-14アルゼンチン

■5位決定戦
◆アルゼンチン14-12米国
*アルゼ(13)、米(12)

■5-8位準決勝
◆アルゼンチン14-12スペイン(10)
◆米国19-15スコットランド(10)

■チャレンジトロフィー(9位決定戦)
◆仏33-7カナダ
*仏(8)-カナダ(7)

■準決勝(9-12位)
◆仏24-12豪州(5)
◆カナダ19-12ロシア(5)

■準々決勝(9-16位)
◆サモア5-38仏
◆豪州17-14イングランド
◆ウエールズ7-15ロシア
◆カナダ45-0韓国

■13位決定戦
◆ウエールズ33-5サモア
*W(3)、サモア(2)

■13-16位準決勝
◆ウエールズ49-5韓国(1)
◆サモア33-10イングランド(1)

<プール戦>(4月6-7日)
■A①フィジー(9p)、②NZ(7p)、③サモア(5p)、④ロシア(3p)
◆フィジー50-7NZ、36-14ロシア、31-12サモア
◆NZ36-5ロシア、19-12サモア
◆ロシア19-28サモア

■B①ケニア(2-1、+47、7p)②スペイン(2-1、-26、7p)、③カナダ(1-2、-8、5p)、④豪州(1-2、-23)
◆豪州28-26ケニア、14-34カナダ、12-17スペイン
◆ケニア33-10カナダ、26-0スペイン
◆カナダ12-17スペイン

■C①南ア(9p)、②スコットランド(7p)、③イングランド(5p)、④韓国(3p)
◆南ア33-15イングランド、31-17スコットランド、45-0韓国
◆イングランド19-22スコットランド、47-7韓国
◆スコットランド61-7韓国

■D①米国(8p)、②アルゼンチン(7p)、③ウエールズ(5p)、④仏(4p)
◆米国31-17アルゼンチン、47-5ウエールズ、24-24仏
◆アルゼンチン31-10ウエールズ、31-14仏
◆ウエールズ19-7仏

|

« A明大が5戦全勝で初V 関東大学春季大会 18/6/3 | Main | PR3具智元(グ・ジウォン)先発 2018/6/9日本イタリア第1戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85428/66796657

Listed below are links to weblogs that reference フィジーが3大会連続V 2018HSBCセブンズ・ロンドン大会(9戦) 18/6/2-3:

« A明大が5戦全勝で初V 関東大学春季大会 18/6/3 | Main | PR3具智元(グ・ジウォン)先発 2018/6/9日本イタリア第1戦 »