« February 2019 | Main | April 2019 »

March 30, 2019

日本代表(RWCTS、ウルフパック)初戦は敗れる 19/3/29

日本代表(RWCTS、ラグビーワールドカップトレーニングスコッド)が

SW選手と入れ替えでチームを作ったウルフパック。

実戦をSRのBチームと行うためNZ、豪州遠征する。

初戦をハリケーンズBと戦い31-52で敗れた。

<ウルフパック>

■NZ・豪州遠征

◆ウルフパック31(19-28)52ハリケーンズ(3月29日、NZ)

*後半3連続Tで突き放された。

 

◆ウルフパック-ハイランダーズB(4月5日、NZ)

 

◆ウルフパック-ハリケーンズB(4月20日、市原)

 

◆ウルフパック-ブランビーズB(5月12日、豪州)

 

◆ウルフパック-レベルズB(5月17日、豪州)

| | Comments (0)

忠北、白新がベスト8へ 韓国2019春季リーグ戦3日目 3/29

「2019年全国春季ラグビーリーグ戦」が2019年3月27日から開幕した。

大学B(2部3校)、高校(13)、中学(12)が参加し春の王者を争う。会場は慶山市ラグビー場。

☆第3日(3月29日)☆

高校予選2日目。5試合を行った。

A忠北高(チュンブック)は8T50-0で珍島実(チンドシル)に圧勝。2勝で8強入り。

Bは釜山体育高が前半4連続Tで培材高(ペジェ)を38-10で退けた。

C、養正高(ヤンジョン)がソウル市内のライバル、ソウル大附属高を38-17で制した。

Dは仁川機械工業(インチョンキゴ)が不調の富川北高(プチョンプック)を18-10で破り1勝目。

白新高(ペクシン)は明錫高(ミョンソク)を前半3T奪うなど33-14で勝ちベスト8を決めた。PR1チェ・ホヨンが3Tを奪った。

明錫は後半9分までに2T2Gで14-21と追いかけたが1敗目。ベスト8入りは富川北戦に決まる。

☆第2日(3月28日)☆

中学予選プール4試合。

培材中(ペジェ)が難敵の済州NLCSを12-5で突き放した。

清州南中(チョンジュナム)31-10富平中(プピョン)、慶山中(キョンサン)59-0坪里中(ピョンリ)は順当。

ソウル大附属中が昨年、躍進の麗水中(ヨンス)を後半に4連続Tし31-5で初戦を飾った。

☆第1日(3月27日)☆

高校予選プール5試合。

忠北高(チュンブック)が地元の慶山高(キョンサン)を22-0で完封勝利。

培材高(ペジェ)は天安五城高(オソン)から9T奪い59-0で圧勝した。

ソウル大附属高と大邱商苑高(テグサンノン)は後半29分にソウルが追いつき19-19で終えた。

明錫高(ミョンソク)21-12仁川機工高(インチョンキゴ)の強豪対決は接戦。白新高(ペクシン)も富川北高(プチョン)を36-0で制した。

<<2019全国春季リーグ戦/高校>>

<プール戦A>

◎忠北高(チュンブック)、慶山高(キョンサン)、珍島実高(チンドシル)

■忠北22(14-0)0慶山

*忠北3T2G1PG

■忠北50(29-0)0珍島実

*忠北8T5G

<B>培材高(ペジェ)、天安五城(オソン)、釜山体育高(プサンチェユク)

■培材59(38-0)0五城

*培材9T7G。NO8金チャンズが前半2T、後半は3連続T

■釜山体育38(26-3)10培材

*釜山6T4G、培材1T1G1PG

<C>ソウル大附属高、大邱商苑高(テグサンノン)、養正高(ヤンジョン)

■ソウル大19(0-12)19大邱

*3T2Gずつ。後半29分、ソウルがLO4(16)朴ジュンヒョンのT、CTB10ソ・ウヒョンGで19-19に追いついた。

■養正38(19-3)17ソウル

*養正6T4G、ソウル2T2G1PG

<D>白新高(ペクシン)、明錫高(ミョンソク)、富川北高(プチョン)、仁川機工高(インチョンキゴ)

■白新36(15-0)0富川北

*白新5T4G1PG、富川

■明錫21(0-7)12仁川

*明錫3T3G、仁川2T1G

■仁川18(8-0)10富川北

*仁川2T1G2PG、富川2T

■白新33(21-0)14明錫

*白新5T4G、明錫2T

<<2019全国春季リーグ戦/中学>>

<プール戦A>培材中(ペジェ)、済州NLCS中、ナムソン中

■培材12(5-0)5NLCS

*培材2T1G、NLCS1T。後半13Mに培材FB12金ウォンジュTで12-0に。18M、NLCS/PR1金ジュンジュT

<B>清州南中(チョンジュナム)、裡里北中(イリプック)、富平中(プピョン)

■清州南31(17-0)10富平

*清州南5T3G、富平2T

<C>慶山中(キョンサン)、坪里中(ピョンリ)、影島一中(ヨンドイル)

■慶山59(22-0)0坪里

*慶山10T3G1PG

<D>ソウル大附属中、麗水中(ヨンス)、大成中(テソン)

■ソウル31(12-5)5麗水

*ソウル5T3G、麗水1T。ソウルは後半2M、HO2ユン・スホ。8分チェ・スンボムを自陣からつなぎT。

 

<<2019全国春季リーグ戦/大学B>>

<リーグ戦>圓光大(ウォングァン)、釜山大、韓国海洋大(ヘヤン)

■釜山-海洋

■圓光-海洋

■圓光-釜山

| | Comments (0)

March 29, 2019

2018年度高校代表は3連敗でウエールズ遠征終えた 19/3/27

「2018年度日本高校代表ウエールズ遠征」

2019/3/19から3/27までウエールズで3戦を実施した。

☆第3戦(U19ウエールズ代表第2戦。3/27)☆

◆日本29(12-26)31U19ウエールズ

☆第2戦(U19ウエールズ代表第1戦、3/23)☆

◆日本24(10-10)36U19ウエールズ

☆第1戦(U19ウエールズ選抜、3/19)☆

◆日本12(5-14)33U19選抜

| | Comments (0)

SWはワラターズにリベンジ31-29 SR第7週 19/3/29-

「2019SR」が2019年2月15日に開幕した。
Sr1912
<<2019SR>>
<NZ>
*クルセイダーズ(24P)、ハリケーンズ(19)、 ブルーズ(15), ハイランダーズ(13)、チーフス(12)、
<南ア>
*ライオンズ(18)、ブルズ(17)、シャークス(16)、 ストーマーズ(14)、ジャガーズ(10)、
<豪州>
*レベルズ(18)、ワラターズ(15), ブランビーズ(11)、レッズ(10)、SW(10)
Sr1922
<第7週 2019年3月29日-30日>
SWは豪州遠征。ワラターズ戦だ。第2週に30-31と接戦で敗れている。
前半を17-15で折り返した。後半3分、ワラターズのFLフーパーTで17-22とされるも
9分にWTB11マシレワがT、SOパーカーGで24-22と7逆転。
13分マシレワがこの日、3T目を奪い31-29で逃げ切った。
SWは2勝5敗(10P)になった。
◆SW31(17-15)29ワラター-ズ
*SW4T4G1PG、ワラターズ4T3G1PG
◎SW/PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)後半23Mまで。
◆クルセイダーズ32-8ハリケーンズ
◆ブルーズ24-9ストーマーズ
◆レベルズ32-13レッズ
◆シャークス16-19ブルズ
◆ジャガーズ27-30チーフス
<第6週 2019年3月22日-24日>
SWは第2ホームのシンガポールに昨年準優勝のライオンズを迎えた。
前半、PTで先制したがラインズがラインアウト→モールで2回押し込み逆転。
ライオンズは後半も2つラインアウト→モール起点でトライを奪うなど6T37-24で下した。
19323sw24lo37
PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)が3番で今季、初登場した。
前半4分、ライオンズのゴール前ラックからボールを運びインゴールへ。
19323jwtry1
トライと思われたがラインに届かなかったとTMOで判断されSR初トライは幻に。
SWは前日3月22日に2020年シーズンでSRから排除されることが公式に表明された。
その中での試合、勝利が必要だった。
今季は1勝4敗のままだ。
◆ブルズ33-26ハイランダーズ
◆SW24(7-12)37ライオンズ
*SW2T2G1PT1PG、ライオンズ6T2G1PG
◎PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)後半24Mまで
◆ハリケーンズ34-28ストーマーズ
◆ワラターズ20-12クルセイダーズ
◆チーフス56-20ブルズ
◆シャークス-レベルズ
◆レッズ-ブランビーズ
<第5週 2019年3月15日-16日>
SWは地元、秩父宮にレッズを迎えた。前半3T奪い21-3で折り返し2勝目に期待が膨らんだ。
しかし後半、レッズが3T奪う21-26に。SWも内田がT、パーカーPGで31-26と再逆転した。
34分にレッズが内田の自陣G前キックをチャージしT31-31。
さらに終了前PGを決め31-34と勝ち越し逆転で今季1勝目をアウェーであげた。
クルセイダーズVSハイランダーズは会場のクライストチャーチで起きたテロ銃撃事件の余波で中止
(引分扱いになった)。
◆ハリケーンズ23-23チーフス
◆ブランビーズ19-13ワラターズ
◆クルセイダーズ(中止)ハイランダーズ
◆SW31(21-3)34レッズ
*SW4T4G1P、レッズ5T3G1P
◆ライオンズ36-33レベルズ
◆ストーマーズ35-8ジャガーズ

| | Comments (0)

韓国2019シーズン開幕 春季リーグ戦第2日 19/3/28

「2019年全国春季ラグビーリーグ戦」が2019年3月27日から開幕した。

大学B(2部3校)、高校(13)、中学(12)が参加し春の王者を争う。会場は慶山市ラグビー場。

☆第2日(3月28日)☆

中学予選プール4試合。

培材中(ペジェ)が難敵の済州NLCSを12-5で突き放した。

清州南中(チョンジュナム)31-10富平中(プピョン)、慶山中(キョンサン)59-0坪里中(ピョンリ)は順当。

ソウル大附属中が昨年、躍進の麗水中(ヨンス)を後半に4連続Tし31-5で初戦を飾った。

☆第1日(3月27日)☆

高校予選プール5試合。

忠北高(チュンブック)が地元の慶山高(キョンサン)を22-0で完封勝利。

培材高(ペジェ)は天安五城高(オソン)から9T奪い59-0で圧勝した。

ソウル大附属高と大邱商苑高(テグサンノン)は後半29分にソウルが追いつき19-19で終えた。

明錫高(ミョンソク)21-12仁川機工高(インチョンキゴ)の強豪対決は接戦。白新高(ペクシン)も富川北高(プチョン)を36-0で制した。

<<2019全国春季リーグ戦/高校>>

<プール戦A>

◎忠北高(チュンブック)、慶山高(キョンサン)、珍島実高(チンドシル)

■忠北高22(14-0)0慶山高

*忠北3T2G1PG

<B>培材高(ペジェ)、天安五城(オソン)、釜山体育高(プサンチェユク)

■培材59(38-0)0五城

*培材9T7G。NO8金チャンズが前半2T、後半は3連続T

<C>ソウル大附属高、大邱商苑高(テグサンノン)、養正高(ヤンジョン)

■ソウル大19(0-12)19大邱

*3T2Gずつ。後半29分、ソウルがLO4(16)朴ジュンヒョンのT、CTB10ソ・ウヒョンGで19-19に追いついた。

<D>白新高(ペクシン)、明錫高(ミョンソク)、富川北高(プチョン)、仁川機工高(インチョンキゴ)

■白新36(15-0)0富川北

*白新5T4G1PG、富川

■明錫21(0-7)12仁川

*明錫3T3G、仁川2T1G

<<2019全国春季リーグ戦/中学>>

<プール戦A>培材中(ペジェ)、済州NLCS中、ナムソン中

■培材12(5-0)5NLCS

*培材2T1G、NLCS1T。後半13Mに培材FB12金ウォンジュTで12-0に。18M、NLCS/PR1金ジュンジュT

<B>清州南中(チョンジュナム)、裡里北中(イリプック)、富平中(プピョン)

■清州南31(17-0)10富平

*清州南5T3G、富平2T

<C>慶山中(キョンサン)、坪里中(ピョンリ)、影島一中(ヨンドイル)

■慶山59(22-0)0坪里

*慶山10T3G1PG

<D>ソウル大附属中、麗水中(ヨンス)、大成中(テソン)

■ソウル31(12-5)5麗水

*ソウル5T3G、麗水1T。ソウルは後半2M、HO2ユン・スホ。8分チェ・スンボムを自陣からつなぎT。

 

<<2019全国春季リーグ戦/大学B>>

<リーグ戦>圓光大(ウォングァン)、釜山大、韓国海洋大(ヘヤン)

■釜山-海洋

■圓光-海洋

■圓光-釜山

| | Comments (0)

March 24, 2019

SWはライオンズに逆転負け24-37 SR第6週 19/3/22-

「2019SR」が2019年2月15日に開幕した。
Sr1912
<<2019SR>>
<NZ>
*クルセイダーズ(19P)、ハイランダーズ(12)、チーフス(3)、ハリケーンズ(15)、ブルーズ(6)
<南ア>
*ライオンズ(13)、ストーマーズ(13)、シャークス(11)、ブルズ13)、ジャガーズ(9)、
<豪州>
*ブランビーズ(11)、レベルズ(13)、レッズ(5)、ワラターズ(10)、SW(6)
Sr1922
<第6週 2019年3月15日-16日>
SWは第2ホームのシンガポールに昨年準優勝のライオンズを迎えた。
前半、PTで先制したがラインズがラインアウト→モールで2回押し込み逆転。
ライオンズは後半も2つラインアウト→モール起点でトライを奪うなど6T37-24で下した。
19323sw24lo37
PR具智元(グ・ジウォン、HONDA)が3番で今季、初登場した。
前半4分、ライオンズのゴール前ラックからボールを運びインゴールへ。
19323jwtry1
トライと思われたがラインに届かなかったとTMOで判断されSR初トライは幻に。
SWは前日3月22日に2020年シーズンでSRから排除されることが公式に表明された。
その中での試合、勝利が必要だった。
今季は1勝4敗のままだ。
◆ブルズ33-26ハイランダーズ
◆SW24(7-12)37ライオンズ
*SW2T2G1PT1PG、ライオンズ6T2G1PG
◎PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)後半24Mまで
◆ハリケーンズ34-28ストーマーズ
◆ワラターズ20-12クルセイダーズ
◆チーフス56-20ブルズ
◆シャークス-レベルズ
◆レッズ-ブランビーズ
<第5週 2019年3月15日-16日>
SWは地元、秩父宮にレッズを迎えた。前半3T奪い21-3で折り返し2勝目に期待が膨らんだ。
しかし後半、レッズが3T奪う21-26に。SWも内田がT、パーカーPGで31-26と再逆転した。
34分にレッズが内田の自陣G前キックをチャージしT31-31。
さらに終了前PGを決め31-34と勝ち越し逆転で今季1勝目をアウェーであげた。
クルセイダーズVSハイランダーズは会場のクライストチャーチで起きたテロ銃撃事件の余波で中止
(引分扱いになった)。
◆ハリケーンズ23-23チーフス
◆ブランビーズ19-13ワラターズ
◆クルセイダーズ(中止)ハイランダーズ
◆SW31(21-3)34レッズ
*SW4T4G1P、レッズ5T3G1P
◆ライオンズ36-33レベルズ
◆ストーマーズ35-8ジャガーズ
<第4週 2019年3月8日-9日>
前週、今季初勝利のSWはNZブルーズ戦。前半34分に逆転され20-28で敗れた。
前半からSO松田が2PGで6-0とする。ブルーズは21分WTB11イオアネのTで逆転(6-8)。しかし30分、松田がTGし13-8と再逆転した。34分、イオアネがSWのDFを崩しきったATKでボールをもらい左隅にTで3度目の逆転。
後半もイオアネが2T追加し逃げ切った。
◆ハリケーンズ25-22ハイランダーズ
◆レベルズ29-26ブランビーズ
◆クルセイダーズ57-28チーフス
◆SW20(13-15)28ブルーズ
*SW2T2G2PG、ブル4T1G2PG
◆ワラターズ28-17レッズ
◆ライオンズ47-39ジャガーズ
◆シャークス14-37ブルズ
<第3週 2019年3月1日>
連敗のSWはNZ遠征しチーフスと。チーフスも連敗中だ。
前半2分最初のATKでFL7松橋が右隅へ先制T、パーカーがGやPGを決める。
チーフスはSW陣へ入るもBKがノックオンを繰り返し自滅。
30-15でSWがSR4年目で初めて敵地で勝利をつかんだ。チーフスは3連敗。
◆ハイランダーズ19-24レベルズ
◆ハリケーンズ43-13ブランビーズ
◆サンウルブズ30(23-3)15チーフス
*SW3T3G3PG,チーフス2T1G1PG
◎SW/PR具智元(グ・ジウォン)日本代表に合流中
「勝利は嬉しい。ライバルの山下さんやアサエリさんが活躍してこいた。気持ちが引き締まりました」
◆クルセイダーズ22-12レッズ
◆ライオンズ12-30ブルズ
◆シャークス11-16ストーマーズ
◆ブル-ズ19-23ジャガーズ

| | Comments (0)

March 20, 2019

SWはレッズに逆転負け31-34 SR第5週19/3/15-

「2019SR」が2019年2月15日に開幕した。
Sr1912
<<2019SR>>
<NZ>
*クルセイダーズ(19P)、ハイランダーズ(12)、チーフス(3)、ハリケーンズ(15)、ブルーズ(6)
<南ア>
*ライオンズ(13)、ストーマーズ(13)、シャークス(11)、ブルズ13)、ジャガーズ(9)、
<豪州>
*ブランビーズ(11)、レベルズ(13)、レッズ(5)、ワラターズ(10)、SW(6)
Sr1922
☆第5週 2019年3月15日-16日☆
SWは地元、秩父宮にレッズを迎えた。前半3T奪い21-3で折り返し2勝目に期待が膨らんだ。
しかし後半、レッズが3T奪う21-26に。SWも内田がT、パーカーPGで31-26と再逆転した。
34分にレッズが内田の自陣G前キックをチャージしT31-31。
さらに終了前PGを決め31-34と勝ち越し逆転で今季1勝目をアウェーであげた。
クルセイダーズVSハイランダーズは会場のクライストチャーチで起きたテロ銃撃事件の余波で中止
(引分扱いになった)。
◆ハリケーンズ23-23チーフス
◆ブランビーズ19-13ワラターズ
◆クルセイダーズ(中止)ハイランダーズ
◆SW31(21-3)34レッズ
*SW4T4G1P、レッズ5T3G1P
◆ライオンズ36-33レベルズ
◆ストーマーズ35-8ジャガーズ
☆第4週 2019年3月8日-9日☆
前週、今季初勝利のSWはNZブルーズ戦。前半34分に逆転され20-28で敗れた。
前半からSO松田が2PGで6-0とする。ブルーズは21分WTB11イオアネのTで逆転(6-8)。しかし30分、松田がTGし13-8と再逆転した。34分、イオアネがSWのDFを崩しきったATKでボールをもらい左隅にTで3度目の逆転。
後半もイオアネが2T追加し逃げ切った。
◆ハリケーンズ25-22ハイランダーズ
◆レベルズ29-26ブランビーズ
◆クルセイダーズ57-28チーフス
◆SW20(13-15)28ブルーズ
*SW2T2G2PG、ブル4T1G2PG
◆ワラターズ28-17レッズ
◆ライオンズ47-39ジャガーズ
◆シャークス14-37ブルズ
☆第3週 2019年3月1日-☆
連敗のSWはNZ遠征しチーフスと。チーフスも連敗中だ。
前半2分最初のATKでFL7松橋が右隅へ先制T、パーカーがGやPGを決める。
チーフスはSW陣へ入るもBKがノックオンを繰り返し自滅。
30-15でSWがSR4年目で初めて敵地で勝利をつかんだ。チーフスは3連敗。
◆ハイランダーズ19-24レベルズ
◆ハリケーンズ43-13ブランビーズ
◆サンウルブズ30(23-3)15チーフス
*SW3T3G3PG,チーフス2T1G1PG
◎SW/PR具智元(グ・ジウォン)日本代表に合流中
「勝利は嬉しい。ライバルの山下さんやアサエリさんが活躍してこいた。気持ちが引き締まりました」
◆クルセイダーズ22-12レッズ
◆ライオンズ12-30ブルズ
◆シャークス11-16ストーマーズ
◆ブル-ズ19-23ジャガーズ

| | Comments (0)

March 12, 2019

南アが今季初V WRセブンズ男子第6戦 カナダ大会 19/3/9-10

「ワールドラグビーセブンズシリーズ(男子)の今季第6ラウンド・カナダ、バンクーバー大会」
2019年3月9日-10日に開催され、南アが仏という今季初の決勝進出対戦で21-12で下し今季初優勝した。
総合は4位米国が113で首位を守った。
日本は、プール戦Dで3敗4位で9-16位のチャレンジトロフィーに回った。準々決勝でウエールズに0-35で完敗。13位決定戦(準決勝)はケニアを22-14で下したが決勝で10-15スペイン、14位で終えた。(Pは14で15位)
<<男子総合P>>
①米(113P)、②NZ(106)、③フィジー(101)、④南ア(89)、⑤イングランド(80)、⑥豪州(65)
⑦サモア(59)、⑧アルゼンチン(56)、⑨スコットランド(47)、⑩仏(44)、⑪スペイン(42)、⑫加(35)
⑬ウエールズ(18)、⑭ケニア(18)、⑮日本(15)、⑯チリ(6)、⑰トンガ(5)、⑱ジンバブエ(2)

 

<<男子ワールドセブンズシリーズ第6戦 加バンクーバー大会>>
(2019年3月9-10日、カナダ)
<1-8位>
■カップ決勝
◆南ア21-12仏
■3位決定戦
◆フィジー24-14米国
■カップ準決勝
◆南ア31-12フィジー
◆仏33-5米国
■カップ準々決勝
◆南ア33-12アルゼンチン
◆フィジー22-21NZ
◆仏35-12サモア
◆米21-19イングランド
■5位決定戦
◆NZ26-19イングランド
■5位決定トーナメント準決勝
◆NZ26-21アルゼンチン
◆イングランド33-14サモア

 

<9-16位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆豪州35-21カナダ
■チャレンジトロフィー準決勝
◆カナダ19-14スコットランド
◆豪州33-22ウエールズ
■チャレンジトロフィー準々決勝
◆豪47-7ケニア
◆ウエールズ35-0日本
◆カナダ33-7スペイン
◆スコットランド22-5チリ
■13位決定戦
◆スペイン15-10日本
■13位決定トーナメント準決勝
◆日本22-14ケニア
◆スペイン28-12チリ

 

<プール戦>
■プールD
◆日本7-19イングランド、7-24アルゼンチン、7-29スコットランド

 

「ワールドラグビーセブンズシリーズ(男子)の今季第5ラウンド・米ラスベガス大会」が2019年3月1日-3日に開催され、地元の米国がサモアを決勝で27-0で下し今季初優勝した。
総合Pでも98とし首位だ。
日本は、プール戦で1勝2敗3位で9-16位のチャレンジトロフィーに回った。準々決勝でケニアに15-28、13位決定戦(準決勝)も14-31ウエールズに完敗し最下位15位で終えた(Pは12で15位)
<<男子総合P>>
①米(98)、②NZ(93)、③フィジー(84)、④イングランド(68)、⑤南ア(67)、⑥豪州(57)
⑦サモア(49)、⑧アルゼンチン(46)、⑨スコットランド(42)、⑩スペイン(39)、⑪加(28)、⑫仏(25)
⑬ケニア(17)、⑭ウエールズ(13)、⑮日本(12)、⑯チリ(5)、⑰トンガ(5)、⑱ジンバブエ(2)

 

<<男子ワールドセブンズシリーズ第5戦 米ラスベガス大会>>
(2019年3月1-3日、米国)
<1-8位>
■カップ決勝
◆米国27-0サモア
■3位決定戦
◆NZ26-9アルゼンチン
■カップ準決勝
◆米国24-19NZ
◆サモア33-19アルゼンチン
■カップ準々決勝
◆米国29-10南ア
◆NZ19-14フィジー
◆サモア21-20豪州
◆アルゼンチン26-21イングランド
■5位決定戦
◆イングランド19-15フィジー
■5位決定トーナメント準決勝
◆イングランド33-14豪州
◆フィジー14-12南ア

 

<9-16位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆スコットランド15-14スペイン
■チャレンジトロフィー準決勝
◆スコットランド17-5チリ
◆スペイン24-7ケニア
■チャレンジトロフィー準々決勝
◆日本15-28ケニア
◆スコットランド21-19カナダ
◆スペイン19-7ウエールズ
◆チリ17-12仏
■13位決定戦
◆カナダ21-12ウエールズ
■13位決定トーナメント準決勝
◆カナダ28-12仏
◆ウエールズ31-14日本

 

<プール戦>
■プールC①南ア(8P)、②イングランド(7P)、③日本(5P)、④チリ(4P)
◆日本0-26南ア、12-31イングランド、19-7チリ

 

「ワールドラグビーセブンズシリーズ(男子)の今季第4ラウンド・シドニー大会」が2月2日、3日にスポットレススタジアムで開催され、NZが優勝した。
 カップトーナメント(1-8位)の準々決勝でフランスを28-5で一蹴した。
 準決勝では今季総合トップ、フィジーに36-14で勝利。
 決勝では、アメリカを21-5で倒した。
 日本は、9-16位のチャレンジトロフィーに回った。準々決勝でトンガを31-19で制すと準決勝は19-17ウエールズに勝ち9位決定戦へ。アルゼンチンに7-10で敗れ10位で終えた。

 

<<男子ワールドセブンズシリーズ第4戦 シドニー大会>>
(2019年2月2-3日、豪州)
<1-8位>
■カップ決勝
◆NZ 21 – 5 アメリカ
■3位決定戦
◆イングランド 19 – 17 フィジー
■カップ準決勝
◆NZ 36 – 14 フィジー
◆アメリカ 14 – 7 イングランド
■カップ準々決勝
◆フィジー 22 – 17 豪州
◆NZ 28 – 5 フランス
◆イングランド 26 – 5 南アフリカ
◆アメリカ 38 – 10 スペイン
■5位決定戦
◆南アフリカ 12 – 10 豪州
■5位決定トーナメント準決勝
◆豪州 17 – 14 フランス
◆南アフリカ 33 – 0 スペイン

 

<9-16位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆アルゼンチン 10 – 7 日本
■チャレンジトロフィー準決勝
◆日本 19 – 17 ウェールズ
◆アルゼンチン 24 – 19 カナダ
■チャレンジトロフィー準々決勝
◆日本 31 – 19 トンガ
◆ウェールズ 19 – 14 ケニア
◆アルゼンチン 36 – 12 サモア
◆カナダ 35 – 21 スコットランド
■13位決定戦
◆サモア 25 – 5 トンガ
■13位決定トーナメント準決勝
◆トンガ 20 – 17 ケニア
◆サモア 26 – 12 スコットランド
<プール戦>
◆日本 5 – 29 フィジー
◆日本 21 – 17 サモア
◆日本 0 – 36 イングランド

 

<<ワールドラグビーセブンズシリーズ2018-2019第3戦、NZハミルトン大会>>
 「ワールドラグビーセブンズシリーズ2018-2019第3ラウンドが2019年1月26、27日にハミルトン(ニュージーランド)で開催された。
 男子の世界五輪王者フィジーが、優勝した。フィジーは第2ラウンドのケープタウン大会(南ア)も制し、今季2冠目で総合ランキング首位に浮上した。
 日本は全敗、最下位タイで終えた。
<カップトーナメント1-8位>
■カップ決勝
◆フィジー 38 – 0 アメリカ
■3位決定戦
◆NZ 29 – 7 南アフリカ
■カップ準決勝
◆フィジー 29 – 7 南アフリカ
◆アメリカ 17 – 7 NZ
■カップ準々決勝
◆フィジー 33 – 7 カナダ
◆南アフリカ 28 – 19 サモア
◆NZ 24 – 17 豪州
◆アメリカ 19 – 14 スコットランド
■5位決定トーナメント準決勝
◆サモア 28 – 19 カナダ
◆スコットランド 24 – 14 豪州
■5位決定戦
◆スコットランド 24 – 19 サモア

 

<チャレンジトロフィー9-16位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆イングランド 36 – 7 ケニア
■チャレンジトロフィー準決勝
◆ケニア 24 – 7 アルゼンチン
◆イングランド 38 – 7 スペイン
■チャレンジトロフィー準々決勝
◆アルゼンチン 35 – 0 日本
◆ケニア 19 – 12 トンガ
◆スペイン 19 – 10 ウェールズ
◆イングランド 21 – 5 フランス
■13位決定戦
◆トンガ 33 – 10 フランス
■13位決定トーナメント準決勝
◆トンガ 31 – 7 日本
◆フランス 35 – 19 ウェールズ

 

<<女子ワールドセブンズシリーズ第3戦  シドニー大会(2019年2月2-3日)>>
■カップ決勝
◆NZ 34 – 10 豪州
■カップ準決勝
◆NZ 29 – 5 アメリカ
◆豪州 24 – 12 アイルランド
■3位決定戦
◆アメリカ 26 – 10 アイルランド
■カップ準々決勝
◆NZ 17 – 7 カナダ
◆アメリカ 7 – 5 ロシア
◆アイルランド 22 – 7 スペイン
◆豪州 21 – 17 フランス
■5位決定戦
◆カナダ 19 – 17 フランス
■5位決定トーナメント準決勝
◆カナダ 12 – 5 ロシア
◆フランス 19 – 12 スペイン
■7位決定戦
◆ロシア 34 – 5 スペイン

 

<チャレンジトロフィー9-12位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆フィジー 15 – 12 イングランド
■11位決定戦
◆中国 31 – 0 パプアニューギニア
■チャレンジトロフィー準決勝
◆イングランド 54 – 0 パプアニューギニア
◆フィジー 12 – 0 中国

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2019

SWはNZブルーズに逆転負け20-28 2019SR第4週19/3/8-

「2019SR」が2019年2月15日に開幕した。
Sr1912
<<2019SR>>
SR日程WEB
SR成績表WEB
<NZ>
*クルセイダーズ(17P)、ハイランダーズ(10)、チーフス(1)、ハリケーンズ(13)、ブルーズ(6)
<南ア>
*ライオンズ(9)、ストーマーズ(8)、シャークス(11)、ブルズ13)、ジャガーズ(9)、
<豪州>
*ブランビーズ(7)、レベルズ(12)、レッズ(1)、ワラターズ(9)、SW(5)

Sr1922

☆第4週 2019年3月8日-9日☆
前週、今季初勝利のSWはNZブルーズ戦。前半34分に逆転され20-28で敗れた。
前半からSO松田が2PGで6-0とする。ブルーズは21分WTB11イオアネのTで逆転(6-8)。しかし30分、松田がTGし13-8と再逆転した。34分、イオアネがSWのDFを崩しきったATKでボールをもらい左隅にTで3度目の逆転。
後半もイオアネが2T追加し逃げ切った。

◆ハリケーンズ25-22ハイランダーズ
◆レベルズ29-26ブランビーズ
◆クルセイダーズ57-28チーフス
◆SW20(13-15)28ブルーズ
*SW2T2G2PG、ブル4T1G2PG

◆ワラターズ28-17レッズ
◆ライオンズ47-39ジャガーズ
◆シャークス14-37ブルズ

☆第3週 2019年3月1日-☆
連敗のSWはNZ遠征しチーフスと。チーフスも連敗中だ。
前半2分最初のATKでFL7松橋が右隅へ先制T、パーカーがGやPGを決める。
チーフスはSW陣へ入るもBKがノックオンを繰り返し自滅。
30-15でSWがSR4年目で初めて敵地で勝利をつかんだ。チーフスは3連敗。
◆ハイランダーズ19-24レベルズ
◆ハリケーンズ43-13ブランビーズ
◆サンウルブズ30(23-3)15チーフス
*SW3T3G3PG,チーフス2T1G1PG
◎SW/PR具智元(グ・ジウォン)日本代表に合流中
「勝利は嬉しい。ライバルの山下さんやアサエリさんが活躍してこいた。気持ちが引き締まりました」
◆クルセイダーズ22-12レッズ
◆ライオンズ12-30ブルズ
◆シャークス11-16ストーマーズ
◆ブル-ズ19-23ジャガーズ

☆第2週 2019年2月22日-☆
参入4年目のSWは秩父宮でワラターズを迎える。
第1週にかえて日本出身3人が先発に入った。ワラターズは豪代表ワラビーズメンバー11人を入れる。
前半からSWがリードするも後半、逆転。30-31と迫った38分、SOパーカーのDGが外れた。

◆ハイランダーズ36-31レッズ
◆サンウルブズ30(20-17)31ワラターズ
*SW3T3G3PG、ワラ4T2G1PT
◎SW/PR具智元(グ・ジウォン)日本代表に合流中
◆クルセイダーズ38-22ハリケーンズ
◆チーフス17-54ブランビーズ
◆シャークス26-7ブルース
◆ライオンズ17-19ストーマーズ
◆ブルズ12-17ジャガーズ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2019

米が今季初V、HSBSワールドセブンズ米大会 19/3/1-3/3

「ワールドラグビーセブンズシリーズ(男子)の今季第5ラウンド・米ラスベガス大会」が2019年3月1日-3日に開催され、地元の米国がサモアを決勝で27-0で下し今季初優勝した。
総合Pでも98とし首位だ。
日本は、プール戦で1勝2敗3位で9-16位のチャレンジトロフィーに回った。準々決勝でケニアに15-28、13位決定戦(準決勝)も14-31ウエールズに完敗し最下位15位で終えた(Pは12で15位)

<<男子総合P>>
①米(98)、②NZ(93)、③フィジー(84)、④イングランド(68)、⑤南ア(67)、⑥豪州(57)
⑦サモア(49)、⑧アルゼンチン(46)、⑨スコットランド(42)、⑩スペイン(39)、⑪加(28)、⑫仏(25)
⑬ケニア(17)、⑭ウエールズ(13)、⑮日本(12)、⑯チリ(5)、⑰トンガ(5)、⑱ジンバブエ(2)

<<男子ワールドセブンズシリーズ第5戦 米ラスベガス大会>>
(2019年3月1-3日、豪州)
<1-8位>
■カップ決勝
◆米国27-0サモア

■3位決定戦
◆NZ26-9アルゼンチン

■カップ準決勝
◆米国24-19NZ
◆サモア33-19アルゼンチン

■カップ準々決勝
◆米国29-10南ア
◆NZ19-14フィジー
◆サモア21-20豪州
◆アルゼンチン26-21イングランド

■5位決定戦
◆イングランド19-15フィジー

■5位決定トーナメント準決勝
◆イングランド33-14豪州
◆フィジー14-12南ア

<9-16位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆スコットランド15-14スペイン

■チャレンジトロフィー準決勝
◆スコットランド17-5チリ
◆スペイン24-7ケニア

■チャレンジトロフィー準々決勝
◆日本15-28ケニア
◆スコットランド21-19カナダ
◆スペイン19-7ウエールズ
◆チリ17-12仏

■13位決定戦
◆カナダ21-12ウエールズ

■13位決定トーナメント準決勝
◆カナダ28-12仏
◆ウエールズ31-14日本

<プール戦>
■プールC①南ア(8P)、②イングランド(7P)、③日本(5P)、④チリ(4P)
◆日本0-26南ア、12-31イングランド、19-7チリ

「ワールドラグビーセブンズシリーズ(男子)の今季第4ラウンド・シドニー大会」が2月2日、3日にスポットレススタジアムで開催され、NZが優勝した。

 カップトーナメント(1-8位)の準々決勝でフランスを28-5で一蹴した。
 準決勝では今季総合トップ、フィジーに36-14で勝利。
 決勝では、アメリカを21-5で倒した。
 日本は、9-16位のチャレンジトロフィーに回った。準々決勝でトンガを31-19で制すと準決勝は19-17ウエールズに勝ち9位決定戦へ。アルゼンチンに7-10で敗れ10位で終えた。
 
<<男子ワールドセブンズシリーズ第4戦 シドニー大会>>
(2019年2月2-3日、豪州)
<1-8位>
■カップ決勝
◆NZ 21 – 5 アメリカ

■3位決定戦
◆イングランド 19 – 17 フィジー

■カップ準決勝
◆NZ 36 – 14 フィジー
◆アメリカ 14 – 7 イングランド

■カップ準々決勝
◆フィジー 22 – 17 豪州
◆NZ 28 – 5 フランス
◆イングランド 26 – 5 南アフリカ
◆アメリカ 38 – 10 スペイン

■5位決定戦
◆南アフリカ 12 – 10 豪州

■5位決定トーナメント準決勝
◆豪州 17 – 14 フランス
◆南アフリカ 33 – 0 スペイン

<9-16位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆アルゼンチン 10 – 7 日本

■チャレンジトロフィー準決勝
◆日本 19 – 17 ウェールズ
◆アルゼンチン 24 – 19 カナダ

■チャレンジトロフィー準々決勝
◆日本 31 – 19 トンガ
◆ウェールズ 19 – 14 ケニア
◆アルゼンチン 36 – 12 サモア
◆カナダ 35 – 21 スコットランド

■13位決定戦
◆サモア 25 – 5 トンガ

■13位決定トーナメント準決勝
◆トンガ 20 – 17 ケニア
◆サモア 26 – 12 スコットランド

<プール戦>
◆日本 5 – 29 フィジー
◆日本 21 – 17 サモア
◆日本 0 – 36 イングランド

<<ワールドラグビーセブンズシリーズ2018-2019第3戦、NZハミルトン大会>>
 「ワールドラグビーセブンズシリーズ2018-2019第3ラウンドが2019年1月26、27日にハミルトン(ニュージーランド)で開催された。
 男子の世界五輪王者フィジーが、優勝した。フィジーは第2ラウンドのケープタウン大会(南ア)も制し、今季2冠目で総合ランキング首位に浮上した。

 日本は全敗、最下位タイで終えた。

<カップトーナメント1-8位>
■カップ決勝
◆フィジー 38 – 0 アメリカ

■3位決定戦
◆NZ 29 – 7 南アフリカ

■カップ準決勝
◆フィジー 29 – 7 南アフリカ
◆アメリカ 17 – 7 NZ

■カップ準々決勝
◆フィジー 33 – 7 カナダ
◆南アフリカ 28 – 19 サモア
◆NZ 24 – 17 豪州
◆アメリカ 19 – 14 スコットランド

■5位決定トーナメント準決勝
◆サモア 28 – 19 カナダ
◆スコットランド 24 – 14 豪州

■5位決定戦
◆スコットランド 24 – 19 サモア

<チャレンジトロフィー9-16位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆イングランド 36 – 7 ケニア

■チャレンジトロフィー準決勝
◆ケニア 24 – 7 アルゼンチン
◆イングランド 38 – 7 スペイン

■チャレンジトロフィー準々決勝
◆アルゼンチン 35 – 0 日本
◆ケニア 19 – 12 トンガ
◆スペイン 19 – 10 ウェールズ
◆イングランド 21 – 5 フランス

■13位決定戦
◆トンガ 33 – 10 フランス

■13位決定トーナメント準決勝
◆トンガ 31 – 7 日本
◆フランス 35 – 19 ウェールズ

<<女子ワールドセブンズシリーズ第3戦  シドニー大会(2019年2月2-3日)>>
■カップ決勝
◆NZ 34 – 10 豪州

■カップ準決勝
◆NZ 29 – 5 アメリカ
◆豪州 24 – 12 アイルランド

■3位決定戦
◆アメリカ 26 – 10 アイルランド

■カップ準々決勝
◆NZ 17 – 7 カナダ
◆アメリカ 7 – 5 ロシア
◆アイルランド 22 – 7 スペイン
◆豪州 21 – 17 フランス

■5位決定戦
◆カナダ 19 – 17 フランス

■5位決定トーナメント準決勝
◆カナダ 12 – 5 ロシア
◆フランス 19 – 12 スペイン

■7位決定戦
◆ロシア 34 – 5 スペイン

<チャレンジトロフィー9-12位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆フィジー 15 – 12 イングランド

■11位決定戦
◆中国 31 – 0 パプアニューギニア

■チャレンジトロフィー準決勝
◆イングランド 54 – 0 パプアニューギニア
◆フィジー 12 – 0 中国

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2019

連敗SWが始めて敵地で勝利30-15同じ連敗のチーフスを。2019SR第3週3/1-

「2019SR」が2019年2月15日に開幕した。

<<2019SR>>
SR日程WEB
SR成績表WEB
<NZ>
*クルセイダーズ(12P)、ハイランダーズ(9)、チーフス(1)、ハリケーンズ(9)、ブルース(1)
<南ア>
*ライオンズ(5)、ストーマーズ(8)、シャークス(11)、ブルズ9)、ジャガーズ(5)、
<豪州>
*ブランビーズ(6)、レベルズ(9)、レッズ(1)、ワラターズ(5)、SW(5)

☆第3週 2019年3月1日-☆
連敗のSWはNZ遠征しチーフスと。チーフスも連敗中だ。
前半2分最初のATKでFL7松橋が右隅へ先制T、パーカーがGやPGを決める。
チーフスはSW陣へ入るもBKがノックオンを繰り返し自滅。
30-15でSWがSR4年目で初めて敵地で勝利をつかんだ。チーフスは3連敗。
◆ハイランダーズ19-24レベルズ
◆ハリケーンズ43-13ブランビーズ
◆サンウルブズ30(23-3)15チーフス
*SW3T3G3PG,チーフス2T1G1PG
◎SW/PR具智元(グ・ジウォン)日本代表に合流中
「勝利は嬉しい。ライバルの山下さんやアサエリさんが活躍してこいた。気持ちが引き締まりました」
◆クルセイダーズ22-12レッズ
◆ライオンズ12-30ブルズ
◆シャークス11-16ストーマーズ
◆ブル-ズ19-23ジャガーズ

☆第2週 2019年2月22日-☆
参入4年目のSWは秩父宮でワラターズを迎える。
第1週にかえて日本出身3人が先発に入った。ワラターズは豪代表ワラビーズメンバー11人を入れる。
前半からSWがリードするも後半、逆転。30-31と迫った38分、SOパーカーのDGが外れた。

◆ハイランダーズ36-31レッズ
◆サンウルブズ30(20-17)31ワラターズ
*SW3T3G3PG、ワラ4T2G1PT
◎SW/PR具智元(グ・ジウォン)日本代表に合流中
◆クルセイダーズ38-22ハリケーンズ
◆チーフス17-54ブランビーズ
◆シャークス26-7ブルース
◆ライオンズ17-19ストーマーズ
◆ブルズ12-17ジャガーズ

☆第1週 2019年2月15日-☆
参入4年目のSWは豪州カンファレンスだ。
開幕戦は南アのシャークスと第2ホームのシンガポールで対戦した。
前半、10-3とリードするもそこから前後半3つずつ計6T奪われ10-45で敗れた。

開幕戦はNZ勢、ハイランダーズが30-27チーフスを下した。

◆ハイランダーズ30-27チーフス
◆レベルズ34-27ブランビーズ
◆ブルーズ22-24クルセイダーズ
◆ワラターズ19-20ハリケーンズ
◆サンウルブズ10-45シャークス
*SW1T1G1PG、シャークス6T6G1PG
◎SW/PR具智元(グ・ジウォン)日本代表に合流中
◆ストーマーズ3-40ブルズ
◆ライオンズ25-16ジャガーズ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2019 | Main | April 2019 »