« May 2018 | Main | July 2018 »

June 29, 2018

SR再開 SWはブルズ戦 第17週6/29-

Dscf8442

 世界最高のラグビーリーグSR(スーパーラグビー)2018シーズンが2月17日に開幕。
 今年は南ア、NZ、豪州地区で各5チーム計15チームが覇権を争う。
 サンウルブズ(SW)は3年目、南アから豪州地区へ移った。
<<2018SR>>
<NZ>
ハリケーンズ45、クルセイダーズ54、チーフス37、ハイランダーズ40、ブルーズ17

<南ア>
ライオンズ40、ジャガーズ34、シャークス28、ストーマーズ25、ブルズ24、

<豪州>
ワラターズ35、レベルズ34、レッズ18、ブランビーズ25、SW10

☆第17週/2018年6月29日-6月30日
 サンウルブズ(2勝11敗)、テストマッチあけは第2のホーム・シンガポールで南ア・ブルズ戦だ。総合首位のNZクルセイダーズは休み。2位ハリケーンズは豪ブランビーズだ。豪1位ワラターズと2位レベルズがぶつかる。
◆SW-ブルズ(6月30日、シンガポール)
*SW4T4G1PG、ブランビーズ7T3G
◎PR具智元(グ・ジウォン、ホンダ)。遠征参加なし。
Jiwon1
◆ブル-スズ-レッズ(6月29日)
◆ワラターズ-レベルズ
◆チーフス-ハイランダーズ(30日)
◆ハリケーンズ-ブランビーズ
◆ライオンズ-シャークス
◆ジャガーズ-ストーマーズ

☆第16週/2018年6月1日-6月3日
 3連勝ならずのサンウルブズ(2勝10敗)、開幕戦で惜敗(25-32)したブランビーズと当たる。
 前半から先にリードを奪ったブランビーズが41-31で逃げ切った。SWは2勝11敗となった。
*2/24ブランビーズがモールからTを奪う
Dsc_0020

 SRは第16週終了後、6月29日再開までテストマッチの休みとなる。
◆SW31(10-19)41ブランビーズ(6月3日、豪キャンベラ)
*SW4T4G1PG、ブランビーズ7T3G
◎PR具智元(グ・ジウォン、ホンダ)。日本代表合流中
◆ハリケーンズ14-30ハイランダーズ(6月1日)
◆レベルズ20-10ブル-ス(2日)
◆クルセイダーズ34-20チーフス
◆ワラターズ52-41レッズ

☆第15週/2018年5月25日-5月26日
 初の2連勝を決めたサンウルブズ(2勝9敗)、5月25日に豪レベルズと今季2戦目。初戦は第3週に秩父宮で対し17-37で敗れた。2勝10敗となった。日本代表組が帰国する中、外国人中心の戦いとなる。
 前半はSWが先制もレベルズNO8マフィ(日本代表)にTされるなど13-21で逆転された。後半も3T奪われ13-40で完敗。PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)は先発した。試合後帰国し日本代表戦に備える。

 NZは連覇狙う地区1位クルセイダーズと地区2位ハリケーンズがぶつかる。クルセイダーズが24-13で制し1位守った。

◆SW13(13-21)40レベルズ(5月25日、豪メルボルン)
*SW1T1G2PG、レベルズ6T5G
◎PR3具智元(グ・ジウォン、ホンダ)。先発
◆クルセイダーズ24-13ハリケーンズ(25日)
◆シャークス13-29ジャガーズ
◆チーフス39-27ワラターズ(26日)
◆ハイランダーズ18ー15レッズ
◆ブルズ28-38ブランビーズ
◆ライオンズ26-23ストーマーズ

☆第14週/2018年5月18日-5月19日
 先週ようやく初勝利のサンウルブズ(1勝9敗)は、ホームとなる香港で南アのストーマーズ戦。後半44分23-23の同点からSOヘイデン・パーカーが右足(利き足は左)でDGを成功し26-23で逆転サヨナラ勝ち。初の連勝を飾った。
 
◆SW26(10-17)23ストーマーズ(5月19日、香港)
*SW2T2G3P1D、ストーマーズ3T1G2P
*前半10-17で折り返す。後半17分に自陣SCからつなぐとLO5GハッティングがTラインを越えた。パーカーG成功で17-17。25分にPGをパーカーが決め20-17と逆転する。
 しかし31分にストーマーズFBのSPマレーがPGし20-20と同点。マレーは34分に再度長い距離のPGを決め20-23と勝ち越した。
 粘るSW。敵陣につないで入るとPGを得る。そしてパーカーが決め残り30秒で同点になった。リスタートをストーマーズが確保しSW陣へ勝利をつかもうとしたが、ここでSWがTO。敵陣へ入ると中央のボールをもらったパーカーかDGを成功し勝利した。
*◎PR具智元(グ・ジウォン、ホンダ)。ケガ治療でメンバー外
◆ハリケーンズ38-34レッズ(18日)
◆クルセイダーズ32-24ブルーズ(19日)
◆ハイランダーズ12-41ワラターズ
◆チーフス24-28シャークス
◆ライオンズ42-24ブランビーズ
◆ジャガーズ54-24ブルズ

☆第13週/2018年5月11日-5月12日
 9戦全敗サンウルブズは秩父宮ホーム最終戦を豪レッズと戦う。前半からSOパーカーが好調、トライも奪い63(29-14)28で今季初勝利を飾った。
◆SW63(29-14)28レッズ(5月12日、秩父宮)
*SW6T6G7PG、レッズ4T4G
*◎PR具智元(グ・ジウォン、ホンダ)。ケガ治療でメンバー外
◆ハリケーンズ36-15ブルーズ(5月11日)
◆クルセイダーズ31-29ワラターズ(12日)
◆ハイランダーズ39-27ライオンズ
◆チーフス15-9ストーマーズ
◆ブランビー24ズ27-レベルズ
◆シャークス33-39ブルズ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018社会人・大学所属 韓国・在日選手リスト

 2018年シーズン、日本の社会人チーム。大学チームに所属する選手リスト作成。
 ワードでダウンロード可能です。

「2018社会人チーム所属選手リスト」をダウンロード

「2018大学チーム所属選手リスト」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2018

ポスコが後半、尚武を突き放す36-22 18コリアンリーグ2次大会

<<韓国一般(社会人)コリアンリーグ2次大会>>

 韓国社会人の「2018コリアンリーグ2次大会(15人制)」が6月15日(金)から仁川市南洞アジアドラグビー場で行われる。ポスコ建設、現代グロービス、軍体育部隊(尚武)の3チームが6月29日まで総当たりで実施する。
 1次大会(7人制)優勝の韓国電力は不参加。

☆第2週(6月22日)
 ポスコ建設と尚武戦。
 前半は互角で10-10。後半21分までにポスコが3T3G21点を加え制した。5分にSOオ・ジミンがTラインを越えた。12分はHO金ミンギュ、21分CTB12(22)ユ・ジュンホンがTを奪う。GはすべてFBユ・ジェヒョックが決めた(31-10)。さらに24分LO4李ヒョンウ(元三菱相模原)が5ポインターとなった(36-10)。
 尚武は35分NO8ソン・ミンス、40分CTB13金ジンヒョクが連続Tするも終えた。
 優勝は最終週のポスコVS現代の勝者となる。
18422p36sm22a

☆第1週(6月15日)
 現代グロービスと尚武は点の取り合い後半32分、35-42とリードされた現代がCTB13ナム・ユジュンのTで2点差に。Gを代表SO朴ホンシクが決め42-42同点で終えた。
*BDで争う両者、黒(尚武)=写真、KRUSNS
18615hg42s42

「韓国一般(社会人)コリアンリーグ2次大会」
■第1週(6月15日)
◆現代G42(21-24)42尚武
*現代6T6G、尚武5T4G3PG

■第2週(22日)
◆ポスコ建設36(10-10)22尚武
*ポスコ5T4G1PG、尚武3T2G1PG

■第3週(29日)
◆ポスコ建設-現代G

<参考、2018コリアンリーグ1次大会(7人制)>

{3月31日}
 一般(社会人)は7人制順位決定トーナメント。予選1位の韓国電力(青紺)は準決勝で24-0ポスコ建設を下す。
決勝でも代表の韓建圭、呉潤均らが尚武を圧倒33-12で優勝した。
18331ke33snm12
3位はポスコ(白)7-5現代グロービス。
18331p7h5

{3月30日}
 一般(社会人)は7人制初日。4チームが総当たりで予選を行った。
 7人制王者・韓国電力は代表の金ジョンミン、韓建圭、呉潤均らが躍動した40-5現代グロービス、38-7ポスコ建設(写真。韓電/紺)、36-0尚武と3連勝で1位通過した。
18330ke38psc7
 残りはすべて1勝2敗の混戦。得失点差で2位現代(-27)、3位尚武(-36)、4位ポスコ(-39)。
■参加4(セブンズ大会)
①韓国電力、②尚武、③ポスコ建設、④現代グロービス
■決勝戦(3月31日)
◆韓国電力33(21-0)12尚武
*韓電5T4G、尚武2T1G

■3位決定戦(3月31日)
◆ポスコ建設7(7-0)尚武
*ポスコ1T1G、尚武1T

■準決勝(3月31日)
◆韓国電力24-0ポスコ建設
◆尚武21-12現代グロービス

■予選(3月30日)①韓国電力(3-0)、②現代グロービス(1-2、-27)、③尚武1-2、-36)、④ポスコ(1-2、-39)
◆韓国電力40(28-5)5現代グロービス
*韓電/紺
18330ke40hyn5
◆韓国電力38(12-7)7ポスコ建設
◆韓国電力36(19-0)0尚武
*尚武/黒
18330ke36snm0
◆ポスコ建設19(5-12)12尚武
*ポスコ/青
18330psc19snm12
◆ポスコ建設14-29現代グロービス
*ポスコ白
18330psc14hy29
◆現代グロービス10(5-12)17尚武
*現代/青

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本が28-0ジョージアゼロ封で2勝1敗で終える 2018/6テストマッチ

.Dscf9076_2
☆ジョージア代表戦(2018/6/23)
Dsc_0122_2
Dsc_0175_2
 日本が後半3Tを奪い28-0でジョージアを下した。
Dsc_0237_2
 前半は手堅い攻撃でジョージア陣へ入り反則を誘う。SO田村が4分にPGで先制するも16,19分とPGを外す。ようやく32分、44分と成功し9-0で後半。
 9分にジョージアゴール前ジョージアボールのスクラムを押すとジョージアに乱れが生じパスを落とす。そのボールを確保し最後は入替で入ったばかりのLO5ファンデルヴァルトがポスト右に初Tを決めた。3分後もラインアウトをTOしWTBレメキが右隅へTした。いずれのアタックもFB松田がおとり役になるライン参加で敵ディフェンスを翻弄した。
 その後も1T追加(27分入ったばかりのNO8姫野がWTB山田と負ったボールを受け左隅)し28-0で終えた。

 試合メンバーが6月21日、発表された。 PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)は3戦連続PR3で先発!
■ジョージア代表戦
◆日本28(9-0)0ジョージア(6月23日、豊田S-)
*日本3T2G3PG
◎P3R具智元(グ・ジウォン、HONDA)
Dsc_0286
Dsc_0225_2
Dscf9061
「最初のTは押そうと声をかけた。試合の最初にスクラムを組んだ時、いけると感じた。ジョージアのスクラムは予想よりプレッシャーを受けなかった。今後はフィールドプレーなど努力して秋のジャパン、W杯に選ばれるようにしたい」
◎ジョージアHOジャバ・プレグヴァゼ(サンウルブズ)
Dsc_0277
「日本をスクラムで圧倒する気持ちよりも、すべてで準備して勝利したいと思っていた」
P1.稲垣啓太(パナソニック) H2.堀江翔太(パナソニック) P3.具智元(ホンダ)  
L4.アニセ サムエラ(キヤノン) L5.真壁 伸弥(サントリー) 
F6.リーチ マイケル(東芝) F7.布巻 峻介(パナソニック) NO8.アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム)
SH9.流大(サントリー) SO10.田村優(キヤノン) 
W11.山田 章仁(パナソニック) C12.立川 理道(クボタ) C13.ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ) W14.レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ) FB15.松島幸太朗(サントリー)

〔リザーブ〕
H16.庭井祐輔(キヤノン) P17.石原慎太郎(サントリー) P18.浅原拓真(東芝) L19.ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ) L/FL/8/20.姫野和樹(トヨタ自動車) 、FL21.西川 征克(サントリー) 
SH22.田中史朗(パナソニック)SO/CTB/FB22.松田力也(パナソニック)

☆イタリア代表第2戦(2018/6/16)
 6月16日(土)、兵庫ノエビアスタジアムで行われた。
 先制したイタリアが常にリードを奪い25(12-3)22で制した。
 日本は次週6月23日にジョージアと対戦する。
*イタリア後半4分FL7ポッレードリがTで19-3とリードを広げた。
18616ittry
*日本、後半25分交代したNO8アマナキがT19-17へ。
18616jap8try
しかしこの後30分すぎに2本PGをイタリアが決めた(25-17)。日本は39分FB松島が右中間へ5ポインターとなったが敗北。

 試合メンバーが14日、発表された。
18613jflo_2
 PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)は2戦連続PR3で先発する。
18613jwn4
18613jwn2
18613jwn3
 13日の練習後、「9日につった足はきのうまで痛かったが大丈夫です」と話した。

■イタリア代表第2戦
◆日本22(3-12)25イタリア(6月16日、ノエビア)
*日本3T2G1PG、イタリア3T2G3PG
◎PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)
18616jwn1
18616sc
18616jwn2

P1.稲垣啓太(パナソニック) H2.堀江翔太(パナソニック)  P3.具智元(ホンダ)  
L4.ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ) L5.アニセ サムエラ(キヤノン) 
F6.徳永祥尭(東芝)F7.リーチ マイケル(東芝)  NO8.姫野和樹(トヨタ自動車) SH9.田中史朗(パナソニック) SO10.田村優(キヤノン) 
W11.福岡堅樹(パナソニック) C12.ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ) C13.ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ)W14.レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ) FB15.野口 竜司(パナソニック 松島幸太朗(サントリー)

〔リザーブ〕
H16.庭井祐輔(キヤノン) P17.石原慎太郎(サントリー) P18.浅原拓真(東芝) L19.ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機) FL/8/20.アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム) 、SH21.流大(サントリー) SO/CTB/FB22.松田力也(パナソニック)  SO/CTB23.中村亮土(サントリー)

☆イタリア代表第1戦(2018/6/9)
Dsc_0299
1869j34it17
1869jp1

 6月9日(土)、大分ドームで行い、日本が後半突き放し34(17-14)17でイタリアに先勝した。
 前半、NO8アマナキの先制Tなどで折り返した。
1869j8try
後半11分PGで追いつかれた。4分後SO田村がPG成功で勝ち越すと流れが日本へ。
 20分WTBレメキ、26分FB松島でT
1869j15try
完勝だ。
1869g25824

PR3PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)は後半20分前、足がつり交代した。
1869gjwn3
1869gjwn6
1869gjwn2
Gusitomodati

 6月7日、出場する23名を発表した。PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)は本職の3番だ。
「大分は第二の故郷。高校(日本文理大附属)の先生や友達が応援に来てくれる。両親も韓国から来るので一生懸命にプレーしたい」と話した。
1865jwn2
 
 JジェセフHCは「イタリア、ジョージアのスクラム強豪国と対戦する機会は2019年W杯に向けて重要。テストマッチはすべて勝ちにいく。具のスクラムに期待」という。
1867jj

<<2018/日本代表戦>>
■イタリア代表第1戦
◆日本34(17-14)17イタリア(6月9日、大分ドーム)
*日本4T4G2PG、イタリア3T1G
◎PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)
1867jwn1
P1.稲垣啓太(パナソニック) H2.堀江翔太(パナソニック)  P3.具智元(ホンダ)  
L4.ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ) L5.アニセ サムエラ(キヤノン) 
F6.姫野和樹(トヨタ自動車) F7.リーチ マイケル(東芝)  NO8.アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム)
SH9.田中史朗(パナソニック) SO10.田村優(キヤノン) 
W11.福岡堅樹(パナソニック) C12.ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ) C13.ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ)W14.レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ) FB15.松島幸太朗(サントリー)

〔リザーブ〕
H16.庭井祐輔(キヤノン) P17.石原慎太郎(サントリー) P18.浅原拓真(東芝) L19.ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機) FL/8/20.徳永祥尭(東芝)  SH21.流大(サントリー) SO/CTB/FB22.松田力也(パナソニック)  SO/CTB23.中村亮土(サントリー)

 日本ラグビー協会は5月23日に6月のイタリア、ジョージア代表戦を戦う代表33人を発表した。
 PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)も選ばれた。豪州遠征中のSW具は、5月25日のレベルズ戦後に帰国し練習に合流した。
1865jwn1

☆第1戦(2018年6月2日)
イタリアは選抜としてヤマハと対戦。8T52-19で制した。
■イタリア選抜
◆イタリア52(26-19)19ヤマハ(6月2日、長野Uスタ)
*イタリア8T6G、ヤマハ3T2G

<日本代表>
☆PR
浅原 拓真(東芝/2018 サンウルブズ/9 caps)
石原 慎太郎(サントリー/2018 サンウルブズ/8 caps)
稲垣 啓太(パナソニック/2018 サンウルブズ/19 caps)
具 智元(ホンダ/2018 サンウルブズ/2 caps)
須藤 元樹(サントリー/2018 サンウルブズ/2 caps)

☆HO
坂手 淳史(パナソニック/2018 サンウルブズ/10 caps)
庭井 祐輔(キヤノン/2018 サンウルブズ/3 caps)
堀江 翔太(パナソニック /2018 サンウルブズ/55 caps)

☆LO
アニセ サムエラ(キヤノン/7 caps)
ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ/2018 サンウルブズ/3 caps)
ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機2018 サンウルブズ/7 caps)
真壁 伸弥(サントリー/2018 サンウルブズ/36 caps)

☆【FL
徳永 祥尭(東芝/2018 サンウルブズ/8 caps)
西川 征克(サントリー/2018 サンウルブズ/―)
アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム/レベルズ/19 caps)
リーチ マイケル(主将/東芝/2018 サンウルブズ/53 caps)

☆NO8
布巻 峻介(パナソニック/2018 サンウルブズ/5 caps)
姫野 和樹(トヨタ自動車/2018 サンウルブズ/3 caps)

☆SH
内田 啓介(パナソニック /2018 サンウルブズ/22 caps)
田中 史朗(パナソニック /2018 サンウルブズ/64 caps)
流 大(サントリー/2018 サンウルブズ/9 caps)

☆SO
田村 優(キヤノン/2018 サンウルブズ/48 caps)
松田 力也(パナソニック /10 caps)

☆CTB
立川 理道(クボタ/2018 サンウルブズ/54 caps)
ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ/2018 サンウルブズ/1 cap)
中村 亮土(サントリー/2018 サンウルブズ/11 caps)
ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ/2018 サンウルブズ/8 caps)

☆WTB
シオネ・テアウパ(クボタ/2018 サンウルブズ/3 caps)
福岡 堅樹(パナソニック /2018 サンウルブズ/25 caps)
山田 章仁(パナソニック /2018 サンウルブズ/23 caps)
レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ/2018 サンウルブズ/5 caps)

☆FB
野口 竜司(パナソニック /2018 サンウルブズ/12 caps)
松島 幸太朗(サントリー/2018 サンウルブズ/28 caps)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

対抗戦がリーグ戦圧勝(オールスター戦) 早大2位で終える 2018関東大学春季大会B 18/6/23

<<2018関東大学春季大会>>
「2018関東大学春季大会」が4月から開催されている。

6月24日は「オールスター戦」。
対抗戦が66(24-19)24でリーグ戦を圧倒した。
23日のB最終戦は早大が50(24-14)14日大を制し2位。

6月16日はC最終日。専大が57-21成蹊大を下し4位。成蹊が5位になった。
17日はA最終日。東海大が28-24で流通経済大を下しようやく初勝利1勝4敗(勝点10)5位で終えた。
流経大は1分け4敗と白星なしの結果で6位(最下位)。池英基(チ・ヨンギ)HC采配がうまくいっていない?

6月10日。A、帝京大が慶大を52-12と圧勝し2位。大東大はリーグ戦ライバル東海大を41-36接戦で退けた。

6月3日。A、明大が80-14で大東文化大を下し5戦全勝で初優勝を決めた。
帝京大は82-17流経大で3勝1敗の2位。

5月27日、A組は流経大と大東文化大が31-31で引き分けた。
B組、筑波大は68-15法政大を圧倒し全勝。

5月20日、A組は全勝の明大に慶大、明大が45-12で4連勝首位だ。
王者・帝京大はライバル東海大に69-7と圧倒した。

5月13日、A組は明大61-14流経大と3連勝。早大は69-0中大と1勝目をあげた。
A組、5月6日の試合で明治大が62-33東海大を制し連勝した。
早大は21-33筑波大と連敗に。
A組、大学王者9連覇の帝京大が明治大を対戦した(4月30日、札幌ドーム)。
試合は明大が試合終盤後半38分に逆転し17-14で下した。

「2018関東大学春季大会」
<オールスター戦>
■6月24日(秩父宮)
◆対抗戦A66(24-19)24リーグ戦1部(15人制)
*対抗戦10T8G、リーグ戦4T2G
◎対抗戦PR1安昌豪(アン・チャンホ、明大4年、大阪朝高)

◆リーグ女子選抜28-17日体大女子(7人制)
◆対抗戦B31-26リーグ戦2部
◆リーグ戦3部38-0リーグ戦4部
◆リーグ戦5部19-17リーグ戦6部

<予選>
■A①明治大(5-0、勝点29P)、②帝京大(4-1、25)、③大東大(2-2-1分け、15)、④慶應大(2-3、12)、⑤東海大(1-4、10)、⑥流経大(0-4-1分け、6)
◆帝京大69-7東海大、14-17明治大、38-17大東大、82-17流経大、52-12慶應大
◆東海大33-62明治大、36-41大東大、28-24流経大、41-50慶應大
◆明治大80-14大東大、61-14流経大、45-12慶應大
◆大東大31-31流経大、63-10慶應大
◆流経大35-53慶應大

■B①筑波大(5-0、30P)、早稲田大(3-2、19)、②法政大(3-2、19)、④日本大(2-3、13)、⑤中央大(1-4、8)、⑥日体大(1-4、6)、
◆早稲田大69-0中央大、22-32日体大、21-38筑波大、50-14日本大、52-24法政大
◆中央大31-10日体大、7-59筑波大、31-55日本大、28-47法政大
◆日体大14-78筑波大、21-73日本大、27-94法政大
◆筑波大38-26日本大、68-15法政大
◆日本大12-52法政大

■C①関東学院大(6-0、30P)、②拓殖大(4-1、25)、③立教大(3-2、19)、④専修大(2-3、15)、⑤成蹊大(1-4、7、⑥青学大(0-5、4)、
◆関東学院大42-31拓殖大、75-26立教大、50-45青学大、52-24成蹊大、48-19専修大
◆拓殖大45-10立教大、62-21青学大、60-0成蹊大、33-31専修大
◆立教大33-14青学大、48-5成蹊大、41-31専修大
◆青学大31-59成蹊大、24-53専修大
◆成蹊大21-57専修大

<<2018関西大学春季トーナメント>>
■決勝戦
◆同志社大-天理大(7月1日、同大)

■準決勝
◆同志社大42-12京都産業大(5月27日)
◆天理大94-12関西学院大(6月2日)

■1回戦
◆同志社大33-17立命館大(5月1日)
◆京都産業大45-12近畿大(20日)
◆天理大71-0大阪体育大(12日)
◆関西学院大35-33関西大(27日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2018

PR具が3戦先発に 2018テストマッチ/ジョージア戦

Dsc_0282

☆ジョージア代表戦(2018/6/23)
 試合メンバーが6月21日、発表された。 PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)は3戦連続PR3で先発!
■ジョージア代表戦
◆日本-ジョージア(6月23日、豊田S-)
P1.稲垣啓太(パナソニック) H2.堀江翔太(パナソニック) P3.具智元(ホンダ)  
L4.アニセ サムエラ(キヤノン) L5.真壁 伸弥(サントリー) 
F6.リーチ マイケル(東芝) F7.布巻 峻介(パナソニック) NO8.アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム)
SH9.流大(サントリー) SO10.田村優(キヤノン) 
W11.山田 章仁(パナソニック) C12.立川 理道(クボタ) C13.ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ) W14.レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ) FB15.松島幸太朗(サントリー)

〔リザーブ〕
H16.庭井祐輔(キヤノン) P17.石原慎太郎(サントリー) P18.浅原拓真(東芝) L19.ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ) L/FL/8/20.姫野和樹(トヨタ自動車) 、FL21.西川 征克(サントリー) 
SH22.田中史朗(パナソニック)SO/CTB/FB22.松田力也(パナソニック)

☆イタリア代表第2戦(2018/6/16)
 6月16日(土)、兵庫ノエビアスタジアムで行われた。
 先制したイタリアが常にリードを奪い25(12-3)22で制した。
 日本は次週6月23日にジョージアと対戦する。
*イタリア後半4分FL7ポッレードリがTで19-3とリードを広げた。
18616ittry
*日本、後半25分交代したNO8アマナキがT19-17へ。
18616jap8try
しかしこの後30分すぎに2本PGをイタリアが決めた(25-17)。日本は39分FB松島が右中間へ5ポインターとなったが敗北。

 試合メンバーが14日、発表された。
18613jflo_2
 PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)は2戦連続PR3で先発する。
18613jwn4
18613jwn2
18613jwn3
 13日の練習後、「9日につった足はきのうまで痛かったが大丈夫です」と話した。

■イタリア代表第2戦
◆日本22(3-12)25イタリア(6月16日、ノエビア)
*日本3T2G1PG、イタリア3T2G3PG
◎PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)
18616jwn1
18616sc
18616jwn2

P1.稲垣啓太(パナソニック) H2.堀江翔太(パナソニック)  P3.具智元(ホンダ)  
L4.ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ) L5.アニセ サムエラ(キヤノン) 
F6.徳永祥尭(東芝)F7.リーチ マイケル(東芝)  NO8.姫野和樹(トヨタ自動車) SH9.田中史朗(パナソニック) SO10.田村優(キヤノン) 
W11.福岡堅樹(パナソニック) C12.ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ) C13.ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ)W14.レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ) FB15.野口 竜司(パナソニック 松島幸太朗(サントリー)

〔リザーブ〕
H16.庭井祐輔(キヤノン) P17.石原慎太郎(サントリー) P18.浅原拓真(東芝) L19.ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機) FL/8/20.アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム) 、SH21.流大(サントリー) SO/CTB/FB22.松田力也(パナソニック)  SO/CTB23.中村亮土(サントリー)

☆イタリア代表第1戦(2018/6/9)
Dsc_0299
1869j34it17
1869jp1

 6月9日(土)、大分ドームで行い、日本が後半突き放し34(17-14)17でイタリアに先勝した。
 前半、NO8アマナキの先制Tなどで折り返した。
1869j8try
後半11分PGで追いつかれた。4分後SO田村がPG成功で勝ち越すと流れが日本へ。
 20分WTBレメキ、26分FB松島でT
1869j15try
完勝だ。
1869g25824

PR3PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)は後半20分前、足がつり交代した。
1869gjwn3
1869gjwn6
1869gjwn2
Gusitomodati

 6月7日、出場する23名を発表した。PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)は本職の3番だ。
「大分は第二の故郷。高校(日本文理大附属)の先生や友達が応援に来てくれる。両親も韓国から来るので一生懸命にプレーしたい」と話した。
1865jwn2
 
 JジェセフHCは「イタリア、ジョージアのスクラム強豪国と対戦する機会は2019年W杯に向けて重要。テストマッチはすべて勝ちにいく。具のスクラムに期待」という。
1867jj

<<2018/日本代表戦>>
■イタリア代表第1戦
◆日本34(17-14)17イタリア(6月9日、大分ドーム)
*日本4T4G2PG、イタリア3T1G
◎PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)
1867jwn1
P1.稲垣啓太(パナソニック) H2.堀江翔太(パナソニック)  P3.具智元(ホンダ)  
L4.ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ) L5.アニセ サムエラ(キヤノン) 
F6.姫野和樹(トヨタ自動車) F7.リーチ マイケル(東芝)  NO8.アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム)
SH9.田中史朗(パナソニック) SO10.田村優(キヤノン) 
W11.福岡堅樹(パナソニック) C12.ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ) C13.ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ)W14.レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ) FB15.松島幸太朗(サントリー)

〔リザーブ〕
H16.庭井祐輔(キヤノン) P17.石原慎太郎(サントリー) P18.浅原拓真(東芝) L19.ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機) FL/8/20.徳永祥尭(東芝)  SH21.流大(サントリー) SO/CTB/FB22.松田力也(パナソニック)  SO/CTB23.中村亮土(サントリー)

 日本ラグビー協会は5月23日に6月のイタリア、ジョージア代表戦を戦う代表33人を発表した。
 PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)も選ばれた。豪州遠征中のSW具は、5月25日のレベルズ戦後に帰国し練習に合流した。
1865jwn1

☆第1戦(2018年6月2日)
イタリアは選抜としてヤマハと対戦。8T52-19で制した。
■イタリア選抜
◆イタリア52(26-19)19ヤマハ(6月2日、長野Uスタ)
*イタリア8T6G、ヤマハ3T2G

<日本代表>
☆PR
浅原 拓真(東芝/2018 サンウルブズ/9 caps)
石原 慎太郎(サントリー/2018 サンウルブズ/8 caps)
稲垣 啓太(パナソニック/2018 サンウルブズ/19 caps)
具 智元(ホンダ/2018 サンウルブズ/2 caps)
須藤 元樹(サントリー/2018 サンウルブズ/2 caps)

☆HO
坂手 淳史(パナソニック/2018 サンウルブズ/10 caps)
庭井 祐輔(キヤノン/2018 サンウルブズ/3 caps)
堀江 翔太(パナソニック /2018 サンウルブズ/55 caps)

☆LO
アニセ サムエラ(キヤノン/7 caps)
ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ/2018 サンウルブズ/3 caps)
ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機2018 サンウルブズ/7 caps)
真壁 伸弥(サントリー/2018 サンウルブズ/36 caps)

☆【FL
徳永 祥尭(東芝/2018 サンウルブズ/8 caps)
西川 征克(サントリー/2018 サンウルブズ/―)
アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム/レベルズ/19 caps)
リーチ マイケル(主将/東芝/2018 サンウルブズ/53 caps)

☆NO8
布巻 峻介(パナソニック/2018 サンウルブズ/5 caps)
姫野 和樹(トヨタ自動車/2018 サンウルブズ/3 caps)

☆SH
内田 啓介(パナソニック /2018 サンウルブズ/22 caps)
田中 史朗(パナソニック /2018 サンウルブズ/64 caps)
流 大(サントリー/2018 サンウルブズ/9 caps)

☆SO
田村 優(キヤノン/2018 サンウルブズ/48 caps)
松田 力也(パナソニック /10 caps)

☆CTB
立川 理道(クボタ/2018 サンウルブズ/54 caps)
ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ/2018 サンウルブズ/1 cap)
中村 亮土(サントリー/2018 サンウルブズ/11 caps)
ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ/2018 サンウルブズ/8 caps)

☆WTB
シオネ・テアウパ(クボタ/2018 サンウルブズ/3 caps)
福岡 堅樹(パナソニック /2018 サンウルブズ/25 caps)
山田 章仁(パナソニック /2018 サンウルブズ/23 caps)
レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ/2018 サンウルブズ/5 caps)

☆FB
野口 竜司(パナソニック /2018 サンウルブズ/12 caps)
松島 幸太朗(サントリー/2018 サンウルブズ/28 caps)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 19, 2018

東海5位、流経大6位最下位で終える 2018関東春季大会

<<2018関東大学春季大会>>
「2018関東大学春季大会」が4月から開催されている。

6月16日はC最終日。専大が57-21成蹊大を下し4位。成蹊が5位になった。
17日はA最終日。東海大が28-24で流通経済大を下しようやく初勝利1勝4敗(勝点10)5位で終えた。
流経大は1分け4敗と白星なしの結果で6位(最下位)。池英基(チ・ヨンギ)HC采配がうまくいっていない?

6月10日。A、帝京大が慶大を52-12と圧勝し2位。大東大はリーグ戦ライバル東海大を41-36接戦で退けた。

6月3日。A、明大が80-14で大東文化大を下し5戦全勝で初優勝を決めた。
帝京大は82-17流経大で3勝1敗の2位。

5月27日、A組は流経大と大東文化大が31-31で引き分けた。
B組、筑波大は68-15法政大を圧倒し全勝。

5月20日、A組は全勝の明大に慶大、明大が45-12で4連勝首位だ。
王者・帝京大はライバル東海大に69-7と圧倒した。

5月13日、A組は明大61-14流経大と3連勝。早大は69-0中大と1勝目をあげた。
A組、5月6日の試合で明治大が62-33東海大を制し連勝した。
早大は21-33筑波大と連敗に。
A組、大学王者9連覇の帝京大が明治大を対戦した(4月30日、札幌ドーム)。
試合は明大が試合終盤後半38分に逆転し17-14で下した。

「2018関東大学春季大会」
<予選>
■A①明治大(5-0、勝点29P)、②帝京大(4-1、25)、③大東大(2-2-1分け、15)、④慶應大(2-3、12)、⑤東海大(1-4、10)、⑥流経大(0-4-1分け、6)
◆帝京大69-7東海大、14-17明治大、38-17大東大、82-17流経大、52-12慶應大
◆東海大33-62明治大、36-41大東大、28-24流経大、41-50慶應大
◆明治大80-14大東大、61-14流経大、45-12慶應大
◆大東大31-31流経大、63-10慶應大
◆流経大35-53慶應大

■B①筑波大(5-0、30P)、早稲田大(2-2、13)、日本大(2-2、13)、法政大(3-2、19)、⑤中央大(1-4、8)、⑥日体大(1-4、6)、
◆早稲田大69-0中央大、22-32日体大、21-38筑波大、日本大、52-24法政大
◆中央大31-10日体大、7-59筑波大、31-55日本大、28-47法政大
◆日体大14-78筑波大、21-73日本大、27-94法政大
◆筑波大38-26日本大、68-15法政大
◆日本大12-52法政大

■C①関東学院大(6-0、30P)、②拓殖大(4-1、25)、③立教大(3-2、19)、④専修大(2-3、15)、⑤成蹊大(1-4、7、⑥青学大(0-5、4)、
◆関東学院大42-31拓殖大、75-26立教大、50-45青学大、52-24成蹊大、48-19専修大
◆拓殖大45-10立教大、62-21青学大、60-0成蹊大、33-31専修大
◆立教大33-14青学大、48-5成蹊大、41-31専修大
◆青学大31-59成蹊大、24-53専修大
◆成蹊大21-57専修大

<<2018関西大学春季トーナメント>>
■決勝戦
◆同志社大-天理大(7月1日、同大)

■準決勝
◆同志社大42-12京都産業大(5月27日)
◆天理大94-12関西学院大(6月2日)

■1回戦
◆同志社大33-17立命館大(5月1日)
◆京都産業大45-12近畿大(20日)
◆天理大71-0大阪体育大(12日)
◆関西学院大35-33関西大(27日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2018

イタリアがリベンジ25-22日本第2戦 18/6/16

Dsc_0282
Dsc_0299

☆イタリア代表第2戦(2018/6/16)
 6月16日(土)、兵庫ノエビアスタジアムで行われた。
 先制したイタリアが常にリードを奪い25(12-3)22で制した。
 日本は次週6月23日にジョージアと対戦する。
*イタリア後半4分FL7ポッレードリがTで19-3とリードを広げた。
18616ittry
*日本、後半25分交代したNO8アマナキがT19-17へ。
18616jap8try
しかしこの後30分すぎに2本PGをイタリアが決めた(25-17)。日本は39分FB松島が右中間へ5ポインターとなったが敗北。

 試合メンバーが14日、発表された。
18613jflo_2
 PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)は2戦連続PR3で先発する。
18613jwn4
18613jwn2
18613jwn3
 13日の練習後、「9日につった足はきのうまで痛かったが大丈夫です」と話した。

■イタリア代表第2戦
◆日本22(3-12)25イタリア(6月16日、ノエビア)
*日本3T2G1PG、イタリア3T2G3PG
◎PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)
18616jwn1
18616sc
18616jwn2

P1.稲垣啓太(パナソニック) H2.堀江翔太(パナソニック)  P3.具智元(ホンダ)  
L4.ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ) L5.アニセ サムエラ(キヤノン) 
F6.徳永祥尭(東芝)F7.リーチ マイケル(東芝)  NO8.姫野和樹(トヨタ自動車) SH9.田中史朗(パナソニック) SO10.田村優(キヤノン) 
W11.福岡堅樹(パナソニック) C12.ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ) C13.ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ)W14.レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ) FB15.松島幸太朗(サントリー)

〔リザーブ〕
H16.庭井祐輔(キヤノン) P17.石原慎太郎(サントリー) P18.浅原拓真(東芝) L19.ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機) FL/8/20.アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム) 、SH21.流大(サントリー) SO/CTB/FB22.松田力也(パナソニック)  SO/CTB23.中村亮土(サントリー)

☆イタリア代表第1戦(2018/6/9)
1869j34it17
1869jp1

 6月9日(土)、大分ドームで行い、日本が後半突き放し34(17-14)17でイタリアに先勝した。
 前半、NO8アマナキの先制Tなどで折り返した。
1869j8try
後半11分PGで追いつかれた。4分後SO田村がPG成功で勝ち越すと流れが日本へ。
 20分WTBレメキ、26分FB松島でT
1869j15try
完勝だ。
1869g25824

PR3PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)は後半20分前、足がつり交代した。
1869gjwn3
1869gjwn6
1869gjwn2
Gusitomodati

 6月7日、出場する23名を発表した。PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)は本職の3番だ。
「大分は第二の故郷。高校(日本文理大附属)の先生や友達が応援に来てくれる。両親も韓国から来るので一生懸命にプレーしたい」と話した。
1865jwn2
 
 JジェセフHCは「イタリア、ジョージアのスクラム強豪国と対戦する機会は2019年W杯に向けて重要。テストマッチはすべて勝ちにいく。具のスクラムに期待」という。
1867jj

<<2018/日本代表戦>>
■イタリア代表第1戦
◆日本34(17-14)17イタリア(6月9日、大分ドーム)
*日本4T4G2PG、イタリア3T1G
◎PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)
1867jwn1
P1.稲垣啓太(パナソニック) H2.堀江翔太(パナソニック)  P3.具智元(ホンダ)  
L4.ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ) L5.アニセ サムエラ(キヤノン) 
F6.姫野和樹(トヨタ自動車) F7.リーチ マイケル(東芝)  NO8.アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム)
SH9.田中史朗(パナソニック) SO10.田村優(キヤノン) 
W11.福岡堅樹(パナソニック) C12.ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ) C13.ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ)W14.レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ) FB15.松島幸太朗(サントリー)

〔リザーブ〕
H16.庭井祐輔(キヤノン) P17.石原慎太郎(サントリー) P18.浅原拓真(東芝) L19.ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機) FL/8/20.徳永祥尭(東芝)  SH21.流大(サントリー) SO/CTB/FB22.松田力也(パナソニック)  SO/CTB23.中村亮土(サントリー)

■ジョージア代表戦
◆日本-ジョージア(6月23日、豊田S-)

 日本ラグビー協会は5月23日に6月のイタリア、ジョージア代表戦を戦う代表33人を発表した。
 PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)も選ばれた。豪州遠征中のSW具は、5月25日のレベルズ戦後に帰国し練習に合流した。
1865jwn1

☆第1戦(2018年6月2日)
イタリアは選抜としてヤマハと対戦。8T52-19で制した。
■イタリア選抜
◆イタリア52(26-19)19ヤマハ(6月2日、長野Uスタ)
*イタリア8T6G、ヤマハ3T2G

<日本代表>
☆PR
浅原 拓真(東芝/2018 サンウルブズ/9 caps)
石原 慎太郎(サントリー/2018 サンウルブズ/8 caps)
稲垣 啓太(パナソニック/2018 サンウルブズ/19 caps)
具 智元(ホンダ/2018 サンウルブズ/2 caps)
須藤 元樹(サントリー/2018 サンウルブズ/2 caps)

☆HO
坂手 淳史(パナソニック/2018 サンウルブズ/10 caps)
庭井 祐輔(キヤノン/2018 サンウルブズ/3 caps)
堀江 翔太(パナソニック /2018 サンウルブズ/55 caps)

☆LO
アニセ サムエラ(キヤノン/7 caps)
ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ/2018 サンウルブズ/3 caps)
ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機2018 サンウルブズ/7 caps)
真壁 伸弥(サントリー/2018 サンウルブズ/36 caps)

☆【FL
徳永 祥尭(東芝/2018 サンウルブズ/8 caps)
西川 征克(サントリー/2018 サンウルブズ/―)
アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム/レベルズ/19 caps)
リーチ マイケル(主将/東芝/2018 サンウルブズ/53 caps)

☆NO8
布巻 峻介(パナソニック/2018 サンウルブズ/5 caps)
姫野 和樹(トヨタ自動車/2018 サンウルブズ/3 caps)

☆SH
内田 啓介(パナソニック /2018 サンウルブズ/22 caps)
田中 史朗(パナソニック /2018 サンウルブズ/64 caps)
流 大(サントリー/2018 サンウルブズ/9 caps)

☆SO
田村 優(キヤノン/2018 サンウルブズ/48 caps)
松田 力也(パナソニック /10 caps)

☆CTB
立川 理道(クボタ/2018 サンウルブズ/54 caps)
ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ/2018 サンウルブズ/1 cap)
中村 亮土(サントリー/2018 サンウルブズ/11 caps)
ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ/2018 サンウルブズ/8 caps)

☆WTB
シオネ・テアウパ(クボタ/2018 サンウルブズ/3 caps)
福岡 堅樹(パナソニック /2018 サンウルブズ/25 caps)
山田 章仁(パナソニック /2018 サンウルブズ/23 caps)
レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ/2018 サンウルブズ/5 caps)

☆FB
野口 竜司(パナソニック /2018 サンウルブズ/12 caps)
松島 幸太朗(サントリー/2018 サンウルブズ/28 caps)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2018

韓国社会人2次コリアンリーグ戦(15人制)開催 2018/6

<<韓国一般(社会人)コリアンリーグ2次大会>>

 韓国社会人の「2018コリアンリーグ2次大会(15人制)」が6月15日(金)から仁川市南洞アジアドラグビー場で行われる。ポスコ建設、現代グロービス、軍体育部隊(尚武)の3チームが6月29日まで総当たりで実施する。
 1次大会(7人制)優勝の韓国電力は不参加。

☆第1週(6月15日)
 現代グロービスと尚武は点の取り合い後半32分、35-42とリードされた現代がCTB13ナム・ユジュンのTで2点差に。Gを代表SO朴ホンシクが決め42-42同点で終えた。
*BDで争う両者、黒(尚武)=写真、KRUSNS
18615hg42s42

「韓国一般(社会人)コリアンリーグ2次大会」
■第1週(6月15日)
◆現代G42(21-24)42尚武
*現代6T6G、尚武5T4G3PG

■第2週(22日)
◆ポスコ建設-尚武

■第3週(29日)
◆ポスコ建設-現代G

<参考、2018コリアンリーグ1次大会(7人制)>

{3月31日}
 一般(社会人)は7人制順位決定トーナメント。予選1位の韓国電力(青紺)は準決勝で24-0ポスコ建設を下す。
決勝でも代表の韓建圭、呉潤均らが尚武を圧倒33-12で優勝した。
18331ke33snm12
3位はポスコ(白)7-5現代グロービス。
18331p7h5

{3月30日}
 一般(社会人)は7人制初日。4チームが総当たりで予選を行った。
 7人制王者・韓国電力は代表の金ジョンミン、韓建圭、呉潤均らが躍動した40-5現代グロービス、38-7ポスコ建設(写真。韓電/紺)、36-0尚武と3連勝で1位通過した。
18330ke38psc7
 残りはすべて1勝2敗の混戦。得失点差で2位現代(-27)、3位尚武(-36)、4位ポスコ(-39)。
■参加4(セブンズ大会)
①韓国電力、②尚武、③ポスコ建設、④現代グロービス
■決勝戦(3月31日)
◆韓国電力33(21-0)12尚武
*韓電5T4G、尚武2T1G

■3位決定戦(3月31日)
◆ポスコ建設7(7-0)尚武
*ポスコ1T1G、尚武1T

■準決勝(3月31日)
◆韓国電力24-0ポスコ建設
◆尚武21-12現代グロービス

■予選(3月30日)①韓国電力(3-0)、②現代グロービス(1-2、-27)、③尚武1-2、-36)、④ポスコ(1-2、-39)
◆韓国電力40(28-5)5現代グロービス
*韓電/紺
18330ke40hyn5
◆韓国電力38(12-7)7ポスコ建設
◆韓国電力36(19-0)0尚武
*尚武/黒
18330ke36snm0
◆ポスコ建設19(5-12)12尚武
*ポスコ/青
18330psc19snm12
◆ポスコ建設14-29現代グロービス
*ポスコ白
18330psc14hy29
◆現代グロービス10(5-12)17尚武
*現代/青

| | Comments (0) | TrackBack (0)

延世大が36-0高麗大を一蹴した今季2連勝 2018/6ソウル市長旗大会

<<2018ソウル市長旗大会>>
 10月の全国体育大会(国体)ソウル市代表決定戦を兼ねる「2018ソウル市長旗大会」が6月8日(金)ソウル市ラグビー場で開催された。
 大学は延世大がライバル高麗大を36-0とゼロ封で破り代表へ。春季リーグ戦(4月2日)の40-21に続き連勝した。
 高校は養正中(ヤンジョン)が43-7とソウル大附属高を寄せ付けず国体へ進出した。

<ソウル市長旗大会、18年6月8日>
■大学
◆延世大36(19-0)0高麗大
*延世6T3G
*前半8分、Y/CTB13李ヨンウンの突破からFBペク・ジョンウンT(GはCTB12シン・ヒョンソン成功7-0)
16分、Y/HOヨ・ジェミン、SCからのアタックでT(G○、14-0)
38分、Yがゴール前ラインアウトからPR3カン・スンヒョクT(19-0)
後半6分、Yがラインアウト-ラックからカン・ホビンT(24-0)
34分、ラインアウトからTへつなぐ。シン・ウソン(29-0)
37分、シン・ウソンT(○36-0)
■高校
◆養正高(ヤンジョン)43-7ソウル大附属高

高麗/延世の定期戦戦績は1965年以来、延世24勝、高麗19勝、引き分け3。
定期戦結果高麗大データより
<高麗大対延世大、以前の結果/判明分>>
■2018年
◆延世高麗(9/定期戦)
◆(大統領旗)対戦無し
◆延世38-0高麗(6/8ソウル市長旗大会)
◆延世40-21高麗(4/2春季リーグ)

■2017年
◆延世26(19-0)21高麗(9/23定期戦)
◆(7/23大統領旗)対戦無し
◆延世20-12高麗(6/30ソウル市長旗大会)
◆高麗20-15延世(3/21春季リーグ)

◆2016年
◆延世27(10-7)26高麗(9/24定期戦))
◆対戦無し(大統領旗)
◆延世28-14(ソウル市長旗大会)
◆高麗19-18延世(3/26春季リーグ)

■2015年
◆延世24-21高麗(定期戦)
◆高麗22-18(大統領旗、7月)
◆高麗15-13延世(ソウル市長旗大会、7月)
◆高麗28-22延世(コリアンリーグ)

■2014年
◆高麗33-23延世(定期戦)
◆高麗42-15延世(ソウル市長旗大会)
◆高麗15-10延世(春季L)
■2013年
◆高麗20-17延世(定期戦)
◆高麗28-24延世(ソウル市長)
◆延世12-10高麗(春季L)
■2012年
◆延世15-13高麗(定期戦)
◆延世29-22高麗(大統領旗大会)
◆高麗20-15延世(ソウル市長)
◆延世32-17高麗(春季L)
■2011年
◆高麗8-5延世(定期戦)
◆延世36-33高麗(ソウル市長)
◆延世19-10高麗(春季L)
■2010年
◆延世38-20高麗(定期戦)
◆高麗19-14延世(大統領)
◆延世22-6高麗(ソウル市長)
◆延世9-6高麗(春季)

<<参考2018春季リーグ戦>>
 大学A最終日2試合と中学準決勝を行った。
 2018年最初の韓国ラグビー「延世大VS高麗大戦」は延世が40-21で圧勝し3戦全勝優勝した。2013年以来(15年は開催なし)5年ぶりの優勝。
1842ys40kr21a
延世(青)が前半先制し31分高麗がラインアウトからモールでNO8ユ・ジェフンがTし21-21と追いついた。しかし33分リスタートで延世が攻めCTB13李ヨンウンが右ライン際を快走しT26-21で折り返す。李は前半8、13分とTしておりハットトリックTを前半だけで記録した。
後半も延世が13分SHチェ・ミンソンがTラインを超えるなど2Tし40-21で昨年の春季リーグ戦のリベンジ(15-20高麗)を果たした。延世はライバルに昨年6月ソウル市長旗大会後3連勝だ。高麗は1勝2敗で3位。

 2位は慶煕大(キョンヒ/赤白)が35(14-12)19檀国大を破り2勝1敗で勝ち取った。檀国は3敗で4位。
1842ky35dk19

<大学A>
■参加4校
①延世大(3-0)、②慶煕大(キョンヒ。2-1)、③高麗大(1-2)、④檀国大(0-3)

■リーグ戦
◆高麗大29(15-7)35慶煕大(3月25日)
*高麗3T2G1PT1PG、慶煕大5T5G

◆延世大27(8-0)14檀国大
*延世4T2G1PG、檀国2T2G

◆延世大52(21-13)16慶煕大(29日)
*延世7T7G1PG、慶煕1T1G3PG

◆高麗大41(15-19)31檀国大
*高麗6T4G1PG、檀国5T3G

◆延世大40(26-21)21高麗大(4月2日)
*延世6T5G、高麗3T3G
1842ys40kr21b
(得点経過/前半)
◎5M/Y・FB15ペク・ジョンウンT(G:SO10シン・ヒョンミン)Y7-0K
YがK陣22M外の左LOから右へ展開。CTB12シン・ヒョンソンがゲインを越えつなぎ最後はペクが左から回り中央T
◎8M/Y・CTB13李ヨンウンT(G:SO)Y14-0K
キックパスをWTB14金ヨンファンが受け李へ。左中間T
◎12M/K・CTB12ソン・ミンギT&G、Y14-7K
Y陣10M右SCからKが展開。左中間へ運びぎりぎりT
◎13M/Y・CTB13李T(G:SO)Y21-7K
リスタートからYつなぎY李が左中間T
◎23M/K・PR3ジン・ウビン右中間T(G:CTB12)Y21-14K
◎31M/K・NO8ユ・ジェフンT(G:CTB12)Y21-21K(同点)
KがY陣22M内の右LO得る。NO8運び、ラックでつなぐ。モールへ変えて押し込む(右中間)。
◎33M/Y・CTB13李T(G×)Y26-21K(勝ち越し)
リスタート。Yがボールを得る。CTB13李が右タッチ際を快走し右隅T(ハットトリック)
(後半)
◎13M/Y・SH9チェ・ミンソンT(G:SO)Y33-21K
自陣からYがグラバーキックへ。SOシンが受けてK陣へ入る。最後はフォローしたSH中央へ回り込みT
◎26M/Y・FBペクがKの反則からタップでつないだボールを左中間へ運んだ(G:SO)Y40-21K

◆慶煕大35(14-12)19檀国大
*慶煕5T5G、檀国3T2G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2018

具は連続先発PR3 2018日本イタリアテストマッチ6/16

Dsc_0282
Dsc_0299

☆イタリア代表第2戦(2018/6/16)
 6月16日(土)、兵庫ノエビアスタジアムで行う。

 試合メンバーが14日、発表された。
18613jflo_2
 PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)は2戦連続PR3で先発する。
18613jwn4
18613jwn2
18613jwn3
 13日の練習後、「9日につった足はきのうまで痛かったが大丈夫です」と話した。

■イタリア代表第2戦
◆日本-イタリア(6月16日、ノエビア)
*日本イタリア
◎PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)
1869gjwn2

P1.稲垣啓太(パナソニック) H2.堀江翔太(パナソニック)  P3.具智元(ホンダ)  
L4.ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ) L5.アニセ サムエラ(キヤノン) 
F6.徳永祥尭(東芝)F7.リーチ マイケル(東芝)  NO8.姫野和樹(トヨタ自動車) SH9.田中史朗(パナソニック) SO10.田村優(キヤノン) 
W11.福岡堅樹(パナソニック) C12.ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ) C13.ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ)W14.レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ) FB15.松島幸太朗(サントリー)

〔リザーブ〕
H16.庭井祐輔(キヤノン) P17.石原慎太郎(サントリー) P18.浅原拓真(東芝) L19.ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機) FL/8/20.アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム) 、SH21.流大(サントリー) SO/CTB/FB22.松田力也(パナソニック)  SO/CTB23.中村亮土(サントリー)

☆イタリア代表第1戦(2018/6/9)
1869j34it17
1869jp1

 6月9日(土)、大分ドームで行い、日本が後半突き放し34(17-14)17でイタリアに先勝した。
 前半、NO8アマナキの先制Tなどで折り返した。
1869j8try
後半11分PGで追いつかれた。4分後SO田村がPG成功で勝ち越すと流れが日本へ。
 20分WTBレメキ、26分FB松島でT
1869j15try
完勝だ。
1869g25824

PR3PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)は後半20分前、足がつり交代した。
1869gjwn3
1869gjwn6
1869gjwn2
Gusitomodati

 6月7日、出場する23名を発表した。PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)は本職の3番だ。
「大分は第二の故郷。高校(日本文理大附属)の先生や友達が応援に来てくれる。両親も韓国から来るので一生懸命にプレーしたい」と話した。
1865jwn2
 
 JジェセフHCは「イタリア、ジョージアのスクラム強豪国と対戦する機会は2019年W杯に向けて重要。テストマッチはすべて勝ちにいく。具のスクラムに期待」という。
1867jj

<<2018/日本代表戦>>
■イタリア代表第1戦
◆日本34(17-14)17イタリア(6月9日、大分ドーム)
*日本4T4G2PG、イタリア3T1G
◎PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)
1867jwn1
P1.稲垣啓太(パナソニック) H2.堀江翔太(パナソニック)  P3.具智元(ホンダ)  
L4.ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ) L5.アニセ サムエラ(キヤノン) 
F6.姫野和樹(トヨタ自動車) F7.リーチ マイケル(東芝)  NO8.アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム)
SH9.田中史朗(パナソニック) SO10.田村優(キヤノン) 
W11.福岡堅樹(パナソニック) C12.ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ) C13.ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ)W14.レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ) FB15.松島幸太朗(サントリー)

〔リザーブ〕
H16.庭井祐輔(キヤノン) P17.石原慎太郎(サントリー) P18.浅原拓真(東芝) L19.ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機) FL/8/20.徳永祥尭(東芝)  SH21.流大(サントリー) SO/CTB/FB22.松田力也(パナソニック)  SO/CTB23.中村亮土(サントリー)

■ジョージア代表戦
◆日本-ジョージア(6月23日、豊田S-)

 日本ラグビー協会は5月23日に6月のイタリア、ジョージア代表戦を戦う代表33人を発表した。
 PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)も選ばれた。豪州遠征中のSW具は、5月25日のレベルズ戦後に帰国し練習に合流した。
1865jwn1

☆第1戦(2018年6月2日)
イタリアは選抜としてヤマハと対戦。8T52-19で制した。
■イタリア選抜
◆イタリア52(26-19)19ヤマハ(6月2日、長野Uスタ)
*イタリア8T6G、ヤマハ3T2G

<日本代表>
☆PR
浅原 拓真(東芝/2018 サンウルブズ/9 caps)
石原 慎太郎(サントリー/2018 サンウルブズ/8 caps)
稲垣 啓太(パナソニック/2018 サンウルブズ/19 caps)
具 智元(ホンダ/2018 サンウルブズ/2 caps)
須藤 元樹(サントリー/2018 サンウルブズ/2 caps)

☆HO
坂手 淳史(パナソニック/2018 サンウルブズ/10 caps)
庭井 祐輔(キヤノン/2018 サンウルブズ/3 caps)
堀江 翔太(パナソニック /2018 サンウルブズ/55 caps)

☆LO
アニセ サムエラ(キヤノン/7 caps)
ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ/2018 サンウルブズ/3 caps)
ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機2018 サンウルブズ/7 caps)
真壁 伸弥(サントリー/2018 サンウルブズ/36 caps)

☆【FL
徳永 祥尭(東芝/2018 サンウルブズ/8 caps)
西川 征克(サントリー/2018 サンウルブズ/―)
アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム/レベルズ/19 caps)
リーチ マイケル(主将/東芝/2018 サンウルブズ/53 caps)

☆NO8
布巻 峻介(パナソニック/2018 サンウルブズ/5 caps)
姫野 和樹(トヨタ自動車/2018 サンウルブズ/3 caps)

☆SH
内田 啓介(パナソニック /2018 サンウルブズ/22 caps)
田中 史朗(パナソニック /2018 サンウルブズ/64 caps)
流 大(サントリー/2018 サンウルブズ/9 caps)

☆SO
田村 優(キヤノン/2018 サンウルブズ/48 caps)
松田 力也(パナソニック /10 caps)

☆CTB
立川 理道(クボタ/2018 サンウルブズ/54 caps)
ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ/2018 サンウルブズ/1 cap)
中村 亮土(サントリー/2018 サンウルブズ/11 caps)
ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ/2018 サンウルブズ/8 caps)

☆WTB
シオネ・テアウパ(クボタ/2018 サンウルブズ/3 caps)
福岡 堅樹(パナソニック /2018 サンウルブズ/25 caps)
山田 章仁(パナソニック /2018 サンウルブズ/23 caps)
レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ/2018 サンウルブズ/5 caps)

☆FB
野口 竜司(パナソニック /2018 サンウルブズ/12 caps)
松島 幸太朗(サントリー/2018 サンウルブズ/28 caps)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2018

男子は南アが逆転で総合V、女子は豪が総合V達成、日本女子は降格。WRセブンズ最終戦(18/6/8-パリ大会)

「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2017-2018 第10戦パリ大会」の最終戦、男子大会が6月9-10日開催。
☆第3日
 1-8位カップ戦は決勝で南アが24-14イングランドを破り22Pを獲得し182Pとなった。前のロンドン大会で総合首位に立ったフィジーは準々決勝でイングランドに17-19で敗退し5位(13P)に終わり180Pで南アに逆転を許した。
 総合3位はパリ3位のNZ(150P).
 アイルランドは2大会連続8強入り7位タイで終えた。
 チャレンジトロフィー(9-16位)はアルゼンチン33-26ウエールズ。

<総合ポイント>
南ア(182)、フィジー(180)、NZ(150)、豪州(123)、イングランド(122)、米(117)、アルゼ(105)、ケニア(104)、カナダ(76)、サモア(59)、西(56)、スコット(55)、仏(53)、ウエールズ(49)、アイルランド(27)、露(26)、PNG(6)、ウガンダ(4)、日本(3)、ウルグアイ(2)、韓国(1)

<<男子「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2017-2018 第10戦パリ大会」>>
<カップ戦>(6月10日)
■決勝
◆南ア24-14イングランド
*南ア(22)、イングランド(19)

■3位決定戦
◆NZ38-5カナダ(15)
*NZ(17)

■準決勝
◆南ア24-17NZ
◆イングランド26-12カナダ

■準々決勝
◆イングランド19-17フィジー
◆カナダ19-5アイルランド
◆南ア15(10-10)10スペイン
◆NZ33-7米国

■5位決定戦
◆フィジー28-7米国
フィジー(13)、米(12)

■5-8位準決勝
◆フィジー38-5アイルランド(10)
◆米28-7スペイン(10)

■チャレンジトロフィー(9位決定戦)
◆アルゼンチン33-26ウエールズ
*アルゼ(8)、ウエールズ(7)

■準決勝(9-12位)
◆アルゼンチン24-19豪州(5)
◆ウエールズ28-26仏(5)

■準々決勝(9-16位)
◆アルゼンチン19-12ケニア
◆豪州14-5ロシア
◆ウエールズ28-5スコットランド
◆仏19-7サモア

■13位決定戦
◆ケニア21-20スコットランド
*ケニア(3)、スコット(2)

■13-16位準決勝
◆ケニア26-14ロシア(1)
◆スコットランド24-19サモア(1)

<プール戦>(6月9日)
■A①フィジー(7p)、②NZ(7)、③ケニア(7)、サモア(3)
◆フィジー20-17NZ、19-22ケニア、35-12サモア
◆N24-5ケニア、22-17サモア
◆ケニア24-10サモア

■B①南ア(9)、②カナダ(7)、③スコットランド(7)、④ロシア(3)
◆南ア28-0カナダ、12-14スコットランド、21-19ロシア
◆カナダ26-14スコットランド、33-7ロシア
◆スコットランド17-14ロシア

■C①アイルランド(8)、②スペイン(7)、③豪州(5)、④ウエールズ(4)
◆アイルランド14-5スペイン、24-14豪州、19-19ウエールズ
◆スペイン17-10豪州、14-21ウエールズ
◆豪州29-10ウエールズ

■D①米国(8)、②イングランド(8)、③仏(5)、④アルゼンチン(3)
◆米21-21イングランド、26-12仏、26-7アルゼンチン
◆イングランド28-21仏、28-19アルゼンチン
◆仏28-26アルゼンチン

「HSBCワールドラグビー女子セブンズシリーズ2017-2018 第5戦 最終戦パリ大会」が2018年6月8-10日にパリで開催。

 最終日6月10日、決勝でNZが33-7豪州を下し3大会Vを決めた。豪州は総合順位で1位を確保(92P)で2季ぶりに総合Vとなった。NZは90Pで2位に。
 大会3位はカナダ17-10仏。
 日本は8日のプール戦C。米24-19日、仏26-17日、スペイン21-10日と3戦全敗でチャレンジトロフィー(9-12位へ)。
 準決勝で0-38ロシアに敗戦、111位決定戦で17-12ウエールズを下しようやく1勝しシリーズを終えた。しかし総合Pは10でコアチーム最下位に終わり来季は下部大会に降格。

<総合ポイント>
豪州(92)、NZ(90)、仏(68)、カナダ(60)、米国(56)、ロシア(46)、西(43)、イングランド(32)、フィジー(31)、アイルランド(29)、日本(10)、中国(6)、南ア(3)、ブラジル(2)、PNG(1)

<<女子「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2017-2018 第5戦 パリ大会」>>
<カップ戦>(6月9-10日)
■決勝(10日、20,18)
◆NZ33-7豪州

■3位決定戦(16,14)
◆カナダ17-10仏

■準決勝(9日)
◆NZ34-7カナダ
◆豪州21-17仏

■準々決勝(9日)
◆NZ38-0スペイン
◆カナダ26-24米国
◆豪州22-19フィジー
◆仏48-7イングランド

<プレート5-8位>
■決勝(10日、12,10)
◆米国28-7フィジー

■7位(8,6)
◆スペイン20-7イングランド

■準決勝(9日)
◆米国33-5スペイン
◆フィジー19-14スペイン

<チャレンジTR9-12位>(6月9日)
■決勝(4,3)
◆アイルランド10-5ロシア

■11位決定戦(2,1)
◆日本17-12ウエールズ

■準決勝
◆ロシア38-0日本
◆アイルランド17-7ウエールズ

<プール戦(6月8日)>
■A①NZ(9)、②イングランド(7)、③アイルランド(5)、④ウエールズ(3)
◆NZ24-12イングランド、17-0アイルランド、54-7ウエールズ
◆イングランド31-12アイルランド、45-12ウエールズ
◆アイルランド24-5ウエールズ

■B①豪州(9)、②カナダ(7)、③フィジー(5)、④ロシア(3)
◆豪31-14カナダ、24-10フィジー、24-20ロシア
◆カナダ21-12フィジー、31-5ロシア
◆フィジー20-12ロシア

■C①仏(9)、②米国(7)、③スペイン(5)、④日本(3)
◆仏14-5米国、20-0スペイン、26-17日本
◆米国21-14スペイン、24-19日本
◆スペイン21-10日本

「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2017-2018 第9戦ロンドン大会」の男子大会が6月2-3日開催。
ラグリパ記事こちらから
☆第2日
 1-8位カップ戦は決勝でフィジーが21-17南アを制し香港・シンガポールに次ぎ3連続Vを決めた。3位は招待参加アイルランドが21-19イングランド。アイルランドは香港大会の次年度昇格戦で日本に準決勝で敗退(惜しい逆転Tを逃していた)。
 チャレンジトロフィー(9-16位)はケニアが33-19ウエールズが確保した。

☆第1日
 Aはフィジーが全勝、Bも豪州が全勝で通過。Cは米国がケニアと引分も1位に。Dは南アがサモアに12-21で敗れたが1位。 
 カップ戦(1-8位)準々決勝はフィジー-カナダ、アイルランド-米国、南ア-NZ、南ア-ケニア、豪州-イングランドとなった。
<総合ポイント>
フィジー(167)、南ア(160)、NZ(133)、豪州(118)、米(105)、イングランド(103)、ケニア(101)、アルゼ(97)、カナダ(61)、サモア(58)、スコット(53)、仏(48)、西(46)、ウエールズ(42)、露(25)、アイルランド(17)、PNG(6)、ウガンダ(4)、日本(3)、ウルグアイ(2)、韓国(1)

<<男子「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2017-2018 第9戦ロンドン大会」>>
<カップ戦>(6月3日)
■決勝
◆フィジー21-17南ア
*フィジー(22)、南ア(19)

■3位決定戦
◆アイルランド21-19イングランド(15)
*アイル(17)

■準決勝
◆フィジー38-17アイルランド
◆南ア29-19イングランド

■準々決勝
◆フィジー40-7カナダ
◆アイルランド22-12米国
◆南ア14-5NZ
◆イングランド21-17豪州

■5位決定戦
◆NZ26-5米国
NZ(13)、米(12)

■5-8位準決勝
◆NZ38-7豪州(10)
◆米27-19カナダ(10)

■チャレンジトロフィー(9位決定戦)
◆ケニア33-19ウエールズ
*ケニア(8)、ウエールズ(7)

■準決勝(9-12位)
◆ケニア42-10アルゼンチン(5)
◆ウエールズ27-12ロシア(5)

■準々決勝(9-16位)
◆ケニア38-0スペイン
◆アルゼンチン19-14サモア
◆ウエールズ33-29仏
◆ロシア15-10スコットランド

■13位決定戦
◆サモア34-10スコットランド
*サモア(3)、スコット(2)

■13-16位準決勝
◆サモア26-10スペイン(1)
◆スコットランド43-21(1)

<プール戦>(6月2-3日)
■A①フィジー(9p)、②NZ[(7)、③アルゼンチン(5)、④スコットランド(3)
◆フィジー27-7NZ、28-19アルゼンチン、39-12スコット
◆NZ36-5アルゼンチン、24-12スコット
◆アルゼンチン22-19スコット

■B①豪州(9)、②アイルランド(5、+0)、③ウエールズ(5、-18)、④スペイン(5、-22)
◆豪州33-7アイルランド、20-12ウエールズ、28-22スペイン
◆アイルランド19-21ウエールズ、38-10スペイン
◆ウエールズ12-24スペイン

■C①米国(8)、②イングランド(7)、③ケニア(6)、④仏(3)
◆米31-14イングランド、19-19ケニア、38-14仏
◆イング38-12ケニア、34-0仏
◆ケニア24-21仏

■D①南ア(7、+32)、②カナダ(7、+23)、③ロシア(5)、④サモア(3)
◆南ア17-7カナダ、31-0ロシア、12-21サモア
◆カナダ29-10ロシア、14-0サモア
◆ロシア29-17サモア

「HSBCワールドラグビー女子セブンズシリーズ2017-2018 第4戦 カナダ大会」が2018年5月12-13日にカナダ・ランフォードで開催。
<総合ポイント>
豪州(74)、NZ(70)、仏(54)、カナダ(44)、米国(44)、ロシア(43)、西(35)、イングランド(26)、アイルランド(25)、
フィジー(21)、日本(8)、中国(6)、南ア(3)、ブラジル(2)、PNG(1)

☆第3日(5月13日)
 順位決定戦を実施。カップ決勝はNZが46-0で豪州を圧倒。カナダ大会連覇に4月北九州大会に続き優勝と好調だ。最終戦パリ大会(6月8-10日)、逆転で総合優勝も見えてきた。3位米国21-5仏
 日本は9-12位決定トーナメント。初戦でブラジルを31-21で下した。9位決定戦でもスペインを26-21接戦で制した。
☆第1日(5月12日)
 プール戦が開催。B日本は7-33仏、5-33仏、7-28米、ロシアを24-7で下したが3位で9-12位チャレンジトロフィーへ回った。
 8強はA/NZ、フィジー、イングランド、B/仏、米、C/豪州、カナダ、アイルランド
<カップ戦>(5月13日)
■決勝(20,18)
◆NZ46-0豪州

■3位決定戦(16,14)
◆米国21-5仏

■準決勝
◆NZ33-10米国
◆豪州17-12仏

■準々決勝
◆NZ17-12イングランド
◆米国28-26カナダ
◆豪州21-15フィジー
◆仏27-0アイルランド

<プレート5-8位>
■決勝(12,10)
◆カナダ29-12アイルランド

■7位(8,6)
◆イングランド29-24フィジー

■準決勝
◆カナダ35-12イングランド
◆アイルランド19-7フィジー

<チャレンジTR9-12位>(5月13日)
■決勝(4,3)
◆日本26-21スペイン

■11位決定戦(2,1)
◆ブラジル24-19ロシア

■準決勝(1)
◆日本31-21ブラジル
◆スペイン14-7ロシア

<プール戦(5月12日)>
■A①NZ(9)、②フィジー(7)、③イングランド(5)、④ブラジル(3)
◆NZ12-7フィジー、22-0イングランド、51-0ブラジル
◆フィジー24-14イングランド、47-14ブラジル
◆イングランド31-17ブラジル

■B①仏(9)、③米国(5)、③日本(5)、④ロシア(3)
◆仏22-19米国、33-7日本、45-0ロシア
◆米国28-7日本、35-14ロシア
◆日本24-7ロシア

■C①豪州(9)、②カナダ(7)、③アイルランド(5)、④スペイン(3)
◆豪州22-7カナダ、31-19アイルランド、43-10スペイン
◆カナダ19-17アイルランド、24-10スペイン
◆アイルランド7-0スペイン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2018

帝京が慶大下す 2018関東春季大会18/6/9-

<<2018関東大学春季大会>>
「2018関東大学春季大会」が4月から開催されている。

6月16日はC最終日。専大が57-21成蹊大を下し4位。成蹊が5位になった。

6月10日。A、帝京大が慶大を52-12と圧勝し2位。大東大はリーグ戦ライバル東海大を41-36接戦で退けた。

6月3日。A、明大が80-14で大東文化大を下し5戦全勝で初優勝を決めた。
帝京大は82-17流経大で3勝1敗の2位。

5月27日、A組は流経大と大東文化大が31-31で引き分けた。
B組、筑波大は68-15法政大を圧倒し全勝。

5月20日、A組は全勝の明大に慶大、明大が45-12で4連勝首位だ。
王者・帝京大はライバル東海大に69-7と圧倒した。

5月13日、A組は明大61-14流経大と3連勝。早大は69-0中大と1勝目をあげた。
A組、5月6日の試合で明治大が62-33東海大を制し連勝した。
早大は21-33筑波大と連敗に。
A組、大学王者9連覇の帝京大が明治大を対戦した(4月30日、札幌ドーム)。
試合は明大が試合終盤後半38分に逆転し17-14で下した。

「2018関東大学春季大会」
<予選>
■A①明治大(5-0、勝点29P)、②帝京大(4-1、25)、③大東大(2-2-1分け、15)、④慶應大(2-3、12)、⑤流経大(1-2-1分け、4)、⑥東海大(0-4、4)
◆帝京大69-7東海大、14-17明治大、38-17大東大、82-17流経大、52-12慶應大
◆東海大33-62明治大、36-41大東大、流経大、41-50慶應大
◆明治大80-14大東大、61-14流経大、45-12慶應大
◆大東大31-31流経大、63-10慶應大
◆流経大35-53慶應大

■B①筑波大(5-0、30P)、早稲田大(2-2、13)、日本大(2-2、13)、法政大(3-2、19)、⑤中央大(1-4、8)、⑥日体大(1-4、6)、
◆早稲田大69-0中央大、22-32日体大、21-38筑波大、日本大、52-24法政大
◆中央大31-10日体大、7-59筑波大、31-55日本大、28-47法政大
◆日体大14-78筑波大、21-73日本大、27-94法政大
◆筑波大38-26日本大、68-15法政大
◆日本大12-52法政大

■C①関東学院大(6-0、30P)、②拓殖大(4-1、25)、③立教大(3-2、19)、④専修大(2-3、15)、⑤成蹊大(1-4、7、⑥青学大(0-5、4)、
◆関東学院大42-31拓殖大、75-26立教大、50-45青学大、52-24成蹊大、48-19専修大
◆拓殖大45-10立教大、62-21青学大、60-0成蹊大、33-31専修大
◆立教大33-14青学大、48-5成蹊大、41-31専修大
◆青学大31-59成蹊大、24-53専修大
◆成蹊大21-57専修大

<<2018関西大学春季トーナメント>>
■決勝戦
◆同志社大-天理大(7月1日、同大)

■準決勝
◆同志社大42-12京都産業大(5月27日)
◆天理大94-12関西学院大(6月2日)

■1回戦
◆同志社大33-17立命館大(5月1日)
◆京都産業大45-12近畿大(20日)
◆天理大71-0大阪体育大(12日)
◆関西学院大35-33関西大(27日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2018

日本がイタリアに圧勝(34-17) 2018テストマッチ第1戦 18/6/9

Dsc_0282
Dsc_0299
☆イタリア代表第1戦
1869j34it17
1869jp1

 6月9日(土)、大分ドームで行い、日本が後半突き放し34(17-14)17でイタリアに先勝した。
 前半、NO8アマナキの先制Tなどで折り返した。
1869j8try
後半11分PGで追いつかれた。4分後SO田村がPG成功で勝ち越すと流れが日本へ。
 20分WTBレメキ、26分FB松島でT
1869j15try
完勝だ。
1869g25824

PR3PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)は後半20分前、足がつり交代した。
1869gjwn3
1869gjwn6
1869gjwn2
Gusitomodati

 6月7日、出場する23名を発表した。PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)は本職の3番だ。
「大分は第二の故郷。高校(日本文理大附属)の先生や友達が応援に来てくれる。両親も韓国から来るので一生懸命にプレーしたい」と話した。
1865jwn2
 
 JジェセフHCは「イタリア、ジョージアのスクラム強豪国と対戦する機会は2019年W杯に向けて重要。テストマッチはすべて勝ちにいく。具のスクラムに期待」という。
1867jj

<<2018/日本代表戦>>
■イタリア代表戦
◆日本34(17-14)17イタリア(6月9日、大分ドーム)
*日本4T4G2PG、イタリア3T1G
◎PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)
1867jwn1
P1.稲垣啓太(パナソニック) H2.堀江翔太(パナソニック)  P3.具智元(ホンダ)  
L4.ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ) L5.アニセ サムエラ(キヤノン) 
F6.姫野和樹(トヨタ自動車) F7.リーチ マイケル(東芝)  NO8.アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム)
SH9.田中史朗(パナソニック) SO10.田村優(キヤノン) 
W11.福岡堅樹(パナソニック) C12.ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ) C13.ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ)W14.レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ) FB15.松島幸太朗(サントリー)

〔リザーブ〕
H16.庭井祐輔(キヤノン) P17.石原慎太郎(サントリー) P18.浅原拓真(東芝) L19.ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機) FL/8/20.徳永祥尭(東芝)  SH21.流大(サントリー) SO/CTB/FB22.松田力也(パナソニック)  SO/CTB23.中村亮土(サントリー)

◆日本-イタリア(6月16日、兵庫ノエビア)

■ジョージア代表戦
◆日本-ジョージア(6月23日、豊田S-)

 日本ラグビー協会は5月23日に6月のイタリア、ジョージア代表戦を戦う代表33人を発表した。
 PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)も選ばれた。豪州遠征中のSW具は、5月25日のレベルズ戦後に帰国し練習に合流した。
1865jwn1

☆第1戦(2018年6月2日)
イタリアは選抜としてヤマハと対戦。8T52-19で制した。
■イタリア選抜
◆イタリア52(26-19)19ヤマハ(6月2日、長野Uスタ)
*イタリア8T6G、ヤマハ3T2G

<日本代表>
☆PR
浅原 拓真(東芝/2018 サンウルブズ/9 caps)
石原 慎太郎(サントリー/2018 サンウルブズ/8 caps)
稲垣 啓太(パナソニック/2018 サンウルブズ/19 caps)
具 智元(ホンダ/2018 サンウルブズ/2 caps)
須藤 元樹(サントリー/2018 サンウルブズ/2 caps)

☆HO
坂手 淳史(パナソニック/2018 サンウルブズ/10 caps)
庭井 祐輔(キヤノン/2018 サンウルブズ/3 caps)
堀江 翔太(パナソニック /2018 サンウルブズ/55 caps)

☆LO
アニセ サムエラ(キヤノン/7 caps)
ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ/2018 サンウルブズ/3 caps)
ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機2018 サンウルブズ/7 caps)
真壁 伸弥(サントリー/2018 サンウルブズ/36 caps)

☆【FL
徳永 祥尭(東芝/2018 サンウルブズ/8 caps)
西川 征克(サントリー/2018 サンウルブズ/―)
アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム/レベルズ/19 caps)
リーチ マイケル(主将/東芝/2018 サンウルブズ/53 caps)

☆NO8
布巻 峻介(パナソニック/2018 サンウルブズ/5 caps)
姫野 和樹(トヨタ自動車/2018 サンウルブズ/3 caps)

☆SH
内田 啓介(パナソニック /2018 サンウルブズ/22 caps)
田中 史朗(パナソニック /2018 サンウルブズ/64 caps)
流 大(サントリー/2018 サンウルブズ/9 caps)

☆SO
田村 優(キヤノン/2018 サンウルブズ/48 caps)
松田 力也(パナソニック /10 caps)

☆CTB
立川 理道(クボタ/2018 サンウルブズ/54 caps)
ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ/2018 サンウルブズ/1 cap)
中村 亮土(サントリー/2018 サンウルブズ/11 caps)
ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ/2018 サンウルブズ/8 caps)

☆WTB
シオネ・テアウパ(クボタ/2018 サンウルブズ/3 caps)
福岡 堅樹(パナソニック /2018 サンウルブズ/25 caps)
山田 章仁(パナソニック /2018 サンウルブズ/23 caps)
レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ/2018 サンウルブズ/5 caps)

☆FB
野口 竜司(パナソニック /2018 サンウルブズ/12 caps)
松島 幸太朗(サントリー/2018 サンウルブズ/28 caps)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2018

PR3具智元(グ・ジウォン)先発 2018/6/9日本イタリア第1戦

1867j1

☆イタリア代表第1戦
 6月7日、出場する23名を発表した。PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)は本職の3番だ。
「大分は第二の故郷。高校(日本文理大附属)の先生や友達が応援に来てくれる。両親も韓国から来るので一生懸命にプレーしたい」と話した。
1865jwn2
 
 JジェセフHCは「イタリア、ジョージアのスクラム強豪国と対戦する機会は2019年W杯に向けて重要。テストマッチはすべて勝ちにいく。具のスクラムに期待」という。
1867jj

<<2018/日本代表戦>>
■イタリア代表戦
◆日本-イタリア(6月9日、大分ドーム)
*日本、イタリア
◎PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)
1867jwn1
P1.稲垣啓太(パナソニック) H2.堀江翔太(パナソニック)  P3.具智元(ホンダ)  
L4.ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ) L5.アニセ サムエラ(キヤノン) 
F6.姫野和樹(トヨタ自動車) F7.リーチ マイケル(東芝)  NO8.アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム)
SH9.田中史朗(パナソニック) SO10.田村優(キヤノン) 
W11.福岡堅樹(パナソニック) C12.ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ) C13.ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ)W14.レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ) FB15.松島幸太朗(サントリー)

〔リザーブ〕
H16.庭井祐輔(キヤノン) P17.石原慎太郎(サントリー) P18.浅原拓真(東芝) L19.ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機) FL/8/20.徳永祥尭(東芝)  SH21.流大(サントリー) SO/CTB/FB22.松田力也(パナソニック)  SO/CTB23.中村亮土(サントリー)

◆日本-イタリア(6月16日、兵庫ノエビア)

■ジョージア代表戦
◆日本-ジョージア(6月23日、豊田S)

 日本ラグビー協会は5月23日に6月のイタリア、ジョージア代表戦を戦う代表33人を発表した。
 PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)も選ばれた。豪州遠征中のSW具は、5月25日のレベルズ戦後に帰国し練習に合流した。
1865jwn1

☆第1戦(2018年6月2日)
イタリアは選抜としてヤマハと対戦。8T52-19で制した。
■イタリア選抜
◆イタリア52(26-19)19ヤマハ(6月2日、長野Uスタ)
*イタリア8T6G、ヤマハ3T2G

<日本代表>
☆PR
浅原 拓真(東芝/2018 サンウルブズ/9 caps)
石原 慎太郎(サントリー/2018 サンウルブズ/8 caps)
稲垣 啓太(パナソニック/2018 サンウルブズ/19 caps)
具 智元(ホンダ/2018 サンウルブズ/2 caps)
須藤 元樹(サントリー/2018 サンウルブズ/2 caps)

☆HO
坂手 淳史(パナソニック/2018 サンウルブズ/10 caps)
庭井 祐輔(キヤノン/2018 サンウルブズ/3 caps)
堀江 翔太(パナソニック /2018 サンウルブズ/55 caps)

☆LO
アニセ サムエラ(キヤノン/7 caps)
ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ/2018 サンウルブズ/3 caps)
ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機2018 サンウルブズ/7 caps)
真壁 伸弥(サントリー/2018 サンウルブズ/36 caps)

☆【FL
徳永 祥尭(東芝/2018 サンウルブズ/8 caps)
西川 征克(サントリー/2018 サンウルブズ/―)
アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム/レベルズ/19 caps)
リーチ マイケル(主将/東芝/2018 サンウルブズ/53 caps)

☆NO8
布巻 峻介(パナソニック/2018 サンウルブズ/5 caps)
姫野 和樹(トヨタ自動車/2018 サンウルブズ/3 caps)

☆SH
内田 啓介(パナソニック /2018 サンウルブズ/22 caps)
田中 史朗(パナソニック /2018 サンウルブズ/64 caps)
流 大(サントリー/2018 サンウルブズ/9 caps)

☆SO
田村 優(キヤノン/2018 サンウルブズ/48 caps)
松田 力也(パナソニック /10 caps)

☆CTB
立川 理道(クボタ/2018 サンウルブズ/54 caps)
ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ/2018 サンウルブズ/1 cap)
中村 亮土(サントリー/2018 サンウルブズ/11 caps)
ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ/2018 サンウルブズ/8 caps)

☆WTB
シオネ・テアウパ(クボタ/2018 サンウルブズ/3 caps)
福岡 堅樹(パナソニック /2018 サンウルブズ/25 caps)
山田 章仁(パナソニック /2018 サンウルブズ/23 caps)
レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ/2018 サンウルブズ/5 caps)

☆FB
野口 竜司(パナソニック /2018 サンウルブズ/12 caps)
松島 幸太朗(サントリー/2018 サンウルブズ/28 caps)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2018

フィジーが3大会連続V 2018HSBCセブンズ・ロンドン大会(9戦) 18/6/2-3

「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2017-2018 第9戦ロンドン大会」の男子大会が6月2-3日開催。
ラグリパ記事こちらから
☆第2日
 1-8位カップ戦は決勝でフィジーが21-17南アを制し香港・シンガポールに次ぎ3連続Vを決めた。3位は招待参加アイルランドが21-19イングランド。アイルランドは香港大会の次年度昇格戦で日本に準決勝で敗退(惜しい逆転Tを逃していた)。
 チャレンジトロフィー(9-16位)はケニアが33-19ウエールズが確保した。

☆第1日
 Aはフィジーが全勝、Bも豪州が全勝で通過。Cは米国がケニアと引分も1位に。Dは南アがサモアに12-21で敗れたが1位。 
 カップ戦(1-8位)準々決勝はフィジー-カナダ、アイルランド-米国、南ア-NZ、南ア-ケニア、豪州-イングランドとなった。
<総合ポイント>
フィジー(167)、南ア(160)、NZ(133)、豪州(118)、米(105)、イングランド(103)、ケニア(101)、アルゼ(97)、カナダ(61)、サモア(58)、スコット(53)、仏(48)、西(46)、ウエールズ(42)、露(25)、アイルランド(17)、PNG(6)、ウガンダ(4)、日本(3)、ウルグアイ(2)、韓国(1)

<<男子「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2017-2018 第9戦ロンドン大会」>>
<カップ戦>(6月3日)
■決勝
◆フィジー21-17南ア
*フィジー(22)、南ア(19)

■3位決定戦
◆アイルランド21-19イングランド(15)
*アイル(17)

■準決勝
◆フィジー38-17アイルランド
◆南ア29-19イングランド

■準々決勝
◆フィジー40-7カナダ
◆アイルランド22-12米国
◆南ア14-5NZ
◆イングランド21-17豪州

■5位決定戦
◆NZ26-5米国
NZ(13)、米(12)

■5-8位準決勝
◆NZ38-7豪州(10)
◆米27-19カナダ(10)

■チャレンジトロフィー(9位決定戦)
◆ケニア33-19ウエールズ
*ケニア(8)、ウエールズ(7)

■準決勝(9-12位)
◆ケニア42-10アルゼンチン(5)
◆ウエールズ27-12ロシア(5)

■準々決勝(9-16位)
◆ケニア38-0スペイン
◆アルゼンチン19-14サモア
◆ウエールズ33-29仏
◆ロシア15-10スコットランド

■13位決定戦
◆サモア34-10スコットランド
*サモア(3)、スコット(2)

■13-16位準決勝
◆サモア26-10スペイン(1)
◆スコットランド43-21(1)

<プール戦>(6月2-3日)
■A①フィジー(9p)、②NZ[(7)、③アルゼンチン(5)、④スコットランド(3)
◆フィジー27-7NZ、28-19アルゼンチン、39-12スコット
◆NZ36-5アルゼンチン、24-12スコット
◆アルゼンチン22-19スコット

■B①豪州(9)、②アイルランド(5、+0)、③ウエールズ(5、-18)、④スペイン(5、-22)
◆豪州33-7アイルランド、20-12ウエールズ、28-22スペイン
◆アイルランド19-21ウエールズ、38-10スペイン
◆ウエールズ12-24スペイン

■C①米国(8)、②イングランド(7)、③ケニア(6)、④仏(3)
◆米31-14イングランド、19-19ケニア、38-14仏
◆イング38-12ケニア、34-0仏
◆ケニア24-21仏

■D①南ア(7、+32)、②カナダ(7、+23)、③ロシア(5)、④サモア(3)
◆南ア17-7カナダ、31-0ロシア、12-21サモア
◆カナダ29-10ロシア、14-0サモア
◆ロシア29-17サモア

「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2017-2018 第8戦 シンガポール大会」の男子大会が4月28-29日開催。

 香港大会で来年のコアチーム入りを果たした日本が招待参加する。
 プールAで現在総合2位フィジー、スペイン、ロシアと当たる。
☆第2日
 1-8位カップ戦は決勝でフィジーが28-22豪州を制し香港に次ぎ2連続Vを決めた。3位はイングランド26-24南ア。
 チャレンジトロフィー(9-16位)へ進んだ日本は準々決勝19-28ウエールズに敗れ13位決定戦へ。初戦で仏を29-14で下すと今季好調のアルゼンチンも31-24で制し13位で終えた。2日間で3勝3敗だった。
☆第1日
 日本はフィジーに12-45と大敗、実力付けたスペインにも12-22と敗北。最下位争いのロシアと最終戦。26-7とリードしロシア2Tの反撃に抑え26-19で勝ち1勝2敗3位でチャレンジトロフィー(9-16位)へ。
 カップ戦(1-8位)準々決勝はフィジー-NZ、南ア-ケニア、豪州-スペイン、イングランド-サモアとなった。
<総合ポイント>
フィジー(145)、南ア(141)、NZ(120)、豪州(108)、米(93)、ケニア(93)、アルゼ(92)、イングランド(89)、サモア(55)、スコット(51)、カナダ(51)、仏(47)、西(45)、ウエールズ(40)、露(20)、PNG(6)、ウガンダ(4)、日本(3)、ウルグアイ(2)、韓国(1)

<<男子「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2017-2018 第8戦シンガポール大会」>>
<カップ戦>(4月29日)
■決勝
◆フィジー28-22豪州
*フィジー(22)、豪州(19)

■3位決定戦
◆イングランド(17)26-24南ア(15)

■準決勝
◆フィジー12-10南ア
◆豪州15-7イングランド

■準々決勝
◆フィジー24-19NZ
◆南ア24-12ケニア
◆豪州7-5スペイン
◆イングランド12-5サモア

■5位決定戦
◆NZ36-17サモア
NZ(13)、サモア(12)

■5-8位準決勝
◆NZ17-7ケニア(10)
◆サモア24-7スペイン(10)

■チャレンジトロフィー(9位決定戦)
◆米26-12カナダ
*米(8)、カナダ(7)

■準決勝(9-12位)
◆米33-12スコットランド(5)
◆カナダ17-10ウエールズ(5)

■準々決勝(9-16位)
◆日本19-28ウエールズ
◆カナダ26-7仏
◆スコットランド19-14ロシア
◆アルゼンチン12-36米国

■13位決定戦
◆日本31-24アルゼンチン
*日(3)、アル(2)

■13-16位準決勝
◆日本29-14仏(1)
◆アルゼンチン12-7ロシア(1)

<プール戦>(4月28日)
■A①フィジー(9p)、②スペイン(7)、③日本(5)、④ロシア(3)
◆フィジー33-5スペイン、29-7ロシア、45-12日本
◆スペイン38-5ロシア、22-12日本
◆ロシア19(7-14)26日本

■B①イングランド(9)、②ケニア(7)、③米国(5)、④仏(3)
◆ケニア33-14米国、19-28イングランド、34-0仏
◆米国19-14イングランド、33-12仏
◆イングランド34-0仏

■C①南ア(9)、②サモア(7)、③カナダ(5)、④アルゼンチン(3)
◆南ア26-12アルゼンチン、26-12カナダ、26-5サモア
◆アルゼンチン14-26カナダ、14-31サモア
◆カナダ19-22サモア

■D①豪州(9)、②NZ’7)、③スコットランド(5)、④ウエールズ(3)
◆NZ12-19豪州、22-12スコットランド、32-7ウエールズ
◆豪州24-20スコットランド、38-0ウエールズ
◆スコットランド33-14ウエールズ

「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2017-2018 第7戦 香港大会」の男子大会が4月6-8日開催。
 韓国男子が招待で参加する。監督はチェ・チャンリョル氏、コーチに梁永勲(ヤン・ヨンフン、前ホンダSH)氏。選手は春季リーグ戦社会人(7人制実施)から選ばれた。
「2018韓国日程結果」をダウンロード
 プールCで総合1位の南ア、7位イングランド、12位スコットランドと同じ組。
 日本男子はコアチーム昇格大会に参加する。
 ジョージア、チリ、ウガンダと同組(プールE)に。同プールを勝ち抜きぬいて、他組上位チームと1枠の出場権を争う(プールF=パプアニューギニア、ドイツ、香港、ジンバブエ、プールG=アイルランド、ウルグアイ、ジャマイカ、クック諸島)。

☆第3日(4月8日)
 本大会、韓国は9-16位チャレンジトロフィーに臨んだ。
 準々決勝でカナダに0-45、13-16位決定戦準決勝で5-49ウエールズに敗れ最下位となった。
 カップ決勝 フィジー-ケニアはフィジーが前半3Tなど24-12で制した。
 3位は南アがNZを29-7で一蹴。

 日本は昇格大会決勝、最後のプレーで逆転Tし17-14ドイツを下し昇格を決めた。
☆第2日(4月7日)
 本大会、プールCの韓国は7-47イングランド、7-61スコットランドを大敗し最下位。9-16位チャレンジトロフィーに回った。B3位カナダと対戦する。Bでは豪州がまさかの4位(1勝2敗、-23、5pt)で終えた。

 カップ準々決勝に南ア-スペイン、米-NZ、ケニア-スコットランド、フィジー-アルゼンチン。
 日本は予選最終戦で24-10ウガンダに勝ち2勝1敗2位で決勝トーナメントへ。
 準々決勝では26-19ウルグアイを下し準決勝でアイルランド戦となった。

☆第1日(4月6日)
 本大会、初日。韓国は王者南アに0-45で敗れた。
 昇格大会の日本は初戦で26-10ジョージアもチリに10-19で敗れ1勝1敗だった。最終戦ウガンダに負ければそこで敗退になる。

<総合ポイント>
南ア(126)、フィジー(123)、NZ(107)、アルゼ(90)、豪州(89)、米(85)、ケニア(83)、イングランド(71)、スコット(46)、仏(46)、カナダ(44)、サモア(43)、西(25)、ウエールズ(35)、露(19)、PNG(6)、ウガンダ(4)、ウルグアイ(2)、韓国(1)
<<男子「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2017-2018 第7戦香港大会」>>
<カップ戦>(4月8日)
■決勝
◆フィジー24(17-0)12ケニア
*フィジー4T2G(22)、ケニア2T1G(19)

■3位決定戦
◆南ア29(17-7)7NZ
*南ア5T2G(17)、NZ1T1G(15)

■準決勝
◆フィジー26(5-19)24南ア
◆ケニア21(14-7)12NZ

■準々決勝
◆南ア38-5スペイン
◆米7-35NZ
◆ケニア19-12スコットランド
◆フィジー40-14アルゼンチン

■5位決定戦
◆アルゼンチン14-12米国
*アルゼ(13)、米(12)

■5-8位準決勝
◆アルゼンチン14-12スペイン(10)
◆米国19-15スコットランド(10)

■チャレンジトロフィー(9位決定戦)
◆仏33-7カナダ
*仏(8)-カナダ(7)

■準決勝(9-12位)
◆仏24-12豪州(5)
◆カナダ19-12ロシア(5)

■準々決勝(9-16位)
◆サモア5-38仏
◆豪州17-14イングランド
◆ウエールズ7-15ロシア
◆カナダ45-0韓国

■13位決定戦
◆ウエールズ33-5サモア
*W(3)、サモア(2)

■13-16位準決勝
◆ウエールズ49-5韓国(1)
◆サモア33-10イングランド(1)

<プール戦>(4月6-7日)
■A①フィジー(9p)、②NZ(7p)、③サモア(5p)、④ロシア(3p)
◆フィジー50-7NZ、36-14ロシア、31-12サモア
◆NZ36-5ロシア、19-12サモア
◆ロシア19-28サモア

■B①ケニア(2-1、+47、7p)②スペイン(2-1、-26、7p)、③カナダ(1-2、-8、5p)、④豪州(1-2、-23)
◆豪州28-26ケニア、14-34カナダ、12-17スペイン
◆ケニア33-10カナダ、26-0スペイン
◆カナダ12-17スペイン

■C①南ア(9p)、②スコットランド(7p)、③イングランド(5p)、④韓国(3p)
◆南ア33-15イングランド、31-17スコットランド、45-0韓国
◆イングランド19-22スコットランド、47-7韓国
◆スコットランド61-7韓国

■D①米国(8p)、②アルゼンチン(7p)、③ウエールズ(5p)、④仏(4p)
◆米国31-17アルゼンチン、47-5ウエールズ、24-24仏
◆アルゼンチン31-10ウエールズ、31-14仏
◆ウエールズ19-7仏

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2018

A明大が5戦全勝で初V 関東大学春季大会 18/6/3

<<2018関東大学春季大会>>
「2018関東大学春季大会」が4月から開催されている。

6月3日。A、明大が80-14で大東文化大を下し5戦全勝で初優勝を決めた。
帝京大は82-17流経大で3勝1敗の2位。

5月27日、A組は流経大と大東文化大が31-31で引き分けた。
B組、筑波大は68-15法政大を圧倒し全勝。

5月20日、A組は全勝の明大に慶大、明大が45-12で4連勝首位だ。
王者・帝京大はライバル東海大に69-7と圧倒した。

5月13日、A組は明大61-14流経大と3連勝。早大は69-0中大と1勝目をあげた。
A組、5月6日の試合で明治大が62-33東海大を制し連勝した。
早大は21-33筑波大と連敗に。
A組、大学王者9連覇の帝京大が明治大を対戦した(4月30日、札幌ドーム)。
試合は明大が試合終盤後半38分に逆転し17-14で下した。

「2018関東大学春季大会」
<予選>
■A①明治大(5-0、勝点)、②帝京大(3-1)、東海大(0-3)、大東大(0-2-1分け)、流経大(1-2-1分け)、慶應大(2-2)
◆帝京大69-7東海大、14-17明治大、38-17大東大、82-17流経大、慶應大
◆東海大33-62明治大、大東大、流経大、41-50慶應大
◆明治大80-14大東大、61-14流経大、45-12慶應大
◆大東大31-31流経大、63-10慶應大
◆流経大35-53慶應大

■B①筑波大(4-0)、早稲田大(2-2)、日体大(1-3)、日本大(2-1)、法政大(3-2、19P)、中央大(0-4)
◆早稲田大69-0中央大、22-32日体大、21-38筑波大、日本大、52-24法政大
◆中央大、日体大、7-59筑波大、31-55日本大、28-47法政大
◆日体大14-78筑波大、21-73日本大、27-94法政大
◆筑波大、日本大、68-15法政大
◆日本大12-52法政大

■C①関東学院大(4-0)、②拓殖大(3-1)、立教大(2-2)、成蹊大(1-2)、専修大(1-2)、青学大(0-4)、
◆関東学院大42-31拓殖大、75-26立教大、50-45青学大、成蹊大、48-19専修大
◆拓殖大45-10立教大、62-21青学大、60-0成蹊大、専修大
◆立教大、青学大、48-5成蹊大、41-31専修大
◆青学大31-59成蹊大、24-53専修大
◆成蹊大、専修大

<<2018関西大学春季トーナメント>>
■決勝戦
◆同志社大-天理大

■準決勝
◆同志社大42-12京都産業大(5月27日)
◆天理大94-12関西学院大(6月2日)

■1回戦
◆同志社大33-17立命館大(5月1日)
◆京都産業大45-12近畿大(20日)
◆天理大71-0大阪体育大(12日)
◆関西学院大35-33関西大(27日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

早大9T55-12で高麗大下す 2018第12回定期戦

 早大が高麗大迎え2年ぶり定期戦。前半から9T奪い圧勝した。
*試合後集合写真
1862wksyg

<<早稲田大・高麗大定期戦>>
 2004年に始まった早大と高麗大の第12回定期戦が2018年6月2日、早大グラウンドで開催される。
 昨年は朝鮮半島情勢などを理由に早大が訪韓しなかったため2年ぶりの対戦。ここ2回は2015年、高麗36-24早大で初勝利した。翌年は早大36-17高麗という結果だ。
 高麗の就任2年目、李光紋監督(イ・グァンモン)と早大・相良南海夫新監督の初対戦となる。
Klgm
Dsc_0361
 李監督は、トップリーグ(TL)東芝を最後に帰国し指導者への道を選んだ。昨年からは、アタックシステムを変更した。
 「FW、BK問わずにボールをつないでいく。これまでスクラムなどの押し込みで勝ってきたが韓国以外では通じない」と李監督。
 今季は春季リーグ戦でライバル延世大に後半離され21-40で敗れた。今年も延世とは全国体育大会ソウル市代表予選、9月定期戦がある。勝利には選手自身が考える意識が不可欠。5月中旬の練習、選手に意欲がなく早めに打ち切ると宣言すると「選手は喜んだ。怒りました。厳しい練習を課した」(李監督)。それだけに早大戦では「早大選手たちのラグビーに向き合う姿勢を見せたい」と言う。

1862k5sdh
1862w21try

1862wk2try
1862wkml


■早稲田55(33-0)12高麗(18年6月2日、早大G)
*早稲田9T5G、高麗2T1G
*前半から接点(ブレークダウン)で圧力をかけ高麗大を制した早大が前後半9トライを奪い55-12で勝利、通算成績を11勝1敗とした。
 前半2分、最初のスクラムで早大が押し込みペナルティを得た。再度のスクラムでも高麗大が反則を繰り返し早大はタッチキック、ラインアウトを選択した。
 4分、高麗陣22メートルに入ったこの左ラインアウトからボールを出す。高麗がまた反則。早大スクラムからあっさりとWTB桑山聖生が左中間インゴールへボールを運んだ。さらに8分、右ラインアウト→左へ展開しSH貝塚陸がトライラインを越えた。17分桑山兄弟の弟CTB13桑山淳生、27分SO加藤皓己、41分2本目CTB13桑山とやはりラインアウトを起点に3トライを奪い33-0と前半で試合を決めた。
 
 後半最初のトライは高麗。9分に早大ゴール前ラインアウト。サインプレーで投入役のHOナム・ジェヒョンに返し右隅に飛び込んだ。3分後、早大は右ラインアウト、モールで押し込みHO鷲野孝成がお返しのファイブポインターになった。この後、早大26分SH21矢野翼、35分WTB14安部勇佑、最後は43分FL7柴田徹の3トライ。
 高麗も31分PR3チ・ウビンが1トライをそれぞれ決め55-12で終えた。
 早大・相良南海夫監督は「高麗は近場が強いことは予定していたが、押し込まれたところもあった。課題が一つ見えたことは良かった」と今後に活かす。
 高麗は前半からラックでの球出しが遅く、早大に絡まれノックオンなど反則を繰り返した。李光紋(イ・グァンモン)監督が説明する。「きょうはラックからモールを組んで進む戦いを考えていた。前半は早大が対応しできなかったが後半はトライまでつなげた」。
 高麗は、帰国後6月8日に秋の全国体育大会(国体)ソウル市代表予選を兼ねる大会でライバル延世大と対戦する。4月の春季リーグ戦では21-40で敗れている。李監督は「あくまで延世とは9月の定期戦(高延戦)で勝つことが目標。8日の試合はその前提。あと4カ月、積み重ねていきたい」と言う。夏は菅平で合宿を行う予定だ。

(高麗メンバー)
PR朴ジェミン、HO2ナム・ジェヒョン、PR3チ・ウビン、LO4ノ・ミョンス、LO5申ダヒョン、FL6ハン・ジョンフン、FL7チョ・ヒョンソ、NO8チェ・ムンヒョク
SH9チェ・ヒョングァン、SO10カン・ミンジュン、WTB11ハ・サングォン、CTB12ソン・ミンギ、CTB13ユン・ヨンフン、WTB14金ヒョンヨン、FB15金チャンデ、RES16(PR1)ヤン・グンソップ

■過去の結果
◆早大55(前半33-0)12高麗大(18/6/2。日本・早大G)
◆2017年=早大が朝鮮半島情勢理由に訪韓中止
◆早大36(前半10-7)17高麗大(16/5/8。日本・早大G)
◆早大34(前半12-21)36高麗大(15/6/14。韓国)
◆早大74-7高麗大(14/5/11。日本)
◆早大50-3高麗大(13/8/18。夏季練習試合)
◆早大31-24高麗大(13/6/15。韓国)
◆早大92-10高麗大(12/6/9。日本)
◆早大45-17高麗大(10/5/22。韓国)
◆早大45-14高麗大(08/6/22。日本)
◆早大26-17高麗大(07/5/13。韓国)
◆早大36-19高麗大(06/5/21。日本・国立)
◆早大42-33高麗大(05/5/5。韓国)
◆早大71-17高麗大(04/5/29。日本・秩父宮)

高麗大2勝のうち1勝がこちら。
◆早大19(9-16)54高麗大(1979/6/24。韓国)
*1979年6月の東亜日報新聞記事。ラグビー早稲田大と高麗大親善試合。高麗がNECに入ることになる文ヨンチャンさん韓ドンホさんらの個人技で早稲田守備陣を翻弄しを54対19の大差で勝利。
東亜記事です

<2016年定期戦>
2004年に始まった早稲田大学と高麗大学の日韓定期戦。
今年、2016年5月8日(日、13時、早稲田大グラウンド)で第11回となる。
昨年6月の韓国で行われた試合で、高麗大が後半38分に再逆転し36-24で定期戦初勝利を収めた。
今年は早大が山下新監督就任、新ジャージお披露目の場としており早大ファンの関心が高い。
早大が昨年、定期戦初黒星を喫した相手に後半の4連続Tなどで逆転し36-17でリベンジを果たした。
1605w36k17

■早稲田36(10-7)17高麗(16年5月8日)
*早稲田6T3G、高麗3T1G
前半は最初の高麗ペースも反則などでチャンスを逃がした。
8分、早大がラインアウトでこぼれたボールをNO8宮里がインゴールへ運び先制した(5-0)。10分後、ラインアウトから早大HO峨家が連続トライで10-0とした。
1605wkg1

高麗もFW陣が踏ん張る。25分に早大ゴール前5メートルの早大ボールスクラムを押しターンオーバーしSO李京-ファンが中央へトライ、Gも決まり10-7で前半を終えた。
1605wkg2sc
1605wkg3

勢いづいた高麗。後半12分、韓国代表LO5申多ヒョンがトライラインを越え12-10と逆転した。
しかし早大はここから昨年の負けをメンバー達が奮起する。
13分、右ラインアウトを得ると左へ展開しWTB本田宗詩がボールをインゴールへ運び17対12と再逆転した。
その後は、足が止まった高麗に17分、23分、30.分と本田が3トライし初戦を勝利で終えた。

高麗は20分にスクラムを押し込み20崔文ヒョッがファイブポインターとなったが届かず。

山下大悟新監督(左)は「強みにしたいチームDF、スクラム、接点の部分を見た。まぁまぁだった。昨年に試合はビデオで見たが、あれでは勝てない。何もできていなかった。高麗とは今後も人的な交流も深めて日韓の懸け橋となりたい」1605ymkim
連勝を逃した高麗・金聖男(キム・ソンナム、左から2人目)監督は「1対1のところで思ったよりもできていた。ラインスピードやスクラムでも十分に戦っていた。バックスに少しミスが出たのが残念」

<2015年定期戦>
15wk
この試合、後半38分。高麗が再逆転し34-36で定期戦初勝利をおさめた!!

<参考、21015年定期戦>
高麗大が定期戦、早稲田に初勝利。後半38分逆転(36-34)
2004年に始まった早稲田大学と高麗大学の日韓定期戦。
今年2015年6月14日(日、高麗大グラウンド)で第10回となる。
この試合、後半38分。高麗が再逆転し34-36で定期戦初勝利をおさめた!!

過去の両校対戦でいうと1979年6月以来36年ぶり通算3勝目。早稲田の10勝。
■早稲田34(前半12-21)36高麗(15年6月14日)
*早稲田5T3G1D、高麗5T4G1P。
*得点経過
 前半12分高麗WTB11リュ・ヨンウンの先制トライで始まった。
G(FB15リュ・ジェヒョック)成功(0-7)。15分快速代表WTB14チョン・ヨンシクのTで追加、G成功(0-14)。
18分、早稲田LO4がTを返す。G成功(7-14)。
32分早稲田がラインアウト-からモールで押し込みT(12-14)。
35分高麗WTBチョンが2T目しG成功(12-21)。前半終了した。
後半3分、早稲田CTBがT、G成功で19-21へ。7分高麗がチョン-リュとつなぎリュが2T目、G成功(19-26)。
26分早稲田がDG成功(22-26)。29分高麗PG(22-29)
-30分高麗CTB12金ジンヒョクがシンビン。
32分早稲田がT、Gで同点(29-29)。35分早稲田が逆転Tし34-29に。
38分に高麗WTBチョンが3T目を奪い34-34。GをFBリュが決め34-36と再逆転しノーサイドになった!!

◎高麗メンバー
PR1.이규상(李ギュサン)、HO 2.여민혁(ヨ・ミンヒョク)、 PR3.김민우(金ミンウ)、LO 4.지동빈(チ・ドンビン)、LO 5.양대영(ヤン・デヨン)、FL 6.임준희(イム・ジュンヒ)、FL 7.강승구(カン・スング)、NO 8.김요한(金ヨハン)、SH 9.홍석호(ホン・ソクホ)、SO 10.정부현(チョン・ブヒョン)、WTB 11.류연웅(リュ・ヨンウン)、CTB 12.김진혁(金ジンヒョク)、CTB 13.이진규(李ジンギュ)、WTB 14.정연식 (チョン・ヨンシク)、FB15.류재혁(リュ・ジェヒョク)

*2014年終了後の両チーム
 09年鳥インフルエンザで早稲田、11年東日本大震災で高麗がそれぞれ遠征中止。
 過去9戦は早稲田の全勝。しかし高麗での試合は05年早稲田42-33高麗、07年26-17、10年45-17、そして2年前は31-24と競っている。

<2014年定期戦>
■早稲田大・高麗大定期戦(5月11日、早大)
◆早大74(26-7)7高麗
*早大12T7G、高麗1T1G
*前半から早大が圧倒した。3分、高麗ゴール前で右ラインアウトを得るとモールを組みあっさりFL6池本が先制T、GもSO10小倉が決め7-0とする。その後、高麗は早大ゴール前まで迫る。8分、ペナルティーを与えられたがPKは狙わず攻めるとノックオンで自滅する。15分にも早大ゴール前でラインアウトをするも直後のラックで反則を犯し早大ゴールラインが遠のく。すると19分、早大が高麗陣内、左ラインアウトから右へまわしWTB14荻野がTを決めた。さらに2分後、左SCから出したボールを右へ荻野が突破し左へ展開、最後はLO4主将の大峯がT、G成功で19-0へ。29分にもSO小倉の個人技からFL7小谷田がTした。

 高麗は攻めてもミスやラックのブレイクダウンで早大のい早いプレーでボールを奪われる。  33分、ようやく左ラインアウトから攻め続けSH9ホン・ソクホが中央にボールを持ち込んだ。
GはFB15柳材ヒョックが決め7点を返し前半を終えた。

 後半に入っても早大が主導権を握った。開始1分、スクラムからボールをまわしWTB11深津がTし、G成功で33-7へ。7分には小倉のキックでラックでボールを奪いFL6池本が2つ目のT。さらに12,21分にもラックで高麗ボールを奪いTを重ねた。
 高麗大・金聖男(キム・ソンナム)監督は「韓国ではラックなどブレイクダウンに入る際に一度、入るというモーションを見せないといけない。それをしないと反則を取られる。早稲田はモーションもなくすばやく入りボールを奪っていった」と解釈の違いに戸惑ったという。
 その後も早大が4回トライラインを越え後半だけで8T、計12T7G74得点でノーサイドを迎えた。
 早大・大峯主将(LO)は「去年、僕らが韓国で試合をしたときもレフリーと解釈の違いがあった。そのときは垣永さん(前主将)らが『このプレーは反則を取られるから捨てよう』といって修正ができた。高麗は一人ひとりは強い」と話した。
 一方、高麗大主将のHO2宋明俊(ソン・ミョンジュン)は「早稲田はラックなどでスーパーラグビーのような早い動きをする。スピードに混乱しついていかなかった」と完敗を認めた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2018

香港が韓国下し優勝 リコーCTB12金宣求(キム・ソング)先発 18ARC最終戦6/2

<<2018ARC(2019WCアジア最終予選)>>
韓国、香港、マレーシアの3カ国対抗(H&A)で開催する。
「2018韓国日程結果」をダウンロード

☆第6週(6月2日)
 最終戦。香港が韓国を下せば4戦全勝でアジア予選1位通過。韓国は大勝しかなかった。
1862hk39kor5
*ARFUWEBより
ARFU記事
 終始、香港が優勢で39-5と制した。クック諸島とのアジアオセアニア予選に臨む。
今春、リコーに加入したCTB金宣求(キム・ソング)が12番で先発に入った。
1862k12
金紹介記事(RUGBYREPUBLIC)
■香港開催
◆韓国5-39香港(6月2日)
*韓国1T主将NO8李勇昇
*香港5T4G2PG、最初の韓国戦でもキックで見せたロスリーが1T4G2PG。

(韓国メンバー)
☆選手*尚武=軍体育部隊 現代グロービス=現代G
◎PR1羅官榮(ナ・グァンヨン。2018からクボタ・現代グロービス。1992/7/14)
◎HO2ユ・ジフン(尚武。1994/6/24)
◎PR3康大見(カン・テヒョン。尚武。16現代G。元15までNEC。1992/2/13)
◎LO4張碩煥(チャン・ソクファン。神戸。1991/11/27)
◎LO5李珍錫(イ・ジンソク、NEC・ポスコ。1991/9/1)
◎FL6チャ・ソンギュン(ポスコ建設。1990/2/28)
◎FL7黄仁朝(ファン・インジョ、韓国電力。1987/6/12)
◎主将NO8李勇昇(イ・ヨンススン。現代G。15・16日野。1990/12/25)
◎SH9辛奇哲(シン・ギチョル。ポスコ建設。1991/1/29)
◎SO10呉潤衡(オ・ユンヒョン。韓国電力。1984/10/29)
◎WTB11金南郁(キム・ナンウク。韓国電力。1990/2/5)
◎CTB12金宣求(キム・ソング。リコー。1992/4/6、184C/103K)
◎CTB13張成民(チャン・ソンミン。NTTドコモ。1992/8/22)
◎WTB14チャン・ジョンミン(尚武。1994/11/10)
◎FB15李在馥(イ・ジェボク。ポスコ建設。1991/5/22)
◎PR16ノ・オクギ(現代G。180/98)
◎PR17ソク・ドンヒ(尚武。1994/4/3)
◎PR18朴鐘烈(パク・チョンヨル。現代G、16までサントリー。1991/3/5)
◎FW19李グァンホ(現代G。187/103)
◎FL/NO8・20金鐘ミン(キム・ジョンミン。韓国電力)
◎SH21李明俊(イ・ミョンジュン。現代G・17までNEC。1990/11/21)
◎BK22SO朴ホンシク(現代G。174/80)
◎BK23金ジンヒョク(尚武。高麗大。1995/8/7)

☆第5週(5月26日)
 香港大会初日。香港がマレーシアから12T12Gに1PTで91-10と圧倒した。3戦全勝とし次週の韓国戦にV王手をかけた。韓国は香港相手に大差で勝たないといけなくなった。
ARFU記事
◆香港91-10マレーシア(5月26日)
*香港12T12G1PT、マレーシア1T1G1PG

☆第4週(5月19日)
 韓国は地元でマレーシア戦だ。最終戦(6/2)に香港アウェーで勝利し逆転で優勝するために圧勝が必要。
 前半から攻め続けCTB12張成民(チャン・ソンミン、NTTドコモ、写真)が5分に先制T、2分後に張が連続Tするなど前半35-0で試合を決めた。写真はARFUWEBより
18519k12csm
後半も27得点を重ね大勝!SO呉ユンヒョンは8G1P1Dの22得点を決めた。
*WTB14金ナンウクも2T
18519k14knw
 主将のNO8李勇昇(イ・ヨンススン)は「きょうは韓国がW杯予選の首位になるために重要な勝利だった。結果に満足している」
☆第3週(5月12日)
 韓国は地元で香港と戦った。香港がSOロスリーPGで先制も韓国がTで逆転した。
Dsc_0698
しかしロスリーが計6個のPGを決め30-21で逃げ切った。
Dsc_0883

 韓国は3T奪うもノックオンや自陣反則で自滅した。
Dsc_0825

☆第2週(5月5日)
 香港VSマレーシア(5/5)、香港が67-8で大勝した。
1855h67m8

☆第1週(4月28日)
 韓国はアウェーでマレーシアと戦い35-10で勝利を飾った。
18428km1

<日程>
■韓国開催(仁川市南洞アジアドラグビー場。16:30KO)
◆韓国67(35-0)12マレーシア(5月19日)
*韓国9T8G1PG1DG、マレーシア2T1G

(韓国メンバー)
☆選手*尚武=軍体育部隊 現代グロービス=現代G
◎PR1羅官榮(ナ・グァンヨン。2018からクボタ・現代グロービス。1992/7/14)
◎HO2ユ・ジフン(尚武。1994/6/24)
◎PR3朴鐘烈(パク・チョンヨル。現代G、16までサントリー。1991/3/5)
◎LO4金昊範(キム・ホボム。クボタ。1990/12/10)1T
◎LO5張碩煥(チャン・ソクファン。神戸。1991/11/27)
◎FL6チャ・ソンギュン(ポスコ建設。1990/2/28)
◎FL7黄仁朝(ファン・インジョ、韓国電力。1987/6/12)
◎主将NO8李勇昇(イ・ヨンススン。現代G。15・16日野。1990/12/25)
◎SH9辛奇哲(シン・ギチョル。ポスコ建設。1991/1/29)
◎SO10呉潤衡(オ・ユンヒョン。韓国電力。1984/10/29)8G1PG1DG
◎WTB11チャン・ジョンミン(尚武。1994/11/10)1T
◎CTB12張成民(チャン・ソンミン。NTTドコモ。1992/8/22)2T
◎CTB13金ジンヒョク(尚武。1995/8/7)1T
◎WTB14金南郁(キム・ナンウク。韓国電力。1990/2/5)2T
◎FB15李在馥(イ・ジェボク。ポスコ建設。1991/5/22)1T
◎PR16ノ・オクギ
◎PR17ソク・ドンヒ(尚武。1994/4/3)
◎PR18康大見(カン・テヒョン。尚武。16現代G。元15までNEC。1992/2/13)
◎FW19李グァンホ
◎FL/NO8・20金鐘ミン(キム・ジョンミン。韓国電力)1T
◎SH21李明俊(イ・ミョンジュン。現代G・17までNEC。1990/11/21)
◎BK22金ゴンヒ
◎BK23シン・ミンス(尚武・現代G。1993/3/4)

◆韓国21(7-21)30香港(5月12日)
*韓国3T3G、香港2T1G6PG
Dsc_0641
Dsc_0620
(韓国メンバー)
☆選手*尚武=軍体育部隊 現代グロービス=現代G
*写真・右からNO8李からPR1-LO4
512k43218
◎PR1羅官榮(ナ・グァンヨン。2018からクボタ・現代グロービス。1992/7/14)
◎HO2金執(キム・ジップ。韓国電力。1990/6/28)
◎PR3康大見(カン・テヒョン。尚武。16現代G。元15までNEC。1992/2/13)
◎LO4金昊範(キム・ホボム。クボタ。1990/12/10)
*写真2右からLO4-SH9
512k97654
◎LO5李珍錫(イ・ジンソク、NEC・ポスコ。1991/9/1)
◎FL6チャ・ソンギュン(ポスコ建設。1990/2/28)
◎FL7張碩煥(チャン・ソクファン。神戸。1991/11/27)
◎主将NO8李勇昇(イ・ヨンススン。現代G。15・16日野。1990/12/25)
◎SH9李明俊(イ・ミョンジュン。現代G・17までNEC。1990/11/21)
*写真3右からSO10-WTB14
512k14_13_12_11_10
◎SO10呉潤衡(オ・ユンヒョン。韓国電力。1984/10/29)
◎WTB11カン・ジング(現代G。1990/4/4)
◎CTB12金南郁(キム・ナンウク。韓国電力。1990/2/5)
◎CTB13金ジンヒョク(尚武。1995/8/7)
◎WTB14チャン・ジョンミン(尚武。1994/11/10)
*写真4右からWTB14-RES17
512k17161514
◎FB15李在馥(イ・ジェボク。ポスコ建設。1991/5/22)
◎PR16ユ・ジフン(尚武。1994/6/24)
◎PR17ソク・ドンヒ(尚武。1994/4/3)
*写真5右からRES17-20
1512k201918
◎PR18朴鐘烈(パク・チョンヨル。現代G、16までサントリー。1991/3/5)
◎LO/FL/NO8・19韓建圭(ハン・コンギュ。韓国電力。1987/1/22)
◎FL/NO8・20金鐘ミン(キム・ジョンミン。韓国電力)
*写真6右からRES20-23
512k23222120
◎SH21辛奇哲(シン・ギチョル。ポスコ建設。1991/1/29)
◎BK/SO22朴ホンシク(現代G。1989/4/26)
◎WTB/FB23張成民(チャン・ソンミン。NTTドコモ。1992/8/22)

■マレーシア開催
◆韓国35-10マレーシア(4月28日)
18428km2
18428km3
18428kr15
*韓国3T2G1PT3PG、マ1T1G1PG
*金光植1T、チャン・ジョンミン2T、呉ユンヒョン2G3PG
(韓国メンバー)
☆選手*尚武=軍体育部隊 現代グロービス=現代G
◎PR1羅官榮(ナ・グァンヨン。2018からクボタ・現代グロービス。1992/7/14)
Kbtngy
◎HO2金執(キム・ジップ。韓国電力。1990/6/28)
184k2kip
◎PR3康大見(カン・テヒョン。尚武。16現代G。元15までNEC。1992/2/13)
*写真中
184k3kthc
◎LO4金昊範(キム・ホボム。クボタ。1990/12/10)
Kbtkhbm
◎LO5李珍錫(イ・ジンソク、NEC・ポスコ。1991/9/1)
Necljs
◎FL6金玄樹(キム・ヒョンス。韓国電力。1988/11/8)
◎FL7張碩煥(チャン・ソクファン。神戸。1991/11/27)
1798chnkobe
◎主将NO8李勇昇(イ・ヨンススン。現代G。15・16日野。1990/12/25)
*写真中・青
184k8lyscap
◎SH9李明俊(イ・ミョンジュン。現代G・17までNEC。1990/11/21)
Neclmj
◎SO10呉潤衡(オ・ユンヒョン。韓国電力。1984/10/29)
184k10oyh
◎WTB11カン・ジング(現代G。1990/4/4)
◎CTB12金ジンヒョク(尚武。1995/8/7)
*写真左
184k12kjhle
◎CTB13李ジンギュ(尚武。1994/7/4)
◎WTB14チャン・ジョンミン(尚武。1994/11/10)
◎FB15李在馥(イ・ジェボク。ポスコ建設。1991/5/22)
◎PR16ソク・ドンヒ(尚武。1994/4/3)
◎PR17金光植(キム・グァンシク。日野・ホンダ・NEC。1985/11/8)
Hnkgs
◎PR18朴鐘烈(パク・チョンヨル。現代G、16までサントリー。1991/3/5)
184k18ptn
◎NO8/19チャ・ソンギュン(ポスコ建設。1990/2/28)
◎FW20ユ・ジフン(尚武。1994/6/24)
◎SH21辛奇哲(シン・ギチョル。ポスコ建設。1991/1/29)
184k21sgc
◎WTB/CTB22金南郁(キム・ナンウク。韓国電力。1990/2/5)
184k22knu
◎WTB/FB23張成民(チャン・ソンミン。NTTドコモ。1992/8/22)
Dcmchan

◆香港67-8マレーシア(5月5日)
*香港10T7G1PG、マ1T1PG

「2018ARC韓国代表候補発表」

大韓ラグビー協会は4月28日(土)から始まる「2018ARC(アジアラグビーチャンピオンシップ韓国代表候補」を発表した。
選手は30人が選ばれた。今年クボタに加入のPR羅官榮(ナ・グァンヨン。右)はチーム先輩LO金昊範(キム・ホボ
ム)とともに選出。
Kbt2

<代表名簿>
☆監督/チェ・チャンリョル(KRU)
☆コーチ
◎梁永勲(ヤン・ヨンフン、2016までホンダSH)
☆スポットFWコーチ/朴誠球(パク・ソング。元クボタ、NEC、ヤマハ。PR/HO)
☆選手*尚武=軍体育部隊 現代グロービス=現代G
◎PR/金光植(キム・グァンシク。日野・ホンダ・NEC。1985/11/8)
Hnkgs
◎PR/HO羅官榮(ナ・グァンヨン。2018からクボタ・現代グロービス。1992/7/14)
◎PR/ソン・ドンヒ(尚武。1994/4/3)
◎PR/康大見(カン・テヒョン。尚武。16現代G。元15までNEC。1992/2/13)
◎PR/朴チョンヨル(現代G、16までサントリー。1991/3/5)
◎HO/金執(キム・ジップ。韓国電力。1990/6/28)
◎LO/金昊範(キム・ホボム。クボタ。1990/12/10)
◎LO/張碩煥(チャン・ソクファン。神戸。1991/11/27)
1798chnkobe
◎LO/梁大炴(ヤン・デヨン。東芝。1993/5/2)
Dsc_0240
◎LO/FL李珍錫(イ・ジンソク、NEC・ポスコ。1991/9/1)
Necljs
◎LO/FL/NO8韓建圭(ハン・コンギュ。韓国電力。1987/1/22)
◎FL/金玄樹(キム・ヒョンス。韓国電力。1988/11/8)
◎FWユ・ジフン(尚武。1994/6/24)
◎FL/NO8李勇昇(イ・ヨンススン。現代G。15・16日野。1990/12/25)
◎NO8/チャ・ソンギュン(ポスコ建設。1990/2/28)
◎NO8/黄インジョ(韓国電力。1987/6/12)
◎SH/シン・ギチョル(ポスコ建設。1991/1/29)
◎SH/李明俊(イ・ミョンジュン。現代G・17までNEC。1990/11/21)
◎SO/FB李ジェボク(ポスコ建設。1991/5/22)
◎SO/呉潤衡(オ・ユンヒョン。韓国電力。1984/10/29)
◎SO/朴ホンシク(現代G。1989/4/26)
◎WTB/FB張成民(チャン・ソンミン。NTTドコモ。1992/8/22)
◎WTB/鄭演植(チョン・ヨンシク。KRU・尚武。1993/5/8)
◎WTB/チャン・ジョンミン(尚武。1994/11/10)
◎WTB/シン・ミンス(尚武・現代G。1993/3/4)
◎WTB/CTB金南郁(キム・ナンウク。韓国電力。1990/2/5)
◎WTB/カン・ジング(現代G。1990/4/4)
◎CTB/李ジンギュ(尚武。1994/7/4)
◎CTB/金ジンヒョク(尚武。1995/8/7)
◎CTB/ムン・ジョンホ(現代G。1993/2/9)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2018 | Main | July 2018 »