« 韓国。宿敵、香港戦、前半で逆転負け10-47 2019ARC第3週 19/6/8 | Main | 専大がCグループV 2019関東大学春季大会 6/9 »

June 07, 2019

ながとが今季2つ目V 2019女子セブンズ第3戦 鈴鹿大会 6/8-9

<<「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ第3戦鈴鹿大会」>>

☆総合P☆

1位ながとブルーエンジェル(56P)、2 アルカス熊谷(50)、3三重パールズ(48)、4東京山九フェニックス(36)

5流経大グレース(34)、5横浜TKM(34)、7日本体育大(26)、8北海道ディアナ(20)、

9自衛隊体育学校(14)、9追手門学大(14)、11 横河武蔵野(7)、12チャレンジチーム(3)

2019女子セブンズ大会開幕の「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ第3戦鈴鹿大会」

19/6/8-9の2日間、三重県・三重交通G スポーツの杜 鈴鹿 サッカー・ラグビー場
開催。地元、三重パールズがシリーズ2勝目か?復活アルカスは?

☆第2日(6月9日)

順位決定トーナメント。

カップ戦は決勝でながとブルーエンジェルとようやく復調の日本体育大が対戦した。

ながと19-7で下し初戦。秋田大会に続き2つ目の優勝を遂げた。

3位はアルカス熊谷が地元Vを狙った三重パールズを14-7で制した。

総合Pはながとが56Pで首位。2位はアルカス50P、3位三重48P、4位フェニックス34P。

最終戦・富士裾野大会で3位までが総合優勝の可能性を残している。

 

☆第1日(6月8日)

参加12チームが3プールに分かれた予選を戦った。

地元三重がプールA、3連勝で危なげなく8強入り。

Aは北海道ディアナが2位。

Bはアルカスが日体大に敗れ2勝1敗、流経大グレース、日体大も2勝1敗と並んだ。

得失点差でアルカス+36、日体大+29、流経+16の順となった。3チームがベスト8へ。

Cはながと、東京フェニックスが19-19で分け、2勝1分けに。得失点差でながと+23、フェニックス+19。

 

<カップ戦、6月8日>

■決勝戦

◆ながとブルーエンジェル19-7日本体育大

 

■3位決定戦

◆アルカス熊谷14-7三重パールズ

 

■準決勝

◆ながとブルーエンジェル21-14アルカス熊谷

◆日本体育大14-12三重パールズ

■準々決勝

◆アルカス熊谷15-10流経大グレース

◆ながとブルーエンジェル17-5北海道ディアナ

◆日本体育大26-14東京山九フェニックス

◆三重パールズ12-0横浜TKM

 

■5位戦

◆東京山九フェニックス17-0 流経大グレース

 

■7位戦

◆横浜TKM31-17北海道ディアナ

■5位予選

◆東京山九フェニックス17-12横浜TKM

◆流経大グレース14-5北海道ディアナ

 

<チャレンジトロフィー9-12位>

■9位戦

◆自衛隊体10-5追手門学院大

■11位戦

◆横河武蔵野21-7チャレンジチーム

■9位予選

◆自衛隊体育学校19-12横河武蔵野

◆追手門学大17-0チャレンジチーム

 

<予選プール、6月8日>

■A ①三重パールズ(3-0)、②北海道ディアナ(2-1)、③自衛隊体育学校(1-2)、④横河武蔵野(0-3)

◆三重パールズ35-12北海道ディアナ、43-0自衛隊体育学校、34-5横河武蔵野

◆北海道ディアナ31-12自衛隊体育学校、31-5横河武蔵野

◆自衛隊体育学校52-0横河武蔵野

 

■B ①アルカス熊谷(2勝1敗、+36)、②日本体育大(2-1、+29)、③流経大グレース(2-1、+16)、チャレンジチーム(0-3)

◆アルカス熊谷17-21日本体育大、21-7流経大、31-5チャレンジチーム

◆日本大15-19流経大、36-7チャレンジ

◆流経大36-10チャレンジ

 

■C ①ながとブルーエンジェル(2勝1分け、+23)、②東京山九フェニックス(2勝1分け、+19)、③横浜TKM(1-2)、追手門学大(0-3)

◆ながと19-19フェニックス、28-19横浜TKM、24-10追手門学大

◆フェニックス17-5横浜TKM、14-7追手門学大

◆横浜TKM31-7追手門学大

 

<<「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ第2戦東京大会」>>

2019女子セブンズ大会開幕の「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ第2戦東京大会」

19/5/18-19、東京・秩父宮ラグビー場で開催された。

12チームが参加し1日目は4チームずつのプール戦。

各2位までと3位上位2チームの8チームがカップ戦へ。

下位4チームがチャレンジトロフィーに回る。

☆第2日(5月19日)☆

今季、復帰をかけるアルカス熊谷と三重パールズが決勝へ。

三重が10-5で制し今季初V。

3位は第1戦Vのながとブルーエンジェルスが流経大GRACEを21-10で圧倒した。

初戦、不振だった日体大はベスト8に進むも流経大に14-20で敗れ5-8位へ。

ここでも敗れ結果8位で終えた(7位横浜TKM22-17日体)。

5位は山九フェニックス33-5北海道ディアナ。

6月の富士山(御殿場)大会が今季最終戦となる。

 

<<太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ第2戦東京大会>>

<カップ戦、5月19日>

■決勝戦

◆三重パールズ10-5アルカス熊谷

 

■3位決定戦

◆ながとブルーエンジェルス21-10流経大GRACE

 

■準決勝

◆三重パールズ39-5流経大

◆アルカス14-10ながと

■準々決勝

◆三重パールズ22-17北海道ディアナ

◆流経大GRACE20-14日体大

◆アルカス熊谷19-7横浜TKM2

◆ ながとブルーエンジェルス36-17山九フェニックス

■5位戦

◆山九フェニックス33-5北海道ディアナ

 

■7位戦

◆横浜TKM22-17日体大

■5位予選

◆山九フェニックス17-5横浜TKM

◆北海道ディアナ20-17日体大

<チャレンジトロフィー9-12位>

■9位戦

◆自衛隊31-12追手門学院大

■11位戦

◆横河武蔵野38-12チャレンジ

■9位予選

◆横河武蔵野19-5チャレンジ

◆北海道BB19-17日本体育大

 

<予選プール、5月18日>

■A ①ながとブルーエンジェル、②流経大GRACE(1勝1分け1敗、-14)、③北海道ディアナ(1勝1分け1敗、-24)、④横河武蔵野

◆ながと35-0流経大、45-7北海道、36-7横河武蔵野

◆流経大24-24北海道、33-12横河武蔵野

◆北海道26-12横河武蔵野

 

■B ①三重パールズ(2勝1分け、得失+57)②横浜TKM(2勝1分け、+38)、③追手門学大、④チャレンジチーム

◆三重パールズ12-12横浜TKM、32-0追手門学大、39-14チャレンジチーム

◆横浜TKM17-5追手門学大、26-0チャレンジチーム

◆追手門学大26-10チャレンジチーム

 

■C ①日体大、②アルカス熊谷、③山九フェニックス、④自衛隊体育学校

◆日体大10-7アルカス熊谷、22-21山九フェニックス、17-15自衛隊体育学校

◆アルカス熊谷12-7山九フェニックス、26-6自衛隊体育学校

◆山九フェニックス29-12自衛隊体育学校

 

<<2019女子セブンズ大会開幕の「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ第1戦秋田大会」>>

19/4/28-29、秋田市で開催。

12チームが参加し1日目は4チームずつのプール戦。

各2位までと3位上位2チームの8チームがカップ戦へ。

下位4チームがチャレンジトロフィーに回る。

☆第2日(4月29日)☆

昨年から参加した新興ながとブルーエンジェルスが決勝で横浜TKMを17(12-7)14で制し初優勝を果たした。

3位はアルカス熊谷が三重パールズを19-0で下し復活へ第1歩か。

☆第1日(4月28日)☆

昨年、日本代表へ多くを派遣し失速したアルカス熊谷がプールAで2勝1分けで1位通過した。

日体大は3敗と不振、最下位になった。

Bは昨季Vの三重パールズが実力を魅せ1位。Cは横浜TKMが1位だった。

今季、昇格した横河武蔵野、自衛隊体育学校が1勝をあげた。

<<太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ第1戦秋田大会>>

<カップ戦、4月29日>

■決勝戦

◆ながとブルーエンジェルス17(12-7)14横浜TKM

■3位決定戦

◆アルカス熊谷19-0三重パールズ

■準決勝

◆横浜TKM22-17三重パールズ

◆ながとブル29-7アルカス

■準々決勝

◆三重パールズ17-10追手門学大

◆横浜TKM26-5山九フェニックス

◆ながとブルーエンジェルス35-14流経大GRACE

◆アルカス熊谷24-5自衛隊体育学校

■5位戦

◆山九フェニックス19-12流経大GRACE

 

■7位戦

◆追手門学院高19-7自衛隊体育学校

■5位予選

◆山九フェニックス17-5追手門学院高

◆流経大GRACE19-7自衛隊体育学校

<チャレンジトロフィー9-12位>

■9位戦

◆北海道BB33-12横河武蔵野

■11位戦

◆日本体育大34-0チャレンジ

■9位予選

◆横河武蔵野19-5チャレンジ

◆北海道BB19-17日本体育大

 

<予選プール、4月28日>

■A ①アルカス熊谷、②山九フェニックス、③横河武蔵野、④日本体育大

◆アルカス熊谷15-15山九フェニックス、42-0横河武蔵野、24-5日本体育大

◆山九フェニックス40-12横河武蔵野、22-5日本体育大

◆横河武蔵野17-7日本体育大

 

■B ①三重パールズ、②ながとブルーエンジェルス、③自衛隊体育学校、④北海道BB

◆三重パールズ17-5ながとブルーエンジェルス、41-0自衛隊体育学校、29-5北海道BB

◆ながとブルーエンジェルス31-7自衛隊体育学校、26-19北海道BB

◆自衛隊体育学校19-7北海道BB

 

■C ①横浜TKM、②流経大GRACE、③追手門学大、④チャレンジチーム

◆横浜TKM22-0流経大GRACE、22-0追手門学大、29-14チャ レンジチーム

◆流経大GRACE19-10追手門学大、29-7チャ レンジチーム

◆追手門学大42-0チャ レンジチーム

|

« 韓国。宿敵、香港戦、前半で逆転負け10-47 2019ARC第3週 19/6/8 | Main | 専大がCグループV 2019関東大学春季大会 6/9 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 韓国。宿敵、香港戦、前半で逆転負け10-47 2019ARC第3週 19/6/8 | Main | 専大がCグループV 2019関東大学春季大会 6/9 »