« 男子セブンズは代表候補が圧倒的な力で優勝 2018なの花セブンズ7/1 | Main | 「香港世界最終予選進出」 プレーオフでクックに2連勝18/7/7 »

July 06, 2018

SWは25-77ワラターズに大敗 SR第18週 18/7/6-

Dscf8442

 世界最高のラグビーリーグSR(スーパーラグビー)2018シーズンが2月17日に開幕。
 今年は南ア、NZ、豪州地区で各5チーム計15チームが覇権を争う。
 サンウルブズ(SW)は3年目、南アから豪州地区へ移った。
<<2018SR>>
<NZ>
クルセイダーズ58、ハリケーンズ50、チーフス45、ハイランダーズ40、ブルーズ22

<南ア>
ライオンズ41、ジャガーズ38、シャークス32、ストーマーズ29、ブルズ29、

<豪州>
ワラターズ44、レベルズ35、ブランビーズ30、レッズ23、SW14

☆第18週/2018年7月6日-7日)
 先週、再開あけで勝ち3勝目を得たサンウルブズ(3勝11敗)、残り2試合。
 7月7日に豪1位のワラターズと敵地で戦った。ワラターズとは3か月前の第8週、秩父宮で対戦し前半からリードを奪われ29-50で敗れている。ワラターズもプレーオフ進出のためには落とせない1戦だ。しかし後半14人となったSWにワラターズが猛攻5Tを決めて60-25へ。さらにSH田中のYCで13人となり3T追加計12T77-25で一蹴した。
 前半21分、SWは6-7からWTB山田がキックから抜き去り逆転13-17。ワラターズ(W)もTし13-12へ。27分にFLリーチがパスをつないだ末のTを決めて18-13とした。しかし33分にWがキックカウンターであっさりTし18-19とひっくり返した。さらに39分4本目のTを奪い18-24と差を広げた。このときT前のタックルでSWのWTB11マシレワが退場(レッドカード)。後半からSWは14人へ。
 後半最初にWがPGで加点(18-27)。3分から12分まで3連続Tで18-46と勝利を決めた。WTB山田が14分Tするも20分から田中のYCはさみ5Tし大勝、豪1位の力を見せつけた。

◆SW25(18-24)7ワラターズ(7月7日、シドニー)
*SW3T2G2PG、W12T5G1PG
◎PR具智元(グ・ジウォン、ホンダ)。遠征参加なし。
Jiwon1
◆クルセイダーズ45-22ハイランダーズ(7月6日)
◆レベルズ23-37レッズ(7日)
◆チーフス24-19ブランビーズ
◆ハリケーンズ42-24ブルーズ
◆ジャガーズ34-43ブルズ
◆シャークス16-27ストーマーズ

☆第17週/2018年6月29日-6月30日
 サンウルブズ(2勝11敗)、テストマッチあけは第2のホーム・シンガポールで南ア・ブルズ戦、後半35分に逆転42-37で乱打戦を制し3勝11敗とした。総合首位のNZクルセイダーズは休み。
 2位ハリケーンズは豪ブランビーズに12-24で敗北。
 豪1位ワラターズと2位レベルズはワラターズが31-26で勝ち首位を守った。
 SWは前半SOパーカーのTやGで14-0とリードするも25分以降にFBファンデンヒーファーの軽いプレーからブルズCTB13クリエルが2Tし14-14と追いついた。さらに40分SOポラードTで14-21と勝ち越し後半へ。
 後半もブルズがリード保っていたが25分SWのCTBリトルT、G成功で35-34と逆転。31分ブルズがPGで35-37とリード。幕切れは35分、SWがブルズ陣左LOからボールを動かし中央にFL7(20)ウォーレンボスアヤコが飛び込み逆転した。SOパーカーは6Gでミスはこれまで1回だけという。

◆SW42(14-21)37ブルズ(6月30日、シンガポール)
*SW6T6G、ブルズ4T4G3PG
◎PR具智元(グ・ジウォン、ホンダ)。遠征参加なし。
Jiwon1
◆ブル-スズ39-16レッズ(6月29日)
◆ワラターズ31-26レベルズ
◆チーフス45-22ハイランダーズ(30日)
◆ハリケーンズ12-24ブランビーズ
◆ライオンズ24-31シャークス
◆ジャガーズ25-14ストーマーズ

☆第16週/2018年6月1日-6月3日
 3連勝ならずのサンウルブズ(2勝10敗)、開幕戦で惜敗(25-32)したブランビーズと当たる。
 前半から先にリードを奪ったブランビーズが41-31で逃げ切った。SWは2勝11敗となった。
*2/24ブランビーズがモールからTを奪う
Dsc_0020

 SRは第16週終了後、6月29日再開までテストマッチの休みとなる。
◆SW31(10-19)41ブランビーズ(6月3日、豪キャンベラ)
*SW4T4G1PG、ブランビーズ7T3G
◎PR具智元(グ・ジウォン、ホンダ)。日本代表合流中
◆ハリケーンズ14-30ハイランダーズ(6月1日)
◆レベルズ20-10ブル-ス(2日)
◆クルセイダーズ34-20チーフス
◆ワラターズ52-41レッズ

☆第15週/2018年5月25日-5月26日
 初の2連勝を決めたサンウルブズ(2勝9敗)、5月25日に豪レベルズと今季2戦目。初戦は第3週に秩父宮で対し17-37で敗れた。2勝10敗となった。日本代表組が帰国する中、外国人中心の戦いとなる。
 前半はSWが先制もレベルズNO8マフィ(日本代表)にTされるなど13-21で逆転された。後半も3T奪われ13-40で完敗。PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)は先発した。試合後帰国し日本代表戦に備える。

 NZは連覇狙う地区1位クルセイダーズと地区2位ハリケーンズがぶつかる。クルセイダーズが24-13で制し1位守った。

◆SW13(13-21)40レベルズ(5月25日、豪メルボルン)
*SW1T1G2PG、レベルズ6T5G
◎PR3具智元(グ・ジウォン、ホンダ)。先発
◆クルセイダーズ24-13ハリケーンズ(25日)
◆シャークス13-29ジャガーズ
◆チーフス39-27ワラターズ(26日)
◆ハイランダーズ18ー15レッズ
◆ブルズ28-38ブランビーズ
◆ライオンズ26-23ストーマーズ

|

« 男子セブンズは代表候補が圧倒的な力で優勝 2018なの花セブンズ7/1 | Main | 「香港世界最終予選進出」 プレーオフでクックに2連勝18/7/7 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SWは25-77ワラターズに大敗 SR第18週 18/7/6-:

« 男子セブンズは代表候補が圧倒的な力で優勝 2018なの花セブンズ7/1 | Main | 「香港世界最終予選進出」 プレーオフでクックに2連勝18/7/7 »