« 香港が韓国下し優勝 リコーCTB12金宣求(キム・ソング)先発 18ARC最終戦6/2 | Main | A明大が5戦全勝で初V 関東大学春季大会 18/6/3 »

June 03, 2018

早大9T55-12で高麗大下す 2018第12回定期戦

 早大が高麗大迎え2年ぶり定期戦。前半から9T奪い圧勝した。
*試合後集合写真
1862wksyg

<<早稲田大・高麗大定期戦>>
 2004年に始まった早大と高麗大の第12回定期戦が2018年6月2日、早大グラウンドで開催される。
 昨年は朝鮮半島情勢などを理由に早大が訪韓しなかったため2年ぶりの対戦。ここ2回は2015年、高麗36-24早大で初勝利した。翌年は早大36-17高麗という結果だ。
 高麗の就任2年目、李光紋監督(イ・グァンモン)と早大・相良南海夫新監督の初対戦となる。
Klgm
Dsc_0361
 李監督は、トップリーグ(TL)東芝を最後に帰国し指導者への道を選んだ。昨年からは、アタックシステムを変更した。
 「FW、BK問わずにボールをつないでいく。これまでスクラムなどの押し込みで勝ってきたが韓国以外では通じない」と李監督。
 今季は春季リーグ戦でライバル延世大に後半離され21-40で敗れた。今年も延世とは全国体育大会ソウル市代表予選、9月定期戦がある。勝利には選手自身が考える意識が不可欠。5月中旬の練習、選手に意欲がなく早めに打ち切ると宣言すると「選手は喜んだ。怒りました。厳しい練習を課した」(李監督)。それだけに早大戦では「早大選手たちのラグビーに向き合う姿勢を見せたい」と言う。

1862k5sdh
1862w21try

1862wk2try
1862wkml


■早稲田55(33-0)12高麗(18年6月2日、早大G)
*早稲田9T5G、高麗2T1G
*前半から接点(ブレークダウン)で圧力をかけ高麗大を制した早大が前後半9トライを奪い55-12で勝利、通算成績を11勝1敗とした。
 前半2分、最初のスクラムで早大が押し込みペナルティを得た。再度のスクラムでも高麗大が反則を繰り返し早大はタッチキック、ラインアウトを選択した。
 4分、高麗陣22メートルに入ったこの左ラインアウトからボールを出す。高麗がまた反則。早大スクラムからあっさりとWTB桑山聖生が左中間インゴールへボールを運んだ。さらに8分、右ラインアウト→左へ展開しSH貝塚陸がトライラインを越えた。17分桑山兄弟の弟CTB13桑山淳生、27分SO加藤皓己、41分2本目CTB13桑山とやはりラインアウトを起点に3トライを奪い33-0と前半で試合を決めた。
 
 後半最初のトライは高麗。9分に早大ゴール前ラインアウト。サインプレーで投入役のHOナム・ジェヒョンに返し右隅に飛び込んだ。3分後、早大は右ラインアウト、モールで押し込みHO鷲野孝成がお返しのファイブポインターになった。この後、早大26分SH21矢野翼、35分WTB14安部勇佑、最後は43分FL7柴田徹の3トライ。
 高麗も31分PR3チ・ウビンが1トライをそれぞれ決め55-12で終えた。
 早大・相良南海夫監督は「高麗は近場が強いことは予定していたが、押し込まれたところもあった。課題が一つ見えたことは良かった」と今後に活かす。
 高麗は前半からラックでの球出しが遅く、早大に絡まれノックオンなど反則を繰り返した。李光紋(イ・グァンモン)監督が説明する。「きょうはラックからモールを組んで進む戦いを考えていた。前半は早大が対応しできなかったが後半はトライまでつなげた」。
 高麗は、帰国後6月8日に秋の全国体育大会(国体)ソウル市代表予選を兼ねる大会でライバル延世大と対戦する。4月の春季リーグ戦では21-40で敗れている。李監督は「あくまで延世とは9月の定期戦(高延戦)で勝つことが目標。8日の試合はその前提。あと4カ月、積み重ねていきたい」と言う。夏は菅平で合宿を行う予定だ。

(高麗メンバー)
PR朴ジェミン、HO2ナム・ジェヒョン、PR3チ・ウビン、LO4ノ・ミョンス、LO5申ダヒョン、FL6ハン・ジョンフン、FL7チョ・ヒョンソ、NO8チェ・ムンヒョク
SH9チェ・ヒョングァン、SO10カン・ミンジュン、WTB11ハ・サングォン、CTB12ソン・ミンギ、CTB13ユン・ヨンフン、WTB14金ヒョンヨン、FB15金チャンデ、RES16(PR1)ヤン・グンソップ

■過去の結果
◆早大55(前半33-0)12高麗大(18/6/2。日本・早大G)
◆2017年=早大が朝鮮半島情勢理由に訪韓中止
◆早大36(前半10-7)17高麗大(16/5/8。日本・早大G)
◆早大34(前半12-21)36高麗大(15/6/14。韓国)
◆早大74-7高麗大(14/5/11。日本)
◆早大50-3高麗大(13/8/18。夏季練習試合)
◆早大31-24高麗大(13/6/15。韓国)
◆早大92-10高麗大(12/6/9。日本)
◆早大45-17高麗大(10/5/22。韓国)
◆早大45-14高麗大(08/6/22。日本)
◆早大26-17高麗大(07/5/13。韓国)
◆早大36-19高麗大(06/5/21。日本・国立)
◆早大42-33高麗大(05/5/5。韓国)
◆早大71-17高麗大(04/5/29。日本・秩父宮)

高麗大2勝のうち1勝がこちら。
◆早大19(9-16)54高麗大(1979/6/24。韓国)
*1979年6月の東亜日報新聞記事。ラグビー早稲田大と高麗大親善試合。高麗がNECに入ることになる文ヨンチャンさん韓ドンホさんらの個人技で早稲田守備陣を翻弄しを54対19の大差で勝利。
東亜記事です

<2016年定期戦>
2004年に始まった早稲田大学と高麗大学の日韓定期戦。
今年、2016年5月8日(日、13時、早稲田大グラウンド)で第11回となる。
昨年6月の韓国で行われた試合で、高麗大が後半38分に再逆転し36-24で定期戦初勝利を収めた。
今年は早大が山下新監督就任、新ジャージお披露目の場としており早大ファンの関心が高い。
早大が昨年、定期戦初黒星を喫した相手に後半の4連続Tなどで逆転し36-17でリベンジを果たした。
1605w36k17

■早稲田36(10-7)17高麗(16年5月8日)
*早稲田6T3G、高麗3T1G
前半は最初の高麗ペースも反則などでチャンスを逃がした。
8分、早大がラインアウトでこぼれたボールをNO8宮里がインゴールへ運び先制した(5-0)。10分後、ラインアウトから早大HO峨家が連続トライで10-0とした。
1605wkg1

高麗もFW陣が踏ん張る。25分に早大ゴール前5メートルの早大ボールスクラムを押しターンオーバーしSO李京-ファンが中央へトライ、Gも決まり10-7で前半を終えた。
1605wkg2sc
1605wkg3

勢いづいた高麗。後半12分、韓国代表LO5申多ヒョンがトライラインを越え12-10と逆転した。
しかし早大はここから昨年の負けをメンバー達が奮起する。
13分、右ラインアウトを得ると左へ展開しWTB本田宗詩がボールをインゴールへ運び17対12と再逆転した。
その後は、足が止まった高麗に17分、23分、30.分と本田が3トライし初戦を勝利で終えた。

高麗は20分にスクラムを押し込み20崔文ヒョッがファイブポインターとなったが届かず。

山下大悟新監督(左)は「強みにしたいチームDF、スクラム、接点の部分を見た。まぁまぁだった。昨年に試合はビデオで見たが、あれでは勝てない。何もできていなかった。高麗とは今後も人的な交流も深めて日韓の懸け橋となりたい」1605ymkim
連勝を逃した高麗・金聖男(キム・ソンナム、左から2人目)監督は「1対1のところで思ったよりもできていた。ラインスピードやスクラムでも十分に戦っていた。バックスに少しミスが出たのが残念」

<2015年定期戦>
15wk
この試合、後半38分。高麗が再逆転し34-36で定期戦初勝利をおさめた!!

<参考、21015年定期戦>
高麗大が定期戦、早稲田に初勝利。後半38分逆転(36-34)
2004年に始まった早稲田大学と高麗大学の日韓定期戦。
今年2015年6月14日(日、高麗大グラウンド)で第10回となる。
この試合、後半38分。高麗が再逆転し34-36で定期戦初勝利をおさめた!!

過去の両校対戦でいうと1979年6月以来36年ぶり通算3勝目。早稲田の10勝。
■早稲田34(前半12-21)36高麗(15年6月14日)
*早稲田5T3G1D、高麗5T4G1P。
*得点経過
 前半12分高麗WTB11リュ・ヨンウンの先制トライで始まった。
G(FB15リュ・ジェヒョック)成功(0-7)。15分快速代表WTB14チョン・ヨンシクのTで追加、G成功(0-14)。
18分、早稲田LO4がTを返す。G成功(7-14)。
32分早稲田がラインアウト-からモールで押し込みT(12-14)。
35分高麗WTBチョンが2T目しG成功(12-21)。前半終了した。
後半3分、早稲田CTBがT、G成功で19-21へ。7分高麗がチョン-リュとつなぎリュが2T目、G成功(19-26)。
26分早稲田がDG成功(22-26)。29分高麗PG(22-29)
-30分高麗CTB12金ジンヒョクがシンビン。
32分早稲田がT、Gで同点(29-29)。35分早稲田が逆転Tし34-29に。
38分に高麗WTBチョンが3T目を奪い34-34。GをFBリュが決め34-36と再逆転しノーサイドになった!!

◎高麗メンバー
PR1.이규상(李ギュサン)、HO 2.여민혁(ヨ・ミンヒョク)、 PR3.김민우(金ミンウ)、LO 4.지동빈(チ・ドンビン)、LO 5.양대영(ヤン・デヨン)、FL 6.임준희(イム・ジュンヒ)、FL 7.강승구(カン・スング)、NO 8.김요한(金ヨハン)、SH 9.홍석호(ホン・ソクホ)、SO 10.정부현(チョン・ブヒョン)、WTB 11.류연웅(リュ・ヨンウン)、CTB 12.김진혁(金ジンヒョク)、CTB 13.이진규(李ジンギュ)、WTB 14.정연식 (チョン・ヨンシク)、FB15.류재혁(リュ・ジェヒョク)

*2014年終了後の両チーム
 09年鳥インフルエンザで早稲田、11年東日本大震災で高麗がそれぞれ遠征中止。
 過去9戦は早稲田の全勝。しかし高麗での試合は05年早稲田42-33高麗、07年26-17、10年45-17、そして2年前は31-24と競っている。

<2014年定期戦>
■早稲田大・高麗大定期戦(5月11日、早大)
◆早大74(26-7)7高麗
*早大12T7G、高麗1T1G
*前半から早大が圧倒した。3分、高麗ゴール前で右ラインアウトを得るとモールを組みあっさりFL6池本が先制T、GもSO10小倉が決め7-0とする。その後、高麗は早大ゴール前まで迫る。8分、ペナルティーを与えられたがPKは狙わず攻めるとノックオンで自滅する。15分にも早大ゴール前でラインアウトをするも直後のラックで反則を犯し早大ゴールラインが遠のく。すると19分、早大が高麗陣内、左ラインアウトから右へまわしWTB14荻野がTを決めた。さらに2分後、左SCから出したボールを右へ荻野が突破し左へ展開、最後はLO4主将の大峯がT、G成功で19-0へ。29分にもSO小倉の個人技からFL7小谷田がTした。

 高麗は攻めてもミスやラックのブレイクダウンで早大のい早いプレーでボールを奪われる。  33分、ようやく左ラインアウトから攻め続けSH9ホン・ソクホが中央にボールを持ち込んだ。
GはFB15柳材ヒョックが決め7点を返し前半を終えた。

 後半に入っても早大が主導権を握った。開始1分、スクラムからボールをまわしWTB11深津がTし、G成功で33-7へ。7分には小倉のキックでラックでボールを奪いFL6池本が2つ目のT。さらに12,21分にもラックで高麗ボールを奪いTを重ねた。
 高麗大・金聖男(キム・ソンナム)監督は「韓国ではラックなどブレイクダウンに入る際に一度、入るというモーションを見せないといけない。それをしないと反則を取られる。早稲田はモーションもなくすばやく入りボールを奪っていった」と解釈の違いに戸惑ったという。
 その後も早大が4回トライラインを越え後半だけで8T、計12T7G74得点でノーサイドを迎えた。
 早大・大峯主将(LO)は「去年、僕らが韓国で試合をしたときもレフリーと解釈の違いがあった。そのときは垣永さん(前主将)らが『このプレーは反則を取られるから捨てよう』といって修正ができた。高麗は一人ひとりは強い」と話した。
 一方、高麗大主将のHO2宋明俊(ソン・ミョンジュン)は「早稲田はラックなどでスーパーラグビーのような早い動きをする。スピードに混乱しついていかなかった」と完敗を認めた。

|

« 香港が韓国下し優勝 リコーCTB12金宣求(キム・ソング)先発 18ARC最終戦6/2 | Main | A明大が5戦全勝で初V 関東大学春季大会 18/6/3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85428/66788751

Listed below are links to weblogs that reference 早大9T55-12で高麗大下す 2018第12回定期戦:

« 香港が韓国下し優勝 リコーCTB12金宣求(キム・ソング)先発 18ARC最終戦6/2 | Main | A明大が5戦全勝で初V 関東大学春季大会 18/6/3 »