« U20男子代表決勝へ U20トロフィー3日目 19/7/17 | Main | 4強対決はサントリーVS神戸、東芝VSクボタに 19TLC 予選最終週19/7/19-7/20 »

July 19, 2019

尚武が初戦制す31-28現代G コリアンリーグ2次大会開幕 19/7/20

韓国ラグビー社会人開幕!

<<「2019韓国コリアンリーグ第2次大会」>>

「2019韓国コリアンリーグ第2次大会」が7月20日~8月3日まで行われる。

1次大会で優勝の現代グロービス、2位ポスコ建設に尚武(韓国軍体育部隊)が参加する。
3位韓国電力は不参加となった。

☆第1週(7月20日)☆

尚武(黒)のアタック

19720smhyg1

今季、公式戦初出場の尚武が現代Gを31(21-14)28で制した。代表SOハン・グミンが2G4PGを決めた。

◆第1週、現代G28(14-21)31尚武(7月20日、仁川南洞アジアドラグビー場)

*現代3T3G1PT、尚武3T2G4PG

19720smhyg2

*尚武が今季初試合を勝利。前半3分、SHアン・サンホが先制T、SOハン・グミンがGは失敗し5-0。

3分後にWTB14金テヒョンが連続T、ハンGで12-0とするとハンは19分、23分にPGで18-0と加点した。

1次大会Vの現代はようやく反撃。28分主将NO8李ヨンスン(元日野)がT、GはSOチョン・ブヒョンが決めて18-7.

36分にはFBナム・ユジュンがTラインを越えて18-14と迫った。尚武も39分にハンが3本目のPGで21-14、後半へ。

後半、最初の得点も尚武だった。4分にNO8パク・ジュンヨンが取り切る(G成功)、28-14とした。

9分にハンのPGで31-14と差を広げた。

現代は20分にPT、27分李2本目のTも追いつけず。

◆第2週、ポスコ建設-尚武(7月27日、忠清南道 禮山郡)

◆第3週、現代G-ポスコ建設(8月3日、忠清南道 禮山郡)

 

 

<<「2019韓国コリアンリーグ第1次大会」>>

「2019韓国コリアンリーグ第1次大会」

☆第3週(5月11日)☆

現代グロービス(白)と韓国電力(青)が対戦した。初戦、ポスコと引分の現代は得失点差+11以上で勝つと優勝と成る。

主審は日本協会の関谷 惇大レフリー(流経大OB)。
19511hg41ke28p1

前半から現代のアタックがよく5T5G2PG41-28で韓電を下した。+13で+10のポスコを抜き制覇を遂げた。

韓電陣で進めた現代は前半5分、韓電ゴール前の左ラインアウトを得る。ラックでつなぎCTB12ムン・ジョンホが左中間へ先制トライを奪った。GはSO朴ホンシクが決めた(7-0)。

現代は一列PR1チョ・ジンヒョン(黒ヘッドキャップ、元秋田NB),HO2ソン・ヨンギ(元ホンダ)、PR3朴ジョンニョル(赤白ヘッドキャップ、元サントリー)、主将NO8李ヨンスン(元日野)、SHは元NEC李明俊(中央)と日本チーム経験者を揃えた。

19511hg41ke28p2

6分後、自陣からつなぐとFBナム・ユジュンのランを起点に最後はSO朴がゴール中央へ運んだ。G成功し14-0。さらに17分には韓電陣22M内の右ラインアウトのチャンス。モールを作り順目にボールを出すと朴が2本目のファイブポインターとなった。自ら3本目のGも難なく成功し21-0と大きく差を広げた。

ここまで現代陣へ入ることができなかった韓電。24分すぎから韓電陣で攻撃するも得点を取り切れない。28分に現代ゴール前で反則をもらい4度目の反則、タップから左へ動かす。主将WTB11ユ・チョルギュが左中間へ最初のトライを奪った。Gは代表引退の呉ユンヒョンが決め7点を返した(21-7)。韓電は30分以降の現代攻撃をしのぐと現代陣に入る。22M左ラインアウト。ボールを順目にそして左へ返す。CTB13金ナンウクへ渡る。代表CTBが走り切りポスト左へ置いた。G呉成功で21-14と追い上げ前半終了。

 

しかし後半も最初の得点は現代だった。わずか36秒、キックオフから韓電陣へ。韓電がオフサイドの反則を犯すとSH李がすぐにタップからFBナムへ。ナムが中央インゴールへ飛び込んだ。G成功し28-14。

加点も4分に現代。BK23李ヒョンジュンが韓電陣10Mから22M内へ走り込む。ラックから出たボールをLO5金フィチョルが右中間へ置いた。Gは朴が決め35-14に。

現代は朴と代わった22番チョン・ブヒョンが32分、右中間10M内側からのPGを決めて38-14と優勝に近づく。すると2分後、韓電WTB14チャン・ジョンミンがスクラム起点のボールをもらいトライラインを越えた。G呉が確実に決めて38-21。

39分、韓電が自陣で痛いオフサイドの反則。現代チョンがPGで41-21とした。最後終了のホーンが鳴った後、韓電WTBチャンがトライし終えた(41-28)

 

☆第2週(5月4日)☆

韓国電力が登場。ポスコと争った。後半6分、最初に27-28と逆転されたポスコが11分にNTTドコモから帰国再加入のLO5朴淳彩が逆転Tを奪った。その後は朴の2本目のTなどリードを保ち48-38で制した。

前半最初の得点はポスコ。7分にSOユ・ジェヒョクがPGで3-0とした。12分にはパスやランでチームを率いたドコモから新加入CTB12張成民が初Tを決めた。22M韓電内でパスをもらうとDFを振り切った(G成功10-0)。

21分にはポスコが韓電陣右SCから左へ展開するとあっさり抜けWTB11ユ・ソンヨンがTで15-0と差を広げた。

韓電はようやく反撃。23分、ボールをつなぐと闘将FL7金ジョンミンが左中間インゴールへT、Gは代表引退のSO呉ユンヒョンが決めて15-7とする。

さらにリスタートから受けた呉がハイパンをあげるとFL金とポスコが競りルーズボールに。韓電CTB12金ナンウクが拾い50M独走でゴール中央へ飛び込んだ。呉が簡単にG成功し15-14と1点差に迫った。

ポスコもへこまない。31分にゴール前ラックをFL6イム・ジュンヒがポスト右へ置いた(G成功22-14)。3分後にはリスタートから展開する。CTB12張-SOユ-CTB13李ジェボックとつなぎ左中間ゴールラインを越えた(27-14)。

関電が37分、ポスコのパスをインターセプトしたFL7金のTで7点を返し後半入り(27-21)。

後半6分、韓電が5Mラインアウトからモールで押し込み、最後はPR3金ジンウンがT、Gを呉が確実に決めて27-28と初めてリードした。

点の奪いあう試合は続く。11分、今度はポスコが22M外ラインアウト。CTB張のラン・ゲインでゴール前へ。ラックからLO5朴がポスト左へボールを運び逆転(G成功34-28)。

3分後、韓電SO呉PGで3点差(34-31)。

しかし17分にポスコWTB11ユが2本目のT、すると26分にはLO朴も2本目のTを取り切り48-31とほぼ試合を決めた。

韓電は35分にWTB14がキックリターンからつないだボールでトライラインを駆け抜けたが終了(48-38)

☆第1週☆

初戦はポスコ建設VS現代グロービス。ポスコ22(12-7)22現代で引き分けた。

前半はポスコが12-7リードで折り返し。

8分、ポスコFL6イム・ジュンヒが先制T、SOユ・ジェヒョクがGを決めて7-0.

13分はWTB14金原用(キム。ウォンヨン。元日野)がTラインを越えて12-0とした。

中盤25分に現代が右CTB13李ジンギュのT、SO朴ホンシクGし12-7で後半へ。

後半も最初2分にポスコがFL金スビンのトライなどで19-7と差を保つ。

しかし現代が9分にSO22チョン・ブヒョンのPGで3点を返すと

14分に左WTBカン・ジング、17分右CTB李ジンギュの代表経験者連続トライで19-22と逆転。

21分にポスコSO朴ホンシクがPGを成功し同点で終えた。

今季、日本のNTTドコモ退団し帰国した。ポスコLO/FL朴淳彩(パク・スンチェ)は右LO5、

BK張成民(チャン・ソンミン)は右CTB13で先発。

■2019コリアンリーグ ①現代グロービス(1勝1分け、得失+13)、②ポスコ建設(1勝1分け、+10)、

③ 韓国電力(2敗)

◆第1週、ポスコ建設22(12ー7)22現代G(4月27日18:00)

*ポスコ、現代3T2G1PGずつ

◆第2週、韓国電力38(21ー27)48ポスコ建設(5月4日)

*韓電5T5G1PG、ポスコ7T5G1PG

◆第3週、現代G41(21-14)28 韓国電力(5月11日)

*現代5T5G2PG、韓電4T4G

|

« U20男子代表決勝へ U20トロフィー3日目 19/7/17 | Main | 4強対決はサントリーVS神戸、東芝VSクボタに 19TLC 予選最終週19/7/19-7/20 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« U20男子代表決勝へ U20トロフィー3日目 19/7/17 | Main | 4強対決はサントリーVS神戸、東芝VSクボタに 19TLC 予選最終週19/7/19-7/20 »