« 韓国電力が大会2連覇狙う。高校は白新高中心か 2018韓国国体 | Main | 日本男女が完全V狙う連勝でスタート 2018アジアセブンズシリーズ最終戦(スリランカ)10/13-14 »

October 11, 2018

チレが食べたくなった。早大ラグビー練習小説。書評「北風 小説 早稲田大学ラグビー部」。

知人・藤島大さんが著した「北風 小説 早稲田大学ラグビー部」(集英社文庫、760円+税)が発売中です。
Kitakaze_2
著者いわく「早稲田の練習小説」。

小説は「書かない」と話していた大さんが集英社若手編集者Hさんの熱意・思いに折れて

読書情報誌「青春と読書」へ連載した。
Seishun_2

主人公は草野点(ともる)。福島県のNO1進学校「積城高」でラグビーと出会った。

中学時代ヤンキーごとき?だった点は集中力で受験勉強し一浪、

憧れの早大ラグビー部へ入部した。

時代は1980年代半ば。

当時の東伏見グラウンドで行われた早大ラグビー部の練習が細かに描写されている。

点とかかわる監督、鬼コーチに先輩や同期の言葉は実際にかわされていたものだろう。

小説という形をとっているが早大ラグビー部のドキュメントですね。

それにしても登場人物は現実に大さんが会った人たちがモデル。

点も時代は違うが実在するし登場人物の名前の実在する方の名前を借りている。

点が自分のポジション「フッカー」の先輩・同期と「フッカー会」で行ったもつ焼き。

こんな記載があった。205ページから。

「突然、塩沢虎雄コーチが到着した。『おー。チレ、食うた? 何、チレ頼んでない。人数分、タレで』

壁の能書きに『チレ(脾臓)血液増進 栄養保存効果的』とあった」

あれ、どこかで見た風景だ。

武蔵小金井にあるもつ焼き「百薬の長」と全く同じ能書き。
Kimg2209_2
Kimg2208_2
さっそくチレを食べに行ってしまった。

大さんによるとこの能書きは昔、存在したもつ焼き店の流れをくむとか。

他にも韓国・高麗大との試合、韓国焼酎・眞露など。

80年代ならば眞露は「サッカリン入り」だろうな。

大さんと編集者Hさんは今年、早大が試合をする会場で
本著を即売(サイン会)している。
Dscf9516_2
Dscf9518_3
成蹊大戦(9月23日)は100冊完売。

青学大戦(10月7日)は40数冊とか。

早慶戦、早明戦まで続くかな?

先日、大さん主宰で早大ラグビー部現役との食事会があった。

高校(函館ラ・サール)時代に大さんがコーチング、早大へ進んだ(来てもらった?)学生たち。

その場でも熱心に練習法を語る著者がいました。

|

« 韓国電力が大会2連覇狙う。高校は白新高中心か 2018韓国国体 | Main | 日本男女が完全V狙う連勝でスタート 2018アジアセブンズシリーズ最終戦(スリランカ)10/13-14 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85428/67261966

Listed below are links to weblogs that reference チレが食べたくなった。早大ラグビー練習小説。書評「北風 小説 早稲田大学ラグビー部」。:

« 韓国電力が大会2連覇狙う。高校は白新高中心か 2018韓国国体 | Main | 日本男女が完全V狙う連勝でスタート 2018アジアセブンズシリーズ最終戦(スリランカ)10/13-14 »