« July 2018 | Main | September 2018 »

August 31, 2018

2018アジア大会開幕 日本男女2連勝。韓国男子2連勝、女子2敗 8/31

「2018アジア競技大会 韓国代表発表」

 「2018アジア競技大会」が8月10日から9月2日までインドネシア、ジャカルタ・パレンバンで開催される。
ラグビー男女は7人制で行われる(8月30日~9月1日)。1日、2日目前半がプール戦。2日目後半からトーナメント。


 出場する韓国代表、日本代表が発表された。
*日本男女代表
188aja7japan

<アジア大会男子>12カ国
 男子は15人制を兼務するチェ・チャンリョル監督と梁永勲(ヤン・ヨンフン、前ホンダSH)コーチが率いる。
 プール戦はCでスリランカ、UAE(アラブ首長国連邦)、アフガニスタンと戦う。
 Aは香港、中国、タイ、パキスタン。B=日本、マレーシア、台湾、インドネシア

☆第1日(8月31日)
 予選プール、香港は中国を42-17で下すなど2勝。Bの日本はマレーシア47-0、地元インドネシアを92-0と圧倒し連勝した。韓国はCでライバルのスリランカに31-26で接戦を制した。アフガニスタンには42-5で勝ち連勝。
(予選)
■A:香港、中国、タイ、パキスタン
◆香港42-17中国、タイ、64-5パキスタン
◆中国40-7タイ、パキスタン
◆タイ43-0パキスタン

■B:日本、マレーシア、台湾、インドネシア
◆日本47-0マレーシア、台湾、92-0インドネシア
◆マレーシア17-10台湾、インドネシア
◆台湾41-26インドネシア

■C:韓国、スリランカ、アフガニスタン、UAE
◆韓国31-26スリランカ、アフガニスタン、42-5UAE
◆スリランカアフガニスタン、68-0UAE
◆アフガニスタン36-0UAE

*日本男子
188ajiam7
*岩渕HC「なんの余裕もない。香港は年間通してセブンズ強化、韓国はベテラン経験ある選手を揃えてきた」
*小沢主将「自分たちのラグビーをすれば負けない。春からメンバーを固定していることが強化になっている」
<韓国男子代表>
188ajia7kman
◎監督/チェ・チャンリョル(KRU、70/8/20)
◎コーチ/梁永勲(ヤン・ヨンフン、KRU、前ホンダSH、80/12/6)、◎トレーナー/ピョン・ウジン(KRU)
◎選手12名
(FW)
*韓建圭(ハン・コンギュ、韓国電力、15人制代表、LO・FL・NO8、187CM/113KG、87/1/22)
*金昌珉(キム・ジョンミン、韓国電力、15人制代表、FL、183/93、83/3/15)
*金玄樹(キム・ヒョンス、韓国電力、17年まで15人制代表、FL、182/95、88/11/8)
*黄仁朝(ファン・インジョ、韓国電力、15人制代表、FL・NO8、82/6/12)
*張成民(チャン・ソンミン、NTTドコモ、15人制代表、WTB・FB、186/105、92/8/22)
*金ジンヒョク(尚武=軍体育部隊、15人制代表、BK、95/8/7)
(BK)
*張容興(チャン・ヨンフン、尚武、17年まで15人制代表、WTB・FB、174/73、93/11/12)
*主将、李在馥(イ・ジェボック、ポスコ建設、15人制代表、FB、176/75、91/5/22)
*金南郁(キム・ナンウク、韓国電力、15人制代表、CTB・WTB、179/95、90/2/5)
*張正珉(チャン・ジョンミン、尚武、15人制代表、WTB、173/70、94/11/10)
*金洸民(キム・グァンミン、韓国電力、17年まで15人制代表、WTB、180/80、88/4/2)
*金成洙(キム・ソンス、韓国電力、17年まで15人制代表、CTB、181/92、83/7/27)

<アジア大会女子>8カ国
 韓国監督は2017年アジアセブンズシリーズを率いたチョ・ソンリョン(KRU、71/3/30)、コーチに李ボムグォン(KRU、81/85/30)のコンビ。
 選手はヤン・ソルフィ主将など12名。
 プール戦はD、中国、香港、シンガポールと同じ。
 日本、カザフスタン、タイ、インドネシアがE。
☆第1日(8月31日)
 予選1日目。Dの韓国は中国に0-69で大敗、1勝をかけたシンガポールとは17-22で惜敗。
 優勝候補の中国が香港を32-7で下し連勝。
 Eは日本が31-21カザフ、65-0インドネシアと順調に連勝した。

(予選)
■D:中国、香港、シンガポール、韓国
◆中国32-7香港、シンガポール、69-0韓国
◆香港26-7シンガポール、韓国
◆シンガポール22-17韓国

■E:日本、カザフスタン、タイ、インドネシア
◆日本31-21カザフスタン、タイ、65-0インドネシア
◆カザフスタン20-5タイ、インドネシア
◆タイ53-5インドネシア

*日本女子
188ajiawm7
◎中村主将「金メダルを獲得する」

<韓国女子代表>
188ajia7kwm
◎監督/チョ・ソンリョン(KRU、71/3/30)
◎コーチ/李ボムグォン(KRU、81/85/30)、◎トレーナー/ヤン・ミンジ(KRU)
◎選手(⑰=2017年アジアセブンズ代表)
(FW)
*主将ヤン・ソルフィ(ソウル・エルリス、⑰、90/10/31)
*イム・ジェウォン(KRU、95/6/11)
*金ユリ(KRU、⑰、93/1/2)
*シン・エリム(KRU、96/12/1)
*朴スジ(KRU、97/5/31)
(BK)
*ソ・ボフィ(KRU、92/9/15)
*朴ソンビン(KRU、⑰、91/6/17)
*李ミンヒ(ソウル・エルリス、前・三重パールズ、⑰、87/1/6)
*クォン・スルギ(ソウル・エルリス、⑰、96/10/31)
*ホ・ギョンヒ(ソウル・エルリス、⑰、90/1/1)
*朴ジオン(ソウル・エルリス、⑰、94/2/8)
*ミン・ギョンジン(KRU、85/5/1)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2018

クボタ新人PR羅がメンバー入り 2018TL開幕戦 8/31-

『2018年TLが8月31日(土)に開幕する』
 今季は2019W、サンウルブズ準備のためレッド、ホワイトカンファレンス内で7試合行う。11月のウィンドマウス期間は中断し12月1日から順位慶ってい戦を行い年内12月15日で終了する。
 11月中は「TLカップ2018-2019」を行う。

<TL>
{レッドR}
■Rサントリー(17年1位)、トヨタ自動車(4)、神戸製鋼(5)NEC(8)、、NTTコム(9)、豊田自動織機(12)、宗像サニックス(13)、日野(TCL2)

{ホワイトW}
■Wパナソニック(2)、ヤマハ(3)、東芝(6)、リコー(7)、キヤノン(10)、クボタ(11)、コカ・コーラ(14)、ホンダ(TCL1)

{第1週}
 開幕戦メンバーが発表。クボタPR新人羅官榮(ナ・グァンヨン、尚武・延世大)がリザーブでメンバー入りした。
 クボタLO4金ホボム、神戸LO4張ソクファンのサニックスHO鏡聞(ワン・キョンムン)が2番、弟のCTB授榮(ワン・スヨン)が23番で入る。
 NTTコムは主将FL7金正奎(きん・しょうけい)、HO16白隆尚(ハク・タカヨシ)の大阪・啓光学園OBがメンバー。
 9月1日試合のある8チームは韓国・在日選手出場はない。

■R/宗像サニックス-日野(8月31日、町田)
◎SAN/PR申東ウォン(シン・ドンウォン)신동원ウォン=冫原(15-、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高・08-12福岡サニックス・13-サントリー・14-近鉄)
Snxsdw
◎SAN/SO/CTB/WTB23王授榮(ワン・スヨン)、(14-、三重・朝明高・大阪体育大3年中退・14末からサニックス)
Snxwsy
◎SAN/HO2王鏡聞(ワン・キョンムン)왕경문(18-サニックス、14-近鉄、三重・朝明高-韓国・養正中・大阪体大)
Snxwondw
◎日野PR金光植(キム・グァンシク)김광식KIM KWANGSIK(16-、慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC
14-15ホンダ)
Hnkgs2
◎日野FL李淳也(リ・ジュンヤ)、(16-、常翔啓光学園・15天理大)
◎日野WTB鄭演植(チョン・ヨンシク)정연식(18-日野、16-尚武、12-高麗大)
Hncys1871

■R/神戸製鋼-NTTコム(31日、神戸ユニバ)
◎神戸LO4張碩煥(チャン・ソクファン)JANG SEOKHWAN장석환(16-、延世大・14-15尚武)
Kobjsh
◎神戸SH梁正秋(リャン・ジョンチュ)、(15-、大阪朝鮮高・京都産業大)
◎コムHO16白隆尚(ハク・タカヨシ)(12-啓光学園・帝京大)、
◎コムFL7金正奎(キン・ショウケイ)、(14-常翔啓光学園・早稲田大)
Dsc_1006
◎コムLO金嶺志(キム・リョンジ)、(17-、東京朝鮮高・帝京大)
Comkrj
◎コムCTB/WTB諸葛彬(チェガル・ビン)제갈빈JEGAL BIN(14-、ソウル大附属高・延世大・尚武)
Comcgb
*2016年10月試合中に脳梗塞発症リハビリ➡17チームスタッフ

■W/東芝-キヤノン(31日、秩父宮)
◎東芝LO/FL李聖彰(リ・ソンチャン)(14-、東京朝鮮高・帝京大)
Tsblsc
◎東芝P金寛泰(キム・ガンテ)(15-、大阪朝鮮高・関西学院大)
Tsbkgt18
◎東芝LO梁大炴(ヤン・デヨン)양대영、(18-東芝、16-尚武、12-高麗大、富川北高・中)
Tsbydy18

■W/パナソニック-クボタ(31日、長居)
◎パナFL/LO劉永男(ユ・ヨンナム)유영남(18からコーチ兼任、08-、仁川機械工高・檀国大・尚武)
Panayyn187
◎パナCTB権裕人(コン・ユイン)、(15-、大阪朝鮮高・帝京大)
Panakyi18
◎クボタLO4金昊範(キム・ホボム)、KIM HOBUM 김호범(15-、檀国大・14尚武)
Kbtkhb187
◎クボタHO/PR17羅官榮(ナ・グァンヨン)나관영、(18-、16-尚武、12-延世大、ソウル大附属高・中)
Kbtngy187
◎クボタLO孫昇巳(ソン・スンギ、18-、日本大、大阪朝鮮高)
Kbtssg187

■R/サントリー-トヨタ自動車(9月1日、豊田)
◎トヨタPR崔凌也(サイ・ルンヤ)、(17-、筑波大・東福岡高・九州朝鮮中)
◎トヨタSO金典弘(キム・ジョノン)(18-、東海大、大阪朝鮮高)

■R/NEC-豊田自動織機(1日、秩父宮)
◎NEC/LO李珍錫(イ・ジンソック)(17-、ポスコ・尚武)
Neclmsk

■W/ヤマハ発動機-コカ・コーラ(豊田)
◎コーラSO朴ジス 박지수、(18-、徳山大)

■W/リコーホンダ(秩父宮)
◎リコーCTB金宣求(キム・ソング)김선구、(18-、16-尚武、12-延世大、ソウル大附属高・中)
18rcksg
◎ホンダSO/CTB具智允(グ・ジユン)구지윤、(16-、日本文理高・拓殖大)
17917gjyn1
◎ホンダPR具智元(グ・ジウォン)구지원(17-、日本文理高・拓殖大、16SW、17SW&日本代表候補)
17917gjw1
*8/18のNEC練習試合で左膝靭帯損傷。2-3カ月治療に
◎ホンダSO/CTB朴成基(パク・ソンギ)、(15-、大阪朝鮮高・帝京大)
17917psg1

<TCL>
(第1週)
■近鉄-マツダ(9月8日、三重鈴鹿)
◎近鉄SH金哲元(キム・チョルウォン)김철원(07-韓国/養正高・朝明高・大阪体大、07年W杯日本代表、TL16年に100CAP)
Kttkcw
◎近鉄CTB朴ハンギョル박한결、(18-、16-尚武、延世大)
◎マツダFB李修平(リ・スピョン)이수평(13-、大阪・日新高、大阪体育大12六甲クラブ、16韓国代表)
Mzdlsp1_3
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン)남종성NAM JONGSONG(15-、大阪朝鮮高・明治大、16韓国代表)
Mzdnjs

■九州電力-中国電力(8日、広島コカ)

■三菱相模原-釜石SW(9日、秩父宮)
◎三菱PR成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕、(14-、06-13近鉄、大阪朝高・帝京大)
Mtbssad
◎三菱PR李成鏞(リ・ソンヨン)在日、(18-、帝京大、大阪朝鮮高)

■NTTドコモ-栗田(秩父宮)
◎ドコモLO/FL朴淳彩(パク・スンチェ)박순채PARK SOONCHAI(14-、仁川機械工高・慶煕大(キョンヒ)・尚武・ポスコ建設・12サントリー)
Dsc_0878
◎ドコモWTB/FB張成民(チャン・ソンミン)창성민JANG SEONGMIN(17-高麗大・尚武)
Dcmchan
◎ドコモPR張泰立育(チャン・テユク)(12-、大阪朝鮮高・関西学院大)
◎ドコモSO/CTB金勇輝(キム・ヨンヒ)、(15-、大阪朝鮮高・法政大)
Dsc_1002
◎ドコモPR趙隆泰(チョ・リュンテ)、(17-、大阪朝鮮高・同志社大)
Dcmcrt
◎ドコモFL李智栄(リ・チヨン)、(17-、大阪朝鮮高・京都産業大)
Dcmlcy
◎NTTドコモLO金廉(キム・リョム)在日、(18-、帝京大、大阪朝鮮高)
Teikyokr
◎栗田HO金亨志(キム・ヒョンジ)、(16-、大阪朝鮮高・15京産大)

<TE>
{第1週}
■東京ガス-明治安田生命(9月8日、ガス)
◎金淳英(キム・スンヨン)在日、(18-、関西学院大、大阪朝鮮高)

■横河武蔵野-日本IBM(8日、横河)
◎LO延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(18-FWコーチ、11-17、忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11復帰)
17910ykgwygw

■清水建設-船岡自衛隊(8日、宮城・船岡駐屯地)

■ヤクルト-クリーンファイターズ(8日、トーセン)

■セコム-秋田ノーザンブレッツ(9日、セコム)

<TW>
{第1週}
■リコーJ-大阪ガス(9月8日、中部電力)
◎ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)、(15-、大阪朝鮮高・摂南大)
◎ガスFB高陽日(コウ・ヤンイル)、(15-、大阪朝鮮高・関西学院大)

■中部電力-豊田通商(中部)

{第2週}
■JR西日本-島津製作所(9月15日、JR西)
◎西日本PR張和裕(チャン・ファユン)장화유、(12-、大阪朝鮮高・同志社大)
◎西日本SO/CTB鄭宏基(チョン・ガンギ)、(15-、大阪朝鮮高・近畿大)
◎西日本SO/CTB金成志(キム・ソンジ)、(17-、大阪朝鮮高・東海大)
◎島津SH李翔大(リ・サンテ)、(17-、大阪朝鮮高・日本大)

■豊田通商-ユニチカ(15日、中部電力)

■中部電力-大阪ガス(中部)

■大阪府警-三菱自動車京都(16日、三菱)


■ユニチカ-リコージャパン(16日、JR西日本)

<Tキュウシュウ>
{第1週}
■福岡銀行-JR九州(9月2日、Gアリーナ)

■新日鐵住金八幡-鹿児島銀行(Gアリーナ)

{第2週}
■JR九州-三菱重工長崎(9月8日、かきどまり)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2018

第9回在日KOREAN RUGBYフェスティバル。朝鮮大28-8高麗大 18/8/27

 韓国ラグビー界の両雄、高麗大と延世大が2018年も夏を菅平で過ごす。

 合宿中、日本の大学と練習試合を行う。高麗大は一度、山を下りた8月26日(日)には朝鮮大と「2018在日ラグビーフェスティバル」で対戦する。
18825znfes
 35分間の試合、高麗は慶大BC戦とはモールごり押しではなく違いBKへ回す。朝大が後半突き放した。
18826cdback
18826krback
Dsc_0725
Dsc_0748
Dsc_0765

 両校は10月6日(土)「2018年定期戦」に向けて仕上げる。
Dsc_0005
Dsc_0092

今年は春季リーグ戦、ソウル市長旗大会で延世が連勝している。
Dscf7265
高麗の李光紋(イ・グァンモン)監督は「定期戦が勝負」と意に介していない。

Dscf7247
延世は李明根(イ・ミョングン)BKコーチがシステムを仕上げていく。

<<高麗大2018練習試合日程>>
◆高麗大5(5-28)59摂南大(8月21日)
*高麗1T、摂南9T7G
◆高麗大15(15-45)76関西大(8月28日)
*高麗3T(BKが奪う)、関西12T8G

<<延世大2018練習試合日程>>
◆延世大AB19(B19-7、A0-28)35中央大AB(8月16日)
*延世3T2G、中大5T5G
◆延世大B17(17-12)19日本大B(8月17日)
*延世3T1G、日大3T2G
◆延世大A24(7-14)31立正大A(8月18日)
*延世4T2G、立正4T4G1PG
◆延世大A17(5-33)45近畿大A(8月20日)
*延世3T1G、近畿7T5G
◆延世大-摂南大(8月24日)

<<「2018在日ラグビーフェスティバル」>>
Dscf9399
Dscf9499
■8月25日(土、保土ヶ谷公園ラグビー場)
◆愛知・東京・東大阪朝鮮中-横浜RS(9:30)
◆愛知・東京・東大阪朝鮮中-横浜RS(9:55)
◆愛知・東京・東大阪朝鮮中-横浜RS(10:20)
◆神奈川凱旋C-兵庫4.24(10:45)
◆Allout International-在日レジェンド(11:35)
◆開会式(12:30)
◆東京高麗C-大阪千里馬C(12:50)
Dsc_0056
Dsc_0057
◆大阪朝鮮高-東海大相模(14:00)
Dsc_0146
◆東京朝鮮高-東海大相模(14:30)
Dsc_0182
◆愛知朝鮮高-東海大相模(14:30)
Dsc_0207
◆沢渡焼肉フェスティバル
Dscf9409
Dscf9421
Dscf9415
Dscf9426
Dscf9437
Dscf9443
Dscf9450

■8月26日(山手YC&AC)
<在日朝鮮学生体育大会2018>
Dsc_0237
◆東京朝鮮中A33(14-7)14東大阪朝鮮中A(11:40)
Dsc_0243
Dsc_0298
◆東京朝鮮中・愛知朝鮮中-東大阪朝鮮中
◆愛知朝鮮・東京朝鮮高-大阪朝鮮高
Dsc_0355
◆東京朝鮮高B0-17大阪朝鮮高B
Dsc_0372
Dsc_0373
◆東京朝鮮高A17(10-14)28大阪朝鮮高A(14:39)
Dsc_0392
Dsc_0465
◆朝鮮大7-21慶應大(15:15)
Dsc_0578
Dsc_0602
◆高麗大14-19慶應大(15:57)
Dsc_0652
Dsc_0690

◆朝鮮大28-8高麗大(16:34)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本が中国に65-6大勝で優勝 18日中韓ジュニア8/27

 韓国・全羅南道麗水市で行われる「第26回日・韓・中ジュニア交流競技会」のラグビー競技。

 きょう8月24日(金)から27日(月)まで麗水市望馬(まんま)競技場で開催される。

 台風19号が23日から韓国上陸のため試合日程が変更になっている。

 韓国代表は7月の大統領旗大会までを選考に選抜した。
*写真は大韓協会SNSより
☆第4日(8月27日)。
 最終日、U17日本が65-6でU18中国を圧倒し優勝した。

☆第3日(8月26日)。
 3日目、U17日本は全羅南道(珍島実高)から13T1PTを奪い96-0で圧勝し2戦全勝、優勝を決めた。
 U18韓国は44-5U中国を下し1勝1敗。
18826k44c5a
18826k44c5b

☆第2日(8月25日)。
 U18中国(黄色)が全羅南道(珍島実高)と20-14の接戦を制した。
18825js14c20

☆第1日(8月24日)。
 U18韓国対U17日本の開幕1試合を行った。前半から日本がリードし日本52(33-0)18韓国で終えた。
18824j52k18
18824j52k183

<<「第26回日・韓・中ジュニア交流競技会」>>
<リーグ戦>
◆U18韓国18(0-33)52U17日本(8月24日14:00)
*韓国3T1DG、日本8T6G

◆U18中国20-14全羅南道(25日15:00)

◆U18韓国44-5U18中国(26日14:00)

◆U17日本96(35-0)0全羅南道(26日16:30)
*日本13T12G1PT

◆U18韓国-全羅南道(27日10:00)

◆U17日本65(38-0)6U18中国(27日14:00)

<U18韓国代表>
◎監督/金ジョンシン(圓光大=ウォンガン、77/6/29生)
◎コーチ/金泳男(キム・ヨンナム、明錫高=ミョンソク、クボタ・リコーLO、78/7/23)
◎アシスタントコーチ/チェ・ハンシク(慶山高=キョンサン、76/3/1)、李ジェウォン(天安五城高=チョンアンオソン、84/10/2)
◎トレーナー/金デヒョン(KRU)
◎選手
*PR1/金テウ(養正高=ヤンジョン、00/4/22)、李ギョンミン(培材高=ペジェ、00/4/27)、シン・ギス(白新高=ペクシン、00/10/3)、チョン・ダフン(ソウル大附属高、00/12/1)
*HO/金デヨン(明錫高、00/1/11)、金ジファン(釜山体育高、00/2/15)
*PR3/ソ・テプン(釜山体育高、00/9/27)
*LO/李ヒョンジェ(明錫高、00/7/12)
*FL/ムン・ソンファン(白新高、00/5/4)
*NO8/金ギヒョン(ソウル大附属高、01/2/9)、李グンヨン(仁川機械工業高、00/9/15)、チョン・ジョンテク(忠北高=チュンブック、00/4/7)
*SH/金ファンソク(白新高、00/4/14)、ファン・ヨンミン(慶山高、00/1/16)
*SO/金ジェヨン(養正高、00/9/2)、李フィウォン(白新高、00/3/28)
*WTB/チェ・ゴンホ(仁川機械工業高、00/3/23)
*CTB/金ウィテ(明錫高、00/4/20)、ピョン・ジョンヨン(養正高、00/8/28)、ヤン・ジュンチョル(富川北高=プチョンプック、00/3/1)
*FB/金ヨンホ(養正高、00/9/2)、オ・ムンソン(珍島実業高=ジンドシル、01/3/26)、李ソマン(裡里工業高=イリ、00/7/7)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2018

日本連勝、韓国は中国下す 2018日中韓ジュニア大会3日目

 韓国・全羅南道麗水市で行われる「第26回日・韓・中ジュニア交流競技会」のラグビー競技。

 きょう8月24日(金)から27日(月)まで麗水市望馬(まんま)競技場で開催される。

 台風19号が23日から韓国上陸のため試合日程が変更になっている。

 韓国代表は7月の大統領旗大会までを選考に選抜した。
*写真は大韓協会SNSより
☆第3日(8月26日)。
 3日目、U17日本は全羅南道(珍島実高)から13T1PTを奪い96-0で圧勝し2戦全勝、優勝を決めた。
 U18韓国は44-5U中国を下し1勝1敗。
18826k44c5a
18826k44c5b

☆第2日(8月25日)。
 U18中国(黄色)が全羅南道(珍島実高)と20-14の接戦を制した。
18825js14c20

☆第1日(8月24日)。
 U18韓国対U17日本の開幕1試合を行った。前半から日本がリードし日本52(33-0)18韓国で終えた。
18824j52k18
18824j52k183

<<「第26回日・韓・中ジュニア交流競技会」>>
<リーグ戦>
◆U18韓国18(0-33)52U17日本(8月24日14:00)
*韓国3T1DG、日本8T6G

◆U18中国20-14全羅南道(25日15:00)

◆U18韓国44-5U18中国(26日14:00)

◆U17日本96(35-0)0全羅南道(26日16:30)
*日本13T12G1PT

◆U18韓国-全羅南道(27日10:00)

◆U18中国-U17日本(27日14:00)

<U18韓国代表>
◎監督/金ジョンシン(圓光大=ウォンガン、77/6/29生)
◎コーチ/金泳男(キム・ヨンナム、明錫高=ミョンソク、クボタ・リコーLO、78/7/23)
◎アシスタントコーチ/チェ・ハンシク(慶山高=キョンサン、76/3/1)、李ジェウォン(天安五城高=チョンアンオソン、84/10/2)
◎トレーナー/金デヒョン(KRU)
◎選手
*PR1/金テウ(養正高=ヤンジョン、00/4/22)、李ギョンミン(培材高=ペジェ、00/4/27)、シン・ギス(白新高=ペクシン、00/10/3)、チョン・ダフン(ソウル大附属高、00/12/1)
*HO/金デヨン(明錫高、00/1/11)、金ジファン(釜山体育高、00/2/15)
*PR3/ソ・テプン(釜山体育高、00/9/27)
*LO/李ヒョンジェ(明錫高、00/7/12)
*FL/ムン・ソンファン(白新高、00/5/4)
*NO8/金ギヒョン(ソウル大附属高、01/2/9)、李グンヨン(仁川機械工業高、00/9/15)、チョン・ジョンテク(忠北高=チュンブック、00/4/7)
*SH/金ファンソク(白新高、00/4/14)、ファン・ヨンミン(慶山高、00/1/16)
*SO/金ジェヨン(養正高、00/9/2)、李フィウォン(白新高、00/3/28)
*WTB/チェ・ゴンホ(仁川機械工業高、00/3/23)
*CTB/金ウィテ(明錫高、00/4/20)、ピョン・ジョンヨン(養正高、00/8/28)、ヤン・ジュンチョル(富川北高=プチョンプック、00/3/1)
*FB/金ヨンホ(養正高、00/9/2)、オ・ムンソン(珍島実業高=ジンドシル、01/3/26)、李ソマン(裡里工業高=イリ、00/7/7)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2018

日本が韓国に圧勝 2018「第26回日・韓・中ジュニア交流競技会」開幕8/24

 韓国・全羅南道麗水市で行われる「第26回日・韓・中ジュニア交流競技会」のラグビー競技。

 きょう8月24日(金)から27日(月)まで麗水市望馬(まんま)競技場で開催される。

 台風19号が23日から韓国上陸のため試合日程が変更になっている。

 韓国代表は7月の大統領旗大会までを選考に選抜した。

☆第1日(8月24日)。
 U18韓国対U17日本の開幕1試合を行った。前半から日本がリードし日本52(33-0)18韓国で終えた。

<<「第26回日・韓・中ジュニア交流競技会」>>
<リーグ戦>
◆U18韓国18(0-33)52U17日本(8月24日14:00)

◆U18中国-全羅南道(25日15:00)

◆U18韓国-U18中国(26日14:00)

◆U17日本-全羅南道(26日16:30)

◆U18韓国-全羅南道(27日10:00)

◆U18中国-U17日本(27日14:00)

<U18韓国代表>
◎監督/金ジョンシン(圓光大=ウォンガン、77/6/29生)
◎コーチ/金泳男(キム・ヨンナム、明錫高=ミョンソク、クボタ・リコーLO、78/7/23)
◎アシスタントコーチ/チェ・ハンシク(慶山高=キョンサン、76/3/1)、李ジェウォン(天安五城高=チョンアンオソン、84/10/2)
◎トレーナー/金デヒョン(KRU)
◎選手
*PR1/金テウ(養正高=ヤンジョン、00/4/22)、李ギョンミン(培材高=ペジェ、00/4/27)、シン・ギス(白新高=ペクシン、00/10/3)、チョン・ダフン(ソウル大附属高、00/12/1)
*HO/金デヨン(明錫高、00/1/11)、金ジファン(釜山体育高、00/2/15)
*PR3/ソ・テプン(釜山体育高、00/9/27)
*LO/李ヒョンジェ(明錫高、00/7/12)
*FL/ムン・ソンファン(白新高、00/5/4)
*NO8/金ギヒョン(ソウル大附属高、01/2/9)、李グンヨン(仁川機械工業高、00/9/15)、チョン・ジョンテク(忠北高=チュンブック、00/4/7)
*SH/金ファンソク(白新高、00/4/14)、ファン・ヨンミン(慶山高、00/1/16)
*SO/金ジェヨン(養正高、00/9/2)、李フィウォン(白新高、00/3/28)
*WTB/チェ・ゴンホ(仁川機械工業高、00/3/23)
*CTB/金ウィテ(明錫高、00/4/20)、ピョン・ジョンヨン(養正高、00/8/28)、ヤン・ジュンチョル(富川北高=プチョンプック、00/3/1)
*FB/金ヨンホ(養正高、00/9/2)、オ・ムンソン(珍島実業高=ジンドシル、01/3/26)、李ソマン(裡里工業高=イリ、00/7/7)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2018

2018TL8月31日開幕

『2018年TLが8月31日(土)に開幕する』
 今季は2019W、サンウルブズ準備のためレッド、ホワイトカンファレンス内で7試合行う。11月のウィンドマウス期間は中断し12月1日から順位慶ってい戦を行い年内12月15日で終了する。
 11月中は「TLカップ2018-2019」を行う。

<TL>
{レッドR}
■Rサントリー(17年1位)、トヨタ自動車(4)、神戸製鋼(5)NEC(8)、、NTTコム(9)、豊田自動織機(12)、宗像サニックス(13)、日野(TCL2)

{ホワイトW}
■Wパナソニック(2)、ヤマハ(3)、東芝(6)、リコー(7)、キヤノン(10)、クボタ(11)、コカ・コーラ(14)、ホンダ(TCL1)

{第1週}
■R/宗像サニックス-日野(8月31日、町田)
◎SAN/PR申東ウォン(シン・ドンウォン)신동원ウォン=冫原(15-、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高・08-12福岡サニックス・13-サントリー・14-近鉄)
Snxsdw
◎SAN/SO/CTB/WTB王授榮(ワン・スヨン)、(14-、三重・朝明高・大阪体育大3年中退・14末からサニックス)
Snxwsy
◎SAN/PR王鏡聞(ワン・キョンムン)왕경문(18-サニックス、14-近鉄、三重・朝明高-韓国・養正中・大阪体大)
Snxwondw
◎日野PR金光植(キム・グァンシク)김광식KIM KWANGSIK(16-、慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC
14-15ホンダ)
Hnkgs2
◎日野FL李淳也(リ・ジュンヤ)、(16-、常翔啓光学園・15天理大)
◎日野WTB鄭演植(チョン・ヨンシク)정연식(18-日野、16-尚武、12-高麗大)
Hncys1871

■R/神戸製鋼-NTTコム(31日、神戸ユニバ)
◎神戸LO張碩煥(チャン・ソクファン)JANG SEOKHWAN장석환(16-、延世大・14-15尚武)
Kobjsh
◎神戸SH梁正秋(リャン・ジョンチュ)、(15-、大阪朝鮮高・京都産業大)
◎コムHO白隆尚(ハク・タカヨシ)(12-啓光学園・帝京大)、
◎コムFL金正奎(キン・ショウケイ)、(14-常翔啓光学園・早稲田大)
Dsc_1006
◎コムLO金嶺志(キム・リョンジ)、(17-、東京朝鮮高・帝京大)
Comkrj
◎コムCTB/WTB諸葛彬(チェガル・ビン)제갈빈JEGAL BIN(14-、ソウル大附属高・延世大・尚武)
Comcgb
*2016年10月試合中に脳梗塞発症リハビリ➡17チームスタッフ

■W/東芝-キヤノン(31日、秩父宮)
◎東芝LO/FL李聖彰(リ・ソンチャン)(14-、東京朝鮮高・帝京大)
Tsblsc
◎東芝P金寛泰(キム・ガンテ)(15-、大阪朝鮮高・関西学院大)
Tsbkgt18
◎東芝LO梁大炴(ヤン・デヨン)양대영、(18-東芝、16-尚武、12-高麗大、富川北高・中)
Tsbydy18

■W/パナソニック-クボタ(31日、長居)
◎パナFL/LO劉永男(ユ・ヨンナム)유영남(18からコーチ兼任、08-、仁川機械工高・檀国大・尚武)
Panayyn187
◎パナCTB権裕人(コン・ユイン)、(15-、大阪朝鮮高・帝京大)
Panakyi18
◎クボタLO金昊範(キム・ホボム)、KIM HOBUM 김호범(15-、檀国大・14尚武)
Kbtkhb187
◎クボタHO/PR羅官榮(ナ・グァンヨン)나관영、(18-、16-尚武、12-延世大、ソウル大附属高・中)
Kbtngy187
◎クボタLO孫昇巳(ソン・スンギ、18-、日本大、大阪朝鮮高)
Kbtssg187

■R/サントリー-トヨタ自動車(9月1日、豊田)
◎トヨタPR崔凌也(サイ・ルンヤ)、(17-、筑波大・東福岡高・九州朝鮮中)
◎トヨタSO金典弘(キム・ジョノン)(18-、東海大、大阪朝鮮高)

■R/NEC-豊田自動織機(1日、秩父宮)
◎NEC/LO李珍錫(イ・ジンソック)(17-、ポスコ・尚武)
Neclmsk

■W/ヤマハ発動機-コカ・コーラ(豊田)
◎コーラSO朴ジス 박지수、(18-、徳山大)

■W/リコーホンダ(秩父宮)
◎リコーCTB金宣求(キム・ソング)김선구、(18-、16-尚武、12-延世大、ソウル大附属高・中)
18rcksg
◎ホンダSO/CTB具智允(グ・ジユン)구지윤、(16-、日本文理高・拓殖大)
17917gjyn1
◎ホンダPR具智元(グ・ジウォン)구지원(17-、日本文理高・拓殖大、16SW、17SW&日本代表候補)
17917gjw1
*8/18のNEC練習試合で左膝靭帯損傷。2-3カ月治療に
◎ホンダSO/CTB朴成基(パク・ソンギ)、(15-、大阪朝鮮高・帝京大)
17917psg1

<TCL>
(第1週)
■近鉄-マツダ(9月8日、三重鈴鹿)
◎近鉄SH金哲元(キム・チョルウォン)김철원(07-韓国/養正高・朝明高・大阪体大、07年W杯日本代表、TL16年に100CAP)
Kttkcw
◎近鉄CTB朴ハンギョル박한결、(18-、16-尚武、延世大)
◎マツダFB李修平(リ・スピョン)이수평(13-、大阪・日新高、大阪体育大12六甲クラブ、16韓国代表)
Mzdlsp1_3
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン)남종성NAM JONGSONG(15-、大阪朝鮮高・明治大、16韓国代表)
Mzdnjs

■九州電力-中国電力(8日、広島コカ)

■三菱相模原-釜石SW(9日、秩父宮)
◎三菱PR成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕、(14-、06-13近鉄、大阪朝高・帝京大)
Mtbssad
◎三菱PR李成鏞(リ・ソンヨン)在日、(18-、帝京大、大阪朝鮮高)

■NTTドコモ-栗田(秩父宮)
◎ドコモLO/FL朴淳彩(パク・スンチェ)박순채PARK SOONCHAI(14-、仁川機械工高・慶煕大(キョンヒ)・尚武・ポスコ建設・12サントリー)
Dsc_0878
◎ドコモWTB/FB張成民(チャン・ソンミン)창성민JANG SEONGMIN(17-高麗大・尚武)
Dcmchan
◎ドコモPR張泰立育(チャン・テユク)(12-、大阪朝鮮高・関西学院大)
◎ドコモSO/CTB金勇輝(キム・ヨンヒ)、(15-、大阪朝鮮高・法政大)
Dsc_1002
◎ドコモPR趙隆泰(チョ・リュンテ)、(17-、大阪朝鮮高・同志社大)
Dcmcrt
◎ドコモFL李智栄(リ・チヨン)、(17-、大阪朝鮮高・京都産業大)
Dcmlcy
◎NTTドコモLO金廉(キム・リョム)在日、(18-、帝京大、大阪朝鮮高)
Teikyokr
◎栗田HO金亨志(キム・ヒョンジ)、(16-、大阪朝鮮高・15京産大)

<TE>
{第1週}
■東京ガス-明治安田生命(9月8日、ガス)
◎金淳英(キム・スンヨン)在日、(18-、関西学院大、大阪朝鮮高)

■横河武蔵野-日本IBM(8日、横河)
◎LO延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(18-FWコーチ、11-17、忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11復帰)
17910ykgwygw

■清水建設-船岡自衛隊(8日、宮城・船岡駐屯地)

■ヤクルト-クリーンファイターズ(8日、トーセン)

■セコム-秋田ノーザンブレッツ(9日、セコム)

<TW>
{第1週}
■リコーJ-大阪ガス(9月8日、中部電力)
◎ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)、(15-、大阪朝鮮高・摂南大)
◎ガスFB高陽日(コウ・ヤンイル)、(15-、大阪朝鮮高・関西学院大)

■中部電力-豊田通商(中部)

{第2週}
■JR西日本-島津製作所(9月15日、JR西)
◎西日本PR張和裕(チャン・ファユン)장화유、(12-、大阪朝鮮高・同志社大)
◎西日本SO/CTB鄭宏基(チョン・ガンギ)、(15-、大阪朝鮮高・近畿大)
◎西日本SO/CTB金成志(キム・ソンジ)、(17-、大阪朝鮮高・東海大)
◎島津SH李翔大(リ・サンテ)、(17-、大阪朝鮮高・日本大)

■豊田通商-ユニチカ(15日、中部電力)

■中部電力-大阪ガス(中部)

■大阪府警-三菱自動車京都(16日、三菱)


■ユニチカ-リコージャパン(16日、JR西日本)

<Tキュウシュウ>
{第1週}
■福岡銀行-JR九州(9月2日、Gアリーナ)

■新日鐵住金八幡-鹿児島銀行(Gアリーナ)

{第2週}
■JR九州-三菱重工長崎(9月8日、かきどまり)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2018

2018アジア大会 韓国代表発表

「2018アジア競技大会 韓国代表発表」

 「2018アジア競技大会」が8月10日から9月2日までインドネシア、ジャカルタ・パレンバンで開催される。
ラグビー男女は7人制で行われる(8月30日~9月1日)。1日、2日目前半がプール戦。2日目後半からトーナメント。
 出場する韓国代表、日本代表が発表された。
*日本男女代表
188aja7japan

<アジア大会男子>12カ国
 男子は15人制を兼務するチェ・チャンリョル監督と梁永勲(ヤン・ヨンフン、前ホンダSH)コーチが率いる。
 プール戦はCでスリランカ、UAE(アラブ首長国連邦)、アフガニスタンと戦う。
 Aは香港、中国、タイ、パキスタン。B=日本、マレーシア、台湾、インドネシア
*日本男子
188ajiam7
*岩渕HC「なんの余裕もない。香港は年間通してセブンズ強化、韓国はベテラン経験ある選手を揃えてきた」
*小沢主将「自分たちのラグビーをすれば負けない。春からメンバーを固定していることが強化になっている」
<韓国男子代表>
188ajia7kman
◎監督/チェ・チャンリョル(KRU、70/8/20)
◎コーチ/梁永勲(ヤン・ヨンフン、KRU、前ホンダSH、80/12/6)、◎トレーナー/ピョン・ウジン(KRU)
◎選手12名
(FW)
*韓建圭(ハン・コンギュ、韓国電力、15人制代表、LO・FL・NO8、187CM/113KG、87/1/22)
*金昌珉(キム・ジョンミン、韓国電力、15人制代表、FL、183/93、83/3/15)
*金玄樹(キム・ヒョンス、韓国電力、17年まで15人制代表、FL、182/95、88/11/8)
*黄仁朝(ファン・インジョ、韓国電力、15人制代表、FL・NO8、82/6/12)
*張成民(チャン・ソンミン、NTTドコモ、15人制代表、WTB・FB、186/105、92/8/22)
*金ジンヒョク(尚武=軍体育部隊、15人制代表、BK、95/8/7)
(BK)
*張容興(チャン・ヨンフン、尚武、17年まで15人制代表、WTB・FB、174/73、93/11/12)
*主将、李在馥(イ・ジェボック、ポスコ建設、15人制代表、FB、176/75、91/5/22)
*金南郁(キム・ナンウク、韓国電力、15人制代表、CTB・WTB、179/95、90/2/5)
*張正珉(チャン・ジョンミン、尚武、15人制代表、WTB、173/70、94/11/10)
*金洸民(キム・グァンミン、韓国電力、17年まで15人制代表、WTB、180/80、88/4/2)
*金成洙(キム・ソンス、韓国電力、17年まで15人制代表、CTB、181/92、83/7/27)

<アジア大会女子>8カ国
 韓国監督は2017年アジアセブンズシリーズを率いたチョ・ソンリョン(KRU、71/3/30)、コーチに李ボムグォン(KRU、81/85/30)のコンビ。
 選手はヤン・ソルフィ主将など12名。
 プール戦はD、中国、香港、シンガポールと同じ。
 日本、カザフスタン、タイ、インドネシアがE。
*日本女子
188ajiawm7
◎中村主将「金メダルを獲得する」

<韓国女子代表>
188ajia7kwm
◎監督/チョ・ソンリョン(KRU、71/3/30)
◎コーチ/李ボムグォン(KRU、81/85/30)、◎トレーナー/ヤン・ミンジ(KRU)
◎選手(⑰=2017年アジアセブンズ代表)
(FW)
*主将ヤン・ソルフィ(ソウル・エルリス、⑰、90/10/31)
*イム・ジェウォン(KRU、95/6/11)
*金ユリ(KRU、⑰、93/1/2)
*シン・エリム(KRU、96/12/1)
*朴スジ(KRU、97/5/31)
(BK)
*ソ・ボフィ(KRU、92/9/15)
*朴ソンビン(KRU、⑰、91/6/17)
*李ミンヒ(ソウル・エルリス、前・三重パールズ、⑰、87/1/6)
*クォン・スルギ(ソウル・エルリス、⑰、96/10/31)
*ホ・ギョンヒ(ソウル・エルリス、⑰、90/1/1)
*朴ジオン(ソウル・エルリス、⑰、94/2/8)
*ミン・ギョンジン(KRU、85/5/1)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

延世大4連敗、高麗大も初戦完敗 2018菅平夏合宿8/21

 韓国ラグビー界の両雄、高麗大と延世大が2018年も夏を菅平で過ごす。

 合宿中、日本の大学と練習試合を行う。高麗大は一度、山を下りた8月26日(日)には朝鮮大と「2018在日ラグビーフェスティバル」で対戦する。
18825znfes

 両校は10月6日(土)「2018年定期戦」に向けて仕上げる。
Dsc_0005
Dsc_0092

今年は春季リーグ戦、ソウル市長旗大会で延世が連勝している。
Dscf7265
高麗の李光紋(イ・グァンモン)監督は「定期戦が勝負」と意に介していない。

Dscf7247
延世は李明根(イ・ミョングン)BKコーチがシステムを仕上げていく。

<<高麗大2018練習試合日程>>
◆高麗大5(5-28)59摂南大(8月21日)
*高麗1T、摂南9T7G
◆高麗大-関西大(8月28日)

<<延世大2018練習試合日程>>
◆延世大AB19(B19-7、A0-28)35中央大AB(8月16日)
*延世3T2G、中大5T5G
◆延世大B17(17-12)19日本大B(8月17日)
*延世3T1G、日大3T2G
◆延世大A24(7-14)31立正大A(8月18日)
*延世4T2G、立正4T4G1PG
◆延世大A17(5-33)45近畿大A(8月20日)
*延世3T1G、近畿7T5G
◆延世大-摂南大(8月24日)

<<「2018在日ラグビーフェスティバル」>>
■8月25日(土、保土ヶ谷公園ラグビー場)
◆愛知・東京・東大阪朝鮮中-横浜RS(9:30)
◆愛知・東京・東大阪朝鮮中-横浜RS(9:55)
◆愛知・東京・東大阪朝鮮中-横浜RS(10:20)
◆神奈川凱旋C-兵庫4.24(10:45)
◆Allout International-在日レジェンド(11:35)
◆開会式(12:30)
◆東京高麗C-大阪千里馬C(12:50)
◆大阪朝鮮高-東海大相模(14:00)
◆東京朝鮮高-東海大相模(14:30)
◆愛知朝鮮高-東海大相模(14:30)

■8月26日(山手YC&AC)
◆東京朝鮮高-大阪朝鮮高(11:45)
◆東京朝鮮中-東大阪朝鮮中(12:45)
◆愛知朝鮮高-東京・大阪朝鮮高(13:35)
◆朝鮮大-慶應大(14:35)
◆高麗大-慶應大(15:15)
◆朝鮮大-高麗大(15:55)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2018

忠北高がリベンジで2012年以来国内大会優勝 18文化観光部大会高校決勝

<<第45回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
 韓国の中学・高校ラグビー大会「第45回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が8月11日から17日まで開催(全羅南道 禮山郡総合運動場)。
 今年は高校15人、中学7人制で実施する。高校9チーム、中学は11チームが参加。
 
 高校は今季2冠の白新高(ペクシン)が抜けている。
 中学は、11校が11日に3つのプールで予選を行い12日に上位6チームがトーナメントを戦う。
*写真は大韓ラグビー協会FB

☆第4日(8月17日)
 高校決勝、今季3冠王手の白新(ペクシン)と大統領旗大会決勝で敗れた忠北(チュンブック)の再戦は28-7で忠北がリベンジ、2012年大統領旗大会以来の国内大会優勝を飾った。

☆第4日(8月15日)
 高校準決勝、白新(ペクシン)×明錫(ミョンソク)、富川北(プチョンプック)×忠北(チュンブック)。
 3冠を狙う白新が前半3Tで19-0とリード。後半も15分までに2T加え33-0.に。明錫に1T1PT返されたが45-12で完勝し決勝へ進んだ。

 忠北がこの試合4度目の逆転で29-21と富川を振り切った。
 白新×忠北の決勝は7月の大統領旗大会と同じ顔合わせ。この時は白新が38(21-12)17で制した。

☆第3日(8月13日)
 高校2回戦(8強)4試合を行い、15日の準決勝は白新(ペクシン)×明錫(ミョンソク)、富川北(プチョンプック)×忠北(チュンブック)となった。
 白新(ペクシン)×は大邱商苑高(テグサンノン)から前半5T(NO8アン・ジユンのハットトリックT、アンは後半も1Tで計4T)奪い45-17で一蹴した。
 明錫(ミョンソク)も五城高(オソン)に前半4T(NO8シン・ヒョンス2T)で28-0と猛攻。後半も1分にFB朴フィジュンがT、16分NO8アンもTし47-14とした。大邱は21分にSO李ゴンウが2本目のT・Gを自分で奪い47-21とし終えた。
 富川北(プチョンプック)×裡里工業高(イリ)。前半は接戦(富川10-7)。富川が後半37秒に交替したばかりのLO4(21)ピョン・ジェミンがTラインを越えると8分SO金ジョンテ、11分FBウィ・デハンがTで続き制した(34-7)。
 忠北(チュンブック)は慶山高(キョンサン)と対戦。後半15分、17-8からFB金ミンがこの日2T目を奪う(Gも金が成功24-8)。17分に慶山SH李スンヒョンT(G成功)で24-15となるが29分に忠北CTB13金ソンフンが締めのTで終えた(29-15)
 
☆第2日(8月12日)
 中学(7人制)の決勝トーナメントを行った。ベスト6が進出した。決勝は培材中(ペジェ。黒)がソウル大附属中(黒白)を33-17で下し優勝した。
18812pjh33su17

 準決勝で培材(ペジェ)は10-5城南西中(城南西)を10-5の接戦で破った。
18812pj10sns5 
 ソウル大は38-7延壽中(ヨンス)を圧倒した。
18812su38yns7

☆第1日(8月11日)
 中学(7人制)の予選プールを行いAは延壽(ヨンス)がB培材(ペジェ)、Cソウル大附属が1位通過した。総合1位は培材(ペジェ)、2位が延壽(ヨンス)、3位ソウル大。プール各組2位3チームと変則の6強戦で優勝を争う。
 高校1回戦は富川北高(プチョン)が17-12培材高(ペジェ)を下し2回戦(8強戦)へ。
<高校>
■決勝戦(8月17日17:00-)
◆忠北高(チュンブック)28(14-0)7白新高(ペクシン)
*忠北4T4G、白新1T1G
*忠北が前半のリードを守った。7分にFL6チャン・ヒョングが先制T、自らGも決める。チャンは24分にもTとGし14-0で折り返す。後半、白新が8分にPR1チェ・ホヨンがT、G成功で14-7と迫った。しかし忠北チャンが20分にT、Gで7点を追加、さらに25分FB金ミンがTで優勝を手にした。

■準決勝戦(15日18:00-)
◆A白新高(ペクシン)45(19-0)12明錫高(ミョンソク)
*白新7T5G、明錫1T1PT
*前半から白新が優位だった。16分にFLチェ・スヨンTで5-0と先制。明錫SH金ムグンがシンビンの間に3分後、WTB11ソップ・ドゥジュンがT、GはCTB12金ジェウォンが成功で12-0。さらに26分にFB金デランがT(G12成功)19-0で折り返した。
 後半も5分PR1チェ・ホヨン、14分NO8アン・ジユンがインゴールへ運び33-0と試合を決めた。明錫は16分ようやくNO8シン・ヒョンスがTすると3分後PTを奪った。しかし白新は21分にPRチェ、30分FB金の連続Tで45-12で終えた。

◆B忠北高(チュンブック)29(12-14)21富川北高(プチョンプク)
*忠北4T3G1PG、富川3T3G
*忠北は前半4分FL7チョン・ソジュンが先制T(GはCTB13金ミン)7-0とする。5分後WTB11李デフィが連続T12-0とする。富川が反撃した12分にFBコ・ヨンチャンがT、GはCTB13金グォンヨンが決めると18分再びFBコで追いつくG金成功で12-14と逆転した。
 後半最初の逆転は忠北。1分FL6チャン・ヒョングンがTラインを越え19-14とした。7分、富川が3度目の逆転だ。SH李ジンウT、Gで19-21に。勝利への気持ちが忠北が上回ったか。11分にHO2朴ハンウンがTで24-21、CTB金がG成功。金は29分にPGを決めて試合を締めくくった。

■2回戦(13日17:00-)
◆A1明錫高(ミョンソク)47(28-0)21天安五城高(オソン)
*明錫7T6G、五城3T3G

◆A2白新高(ペクシン)45(33-5)17大邱商苑高(テグサンノン)
*白新7T5G、大邱3T1G

◆B1忠北高(チュンブック)29(12-3)15慶山高(キョンサン)
*忠北5T2G、慶山2T1G1PG

◆B2/富川北高(プチョンプク)34(10-7)7裡里工業高(イリ)
*富川5T3G1PG、イリ1T1G

■1回戦(11日17:40-)
◆B富川北高(プチョンプク)17-12培材高(ペジェ)

<中学>
■決勝戦(8月12日)
◆培材中33(26-7)17ソウル大附属中
*培材5T4G、ソウル3T1G
*培材9番金ジョンヨン2T

■準決勝戦
◆A培材中10(5-0)5城南西中
*培材2T、城南西1T
*培材8番金ジョンウクの後半Tが決勝点。

◆Bソウル大附属中38(12-7)7延壽中
*ソウル6T4G、ヨンス1T1G
*ソウルが後半4連続Tで決めた。

■T1回戦
◆A城南西中24-12裡里北中(イリ)

◆Bソウル大附属中35-5清州南中

■プール戦
◎A/①延壽中(ヨンス)、②裡里北中(イリ)、③坪里中(ピョンリ)、④天安富城中(プソン)
◆延壽中35-5裡里北中、45-10坪里中、38-0富城中
◆裡里北中25-0坪里中、24-5富城中
◆坪里中17-14富城中

◎B/①培材中(ペジェ)、②清州南中(チョンジュナム)、③大田佳陽中(カヤン)、④一山東中(イルサンドン)
◆培材中40-5清州南中、49-0佳陽中、43-.0一山東中、
◆清州南中20-7佳陽中、29-7一山東中
◆佳陽中19-5一山東中

◎C/①ソウル大附属中、②城南西中(ソンナムソ)、③富坪中(プピョン)
◆ソウル大附属中21-12城南西中、40-0富坪中
◆城南西中36-5富坪中

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
 韓国の中学・高校ラグビー大会「第44回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が8月11日から17日まで開催(江原道丁寧越郡/カンウォンド・ヨンウォルグン)。
 2015年から7人制に変更されたが今年は高校15人、中学12人へ戻った。高校10チーム、中学は7チームが参加。
 
 高校は今季2冠のミョンソク高と1冠ソウル大附属高が2回戦で当たる。勝者が優勝候補だ。
 中学は、2冠延壽中(ヨンス)と養正中(ヤンジョン)か。

☆5日目(8月15日)
 高校準決勝2試合を行った。
 第1試合は富川北高(プチョンプック)と白新高(ペクシン)が対戦。富川が後半の逆転で24(前半7-21)21と3点差の激闘を制した。
 白新が前半をリードした。2分にWTB11金デタンがT、GをSO李ヒグォンが決めて7-0とした。12分に富川はPR3李ジェファンがTラインを越え、GもFBユ・ジホ成功で追いつく。白新は24分にWTB金が2本目のT(G成功)で勝ち越すと24分にはSO李がT、GはCTB13金ジェグォン成功し21-7で折り返した。
 後半、富川は15分にFL7金ヒジュンがT、G成功した(21-14)。2分後にはHO2金ヨンホがファイブポインターで続き21-19と2点差に迫る。そして24分、CTB12金チョルヨンが歓喜の逆転Tを奪い24-21とひっくり返しノーサイド。

 2試合目、今季3冠をかけたミョンソク高は城南西高(ソンナムソ)に14(7-14)26で敗れた。
 先制は城南西。7分にWTBユ・ミンヒョンがTを奪う(GはFBソ・ジョンソン成功。7-0)。ミョンソクは22分にPR1チョ・ミンホがT、GもSOチョン・ジェホが決めて同点へ。城南西は29分、LOシン・ジョンミンT(G成功)で14-7と勝ち越しで後半へ。
 12分にミョンソクはLO5アン・ピョングォンがインゴールへ運んだ。Gはきっちりチョンが決めて再び14-14と同点とした。しかし3分後、城南西がFL7ナム・ドンヒョンがTを奪うと23分にFBソがTとGをあげ試合を決めた。

☆4日目(8月14日)
 中学準決勝2試合を行った。
 今季3冠目を目指した延壽中(ヨンス)は強豪・富川北中(プチョンプック)を27-14で制し王手をかけた。

 ソウル市内の伝統ライバル対決は培材中(ペジェ)が31-19養正中(ヤンジョン)を下した。

☆3日目(8月13日)
 高校2回戦(8強)4試合。富川北高(プチョンプック)は裡里工業高(イリ)を58-0で圧勝。
 白新高(ペクシン)は後半開始、5点差に迫られたが4連続Tで突き放した(41-12五城高)
 事実上の優勝戦、ミョンソク高がソウル大附属高を27-7で制した。
 前半7-7の終盤、ミョンソクはボールを出してゲームを切ることを選択せずにDGで10-7と勝ち越した。
 後半7分、ミョンソクはソウル陣で反則を数度得てPR1がTを奪った。13分にはソウルがタップからアタック、パスをミョンソクはインターセプトしラックへ。出たボールをHO2が走り切った。23分にもソウル陣22M内の右スクラムからNO8が持ち出し右中間へTし試合を決めた。
 ソウルは前半から反則を得るとすぐにタップでアタックを始める。一度は前半19分に同点に追いついた。後半も同じアタックを見せるもノックオンなどで機会を潰した。さらに15分から24分、29分と3人を連続でシンビンで欠いた。
 城南西高(ソンナムソ)は38-17で仁川機械工業高を下した。

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝戦(8月17日)
◆富川北高(プチョンプク)-城南西高(ソンナムソ)

■準決勝戦(15日)
◆A富川北高(プチョンプク)24(7-21)21白新高(ペクシン)
*富川4T2G、白新3T3G

◆Bミョンソク高14(7-14)26城南西高(ソンナムソ)
*ミョンソク2T2G、城南西4T3G

■2回戦(13日)
◆A2富川北高(プチョンプク)58(43-0)0裡里工業高(イリ)
*富川9T5G1D

◆A3白新高(ペクシン)41(17-5)12天安五城高(オソン)
*白新7T3G、五城2T1G

◆B2ミョンソク高27(10-7)7ソウル大附属高
*ミョンソク4T2G1D、ソウル1T1G

◆B3城南西高(ソンナムソ)38(24-0)17仁川機械工業高(インチョンキゴ)
*城南西6T4G、仁川3T1G
■1回戦(11日)
◆A1天安五城高(オソン)44(24-7)35裡里工業高(イリコンゴ)
*五城6T4G1P1D、イリ5T5G

◆B1ミョンソク高29(12-7)14培材高(ペジェ)
*ミョンソク5T2G、培材2T2G

<中学>
■決勝戦(8月16日)
◆延壽中(ヨンス)-培材中(ペジェ)

■準決勝戦(14日)
◆A養正中(ヤンジョン)19(12-19)31培材中(ペジェ)
*養正3T2G、培材5T3G
*後半3分、養正がSH6李ヒョンのTとCTB11李ミョンウGで19-19と追いついた。
しかし、培材が3分後にHO2呉ヘソンがTラインを越え24-19と勝ち越した。呉は11分にも試合を決めるTを奪い31-19で決勝へ。

◆B延壽中(ヨンス)27(22-0)14富川北中(プチョンプク)
*延壽5T1G、富川2T2G
*前半で延壽が決めた。6分にWTB8金ミンテが先制T、12分にはSHコン・ヨンファがTラインを越えた。さらに14分CTB11金コンビン、16分HO2金ミンホと4連続T(1G)で22-0とした。後半も開始1分LO4ムン・イクファンがTし27-0と試合を決めた。富川は14分、25分と2Tを返すにとどまった。

■1回戦(12日)
◆A培材中(ペジェ)20(15-0)14一山東中(イルサンドン)
*培材4T、一山2T2G

◆B1延壽中(ヨンス)不戦勝-坪里中(ピョンリ)棄権
◆B2富川北中(プチョンプク)46(22-0)7城南西高(ソンナムソ)
*富川8T3G、城南西1T1G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2018

高校決勝は白新高VS忠北高 今季2度目の頂上決戦 18文化観光部大会8/15

<<第45回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
 韓国の中学・高校ラグビー大会「第45回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が8月11日から17日まで開催(全羅南道 禮山郡総合運動場)。
 今年は高校15人、中学7人制で実施する。高校9チーム、中学は11チームが参加。
 
 高校は今季2冠の白新高(ペクシン)が抜けている。
 中学は、11校が11日に3つのプールで予選を行い12日に上位6チームがトーナメントを戦う。
*写真は大韓ラグビー協会FB

☆第4日(8月15日)
 高校準決勝、白新(ペクシン)×明錫(ミョンソク)、富川北(プチョンプック)×忠北(チュンブック)。
 3冠を狙う白新が前半3Tで19-0とリード。後半も15分までに2T加え33-0.に。明錫に1T1PT返されたが45-12で完勝し決勝へ進んだ。

 忠北がこの試合4度目の逆転で29-21と富川を振り切った。
 白新×忠北の決勝は7月の大統領旗大会と同じ顔合わせ。この時は白新が38(21-12)17で制した。

☆第3日(8月13日)
 高校2回戦(8強)4試合を行い、15日の準決勝は白新(ペクシン)×明錫(ミョンソク)、富川北(プチョンプック)×忠北(チュンブック)となった。
 白新(ペクシン)×は大邱商苑高(テグサンノン)から前半5T(NO8アン・ジユンのハットトリックT、アンは後半も1Tで計4T)奪い45-17で一蹴した。
 明錫(ミョンソク)も五城高(オソン)に前半4T(NO8シン・ヒョンス2T)で28-0と猛攻。後半も1分にFB朴フィジュンがT、16分NO8アンもTし47-14とした。大邱は21分にSO李ゴンウが2本目のT・Gを自分で奪い47-21とし終えた。
 富川北(プチョンプック)×裡里工業高(イリ)。前半は接戦(富川10-7)。富川が後半37秒に交替したばかりのLO4(21)ピョン・ジェミンがTラインを越えると8分SO金ジョンテ、11分FBウィ・デハンがTで続き制した(34-7)。
 忠北(チュンブック)は慶山高(キョンサン)と対戦。後半15分、17-8からFB金ミンがこの日2T目を奪う(Gも金が成功24-8)。17分に慶山SH李スンヒョンT(G成功)で24-15となるが29分に忠北CTB13金ソンフンが締めのTで終えた(29-15)
 
☆第2日(8月12日)
 中学(7人制)の決勝トーナメントを行った。ベスト6が進出した。決勝は培材中(ペジェ。黒)がソウル大附属中(黒白)を33-17で下し優勝した。
18812pjh33su17

 準決勝で培材(ペジェ)は10-5城南西中(城南西)を10-5の接戦で破った。
18812pj10sns5 
 ソウル大は38-7延壽中(ヨンス)を圧倒した。
18812su38yns7

☆第1日(8月11日)
 中学(7人制)の予選プールを行いAは延壽(ヨンス)がB培材(ペジェ)、Cソウル大附属が1位通過した。総合1位は培材(ペジェ)、2位が延壽(ヨンス)、3位ソウル大。プール各組2位3チームと変則の6強戦で優勝を争う。
 高校1回戦は富川北高(プチョン)が17-12培材高(ペジェ)を下し2回戦(8強戦)へ。
<高校>
■決勝戦(8月17日17:00-)
◆白新高(ペクシン)-忠北高(チュンブック)

■準決勝戦(15日18:00-)
◆A白新高(ペクシン)45(19-0)12明錫高(ミョンソク)
*白新7T5G、明錫1T1PT
*前半から白新が優位だった。16分にFLチェ・スヨンTで5-0と先制。明錫SH金ムグンがシンビンの間に3分後、WTB11ソップ・ドゥジュンがT、GはCTB12金ジェウォンが成功で12-0。さらに26分にFB金デランがT(G12成功)19-0で折り返した。
 後半も5分PR1チェ・ホヨン、14分NO8アン・ジユンがインゴールへ運び33-0と試合を決めた。明錫は16分ようやくNO8シン・ヒョンスがTすると3分後PTを奪った。しかし白新は21分にPRチェ、30分FB金の連続Tで45-12で終えた。

◆B忠北高(チュンブック)29(12-14)21富川北高(プチョンプク)
*忠北4T3G1PG、富川3T3G
*忠北は前半4分FL7チョン・ソジュンが先制T(GはCTB13金ミン)7-0とする。5分後WTB11李デフィが連続T12-0とする。富川が反撃した12分にFBコ・ヨンチャンがT、GはCTB13金グォンヨンが決めると18分再びFBコで追いつくG金成功で12-14と逆転した。
 後半最初の逆転は忠北。1分FL6チャン・ヒョングンがTラインを越え19-14とした。7分、富川が3度目の逆転だ。SH李ジンウT、Gで19-21に。勝利への気持ちが忠北が上回ったか。11分にHO2朴ハンウンがTで24-21、CTB金がG成功。金は29分にPGを決めて試合を締めくくった。

■2回戦(13日17:00-)
◆A1明錫高(ミョンソク)47(28-0)21天安五城高(オソン)
*明錫7T6G、五城3T3G

◆A2白新高(ペクシン)45(33-5)17大邱商苑高(テグサンノン)
*白新7T5G、大邱3T1G

◆B1忠北高(チュンブック)29(12-3)15慶山高(キョンサン)
*忠北5T2G、慶山2T1G1PG

◆B2/富川北高(プチョンプク)34(10-7)7裡里工業高(イリ)
*富川5T3G1PG、イリ1T1G

■1回戦(11日17:40-)
◆B富川北高(プチョンプク)17-12培材高(ペジェ)

<中学>
■決勝戦(8月12日)
◆培材中33(26-7)17ソウル大附属中
*培材5T4G、ソウル3T1G
*培材9番金ジョンヨン2T

■準決勝戦
◆A培材中10(5-0)5城南西中
*培材2T、城南西1T
*培材8番金ジョンウクの後半Tが決勝点。

◆Bソウル大附属中38(12-7)7延壽中
*ソウル6T4G、ヨンス1T1G
*ソウルが後半4連続Tで決めた。

■T1回戦
◆A城南西中24-12裡里北中(イリ)

◆Bソウル大附属中35-5清州南中

■プール戦
◎A/①延壽中(ヨンス)、②裡里北中(イリ)、③坪里中(ピョンリ)、④天安富城中(プソン)
◆延壽中35-5裡里北中、45-10坪里中、38-0富城中
◆裡里北中25-0坪里中、24-5富城中
◆坪里中17-14富城中

◎B/①培材中(ペジェ)、②清州南中(チョンジュナム)、③大田佳陽中(カヤン)、④一山東中(イルサンドン)
◆培材中40-5清州南中、49-0佳陽中、43-.0一山東中、
◆清州南中20-7佳陽中、29-7一山東中
◆佳陽中19-5一山東中

◎C/①ソウル大附属中、②城南西中(ソンナムソ)、③富坪中(プピョン)
◆ソウル大附属中21-12城南西中、40-0富坪中
◆城南西中36-5富坪中

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
 韓国の中学・高校ラグビー大会「第44回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が8月11日から17日まで開催(江原道丁寧越郡/カンウォンド・ヨンウォルグン)。
 2015年から7人制に変更されたが今年は高校15人、中学12人へ戻った。高校10チーム、中学は7チームが参加。
 
 高校は今季2冠のミョンソク高と1冠ソウル大附属高が2回戦で当たる。勝者が優勝候補だ。
 中学は、2冠延壽中(ヨンス)と養正中(ヤンジョン)か。

☆5日目(8月15日)
 高校準決勝2試合を行った。
 第1試合は富川北高(プチョンプック)と白新高(ペクシン)が対戦。富川が後半の逆転で24(前半7-21)21と3点差の激闘を制した。
 白新が前半をリードした。2分にWTB11金デタンがT、GをSO李ヒグォンが決めて7-0とした。12分に富川はPR3李ジェファンがTラインを越え、GもFBユ・ジホ成功で追いつく。白新は24分にWTB金が2本目のT(G成功)で勝ち越すと24分にはSO李がT、GはCTB13金ジェグォン成功し21-7で折り返した。
 後半、富川は15分にFL7金ヒジュンがT、G成功した(21-14)。2分後にはHO2金ヨンホがファイブポインターで続き21-19と2点差に迫る。そして24分、CTB12金チョルヨンが歓喜の逆転Tを奪い24-21とひっくり返しノーサイド。

 2試合目、今季3冠をかけたミョンソク高は城南西高(ソンナムソ)に14(7-14)26で敗れた。
 先制は城南西。7分にWTBユ・ミンヒョンがTを奪う(GはFBソ・ジョンソン成功。7-0)。ミョンソクは22分にPR1チョ・ミンホがT、GもSOチョン・ジェホが決めて同点へ。城南西は29分、LOシン・ジョンミンT(G成功)で14-7と勝ち越しで後半へ。
 12分にミョンソクはLO5アン・ピョングォンがインゴールへ運んだ。Gはきっちりチョンが決めて再び14-14と同点とした。しかし3分後、城南西がFL7ナム・ドンヒョンがTを奪うと23分にFBソがTとGをあげ試合を決めた。

☆4日目(8月14日)
 中学準決勝2試合を行った。
 今季3冠目を目指した延壽中(ヨンス)は強豪・富川北中(プチョンプック)を27-14で制し王手をかけた。

 ソウル市内の伝統ライバル対決は培材中(ペジェ)が31-19養正中(ヤンジョン)を下した。

☆3日目(8月13日)
 高校2回戦(8強)4試合。富川北高(プチョンプック)は裡里工業高(イリ)を58-0で圧勝。
 白新高(ペクシン)は後半開始、5点差に迫られたが4連続Tで突き放した(41-12五城高)
 事実上の優勝戦、ミョンソク高がソウル大附属高を27-7で制した。
 前半7-7の終盤、ミョンソクはボールを出してゲームを切ることを選択せずにDGで10-7と勝ち越した。
 後半7分、ミョンソクはソウル陣で反則を数度得てPR1がTを奪った。13分にはソウルがタップからアタック、パスをミョンソクはインターセプトしラックへ。出たボールをHO2が走り切った。23分にもソウル陣22M内の右スクラムからNO8が持ち出し右中間へTし試合を決めた。
 ソウルは前半から反則を得るとすぐにタップでアタックを始める。一度は前半19分に同点に追いついた。後半も同じアタックを見せるもノックオンなどで機会を潰した。さらに15分から24分、29分と3人を連続でシンビンで欠いた。
 城南西高(ソンナムソ)は38-17で仁川機械工業高を下した。

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝戦(8月17日)
◆富川北高(プチョンプク)-城南西高(ソンナムソ)

■準決勝戦(15日)
◆A富川北高(プチョンプク)24(7-21)21白新高(ペクシン)
*富川4T2G、白新3T3G

◆Bミョンソク高14(7-14)26城南西高(ソンナムソ)
*ミョンソク2T2G、城南西4T3G

■2回戦(13日)
◆A2富川北高(プチョンプク)58(43-0)0裡里工業高(イリ)
*富川9T5G1D

◆A3白新高(ペクシン)41(17-5)12天安五城高(オソン)
*白新7T3G、五城2T1G

◆B2ミョンソク高27(10-7)7ソウル大附属高
*ミョンソク4T2G1D、ソウル1T1G

◆B3城南西高(ソンナムソ)38(24-0)17仁川機械工業高(インチョンキゴ)
*城南西6T4G、仁川3T1G
■1回戦(11日)
◆A1天安五城高(オソン)44(24-7)35裡里工業高(イリコンゴ)
*五城6T4G1P1D、イリ5T5G

◆B1ミョンソク高29(12-7)14培材高(ペジェ)
*ミョンソク5T2G、培材2T2G

<中学>
■決勝戦(8月16日)
◆延壽中(ヨンス)-培材中(ペジェ)

■準決勝戦(14日)
◆A養正中(ヤンジョン)19(12-19)31培材中(ペジェ)
*養正3T2G、培材5T3G
*後半3分、養正がSH6李ヒョンのTとCTB11李ミョンウGで19-19と追いついた。
しかし、培材が3分後にHO2呉ヘソンがTラインを越え24-19と勝ち越した。呉は11分にも試合を決めるTを奪い31-19で決勝へ。

◆B延壽中(ヨンス)27(22-0)14富川北中(プチョンプク)
*延壽5T1G、富川2T2G
*前半で延壽が決めた。6分にWTB8金ミンテが先制T、12分にはSHコン・ヨンファがTラインを越えた。さらに14分CTB11金コンビン、16分HO2金ミンホと4連続T(1G)で22-0とした。後半も開始1分LO4ムン・イクファンがTし27-0と試合を決めた。富川は14分、25分と2Tを返すにとどまった。

■1回戦(12日)
◆A培材中(ペジェ)20(15-0)14一山東中(イルサンドン)
*培材4T、一山2T2G

◆B1延壽中(ヨンス)不戦勝-坪里中(ピョンリ)棄権
◆B2富川北中(プチョンプク)46(22-0)7城南西高(ソンナムソ)
*富川8T3G、城南西1T1G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2018

高校4強は白新×明錫、富川北×忠北に 18文化観光部大会8/13

<<第45回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
 韓国の中学・高校ラグビー大会「第45回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が8月11日から17日まで開催(全羅南道 禮山郡総合運動場)。
 今年は高校15人、中学7人制で実施する。高校9チーム、中学は11チームが参加。
 
 高校は今季2冠の白新高(ペクシン)が抜けている。
 中学は、11校が11日に3つのプールで予選を行い12日に上位6チームがトーナメントを戦う。
*写真は大韓ラグビー協会FB

☆第3日(8月13日)
 高校2回戦(8強)4試合を行い、15日の準決勝は白新(ペクシン)×明錫(ミョンソク)、富川北(プチョンプック)×忠北(チュンブック)となった。
 白新(ペクシン)×は大邱商苑高(テグサンノン)から前半5T(NO8アン・ジユンのハットトリックT、アンは後半も1Tで計4T)奪い45-17で一蹴した。
 明錫(ミョンソク)も五城高(オソン)に前半4T(NO8シン・ヒョンス2T)で28-0と猛攻。後半も1分にFB朴フィジュンがT、16分NO8アンもTし47-14とした。大邱は21分にSO李ゴンウが2本目のT・Gを自分で奪い47-21とし終えた。
 富川北(プチョンプック)×裡里工業高(イリ)。前半は接戦(富川10-7)。富川が後半37秒に交替したばかりのLO4(21)ピョン・ジェミンがTラインを越えると8分SO金ジョンテ、11分FBウィ・デハンがTで続き制した(34-7)。
 忠北(チュンブック)は慶山高(キョンサン)と対戦。後半15分、17-8からFB金ミンがこの日2T目を奪う(Gも金が成功24-8)。17分に慶山SH李スンヒョンT(G成功)で24-15となるが29分に忠北CTB13金ソンフンが締めのTで終えた(29-15)
 
☆第2日(8月12日)
 中学(7人制)の決勝トーナメントを行った。ベスト6が進出した。決勝は培材中(ペジェ。黒)がソウル大附属中(黒白)を33-17で下し優勝した。
18812pjh33su17

 準決勝で培材(ペジェ)は10-5城南西中(城南西)を10-5の接戦で破った。
18812pj10sns5 
 ソウル大は38-7延壽中(ヨンス)を圧倒した。
18812su38yns7

☆第1日(8月11日)
 中学(7人制)の予選プールを行いAは延壽(ヨンス)がB培材(ペジェ)、Cソウル大附属が1位通過した。総合1位は培材(ペジェ)、2位が延壽(ヨンス)、3位ソウル大。プール各組2位3チームと変則の6強戦で優勝を争う。
 高校1回戦は富川北高(プチョン)が17-12培材高(ペジェ)を下し2回戦(8強戦)へ。
<高校>
■決勝戦(8月17日17:00-)

■準決勝戦(15日18:00-)
◆A白新高(ペクシン)-明錫高(ミョンソク)

◆B富川北高(プチョンプク)-忠北高(チュンブック)

■2回戦(13日17:00-)
◆A1明錫高(ミョンソク)47(28-0)21天安五城高(オソン)
*明錫7T6G、五城3T3G

◆A2白新高(ペクシン)45(33-5)17大邱商苑高(テグサンノン)
*白新7T5G、大邱3T1G

◆B1忠北高(チュンブック)29(12-3)15慶山高(キョンサン)
*忠北5T2G、慶山2T1G1PG

◆B2/富川北高(プチョンプク)34(10-7)7裡里工業高(イリ)
*富川5T3G1PG、イリ1T1G

■1回戦(11日17:40-)
◆B富川北高(プチョンプク)17-12培材高(ペジェ)

<中学>
■決勝戦(8月12日)
◆培材中33(26-7)17ソウル大附属中
*培材5T4G、ソウル3T1G
*培材9番金ジョンヨン2T

■準決勝戦
◆A培材中10(5-0)5城南西中
*培材2T、城南西1T
*培材8番金ジョンウクの後半Tが決勝点。

◆Bソウル大附属中38(12-7)7延壽中
*ソウル6T4G、ヨンス1T1G
*ソウルが後半4連続Tで決めた。

■T1回戦
◆A城南西中24-12裡里北中(イリ)

◆Bソウル大附属中35-5清州南中

■プール戦
◎A/①延壽中(ヨンス)、②裡里北中(イリ)、③坪里中(ピョンリ)、④天安富城中(プソン)
◆延壽中35-5裡里北中、45-10坪里中、38-0富城中
◆裡里北中25-0坪里中、24-5富城中
◆坪里中17-14富城中

◎B/①培材中(ペジェ)、②清州南中(チョンジュナム)、③大田佳陽中(カヤン)、④一山東中(イルサンドン)
◆培材中40-5清州南中、49-0佳陽中、43-.0一山東中、
◆清州南中20-7佳陽中、29-7一山東中
◆佳陽中19-5一山東中

◎C/①ソウル大附属中、②城南西中(ソンナムソ)、③富坪中(プピョン)
◆ソウル大附属中21-12城南西中、40-0富坪中
◆城南西中36-5富坪中

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
 韓国の中学・高校ラグビー大会「第44回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が8月11日から17日まで開催(江原道丁寧越郡/カンウォンド・ヨンウォルグン)。
 2015年から7人制に変更されたが今年は高校15人、中学12人へ戻った。高校10チーム、中学は7チームが参加。
 
 高校は今季2冠のミョンソク高と1冠ソウル大附属高が2回戦で当たる。勝者が優勝候補だ。
 中学は、2冠延壽中(ヨンス)と養正中(ヤンジョン)か。

☆5日目(8月15日)
 高校準決勝2試合を行った。
 第1試合は富川北高(プチョンプック)と白新高(ペクシン)が対戦。富川が後半の逆転で24(前半7-21)21と3点差の激闘を制した。
 白新が前半をリードした。2分にWTB11金デタンがT、GをSO李ヒグォンが決めて7-0とした。12分に富川はPR3李ジェファンがTラインを越え、GもFBユ・ジホ成功で追いつく。白新は24分にWTB金が2本目のT(G成功)で勝ち越すと24分にはSO李がT、GはCTB13金ジェグォン成功し21-7で折り返した。
 後半、富川は15分にFL7金ヒジュンがT、G成功した(21-14)。2分後にはHO2金ヨンホがファイブポインターで続き21-19と2点差に迫る。そして24分、CTB12金チョルヨンが歓喜の逆転Tを奪い24-21とひっくり返しノーサイド。

 2試合目、今季3冠をかけたミョンソク高は城南西高(ソンナムソ)に14(7-14)26で敗れた。
 先制は城南西。7分にWTBユ・ミンヒョンがTを奪う(GはFBソ・ジョンソン成功。7-0)。ミョンソクは22分にPR1チョ・ミンホがT、GもSOチョン・ジェホが決めて同点へ。城南西は29分、LOシン・ジョンミンT(G成功)で14-7と勝ち越しで後半へ。
 12分にミョンソクはLO5アン・ピョングォンがインゴールへ運んだ。Gはきっちりチョンが決めて再び14-14と同点とした。しかし3分後、城南西がFL7ナム・ドンヒョンがTを奪うと23分にFBソがTとGをあげ試合を決めた。

☆4日目(8月14日)
 中学準決勝2試合を行った。
 今季3冠目を目指した延壽中(ヨンス)は強豪・富川北中(プチョンプック)を27-14で制し王手をかけた。

 ソウル市内の伝統ライバル対決は培材中(ペジェ)が31-19養正中(ヤンジョン)を下した。

☆3日目(8月13日)
 高校2回戦(8強)4試合。富川北高(プチョンプック)は裡里工業高(イリ)を58-0で圧勝。
 白新高(ペクシン)は後半開始、5点差に迫られたが4連続Tで突き放した(41-12五城高)
 事実上の優勝戦、ミョンソク高がソウル大附属高を27-7で制した。
 前半7-7の終盤、ミョンソクはボールを出してゲームを切ることを選択せずにDGで10-7と勝ち越した。
 後半7分、ミョンソクはソウル陣で反則を数度得てPR1がTを奪った。13分にはソウルがタップからアタック、パスをミョンソクはインターセプトしラックへ。出たボールをHO2が走り切った。23分にもソウル陣22M内の右スクラムからNO8が持ち出し右中間へTし試合を決めた。
 ソウルは前半から反則を得るとすぐにタップでアタックを始める。一度は前半19分に同点に追いついた。後半も同じアタックを見せるもノックオンなどで機会を潰した。さらに15分から24分、29分と3人を連続でシンビンで欠いた。
 城南西高(ソンナムソ)は38-17で仁川機械工業高を下した。

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝戦(8月17日)
◆富川北高(プチョンプク)-城南西高(ソンナムソ)

■準決勝戦(15日)
◆A富川北高(プチョンプク)24(7-21)21白新高(ペクシン)
*富川4T2G、白新3T3G

◆Bミョンソク高14(7-14)26城南西高(ソンナムソ)
*ミョンソク2T2G、城南西4T3G

■2回戦(13日)
◆A2富川北高(プチョンプク)58(43-0)0裡里工業高(イリ)
*富川9T5G1D

◆A3白新高(ペクシン)41(17-5)12天安五城高(オソン)
*白新7T3G、五城2T1G

◆B2ミョンソク高27(10-7)7ソウル大附属高
*ミョンソク4T2G1D、ソウル1T1G

◆B3城南西高(ソンナムソ)38(24-0)17仁川機械工業高(インチョンキゴ)
*城南西6T4G、仁川3T1G
■1回戦(11日)
◆A1天安五城高(オソン)44(24-7)35裡里工業高(イリコンゴ)
*五城6T4G1P1D、イリ5T5G

◆B1ミョンソク高29(12-7)14培材高(ペジェ)
*ミョンソク5T2G、培材2T2G

<中学>
■決勝戦(8月16日)
◆延壽中(ヨンス)-培材中(ペジェ)

■準決勝戦(14日)
◆A養正中(ヤンジョン)19(12-19)31培材中(ペジェ)
*養正3T2G、培材5T3G
*後半3分、養正がSH6李ヒョンのTとCTB11李ミョンウGで19-19と追いついた。
しかし、培材が3分後にHO2呉ヘソンがTラインを越え24-19と勝ち越した。呉は11分にも試合を決めるTを奪い31-19で決勝へ。

◆B延壽中(ヨンス)27(22-0)14富川北中(プチョンプク)
*延壽5T1G、富川2T2G
*前半で延壽が決めた。6分にWTB8金ミンテが先制T、12分にはSHコン・ヨンファがTラインを越えた。さらに14分CTB11金コンビン、16分HO2金ミンホと4連続T(1G)で22-0とした。後半も開始1分LO4ムン・イクファンがTし27-0と試合を決めた。富川は14分、25分と2Tを返すにとどまった。

■1回戦(12日)
◆A培材中(ペジェ)20(15-0)14一山東中(イルサンドン)
*培材4T、一山2T2G

◆B1延壽中(ヨンス)不戦勝-坪里中(ピョンリ)棄権
◆B2富川北中(プチョンプク)46(22-0)7城南西高(ソンナムソ)
*富川8T3G、城南西1T1G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2018

中学7人制、培材中(ペジェ)が33-17ソウル大下し優勝 18文化観光部大会8/12

<<第45回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
 韓国の中学・高校ラグビー大会「第45回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が8月11日から17日まで開催(全羅南道 禮山郡総合運動場)。
 今年は高校15人、中学7人制で実施する。高校9チーム、中学は11チームが参加。
 
 高校は今季2冠の白新高(ペクシン)が抜けている。
 中学は、11校が11日に3つのプールで予選を行い12日に上位6チームがトーナメントを戦う。
*写真は大韓ラグビー協会FB
☆第2日(8月12日)
 中学(7人制)の決勝トーナメントを行った。ベスト6が進出した。決勝は培材中(ペジェ。黒)がソウル大附属中(黒白)を33-17で下し優勝した。
18812pjh33su17

 準決勝で培材(ペジェ)は10-5城南西中(城南西)を10-5の接戦で破った。
18812pj10sns5 
 ソウル大は38-7延壽中(ヨンス)を圧倒した。
18812su38yns7

☆第1日(8月11日)
 中学(7人制)の予選プールを行いAは延壽(ヨンス)がB培材(ペジェ)、Cソウル大附属が1位通過した。総合1位は培材(ペジェ)、2位が延壽(ヨンス)、3位ソウル大。プール各組2位3チームと変則の6強戦で優勝を争う。
 高校1回戦は富川北高(プチョン)が17-12培材高(ペジェ)を下し2回戦(8強戦)へ。
<高校>
■決勝戦(8月17日17:00-)

■準決勝戦(15日18:00-)
◆A

◆B

■2回戦(13日17:00-)
◆A1明錫高(ミョンソク)-天安五城高(オソン)

◆A2大邱商苑高(テグサンノン)-白新高(ペクシン)

◆B1慶山高(キョンサン)-忠北高(チュンブック)

◆B2/富川北高(プチョンプク)-裡里工業高(イリ)

■1回戦(11日17:40-)
◆B富川北高(プチョンプク)17-12培材高(ペジェ)

<中学>
■決勝戦(8月12日)
◆培材中33(26-7)17ソウル大附属中
*培材5T4G、ソウル3T1G
*培材9番金ジョンヨン2T

■準決勝戦
◆A培材中10(5-0)5城南西中
*培材2T、城南西1T
*培材8番金ジョンウクの後半Tが決勝点。

◆Bソウル大附属中38(12-7)7延壽中
*ソウル6T4G、ヨンス1T1G
*ソウルが後半4連続Tで決めた。

■T1回戦
◆A城南西中24-12裡里北中(イリ)

◆Bソウル大附属中35-5清州南中

■プール戦
◎A/①延壽中(ヨンス)、②裡里北中(イリ)、③坪里中(ピョンリ)、④天安富城中(プソン)
◆延壽中35-5裡里北中、45-10坪里中、38-0富城中
◆裡里北中25-0坪里中、24-5富城中
◆坪里中17-14富城中

◎B/①培材中(ペジェ)、②清州南中(チョンジュナム)、③大田佳陽中(カヤン)、④一山東中(イルサンドン)
◆培材中40-5清州南中、49-0佳陽中、43-.0一山東中、
◆清州南中20-7佳陽中、29-7一山東中
◆佳陽中19-5一山東中

◎C/①ソウル大附属中、②城南西中(ソンナムソ)、③富坪中(プピョン)
◆ソウル大附属中21-12城南西中、40-0富坪中
◆城南西中36-5富坪中

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
 韓国の中学・高校ラグビー大会「第44回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が8月11日から17日まで開催(江原道丁寧越郡/カンウォンド・ヨンウォルグン)。
 2015年から7人制に変更されたが今年は高校15人、中学12人へ戻った。高校10チーム、中学は7チームが参加。
 
 高校は今季2冠のミョンソク高と1冠ソウル大附属高が2回戦で当たる。勝者が優勝候補だ。
 中学は、2冠延壽中(ヨンス)と養正中(ヤンジョン)か。

☆5日目(8月15日)
 高校準決勝2試合を行った。
 第1試合は富川北高(プチョンプック)と白新高(ペクシン)が対戦。富川が後半の逆転で24(前半7-21)21と3点差の激闘を制した。
 白新が前半をリードした。2分にWTB11金デタンがT、GをSO李ヒグォンが決めて7-0とした。12分に富川はPR3李ジェファンがTラインを越え、GもFBユ・ジホ成功で追いつく。白新は24分にWTB金が2本目のT(G成功)で勝ち越すと24分にはSO李がT、GはCTB13金ジェグォン成功し21-7で折り返した。
 後半、富川は15分にFL7金ヒジュンがT、G成功した(21-14)。2分後にはHO2金ヨンホがファイブポインターで続き21-19と2点差に迫る。そして24分、CTB12金チョルヨンが歓喜の逆転Tを奪い24-21とひっくり返しノーサイド。

 2試合目、今季3冠をかけたミョンソク高は城南西高(ソンナムソ)に14(7-14)26で敗れた。
 先制は城南西。7分にWTBユ・ミンヒョンがTを奪う(GはFBソ・ジョンソン成功。7-0)。ミョンソクは22分にPR1チョ・ミンホがT、GもSOチョン・ジェホが決めて同点へ。城南西は29分、LOシン・ジョンミンT(G成功)で14-7と勝ち越しで後半へ。
 12分にミョンソクはLO5アン・ピョングォンがインゴールへ運んだ。Gはきっちりチョンが決めて再び14-14と同点とした。しかし3分後、城南西がFL7ナム・ドンヒョンがTを奪うと23分にFBソがTとGをあげ試合を決めた。

☆4日目(8月14日)
 中学準決勝2試合を行った。
 今季3冠目を目指した延壽中(ヨンス)は強豪・富川北中(プチョンプック)を27-14で制し王手をかけた。

 ソウル市内の伝統ライバル対決は培材中(ペジェ)が31-19養正中(ヤンジョン)を下した。

☆3日目(8月13日)
 高校2回戦(8強)4試合。富川北高(プチョンプック)は裡里工業高(イリ)を58-0で圧勝。
 白新高(ペクシン)は後半開始、5点差に迫られたが4連続Tで突き放した(41-12五城高)
 事実上の優勝戦、ミョンソク高がソウル大附属高を27-7で制した。
 前半7-7の終盤、ミョンソクはボールを出してゲームを切ることを選択せずにDGで10-7と勝ち越した。
 後半7分、ミョンソクはソウル陣で反則を数度得てPR1がTを奪った。13分にはソウルがタップからアタック、パスをミョンソクはインターセプトしラックへ。出たボールをHO2が走り切った。23分にもソウル陣22M内の右スクラムからNO8が持ち出し右中間へTし試合を決めた。
 ソウルは前半から反則を得るとすぐにタップでアタックを始める。一度は前半19分に同点に追いついた。後半も同じアタックを見せるもノックオンなどで機会を潰した。さらに15分から24分、29分と3人を連続でシンビンで欠いた。
 城南西高(ソンナムソ)は38-17で仁川機械工業高を下した。

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝戦(8月17日)
◆富川北高(プチョンプク)-城南西高(ソンナムソ)

■準決勝戦(15日)
◆A富川北高(プチョンプク)24(7-21)21白新高(ペクシン)
*富川4T2G、白新3T3G

◆Bミョンソク高14(7-14)26城南西高(ソンナムソ)
*ミョンソク2T2G、城南西4T3G

■2回戦(13日)
◆A2富川北高(プチョンプク)58(43-0)0裡里工業高(イリ)
*富川9T5G1D

◆A3白新高(ペクシン)41(17-5)12天安五城高(オソン)
*白新7T3G、五城2T1G

◆B2ミョンソク高27(10-7)7ソウル大附属高
*ミョンソク4T2G1D、ソウル1T1G

◆B3城南西高(ソンナムソ)38(24-0)17仁川機械工業高(インチョンキゴ)
*城南西6T4G、仁川3T1G
■1回戦(11日)
◆A1天安五城高(オソン)44(24-7)35裡里工業高(イリコンゴ)
*五城6T4G1P1D、イリ5T5G

◆B1ミョンソク高29(12-7)14培材高(ペジェ)
*ミョンソク5T2G、培材2T2G

<中学>
■決勝戦(8月16日)
◆延壽中(ヨンス)-培材中(ペジェ)

■準決勝戦(14日)
◆A養正中(ヤンジョン)19(12-19)31培材中(ペジェ)
*養正3T2G、培材5T3G
*後半3分、養正がSH6李ヒョンのTとCTB11李ミョンウGで19-19と追いついた。
しかし、培材が3分後にHO2呉ヘソンがTラインを越え24-19と勝ち越した。呉は11分にも試合を決めるTを奪い31-19で決勝へ。

◆B延壽中(ヨンス)27(22-0)14富川北中(プチョンプク)
*延壽5T1G、富川2T2G
*前半で延壽が決めた。6分にWTB8金ミンテが先制T、12分にはSHコン・ヨンファがTラインを越えた。さらに14分CTB11金コンビン、16分HO2金ミンホと4連続T(1G)で22-0とした。後半も開始1分LO4ムン・イクファンがTし27-0と試合を決めた。富川は14分、25分と2Tを返すにとどまった。

■1回戦(12日)
◆A培材中(ペジェ)20(15-0)14一山東中(イルサンドン)
*培材4T、一山2T2G

◆B1延壽中(ヨンス)不戦勝-坪里中(ピョンリ)棄権
◆B2富川北中(プチョンプク)46(22-0)7城南西高(ソンナムソ)
*富川8T3G、城南西1T1G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2018

中学7人制は培材(ペジェ)、延壽(ヨンス)が1-2位通過。18文化観光部大会

<<第45回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
 韓国の中学・高校ラグビー大会「第45回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が8月11日から17日まで開催(全羅南道 禮山郡総合運動場)。
 今年は高校15人、中学7人制で実施する。高校9チーム、中学は11チームが参加。
 
 高校は今季2冠の白新高(ペクシン)が抜けている。
 中学は、11校が11日に3つのプールで予選を行い12日に上位6チームがトーナメントを戦う。

☆第1日(8月11日)
 中学(7人制)の予選プールを行いAは延壽(ヨンス)がB培材(ペジェ)、Cソウル大附属が1位通過した。総合1位は培材(ペジェ)、2位が延壽(ヨンス)、3位ソウル大。プール各組2位3チームと変則の6強戦で優勝を争う。
 高校1回戦は富川北高(プチョン)が17-12培材高(ペジェ)を下し2回戦(8強戦)へ。
<高校>
■決勝戦(8月17日17:00-)

■準決勝戦(15日18:00-)
◆A

◆B

■2回戦(13日17:00-)
◆A1明錫高(ミョンソク)-天安五城高(オソン)

◆A2大邱商苑高(テグサンノン)-白新高(ペクシン)

◆B1慶山高(キョンサン)-忠北高(チュンブック)

◆B2/富川北高(プチョンプク)-裡里工業高(イリ)

■1回戦(11日17:40-)
◆B富川北高(プチョンプク)17-12培材高(ペジェ)

<中学>
■決勝戦(8月12日)

■準決勝戦
◆A培材中-城南西中

◆B延壽中-ソウル大附属中

■T1回戦
◆A城南西中24-12裡里北中(イリ)

◆Bソウル大附属中35-5清州南中

■プール戦
◎A/①延壽中(ヨンス)、②裡里北中(イリ)、③坪里中(ピョンリ)、④天安富城中(プソン)
◆延壽中35-5裡里北中、45-10坪里中、38-0富城中
◆裡里北中25-0坪里中、24-5富城中
◆坪里中17-14富城中

◎B/①培材中(ペジェ)、②清州南中(チョンジュナム)、③大田佳陽中(カヤン)、④一山東中(イルサンドン)
◆培材中40-5清州南中、49-0佳陽中、43-.0一山東中、
◆清州南中20-7佳陽中、29-7一山東中
◆佳陽中19-5一山東中

◎C/①ソウル大附属中、②城南西中(ソンナムソ)、③富坪中(プピョン)
◆ソウル大附属中21-12城南西中、40-0富坪中
◆城南西中36-5富坪中

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
 韓国の中学・高校ラグビー大会「第44回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が8月11日から17日まで開催(江原道丁寧越郡/カンウォンド・ヨンウォルグン)。
 2015年から7人制に変更されたが今年は高校15人、中学12人へ戻った。高校10チーム、中学は7チームが参加。
 
 高校は今季2冠のミョンソク高と1冠ソウル大附属高が2回戦で当たる。勝者が優勝候補だ。
 中学は、2冠延壽中(ヨンス)と養正中(ヤンジョン)か。

☆5日目(8月15日)
 高校準決勝2試合を行った。
 第1試合は富川北高(プチョンプック)と白新高(ペクシン)が対戦。富川が後半の逆転で24(前半7-21)21と3点差の激闘を制した。
 白新が前半をリードした。2分にWTB11金デタンがT、GをSO李ヒグォンが決めて7-0とした。12分に富川はPR3李ジェファンがTラインを越え、GもFBユ・ジホ成功で追いつく。白新は24分にWTB金が2本目のT(G成功)で勝ち越すと24分にはSO李がT、GはCTB13金ジェグォン成功し21-7で折り返した。
 後半、富川は15分にFL7金ヒジュンがT、G成功した(21-14)。2分後にはHO2金ヨンホがファイブポインターで続き21-19と2点差に迫る。そして24分、CTB12金チョルヨンが歓喜の逆転Tを奪い24-21とひっくり返しノーサイド。

 2試合目、今季3冠をかけたミョンソク高は城南西高(ソンナムソ)に14(7-14)26で敗れた。
 先制は城南西。7分にWTBユ・ミンヒョンがTを奪う(GはFBソ・ジョンソン成功。7-0)。ミョンソクは22分にPR1チョ・ミンホがT、GもSOチョン・ジェホが決めて同点へ。城南西は29分、LOシン・ジョンミンT(G成功)で14-7と勝ち越しで後半へ。
 12分にミョンソクはLO5アン・ピョングォンがインゴールへ運んだ。Gはきっちりチョンが決めて再び14-14と同点とした。しかし3分後、城南西がFL7ナム・ドンヒョンがTを奪うと23分にFBソがTとGをあげ試合を決めた。

☆4日目(8月14日)
 中学準決勝2試合を行った。
 今季3冠目を目指した延壽中(ヨンス)は強豪・富川北中(プチョンプック)を27-14で制し王手をかけた。

 ソウル市内の伝統ライバル対決は培材中(ペジェ)が31-19養正中(ヤンジョン)を下した。

☆3日目(8月13日)
 高校2回戦(8強)4試合。富川北高(プチョンプック)は裡里工業高(イリ)を58-0で圧勝。
 白新高(ペクシン)は後半開始、5点差に迫られたが4連続Tで突き放した(41-12五城高)
 事実上の優勝戦、ミョンソク高がソウル大附属高を27-7で制した。
 前半7-7の終盤、ミョンソクはボールを出してゲームを切ることを選択せずにDGで10-7と勝ち越した。
 後半7分、ミョンソクはソウル陣で反則を数度得てPR1がTを奪った。13分にはソウルがタップからアタック、パスをミョンソクはインターセプトしラックへ。出たボールをHO2が走り切った。23分にもソウル陣22M内の右スクラムからNO8が持ち出し右中間へTし試合を決めた。
 ソウルは前半から反則を得るとすぐにタップでアタックを始める。一度は前半19分に同点に追いついた。後半も同じアタックを見せるもノックオンなどで機会を潰した。さらに15分から24分、29分と3人を連続でシンビンで欠いた。
 城南西高(ソンナムソ)は38-17で仁川機械工業高を下した。

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝戦(8月17日)
◆富川北高(プチョンプク)-城南西高(ソンナムソ)

■準決勝戦(15日)
◆A富川北高(プチョンプク)24(7-21)21白新高(ペクシン)
*富川4T2G、白新3T3G

◆Bミョンソク高14(7-14)26城南西高(ソンナムソ)
*ミョンソク2T2G、城南西4T3G

■2回戦(13日)
◆A2富川北高(プチョンプク)58(43-0)0裡里工業高(イリ)
*富川9T5G1D

◆A3白新高(ペクシン)41(17-5)12天安五城高(オソン)
*白新7T3G、五城2T1G

◆B2ミョンソク高27(10-7)7ソウル大附属高
*ミョンソク4T2G1D、ソウル1T1G

◆B3城南西高(ソンナムソ)38(24-0)17仁川機械工業高(インチョンキゴ)
*城南西6T4G、仁川3T1G
■1回戦(11日)
◆A1天安五城高(オソン)44(24-7)35裡里工業高(イリコンゴ)
*五城6T4G1P1D、イリ5T5G

◆B1ミョンソク高29(12-7)14培材高(ペジェ)
*ミョンソク5T2G、培材2T2G

<中学>
■決勝戦(8月16日)
◆延壽中(ヨンス)-培材中(ペジェ)

■準決勝戦(14日)
◆A養正中(ヤンジョン)19(12-19)31培材中(ペジェ)
*養正3T2G、培材5T3G
*後半3分、養正がSH6李ヒョンのTとCTB11李ミョンウGで19-19と追いついた。
しかし、培材が3分後にHO2呉ヘソンがTラインを越え24-19と勝ち越した。呉は11分にも試合を決めるTを奪い31-19で決勝へ。

◆B延壽中(ヨンス)27(22-0)14富川北中(プチョンプク)
*延壽5T1G、富川2T2G
*前半で延壽が決めた。6分にWTB8金ミンテが先制T、12分にはSHコン・ヨンファがTラインを越えた。さらに14分CTB11金コンビン、16分HO2金ミンホと4連続T(1G)で22-0とした。後半も開始1分LO4ムン・イクファンがTし27-0と試合を決めた。富川は14分、25分と2Tを返すにとどまった。

■1回戦(12日)
◆A培材中(ペジェ)20(15-0)14一山東中(イルサンドン)
*培材4T、一山2T2G

◆B1延壽中(ヨンス)不戦勝-坪里中(ピョンリ)棄権
◆B2富川北中(プチョンプク)46(22-0)7城南西高(ソンナムソ)
*富川8T3G、城南西1T1G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

U20韓国男子2位で終える 地元・香港5-0でV 18アジアセブンズU20香港大会

「2018アジアラグビーU20セブンズ香港大会」が2018年8月10-11日、香港キングスパークで開催された。

男子は8カ国、女子5カ国が参加した。男子は香港、女子は中国が優勝!
*写真(ARFUWEB)
18811u20mhkn
18811u20china

*以下写真は大韓RUGBY協会WEB
18811u20sevens

<<2018アジアラグビーU20セブンズ香港大会/男子>>
アジア連盟WEB
男子は2日目のカップ決勝戦で香港が5-0の接戦で韓国を下し優勝した。
予選プールAでも香港は19-5と韓国に勝ち1位通過していた。
韓国は予選初戦で22-19マレーシア、5-19香港、40-14タイと2勝1敗で2位通過。
18810u20kr
カップ準決勝でB1位のスリランカを22-17で制し決勝へ進んだ。
3位はスリランカ26-12シンガポール。
5位(プレート)台湾33-17タイ。

<トーナメント>
■カップ決勝(8/11)
◆香港5-0韓国

■3位(8/11)
◆スリランカ26-12シンガポール

■準決勝(8/11)
◆香港19-0シンガポール
◆韓国22-17スリランカ

■5位(プレート、8/11)
◆台湾33-17タイ

■7位(8/11)
◆中国24-14マレーシア

■5-8位(8/11)
◆台湾26-12マレーシア
◆タイ15-7中国

<プール8/10-8/11>
■A①香港、②韓国、③タイ、④マレーシア
◆香港19-5韓国、33-0タイ、36-0マレーシア
◆韓国40-14タイ、22-19マレーシア
◆タイ21-55マレーシア

■B①スリランカ、②シンガポール、③台湾、④中国
◆スリランカ22-12シンガポール、38-15台湾、26-14中国
◆シンガポール19-5台湾、24-14中国
◆台湾14-7中国

<2018U20セブンズ韓国代表>
18810u20krea
◎監督:金グックソン(尚武コーチ、85/11/15、前流経大コーチ)
◎コーチ:朴ウンソク(培材高、79/8/7)
◎トレーナー:李チャンハン(大韓ラグビー協会、96/5/28)
◎選手(12名)
*チェ・ソンドク(慶煕大(キョンヒ)、99/5/31)
*シン・ヒョンソン(延世大98/9/12)
*金フィウン(慶煕大(キョンヒ)、98/9/15)
*李ゴン(延世大、98/8/28)
*コ・スンジェ(延世大、98/11/20)
*金ドンヒョク(慶煕大(キョンヒ)、99/3/31)
*朴ギョンテク(延世大、98/9/30)
*チョン・ジョフン(延世大、98/11/9)
*ユ・ミンヒョン(延世大、99/10/4)
*カン・ギョンス(檀国大、99/2/5)
*チョン・ヨンフン(ソウル大、99/5/2)
*金ヒョンヨン(高麗大、99/7/24)

<<2018アジアラグビーU20セブンズ香港大会/女子>>
アジア連盟WEB
 女子は中国が5試合153得点失点ゼロの圧倒的な力で優勝した。
 決勝は2位通過の香港を33-0、予選(28-0)同様に寄せ付けなかった。
 中国は予選4試合で120得点、失点ゼロだった。
<トーナメント8/11>
■決勝(8/11)
◆中国33-0香港

■3位(8/11)
◆タイ19-0シンガポール

<プール8/10-811>
■①中国(4-0)、②香港(3-1)、③タイ(2-2)、④シンガポール(1-3)、⑤マレーシア(0-4)
◆中国28-0香港、14-0タイ、38-0シンガポール、40-0マレーシア
◆香港20-5タイ、29-7シンガポール、15-0マレーシア
◆タイ5-0シンガポール、10-5マレーシア
◆シンガポール17-5マレーシア

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2018

白新高が今季3冠目指す 2018第45回文化観光部長官旗中高大会

<<第45回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
 韓国の中学・高校ラグビー大会「第45回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が8月11日から17日まで開催(全羅南道 禮山郡総合運動場)。
 今年は高校15人、中学7人制で実施する。高校9チーム、中学は11チームが参加。
 
 高校は今季2冠の白新高(ペクシン)が抜けている。
 中学は、11校が11日に3つのプールで予選を行い12日に上位6チームがトーナメントを戦う。

<高校>
■決勝戦(8月17日17:00-)

■準決勝戦(15日18:00-)
◆A

◆B

■2回戦(13日17:00-)
◆A1明錫高(ミョンソク)-天安五城高(オソン)

58(43-0)0
*富川9T5G1D

◆A2大邱商苑高(テグサンノン)-白新高(ペクシン)

◆B1慶山高(キョンサン)-忠北高(チュンブック)

◆B2/1回戦勝者-裡里工業高(イリ)

■1回戦(11日17:40-)
◆B富川北高(プチョンプク)-培材高(ペジェ)

<中学>
■決勝戦(8月12日)

■準決勝戦
◆A予選P1位(勝点1位)-T1回戦勝者

◆B予選P1位(勝点2位)-T1回戦勝者

■T1回戦
◆A予選P2位(勝点1位)-P2位(勝点2位)

◆B予選P1位(勝点3位)-P2位(勝点3位)

■プール戦
◎A/坪里中(ピョンリ)、天安富城中(プソン)、延壽中(ヨンス)、裡里北中(イリ)
◆坪里中、富城中、延壽中、裡里北中
◆富城中、延壽中、裡里北中
◆延壽中、裡里北中

◎B/培材中(ペジェ)、清州南中(チョンジュナム)、一山東中(イルサンドン)、大田佳陽中(カヤン)
◆培材中、清州南中、一山東中、佳陽中
◆清州南中、一山東中、佳陽中
◆一山東中、佳陽中

◎C/ソウル大附属中、城南西中(ソンナムソ)、富坪中(プピョン)
◆ソウル大附属中、城南西中、富坪中
◆城南西中、富坪中

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
 韓国の中学・高校ラグビー大会「第44回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が8月11日から17日まで開催(江原道丁寧越郡/カンウォンド・ヨンウォルグン)。
 2015年から7人制に変更されたが今年は高校15人、中学12人へ戻った。高校10チーム、中学は7チームが参加。
 
 高校は今季2冠のミョンソク高と1冠ソウル大附属高が2回戦で当たる。勝者が優勝候補だ。
 中学は、2冠延壽中(ヨンス)と養正中(ヤンジョン)か。

☆5日目(8月15日)
 高校準決勝2試合を行った。
 第1試合は富川北高(プチョンプック)と白新高(ペクシン)が対戦。富川が後半の逆転で24(前半7-21)21と3点差の激闘を制した。
 白新が前半をリードした。2分にWTB11金デタンがT、GをSO李ヒグォンが決めて7-0とした。12分に富川はPR3李ジェファンがTラインを越え、GもFBユ・ジホ成功で追いつく。白新は24分にWTB金が2本目のT(G成功)で勝ち越すと24分にはSO李がT、GはCTB13金ジェグォン成功し21-7で折り返した。
 後半、富川は15分にFL7金ヒジュンがT、G成功した(21-14)。2分後にはHO2金ヨンホがファイブポインターで続き21-19と2点差に迫る。そして24分、CTB12金チョルヨンが歓喜の逆転Tを奪い24-21とひっくり返しノーサイド。

 2試合目、今季3冠をかけたミョンソク高は城南西高(ソンナムソ)に14(7-14)26で敗れた。
 先制は城南西。7分にWTBユ・ミンヒョンがTを奪う(GはFBソ・ジョンソン成功。7-0)。ミョンソクは22分にPR1チョ・ミンホがT、GもSOチョン・ジェホが決めて同点へ。城南西は29分、LOシン・ジョンミンT(G成功)で14-7と勝ち越しで後半へ。
 12分にミョンソクはLO5アン・ピョングォンがインゴールへ運んだ。Gはきっちりチョンが決めて再び14-14と同点とした。しかし3分後、城南西がFL7ナム・ドンヒョンがTを奪うと23分にFBソがTとGをあげ試合を決めた。

☆4日目(8月14日)
 中学準決勝2試合を行った。
 今季3冠目を目指した延壽中(ヨンス)は強豪・富川北中(プチョンプック)を27-14で制し王手をかけた。

 ソウル市内の伝統ライバル対決は培材中(ペジェ)が31-19養正中(ヤンジョン)を下した。

☆3日目(8月13日)
 高校2回戦(8強)4試合。富川北高(プチョンプック)は裡里工業高(イリ)を58-0で圧勝。
 白新高(ペクシン)は後半開始、5点差に迫られたが4連続Tで突き放した(41-12五城高)
 事実上の優勝戦、ミョンソク高がソウル大附属高を27-7で制した。
 前半7-7の終盤、ミョンソクはボールを出してゲームを切ることを選択せずにDGで10-7と勝ち越した。
 後半7分、ミョンソクはソウル陣で反則を数度得てPR1がTを奪った。13分にはソウルがタップからアタック、パスをミョンソクはインターセプトしラックへ。出たボールをHO2が走り切った。23分にもソウル陣22M内の右スクラムからNO8が持ち出し右中間へTし試合を決めた。
 ソウルは前半から反則を得るとすぐにタップでアタックを始める。一度は前半19分に同点に追いついた。後半も同じアタックを見せるもノックオンなどで機会を潰した。さらに15分から24分、29分と3人を連続でシンビンで欠いた。
 城南西高(ソンナムソ)は38-17で仁川機械工業高を下した。

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝戦(8月17日)
◆富川北高(プチョンプク)-城南西高(ソンナムソ)

■準決勝戦(15日)
◆A富川北高(プチョンプク)24(7-21)21白新高(ペクシン)
*富川4T2G、白新3T3G

◆Bミョンソク高14(7-14)26城南西高(ソンナムソ)
*ミョンソク2T2G、城南西4T3G

■2回戦(13日)
◆A2富川北高(プチョンプク)58(43-0)0裡里工業高(イリ)
*富川9T5G1D

◆A3白新高(ペクシン)41(17-5)12天安五城高(オソン)
*白新7T3G、五城2T1G

◆B2ミョンソク高27(10-7)7ソウル大附属高
*ミョンソク4T2G1D、ソウル1T1G

◆B3城南西高(ソンナムソ)38(24-0)17仁川機械工業高(インチョンキゴ)
*城南西6T4G、仁川3T1G
■1回戦(11日)
◆A1天安五城高(オソン)44(24-7)35裡里工業高(イリコンゴ)
*五城6T4G1P1D、イリ5T5G

◆B1ミョンソク高29(12-7)14培材高(ペジェ)
*ミョンソク5T2G、培材2T2G

<中学>
■決勝戦(8月16日)
◆延壽中(ヨンス)-培材中(ペジェ)

■準決勝戦(14日)
◆A養正中(ヤンジョン)19(12-19)31培材中(ペジェ)
*養正3T2G、培材5T3G
*後半3分、養正がSH6李ヒョンのTとCTB11李ミョンウGで19-19と追いついた。
しかし、培材が3分後にHO2呉ヘソンがTラインを越え24-19と勝ち越した。呉は11分にも試合を決めるTを奪い31-19で決勝へ。

◆B延壽中(ヨンス)27(22-0)14富川北中(プチョンプク)
*延壽5T1G、富川2T2G
*前半で延壽が決めた。6分にWTB8金ミンテが先制T、12分にはSHコン・ヨンファがTラインを越えた。さらに14分CTB11金コンビン、16分HO2金ミンホと4連続T(1G)で22-0とした。後半も開始1分LO4ムン・イクファンがTし27-0と試合を決めた。富川は14分、25分と2Tを返すにとどまった。

■1回戦(12日)
◆A培材中(ペジェ)20(15-0)14一山東中(イルサンドン)
*培材4T、一山2T2G

◆B1延壽中(ヨンス)不戦勝-坪里中(ピョンリ)棄権
◆B2富川北中(プチョンプク)46(22-0)7城南西高(ソンナムソ)
*富川8T3G、城南西1T1G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2018

クルセイダーズ連覇9度目V勝ちとる 2018SR決勝戦

Dscf8442

 世界最高のラグビーリーグSR(スーパーラグビー)2018シーズンが2月17日からのシーズンを終えた。
 今年は南ア、NZ、豪州地区で各5チーム計15チームが覇権を争った。
 決勝戦はNZ1位(総合1位)のクルセイダーズが南ア1位ライオンズを37-18で下し2連覇9度目の栄冠をつかんだ。
 サンウルブズ(SW)は3年目、南アから豪州地区へ移った。
<<2018SR>>
<NZ>
①クルセイダーズ61、④ハリケーンズ51、⑤チーフス49、⑥ハイランダーズ44、ブルーズ22

<南ア>
②ライオンズ46、⑦ジャガーズ38、⑧シャークス36(得失-5)、ストーマーズ29、ブルズ29、

<豪州>
③ワラターズ44、レベルズ36(得失-21)、ブランビーズ30、レッズ28、SW14

☆プレーオフ(決勝、2018年8月4日)
 クルセイダーズが負けない戦い叩き込む攻撃を見せ37(20-6)18でライオンズを寄せ付けなかった。
 試合は前半開始からライオンズがクルセイダーズ陣で進めるも点を奪えない展開、それでも前半13分にSO
ヤンチースPGで先制した(0-3)。しかしクルセイダーズはリスタートからライオンズ陣へようやく入ると16分にSOモーウンガがPGを返し同点。さらに3分後に右WTBタマニバルが右隅にTすると(G成功)、さらに1PG1T1G加え20-3とした。
 後半13分、ライオンズがFL7ブリンクTで23-13と迫る。7分後敵陣10M左でPKを得る。得意のラインアウト-モールもこの日はクルセイダーズに止められておりPGを選択した。WTBコンプリンクが右足から蹴ったボールは左に大きくそれた。敵のミスを見逃さないクルセイダーズ。手にしたボール、自陣からじわじわと攻め続け交代で入ったSHドラモンドが5ポインターとなった(G決まり30-13)。その後はお互い1T奪いノーサイドに。
 SRチームで1試合平均TO数ベスト1のライオンズはこの日全くTOできないでいた。ワースト2位される数も多いライオンズにクルセイダーズはTOで返しDF力を見せた。

◆クルセイダーズ37(20-6)18ライオンズ
*クルセイダーズ4T4G3PG、ライオンズ2T1G2PG
決勝戦記録詳細
☆プレーオフ(準決勝、2018年7月28日)
 総合1位クルセイダーズ、2位ライオンズが勝ち進んだ。クルセイダーズは常にリードし30-12ハリケーンズ。ライオンズは後半の3Tで44(前半19-19)26とワラターズを突き放した。
 両チームは昨季の決勝で対戦、クルセイダーズが25-17で勝ちSR8度目の優勝を果たしている。

◆クルセイダーズ30(18-7)12ハリケーンズ
*クルセイダーズ4T2G2PG、ハリケーンズ2T1G

◆ライオンズ44(19-19)26ワラターズ
*ライオンズ6T4G2PG、ワラターズ4T3G

☆プレーオフ(準々決勝、2018年7月21日)
 4試合を行い総合1位クルセイダーズ、2位ライオンズ、3位ワラターズにNZ2位のハリケーンズが4強入りした。ワラターズは前半17点差をハイランダーズ1人シンビンの間に逆転した。

◆クルセイダーズ40(16-7)10シャークス
*クルセイダーズ5T3G3PG、シャークス1T1G1PG

◆ハリケーンズ32(17-10)31チーフス
*ハリケーンズ4T3G2PG、チーフス4T4G1PG

◆ワラターズ30(6-23)23ハイランダーズ
*ワラターズ3T3G3PG、ハイランダーズ3T2G2PG

◆ライオンズ40(24-9)23ジャガーズ
*ライオンズ4T4G3PG1DG,ジャガーズ2T2G3PG

☆第19週/2018年7月13日-14日)
 最終週、SWはレッズ戦だ。4勝目を目指す(3勝12敗)。
 前半は6-7、13-14、13-22とよい勝負だったが37分FLカークがラック内で相手をたたいたという反則で一発レッドカードで退場。先週と同じ14人になった。最後Tされ前半13-29で終える。
 後半もレッズがボールキャリーで圧倒し3T連取、最後SWは32分中村、34分ジャバがTを返したが27-48で一蹴された。全日程を終えホーム勝利のみの3勝13敗。勝点14で終えた。全参加15チームで最下位。
 失T数99は最下位、下から2番目のレッズ66より33(失点で165点)も多い。失点は664でこちらも最下位。
 NZ地区は1位クルセイダーズ、2位ハリケーンズ、3位チーフス、4位ハリケーンズがプレーオフ決定。
 豪は1位ワラターズが決定。2位レベルズはハイランダーズに37-43で敗れ勝点36(得失点差-21)。
 南ア、ライオンズが勝ち決定、2位ジャガーズは3位シャークス10-20で敗れたが38で7位通過。
 シャークスも36で得失点差-5でレベルズを上回り8位でプレーオフへ。
◆SW27(13-29)48レッズ(7月13日、ブリスベン)
*SW3T2G3PG、レッズ7T5G1PG
◎PR具智元(グ・ジウォン、ホンダ)。遠征参加なし。

◆ハイランダーズ43-37レベルズ(13日)
◆ハリケーンズ24-28チーフス
◆クルセイダーズ54-17ブルーズ(14日)
◆ハイランダーズ43-37レベルズ
◆ワラターズ31-40ブランビーズ
◆ライオンズ38-12ブルズ
◆ジャガーズ10-20シャークス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2018 | Main | September 2018 »