September 03, 2011

どじょう内閣とは?

 野田政権が発足しましたね。

 日本新党関係の政権としては2つ目か(細川政権以来)。

 「どじょう(泥鰌)内閣」と呼ばれています。

 いわく「泥臭く仕事をするとか」。

 比喩すれば「土壌を財務省に汚染された増税を泥臭く目指す内閣」でしょうか?

 93年、日本新党大躍進をテレ朝「サンデープロジェクト」やTBS「報道特集取材」の企画で取材してました。

 いまや全く初期の志を失った国民生活無視のエリート・政治家二世たちが作る財務省内閣に。

 
 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2009

福井県の巻き返しが始まる夏?

 今夏は、福井県の巻き返しが始まるらしい。

 写真は、今日、新宿駅で見つけた福井県の観光宣伝ポスター。
Fukui

 いまや恐竜の国(発掘で有名)となった福井を表しています。

 このポスターを写真に撮影してメールで中学(福井市明道中学)同級生のM福井テレビ報道部長に送ったところ「知名度の低い福井県の巻き返し作戦」と返事がありました。

 7月18日(土)からフジテレビが開催する夏恒例イベント「お台場合衆国」でも「おばま合衆国」が出展するそうです。
http://www.odaiba.com/index.html

 ここまでは、福井テレビM君が宣伝しておいてとメールあり。

 「おばま」はオバマ大統領誕生で便乗した福井県小浜市のこと。
私の卒業した雲浜小学校(うんぴん)も小浜です。 ちなみに、うんぴんとは、江戸幕末時代に活躍した小浜藩士・梅田雲浜が由来。
 学校は移転する前は小浜城前にありました。クラスは今は知りませんが当時は学年2クラス。雲組と浜組でした。6年生の1学期に長崎から転校したためクラスの名前は衝撃でした。

Pjsjk

 この写真は、最近、韓国語教室付近に出来た女性UNDERWEAR専門「ピーチジョン」1号店(新宿3丁目、伊勢丹向い)。 オープン日は入場待ちの列が出来てました。

 まもなく新築中のビル(ピーチの隣)には、H&Mも入るらしく新宿3丁目は賑やかになっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2005

絵師・杉浦日向子さん死去

 江戸時代の風俗を豊に描いた絵師・杉浦日向子さんが7月22日亡くなった、と昨日25日に伝えられた。
日向子さんには、私が新聞記者時代(1986年ころから)、数年間取材などでお世話になった。
 文化面や運動面でエッセー(絵画付き)の仕事を東京タイムズはお願いしていた。
運動面コラム「越境シンドローム」(後に「越境スポーツ大コラム」TBSブリタニカ刊)では、大好きな江戸時代と大相撲を描いていた。
 文化部の頃(86年)、ちょうど夏に向かう七夕企画で「星にお願い」というひとことメッセージの紙面を作った。
このとき日向子さんにもお願いしたが確か「休みをください」というようなメッセージだった。
 同じ紙面にはプロ野球に入団したばかりの西武・清原が「30本。新人王」とコメントを寄せた。この清原のコメント、当時から新聞・活字媒体にコメントしないので有名だったため西武担当記者は他社から羨ましがられた、と話していた。また、世間を賑わせていたロス疑惑(時代ですね?)の三浦良枝夫人は「夫を返して!」という願いだった。三浦夫妻はこの後、一度離婚するが和義さんが刑務所から戻ってきた後、再婚した。2003年、和義さんが事件後、初めて取得したパスポートで訪れた国は韓国だった。数日間の旅、ソウルでご一緒した。
 86-88年頃、東京タイムズの夏の宣伝企画コピーが社内外で公募された。私は絵・日向子さん、アートディレクター・浅葉克巳さんということを前提に「江戸の朝、粋な朝刊(あさかん)、東京タイムズ」というコピーで応募した。選に漏れたが、、、。一緒に仕事をしたかった。日向子さん、三浦良枝さん、私、同じ世代。
 日向子さんの死去が伝えられた日、これまで聞けなかった夏の風物詩・蝉の鳴き声が響き始めた。大好きな江戸の夏に逝った日向子さんへの贈り物。合掌。

| | Comments (0) | TrackBack (0)