March 20, 2019

SWはレッズに逆転負け31-34 SR第5週19/3/15-

「2019SR」が2019年2月15日に開幕した。
Sr1912
<<2019SR>>
<NZ>
*クルセイダーズ(19P)、ハイランダーズ(12)、チーフス(3)、ハリケーンズ(15)、ブルーズ(6)
<南ア>
*ライオンズ(13)、ストーマーズ(13)、シャークス(11)、ブルズ13)、ジャガーズ(9)、
<豪州>
*ブランビーズ(11)、レベルズ(13)、レッズ(5)、ワラターズ(10)、SW(6)
Sr1922
☆第5週 2019年3月15日-16日☆
SWは地元、秩父宮にレッズを迎えた。前半3T奪い21-3で折り返し2勝目に期待が膨らんだ。
しかし後半、レッズが3T奪う21-26に。SWも内田がT、パーカーPGで31-26と再逆転した。
34分にレッズが内田の自陣G前キックをチャージしT31-31。
さらに終了前PGを決め31-34と勝ち越し逆転で今季1勝目をアウェーであげた。
クルセイダーズVSハイランダーズは会場のクライストチャーチで起きたテロ銃撃事件の余波で中止
(引分扱いになった)。
◆ハリケーンズ23-23チーフス
◆ブランビーズ19-13ワラターズ
◆クルセイダーズ(中止)ハイランダーズ
◆SW31(21-3)34レッズ
*SW4T4G1P、レッズ5T3G1P
◆ライオンズ36-33レベルズ
◆ストーマーズ35-8ジャガーズ
☆第4週 2019年3月8日-9日☆
前週、今季初勝利のSWはNZブルーズ戦。前半34分に逆転され20-28で敗れた。
前半からSO松田が2PGで6-0とする。ブルーズは21分WTB11イオアネのTで逆転(6-8)。しかし30分、松田がTGし13-8と再逆転した。34分、イオアネがSWのDFを崩しきったATKでボールをもらい左隅にTで3度目の逆転。
後半もイオアネが2T追加し逃げ切った。
◆ハリケーンズ25-22ハイランダーズ
◆レベルズ29-26ブランビーズ
◆クルセイダーズ57-28チーフス
◆SW20(13-15)28ブルーズ
*SW2T2G2PG、ブル4T1G2PG
◆ワラターズ28-17レッズ
◆ライオンズ47-39ジャガーズ
◆シャークス14-37ブルズ
☆第3週 2019年3月1日-☆
連敗のSWはNZ遠征しチーフスと。チーフスも連敗中だ。
前半2分最初のATKでFL7松橋が右隅へ先制T、パーカーがGやPGを決める。
チーフスはSW陣へ入るもBKがノックオンを繰り返し自滅。
30-15でSWがSR4年目で初めて敵地で勝利をつかんだ。チーフスは3連敗。
◆ハイランダーズ19-24レベルズ
◆ハリケーンズ43-13ブランビーズ
◆サンウルブズ30(23-3)15チーフス
*SW3T3G3PG,チーフス2T1G1PG
◎SW/PR具智元(グ・ジウォン)日本代表に合流中
「勝利は嬉しい。ライバルの山下さんやアサエリさんが活躍してこいた。気持ちが引き締まりました」
◆クルセイダーズ22-12レッズ
◆ライオンズ12-30ブルズ
◆シャークス11-16ストーマーズ
◆ブル-ズ19-23ジャガーズ

| | Comments (0)

March 12, 2019

南アが今季初V WRセブンズ男子第6戦 カナダ大会 19/3/9-10

「ワールドラグビーセブンズシリーズ(男子)の今季第6ラウンド・カナダ、バンクーバー大会」
2019年3月9日-10日に開催され、南アが仏という今季初の決勝進出対戦で21-12で下し今季初優勝した。
総合は4位米国が113で首位を守った。
日本は、プール戦Dで3敗4位で9-16位のチャレンジトロフィーに回った。準々決勝でウエールズに0-35で完敗。13位決定戦(準決勝)はケニアを22-14で下したが決勝で10-15スペイン、14位で終えた。(Pは14で15位)
<<男子総合P>>
①米(113P)、②NZ(106)、③フィジー(101)、④南ア(89)、⑤イングランド(80)、⑥豪州(65)
⑦サモア(59)、⑧アルゼンチン(56)、⑨スコットランド(47)、⑩仏(44)、⑪スペイン(42)、⑫加(35)
⑬ウエールズ(18)、⑭ケニア(18)、⑮日本(15)、⑯チリ(6)、⑰トンガ(5)、⑱ジンバブエ(2)
<<男子ワールドセブンズシリーズ第6戦 加バンクーバー大会>>
(2019年3月9-10日、カナダ)
<1-8位>
■カップ決勝
◆南ア21-12仏
■3位決定戦
◆フィジー24-14米国
■カップ準決勝
◆南ア31-12フィジー
◆仏33-5米国
■カップ準々決勝
◆南ア33-12アルゼンチン
◆フィジー22-21NZ
◆仏35-12サモア
◆米21-19イングランド
■5位決定戦
◆NZ26-19イングランド
■5位決定トーナメント準決勝
◆NZ26-21アルゼンチン
◆イングランド33-14サモア
<9-16位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆豪州35-21カナダ
■チャレンジトロフィー準決勝
◆カナダ19-14スコットランド
◆豪州33-22ウエールズ
■チャレンジトロフィー準々決勝
◆豪47-7ケニア
◆ウエールズ35-0日本
◆カナダ33-7スペイン
◆スコットランド22-5チリ
■13位決定戦
◆スペイン15-10日本
■13位決定トーナメント準決勝
◆日本22-14ケニア
◆スペイン28-12チリ
<プール戦>
■プールD
◆日本7-19イングランド、7-24アルゼンチン、7-29スコットランド

「ワールドラグビーセブンズシリーズ(男子)の今季第5ラウンド・米ラスベガス大会」が2019年3月1日-3日に開催され、地元の米国がサモアを決勝で27-0で下し今季初優勝した。
総合Pでも98とし首位だ。
日本は、プール戦で1勝2敗3位で9-16位のチャレンジトロフィーに回った。準々決勝でケニアに15-28、13位決定戦(準決勝)も14-31ウエールズに完敗し最下位15位で終えた(Pは12で15位)
<<男子総合P>>
①米(98)、②NZ(93)、③フィジー(84)、④イングランド(68)、⑤南ア(67)、⑥豪州(57)
⑦サモア(49)、⑧アルゼンチン(46)、⑨スコットランド(42)、⑩スペイン(39)、⑪加(28)、⑫仏(25)
⑬ケニア(17)、⑭ウエールズ(13)、⑮日本(12)、⑯チリ(5)、⑰トンガ(5)、⑱ジンバブエ(2)
<<男子ワールドセブンズシリーズ第5戦 米ラスベガス大会>>
(2019年3月1-3日、米国)
<1-8位>
■カップ決勝
◆米国27-0サモア
■3位決定戦
◆NZ26-9アルゼンチン
■カップ準決勝
◆米国24-19NZ
◆サモア33-19アルゼンチン
■カップ準々決勝
◆米国29-10南ア
◆NZ19-14フィジー
◆サモア21-20豪州
◆アルゼンチン26-21イングランド
■5位決定戦
◆イングランド19-15フィジー
■5位決定トーナメント準決勝
◆イングランド33-14豪州
◆フィジー14-12南ア
<9-16位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆スコットランド15-14スペイン
■チャレンジトロフィー準決勝
◆スコットランド17-5チリ
◆スペイン24-7ケニア
■チャレンジトロフィー準々決勝
◆日本15-28ケニア
◆スコットランド21-19カナダ
◆スペイン19-7ウエールズ
◆チリ17-12仏
■13位決定戦
◆カナダ21-12ウエールズ
■13位決定トーナメント準決勝
◆カナダ28-12仏
◆ウエールズ31-14日本
<プール戦>
■プールC①南ア(8P)、②イングランド(7P)、③日本(5P)、④チリ(4P)
◆日本0-26南ア、12-31イングランド、19-7チリ
「ワールドラグビーセブンズシリーズ(男子)の今季第4ラウンド・シドニー大会」が2月2日、3日にスポットレススタジアムで開催され、NZが優勝した。
 カップトーナメント(1-8位)の準々決勝でフランスを28-5で一蹴した。
 準決勝では今季総合トップ、フィジーに36-14で勝利。
 決勝では、アメリカを21-5で倒した。
 日本は、9-16位のチャレンジトロフィーに回った。準々決勝でトンガを31-19で制すと準決勝は19-17ウエールズに勝ち9位決定戦へ。アルゼンチンに7-10で敗れ10位で終えた。


<<男子ワールドセブンズシリーズ第4戦 シドニー大会>>

(2019年2月2-3日、豪州)

<1-8位>

■カップ決勝

◆NZ 21 – 5 アメリカ

■3位決定戦
◆イングランド 19 – 17 フィジー
■カップ準決勝
◆NZ 36 – 14 フィジー
◆アメリカ 14 – 7 イングランド
■カップ準々決勝
◆フィジー 22 – 17 豪州
◆NZ 28 – 5 フランス
◆イングランド 26 – 5 南アフリカ
◆アメリカ 38 – 10 スペイン
■5位決定戦
◆南アフリカ 12 – 10 豪州
■5位決定トーナメント準決勝
◆豪州 17 – 14 フランス
◆南アフリカ 33 – 0 スペイン
<9-16位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆アルゼンチン 10 – 7 日本
■チャレンジトロフィー準決勝
◆日本 19 – 17 ウェールズ
◆アルゼンチン 24 – 19 カナダ
■チャレンジトロフィー準々決勝
◆日本 31 – 19 トンガ
◆ウェールズ 19 – 14 ケニア
◆アルゼンチン 36 – 12 サモア
◆カナダ 35 – 21 スコットランド
■13位決定戦
◆サモア 25 – 5 トンガ
■13位決定トーナメント準決勝
◆トンガ 20 – 17 ケニア
◆サモア 26 – 12 スコットランド
<プール戦>
◆日本 5 – 29 フィジー
◆日本 21 – 17 サモア
◆日本 0 – 36 イングランド
<<ワールドラグビーセブンズシリーズ2018-2019第3戦、NZハミルトン大会>>
 「ワールドラグビーセブンズシリーズ2018-2019第3ラウンドが2019年1月26、27日にハミルトン(ニュージーランド)で開催された。
 男子の世界五輪王者フィジーが、優勝した。フィジーは第2ラウンドのケープタウン大会(南ア)も制し、今季2冠目で総合ランキング首位に浮上した。
 日本は全敗、最下位タイで終えた。
<カップトーナメント1-8位>
■カップ決勝
◆フィジー 38 – 0 アメリカ
■3位決定戦
◆NZ 29 – 7 南アフリカ
■カップ準決勝
◆フィジー 29 – 7 南アフリカ
◆アメリカ 17 – 7 NZ
■カップ準々決勝
◆フィジー 33 – 7 カナダ
◆南アフリカ 28 – 19 サモア
◆NZ 24 – 17 豪州
◆アメリカ 19 – 14 スコットランド
■5位決定トーナメント準決勝
◆サモア 28 – 19 カナダ
◆スコットランド 24 – 14 豪州
■5位決定戦
◆スコットランド 24 – 19 サモア
<チャレンジトロフィー9-16位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆イングランド 36 – 7 ケニア
■チャレンジトロフィー準決勝
◆ケニア 24 – 7 アルゼンチン
◆イングランド 38 – 7 スペイン
■チャレンジトロフィー準々決勝
◆アルゼンチン 35 – 0 日本
◆ケニア 19 – 12 トンガ
◆スペイン 19 – 10 ウェールズ
◆イングランド 21 – 5 フランス
■13位決定戦
◆トンガ 33 – 10 フランス
■13位決定トーナメント準決勝
◆トンガ 31 – 7 日本
◆フランス 35 – 19 ウェールズ
<<女子ワールドセブンズシリーズ第3戦  シドニー大会(2019年2月2-3日)>>
■カップ決勝
◆NZ 34 – 10 豪州
■カップ準決勝
◆NZ 29 – 5 アメリカ
◆豪州 24 – 12 アイルランド
■3位決定戦
◆アメリカ 26 – 10 アイルランド
■カップ準々決勝
◆NZ 17 – 7 カナダ
◆アメリカ 7 – 5 ロシア
◆アイルランド 22 – 7 スペイン
◆豪州 21 – 17 フランス
■5位決定戦
◆カナダ 19 – 17 フランス
■5位決定トーナメント準決勝
◆カナダ 12 – 5 ロシア
◆フランス 19 – 12 スペイン
■7位決定戦
◆ロシア 34 – 5 スペイン
<チャレンジトロフィー9-12位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆フィジー 15 – 12 イングランド
■11位決定戦
◆中国 31 – 0 パプアニューギニア
■チャレンジトロフィー準決勝
◆イングランド 54 – 0 パプアニューギニア
◆フィジー 12 – 0 中国

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2019

SWはNZブルーズに逆転負け20-28 2019SR第4週19/3/8-

「2019SR」が2019年2月15日に開幕した。
Sr1912
<<2019SR>>
SR日程WEB
SR成績表WEB
<NZ>
*クルセイダーズ(17P)、ハイランダーズ(10)、チーフス(1)、ハリケーンズ(13)、ブルーズ(6)
<南ア>
*ライオンズ(9)、ストーマーズ(8)、シャークス(11)、ブルズ13)、ジャガーズ(9)、
<豪州>
*ブランビーズ(7)、レベルズ(12)、レッズ(1)、ワラターズ(9)、SW(5)

Sr1922

☆第4週 2019年3月8日-9日☆
前週、今季初勝利のSWはNZブルーズ戦。前半34分に逆転され20-28で敗れた。
前半からSO松田が2PGで6-0とする。ブルーズは21分WTB11イオアネのTで逆転(6-8)。しかし30分、松田がTGし13-8と再逆転した。34分、イオアネがSWのDFを崩しきったATKでボールをもらい左隅にTで3度目の逆転。
後半もイオアネが2T追加し逃げ切った。

◆ハリケーンズ25-22ハイランダーズ
◆レベルズ29-26ブランビーズ
◆クルセイダーズ57-28チーフス
◆SW20(13-15)28ブルーズ
*SW2T2G2PG、ブル4T1G2PG

◆ワラターズ28-17レッズ
◆ライオンズ47-39ジャガーズ
◆シャークス14-37ブルズ

☆第3週 2019年3月1日-☆
連敗のSWはNZ遠征しチーフスと。チーフスも連敗中だ。
前半2分最初のATKでFL7松橋が右隅へ先制T、パーカーがGやPGを決める。
チーフスはSW陣へ入るもBKがノックオンを繰り返し自滅。
30-15でSWがSR4年目で初めて敵地で勝利をつかんだ。チーフスは3連敗。
◆ハイランダーズ19-24レベルズ
◆ハリケーンズ43-13ブランビーズ
◆サンウルブズ30(23-3)15チーフス
*SW3T3G3PG,チーフス2T1G1PG
◎SW/PR具智元(グ・ジウォン)日本代表に合流中
「勝利は嬉しい。ライバルの山下さんやアサエリさんが活躍してこいた。気持ちが引き締まりました」
◆クルセイダーズ22-12レッズ
◆ライオンズ12-30ブルズ
◆シャークス11-16ストーマーズ
◆ブル-ズ19-23ジャガーズ

☆第2週 2019年2月22日-☆
参入4年目のSWは秩父宮でワラターズを迎える。
第1週にかえて日本出身3人が先発に入った。ワラターズは豪代表ワラビーズメンバー11人を入れる。
前半からSWがリードするも後半、逆転。30-31と迫った38分、SOパーカーのDGが外れた。

◆ハイランダーズ36-31レッズ
◆サンウルブズ30(20-17)31ワラターズ
*SW3T3G3PG、ワラ4T2G1PT
◎SW/PR具智元(グ・ジウォン)日本代表に合流中
◆クルセイダーズ38-22ハリケーンズ
◆チーフス17-54ブランビーズ
◆シャークス26-7ブルース
◆ライオンズ17-19ストーマーズ
◆ブルズ12-17ジャガーズ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2019

米が今季初V、HSBSワールドセブンズ米大会 19/3/1-3/3

「ワールドラグビーセブンズシリーズ(男子)の今季第5ラウンド・米ラスベガス大会」が2019年3月1日-3日に開催され、地元の米国がサモアを決勝で27-0で下し今季初優勝した。
総合Pでも98とし首位だ。
日本は、プール戦で1勝2敗3位で9-16位のチャレンジトロフィーに回った。準々決勝でケニアに15-28、13位決定戦(準決勝)も14-31ウエールズに完敗し最下位15位で終えた(Pは12で15位)

<<男子総合P>>
①米(98)、②NZ(93)、③フィジー(84)、④イングランド(68)、⑤南ア(67)、⑥豪州(57)
⑦サモア(49)、⑧アルゼンチン(46)、⑨スコットランド(42)、⑩スペイン(39)、⑪加(28)、⑫仏(25)
⑬ケニア(17)、⑭ウエールズ(13)、⑮日本(12)、⑯チリ(5)、⑰トンガ(5)、⑱ジンバブエ(2)

<<男子ワールドセブンズシリーズ第5戦 米ラスベガス大会>>
(2019年3月1-3日、豪州)
<1-8位>
■カップ決勝
◆米国27-0サモア

■3位決定戦
◆NZ26-9アルゼンチン

■カップ準決勝
◆米国24-19NZ
◆サモア33-19アルゼンチン

■カップ準々決勝
◆米国29-10南ア
◆NZ19-14フィジー
◆サモア21-20豪州
◆アルゼンチン26-21イングランド

■5位決定戦
◆イングランド19-15フィジー

■5位決定トーナメント準決勝
◆イングランド33-14豪州
◆フィジー14-12南ア

<9-16位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆スコットランド15-14スペイン

■チャレンジトロフィー準決勝
◆スコットランド17-5チリ
◆スペイン24-7ケニア

■チャレンジトロフィー準々決勝
◆日本15-28ケニア
◆スコットランド21-19カナダ
◆スペイン19-7ウエールズ
◆チリ17-12仏

■13位決定戦
◆カナダ21-12ウエールズ

■13位決定トーナメント準決勝
◆カナダ28-12仏
◆ウエールズ31-14日本

<プール戦>
■プールC①南ア(8P)、②イングランド(7P)、③日本(5P)、④チリ(4P)
◆日本0-26南ア、12-31イングランド、19-7チリ

「ワールドラグビーセブンズシリーズ(男子)の今季第4ラウンド・シドニー大会」が2月2日、3日にスポットレススタジアムで開催され、NZが優勝した。

 カップトーナメント(1-8位)の準々決勝でフランスを28-5で一蹴した。
 準決勝では今季総合トップ、フィジーに36-14で勝利。
 決勝では、アメリカを21-5で倒した。
 日本は、9-16位のチャレンジトロフィーに回った。準々決勝でトンガを31-19で制すと準決勝は19-17ウエールズに勝ち9位決定戦へ。アルゼンチンに7-10で敗れ10位で終えた。
 
<<男子ワールドセブンズシリーズ第4戦 シドニー大会>>
(2019年2月2-3日、豪州)
<1-8位>
■カップ決勝
◆NZ 21 – 5 アメリカ

■3位決定戦
◆イングランド 19 – 17 フィジー

■カップ準決勝
◆NZ 36 – 14 フィジー
◆アメリカ 14 – 7 イングランド

■カップ準々決勝
◆フィジー 22 – 17 豪州
◆NZ 28 – 5 フランス
◆イングランド 26 – 5 南アフリカ
◆アメリカ 38 – 10 スペイン

■5位決定戦
◆南アフリカ 12 – 10 豪州

■5位決定トーナメント準決勝
◆豪州 17 – 14 フランス
◆南アフリカ 33 – 0 スペイン

<9-16位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆アルゼンチン 10 – 7 日本

■チャレンジトロフィー準決勝
◆日本 19 – 17 ウェールズ
◆アルゼンチン 24 – 19 カナダ

■チャレンジトロフィー準々決勝
◆日本 31 – 19 トンガ
◆ウェールズ 19 – 14 ケニア
◆アルゼンチン 36 – 12 サモア
◆カナダ 35 – 21 スコットランド

■13位決定戦
◆サモア 25 – 5 トンガ

■13位決定トーナメント準決勝
◆トンガ 20 – 17 ケニア
◆サモア 26 – 12 スコットランド

<プール戦>
◆日本 5 – 29 フィジー
◆日本 21 – 17 サモア
◆日本 0 – 36 イングランド

<<ワールドラグビーセブンズシリーズ2018-2019第3戦、NZハミルトン大会>>
 「ワールドラグビーセブンズシリーズ2018-2019第3ラウンドが2019年1月26、27日にハミルトン(ニュージーランド)で開催された。
 男子の世界五輪王者フィジーが、優勝した。フィジーは第2ラウンドのケープタウン大会(南ア)も制し、今季2冠目で総合ランキング首位に浮上した。

 日本は全敗、最下位タイで終えた。

<カップトーナメント1-8位>
■カップ決勝
◆フィジー 38 – 0 アメリカ

■3位決定戦
◆NZ 29 – 7 南アフリカ

■カップ準決勝
◆フィジー 29 – 7 南アフリカ
◆アメリカ 17 – 7 NZ

■カップ準々決勝
◆フィジー 33 – 7 カナダ
◆南アフリカ 28 – 19 サモア
◆NZ 24 – 17 豪州
◆アメリカ 19 – 14 スコットランド

■5位決定トーナメント準決勝
◆サモア 28 – 19 カナダ
◆スコットランド 24 – 14 豪州

■5位決定戦
◆スコットランド 24 – 19 サモア

<チャレンジトロフィー9-16位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆イングランド 36 – 7 ケニア

■チャレンジトロフィー準決勝
◆ケニア 24 – 7 アルゼンチン
◆イングランド 38 – 7 スペイン

■チャレンジトロフィー準々決勝
◆アルゼンチン 35 – 0 日本
◆ケニア 19 – 12 トンガ
◆スペイン 19 – 10 ウェールズ
◆イングランド 21 – 5 フランス

■13位決定戦
◆トンガ 33 – 10 フランス

■13位決定トーナメント準決勝
◆トンガ 31 – 7 日本
◆フランス 35 – 19 ウェールズ

<<女子ワールドセブンズシリーズ第3戦  シドニー大会(2019年2月2-3日)>>
■カップ決勝
◆NZ 34 – 10 豪州

■カップ準決勝
◆NZ 29 – 5 アメリカ
◆豪州 24 – 12 アイルランド

■3位決定戦
◆アメリカ 26 – 10 アイルランド

■カップ準々決勝
◆NZ 17 – 7 カナダ
◆アメリカ 7 – 5 ロシア
◆アイルランド 22 – 7 スペイン
◆豪州 21 – 17 フランス

■5位決定戦
◆カナダ 19 – 17 フランス

■5位決定トーナメント準決勝
◆カナダ 12 – 5 ロシア
◆フランス 19 – 12 スペイン

■7位決定戦
◆ロシア 34 – 5 スペイン

<チャレンジトロフィー9-12位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆フィジー 15 – 12 イングランド

■11位決定戦
◆中国 31 – 0 パプアニューギニア

■チャレンジトロフィー準決勝
◆イングランド 54 – 0 パプアニューギニア
◆フィジー 12 – 0 中国

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2019

連敗SWが始めて敵地で勝利30-15同じ連敗のチーフスを。2019SR第3週3/1-

「2019SR」が2019年2月15日に開幕した。

<<2019SR>>
SR日程WEB
SR成績表WEB
<NZ>
*クルセイダーズ(12P)、ハイランダーズ(9)、チーフス(1)、ハリケーンズ(9)、ブルース(1)
<南ア>
*ライオンズ(5)、ストーマーズ(8)、シャークス(11)、ブルズ9)、ジャガーズ(5)、
<豪州>
*ブランビーズ(6)、レベルズ(9)、レッズ(1)、ワラターズ(5)、SW(5)

☆第3週 2019年3月1日-☆
連敗のSWはNZ遠征しチーフスと。チーフスも連敗中だ。
前半2分最初のATKでFL7松橋が右隅へ先制T、パーカーがGやPGを決める。
チーフスはSW陣へ入るもBKがノックオンを繰り返し自滅。
30-15でSWがSR4年目で初めて敵地で勝利をつかんだ。チーフスは3連敗。
◆ハイランダーズ19-24レベルズ
◆ハリケーンズ43-13ブランビーズ
◆サンウルブズ30(23-3)15チーフス
*SW3T3G3PG,チーフス2T1G1PG
◎SW/PR具智元(グ・ジウォン)日本代表に合流中
「勝利は嬉しい。ライバルの山下さんやアサエリさんが活躍してこいた。気持ちが引き締まりました」
◆クルセイダーズ22-12レッズ
◆ライオンズ12-30ブルズ
◆シャークス11-16ストーマーズ
◆ブル-ズ19-23ジャガーズ

☆第2週 2019年2月22日-☆
参入4年目のSWは秩父宮でワラターズを迎える。
第1週にかえて日本出身3人が先発に入った。ワラターズは豪代表ワラビーズメンバー11人を入れる。
前半からSWがリードするも後半、逆転。30-31と迫った38分、SOパーカーのDGが外れた。

◆ハイランダーズ36-31レッズ
◆サンウルブズ30(20-17)31ワラターズ
*SW3T3G3PG、ワラ4T2G1PT
◎SW/PR具智元(グ・ジウォン)日本代表に合流中
◆クルセイダーズ38-22ハリケーンズ
◆チーフス17-54ブランビーズ
◆シャークス26-7ブルース
◆ライオンズ17-19ストーマーズ
◆ブルズ12-17ジャガーズ

☆第1週 2019年2月15日-☆
参入4年目のSWは豪州カンファレンスだ。
開幕戦は南アのシャークスと第2ホームのシンガポールで対戦した。
前半、10-3とリードするもそこから前後半3つずつ計6T奪われ10-45で敗れた。

開幕戦はNZ勢、ハイランダーズが30-27チーフスを下した。

◆ハイランダーズ30-27チーフス
◆レベルズ34-27ブランビーズ
◆ブルーズ22-24クルセイダーズ
◆ワラターズ19-20ハリケーンズ
◆サンウルブズ10-45シャークス
*SW1T1G1PG、シャークス6T6G1PG
◎SW/PR具智元(グ・ジウォン)日本代表に合流中
◆ストーマーズ3-40ブルズ
◆ライオンズ25-16ジャガーズ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2019

SWは連敗30-31秩父宮で豪ワラターズ戦。2019SR第2週 19/2/22-

「2019SR」が2019年2月15日に開幕した。

<<2019SR>>
SR日程WEB
SR成績表WEB
<NZ>
*クルセイダーズ(8P)、ハイランダーズ(8)、チーフス(1)、ハリケーンズ(4)、ブルース(1)
<南ア>
*ライオンズ(5)、ストーマーズ(4)、シャークス(10)、ブルズ(6)、ジャガーズ(4)、
<豪州>
*ブランビーズ(6)、レベルズ(4)、レッズ(1)、ワラターズ(5)、SW(1)

☆第2週 2019年2月22日-☆
参入4年目のSWは秩父宮でワラターズを迎える。
第1週にかえて日本出身3人が先発に入った。ワラターズは豪代表ワラビーズメンバー11人を入れる。
前半からSWがリードするも後半、逆転。30-31と迫った38分、SOパーカーのDGが外れた。

◆ハイランダーズ36-31レッズ
◆サンウルブズ30(20-17)31ワラターズ
*SW3T3G3PG、ワラ4T2G1PT
◎SW/PR具智元(グ・ジウォン)日本代表に合流中
◆クルセイダーズ38-22ハリケーンズ
◆チーフス17-54ブランビーズ
◆シャークス26-7ブルース
◆ライオンズ17-19ストーマーズ
◆ブルズ12-17ジャガーズ

☆第1週 2019年2月15日-☆
参入4年目のSWは豪州カンファレンスだ。
開幕戦は南アのシャークスと第2ホームのシンガポールで対戦した。
前半、10-3とリードするもそこから前後半3つずつ計6T奪われ10-45で敗れた。

開幕戦はNZ勢、ハイランダーズが30-27チーフスを下した。

◆ハイランダーズ30-27チーフス
◆レベルズ34-27ブランビーズ
◆ブルーズ22-24クルセイダーズ
◆ワラターズ19-20ハリケーンズ
◆サンウルブズ10-45シャークス
*SW1T1G1PG、シャークス6T6G1PG
◎SW/PR具智元(グ・ジウォン)日本代表に合流中
◆ストーマーズ3-40ブルズ
◆ライオンズ25-16ジャガーズ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2019

2019SR開幕 SWは完敗10-45シャークス ハイランダーズが開幕戦勝利 2019SR1W 2/15-

「2019SR」が2019年2月15日に開幕した。

<<2019SR>>
SR日程WEB
SR成績表WEB
<NZ>
*クルセイダーズ、ハイランダーズ、チーフス、ハリケーンズ、ブルース
<南ア>
*ライオンズ、ストーマーズ、シャークス、ブルズ、ジャガーズ、
<豪州>
*ブランビーズ、レベルズ、レッズ、ワラターズ、SW

☆第1週 2019年2月15日-☆
参入4年目のSWは豪州カンファレンスだ。
開幕戦は南アのシャークスと第2ホームのシンガポールで対戦した。
前半、10-3とリードするもそこから前後半3つずつ計6T奪われ10-45で敗れた。

開幕戦はNZ勢、ハイランダーズが30-27チーフスを下した。

◆ハイランダーズ30-27チーフス
◆レベルズ34-27ブランビーズ
◆ブルーズ22-24クルセイダーズ
◆ワラターズ19-20ハリケーンズ
◆サンウルブズ10-45シャークス
*SW1T1G1PG、シャークス6T6G1PG
◎SW/PR具智元(グ・ジウォン)日本代表に合流中
◆ストーマーズ3-40ブルズ
◆ライオンズ25-16ジャガーズ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2019

NZ男子が今季2冠目 日本は10位WRS第4戦シドニー大会 19/2/2-3

 「ワールドラグビーセブンズシリーズ(男子)の今季第4ラウンド・シドニー大会」が2月2日、3日にスポットレススタジアムで開催され、NZが優勝した。

 カップトーナメント(1-8位)の準々決勝でフランスを28-5で一蹴した。
 準決勝では今季総合トップ、フィジーに36-14で勝利。
 決勝では、アメリカを21-5で倒した。
 日本は、9-16位のチャレンジトロフィーに回った。準々決勝でトンガを31-19で制すと準決勝は19-17ウエールズに勝ち9位決定戦へ。アルゼンチンに7-10で敗れ10位で終えた。
 
<<男子ワールドセブンズシリーズ第4戦 シドニー大会>>
(2019年2月2-3日、豪州)
<1-8位>
■カップ決勝
◆NZ 21 – 5 アメリカ

■3位決定戦
◆イングランド 19 – 17 フィジー

■カップ準決勝
◆NZ 36 – 14 フィジー
◆アメリカ 14 – 7 イングランド

■カップ準々決勝
◆フィジー 22 – 17 豪州
◆NZ 28 – 5 フランス
◆イングランド 26 – 5 南アフリカ
◆アメリカ 38 – 10 スペイン

■5位決定戦
◆南アフリカ 12 – 10 豪州

■5位決定トーナメント準決勝
◆豪州 17 – 14 フランス
◆南アフリカ 33 – 0 スペイン

<9-16位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆アルゼンチン 10 – 7 日本

■チャレンジトロフィー準決勝
◆日本 19 – 17 ウェールズ
◆アルゼンチン 24 – 19 カナダ

■チャレンジトロフィー準々決勝
◆日本 31 – 19 トンガ
◆ウェールズ 19 – 14 ケニア
◆アルゼンチン 36 – 12 サモア
◆カナダ 35 – 21 スコットランド

■13位決定戦
◆サモア 25 – 5 トンガ

■13位決定トーナメント準決勝
◆トンガ 20 – 17 ケニア
◆サモア 26 – 12 スコットランド

<プール戦>
◆日本 5 – 29 フィジー
◆日本 21 – 17 サモア
◆日本 0 – 36 イングランド

<<ワールドラグビーセブンズシリーズ2018-2019第3戦、NZハミルトン大会>>
 「ワールドラグビーセブンズシリーズ2018-2019第3ラウンドが2019年1月26、27日にハミルトン(ニュージーランド)で開催された。
 男子の世界五輪王者フィジーが、優勝した。フィジーは第2ラウンドのケープタウン大会(南ア)も制し、今季2冠目で総合ランキング首位に浮上した。

 日本は全敗、最下位タイで終えた。

<カップトーナメント1-8位>
■カップ決勝
◆フィジー 38 – 0 アメリカ

■3位決定戦
◆NZ 29 – 7 南アフリカ

■カップ準決勝
◆フィジー 29 – 7 南アフリカ
◆アメリカ 17 – 7 NZ

■カップ準々決勝
◆フィジー 33 – 7 カナダ
◆南アフリカ 28 – 19 サモア
◆NZ 24 – 17 豪州
◆アメリカ 19 – 14 スコットランド

■5位決定トーナメント準決勝
◆サモア 28 – 19 カナダ
◆スコットランド 24 – 14 豪州

■5位決定戦
◆スコットランド 24 – 19 サモア

<チャレンジトロフィー9-16位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆イングランド 36 – 7 ケニア

■チャレンジトロフィー準決勝
◆ケニア 24 – 7 アルゼンチン
◆イングランド 38 – 7 スペイン

■チャレンジトロフィー準々決勝
◆アルゼンチン 35 – 0 日本
◆ケニア 19 – 12 トンガ
◆スペイン 19 – 10 ウェールズ
◆イングランド 21 – 5 フランス

■13位決定戦
◆トンガ 33 – 10 フランス

■13位決定トーナメント準決勝
◆トンガ 31 – 7 日本
◆フランス 35 – 19 ウェールズ

<<女子ワールドセブンズシリーズ第3戦  シドニー大会(2019年2月2-3日)>>
■カップ決勝
◆NZ 34 – 10 豪州

■カップ準決勝
◆NZ 29 – 5 アメリカ
◆豪州 24 – 12 アイルランド

■3位決定戦
◆アメリカ 26 – 10 アイルランド

■カップ準々決勝
◆NZ 17 – 7 カナダ
◆アメリカ 7 – 5 ロシア
◆アイルランド 22 – 7 スペイン
◆豪州 21 – 17 フランス

■5位決定戦
◆カナダ 19 – 17 フランス

■5位決定トーナメント準決勝
◆カナダ 12 – 5 ロシア
◆フランス 19 – 12 スペイン

■7位決定戦
◆ロシア 34 – 5 スペイン

<チャレンジトロフィー9-12位>
■チャレンジトロフィー決勝
◆フィジー 15 – 12 イングランド

■11位決定戦
◆中国 31 – 0 パプアニューギニア

■チャレンジトロフィー準決勝
◆イングランド 54 – 0 パプアニューギニア
◆フィジー 12 – 0 中国

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2019

「東京五輪アジア最終予選 男子は韓国、女子は中国で11月開催」

「東京五輪アジア最終予選 男子は韓国、女子は中国で11月開催」
大韓ラグビー協会は1月末、2019年シーズンの国内外日程を発表した。
それによると「2020年東京五輪アジア最終予選」は11月に男子は韓国(仁川市)、女子は中国(広州市)で行う。
*2018アジア大会銅メダルの韓国男子
18ajagamekm72

日本が参加しない「2019アジアラグビーチャンピオンシップ(ARC)」は香港、韓国、マレーシア3カ国がホーム&アウェーで対戦する。5月18日、韓国対マレーシアが初戦、韓国)。
国内は3月27日から「2019年度全国春季リーグ戦」で開幕する。
主な大会スケジュール

<<韓国内>>
◆「2019年度春季リーグ戦」(3月27日~4月7日、慶尚北道慶山市)中高大クラブ
◆「2019年コリアンリーグ」一般(社会人)
①1次 4月~5月 ②2次 7月 ③3次 11月~12月
◆「第48回全国青少年大会」(5月25日~28日、全羅北道コチャン)中学
◆「第72回全国種別ラグビー選手権大会」(6月15日~21日、全羅南道珍島)中高
◆「第30回大統領旗全国種別ラグビー選手権大会」(7月20日~28日、忠南道禮山)中高大クラブ
◆「第46回文化観光部長官旗全国中高大会」(8月20日~23日、ソウル市。7人制)
◆「2019生活体育全国7人制大会」(8月24日~25日、江原道寧越)クラブ
◆「第100回全国体育大会」(10月4日~10日、ソウル市)高・大一般(社会人クラブ)
◆「第1回大韓ラグビー協会会長杯大会」(11月28日~12月1日、未定。7人制)中高大クラブ

<<国際>>
◆「アジアチャンピオンシップ(ARC)」香港、韓国、マレーシア
① 5月18日「韓国対マレーシア」(韓国・仁川市)
② 5月25日「マレーシア対韓国」(マレーシア)
③ 6月8日「韓国対香港」(韓国・仁川市)
④ 6月15日「香港対マレーシア」(香港)
⑤ 6月22日「マレーシア対香港」(マレーシア)
⑥ 6月29日「香港対韓国」(香港)
◆「2020東京五輪アジア最終予選」
①女子 11月9日(中国・広州市)
②男子 11月23日~24日(韓国・仁川市)
◆「2019U18セブンズ大会」(8月、会場未定)
◆「2019アジア女子セブンズ大会」(8月、インドネシア・ジャカルタ)
◆「第27回韓日中ジュニア大会」(8月23日~29日、中国)
◆「2019アジアU20セブンズ大会」(8月24日~25日、会場未定)
◆「2019年アジアセブンズシリーズ」
①1次 8月31日~9月1日(韓国・仁川市)
②2次 9月14日~15日(中国)
③3次 9月28日~29日(スリランカ)
◆「第24回アジアU19ラグビー選手権大会」(12月8日~14日、台湾・台北市)
①12月8日「韓国対台湾」 ②10日「韓国対シンガポール」③14日(韓国対香港)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2019

TLカップ戦決勝トヨタが優勝43-34サントリー 2019/1/19

<<TLカップ 18/11/10-19/1/19>>
日本代表がイングランド遠征、ウィンドウマウス期間に若手や外国人選手中心のカップ戦を行った。
☆2019年1月19日☆
19119tlv
19119tlsun
 順位決定戦。決勝はトヨタが前半19-13で折り返す。後半10分で2T追加しサントリーの反撃をしのいで43-34で振り切った。

☆2019年1月13日☆
 予選を経て各4グループ同順位による順位決定トーナメント1回戦。
 1-4位はサントリーが39-24クボタ、トヨタ自動車22-15パナソニックで19日の決勝で対戦する。

サントリー、パナソニック。クボタ、トヨタ自動車が1位通過した。
16チームを4プールに分けて3試合戦い、順位ごとに2019年1月トーナメント実施する。

<1-4位トーナメント>
■決勝戦(1月19日、秩父宮)
◆トヨタ自動車43(19-13)34サントリー
*トヨタ7T4G、サントリー5T3G1PG
◎トヨタPR崔凌也(サイ・ルンヤ)、(17-、筑波大・東福岡高・九州朝鮮中)
◎トヨタSO/FB金典弘(キム・ジョノン)(18-、東海大、大阪朝鮮高)

■3位戦(1月19日)
◆パナソニック24(7-7)21クボタ
*パナ3T3G1PG、クボタ3T3G
◎パナFL/LO劉永男(ユ・ヨンナム)유영남(18からコーチ兼任、08-、仁川機械工高・檀国大・尚武)
Panayyn187
◎パナCTB22権裕人(コン・ユイン)、(15-、大阪朝鮮高・帝京大)後半33MかCTB13
Panakyi18
◎クボタLO4金昊範(キム・ホボム)、KIM HOBUM 김호범(15-、檀国大・14尚武)後半18Mま
1898khb2
◎クボタPR17羅官榮(ナ・グァンヨン)나관영、(18-、16-尚武、12-延世大、ソウル大附属高・中)後半37MかPR1
Dsc_0273
◎クボタLO20孫昇巳(ソン・スンギ、18-、日本大、大阪朝鮮高)なし
Kbtssg187

■1回戦(19年1月13日、花園)
◆サントリー39(19-14)24クボタ
*サントリー5T4G2PG、クボタ4T2G
◎クボタLO4金昊範(キム・ホボム)、KIM HOBUM 김호범(15-、檀国大・14尚武)80M
◎クボタPR17羅官榮(ナ・グァンヨン)나관영、(18-、16-尚武、12-延世大、ソウル大附属高・中)後半17MかP1
◎クボタLO20孫昇巳(ソン・スンギ、18-、日本大、大阪朝鮮高)なし

◆トヨタ自動車22(3-5)15パナソニック
*トヨタ3T2G1PG、パナ2T1G1PG
◎トヨタPR崔凌也(サイ・ルンヤ)、(17-、筑波大・東福岡高・九州朝鮮中)
◎トヨタSO/FB金典弘(キム・ジョノン)(18-、東海大、大阪朝鮮高)
◎パナFL/LO劉永男(ユ・ヨンナム)유영남(18からコーチ兼任、08-、仁川機械工高・檀国大・尚武)
◎パナCTB権裕人(コン・ユイン)、(15-、大阪朝鮮高・帝京大)

<5-8位トーナメント>
■5位戦(1月19日、瑞穂)
◆東芝33(12-21)28神戸製鋼
*東芝4T3G1PT、神戸4T4G
◎神戸LO4張碩煥(チャン・ソクファン)JANG SEOKHWAN장석환(16-、延世大・14-15尚武)80M
Kobjsh
◎神戸梁正秋(リャン・ジョンチュ)、(15-、大阪朝鮮高・京都産業大)
Kobeshytj
◎東芝20NO8李聖彰(リ・ソンチャン)(14-、東京朝鮮高・帝京大)後半28MかNO8
Tsblsc
◎東芝PR17金寛泰(キム・ガンテ)(15-、大阪朝鮮高・関西学院大)後半22MかPR1
Tsbkgt18
◎東芝LO梁大炴(ヤン・デヨン)양대영、(18-東芝、16-尚武、12-高麗大、富川北高・中)
Tsbydy18

■7位戦(1月19日)
◆NTTコム62(19-14)21キヤノン
*コム9T5G1PG、キヤノン3T3G
◎コムHO白隆尚(ハク・タカヨシ)(12-啓光学園・帝京大)
◎コムFL金正奎(キン・ショウケイ)、(14-常翔啓光学園・早稲田大)
Dsc_1006
◎コムLO金嶺志(キム・リョンジ)、(17-、東京朝鮮高・帝京大)
Comkrj
◎コムCTB/WTB諸葛彬(チェガル・ビン)제갈빈JEGAL BIN(14-、ソウル大附属高・延世大・尚武)
Comcgb
*2016年10月試合中に脳梗塞発症リハビリ➡17チームスタッフ

■1回戦(19年1月13日、秩父宮)
◆神戸製鋼37(20-14)35NTTコム
*神戸4T4G3PG、コム5T5G
◎神戸LO4張碩煥(チャン・ソクファン)JANG SEOKHWAN장석환(16-、延世大・14-15尚武)80M
◎神戸SH梁正秋(リャン・ジョンチュ)、(15-、大阪朝鮮高・京都産業大)
◎コムHO白隆尚(ハク・タカヨシ)(12-啓光学園・帝京大)
◎コムFL7金正奎(キン・ショウケイ)、(14-常翔啓光学園・早稲田大)80分
◎コムLO金嶺志(キム・リョンジ)、(17-、東京朝鮮高・帝京大)
◎コムCTB/WTB諸葛彬(チェガル・ビン)제갈빈JEGAL BIN(14-、ソウル大附属高・延世大・尚武)

◆東芝45(14-12)22キヤノン
*東芝6T6G1PG、キヤノン4T1G
◎東芝NO8李聖彰(リ・ソンチャン)(14-、東京朝鮮高・帝京大)後半25M
◎東芝PR1金寛泰(キム・ガンテ)(15-、大阪朝鮮高・関西学院大)後半13分ま
◎東芝LO梁大炴(ヤン・デヨン)양대영、(18-東芝、16-尚武、12-高麗大、富川北高・中)
<9-12位トーナメント>

■9位戦(1月19日、熊谷)
◆リコー28(7-17)17NEC
*リコー4T4G、NEC3T1G
◎リコーWTB14金宣求(キム・ソング)김선구、(18-、16-尚武、12-延世大、ソウル大附属高・中)80M
「プレー技術の向上よりもラグビーを考えることを学んでいます」
18rcksg
◎NEC/LO李珍錫(イ・ジンソック)(17-、ポスコ・尚武)
Neclmsk

■11位戦(1月19日)
◆ヤマハ35(14-31)31豊田自動織機
*ヤマハ5T5G、織機4T4G1PG

■1回戦(19年1月13日、瑞穂)
◆リコー51(29-5)19ヤマハ
*リコー9T3G、ヤマハ3T2G
◎リコーCTB金宣求(キム・ソング)김선구、(18-、16-尚武、12-延世大、ソウル大附属高・中)

◆NEC20(7-0)14豊田自動織機
*NEC3T1G1PG、織機2T2G
◎NEC/LO19李珍錫(イ・ジンソック)(17-、ポスコ・尚武)後半16MかLO5

<13-16位トーナメント>
■13位戦(1月19日、長居)
◆コカ・コーラ40(19-19)24ホンダ
*コーラ6T5G、ホンダ4T2G
◎ホンダSO/CTB朴成基(パク・ソンギ)、(15-、大阪朝鮮高・帝京大)
Hndpsg1891
◎ホンダSO/CTB12具智允(グ・ジユン)구지윤、(16-、日本文理高・拓殖大)80M
「調子はいいです」
Hndgjyun1891
◎ホンダPR具智元(グ・ジウォン)구지원(17-、日本文理高・拓殖大、18SW&日本代表
1867jwn1
◎コーラCTB朴ジス(徳山大)

■15位戦(1月19日)
◆宗像サニックス19(14-7)14日野
*サニックス3T2G、日野2T2G
◎日野PR金光植(キム・グァンシク)김광식KIM KWANGSIK(16-、慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC
14-15ホンダ)
Hnkgs2
◎日野FL7李淳也(リ・ジュンヤ)、(16-、常翔啓光学園・15天理大)
◎日野WTB鄭演植(チョン・ヨンシク)정연식(18-日野、16-尚武、12-高麗大)
181013hncys
◎SAN/PR3申東ウォン(シン・ドンウン)신동원ウォン=冫原(15-、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高・08-12福岡サニックス・13-サントリー・14-近鉄)後半17Mま
Snxsdw
◎SAN/WTB11王授榮(ワン・スヨン)、(14-、三重・朝明高・大阪体育大3年中退・14末からサニックス)後半20Mま
Snxwsy
◎SAN/HO17王鏡聞(ワン・キョンムン)왕경문(18-サニックス、14-近鉄、三重・朝明高-韓国・養正中・大阪体大)後半9MかPR1
Snxwondw

■1回戦(19年1月13日、ミクスタ)
◆ホンダ49(28-14)26宗像サニックス
*ホンダ7T7G、サニックス4T3G
◎ホンダSO/CTB朴成基(パク・ソンギ)、(15-、大阪朝鮮高・帝京大)
◎ホンダSO/CTB具智允12(グ・ジユン)구지윤、(16-、日本文理高・拓殖大)
◎ホンダPR具智元(グ・ジウォン)구지원(17-、日本文理高・拓殖大、18SW&日本代表
◎SAN/PR3申東ウォン(シン・ドンウン)신동원ウォン=冫原(15-、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高・08-12福岡サニックス・13-サントリー・14-近鉄)後半12Mま
◎SAN/WTB111王授榮(ワン・スヨン)、(14-、三重・朝明高・大阪体育大3年中退・14末からサニックス)80M
◎SAN/HO王鏡聞(ワン・キョンムン)왕경문(18-サニックス、14-近鉄、三重・朝明高-韓国・養正中・大阪体大

◆コカ・コーラ38(14-0)7日野
*コーラ5T5G1PG、日野1T1G
◎日野金光植(キム・グァンシク)김광식KIM KWANGSIK(16-、慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC
14-15ホンダ)
◎日野李淳也(リ・ジュンヤ)、(16-、常翔啓光学園・15天理大)
◎日野WTB14鄭演植(チョン・ヨンシク)정연식(18-日野、16-尚武、12-高麗大)80分。後半14MYC

<プールA>
■サントリー(13)、NTTコム(10)、リコー(6)、ホンダ(0)
◆サントリー14-10リコー、33-26NTTコム、55-0ホンダ
◆リコー24-52NTTコム、52-31ホンダ
◆NTTコム40-31ホンダ

☆第2週2018年11月24-25日
<プールA>
■サントリー、リコー、NTTコム、ホンダ
◆サントリー14-10リコー、NTTコム、55-0ホンダ
◆リコー24-52NTTコム、ホンダ
◆NTTコム40-31ホンダ
■第2週(11月24日)
◆サントリー33(16-12)26NTTコム(24日、金鳥
*サントリー3T3G4PG、コム4T3G
◎コムHO白隆尚(ハク・タカヨシ)(12-啓光学園・帝京大)
◎コムFL7金正奎(キン・ショウケイ)、(14-常翔啓光学園・早稲田大)
Dsc_1006
◎コムLO金嶺志(キム・リョンジ)、(17-、東京朝鮮高・帝京大)
Comkrj
◎コムCTB/WTB諸葛彬(チェガル・ビン)제갈빈JEGAL BIN(14-、ソウル大附属高・延世大・尚武)
Comcgb
*2016年10月試合中に脳梗塞発症リハビリ➡17チームスタッフ

◆リコー52(42-5)31ホンダ(瑞穂)
*リコー7T5G1PT、ホンダ5T3G
◎リコーCTB金宣求(キム・ソング)김선구、(18-、16-尚武、12-延世大、ソウル大附属高・中)
「プレー技術の向上よりもラグビーを考えることを学んでいます」
18rcksg
◎ホンダSO/CTB22朴成基(パク・ソンギ)、(15-、大阪朝鮮高・帝京大)前半40分かCT13
Hndpsg1891
◎ホンダSO/CTB具智允(グ・ジユン)구지윤、(16-、日本文理高・拓殖大)
「今はBチーム。調子はいいです」
Hndgjyun1891
◎ホンダPR具智元(グ・ジウォン)구지원(17-、日本文理高・拓殖大、18SW&日本代表、16SW、17SW&日本代表候補)11月復帰か?
1867jwn1
*8/18のNEC練習試合で左膝靭帯損傷。2-3カ月治療に

<プールB>
■パナソニック(12)、キヤノン(9)、NEC(6)、日野(0)
◆パナソニック38-31NEC、41-36キヤノン、30-21日野
◆NEC7-17キヤノン、73-0日野
◆キヤノン20-7日野

■第3週(11月24日)
◆パナソニック41(24-14)36キヤノン(熊谷)
*パナ6T4G1PG、キヤノン5T4G1PG
◎パナFL/LO劉永男(ユ・ヨンナム)유영남(18からコーチ兼任、08-、仁川機械工高・檀国大・尚武)
Panayyn187
◎パナCTB13権裕人(コン・ユイン)、(15-、大阪朝鮮高・帝京大)前半3分先制T、後半37分ま
Panakyi18

◆日野0(0-26)73NEC(熊谷)
*日野、NEC11T9G
◎日野P18R金光植(キム・グァンシク)김광식KIM KWANGSIK(16-、慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC
14-15ホンダ)前半6分かP3
Hnkgs2
◎日野FL22李淳也(リ・ジュンヤ)、(16-、常翔啓光学園・15天理大)後半20分かNO8
◎日野WTB鄭演植(チョン・ヨンシク)정연식(18-日野、16-尚武、12-高麗大)
181013hncys
◎NEC/LO李珍錫(イ・ジンソック)(17-、ポスコ・尚武)
Neclmsk

<プールC>
■クボタ(12)、神戸(11)、ヤマハ(5)、サニックス(0)
◆神戸99-17ヤマハ、22-24クボタ、52-0サニックス
◆ヤマハ14-24クボタ、49-14サニックス
◆クボタ42-14サニックス

■第3週(11月25日)
◆神戸52(26-0)0サニックス(ユニバ)
*神戸8T6G、サニックス0
◎神戸LO張碩煥(チャン・ソクファン)JANG SEOKHWAN장석환(16-、延世大・14-15尚武)
Kobjsh
◎神戸SH21梁正秋(リャン・ジョンチュ)、(15-、大阪朝鮮高・京都産業大)後半11分かSH
Kobeshytj

◎SAN/PR申東ウォン(シン・ドンウン)신동원ウォン=冫原(15-、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高・08-12福岡サニックス・13-サントリー・14-近鉄)
Snxsdw
◎SAN/WTB王授榮(ワン・スヨン)、(14-、三重・朝明高・大阪体育大3年中退・14末からサニックス)
Snxwsy
◎SAN/HO16王鏡聞(ワン・キョンムン)왕경문(18-サニックス、14-近鉄、三重・朝明高-韓国・養正中・大阪体大)なし
Snxwondw

◆ヤマハ14(14-3)24クボタ(遠州灘)
*ヤマハ2T2G、クボタ3T3G1PG
◎クボタLO4金昊範(キム・ホボム)、KIM HOBUM 김호범(15-、檀国大・14尚武)前半のみ
1898khb2
◎クボタPR17羅官榮(ナ・グァンヨン)나관영、(18-、16-尚武、12-延世大、ソウル大附属高・中)前半19分か
Dsc_0273
◎クボタLO20孫昇巳(ソン・スンギ、18-、日本大、大阪朝鮮高)なし
Kbtssg187

<プールD>
■トヨタ(12)、東芝(10)、豊田自動織機(4)、コカ・コーラ(1)
◆トヨタ41-24東芝、31-19豊田自動織機、35-22コカ・コーラ
◆東芝49-27豊田自動織機、49-19コカ・コーラ
◆豊田自動織機28-21コカ・コーラ

■第3週(11月24日)
◆トヨタ自動車31(17-7)19豊田自動織機(瑞穂)
*トヨタ5T3G、織機3T2G
◎トヨタPR崔凌也(サイ・ルンヤ)、(17-、筑波大・東福岡高・九州朝鮮中)
◎トヨタSO/FB金典弘(キム・ジョノン)(18-、東海大、大阪朝鮮高)

◆東芝49(21-19)19コカ・コーラ(ミクスタ)
*東芝7T7G、コーラ3T2G
◎東芝FL20李聖彰(リ・ソンチャン)(14-、東京朝鮮高・帝京大)後半34分かNO8
Tsblsc
◎東芝PR1金寛泰(キム・ガンテ)(15-、大阪朝鮮高・関西学院大)後半31分ま
Tsbkgt18
◎東芝LO梁大炴(ヤン・デヨン)양대영、(18-東芝、16-尚武、12-高麗大、富川北高・中)
Tsbydy18

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧