« 韓国春季リーグ開幕!20/76-7/17無観客で実施に | Main | 高校8強決まる。中学決勝はNLCS進出!2020春季リーグ戦20/7/12 »

July 10, 2020

中学準決勝はナムソンVS済州NLCS、慶山VS培材に 2020韓国春季リーグ7/10

「2020年全国春季ラグビーリーグ戦」が2020年7月6日、ようやく開幕した。

*「2020韓国日程成績は下記をダウンロード」

ダウンロード - 2020koreascex.xls

会場は全羅南道珍島公設運動場。

当初は4月1日開幕予定の新型コロナウイルス感染防止のため自粛、2度の延期をへてたどり着いた。

しかし4月19日に開催地・珍島郡庁からソウルでの感染増加に伴う流入自粛を求められて延期を決めた。

さらに6月24日~再開を発表も開催地、珍島郡庁の訪問自粛要請で無期限延期。

今回、無観客で実施することになった。大学Bは中止に。

開幕戦は中学、古豪・養正中(ヤンジョン)がナムソン中に8-34で敗れる波乱で始まった。

大学A(3校)、 大学B(2部3校)、高校(12)、中学(6)が参加し今年最初の覇権を競う予定だった。

今年のライバル対決/延世大VS高麗大は7月14日(火)17:00KOとなる。

中学決勝は14日、高校は最終日17日(金)だ。

☆第5日(7月10日)☆

中学予選3日目。

Aはソウル市内古豪対決。培材中(ペジェ)が前半5分LO4の先制Tなどで12-0とリード。養正中(ヤンジョン)も後半8分、敵陣ゴール前スクラムで押し反則を誘う。3度目の反則でタップでして進みPR1が中央へT、G成功し12-7と追いすがった。

しかし培材LO4が11分に養正陣で敵が回すボールをもぎとり40M独走T19-7。さらに終了前確実にPGで3点を加え22-7とし2位通過した。

Bは慶山中(キョンサン)対済州NLCS。慶山が前半5分、FWがゴール前ラックで攻め続けLO4がT。さらに1T追加し10-0。

後半も13分に敵陣22Mのスクラム起点にFWがTした。最後にPR3がTし22-0で2勝1位通過。済州は2位になった。

☆第4日(7月9日)☆

高校予選2日目。

Aは初戦大勝した白新高(ペクシン)が不調。大邱商苑高(テグサンウォン)が白新陣で攻め続け19-5で1勝目。大邱商苑高(テグサンウォン)は、予選3日目で珍島に勝てば1位通過。

B、養正高(ヤンジョン)が難敵釜山体育高に前半は10-14とリードされた。後半お互いに攻め合う。7分、養正高が22MスクラムからつないでWTB11が左隅へ逆転T。G不成功で15-14。この1点差を守り切った。3日目に忠北高が勝てば1位通過。負ければ3チーム1勝1敗で得失点差で決まる。

C、明錫高(ミョンソク)VS裡里工業(イリコンゴ)。明錫が後半22分に敵陣22Mスクラムから展開し左隅にTを奪う。GをCTB13が決めて12-7と逆転勝利。1勝1敗で2位確実。

Dは、慶山高(キョンサン)が強化をやめている名門・富川北高(プチョンブク)から6T奪い36-0と圧勝。富川は2敗で3位敗退。

☆第3日(7月8日)☆

中学予選2日目。

Aはナムソン中が古豪・培材中(ペジェ)を後半も追加点を奪い19-7で連勝。1位通過を決めた。

Aは養正中(ヤンジョン)と培材が10日、2位をかけて争う。

Bは済州NLCSが前半CTB9の2トライなどで24-10珍島中を退けた。珍島は2敗となり最下位。

<<2020全国春季リーグ戦/大学A>>

<リーグ戦>延世大、高麗大、慶煕大(キョンヒ)

■高麗大-慶煕大(7月12日1640)

■延世大-高麗大(7月14日1700)

■延世大-慶煕大(7月16日1600)


<<2020全国春季リーグ戦/高校>>

<決勝戦(7月17日1000)>

<準決勝戦(7月15日1500)>


<準々決勝戦準々決勝(7月13日1000)>

■①

■②

■③

■④

<プール戦、7/7-7/11>

<A>

◎白新高(ペクシン)、珍島実高(チンドシル)、大邱商苑高(テグサンウォン)

■白新57(26-0)3珍島

*白新9T6G、珍島1PG

■白新5(5-7)19大邱

*白新1T、大邱3T2G

■大邱-珍島

<B>釜山体育高(プサンチェユク)、養正高(ヤンジョン)、忠北高(チュンブック)

■釜山40(21-0)12忠北

*釜山6T5G、忠北2T1G

■養正15(10-14)14釜山

*養正3T、釜山2T2G

■養正-忠北

<C>ソウル大附属高、明錫高(ミョンソク)、裡里工業(イリコンゴ)

■ソウル大41(10-5)5明錫

*ソウル7T3G、明錫1T

■明錫12(5-7)7裡里

*明錫2T1G、裡里1T1G

■ソウル大-裡里

*裡里

<D>培材高(ペジェ)、 富川北高(プチョン)、慶山高(キョンサン)、城南高(ソンナム)=参加辞退

■培材54(28-0)5富川北

*培材8T7G,富川1T

■慶山36(26-0)0富川北

*慶山6T3G

■培材-慶山

<<2020全国春季リーグ戦/中学>>

<決勝戦、7月14日1100>

<準決勝戦、7月12日1000>

■ナムソン中-済州NLCS

■慶山中-培材中

<プール戦7/6-7/10>

<A>)①ナムソン中、 ②培材中(ペジェ)、③養正中(ヤンジョン)

■養正8(0-19)34ナムソン

*養正1T1PG,ナムソン6T2G

■培材7(0-7)19ナムソン

*培材1T1G、ナムソン3T2G

■培材22(12-0)7養正

*培材3T2G1PG、養正1T1G

<B>①慶山中(キョンサン)、② 済州NLCS中、③珍島中(チンド)

■慶山15(5-7)14珍島
*慶山3T,珍島2T2G

■NLCS24(19-0)10珍島

*NLCS4T2G、珍島2T

■NLCS0(0-10)22慶山

*慶山4T1G

<<2020全国春季リーグ戦/大学B>>

<リーグ戦>圓光大(ウォングァン)、釜山大、ソウル大

■釜山-ソウル大(6/28、1500)

■圓光-釜山(7/2,1600)

*圓光

■圓光-ソウル(7/5、1130)

*圓光

☆☆参考 2019年大会☆☆

中学は培材(ペジェ)が熱戦を制す。26-19慶山中(キョンサン)、大学Bは圓光大(ウォングァン) 韓国2019春季リーグ戦最終日



「2019年全国春季ラグビーリーグ戦」が2019年3月27日から開幕した。

大学B(2部3校)、高校(13)、中学(12)が参加し春の王者を争う。会場は慶山市ラグビー場。

☆第12日(4月7日)☆

最終日。中学決勝は培材中(ペジェ)と慶山中(キョンサン)が覇権を争った。

前半4分、慶山LO5ユン・ドソンが先制T(0-5)。5分後に培材が22Mに入るとSH6クォン・ヒョンジュンが左中間にTし同点。GはWTB8朴ソンヒクが決めて7-5と逆転した。慶山が攻めるもノックオンなどでチャンスを逸していた。12分、培材陣で慶山がボールをもぎ取り回すとTを取り切りG成功で7-12とした。

15分、培材SO7李ソンジンが自陣から持ち出しTで同点。G決まりリードする(14-12)。だが22分、慶山は敵ゴール前で反則を得るとPR3チョ・ソンウォンが巨体をいかしTラインを越え14-19で前半を終えた。

後半、中盤を過ぎたところで培材PR3李ジュソンが中央下へTを奪った。G成功で培材が逆転(21-19)。19分には左ラインアウトからボールを出すと培材LO4李センファンがライン際を走り切り26-19とした。

終了前、慶山が2度インゴールへ運ぶもTセーブや反則を犯してノーサイドとなった。

大学Bは圓光大(ウォングァン)が釜山大を寄せ付けず47-17で快勝しVを果たした。

☆第11日(4月6日)☆

2009年大会以来10年ぶりのVをかける忠北高(チュンブック)と国内大会初優勝を狙う釜山体育高(プサンチェユク)が対戦した。

前半2分、忠北のアタックをもぎ取った釜山が自陣から反撃しFB李ジュンイがT、Gも自ら決めて0-7とした。

試合は忠北が釜山陣で進めるペース。9分にフェーズを重ねFB金ソンジョンがポスト左へT、GはSO10チャン・ヒョングが成功し7-7に追いついた。

その後も忠北優勢の中、18分にPGをチャンが22Mから決めて10-7勝ち越した。後半はお互い攻め合ったがゴール前のDFでしのぎ得点無しで終えた。

大学Bは圓光大(ウォングァン)が前半8T50点を奪い計70-7韓国海洋大を一蹴した。

☆第10日(4月5日)☆

中学準決勝2試合。

慶山中(キョンサン)が前半のリードを守り14-12大成中(テソン)を下し2006年以降で初の国内大会決勝へ。

培材中(ペジェ)はFB金ウォンジュのしなやかなランから得点を重ね38-5とライバル・ソウル大附属中を下した。金は3Tを決めた。準々決勝4Tを奪っている。

☆第9日(4月4日)☆

高校準決勝2試合。

最初の試合は連覇をかけた白新高(ペクシン)が後半ラストで釜山体育高(プサンチェユク)に追いつき26-26とした。

規定で両校キッカーによるG対決。22M中央から5本蹴り合った。釜山15金ヒョンジンがすべて決めて釜山が前身の釜山南高校含めて

国内大会決勝へ初めてコマを進めた。

試合は残り10分で動いた。釜山が後半19分にNO8金スウォンがラインアウトのボールをもらいT、G成功で26-14とほぼ試合を決めた。

しかし白新が粘った。29分に右ラックからゴールラインへ迫るとHO2李ジョンウがインゴールへ運んだ(G成功し26-19)。

ラストのATK、リスタートのボールを自陣奥から丁寧につなぐと釜山ゴール前へ。釜山が反則をするとFWが攻めPR1チェ・ホヨンがポスト左へ飛び込んだ。26-26の同点。プレッシャーか簡単なGを白新CTB12ソン・ドンジュンが外しキック対決となった。

第2試合は、忠北高(チュンブック)が養正高(ヤンジョン)を37-21で振り切った。

前半2分にSO10チャン・ヒョングPGで先制した。1分後にLO5イム・ソンスがTで8-0へ。22分には敵陣10MスクラムかTら展開し最後はHO2朴ハンウンがTを決めた(G成功)、15-0に。

養正高も反撃。29分、NO8ファン・ジョンウクが反則から攻めてTを返した。15-7で前半終了。

後半、勢いづいた養正高が5分に敵陣に入るとHO2李スンジェが5ポインター。G成功で15-14の1点差に。

しかし10分、忠北が養正ゴール前の反則からWTB14チェ・スンウがTし引きはなすと13分にはPR3チュ・スビンの突破からLO5イムへ渡り中央へ運んでT、G成功で27-14とした。さらに23分に養正のパスをCTB13ホ・ドゥンがインターセプトしT、その後、PGも決めて37-14と試合を決めた。

養正は試合終了間際に1T返し37-21で終えた。

☆第8日(4月3日)☆

中学準々決勝4試合を行った。

慶山中(キョンサン)は済州NLCSを15-12で振り切った。

前半14分PR1チョン・ヨンチュンが先制T、20分にSOリュ・キョンドが連続Tし12-0で折り返した。

後半2分に済州WTB11チェ・ジェウォンがTラインを越え(12-5)に。11分、慶山SO7金ジファンがPG成功で15-5.

済州は終了前に1T1Gで7点を返すもノーサイド。

大成中(テソン)が前半5Tを奪い42-19清州南中(チョンジュナム)を制した。

54秒にSO10ソ・ボンソがTすると3分にソが2T目。その後も3T続け35-0に。清州が1T返し35-7で前半を終えた。後半1T加え42-19。

ソウル大が裡里北中(イリプック)の粘りにあったが後半に突き放した(38-19)。

19-12で後半に入った。3分イリLO5チョ・グァンヒが2本目のT、G成功で19-19と追いついた。

ソウルは6分にすぐにNO8ペ・ジェヨンが中央にTしG成功26-19と勝ち越し。22分にはソウルがゴール前5MSCを中央で得てPR3チェ・ギュハクが追加となるT、チェは3分後にもハーフラインから出たボールを受けてゴールライン中央へ運んだ。

培材中(ペジェ)は前半7T,後半5Tの猛攻で74-0影島一中(ヨンドイル)を圧倒した。CTB12金ウォンジュが4T。

昨年V養正中(ヤンジョン)は不参加。準決は昨年、忠武旗大会3位の慶山中(キョンサン)VS去年春季3位の大成中(テソン)。ソウル大も昨年は春季3位、大統領旗大会3位で培材戦(大統領旗2位、7人制優勝)

☆第7日(4月2日)☆

高校準々決勝4試合。

白新高(ペクシン)がソウル大附属高と対戦(45-7)。前半8分に先制も14分に追いつかれ同点(7-7)。

しかし18分、22分連続Tで引き離し24-7で後半へ。2分から3T奪い45-7で快勝した。

釜山体育高(プサンチェユク)は慶山高(キョンサン)を30-7で破った。

前半2分にWTB14チョン・ジュンホTで先制したが慶山が12分PR3ソク・ミンジュT、Gで5-7と逆転。

25分に釜山FL7李ジェヨン、28分WTB14チョン・ジュンホTで逆転(17-7)。

後半はFB李ジュンイが2本PGを決めて4強入り。

忠北高(チュンブック)は培材高(ペジェ)を45-3で完勝。

前半こそ7-3で折り返したが、後半は5分、LO5イム・ソンスが培材陣10MのSCから展開したボールをポスト下へT.8分、左中間SC起点でCTB12ノ・ウジュの2本目T、11分ターンオーバーからWTB11(23)チェ・スンウ、15分LO5イムが自陣からつなぎ中央Tなど6連続Tした。

競ると思われ

た養正高(ヤンジョン)と明錫高(ミョンソク)も前半3分に養正NO8ファン・ジョンウクが自陣からつなぎ中央Tを始めに5分にT。12分はNO8ファンが自陣右LOからつなぎ2本目T。さらに18分、24分とPR3李ヨハンが連続Tで31-0で試合を決めた。

後半も2T1PGなどを追加し46-14で制した。明錫は後半4分に敵陣で養正ボールのラインアウト投入ミスからLO4クァク・ゴンテがT、試合終了前には反則を得てタップでATK、NO8シン・ヒョンスがGラインを越えた。

☆第6日(4月1日)☆

中学予選最終日。

A培材中(ペジェ)はナムソン中から8T50-0で連勝。1位通過。

B裡里北中(イリプック)が富平中(プピョン)を7T41-7で下し2位で8強に。後半20分にCTB9金スヒョンT、CTB10金ドゥヒョンGで追いついた。

Cは影島一中(ヨンドイル)が19-19坪里中(ピョンリ)、得失点差で2位通過した。

Dソウル大附属中は7-12大成中(テソン)とリードされた後半20分、最後のATKでSO7ムン・ジュンウがTし12-12同点に。

FB李チャンヒョクが逆転Gで14-12とした。

準々決勝は、4月3日に下記の対戦。

①慶山中(キョンサン)-済州NLCS、②大成中(テソン)-清州南中(チョンジュナム)、③ソウル大附属中-裡里北中(イリプック)、④培材中(ペジェ)-影島一中(ヨンドイル)

☆第5日(3月31日)☆

高校予選最終日。

B釜山体育高、C養正高(ヤンジョン)が連勝で1位通過。

Aは慶山高(キョンサン)が1勝1敗で2位、Bは培材(ペジェ)2位。Cは1分け1敗得失点差でソウル大附属高。

Dは白新高(ペクシン)が3連勝。2位は明錫高(ミョンソク)。

準々決勝(4月2日)は①白新高-ソウル大、②慶山高-釜山体育高、③忠北高-培材高、④明錫高-養正高。

☆第4日(3月30日)☆

中学予選2日目。

A済州NLCSは9T51-10ナムソン中で1勝目。

B清州南中(チョンジュナム)が裡里北中(イリプック)を前半逆転26-24で振り切り8強入り。

C慶山中(キョンサン)が影島一中(ヨンドイル)を8T50-0寄せ付けず連勝しベスト8に。

D大成中(テソン)も45-0延壽中(ヨンス)で1勝。

大学Bは釜山大が後半WTB11(19)ユ・スンスの2Tなどで34-12韓国海洋大を破った。

☆第3日(3月29日)☆

高校予選2日目。5試合を行った。

A忠北高(チュンブック)は8T50-0で珍島実(チンドシル)に圧勝。2勝で8強入り。

Bは釜山体育高が前半4連続Tで培材高(ペジェ)を38-10で退けた。

C、養正高(ヤンジョン)がソウル市内のライバル、ソウル大附属高を38-17で制した。

Dは仁川機械工業(インチョンキゴ)が不調の富川北高(プチョンプック)を18-10で破り1勝目。

白新高(ペクシン)は明錫高(ミョンソク)を前半3T奪うなど33-14で勝ちベスト8を決めた。PR1チェ・ホヨンが3Tを奪った。

明錫は後半9分までに2T2Gで14-21と追いかけたが1敗目。ベスト8入りは富川北戦に決まる。

☆第2日(3月28日)☆

中学予選プール4試合。

培材中(ペジェ)が難敵の済州NLCSを12-5で突き放した。

清州南中(チョンジュナム)31-10富平中(プピョン)、慶山中(キョンサン)59-0坪里中(ピョンリ)は順当。

ソウル大附属中が昨年、躍進の延壽中(ヨンス)を後半に4連続Tし31-5で初戦を飾った。

☆第1日(3月27日)☆

高校予選プール5試合。

忠北高(チュンブック)が地元の慶山高(キョンサン)を22-0で完封勝利。

培材高(ペジェ)は天安五城高(オソン)から9T奪い59-0で圧勝した。

ソウル大附属高と大邱商苑高(テグサンノン)は後半29分にソウルが追いつき19-19で終えた。

明錫高(ミョンソク)21-12仁川機工高(インチョンキゴ)の強豪対決は接戦。白新高(ペクシン)も富川北高(プチョン)を36-0で制した。

<<2019全国春季リーグ戦/高校>>

<決勝戦(4月6日)>

■忠北高10(10-7)7釜山体育高

*忠北1T1G1PG、釜山1T1G

<準決勝戦(4月4日)>

■釜山体育高26(12-7)26 白新高

◎キック対決5-3

*釜山4T3G、白新4T3G

■忠北高37(15-7)21 養正高

*忠北5T3G2PG、 養正3T3G


<準々決勝戦準々決勝(4月2日)>

■①白新高45(24-7)7ソウル大

*白新6T6G1PG、ソウル1T1G

■②釜山体育高30(17-7)7 慶山高

*釜山4T2G2PG、慶山1T1G

■③忠北高45(7-3)3培材高

*忠北7T5G、培材1PG

■④養正高46(31-0)14明錫高

*養正7T4G1PG、明錫2T2G

<プール戦A>

◎①忠北高(チュンブック)、②慶山高(キョンサン)、③珍島実高(チンドシル)

■忠北22(14-0)0慶山

*忠北3T2G1PG

■忠北50(29-0)0珍島実

*忠北8T5G

■慶山59(19-0)0珍島実

*9T7G

<B>①釜山体育高(プサンチェユク)、② 培材高(ペジェ)、③天安五城(オソン)

■培材59(38-0)0五城

*培材9T7G。NO8金チャンズが前半2T、後半は3連続T

■釜山体育38(26-3)10培材

*釜山6T4G、培材1T1G1PG

■釜山体育49(29-0)5五城

*釜山8T3G1PG

<C>①養正高(ヤンジョン)、② ソウル大附属高、③大邱商苑高(テグサンノン)、

■ソウル大19(0-12)19大邱

*3T2Gずつ。後半29分、ソウルがLO4(16)朴ジュンヒョンのT、CTB10ソ・ウヒョンGで19-19に追いついた。

■養正38(19-3)17ソウル

*養正6T4G、ソウル2T2G1PG

■養正52(19-0)0大邱

*養正8T6G、前半FB李ムンギュ3T

<D>①白新高(ペクシン)、②明錫高(ミョンソク)、③仁川機工高(インチョンキゴ)、④ 富川北高(プチョン)

■白新36(15-0)0富川北

*白新5T4G1PG、富川

■明錫21(0-7)12仁川

*明錫3T3G、仁川2T1G

■仁川18(8-0)10富川北

*仁川2T1G2PG、富川2T

■白新33(21-0)14明錫

*白新5T4G、明錫2T

■白新22(8-0)5仁川

*白新3T2G1PG、PR1チェ・ホヨンが3T

■明錫55(19-7)7富川北

*明錫9T5G、FB金ムグンが4T3G。NO8シン・ヒョンス3T

<<2019全国春季リーグ戦/中学>>

<決勝戦、4月7日>

■培材中(ペジェ)26(14-19)19慶山中(キョンサン)

*培材4T3G、慶山3T2G

<準決勝戦、4月5日>

■慶山中(キョンサン)14(14-0)12大成中(テソン)

*慶山2T2G、大成2T1G

*慶山が前半強風の下、風上に。12分SO7金ジファンがT&Gで先制(7-0)。18分にはFB12李セビンが5ポインターとなり金Gで14-0とした。

 後半は風上にたった大成が試合を敵陣で進めた。しかしノックオンなどで得点までに至らず。ようやく19分に5Mラインアウト→モールでHO2金ギョンミン7が左隅にT、G成功せず14-5。大成は攻め続け23分、反則からATKでHO金が2本目のTをポスト左へ。G成功し14-12と迫った。時間は終了間際で、リスタートのボールを慶山が奪い外へ蹴りだし終了。

 慶山は記録が分かる2006年以降、初めての国内大会決勝進出だ。

■培材中(ペジェ)38(14-0)5ソウル大附属中

*培材6T4G、ソウル1T

*培材がFB金ウォンジュのしなやかなランで大勝した。前半9分にソウル陣22M外の左SCから右へ金へ渡り右中間インゴールへ運んだ。15分にもラインアウトから出たボールをもらうとライン際を快走、中央へTしWTB8朴ソンヒョクGで14-0で折り返した。

 後半も4分、ソウルボールのラインアウトがルーズボールになり培材へ。金に渡りフェーズを重ね最後はSO7李ソンジンが左中間Tを決めた(21-0)。10分に培材T(26-0)。18分ソウルはようやく敵陣ゴール前反則を得るとLO4チョ・ヒジュンがTラインを越えた(26-5)。培材は22分にSO李のTで試合を決める。23分リスタートのボールをFB金がそのまま走り切りハットトリックTで締めた。

<準々決勝戦、4月3日>

■①慶山中(キョンサン)15(12-0)12済州NLCS

*慶山2T1G1PG、済州2T1G

■②大成中(テソン)42(35-7)19清州南中(チョンジュナム)

*大成6T6G、清州3T2G

■③ソウル大附属中38(19-12)19裡里北中(イリプック)

*ソウル6T4G、裡里3T2G

■④培材中(ペジェ)74(43-0)0影島一中(ヨンドイル)

*培材12T7G

<プール戦A>①培材中(ペジェ)、②済州NLCS中、③ナムソン中

■培材12(5-0)5NLCS

*培材2T1G、NLCS1T。後半13Mに培材FB12金ウォンジュTで12-0に。18M、NLCS/PR1金ジュンジュT

■NLCS51(31-5)10ナムソン

*NLCS9T3G、ナムソン2T

■培材50(22-0)0ナムソン

*培材8T5G、FB12金ウォンジュが前半3、後半1の4T

<B>①清州南中(チョンジュナム)、②裡里北中(イリプック)、③富平中(プピョン)

■清州南31(17-0)10富平

*清州南5T3G、富平2T

■清州南26(14-12)24裡里北

*清州南4T3G、裡里北4T2G

■裡里北41(24-7)7富平

*裡里北7T4G、前半はCTBコンビの鄭ヒョンウクと李ムヒョクが2Tずつ。後半FB韓ヨンスン3T

<C>①慶山中(キョンサン)、②影島一中(ヨンドイル。得失点差-50)、③ 坪里中(ピョンリ、同-59)

■慶山59(22-0)0坪里

*慶山10T3G1PG

■慶山50(33-0)0影島一
*慶山8T5G

■坪里19(19-5)19影島一

*3T2Gずつ

<D>①ソウル大附属中、②大成中(テソン)、③ 延壽中(ヨンス)、

■ソウル31(12-5)5延壽

*ソウル5T3G、延壽 1T。ソウルは後半2M、HO2ユン・スホ。8分チェ・スンボムを自陣からつなぎT。

■大成45(26-0)0延壽

*大成7T5G、CTB10ソ・ボソン3T

■大成12(7-7)14ソウル

*大成2T1G、ソウル2T2G

<<2019全国春季リーグ戦/大学B>>

<リーグ戦>圓光大(ウォングァン)、釜山大、韓国海洋大(ヘヤン)

■釜山34(5-5)12海洋

*釜山5T3G1PG、海洋2T1G

■圓光70(50-0)7海洋

*圓光11T6G1PG、海洋1T1G

■圓光47(26-10)17釜山

*圓光7T6G、釜山3T1G

 

☆☆参考 2019年まで延世大・高麗大資料☆☆



<<台風で中止に伝統の延世大VS高麗大定期戦 2019年9月7日>>

2019年、韓国伝統の一戦「延世大VS高麗大定期戦」は9月7日(土)ソウル市木洞競技場で開催予定だった。

当日、台風リンリン(13号)が朝鮮半島中部を直撃し中止となった。

延世大4連勝のままとなった。

今季はソウル市長旗大会の1戦のみのライバル対戦で終えた(延世38-12高麗)

高麗/延世の定期戦戦績は1965年以来、延世25勝、高麗19勝、引き分け3のままだ。 定期戦結果高麗大データより

延世大シスボンバーNEWS

https://m.post.naver.com/viewer/postView.nhn?volumeNo=24724781&memberNo=1322423

高麗スポーツ

https://blog.naver.com/sportsku/221641423369

<<参考 2019 ソウル市長旗大会 5/16>>
2019年最初の延世大と高麗大の試合が5月16日(木)、ソウル市ラグビー場で行われた。
ライバル対決、前半から延世が得点を重ね38(19-12)12で下した。
高麗が後半14分に前代表LO申ダヒョンが負傷した時点でリザーブが不足し棄権した。
延世は17年6月のソウル市長戦以来、ライバルに6連勝中だ。
■ソウル市長旗大会(2019/5/16)
◆延世大38(19-12)12高麗大
*延世6T4G、高麗2T1G
*延世が韓国代表CTB13李ヨンウンの突破からCTB12シン・ヒョンソンが2つ目TなどATK。Gはシンが成功(前半17分12-0)。
33分には高麗FB金ヨンヒョが自分で突破しTする(12-5)。38分、延世代表PR1李ヒョンソンT、G成功で19-5。
終了前に高麗PR1シン・ギスT、G成功(19-12)。
 後半も延世がATK。5分高麗の反則でPR3チン・ウビンがシンビンに。6分継続してせめてFB朴ジョンウンがT、G成功(26-12)へ。
10分、延世PR3カン・スンヒョクのランがT。31-12。さらにPR李からLO4朴イェチャン(代表)につながりT、G成功で38-12.
14分、高麗が棄権した。

<高麗大対延世大、20111年からの結果/判明分>>

■2019年
◆延世(台風で中止)高麗(9/7定期戦)
◆(大統領旗)対戦無し
◆延世38-12高麗(5-16ソウル市長旗大会)
◆大学Aは実施無し(春季リーグ)

■2018年
◆延世31(19-3)15高麗(10/6定期戦)
◆(大統領旗)対戦無し
◆延世38-0高麗(6/8ソウル市長旗大会)
◆延世40-21高麗(4/2春季リーグ)

■2017年
◆延世26(19-0)21高麗(9/23定期戦)
◆(7/23大統領旗)対戦無し
◆延世20-12高麗(6/30ソウル市長旗大会)
◆高麗20-15延世(3/21春季リーグ)

◆2016年
◆延世27(10-7)26高麗(9/24定期戦))
◆対戦無し(大統領旗)
◆延世28-14(ソウル市長旗大会)
◆高麗19-18延世(3/26春季リーグ)

■2015年
◆延世24-21高麗(定期戦)
◆高麗22-18(大統領旗、7月)
◆高麗15-13延世(ソウル市長旗大会、7月)
◆高麗28-22延世(コリアンリーグ)

■2014年
◆高麗33-23延世(定期戦)
◆高麗42-15延世(ソウル市長旗大会)
◆高麗15-10延世(春季L)
■2013年
◆高麗20-17延世(定期戦)
◆高麗28-24延世(ソウル市長)
◆延世12-10高麗(春季L)
■2012年
◆延世15-13高麗(定期戦)
◆延世29-22高麗(大統領旗大会)
◆高麗20-15延世(ソウル市長)
◆延世32-17高麗(春季L)
■2011年
◆高麗8-5延世(定期戦)
◆延世36-33高麗(ソウル市長)
◆延世19-10高麗(春季L)

<<参考、2018年 延世大が31-15高麗大下し定期戦4連勝10月6日>>
2018106ys31kry15_2
 2018年韓国ラグビー伝統の一戦。延世大・高麗大定期戦は台風25号影響のもと10月6日開催、延世が31(前半19-3)15で勝った。 会場はソウル蚕室五輪総合競技場内補助競技場。写真:延世シスボンバーWEB

 前半3分、Yがゴール前ラックからWTBヨン・ジェミンT(GはCTBシン・ヒョンミン成功)で先制。7分にKがCTBソン・ミンギPGで3点を返す。
 16分Yはゴール前でパス交換しWTB李ユンウンがTラインを越えた(G成功)14-3とする。さらに33分スクラムからユ・ジェフンがゲインを切るとSH金ソンヒョンへ渡り3本目のTを生み19-3で折り返す。
 後半も最初にYがスクラム起点でシン・ヒョンミンがキックパスを蹴る。金ヨンファンが受けインゴールへ運んだ(G成功26-3)。さらに5分後、再びスクラムからつなぎPR李ヒョンスがファイブポインターとなり31-3とほぼ試合を決めた。
 Kは19分にモールからソン・ミンギがT、Gも決め31-10とする。27分にCTB李ギョンファンがTするも31-15で終えた。
 高麗/延世の定期戦戦績は1965年以来、延世25勝、高麗19勝、引き分け3。 定期戦結果高麗大データより
試合内容は
延世シスボンバーWEB

高麗スポーツWEB
https://blog.naver.com/sportsku/221372180413


<<2018ソウル市長旗大会>>
 10月の全国体育大会(国体)ソウル市代表決定戦を兼ねる「2018ソウル市長旗大会」が6月8日(金)ソウル市ラグビー場で開催された。
 大学は延世大がライバル高麗大を36-0とゼロ封で破り代表へ。春季リーグ戦(4月2日)の40-21に続き連勝した。
 高校は養正中(ヤンジョン)が43-7とソウル大附属高を寄せ付けず国体へ進出した。

<ソウル市長旗大会、18年6月8日>
■大学
◆延世大36(19-0)0高麗大
*延世6T3G
*前半8分、Y/CTB13李ヨンウンの突破からFBペク・ジョンウンT(GはCTB12シン・ヒョンソン成功7-0)
16分、Y/HOヨ・ジェミン、SCからのアタックでT(G○、14-0)
38分、Yがゴール前ラインアウトからPR3カン・スンヒョクT(19-0)
後半6分、Yがラインアウト-ラックからカン・ホビンT(24-0)
34分、ラインアウトからTへつなぐ。シン・ウソン(29-0)
37分、シン・ウソンT(○36-0)
■高校
◆養正高(ヤンジョン)43-7ソウル大附属高


<<参考2018春季リーグ戦>>
 大学A最終日2試合と中学準決勝を行った。
 2018年最初の韓国ラグビー「延世大VS高麗大戦」は延世が40-21で圧勝し3戦全勝優勝した。2013年以来(15年は開催なし)5年ぶりの優勝。
1842ys40kr21a
延世(青)が前半先制し31分高麗がラインアウトからモールでNO8ユ・ジェフンがTし21-21と追いついた。しかし33分リスタートで延世が攻めCTB13李ヨンウンが右ライン際を快走しT26-21で折り返す。李は前半8、13分とTしておりハットトリックTを前半だけで記録した。
後半も延世が13分SHチェ・ミンソンがTラインを超えるなど2Tし40-21で昨年の春季リーグ戦のリベンジ(15-20高麗)を果たした。延世はライバルに昨年6月ソウル市長旗大会後3連勝だ。高麗は1勝2敗で3位。

 2位は慶煕大(キョンヒ/赤白)が35(14-12)19檀国大を破り2勝1敗で勝ち取った。檀国は3敗で4位。
1842ky35dk19

<大学A>
■参加4校
①延世大(3-0)、②慶煕大(キョンヒ。2-1)、③高麗大(1-2)、④檀国大(0-3)

■リーグ戦
◆高麗大29(15-7)35慶煕大(3月25日)
*高麗3T2G1PT1PG、慶煕大5T5G

◆延世大27(8-0)14檀国大
*延世4T2G1PG、檀国2T2G

◆延世大52(21-13)16慶煕大(29日)
*延世7T7G1PG、慶煕1T1G3PG

◆高麗大41(15-19)31檀国大
*高麗6T4G1PG、檀国5T3G

◆延世大40(26-21)21高麗大(4月2日)
*延世6T5G、高麗3T3G
1842ys40kr21b
(得点経過/前半)
◎5M/Y・FB15ペク・ジョンウンT(G:SO10シン・ヒョンミン)Y7-0K
YがK陣22M外の左LOから右へ展開。CTB12シン・ヒョンソンがゲインを越えつなぎ最後はペクが左から回り中央T
◎8M/Y・CTB13李ヨンウンT(G:SO)Y14-0K
キックパスをWTB14金ヨンファンが受け李へ。左中間T
◎12M/K・CTB12ソン・ミンギT&G、Y14-7K
Y陣10M右SCからKが展開。左中間へ運びぎりぎりT
◎13M/Y・CTB13李T(G:SO)Y21-7K
リスタートからYつなぎY李が左中間T
◎23M/K・PR3ジン・ウビン右中間T(G:CTB12)Y21-14K
◎31M/K・NO8ユ・ジェフンT(G:CTB12)Y21-21K(同点)
KがY陣22M内の右LO得る。NO8運び、ラックでつなぐ。モールへ変えて押し込む(右中間)。
◎33M/Y・CTB13李T(G×)Y26-21K(勝ち越し)
リスタート。Yがボールを得る。CTB13李が右タッチ際を快走し右隅T(ハットトリック)
(後半)
◎13M/Y・SH9チェ・ミンソンT(G:SO)Y33-21K
自陣からYがグラバーキックへ。SOシンが受けてK陣へ入る。最後はフォローしたSH中央へ回り込みT
◎26M/Y・FBペクがKの反則からタップでつないだボールを左中間へ運んだ(G:SO)Y40-21K

◆慶煕大35(14-12)19檀国大
*慶煕5T5G、檀国3T2G

|

« 韓国春季リーグ開幕!20/76-7/17無観客で実施に | Main | 高校8強決まる。中学決勝はNLCS進出!2020春季リーグ戦20/7/12 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 韓国春季リーグ開幕!20/76-7/17無観客で実施に | Main | 高校8強決まる。中学決勝はNLCS進出!2020春季リーグ戦20/7/12 »