« 早大が大東大下す(関東春季大会)、関西は京産大が決勝へ 19大学春季 19/6/2 | Main | SW南ア地区へ8連敗 18-31ストーマーズ SR第17週  19/6/7-8 »

June 03, 2019

日本男子、次期は降格に Wセブンズシリーズ最終戦パリ大会 19/6/1-2

「ワールドラグビーセブンズシリーズ(男子)の今季第10戦、パリ大会」
2019年6月1-2日に開催。
☆第2日(6月2日)☆
カップ戦、決勝はフィジー35-24NZで優勝した。総合P186で1位。
3位は南ア24-7米国。
総合2位は米国177P、3位NZ162P、4位南ア148Pでここまでが東京五輪出場を決めた。
9-16位のチャレンジトロフィーに回った日本。
残留争いにケニアがプール戦で2位となり最低で10P獲得し日本、ウエールズを総合Pで上回ることが確定し残留。
日本は25P、ウエールズ30P。最低1P得るので日本が32Pとなるためには10位が必要だ。
初戦で、前週で勝ったイングランドと当たった。今回、イングランドが積極的に日本を攻め続け前半で0-24に。
後半もイングランドがTすると気力がなくなった日本。7-52で敗れ30Pにも届かず降格に。
13位戦でスコットランド31-26と敗れ14位で終えた。総合27P。
ウエールズも初戦で敗れ日本にも17-33で負け最下位で終わったが総合31Pでかろうじて残留した。
☆第1日(6月1日)☆
日本はプールD、
初戦で地元・仏を17-14で制した。NZに14-31で負けた。スコットランド戦に2位通過をかけた。
後半試合終了前まで2T差でリード、しかし最後のプレーで逆転され21-22となった。
3勝のNZ除く3チームが1勝2敗(5P)で並ぶも得失点差が仏(+6)、日(-15)、スコ(-17)の順になり
日本は1-9位のチャレンジトロフィーへ。
<<男子総合P>>
①フィジー(186P),②米(177P)、③NZ(162)、④南ア(148)、⑤イングランド(114)、⑥サモア(107)
⑦豪州(104)、⑧仏(99)、⑨アルゼンチン(94)、⑩スコット(72)、⑪加(59)、⑫スペイン(49)
⑬ケニア(37)、⑭ ウエールズ(31)、⑮日本(27)、⑯アイルランド(19)、⑰チリ(6)、⑱トンガ(5)、⑲ジンバブエ(2)、⑳ポーランド(1)、㉑香港(1)
<<男子ワールドセブンズシリーズ第9戦 仏パリ大会>>
(2019年6月1-2日、パリ)
<1-8位>
■カップ決勝
◆フィジー35-24NZ
■3位決定戦
◆南ア24-7米国
■カップ準決勝
◆フィジー33-14米国
◆NZ33-7南ア
■カップ準々決勝
◆フィジー24-5仏
◆米国26-12ケニア
◆NZ21-12アルゼンチン
◆南ア40-7サモア
■5位決定戦
◆仏40-5サモア
■5位決定トーナメント準決勝
◆仏26-21ケニア
◆サモア12-10アルゼンチン
<9-16位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆カナダ28-12アイルランド
■チャレンジトロフィー準決勝
◆カナダ41-28イングランド
◆アイルランド24-17豪州
■チャレンジトロフィー準々決勝
◆アイルランド24-12スコットランド
◆豪州54-0スペイン
◆イングランド52-7日本
◆カナダ31-12ウエールズ
■13位決定戦
◆スコットランド31-26日本
■13位決定トーナメント準決勝
◆日本33-17ウエールズ
◆スコットランド47-14スペイン
<プール戦>
■プールA ①フィジー(9)、②アルゼンチン(7)、③アイルランド(5)、④イングランド(3)
◆フィジー40-26アルゼンチン、40-5アイルランド、52-4イングランド
◆アルゼンチン22-7アイルランド、31-19イングランド
◆アイルランド27-14イングランド
■プールB ①南ア(9)。②ケニア(6)、③ウエールズ(5)、④豪州(4)
◆南ア29-12ケニア、22-7ウエールズ、19-17豪州
◆ケニア26-21ウエールズ、19-19豪州
◆ウエールズ24-7豪州
■プールC ①米国(9)、サモア(7)、スペイン(5)、カナダ(3)
◆米国33-14サモア、31-7スペイン、26-12カナダ
◆サモア31-12スペイン、21-19カナダ
◆スペイン24-19カナダ
■プールD ①NZ(9)、②仏(1勝2敗、5P、+6)、③日本(5、-15)、④スコットランド(5、-17)
◆NZ17-10仏、31-14日本、14-12スコットランド
◆仏14-17日本、28-12スコットランド
◆日本21-22スコットランド

「ワールドラグビーセブンズシリーズ(男子)の今季第9戦、ロンドン大会」
2019年5月25-26日に開催。
日本は、プール戦Aで南ア、カナダ、アルゼンチンと同じ組。
☆第2日(5月26日)☆
決勝はフィジーが43-7豪州を圧倒し優勝。総合P164となり1位になった。
3位は米31-14仏に。
総合2位は米国162P、3位NZ143P、4位南ア131Pでここまでが東京五輪出場を決めた。
9-16位のチャレンジトロフィーに回った日本は初戦で残留争いのウエールズに0-17で負けて13位以下決定戦へ。
準決勝でやはりライバルのケニアを26-17で制し今大会1勝目、
さらに13位戦で総合P5位のイングランドを29-14と破り13位で終えた。
3Pを獲得総合15位に、ケニア14位27Pを最終戦(仏大会、6/1-2)で逆転狙う。
ウエールズは30P13位。
☆第1日(5月25日)☆
日本はプールA、
南ア49-0日本、カナダとは31-12日本。アルゼンチンにも7-36と一蹴され3敗で9-16位戦へ。
<<男子総合P>>
①フィジー(164P),②米(162P)、③NZ(143)、④南ア(131)、⑤イングランド(109)、⑥豪州(99)
⑦サモア(95)、⑧仏(86)、⑨アルゼンチン(84)、⑩スコット(69)、⑪加(51)、⑫スペイン(48)
⑬ウエールズ(30)、⑭ ケニア(27)、⑮日本(24)、⑯アイルランド、⑰チリ(6)、⑱トンガ(5)、⑲ジンバブエ(2)、⑳ポーランド(1)、㉑香港(1)
<<男子ワールドセブンズシリーズ第9戦 イングランド・ロンドン大会>>
(2019年5月25-26日、ロンドン)
<1-8位>
■カップ決勝
◆フィジー43-7豪州
■3位決定戦
◆米国31-14仏
■カップ準決勝
◆豪州31-24仏
◆フィジー17-10米国
■カップ準々決勝
◆フィジー33-24アイルランド
◆米国29-14カナダ
◆仏19-14NZ
◆豪州29-22南ア
■5位決定戦
◆NZ35-14アイルランド
■5位決定トーナメント準決勝
◆NZ21-17南ア
◆アイルランド33-14
<9-16位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆サモア26-17スコットランド
■チャレンジトロフィー準決勝
◆サモア14-5アルゼンチン
◆スコットランド33-7ウエールズ
■チャレンジトロフィー準々決勝
◆アルゼンチン28-19スペイン
◆サモア24-19イングランド
◆スコットランド29-21ケニア
◆ウエールズ17-0日本
■13位決定戦
◆日本29-14イングランド
■13位決定トーナメント準決勝
◆日本26-17ケニア
◆イングランド40-21スペイン
<プール戦>
■プールA ①南ア(9P)、②カナダ(7)、③アルゼンチン(5)、④日本(3)
◆南ア45-14カナダ、40-21アルゼンチン、49-0日本
◆カナダ14-12アルゼンチン、31-12日本
◆アルゼンチン36-7日本
■プールB ①フィジー(9)、仏(7)、ケニア(5)、サモア(3)
◆フィジー31-10仏、24-17ケニア、26-17サモア
◆仏31-17ケニア、22-14サモア
◆ケニア21-20サモア
■プールC ①NZ(7、得失差+36),②アイルランド(7、+8)、③イングランド’7、+4)、④スコットランド(3)
◆NZ34-7アイルランド、12-17イングランド、21-7スコットランド
◆アイルランド21-17イングランド、43-12スコットランド
◆イングランド24-21スコットランド
■プールD ①米国(9)、豪州(7)、ウエールズ(5)、スペイン(3)
◆米国19-17豪州、28-26ウエールズ、29-5スペイン
◆豪州28-10ウエールズ、42-12スペイン
◆ウエールズ21-17スペイン

|

« 早大が大東大下す(関東春季大会)、関西は京産大が決勝へ 19大学春季 19/6/2 | Main | SW南ア地区へ8連敗 18-31ストーマーズ SR第17週  19/6/7-8 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 早大が大東大下す(関東春季大会)、関西は京産大が決勝へ 19大学春季 19/6/2 | Main | SW南ア地区へ8連敗 18-31ストーマーズ SR第17週  19/6/7-8 »