« 早大が後半、慶大に勝ち越し17-10 2019大学L 11/23-24 | Main | TCL近鉄が連勝 »

November 25, 2019

韓国が東京五輪切符獲得 香港をサドンデス12-7で下す 準決も中国に12-7 2020東京五輪アジア地区男子最終予選 19/11/24

Gt2020

<<2020東京五輪ラグビー競技アジア男子最終予選>>

9カ国・地域が2019年11月23-24日、韓国・仁川市で争った。

会場全体が歓喜に沸いた。予選2日目、韓国が決勝で最有力候補の香港を延長サドンデス12(前半0-7、後半7-0)7で制し

東京五輪切符を勝ちとった!!

Koreav

☆第2日(11月24日)

『韓国が夢の五輪出場権を獲得した、決勝で香港に12-7の逆転勝ち

香港と3位、中国は最終予選へ。東京五輪アジア地区最終予選第2日』

東京オリンピック、ラグビー競技(7人制)の出場を目指すアジア地区の男子最終予選2日日が

1124日、韓国・仁川市(南洞アジアドラグビー場)で行われた。

Koreav2

決勝トーナメントを8カ国・地域が争い決勝戦で地元、韓国と香港が対戦した。

前半から譲らない展開が続いた。4分、韓国が自陣22メートルでノットリリースを犯す。

香港は逃さなかった。ジェミー・フードがポスト右へ仕留めた、G成功で0-7優勝とする。

前半終了間際、韓国は日野所属の鄭演植(チョン・ヨンシク)が

右ライン際を快走もトライ目前でタックルを受けラインを越えてノートライに。

後半、やや韓国にとり重苦しい雰囲気が。香港がゴール前に迫るがブレークダウンで勝ち切り抜けた。

そして4分すぎ、ボールをつなぐ香港陣10メートルで受けた

主将、朴ワンヨンがステップを切り中央へトライ、自らGを決めて7-7にした。

お互い譲らず韓国にとっては準決勝に続き5分間のサドンデス。

香港が攻める、韓国が守る。ようやくボールを手にした韓国、

NTTコミュニケーションに今季加入した張容興(チャン・ヨンフン)に渡った。

ヨンシクとともに韋駄天コンビ、見事に走り切り右中間へ東京五輪切符を決めた。

K6gbtry

「トライを取れたのはたまたまです。五輪に行きたい。日本と戦いたい」と殊勲の張容興。

Pkkcap

「選手全員が東京五輪に行きたい気持ちを持って練習、努力した」と朴主将は笑顔だ。

長く韓国ラグビー低迷期を知る徐天吾監督(ソ・チョンオ*写真、朴の後ろ)は涙。

「選手たちがよくやってくれた」。

チームを支えたのはホンダSHとして活躍した梁永勲(ヤン・ヨンフン)コーチ。

今回、流経大からチャールズ・ロウ氏を臨時コーチに迎え最先端のセブンズ理論を頭と体に覚え込ませた。2人のコーチも涙。

梁氏は「これからの準備が大事です。来年までにセブンズ代表を鍛える時間を作るように協会と話していかないと」と話した。

3位決定戦は中国とフィリピンが争った。

Chn3

中国が残り112-14からトライを奪い19-14で逆転した。

香港と共に、残り1枠の出場を争う世界最終予選(20206月に開催)に参加することになった。

<準決勝>

トーナメント準決勝。韓国対中国は激戦だった。この試合もサドンデスで韓国が12-7で制した。

両者お互いの特長をいかす。韓国は中国の身体能力が高い選手のアタックを止め続けた。

中国がゴールまで迫ってもあきらめず戻り続けた。

しかし前半終了間際、韓国が自陣のラインアウトをミスし中国へ渡す。

中国はパスをつなぎ9番がポスト左へトライラインを越えた。G成功し0-7で折り返す。

後半も中国が韓国人で攻める展開。韓国は4分すぎにようやく敵陣へ入るもミスし機会を逸していた。

残り1分、今度は中国が自陣22メートルでノックオンし韓国ボール、中央付近のスクラム。

最後の攻めに会場から「テハンミング」が埋める。右へ回す。

今大会、再生した前NTTドコモ張成民(チャン・ソンミン)が

Sfk9try

右ライン際で中国ディフェンスをかわしインゴールへ。歓喜のダイブで5点を奪う。

中央のGをアンドレが決めて7-7で振り出しにした。

延長サドンデス。中国のキックオフを韓国が確保。自陣で回すうちに相手が反則を犯す。

2度目の反則を得るとボールはソンミンへ。ゴール前までゲインしラックを作る。

このボールを昨日スリランカから4トライ奪った張ジョンミンが右中間へ運び韓国が決勝へ。

Sfk7gbtry

香港対フィリピンも試合開始当初はフィリピンのディフェンスに香港が苦しんだ。

4分、香港が敵陣の右ラインアウトから攻め続ける。

フィリピンがブレークダウンでしつようにからむも香港がつなぐ。

右から左へ。左中間へ先制した。G成功7-0。

Sfhkgph

終了前の香港の攻撃でフィリピンが反則しペナルティートライを献上した。後半は香港が確実にチャンスを得点に結びつけて26-0とした。

フィリピンは準々決勝で4強の一角とみられたスリランカに対しオフロードパスを多用し惑わせ29-12で準決勝へ進んでいた。

準々決勝は朝10時から行い下記の結果だった。

・韓国32-7-マレーシア ・中国50-0シンガポール ・フィリピン29-12スリランカ 

・香港38-0アフガニスタン。香港は前半スローな展開に苦しみ5分、ようやくトライをあげた。

5位以下は5位決定戦スリランカ14-7マレーシア、

Sri5

7位決定戦シンガポール33-7アフガニスタンという結果で終えた。

Sin7

東京オリンピックの男子7人制ラグビーは、これまでに10か国が出場権を得ていた。

日本は開催国枠。

ワールドラグビーセブンズシリーズ2018-2019のトップ4だったフィジー、アメリカ、

ニュージーランド、南アフリカも早々と出場を決め、

各地域予選を通じてアルゼンチン(南米)、カナダ(北米)、イギリス(欧州)、

オーストラリア(オセアニア)、ケニア(アフリカ)も切符をつかんでいた。

☆第1日(11月23日)

『香港、中国に地元・韓国が予選1位通過。東京五輪アジア地区最終予選第1日』

東京五輪ラグビー競技(7人制)の出場国(12カ国)を目指すアジア地区の男子最終予選が

1123日、韓国・仁川市で開幕した。    

9つの国・地域が参加。3プールに分かれて予選を行った。

各プールの1位はAが優勝候補筆頭、香港。Bが中国、Cは韓国がスリランカを下し1位となった。

2位チーム3つと3位チームのうち上位2チームが8強入りし明日の決勝トーナメントに進んだ

プールAは、香港が初戦、マレーシアを8トライ54-0と圧倒すると

Hkg12-try

続くチャイニーズタイペイ(以下・台北)も8トライ52-0と連続完封し1位通過を決めた。
格下相手だかキックオフやトライ後のリスタートをほぼ確保して得点につなげた。
ポール・ジョンヘッドコーチは大勝にも「明日の相手も簡単では無い」と引き締めていた。
 

 Bは中国がシンガポールを33-12、フィリピンを26-15とし勝ち上がった。
身長が高く体も強靭な選手たちが相手ディフェンスを跳ね飛ばしゴールへ進んだ。

Chi62

しかし2戦目のフィリピンが強いタックルを見せると止まる場面も。個人頼みからチームがシステムで抜くことができるかが二日目のポイントだ。
 

 地元、韓国。朝9時30分の大会開幕戦をアフガニスタンと戦った。

2分にNTTコム張容興(チャン・ヨンフン)が敵反則から繋いだボールを受けて左中間インゴールへ運んだ。
3分後には前NTTドコモ張成民(チャン・ソンミン)もゴール前、

PKから主将・朴ワンヨンがタップしたボールを貰いトライをうばった。

張は、今年の春先は不摂生で120キロ近くあった。

しかし身体を絞り込み107キロへ戻した。かつて15人制で日本代表相手にボールキャリーで突破して来た昔に近づく動きだ。


 2試合目、「スリランカはボールを持たせるとアタックが早い。最初のタックルで止める」と

梁永勲(ヤン・ヨンフン)コーチが明かすゲームプランを実践した。

今季、未勝利の相手に8トライの猛攻で44-7と退けた。

日野所属の鄭演植(チョン・ヨンシク)が必要にからんだ。ターンオーバーを相次いで見せた。

前半最後のトライも相手ゴール前で張容興と張ジョンミンがダブルタックル、

Kor7-try

容興が奪ったボールをジョンミンが置いたものだ。

ジョンミンは後半も開始30秒から2連続で仕留めて試合を決定づけた。

梁コーチは「ソンミンが最初に勢いづけてくれた。すべてが良かった」とほほ笑んだ。

明日の準々決勝は韓国×マレーシア(A2位)。中国×シンガポール(B3位、全体7位)。

2位同士、フィリピン×スリランカ。香港は、プレーオフで台北を35-12で下したアフガニスタンと戦う。

*ラグビーリパブリック世界各地予選記事

https://rugby-rp.com/2019/11/11/sevens/43686

*アジア予選展望記事(ラグリパ、見明担当)

1)展望

https://rugby-rp.com/2019/11/21/sevens/43909

2)前日

https://rugby-rp.com/2019/11/22/sevens/43943

*ARFUWEB

https://www.asiarugby.com/results/asia-rugby-sevens-qualifier/mens-sevens-qualifier-2019/

(トーナメント)

■決勝戦(11/24、1730-)
◆韓国12(0-7、7-0、5-0)7香港

*韓国2T1G(4朴ワンヨン、6張容興)、香港1T1G

■3位戦(1704-)

◆中国19(7-7)14フィリピン

*中国3T2G、比2T2G

■準決勝戦(1414-)
◆韓国12(0-7、7-0、5-0)7中国

*韓国2T1G(9張成民、7張ジョンミン)
◆香港26(14-0)0フィリピン

*香港4T3G、比0

■準々決勝(1000-)

◆韓国32(26-0)7マレーシア

*韓国6T1G(2朴ジュンヨン、6張容興、7張ジョンミン、2朴ジュンヨン、3金ヒョンス、2朴ジュンヨン)G5李ソンベ
*マレーシア1T1G

◆中国50(24-0)0シンガポール

*中国8T5G、シンガポール0

◆フィリピン29(12-7)12スリランカ

*比5T2G、スリランカ2T1G

◆香港38(14-0)0アフガニスタン

*香港6T4G

■5位戦(1642-)

◆スリランカ14(7-0)0マレーシア

*スリランカ2T2G

■7位戦 (1620-)
◆シンガポール33(19-0)7アフガニスタン

*シンガポール5T4G、アフガニスタン1T1G

■5-8位戦(1330-)
◆マレーシア21(14-0)7シンガポール

*マレーシア3T3G、シンガポール1T1G
◆スリランカ10(19-0)0アフガニスタン

*スリランカ6T5G

 


(予選11/23)

■プレーオフ(1740-)
◆アフガニスタン35(14-5)12台湾

Afg2

■A:①香港、②マレーシア、③台湾(得失点差-59)

◆香港54(26-0)マレーシア、52(21-0)0台湾(1514)

◆マレーシア26(12-5)19台湾

■B:①中国、②フィリピン、③シンガポール(-30)

◆中国(1452)、26(14-5)15フィリピン、33(21-0)12シンガポール

◆フィリピン21(14-0)12シンガポール

■C:①韓国、②スリランカ、③アフガニスタン(-40)

◆韓国(1430)、44(29-0)7スリランカ、19(12-0)0アフガニスタン

◆スリランカ(1200)、26(12-5)5アフガニスタン

|

« 早大が後半、慶大に勝ち越し17-10 2019大学L 11/23-24 | Main | TCL近鉄が連勝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 早大が後半、慶大に勝ち越し17-10 2019大学L 11/23-24 | Main | TCL近鉄が連勝 »