« 日本初戦飾る松島3T! 2019RWC日本大会始まる!!  19/9/20 | Main | フィジー軍が大会連覇 英国軍を31-17で下す 2019IDRC最終日 19/9/23 »

September 22, 2019

決勝は英国VSフィジー、韓国は9位で終える 2019IDRC 19/9/19

「優勝候補フィジー、英国軍が大勝で初戦飾る 国際防衛ラグビー競技会開幕」

 第3回となる世界の10カ国軍ラグビー部が戦う「国際防衛ラグビー競技会2019(以下IDRC)」が9月9日に開幕した。

韓国から軍体育部隊(尚武)が初参加した。

1999idrcop2 1999koreasm 1999idrcopen

911日、自衛隊施設(陸上自衛隊朝霞駐屯地、同習志野演習場)で初戦を行った。

☆第3日(9月19日)

準決勝2試合に親善試合3試合を行った。

準決勝A(朝霞)、第1回Vのイギリス軍が29-12でフランス軍を下した。B(習志野)は前半からフィジー軍が圧倒し50-7NZ軍を一蹴した。

決勝は現元王者の対戦に(9月23日、柏の葉)

親善試合、5位決定戦にはオーストラリア国防軍63-12ジョージア軍(習志野)、日本自衛隊35-26トンが軍と進んだ。

最下位9位戦は韓国軍体育部隊とパプアニューギニア軍(PNG)が対戦。前半、右WTB23金テヒョンの連続Tで先制、さらにアウトサイドセンター金ジンヒョクも2Tあげるなど35-7としリード。後半はPNGのDFに手こずるも5T追加し69-28で初勝利をあげた。

☆第2日(9月15日)

A2回戦(習志野)。初登場の日本(自衛隊)はフランス軍に3-19で敗れた。仏は19日、準決勝でイギリス軍とあたる。

日本は親善試合2回戦は回りトンガ軍戦。

B2回戦(朝霞)はNZ軍がオーストラリア国防軍を47-35で制し19日の準決勝へ。フィジー軍と対戦。

豪州は親善試合2回戦ジョージア軍。

親善試合1回戦、習志野では韓国軍体育部隊(尚武)とトンガ軍があたった。前半から韓国がトライし19-5とリードするもトンガが2トライし19-19同点で後半へ。

最初にトンガT19-26と最初の逆転。韓国追いつく(26-26)と、続けてTで31-26と再逆転。トンガTGし31-33、3度目の逆転。韓国TG38-33と4回目入れ替わる、しかしトンガがTG38-40、2つ続けてTG38-54。韓国Tも43-54で終えた。

朝霞1回戦はジョージアがパプアニューギニア軍(PNG)を33-7で下した。

韓国とPNGが19日に習志野で最下位決定戦を行う。

☆第1日(9月11日)

 朝霞の開幕ゲームはAブロック。フランス軍対パプアニューギニア国防軍(以下PNG)、フランスが前後半トライを決め71-0とゼロ封で2回戦へ。-

199112f71png0 19911fr6try

 B、前回王者フィジー軍と初参加の韓国軍(体育部隊/尚武)は2回戦を戦いこちらもフィジーが14トライの猛攻で92-6と韓国を一蹴しベスト4へ進んだ。

199112fj92kor6 Fiji13try2

 習志野ではA2回戦で第1回大会王者のイギリス軍が69-3でジョージア軍を寄せ付けず4強入り。

Bオーストラリア国防軍とトンガ軍は1回戦であたりオーストラリアがトンガ棄権で2回戦へ。

 大会2日目(15日)はトーナメント2回戦、A日本対フランス、Bニュージランド対オーストラリア。さらに敗者は親善試合トーナメントへ。PNGとジョージア、韓国とトンガが戦う。

<トーナメント>

■決勝戦(9月23日1430、柏の葉)

◆英国-フィジー

 

■3位戦(9月23日1130、柏の葉)

◆仏-NZ

■準決勝戦(9月19日)

◆A⑨英国39-12仏(1130、朝霞)

◆B⑩フィジー50-7NZ(1000、習志野)

■2回戦

◆A①英国69(31-3)3ジョージア(9月11日、1130、習志野)

*英10T8G1PG、ジョージア1PG

◆A⑤日本3(3-5)19仏(15日、1130、習志野)

*日本1PG、仏3T2G

◆B⑥NZ47(14-14)35豪州(15日、朝霞)

*NZ7T6G、豪州5T5G

◆B④フィジー92(40-6)6韓国/尚武(11日、1430、朝霞)

*フィジー14T11G、韓国SOハン・グミン2PG

Kso10pg

『フィジアン・マジックを見せつけ14トライ 韓国を崩壊させた』

 前回王者の強さを体感した。ワールドカップのフィジー代表にも選手を供給してきたフィジー軍。

まずはキックオフを受けそのまま繋ぎ切るとFBジェイク・スグトゥラーガが右中間へノーホイッスルで飛び込んだ。Gも担当したが外し5-0

 韓国は4分、ハーフラインで反則を得る。韓国代表SOのハン・グミンは迷わずPGを選択し50メートル近い距離を成功させ5-3と迫った。

 ここからフィジーが自在に個人技やオフロードパスのフィジアン・マジックを見せつけた。

前半だけで計5トライ40-6で試合を決めてしまった。

 後半もCTBエピサロメ・ヴォータが3分にゴール前の反則からタップで素早く仕留めた。

会場がどよめいたのは残り10分前後。韓国が反則で得たPKからフィジー、ゴール前5メートルの左ラインアウト。

初めてのトライチャンス、しかし投入されたボールはフィジーの手に入る。

そこからあっさりと左ライン際を駆け抜けトライし73-6へ。

さらに3トライと最後まで手を抜かず大量92点で連覇へ良いスタートを切った。

 HOイシリー・リデイア主将も「韓国は強かったが私たちのラグビーができた。⒈試合ずつ勝ち、目標はもちろん優勝」と手ごたえをつかんだ。

 韓国は大会参加前に話していたラインアウト、スクラム強化もフィジーの前には役立たず。高いタックルも目につきディフェンス網が崩壊、大敗した。

■1回戦(9月11日)

◆A②仏71(31-0)0パプアニューギニア(PNG、1130、朝霞)

*仏10T9G1PG

『フランスはPNGのディフェンスに手こずるも10トライ』

 フランスは前半2分、キックリターンから展開しPNG陣へ入る。

右ライン際を攻め、順目に飛ばしパス。左WTBダヴィテ・ゥゴイが先制トライを奪った(G成功し7-0)。

フランスが11分にFBベノア・ルボジェックの右足ブーツPG3点を加える。

 その後は、PNGが懸命にダブルタックルなどでフランスの攻撃を止める。

ノックオンを誘うと会場から声援が起きた。

次の加点は32分まで待った。PNG陣、PNGボールのスクラムをフランスが押し込みターンオーバー、SOジェレミ・ヴィゲがインゴール中央へボールを運んだ。

この後はフランスがグラウンドを支配、前半は2トライを加え31-0で折り返した。

後半もアウトサイドCTBルカ・セヴィの2トライなど6トライ5G40点を奪い71-0で順調に初戦を制した。

 2回戦(15日、習志野)でフランスは日本(自衛隊)と当たる。

FLゲイトン・アニナ主将は「日本はコンディションが良いと聞いています。私たちも準備をして臨む」と話した。

Jpdfb2

試合を観戦した日本の松尾勝博ヘッドコーチは「フランスはノックオンなどミスも出ていた。しっかりディフェンスすれば得点のチャンスが出てくる」。

堀口裕二主将も「自分たちのラグビーをするだけ。1点差でも勝つ」と自信を持つ。愛称「ディフェンスブロッサムズ」を実演したい。

◆B③豪州(不戦勝)●トンガ(1430、習志野)

 

<親善試合、すべて敗者が回る>

■決勝戦(9月23日、1230、習志野)

◆豪州-日本

■準決勝敗者戦(23日、1000、習志野)

◆ジョージア-トンガ

■準決勝

◆⑪/⑥敗豪州63(28-7)12 ⑦勝ジョージア(19日、1300、習志野)

◆⑫/⑤敗日本35-26 ⑧勝トンガ (19日、1430、朝霞)

■1回戦

◆⑦/①敗ジョージア33(21-7)7②敗PNG(15日、1430、朝霞)

*ジョージア5T4G、PNG1T1G

◆⑧/③敗トンガ54(19-19)43④敗韓国(15日、1430、習志野)

*トンガ8T7G、韓国7T4G

■9位戦(19日、1600、習志野)

◆⑧敗韓国69(35-7)28⑦敗PNG

*韓国9T6G3PG1DG、PNG4T4G

|

« 日本初戦飾る松島3T! 2019RWC日本大会始まる!!  19/9/20 | Main | フィジー軍が大会連覇 英国軍を31-17で下す 2019IDRC最終日 19/9/23 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日本初戦飾る松島3T! 2019RWC日本大会始まる!!  19/9/20 | Main | フィジー軍が大会連覇 英国軍を31-17で下す 2019IDRC最終日 19/9/23 »