« ポスコ3大会ぶり、養正高2大会ぶりの優勝!2019全国体育大会最終日 19/10/10 | Main | TE4強、東ガス、ヤクルト、横河、セコム全勝 2019TE10/19-27 »

October 22, 2019

日本は8強で終える 南アに3-26力負け 2019RWC準々決勝 10/19-20

「2019ラグビー・ワールドカップ日本大会」8強が争う決勝トーナメントが10月19日からスタート。

☆準々決勝(10月19-20日)

Dsc_0580

初めてベスト8入りした日本。2015年大会で奇跡の勝利の相手、南アフリカと10月20日(土、東京S)で対戦した。

前半こそ3-5で競ったが後半はモールで押されるなど3-26で敗れ、大会から去った。

191021np 191020jap

前半4分、自陣スクラムを押されWTBマピンピに左隅へ飛び込まれた。

 しかし18分南アボールの南ア10M内スクラム。

191020jwn22 191020jwn1 191020jwn33

日本が押した。PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)が勝った。アイルランド戦に続き吼えた。

PGをSO田村が決めて3-5に。前半は南アがトライ寸前までいくも反則でそのまま。

後半、南アが確実に勝負をしかけた。反則を得るとPGでリード(3-14)。

25分、中央ラインアウトをモールで日本22M内まで一気に押し込む。

191020salom 191020last

SHデクラークがポスト右はWTB福岡タックルを払い飛び込んだ。南アは1T加え3-26でベスト4へ。27日にウエールズと争う。

ウエールズは20日、後半34分に仏を逆転20-19で勝利。

19日の2試合はイングランドが40-16豪州を圧倒すると、王者NZもアイルランドに7T浴びせ46-14と4強へ。

<トーナメント>

■決勝戦

◆(11月2日・土、1800-横浜)

■3位決定戦

◆(11/1・金、1800-東京

■準決勝戦

◆NZ-イングランド(10/26・土、1700-横浜)

◆南アフリカ-ウエールズ(10/27・日、1800-横浜)

■準々決勝戦

◆1C①イングランド40(17-9)16豪州D②(10月19日・土、1615-大分)

*イングランド4T4G4PG、豪州1T1G3PG

◆2B①NZ46(22-0)14アイルランド(10/19、1915-東京)

*NZ7T4G1PG、アイルランド1T1G1PT

◆3D①ウエールズ20(10-19)19フランスC②(10/20・日、1615-大分)

*ウエールズ2T2G2PG、仏3T2G

◆4A①日本3(3-5)26南アフリカB②(10/20、1915-東京)

*日本1PG、南ア3T1G3PG

◎PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)「後半、南アが強かった」後半23分まで

191022jwn44

「2019ラグビー・ワールドカップ日本大会」が2019年9月20日(金)始まった。

<予選プール>

191014j8np

2kam0935

Dsc_0119

☆第21日(第5週 10月13日)☆

A、日本がスコットランドを前半逆転28(21-7)21で下し4戦全勝1位通過、8強入りした。

191013ja28sc21

*写真/日本ラグビーフットボール協会提供

20日(日)に初の準々決勝、因縁の南アフリカと対戦する。

この試合、勝点5が必要なスコットランドが6分、Tで先制した。

1分後、右ラインアウト起点に展開しWTB松島が今大会5T目で反撃7-7とした。

25分にはPR稲垣がオフロードパスを受け中央に代表初Tで逆転14-7に。

39分にはWTB福岡がTし21-7と突き放した。

後半も最初に2分、敵ボールを福岡が奪いそのまま走り切った28-7。

ここからスコットランド2T意地を見せたが終わった。

Bカナダ対ナミビアは台風19号の被害が出た釜石市、中止となった。

C、トンガが米国を逆転で31-19。Dはウエールズが35-13で1位通過となった。

☆第20日(第5週 10月12日)☆

10月12日,台風19号が日本列島を襲った。直撃を受けた2試合(B/イングランド対仏、横浜。D/NZ対イタリア、豊田S)は開催中止・引分。

博多のA/アイルランド対サモアは実施された。前半39分、アイルランドは一人少ない状態もSOセクストンが2本目のT、計4Tを奪った。BPを得て47-5で快勝した。

Aでまずは8強入り。最後の1枠は13日の日本VSスコットランド勝者、勝点次第となった。

☆第19日(第4週 10月12日)☆

D、豪は4T27-8ジョージアを振りきった。

☆第18日(第4週 10月10日)☆

RWC組織委員会は会見し、10月12日に台風19号の直撃を受ける2試合(B/イングランド対仏、横浜。D/NZ対イタリア、豊田S)の開催中止・引分を発表した。博多のA/アイルランド対サモアは実施する。

☆第17日(第4週 10月9日)☆

AはスコットランドVSロシア。前の試合からレギュラー8人を代えたスコットランド。前半3T、後半もまずはT計9T61-0でBPなど勝点を得た。13日の日本戦で勝点で勝てば8強。日本は勝点2以上が必要だ。台風19号が襲う12日、アイルランドVSサモアは影響がない博多のため実施できそうだ。アイルランド勝利で8強入り。

C、予選敗退のアルゼンチンが47-17米を下した。

DはウエールズVSフィージー。フィジーが後半13分にPTで14-17と逆転した。がウエールズは後半17分から1PG2T1Gを奪い29-17で逆転、逃げ切った。

☆第16日(第4週 10月8日)☆

B、南アフリカはカナダから10T8G66-7で圧勝した。

☆第15日(第3週 10月6日)☆

B、NZ対ナミビア(71-9)。ナミビアが前半、DFで健闘。前半35分までNZ10-9ナミビアだった。その後前半、NZが2T追加ではなした。

後半は7T猛攻で勝点5を得た。

C、仏は前半リードを守り23(17-7)21トンガを制し8強入り。

☆第14日(第3週 10月5日)☆

A。日本はサモアと対戦。フィジカルの戦いで前半は16-9日本リードで終える。

日本、サモアが1Tとり26-19で後半35分に。ここから両翼の福岡、松島がTで4TBPを得て38-19で3連勝。

Cの大一番。イングランドVSアルゼンチン。前半17分にARG/LO5ラバニーニがハイタックルでレッドカード退場となり試合の興味が薄れた?

ENGが6T決め39-10で退け3連勝。8強入り。

D、豪州はウルグアイを45-10寄せ付けず2勝目。

☆第13日(第3週 10月4日)☆

B1試合。南アが7T49-3イタリアに圧勝した。

☆第12日(第3週 10月3日)☆

Aアイルランドはロシアと対戦。前半3T奪うも後半は苦労し21分にようやく4T、BP獲得。さらに1T追加35-0で2勝目。

Dフィジーもジョージアと前半は接戦7-3だった。後半5分に2T目を決めると20分までに3T。さらに28分から7分間でフィジアン・マジックを披露し3T、63-10で圧勝した。

☆第11日(第3週 10月2日)☆

C/仏がアメリカを一蹴、DもNZがカナダを寄せ付けなかった。

☆第10日(第3週 9月30日)☆

B王者NZはカナダから9Tの猛攻63-0一蹴した。バレット3兄弟が先発すると前半8分にWTB14ジョーディ、36分FBボーデンがTした。最後は後半4分にLO4スコッドがトライラインを越え3兄弟先発全員TというWC史上初の快挙を成し遂げた。

C仏は米から5T33-9とBPを得た。

Aスコットランドが後半2PTを奪う。計4T獲得し34-0サモアをゼロ封した。

☆第9日(第2週最終日 9月29日)☆

D2試合。優勝候補同士のウエールズ対オーストラリアは、ウエールズが前半リードを守り29(23-8)25で連勝。

ジョージアはフィジーを下したウルグアイから5T奪い33-7、1勝目をあげた。

☆第8日(9月28日)☆

A,日本が優勝候補アイルランドと対戦(19-12)。前半開始はアイルランドが2Tするなど6-12としていた。日本はアイルランド陣に入るとラックでアイルランドが反則をとられる機にSO田村が3PGし9-12で後半へ。

19分、日本がアイルランドゴールへ迫るFL6姫野がボールを持ち前へ。ラックから出たボールがきゅうきょメンバー入りしたWTB23福岡へ。左中間へ飛び込み14-12と逆転した。田村G成功で16-12。アイルランド猛攻を姫野が絡みノットリリースにするなど守る。残り10分田村PGで19-12.耐えた日本が金星で勝ち取った。

PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)は攻守で見せた。前半からボールキャリーで再三、ゲインラインを切る。さらに35分。日本ゴール前にアイルランドスクラムを押し切りマイボールへ。吠えるジウォンがいた。後半13分で交代した。

B南アは9Tでナミビアを寄せ付けず1勝目(57-3)。Cアルゼンチンは4T奪い28-12トンガ。前半4Tのみだった。後半2回のTを無しと判定される不運もあったが。

☆第7日(9月26日)☆

Bイタリアがカナダから7T4G48-0で圧勝、イングランドもCで今大会初戦のアメリカに7T45-0と圧倒した。ともに勝点5を獲得した。

☆第6日(9月25日)☆

2011年3月11日、東北沖大震災で津波に襲われた岩手県釜石市。復興のために誘致したワールドカップ。

フィジーとウルグアイが釜石・鵜住居復興スタジアムで開幕ゲーム。

WRランキング19位のウルグアイが10位フィジーを攻守で圧倒した。30-27で今大会初の番狂わせを演じた。

中3日の試合だったフィジーは主力を後半投入も追いつかず。8強入りが消えた。

☆第5日(9月24日)☆

Aサモアが初登場。ロシアを後半逆転34(5-6)9で退けた。

☆4日目(9月23日)☆

WR5位のウエールズが登場。Dジョージアと初戦を戦い6T猛攻で43-14で1勝目。

☆3日目(9月22日)☆

A、優勝候補アイルランドが前半からスコットランドを攻め27-3で完勝した。

Bイタリアはナミビアに先制Tされるも落ち着いてアタックし47-22。

エディーさん率いるCイングランド。トンガを35-3寄せ付けず。

☆2日目(9月21日)☆

優勝候補同士の戦いプールB、NZ対南アフリカ。

NZが前半で逆転し23(17-3)13で1勝目。

Cは仏が前半リードしたが、後半一度逆転された。しかし終了前にDGで逆転23(20-3)21と難敵アルゼンチンを制した。

Dsc_0199 Dsc_0194 Dsc_0200

Dも豪州が後半の逆転でフィジーを39(12-14)21で下した。

☆1日目☆

18:30から東京スタジアム(府中市・味の素S)で開会式、

19:45-開幕戦プールA「日本×ロシア」がキックオフ。

日本はわずか4分でFBトウポのミスで先制Tを奪われた。

しかしWTB松島が前半2Tで逆転、後半も1Tするなど4T30-10で勝利した。

190920jwn

PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)はリザーブ18番、後半15分からW杯ピッチにたった。

2015年W杯後、Jジョセフが鍛えぬいたジャパンの真価が問われ、レガシーを残すことができるか?

<<2019RWC日本大会>>

<プール戦>

■A:1位/日本19(4-0)、2/アイルランド16(3-1)、3/スコットランド11(2-2)、4/サモア5(1-3)、5/ロシア0(0-4)

◆日本30(12-7)10ロシア(9月20日19:45-東京)

*日本4T2G2P、ロシア1T1G1PG

◎PR18具智元(グ・ジウォン、HONDA)、後半15MかPR3

◆日本19(9-12)12アイルランド(9月28日16:15-エコパ)

*日本1T1G4PG、アイル2T1G

◎PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)後半13Mま

◆日本38(16-9)19サモア(10月5日19:30-豊田)

*日本4T3G4PG、サモア1T1G4PG

◎PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)。後半11Mま

◆日本28(21-7)21スコットランド(10月13日19:45-横浜)

*日本4T4G、スコット3T3G

◎PR3具智元(グ・ジウォン、HONDA)右脇腹痛め前半20Mま

◆アイルランド27(19-3)スコットランド(9/22、1645-横浜)

*アイル4T2G1PG、スコ1PG

◆アイルランド35(21-0)0ロシア(10/3、1915-神戸)

*アイル5T5G

◆アイルランド47(26-5)5サモア(10/12.1945-博多)

*アイル7T6G、7サモア1T

◆スコットランド34(20-0)0サモア(9/30、1915-神戸)

*スコ2T2G2PT2PG1DG

◆スコットランド61(21-0)0ロシア(10/9、1615-エコパ)

*スコ9T8G

◆サモア34(5-6)9ロシア(9/24、1915-熊谷)

*サモア6T2G、ロシア2P1DG

 

■B:1/NZ16(3-1分け)、2/南アフリカ15(3-1)、3/イタリア12(2-1分け-1)、4/ナミビア2(0-1分け)、5/ カナダ2(0-1分け)

◆NZ23(17-3)13南ア(9/21、1845-横浜)

*NZ2T2G3PG、南ア1T1G1PG1DG

◆NZ63(28-0)0カナダ(10/2、1915-大分)

*8T8G1PT

◆NZ71(24-9)9ナミビア(10/6、1345-東京)

*NZ11T8G、ナミビア3PG

◆NZ(中止・引分)イタリア(10/12、1345-豊田)

◆南ア57(31-3)3ナミビア(9/28、1845-豊田)

*南ア9T6G、ナミビア1PG

◆南ア49(17-3)3イタリア(10/4、1845-エコパ)

*南ア7T4G2PG、イタリア1PG

◆南ア66(47--0)7カナダ(10/8、1915-神戸)

*南ア10T8G、カナダ1T1G

◆イタリア47(21-7)22ナミビア(9/22、1415-花園)

*イタリア7T5G、ナミビア3T2G1PG

◆イタリア48(17-0)7カナダ(9/26、1845-博多)

*イタリア7T4G1PG、カナダ1T1G

◆カナダ(中止・引分)ナミビア(10/13、1215-鵜住居)

 

■C:1/イングランド17(3-1分け)、2/フランス15(3-1分け)、3/アルゼンチン11(2-2)、4/トンガ6(1-3)、5/ アメリカ0、

◆ENG35(18-3)3トンガ(9/22、1915-札幌)

*ENG4T3G3PG、トンガ1PG

◆ENG45(19-0)7米(9/26、1945-神戸)

*ENG7T5G、米1T1G

◆ENG39(15-3)10ARG(10/5、1700-東京)

*ENG6T3G1PG、ARG1T1G1PG

◆ENG(中止・引分)仏(10/12、1715-横浜)

◆仏23(20-3)21ARG(9/21、1615-東京)

*仏2T2G1PG1DG、ARG2T1G3PG

◆仏33(12-6)9米(10/2、1645-博多)

*仏5T4G、米3PG

◆仏23(17-7)21トンガ(10/6、1645-熊本)

*仏2T2G3PG、トンガ3T3G

◆ARG28(28-7)12トンガ(9/28、1345-花園)

*ARG4T4G、トンガ2T1G

◆ARG47(19-5)17米(10/9、1345-熊谷)

*ARG7T6G、米3T1G

◆トンガ31(7-12)19米(10/13、1445-花園)

*トンガ4T4G1PG、米3T2G

■D:1/ウエールズ19(4-0)、2/豪州15(3-1)、3/フィジー7(1-3)、4/ジョージア(GEORGIA)5(1-3)、5/ ウルグアイ(URUGUAY)4

◆WAL43(29-0)14GEO(9/23、豊田)

*WAL6T5G1PG、GEO2T2G

◆WAL29(23-8)25豪州(9/29、1645-東京)

*WAL2T2G3PG2DG、豪州3T2G2PG

◆WAL29(14-10)17FIJ(10/9、1845-大分)

*WAL4T3G1PG、FIJI2T1PT

◆WAL35(7-6)13URG(10/13、1715-熊本)

*WAL4T4G1PT、1T1G2PG

◆豪州39(12-14)21FIJ(9/21、1345-札幌)

*豪6T3G1PG、FIJ2T1G3PG

◆豪州45(19-3)10URG(10/5、1415-大分)

*豪州7T5G、URG1T1G1PG

◆豪州27(10-3)8GEO(10/11、1915-エコパ)

*豪州4T4G1PG、GEO1T1PG

◆FIJ27(12-24)30URG(9/25、1415-鵜住居)

*FIJI5T2G、URG3T3G3PG

◆FIJ45(7-3)10GEO(10/3、1415-花園)

*FIJI7T5G、GEO1T1G1PG

◆URG7(7-12)33GEO(9/29、1415-熊谷)

*URG1T1G、GEO5T4G

 

|

« ポスコ3大会ぶり、養正高2大会ぶりの優勝!2019全国体育大会最終日 19/10/10 | Main | TE4強、東ガス、ヤクルト、横河、セコム全勝 2019TE10/19-27 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ポスコ3大会ぶり、養正高2大会ぶりの優勝!2019全国体育大会最終日 19/10/10 | Main | TE4強、東ガス、ヤクルト、横河、セコム全勝 2019TE10/19-27 »