« 2019ARC開幕 韓国が8T52-14マレーシア下し初戦勝利 19/5/18  | Main | 延世大が今年最初のライバル高麗大戦38-12で制す 19/5/16 »

May 16, 2019

南ア、豪州首位争い激化 SWは休み 19SR第14週 5/17-18

「2019SR」が2019年2月15日に開幕した。
Sr1912
<<2019SR>>
<NZ>
*クルセイダーズ(49P)、ハリケーンズ(40)、 ハイランダーズ(29)、 ブルーズ(26)、 チーフス(23)
<南ア>
*ブルズ(32)、 ジャガーズ(32)、ライオンズ(30)、 シャークス(29)、ストーマーズ(26)
<豪州>
*ブランビーズ(29)、 レベルズ(28)、ワラターズ(26), レッズ(23)、 SW(12)
Sr1922
<第14週 2019年5月17-18日>
SWは休み(次週、秩父宮でレベルズ戦5/25)。
NZ地区はクルセイダーズが独走している、南アのストーマーズ戦。19-19で分けたが49Pで総合1位は変わらず。
2位ハリケーンズもプレーオフ進出が決まった。
南ア首位のシャークス(29P)が休み。
28Pと1差で追う2位ブルズが豪州レベスルズに32-17で勝ち32Pで首位へ。3位ジャガーズもハリケーンズに28-20と勝利で32P、得失点差で2位へ浮上した。
序盤不振だった昨年V、全体2位のライオンズもハイランダーズを下し30Pで3位と上がって来た。シャークスは4位降下となった。
豪州も29P首位のブランビーズが休みだ。2位28Pレベルズはブルズを下せばトップがあったが敗北。
◆ジャガーズ28-20ハリケーンズ
◆ブルズ32-17レベルズ
◆チーフス8-23ブルーズ
◆ワラターズ40-32レッズ
◆ライオンズ38-29ハイランダーズ
◆クルセイダーズ19-19ストーマーズ
<第13週 2019年5月10-12日>
SWは豪州遠征、ブランビーズ戦。FW戦、スクラムで反則を多く取られ自滅0-33で敗れた。
ブランビーズは5Tで5Pを獲得し合計29Pととなり、28Pのレベルズを抜いて豪地区1位に。
SW,前半開始2分でファンデンヒーファーが右隅にTRYで飛び込むもDFにあいボールを置く直前でタッチへ出されノートライになった。
◆クルセイダーズ40-13ブルズ
◆ハリケーンズ22-12ブルーズ
◆レベルズ30-24レッズ
◆ジャガーズ27-32ハイランダーズ
◆シャークス23-29チーフス
◆ワラターズ28-29ライオンズ
◆SW0(0-19)33ブランビーズ
*SW0、ブランビーズ5T4G
<第12週 2019年5月3-4日>
地元を離れSWは豪州遠征、レッズ戦となった。後半32分に逆転をくらい26-32で敗れた。3勝目が遠い。
前後半で4YCの反則。さらにWTBマシレワが前半36分にYCをもらうと13-8で折り返すも後半3分にTを奪われ13-15とされた。
7分SOパーカーがPGで16-15とするも10分にマシレワがハイタックルのYC、2枚目をもらいRC退場に。
レッズは好機をいかしマシレワがいない場所へのキックパスで逆転Tし16-22とこの試合4回目の逆転になった。
お互い1PGを加え19-25に。27分SWのWTBファンデンヒーファーがレッズ、パスをインターセプトしG成功で26-25。
しかしSWは反則が抑えられない。3分後DFにいった田村がオフサイドでYC。
レッズは32分にラインアウトからモールを組むとBKも加わりインゴールへ運びきった。26-32。
36分、レッズがRCで退場もSWがYCシンビン。最後は12人で戦った。
首位クルセイダーズはシャークスのBDでの攻防に敗れ
次々を反則を犯した。7PG決められ14-21と残り5分を切る。
後半38分以降、シャークスゴール5M前でPKをもらう。
3回目のPK、タップで攻めた。試合終了のホーンが鳴った20秒後、右中間へTを奪う。
19-21の2点差、GはSOハントがシャークス全員の飛び出しカットを越えて成功し21-21に。
同点引分。さらに3T差で勝点3を得た。
◆SW26(13-8)32レッズ(5月3日、ブリスベン)
*SW2T2G4PG、レッズ4T3G2PG
◆クルセイダーズ21-21シャークス
◆ハリケーンズ29-19レベルズ
◆ハイランダーズ31-31チーフス
◆ブランビーズ26-21ブルーズ
◆ブルズ21-28ワラターズ
◆ジャガーズ30-25ストーマーズ
<第11週 2019年4月26-27日>
SWは秩父宮ラグビー場。NZハイランダーズを迎える。
◆SW0(0-33)52ハイランダーズ(4月26日、秩父宮)
*ハイラ8T6G
*試合開始20分でハイランダーズが4T3G0-26と試合を決めた。
前半0-33で折り返す。
後半10分間はSWがハイランダーズ陣で攻撃するも得点できず。ボールを奪ったハイランダーズは3Tを加え0-52で圧勝。
SWはSR入り後、初のゼロ封となった。
◆クルセイダーズ36-10ライオンズ
◆ハリケーンズ47-19チーフス
◆シャークス23-15ワラターズ
◆ストーマーズ24-23ブルズ
◆ジャガーズ20-15ブランビーズ

|

« 2019ARC開幕 韓国が8T52-14マレーシア下し初戦勝利 19/5/18  | Main | 延世大が今年最初のライバル高麗大戦38-12で制す 19/5/16 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2019ARC開幕 韓国が8T52-14マレーシア下し初戦勝利 19/5/18  | Main | 延世大が今年最初のライバル高麗大戦38-12で制す 19/5/16 »